【無料配信♪】Renta !全タテコミ作品第1話

LEDランプの機器の定格表示に3VAと記載されていましたが、どういう意味ですか?教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

LEDに電波形式なんてありませんから。



今までの電球であれば、有効電力の単位であるW(ワット)で表示されていましたが、
VA(ボルトアンペア)は皮相電力を表す単位
電圧の単位であるV(ボルト)と電流の単位であるA(アンペア)の積(掛け算)です。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%BB%E5%8A%9B
    • good
    • 0

V (ボルト) × A (アンペア) が 3 だということです。


100V のランプなら、0.03A が流れるという意味です。
100V × 0.03A = 3VA

VA は、正しくは「ボルトアンペア」、なまって「ブイエー」と呼んでいます。
    • good
    • 0

こんにちは^^



LEDランプの電波形式だそうですよ

LEDは 昔みたいなワットで表示しないで ルーメンで明るさ表示みたいですから

戸惑いますよね^^

失礼しました。

http://www1.ocn.ne.jp/~kantaro/hamdenpa.htm

参考URL:http://www1.ocn.ne.jp/~kantaro/hamdenpa.htm
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QVA提案とVE提案の違いを教えて下さい。

こんにちわ。
VA提案とVE提案の意味の違いを教えて下さい。
宜しく、お願い致します。

Aベストアンサー

用語的には。
VA:Value Analysisの頭文字(価値分析)
VE:Value Engineeringの頭文字(価値工学)

VAは、おおざっぱに言って、既存の製品に対して改善を行う手法。
製品やその部品に対して、必要とされる機能や品質を考えて現状を分析し、コスト低下につながる代替案を提案する。
この部品は何のために使うのか →他に代替えになる物はないか →あるいは現状の品質がほんとに必要かなど。

VEは、開発設計段階から行う手法。
設計を行う場合に、機能や品質を満足するするに必要なレベルを考慮する。
(適正な材料の選択、適正公差、最適工法の選択、仕上げ方法の見直しなど)
不必要に過剰品質にならない、設計が複雑では製造段階での努力には限界がある、それらを含めて設計段階への提案。

現在では、VEの方が重視されている、もちろん既存製品に対するVA提案を受けて、次製品へのVE活動につなげていきます。

個人サイトですが「VEをもっと知ろう」
http://www.geocities.jp/taka1yokota/mypage4-ve1.htm
(VEの考え方がおおよそ分かると思います)

社団法人日本VE協会「VE基本テキスト」
http://www.sjve.org/102_VE/images/302_basic.pdf
(PDFファイルです)

こんな感じです。

用語的には。
VA:Value Analysisの頭文字(価値分析)
VE:Value Engineeringの頭文字(価値工学)

VAは、おおざっぱに言って、既存の製品に対して改善を行う手法。
製品やその部品に対して、必要とされる機能や品質を考えて現状を分析し、コスト低下につながる代替案を提案する。
この部品は何のために使うのか →他に代替えになる物はないか →あるいは現状の品質がほんとに必要かなど。

VEは、開発設計段階から行う手法。
設計を行う場合に、機能や品質を満足するするに必要なレベルを考慮する。
...続きを読む

QVA(ボルトアンペア)とは??

家庭で使う電力のチラシを見てましたら、VA(ボルトアンペア)という単位が出てきました。
W(ワット)とは違うんですよね?

この単位はどの様な時に使用されるのでしょうか?

Aベストアンサー

基本的にワット=電圧×電流ですね。
詳しいのがありましたので貼り付けます。

≪Watt(W)

 工率や反射率,仕事率や電力などを表わす単位。力学でも電磁気学でも用いる。電力では 1 V の電位差がある2地点間を 1 A の電流が流れるときに 1 W。



VA ボルトアンペア

 消費電力の表示例。機器に投入される電気エネルギーを示す。 W は実際に使われたエネルギー(有効電力)を示す。電球のような単純な機器なら VA と W は同じだが,モーターなどコイルを使う機器では,そのロスのために VA と W は一致しない。インバーターエアコンなど家庭製品の一部は,起動時やフル回転時に大きな VA を必要とするが,運転が安定すると低下する。カタログには,この状態の W が表記される場合が多い。
 電気料金は W で計算するが,効率が異なると,電気会社が使用者に送らねばならない電圧電流が変わってくる。東京電力は効率(力率)を平均85%とし,それより効率のよい工場などでは料金を割引,逆は割増料金を求めている。≫

参考URL:http://www2.nsknet.or.jp/~azuma/ta/ta0038.htm

基本的にワット=電圧×電流ですね。
詳しいのがありましたので貼り付けます。

≪Watt(W)

 工率や反射率,仕事率や電力などを表わす単位。力学でも電磁気学でも用いる。電力では 1 V の電位差がある2地点間を 1 A の電流が流れるときに 1 W。



VA ボルトアンペア

 消費電力の表示例。機器に投入される電気エネルギーを示す。 W は実際に使われたエネルギー(有効電力)を示す。電球のような単純な機器なら VA と W は同じだが,モーターなどコイルを使う機器では,そのロスのために VA と W ...続きを読む


人気Q&Aランキング