プロが教えるわが家の防犯対策術!

最近雑貨屋さんで、“キッチンで育てられる野菜”の類の
食べられる野菜の栽培セットを購入しました。

室内で栽培するときに私が気になる点としては、
部屋の中に虫がわいてしまうことです。ベランダに出すことはないので、外から虫がつくようなことはないと思うのですが、
もともと土の中に虫がいて、それがわいてしまうと・・・困ってしまいます。
(園芸に虫はつきものだとわかってはいますが、室内でホッコリと楽しみたくて^^;)

その点では、室内用の栽培セットは土から虫がわくようなことはないし、
ベランダに出さなくても窓際で育てられる野菜を売っているしで、
室内栽培で気になる点をクリアしているように思います。

そこでふと、
「室内で栽培するときって、こういうセットじゃないと駄目なのかな?」と、
疑問がわきました。
【質問】土の中から虫がわかない、室内栽培用の土ってどんな種類ですか?

バーミキュライトとかパーライトとかピートモスとか・・・
ちょっと調べて名前は出てきたんですが、あっているのか何なのかわかりません。
何かと混ぜなくても、単体で使える?であっている??

それから、思いっきり商品名に「室内園芸用の土」とかついているのもありますが、
あれって何が入っているのか?
無菌とかなんとか書いてあるものがあるけど、イコール虫がいない?なのか??
。。。調べれば調べるほどわからなくなりました。

近くにひょこっと行けるホームセンターがなくて、
100均で売っているものでいいものないかな?と見てみたりはするのですが、100均だと思うようなものが見つからないし、虫がわきそうで不安・・・;;

詳しい方、アドバイスをお願いできませんか。
よろしくお願いします。

A 回答 (3件)

まず一つ押さえておきたいのは、室内園芸に発生する虫は、実は土から発生するものは少ないということです。

ハダニやアブラムシは網戸の目より小さく、簡単に室内に侵入して知らないうちに大発生します。人の体や服に付着して室内に侵入することもあります。

販売品の土で「室内用」となっているものは、良心的なものなら殺菌消毒されたものもありますが、そうでないものも多数あります。室内用の重点が商品によって「軽量化」であったり、「ごみとして捨てられる」であったりまちまちだからです。

さて、虫がわかないということを主眼におくと、人工用土の「バーミキュライト」「パーライト」と、深い地層から採取される赤玉土、ピートモスを組み合わせた用土を、自作するのが一番安全ということになります。また、有機肥料は使用せず、かならず化成肥料を与えるようにします。
やむをえず市販の土を購入する場合は、原材料の表示のあるもので、「腐葉土」「堆肥」「有機肥料」の配合されていないものにしましょう。買ってきた後、未開封のまま直射日光の当たる場所で1週間ほど晒すのも、消毒法として有効です。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

室内に侵入する虫についても考えておかなければならないのですね。

室内園芸用の土もあなどれないですね…(汗)

バーミキュライト等は100均でも入手できると聞いたのですが、
あいにく私の近所の100均には置いていないよう…。
時間があるときにホームセンターをのぞいてみます☆

肥料で間違えることのないようにしますね。

お礼日時:2011/07/11 06:33

雑貨屋で植物が売られている事を良く目にしますが、僕はどんなに欲しく


ても雑貨屋では絶対に購入しません。雑貨屋で売る目的はインテリア小物
としてで、栽培が目的ではありませんので、場合によっては上手く育たな
い事があるからです。
ホームセンターや園芸店で売られている土も、工夫次第で室内で栽培する
事が可能ですから、本当に栽培したいなら雑貨屋は避けるべきです。
雑貨屋では育てると言う知識を持っていませんから、知識のある店で購入
した方が良いと思います。

自分で土を作る時に、腐葉土は混ぜるもんだと決めつけている人が多いの
ですが、実際に栽培をして見ると腐葉土が無くても栽培は出来ます。
コバエ等の害虫が発生する原因の多くが、腐葉土等の有機物を使用してい
る事が多く、また市販の培養土にも有機質となる物が含まれているので、
室内での栽培は有機質を含まない土を作れば害虫の発生は減少します。

