これからの季節に親子でハイキング! >>

雇用保険の基本手当受給していましたが、再就職が決まりました。 60歳前半の在職老齢年金を受給していましたが、雇用保険の基本手当受給中は受給出来ないのは分かりましたが、再就職手当を申請しようと思っています。 再就職手当申請して、約2ヶ月後に実際に受給するまでの期間は、60歳前半の在職老齢年金は受給出来るのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

当然受給出来ます。


先ずは再就職決定おめでとうございます。
再就職手当は失業給付金ではなく早期就業給付金に当たる為、在職老齢年金は支給制限の理由がありません。
後、万一再度離職する場合、元の受給残で支給を受ける可能性もある為、受給資格者証は再就職から1年間保存される事をお勧めします。
    • good
    • 5

減額されます。


年金が受給されないのではなく、両方はもらえないということです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q再就職手当と年金の受給

61歳10か月で事業所の都合(解雇)で退職しました。現在、61歳の誕生日後から日本年金機構が運営する基礎年金を受給してます。ハローワークに離職票を提出して7日間の待機期間が終了し説明会で雇用保険受給者資格証も受け取りました。その後第1回目の認定日までに就職が決まり、再就職手当を受給しようと思うのですが、その場合基礎年金は受給停止にはならないのでしょうか?失業期間中に基本手当を受給してる場合は年金を受け取ることは出来ないのは説明がありました。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>現在、61歳の誕生日後から日本年金機構が運営する基礎年金を受給してます
 ・基礎年金と記載されていますが
  1.老齢基礎年金の繰り上げ支給のこと
  2.特別支給の老齢厚生年金のこと
 どちらの意味で基礎年金と言われていますか
・失業給付との併給、1.は可能、2.は不可
 再就職手当はどちらの場合も併給可・・年金は受給停止にならない
注:就職先の給与が、退職した時の給与の75%未満の時「高年齢再就職給付金」の対象になります
  差額の一部が再就職後に継続的に支給される・・この場合、「再就職手当」と「高年齢再就職給付金」の選択になります
 :「高年齢再就職給付金」を選択した場合、1.は併給可、2.は併給可だが金額の調整が行われる
  (再就職時の所定給付日数の残りが100日以上有れば1年間、200日以上あれば2年間、上記の給付金が継続して支給される)

Q65歳以上失業保険と厚生年金同時にもらえますか

失業保険がもらえるのでしょうか?
減竿65歳ですでに年金をもらいながらパートで働いています4月の契約更新で更新が出来ないと言われました。
65歳までは失業保険をもらうと年金が停止されるとの事ですが65歳以上でも同じでしょうか?
そして半年ほど前から失業保険料が給与より引かれていません、厚生年金は引かれています。

Aベストアンサー

・65才以上で退職された場合は、失業給付は受給できませんが
 高年齢求職者給付金が一時金として支給されます
 その場合、老齢厚生年金は通常通り支給されます
・高年齢求職者給付金の支給については、下記を参照して下さい
http://tt110.net/13koyou2/P2-kourei-kyuusyoku.htm

Q再就職手当をもらった後どうなるのか?

所定給付日数が210日で、残日数が85日で就職をしました。
再就職手当をもらって終わりなんですか?基本手当てはどうなるんですか?再就職手当と基本手当と両方もらえるんですか?
基本手当をもらう場合、受給資格者証はどのようにすればいいですか?

Aベストアンサー

再就職手当は、残日数の基本手当の100%ではなく、30%です。
http://www.hellowork.go.jp/html/info_1_h3b.html

受給資格は1年有効ですから、前回の失職から一年以内に不幸にして再度失職した場合、上記の残りの基本手当の受給を再開することができます。
このとき待機期間はありません。
ただし、一年を経過してしまうと、残日数が残っていても、受給資格そのものが無くなってしまいます。

また、受給してしまうとそれまでの雇用保険の加入実績はクリアされて、再就職後にゼロから加入実績を積み上げることになります。

Q再就職手当てを貰えるまでどのくらいかかりますか?

