ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

よくある下痢などで腹痛になった時、夫に痛いのは胃なのか腸なのかといつも聞かれます
どっちかなんてわからないし、気にもしたことなかったです
というか今まで、腹痛=胃と思ってました;
でも胃腸薬を見ると、腸を整える、など腸のほうが多く書かれてる気がします
下痢の場合、腸が痛むほうが多いのでしょうか?

また、皆さんは自分でどっちが痛むかわかりますか?
おへそから下なら腸?微妙なんですよね;
もしくは、両方痛むというのがメジャーなんでしょうか
夫に、わからないのはおかしいみたいな感じで言われまして・・。

今回は、よくある食べ過ぎ(冷たい物飲みすぎとか)
などが原因の下痢という条件で回答お願いします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

こんにちは


下痢の場合は痛むのはほとんど腸です。
大腸の終わりの方にある、S状結腸という場所が痛むことが多いです。
食べ過ぎで最初に痛むのは胃のことが多いのですが、下痢という症状の場合は大腸の炎症が多いです。
場所でいうと、みぞおち辺り、おへそまでなら胃のことが考えられ、それより下は腸が考えられますが、胃は実は骨盤の辺りまであるため、一概には言えません。
正しくは、胃腸科へいき、触診を受けて診断されるのがいいと思います。
お大事になさってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やはり腸なのですね!
S状結腸・・・なるほどです
調べてみます
回答ありがとうございました

お礼日時:2011/07/01 00:31

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するQ&A

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q胃痛と腹痛の見分け方

私は時々おなかが痛くなる時があるのですが、それが胃痛なのか腹痛なのか区別がつきません。どうやって見分けるのでしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

 参考までに

 内臓には感覚神経はありません。
 はさみで切ってもいたくないのです。

 痛く感じるのは、胃や腸の何らかのトラブルによる反射痛であり、腹筋(筋膜)等の拘縮(防御的反応)による腹筋等の痛みなのです。原因が胃であれ腸であれ、個人差はありますが、腹痛としてあらわれます。

 また胃を支配している神経の情報を脳へ伝える経路で神経圧迫があれば、やはり、腹痛としてあらわれます。
 
<胃のトラブルとしては>
 1・胃の中が非常に酸性体に傾いたとき。
 2・胃壁の傷などにより、炎症をおこしたとき。
 3・便秘やガスにより腹圧が上がったとき等です。

<そのトラブルの原因としては>
 1・精神的ストレスや骨格筋の疲労などによる自律神経の不調によります。
 2・精神的ストレスや骨格筋の拘縮などによるリンパの流れの停滞によります。
 3・刺激物の摂取などです。
 

Q腸の癒着について

私は14年前に帝王切開をした事があります。
それ以降腸の調子が度々悪くなって内科に通院したりします。
具体的には腸捻転を起こしたようなひどい腹痛から、便秘のような腸の張りなどです。
内科に行った時、何度か「帝王切開をしているので、腸が癒着しやすい」って言われました。
その時詳しく聞けばよかったのですが、腸が癒着するってどう言う事なのでしょうか。
腸と腸がくっついて通りをふさいでしまうのですか?
お腹を切開すると腸が癒着しやすいと言う事ですが、よくイメージがつかめません。
帝王切開など腹部を切開するって言うのは腸も切っているのですか?
教えて下さい。

Aベストアンサー

帝王切開は下腹部で行って基本的に腹膜外に位置する子宮を開いて赤ん坊を取り上げる処置ですので直接腸を触ることはありません。しかしながら腸を包んでいる腹膜は外界に現れますし作業の都合で多少はキズがつきます。帝王切開に伴う腸管の癒着、その後のイレウスはたぶんにこれが原因と考えられています。

『腸が癒着する』とはどういうことかを考える前に、腸がいつもどのように動いているかを理解しなければなりません。腸は小腸・大腸あわせて10m弱ありますがこれが整然と腹部に納められています。結構狭い空間に押し込められている割に『蠕動』といって動くことができるのは数箇所の固定部分を除きほとんどがフリーな状態にされているのと摩擦部分にあたる箇所には腸間膜やら腹膜といった緩衝材が配置されているからです。この緩衝材は表面がゼラチンコーティングされている潤滑面だと考えるとわかりやすいです。たとえるならば和服での着物と長じゅばんの関係のようです。着物をピシっと着込んでいても間にあるじゅばんのおかげでズレるゆとりが生まれ着崩れすることなく着物が動くことができる…そんなイメージです。

さて手術をして、あるいは疾患の都合(癌の浸潤など)で潤滑面である腹膜や腸間膜が傷つきますと、キズの部分からゼラチン面が失われさらにキズを修復するために細胞成分が膜の内面に増生したりします。また膜そのものが無くなれば腸同士が触れ合うこととなり表面が傷つき同じように細胞成分が内空に増生することとなります。
こうして増生した細胞成分や失われた潤滑能によって腸の自由な動きが障害されたとき『癒着』という病態が起こります。症状については「イレウス」という単語でお調べください(割愛します)。

ですからおなかを開ける手術では大なり小なり術後の腸管の癒着は起こります。またおなかの中の操作が複雑なほど腹膜・腸間膜や腸管自体をいためる機会も増えますので症状は強くなります。さらに下腹部(腹膜外)の手術よりも腹部(上腹部)の消化器の手術のほうがより一層顕著に障害を来たすのは理解できると思います。

帝王切開は下腹部で行って基本的に腹膜外に位置する子宮を開いて赤ん坊を取り上げる処置ですので直接腸を触ることはありません。しかしながら腸を包んでいる腹膜は外界に現れますし作業の都合で多少はキズがつきます。帝王切開に伴う腸管の癒着、その後のイレウスはたぶんにこれが原因と考えられています。

『腸が癒着する』とはどういうことかを考える前に、腸がいつもどのように動いているかを理解しなければなりません。腸は小腸・大腸あわせて10m弱ありますがこれが整然と腹部に納められています。結構...続きを読む

Qおへその上にある内蔵?が痛い(再)

おへその上にある内蔵といえばだいたい胃になるのでしょうか?
どなたか知っている方教えてください。

※少し前からお腹が痛いんです。
最初のころ(1週間前)は全体的に痛かったのですが自分でいろいろお腹を押しているうちにおへその上あたりに痛みが集中しているのがわかりました。
便秘ぎみのことから医者では神経性のものでは?といわれたのですが果たしてそうか疑問です。再診の際にはっきり言おうと思うのですがまだ少し先でそれまで我慢できるかちょっと不安です。
生兵法は怪我のもととは言いますがどなたか同じ症状で苦しんでいる(いた方)アドバイスあれば是非ともお願いします。

Aベストアンサー

一般的な話になりますが、内臓からの痛みの場所としては、
食道では、胸骨の後ろ
胃、十二指腸では、心窩部や左右の上腹部、背部
小腸では、臍周辺
大腸では、臍の下で病変側
膵臓では、心窩部や背部
肝臓、胆嚢では、心窩部や右の上腹部、背部
が普通に痛みがおきる場所です。

可能性として、胃十二指腸、胆道、膵臓疾患などが鑑別になります。
胃カメラや超音波検査などが必要だと思いますが、受診するまでの注意事項としては、酒、たばこをやめる、脂っこいものや刺激物、炭酸飲料の摂取を避け、消化のよいものを食べる、などです。

痛みが、どんどん強くなるようなら、急性腹症といって緊急を要することも考えられますから、休日診療所などで診てもらった方がいいですよ。


人気Q&Aランキング