土はガーデニングで使用する物で十分で、赤玉土、鹿沼土、日向土などに
バーミキューライトやパーライト等を混ぜれば問題無く使えます。
ただしピートモスは強酸性ですから、酸性土壌を好む植物以外に使用する
と、場合によっては生育せずに枯れる事もあります。またピートモスは軽
いので、そのまま土に混ぜると浮き上がってしまいます。土に混ぜる前に
バケツに水を入れた中に入れ、十分に水分を含ませる必要があり、面倒と
言えば面倒ですから、ピートモスは使わない方が良いかも知れません。

赤玉土やバーミキューライト等は単体では使用できません。必ず何らかに
混ぜないと使用する事が出来ません。例えばバーミキューライトも容器に
入れて水を含ませると、ほとんどが浮いてしまいます。こうなると植えた
苗も浮いてしまいますから、嘘だと思ったら実際に試して下さい。

室内栽培用の土ですが、メーカーによって内容物が異なりますから、一概
に何何が入っているとは言えません。全ての内容物を言うのは無理ですが
見て触った感じからすると、腐葉土に代わる有機物、パーライトに似たよ
うな軽石みたいな物、バーミキューライトの微粒は見て取れます。
それとゼオライトと言う根腐れ防止剤は何%かは含まれているようです。

無菌と書かれている物は、高温処理して雑菌を死滅させているので、栽培
をしても問題はありません。ただ開封して使用すると次第に雑菌は増えて
行きます。空気中にも雑菌は居ますから、どうしても用土内で繁殖してし
まいます。雑菌を出来るだけ増やさなくするため、何回も同じ用土を使用
しないようにし、そのために年毎に土を入れ替える事が必要です。

肥料入りと書かれている物は避け、無肥料の用土を探し使用します。肥料
には化成肥料と有機肥料があり、腐葉土などの有機物と同じですから、出
来れば有機肥料を避けるようにすれば発生は減少するはずです。
質問の虫が湧かない土は、この世に存在しません。

窓を閉め切っていても虫は発生します。衣類に付着していたり入口から出
入りする時に、空気の流れで侵入します。
どうしても病害虫との遭遇を避けたいなら、室内栽培は止めてベランダで
栽培をされたらいいじゃないですか。室内栽培より屋外栽培の方が風味も
味も違いますから、太陽光の下で丈夫にした方がいいと思います。
太陽光が当たらない場所では病害虫に対しての抵抗力が弱くなり、ちょっ
との事でも被害に遭ってしまいます。ベランダがあるなら、ベランダにて
栽培した方が結果としては良くなるはずです。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

No.1でご回答いただいた方と同じように、室内でも虫がわくことは起こりうるということですね。
虫がわきにくい処置方法もとるようにした方が良さそうですね。

土に関しても丁寧にありがとうございます。
嘘だなんて食ってかかりませんから大丈夫ですよ。笑

雑貨屋さんの植物は、おっしゃる通りインテリアとして魅力的です☆
私はガンガン野菜作りたいというような考えではないのかもしれませんね。
かわいいなぁと成長を見守りつつ、しっかり育ったあとにも楽しみがあることが好きなのかもしれません。
雑貨屋さんの植物を上手く成長させられている人もいることを見ると、やはり室内で栽培して心なごむのは夢です。

ベランダ栽培すると、余計に害虫がつきそうな気がするのですが…。
室内だから虫はダメというよりかは、虫が苦手なんです(^^;
こんなこと言ったら栽培する資格がない!なんて言われそうですね。

ベランダ栽培については、またの機会に改めて質問させていただきますね。
目にとまった際はまたよろしくお願いします。

お礼日時:2011/07/13 12:34

「ゴールデン粒状培養土」と言う土は


とても良い土ですが
これは室内用にして頂いて問題ないです。

完璧な室内用土と断言できます。

他には良質の園芸用土を
電子レンジに入れてから使用する方も多いです。

何れも室内で完璧に使用頂けます。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

自分で虫をわかなくさせちゃえば…というわけですね。

ゴールデン粒状培養土、検索していたときには出てこなかったので、はじめて見ました。

通販でなくても店舗によくあるものなのでしょうか。
今度探してみますね!
ありがとうございました。

お礼日時:2011/07/11 22:23

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング