プロが教えるわが家の防犯対策術!

仕事をしているとたまに青焼とか青図と言う?図面や
レイアウト図をもらったりする事があります。白黒ではなく青が使われているのは?なぜでしょうか?
昔っからこの青い図面で承認をとったり連絡用に正式に使われているようですが、これにはどんな歴史があってどのようなメリットがあるのでしょうか?
また、どのようにつくられているのでしょうか?
現在のようなコピー機が普及している中今後も生き残るのでしょうか?このあたりにお詳しい方、よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

ちわ!


コピー屋っす(ので一応専門家にしちゃったよ)
<仕事をしているとたまに青焼とか青図と言う?図面や
レイアウト図をもらったりする事があります。白黒ではなく青が使われているのは?なぜでしょうか?

白黒でなく青がつかわれる理由はコストですね。A1の図面をPPCでとる場合、原価(機械代を含む)は100円近くになります。
それに対して青焼きは30円程度で済みます。
でも、建築関係は第二原図を借りることが多いようです。

<昔っからこの青い図面で承認をとったり連絡用に正式に使われているようですが、これにはどんな歴史があってどのようなメリットがあるのでしょうか?

上記のようにコストと、他の方が回答に書いているように正確さ、そして加筆や変更がすぐわかるというメリットがあります。歴史は知りません。

<どのようにつくられているのでしょうか?

ジアゾ感光紙というアンモニアに反応して青く変化する薬物が全面に塗られた紙の上に第二原図(トレペ・フィルム・青焼きフィルムで作成した図面)を重ね機械に入れます。
光の当たった部分(原図に何もかかれてない部分)の薬物はアンモニアに触れても反応しなくなります(光の強さによって反応の度合いが変化するため薄くかかれたところは薄く色がつく)
その後アンモニアガスの中を通り青焼きの出来上がりとなります。

<現在のようなコピー機が普及している中今後も生き残るのでしょうか?

大型(A0)コピー機500万位・カウンター料金はm/40円程度します。
インクジェットのプリンターならA1機が20万位で買えるでしょうが速度が遅すぎますし、コストでもA1が30円程度(原価)の青焼きには及ばないでしょう。
現在、プロッターで原図作成・青焼きで図面の量産という図式は当分堅持されることでしょう。

青焼きは低コストで高精度そして作業者のスキルがあまり必要としない(まったくの素人さんでも5分の説明で十分)
どっちかというとコピー機のほうが危ないね。(死滅ではなく図面の電子化によるコピー需要の減少という意味で)

下手な文章長くて悪かったね。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

とてもわかりやすかったです。
ありがとうございました。

お礼日時:2003/10/15 22:30

現在も、青焼きが使われている一番の理由は、


原図を確実に写した事が証明できることです。
原図には、製作者の判と期日を書き、変更を加えた場合には、その日をいれる事で、混乱を防ぐメリットがあります。

CAD図ですと、途中でいくらでも手を加える事が出来る為に、原図と異なっても分らず混乱の元になります。
    • good
    • 0

こんにちは


十年ほど前は青焼で見積図面をもらうと、相見積をしていないか、こちらに発注する意志が強いと判断し、丁寧な検討、対応をしたものです。最近(ここ5年位)みかけていませんが。
コピーするのが青焼きは面倒なので,おたくに発注したいというお客さんの隠れ意思表示かもしれませんので要注意と思います。
    • good
    • 0

青焼きは、昔のコピー方式の遺物です。


1970年代ではそれが最高レベルの物でしたが…
現在、青焼きを新しく書いた図面として出すような会社は信用されません。
「昔の(当時の)図面です」と言って青焼きを出す会社なら、歴史や伝統のある会社として信用されるのですけど。

たかだか30年前の物ですから、過去の資料としては残ると思います。
ただし、新しく起こした図面が青焼きになる事は無いでしよう。
    • good
    • 1

こんばんは。



まず白黒のコピーの場合(普通のコピー機)で
コピーすると縦横方向に誤差が生じます
青焼きの場合は性格に寸分の狂いもないのです。
正確な図面でないとだめな場合は青焼きが良いですね

あと青焼きは光の反射率が少なく 屋外での工事の
時に図面などを見る場合 見やすいということも
あります。 白黒の場合 反射して見えにくい場合も。

作り方ですがトレーシングペーパーに描かれた図面を
乗せて(あわせて) 専用のコピー機(ジアゾコピー機)に入れます。

簡単な説明ですが参考程度に^^
    • good
    • 0

手書きの図面が主流だった頃、図面を書くのに


トレーシングペーパーが使われていた事はご存知かと思います(建築図などをトレースするのに楽) 
で、これを複写する場合 A1/A0のような大きなコピー機は当時なく、あってもかなり高価なものでした
青焼きはつまり感光紙への転写です
CADが一般的になった今日では出番が少ないでしょうね
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q青焼き機白焼き機とは???

はじめまして、素朴な疑問ですいません。
 【青焼き】【白焼き】とは何ですか?
地図?とかを印刷するものなんでしょうか?
まったくの無知ですいませんが、詳しく知りたいです。
 よろしくお願いします。

Aベストアンサー

青焼きとは、建築分野で多く使われていますが、トレースペーパ(透けている)に図面を書き、感光紙に密着させ、光を当てて複写をします。
昔は、光が当った部分(ほぼ全面)が青くなり、図面の線が白く出ました。
今では、光の当らない部分(図面の線)が青くでます。
定着液に浸してますが、徐々に感光してくる欠点がありますので、保管には袋にいれ光に当らないようにします。

白焼きは、一般的なコピーで、青焼きに対して使い分ける言い方です。

Q「~したい」「~したく」は目上の方に失礼な表現でしょうか?

私は入社2年目の駆け出しの会社員です。敬語の使い方について教えてください。
社内メールにて、自分が送信相手に何かを主張する時、「~したい」「~したく」という文を見受けられます。これは目上の方に失礼な表現でしょうか?
一方「~したいです」と使用すると、個人的にはやや幼稚な響きがあり、抵抗があります。
目上の方に対してはどのような表現が適切でしょうか?
また、他に何かいい表現があればご教授ください。

Aベストアンサー

こんにちは、No.4です。

「思う」「考える」という表現は政治家の選挙演説でも頻繁に使われますが、
自信が無いようには感じませんよね。
主張が一言だけで終わらないのは演説もビジネス文書も同じこと、
意志や主張の強さは文脈の前後で調整していけば良いと思います。

ケースバイケースですが、
自分が「こうだ!」と思っても相手はそう思わない場合もあるので
文をマイルドにしてくれるこういた柔らかい表現、私は重宝していますよ。
(一方的な主張に終始して失敗したこともありますので・・(^^ゞ)

堅めに書くなら他に
「~を検討しています」
「~の実施を検討しています」
などという表現も使えるかも知れませんね。

QJWcadをPDFファイルに変換するにはどうしたらよいですか?

今、JWcadを使用しているのですが、PDFファイルに変換するのに手間がかかって困っています。
手順としてはこんな感じでやっております。JWcadにてDXFかjwcかに変換→ベクターワークスにてJPEGに→イラストレーターにてPDFに変換といった具合です。この場合ですと、レイヤー分けしている分が全て表示したままPDFに持っていく事となり、レイヤーを一つずつ取り出さないといけない感じです。かといって、DXFをそのままイラストレーターで開くと縮尺がおかしくなってしまいます。(前述も縮尺はおかしくなってしまいますが・・・)
他にはベクターワークスでEPSFファイルに変換後イラストレーターにという手順も行ってみたのですが、なぜか文字化けしますしレイヤーもごっちゃになってしまいます。
なにか良い方法はないでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

PDFに変換するソフトを使ってはいかがでしょうか?フリーソフトでもいくつかあります。
私は市販のソフトですが「いきなりPDF」でJWcadの図面をPDF化してます。印刷時にプリンタの設定画面で「いきなりPDF」に設定するだけだから、いちいちデータ変換する手間も無く便利ですよ。

Q至急お願いします!!「代理でメールを送る場合の上司の書き方」

上司の代理でメールを送ることになりました。
その際は、上司の名前を呼び捨てにし、●●の代理で送らせていただきます。と記載していいのでしょうか。
CCに上司も入れるのですが、やはり肩書き「部長」などを付けるのは、間違いでしょうか。
自信が持てませんでしたので、質問させていただきました。
申し訳ありませんが、早速のアドバイスをお願いいたします。

Aベストアンサー

社外に送られるんですよね?
身内以外に送るのでしたら呼び捨てで大丈夫です。
メールだけでなく電話などの場合でも同様です。

Q「強電」と「弱電」の違い

「強電」と「弱電」の違いがいまいちわかりません。

僕が思っていたのは、
 ○学門等なら一般の電気工学が「強電」、
  電子工学とかが「弱電」、
 ○設備等なら電力設備が「強電」、通信ケーブルとか
  電話線等の信号等の設備が「弱電」
かと思っていました。

なんか定義等ありますか?