再就職手当ての申請書を出したのですが
一緒に雇用保険受給資格者証を出すのを忘れました。
明日書留で送るつもりです。
まだ就職日の翌日から一ヶ月過ぎていないので大丈夫だとは思いますが。

再就職手当ては申請してから1ヶ月から2ヶ月確認にかかるとありますが
1ヵ月と2ヶ月ではだいぶ違うのですが、結局どれくらいでもらえるのでしょうか。

Aベストアンサー

 こんにちは

 ハローワークからの給付を受けるためにハローワークでは

 1)申請に対して確認をし、支給の決定をする。
 2)支給の決定をした金額を指定口座に振り込む。

 この2つの作業が必要になります。

 1)の支給の決定は、何日かかるか不明です。
 質問者様のように必要書類が添付されていなかった場合は、処理は全く進みません。役所の処理は申請書類の記載が完全になり、必要な添付書類も完全に揃ってからがスタートです。
 書類提出時に完璧で、役所の事務担当も他に多くの仕事を抱えていない場合、2日程度で決定を受けることがあります。ですがこの日数を常に望むのは不可能でしょう。

 2)の振り込みは、「決定後第5営業日」です。つまり祝日がない週の場合は次の週の同じ曜日です。

 例 2012年7月2日 決定 ⇒ 2012年7月9日振込
   2012年7月9日 決定 ⇒ 2012年7月17日振込(7/16が祝日のため1日後ろに)

Q64歳、いつ退職すれば一番失業保険の受給額が多くなりますか?

母に質問されたのですが調べてもよくわからなかったため、質問させてください。

母は、現在64歳。来年8月に65歳になります。
母が勤めている会社は、60歳定年制のため職務変更はあるものの、延長制度がありその後は働けるうちはいつまででもいれるような会社なのですが、そろそろ退職を考えているとのこと。

65歳になると失業保険は一括での一時給付(?)になるとのこで、64歳中に辞めて給付を受けるべきか、65歳になってから受けるべきか、もしくは給付を受けている期間に65歳になったらどうなるのかなど、
給付額のみを考えた場合、どの時期に辞めるのが一番よいか教えていただければ幸いです。

せこい話で申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 No1の方に補足です。
 雇用保険の受給額だけで言うと、65歳未満で退職した方が有利ですが、報酬比例部分の老齢年金を受給中の場合は話がちょっとややこしくなります。というのも、65歳未満で雇用保険の受給手続きを行うと、その期間は年金の支給が止まるためです。
 これをクリアする?方法としては、「65歳になる直前に退職する」「65歳になってから職安で雇用保険の受給手続きを行う」と、雇用保険は64歳時点の日数で受給、なおかつ年金もカットされないそうです。(社会保◯事務所の方に聞きました)
 あくまで65歳になる「直前」ていうのがポイントです。(雇用保険は退職してから1年しか権利を使えませんので、あまり早くに退職されないようご注意を)

Q65歳以上で年金をもらいながら働いている義父について

タイトルどおり、義父について、質問いたします。
義父は、現在69歳。60歳で定年を迎え、その後再雇用継続で、厚生年金を払いながら同じ職場で勤務しております。65才からは、厚生年金(65歳まで納めた分)をもらいながらなのですが、その後も引き続き厚生年金を払っている状態です。この場合、65歳以降支払った厚生年金はどのような形で返ってくるのでしょうか。それとも、返ってこないものなのでしょうか。年金の仕組みがよくわからないので、構造的に解き明かしていただけると幸いです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

65歳の誕生日になった月に、お父さん宛に社会保険庁から
「名前を書いて、誕生月末日までに社保庁あてに必着で出して」
というハガキを書いて出した後で、60歳から65歳までに掛けた
厚生年金の分をそれ以前に加入した分と足し合わせて、年金額の
再計算をやります。基本は65歳から70歳まではこの計算で出した
金額で支給されます。
 では、65歳以降に加入した厚生年金の分はいつもらえるのか。
これは、70歳前に厚生年金を脱退すれば、脱退した翌月の分から
65歳以降に加入した分を今まで加入した分に足して年金額を再計算し、支給を受けられるようになります。
 厚生年金は70歳までしか加入できないので、在職したまま70歳を迎えれば、厚生年金の脱退届をそこで会社から出してもらい、70歳に達した月の翌月分から、65歳以降に加入した厚生年金の分が年金の受給額に
含まれてくることになります。
 ただし、70歳以降も引き続き在職する場合は、在職による年金額の減額や支給差し止めが続く場合がありますのでご注意を。一般的には厚生年金の月額と月給・ボーナスを12等分した額が48万円を超えた場合に年金減額の対象になります。

65歳の誕生日になった月に、お父さん宛に社会保険庁から
「名前を書いて、誕生月末日までに社保庁あてに必着で出して」
というハガキを書いて出した後で、60歳から65歳までに掛けた
厚生年金の分をそれ以前に加入した分と足し合わせて、年金額の
再計算をやります。基本は65歳から70歳まではこの計算で出した
金額で支給されます。
 では、65歳以降に加入した厚生年金の分はいつもらえるのか。
これは、70歳前に厚生年金を脱退すれば、脱退した翌月の分から
65歳以降に加入した分を今まで加入した分に足...続きを読む

Q年金受給者が働くと年金額と合算での所得税が必要?

私は現在60歳で今年定年退職し年金が来年2月より50万位受給する無職の主婦ですが、来年よりパートで働きたいと思っています。
年収金額でいくら迄が年金と合算して無税で扶養控除等を失わないで済むのかわかりません。
又税がかかる金額はどの位でどのような種類の税と金額かもわかりません。
どなたか教えていただければ宜しくお願いします。

Aベストアンサー

長いですがよろしければご覧ください。

>年収金額でいくら迄が年金と合算して無税で扶養控除等を失わないで済むのか…税がかかる金額はどの位でどのような種類の税と金額か…

「所得を得た」場合にかかる税金は、「国税の所得税」と「地方税の個人住民税」です。(自営業の人は「個人事業税」というものがかかる場合もありますが、「パート」とのことなので省略します。)

---
「所得税」も「個人住民税」も「基本的な仕組み」は単純です。

まず、「その年の収入」を、「所得の種類ごと」に分けて「それぞれの所得金額」を求めます。

uff52632さんのご質問内容ですと、

・公的年金収入→「(公的年金等に係る)雑所得」
・給与収入→「給与所得」

の「2種類」です。

『所得の区分のあらまし』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1300.htm
『所得金額とは|一宮市』
http://www.city.ichinomiya.aichi.jp/division/shiminzei/guide/shiminzei/syotoku.html

あとは、「所得税の確定申告」を行なって、「すべての所得から計算した所得税額」と「源泉徴収されている所得税額」の【差額】を精算して、その年の税務申告は終了です。

『確定申告』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2020.htm
>>所得税の確定申告は、毎年1月1日から12月31日までの1年間に生じた所得の金額とそれに対する所得税の額を計算し、源泉徴収された税金や予定納税額などがある場合には、その過不足を精算する手続きです。

※「個人住民税」は市町村が計算しますので、自分で計算する必要はありません。

『【確定申告・還付申告】>Q8 住民税や事業税の申告はどうなるのですか。』
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/qa/02.htm#q08
『住民税とは?住民税の基本を知ろう』(更新日:2013年05月13日)
http://allabout.co.jp/gm/gc/14737/

---
「無税になるかどうか?」は、「所得控除」や「税額控除」が「その人ごとに」違っているため、「年金収入の金額・給与収入の金額」の情報だけでは分かりません。

「所得控除」「税額控除」も「考え方」はどちらも単純です。

・所得金額-所得控除=課税される所得金額
  ↓
・課税される所得金額×税率=税額
  ↓
・税額-税額控除=納税額

『所得税の「基礎控除」とは』(更新日:2010年09月06日)
http://allabout.co.jp/gm/gc/252921/

『所得金額から差し引かれる金額(所得控除)』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/shoto320.htm
『税金から差し引かれる金額(税額控除)』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/shoto321.htm

※「確定申告にある程度慣れている」という場合は、こちらで、所得税の試算が可能です。

『所得税(確定申告書等作成コーナー)』
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/kakutei.htm

******
「控除対象扶養親族」の要件

「控除対象扶養親族」は、「16歳以上の扶養親族」です。

「扶養親族」の要件は「4つ」ありますが、「所得の要件」は、「年間の合計所得金額が38万円以下であること」です。

『扶養控除』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1180.htm
>>扶養親族とは、その年の12月31日…の現況で、次の四つの要件のすべてに当てはまる人です。
>>(3) 年間の合計所得金額が38万円以下であること。

※「控除対象配偶者」の要件もほぼ同じです。

『配偶者控除』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1191.htm
『配偶者特別控除』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1195.htm

*****
「年金受給者の確定申告不要制度」について

「確定申告が面倒」という年金受給者のために「年金受給者の確定申告不要制度」が導入されています。

『公的年金等を受給されている方へ』
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/koho/campaign/h25/Dec/03.htm

なお、「確定申告」は、「所得税の過不足の精算手続き」ですから、必ずしも「確定申告不要=得」というわけではありませんので、ご注意ください。

また、(確定申告は不要でも)「個人住民税は申告が必要」というケースもあります。

(多摩市の場合)『年金所得者の住民税申告・確定申告について』
http://www.city.tama.lg.jp/16853/11/14703/14663/14134/014702.html

*****
(備考)

「税務署」は、年明けから「還付申告」の受付が始まり、3/15に向かって徐々に混み始めます。

「基本的なことからじっくり相談したい」という場合は、「なるべく早め、いっそのこと3/16以降」のほうが良いと思います。

*****
(その他参考URL)

『確定申告と年末調整はどう違うの?』(更新日:2013年01月21日)
http://allabout.co.jp/gm/gc/376430/
『還付申告』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2030.htm
『還付申告は混雑期を避け3月15日過ぎに』
http://www.ioka-youji.com/article/13617737.html
---
『腹が立つ国税局の税務相談室』(2009/07/15)
http://moriri12345.blog13.fc2.com/blog-entry-365.html
『税務署が親切』(2007/03/11)
http://blog.livedoor.jp/stock_value/archives/50363449.html
『税務署は意外と親切』
http://dorobune.chips.jp/?p=155
『国税庁>ご意見・ご要望』
http://www.nta.go.jp/iken/mail.htm
---
『日本税理士会連合会>相談事業のご紹介』
http://www.nichizeiren.or.jp/taxpayer/consultation.html
『まだまだたくさんいる「偉い税理士先生」』(2012/06/07)
http://moriri12345.blog13.fc2.com/blog-entry-1359.html
---
『はけんけんぽ|被扶養者とは:審査の必要性』
http://www.haken-kenpo.com/guide/huyou_1.html
※「被扶養者の審査基準」は、どの保険者(保険の運営者)も「ほぼ同じ」ですが、「まったく同じ」ではありませんのでご注意ください。
『公的医療保険の運営者―保険者』
http://kokuho.k-solution.info/2006/01/post_1.html
『けんぽれん>よくある質問』
http://www.kenporen.com/faq/index.shtml
『あなたも入るかもしれない?協会けんぽって何』(2008/10/02)
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20081001/1019299/