「電子工学」は「弱電」かと思いますが「電気工学」
だけでも「強電」と「弱電」に分かれますか?
量子力学なんかは弱電ですか?
制御工学は?

どの辺で強電・弱電に分かれるか、等よろしくお願いします。

Aベストアンサー

電子回路系は弱い電気ですよね。電気エネルギー、熱エネルギーに変換するような機械とかは強い電気を使いますよね。それへの違いだと思います。
なのでその電気の量に対して重点を置かない量子力学や制御工学は、どちらとも言えないんじゃないですか?
一般的には強電流工学 (電力・電気機器工学)と弱電流工学(電子・通信工学)に分かれます。

QWord 文字を打つと直後の文字が消えていく

いつもお世話になっています。
Word2000を使っているものです。
ある文書を修正しているのですが,文章中に字を打ち込むと後ろの字が消えてしまいます。
分かりにくいですが,
「これを修正します。」
という文章の「これを」と「修正します。」の間に「これから」という単語を入れたときに,その場所にカーソルを合わせて「これから」と打つと,
「これをこれからす。」
となってしまいます。
他の文書では平気です。
何か解決する方法があれば教えて下さい。

Aベストアンサー

入力モードが「挿入」(普通の入力)から、「上書き」になってしまっているのだと思われます。
キーボードに[Insert]というキーがあると思いますので、1度押してみてください。

Q「基」と「元」の使い方

経験を"もと"に話す。
上記の場合の”もと”は元、基のどちらが正しいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして。

ご質問1:
<上記の場合の”もと”は元、基のどちらが正しいのでしょうか?>

「基」になります。

1.「経験を"もと"に話す」とは言い換えれば「経験にもとづいて話す」ことと同じです。

2.「もとづい(て)」は「もとづく」の連用形です。

3.「もとづく」は「基づく」という漢字しか存在しません。

4.従って、ここでは元、本、素などの漢字は適切ではありません。


ご質問2:
<経験を"もと"に話す。>

1.「~をもとに」という語感が「~を元に戻す」といった語感になるため、「元」の漢字を想定されたのだと思われます。

2.しかし、ここで使われる「もと」とは「土台」の意味になります。

3.他の漢字「元」「本」などには「土台」「ベース」といった意味はありません。

4.従って、ここでは基が適切な漢字となります。

以上ご参考までに。

Q古い青焼き図面の色あせを何とかしたいのです

25年ほど前の青焼き図面の色あせがひどく この際トナー複写機で複写をしようとしましたが かなり色あせがひどく 困っています
当時を振り返ってみますと現像液がアンモニア臭のあるものとそうでないものとあったように思います
アンモニア臭のあるのは大型で臭いのないものはA4サイズの小型の機械だったと思うのですが不確かです 現在何とかしたい図面サイズはA2です これがアンモニアを塗布することで鮮明になってくれればいいのですが 
どなたかご存知の方よろしくお願いします

Aベストアンサー

古くなった青焼きの図面は紙の経年劣化・変色等もあり、そのままだとさらに見づらくなってきますね

スキャナーし修正することも可能でしょうが、なかなか大変みたいです
大切な図面や貴重な資料がこれ以上ひどくならないうちに、電子化してはいかがですか
いまなら青焼きの図面等を電子化してくれるところがあり、劣化した青焼きでも対応してくれます
青焼き 劣化と検索すれば色々出てきますよ

Q1ピクセルって何ミリですか?

1ピクセルって何ミリなのでしょう?
至急、お答えお待ちしております。
かなり急いでます。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

1ピクセルが何ミリかという質問の答えになるかどうか分かりませんが、
WEB制作上に限って言えば、横100ピクセルの画像を作りたい場合、
Photoshop等では単位をピクセルで作れますが、Illustrator等の場合は、
100pointで作ります。
1pointは、0.35277ミリです。

Qビジネスメールでの御礼の書き方

相手先へお願いしていた書類を
受け取ったのですが、
受け取った事(御礼)とこれからもお願いしますという
感じのメールを書こうと思うのですが、
少々分からない事があるので、教えてください。

・受け取りましたという報告の文章
 「受け取りましたありがとうございます。」で大丈夫でしょうか?

Aベストアンサー

#1の追加です。

失礼しました、手紙ではなくメールでしたね。

こんな感じでしょうか。


いつもお世話様です。
先日依頼いたしました***の書類は、本日確かに受領いたしました。
早速に配慮いただきまして、誠にありがとうございました。
今後とも、よろしくお願い申し上げます。


人気Q&Aランキング