※間違いのないよう努めていますが、最終判断は税務署(住民税は市町村)に確認の上お願い致します。
※なお、ご紹介したサイトの信頼性についてはご自身でご判断ください

長いですがよろしければご覧ください。

>年収金額でいくら迄が年金と合算して無税で扶養控除等を失わないで済むのか…税がかかる金額はどの位でどのような種類の税と金額か…

「所得を得た」場合にかかる税金は、「国税の所得税」と「地方税の個人住民税」です。(自営業の人は「個人事業税」というものがかかる場合もありますが、「パート」とのことなので省略します。)

---
「所得税」も「個人住民税」も「基本的な仕組み」は単純です。

まず、「その年の収入」を、「所得の種類ごと」に分けて「それぞれの...続きを読む

Q採用証明書の提出は…

長い失業期間でしたが先日やっと再就職先が決定し、来週火曜から働くことになりました。
職安に電話で「決まりました」と報告したら、「今週の金曜に手続きしますので、雇用保険受給資格証と失業認定報告書を持って来所してください」と言われたのですが、採用証明書はいつどうすればいいのでしょうか?
来週火曜の初出社の日に会社の人に書いてもらって、職安に郵送すればいいのでしょうか?
ご存知の方、教えてください。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

採用証明書は、再就職先の人に記入して貰ってください。
就職日の前日から次々回認定日の前日までに行く様になると思います。
明日、職安に行かないといけないんですよね。
就職日の前日は月曜日なのでちょっと早いかも・・・
採用証明書の提出も明日でよいか職安に尋ねてみてください。
結構、面倒臭いですけど頑張ってね。

Q働きながら最大の年金をもらう給料の上限

現在60歳以上で、正社員として働きながら最大の年金をもらう給料の上限はいくらですか?さまざまな条件で変わってくるとは思うんですが・・・。

Aベストアンサー

昨年の国会で年金法案が可決しました。

60歳で在職年金の受給は年収の12分の一と年金給付額の合計が28万円までは年金のカットは無くなりました。
今年3月までは厚生年金に加入している企業に勤務している場合、年金額の20%は強制的に支払停止となっていましたが…。

これは64歳までの処置で、65歳からは上限が48万円に繰り上げられます。(変ですよね)

もしそれ以上の収入がある場合には、超過額の1/2が支給停止となるようです。

ただし年金は個人個人で状況が変わってきます社会保険事務所でお聞きされては? 
年金番号、名前を言えば、電話ででも、教えてもらえます。

私も現在報酬比例部分の支給を受けていますが、このたびの改正で2万円ほどアップすると心待ちにしています。

多少は改善されたことを喜んでいる一人です。

Q自己都合退職による給付制限がある場合の再就職手当て

私は1月に自己都合で退社することになったのですが、
3月にもし再就職が決まった場合、再就職手当ては
支給されるのでしょうか。
自己都合で退社した場合は3ヶ月の給付制限がある
とあったのですが、この期間内で就職してしまったら
支給されないのでしょうか?

ご存知の方がいらっしゃいましたら回答お願いします。

Aベストアンサー

先に結論を言えばもらえます。
でも一定の条件をみたしてないとだめです。

1月にやめたとします。
それから会社から離職票が発行されますよね。
それをもってハローワークにいき手続きをしてもらいます。
その手続きをしてから一週間の待機期間があります。
その一週間をすぎてから、ハローワークで紹介された仕事で就職した場合のみ再就職手当てがもらえます。
離職票を待ってる間とか待機期間の一週間の間に勝手に求人広告などで探して決まったりしたらその時点で無効です。

ただし、求人広告に載っていたものでも、その会社がハローワークに登録されている企業であればハローワークの紹介として扱って再就職手当てがもらえる可能性もあるので、一週間の待機期間が終わって広告などで仕事があった場合、ハローワークに広告を持参して電話をかけてもらうのがよいでしょう。
でも登録されてなければ紹介できないということで却下されますので。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング