【無料配信♪】Renta !全タテコミ作品第1話

現在住んでいる土地の庭に、古井戸があります。
リフォームをするにあたり、古井戸を埋めてもらいました。
お払いをして神様をお返しし、土で埋めた形です。
井戸のあった場所には、通気口などはありません。
完全に埋めてしまっています。
リフォーム会社が外回りの作業をしている時に埋めてくれたようです。
その場所は、駐車場から玄関までの通路として使用する予定です。

先日知り合いに、
「井戸は完全に埋めては駄目た。」
「通気口を作らないと大変なことになる。」
「知り合いは、井戸を埋めたことによって倒れてしまった。」
等、怖い話をされました。

お払いしても、怖いものなんでしょうか?

もし、井戸を埋めることがいけないことであれば
今後、どのようにすればよろしいでしょうか?
教えてください。

宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

私は信仰も持ち、気学も学び、科学も学んでいます。


ものごとは取り様です。
例えば専門家が見て、どうしたって空き巣が入り易い家に住んでいて空き巣に入られた。
それでも偶然と思えば偶然で済んでしまいます。また霊障だと思えば御祓いでも受けようという気になります。
つまり科学的解説も、心霊現象も取り様によってどうとも取れるのです。

様々な見解があります。
古い井戸の多くには有毒ガスやメタンガスが発生しやすい。
だからガス抜き管をつけるか薬品で処理するなどでガス発生を予防しないと、それがやがて屋内や庭に溜まって家人に被害を及ぼすという説もあります。
昔は実際に床下に溜まったメタンガスが爆発を起こしたということもあったようです。
庭の木が枯れたり池の魚が死んだりという現象が有るなら気をつけましょう。

気学では「池や井戸は掘るときより埋めることの方が重要」といわれています。
実際過去の有名政治家が南の庭の池を埋めた時に、勉強会で「注意してみていましょう」と言われ、先生が指摘したその期間で倒れてしまった人が居ました。
要するに池も井戸も時期を見て埋めることに越した事は無いのです。

いずれも“説”であり、信じるも信じないも貴方次第、その対処法もそれぞれです。
でもいずれの場合も突然何かがあるという事は少ないですし、現代建築では床下から空気が入ることも少ない。
床下であれば換気を、そうでなければ周囲の変化を暫く注意すれば予兆が有るはずです。
いずれも“気が溜まる”状況にする事が一番好く有りませんから、常に空気が入れ替わる状況にしましょう。

気学の説では方位によって予兆も異なりますが、埋めた直後、3-4ヵ月後、半年後にご主人に何かなければ気にする必要はとりあえず無しでいいでしょう。

御祓いは祝詞の内容を聞くと判るように、あくまでも神に対するお願いでしかありませんし、「大難を小難に、小難を無難に」であって何でもゼロにしてくれというわけではないんです。
人は難を乗り越える事によって進歩するものですから、難を乗り越えられるだけのものにしてくれというのが御祓いの意味です。
要するに厄災の「リボ払い」みたいなもんですね。でも重ねてお願いすれば更に小さくなる可能性も無いとは言えないかもしれません。
災難というのは元の大きさが判らないのだから、ご利益も受け取り方次第ということですね。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

庭の木が枯れたりはしていないので、ガスは発生していないと思います。
取りよう・受け取り方次第ですね。
詳しくありがとうございます。

お礼日時:2011/07/25 09:19

因果関係については信仰の範囲です。

気にしないようにこれからも振舞って下さい。

しかし、科学的見地からは井戸は水脈と関係し、下流への配慮から下の方は清潔な
栗石・砂利で埋め、水気が上がってくるので上に蓋することは望ましくない。
(この対策として、竹筒などを入れて埋める事が推奨された)

でも、これは水脈的に生きた井戸の場合で、既に周りの状況から判断して死んでいる井戸では
さして気にする範疇ではないと考えます。
(将来的に部屋の床下になることは避け、気分的に真上を歩くとかが心配な向きは計画線を少しずらしては如何でしょう)

工事的には、あとから埋めた部分はどうしても柔らかくなりますので、沈下対策をとって下さい。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

因果関係については信仰の範囲なのですね。
安心しました。
工事に関しては、作業される方に依頼してみます。
ありがとうございました。

お礼日時:2011/07/21 13:06

こんな話し聞かされては、お祓いしても怖いです。




これから交通事故にあっても階段で転んでも、
自転車で転んでも、高校受験に失敗しても全て
井戸を埋めた事だ!と思っちゃうでしょうね。

俺なんか、厄年に交通事故にあって入院しても
お祓いしなかったから死なないで済んだんだ!
と前向きに考えちゃう方なので
sshst-123512さんみたいなケースならなんとも
思いません(*^-^)

心配ならまた井戸を掘り返してはどうでしょう
か(^^)
それで安心するならやすい物です♪
    • good
    • 3
この回答へのお礼

私もあまり気にしない方です。
こんな事言って良いのかわかりませんが、幽霊・神様等あまり信じてはいません。
ただ、家族がいるので、ちょっと気になってしまいました。。。
知り合いは、「倒れた後、井戸に通気口をつけたら元気になった。」と言っていました。
それが本当に井戸に関係しているのかも疑っているのですが、何かあってからでは遅いので、宮司に聞いてみます。

お礼日時:2011/07/20 16:53

知り合いの方が言われた様に100%していますね


勿論、100%の理論的な説明は無理、信仰の域かとも思いますが
但し、実際の井戸底をみますと、水があり場合に拠っては水脈になっています
何処にでも水が有る訳ではなく、又 底は土と水の調和があっての井戸でした
御祓い受けた宮司也にご相談されたら如何ですか
    • good
    • 2
この回答へのお礼

作業者の方に聞いたところ、井戸には既に半分以上入っていたようです。
以前、お払いされて土を入れられたのかは分かりません。
宮司さんに聞いてみます。

お礼日時:2011/07/20 15:59

有毒ガスが発生する様な所でなければ大丈夫です

    • good
    • 1
この回答へのお礼

有毒ガスが発生するところかどうか、近所の人に確認してみます。

お礼日時:2011/07/20 15:56

私は、30年前に、古屋を壊し、井戸を完全に埋めて、


新築しました。(30年間トラブルなしです。)

当時、ハウスメーカーの人間に、井戸の中のガスを測定
して貰い、残留ガスなしで、完全に埋立しました。

地域によっては、メタンガス等が地中に含まれている等で、
注意が必要な事が有ります。

なを、迷信等に関しては、知識が無く、回答できません。

この回答への補足

ガスの測定が必要なんですか。
作業していただいた方に聞いたのですが、既に井戸の半分以上は土が入っていたようです。
以前、お払いされて土を入れられたのかはわかりません。
この状態でもガスの測定等は必要なのでしょうか?

補足日時:2011/07/20 15:55
    • good
    • 0
この回答へのお礼

あまり気にしないようにします。
ありがとうございました。

お礼日時:2011/07/20 16:45

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q井戸の上に建てる場合の注意点

現在新築中の土地に井戸が存在したことが判明し、建物が掛っています。
(この件については先日こちらで質問をしていたのですが、新たな情報が得られたの更新させていただきました。)
土地の造成前まで井戸があり、造成の段階で不動産屋が井戸を埋めたそうです。
その井戸は使用はされていませんでしたが、水は存在し蓋をした状態でした。
不動産屋の手配した土地を造成する会社の方で、井戸の周りにあるコンクリートを排除後、土を入れて圧縮作業を経て埋めました。
埋めた個所は数日後沈下し、また土を盛ったそうです(空気抜きの管などありません)。
井戸の直径は1m~1.2m、深さが5~7mと言うことでした。
土地の元々の地主さんの話ですと深さが5尺ほどあったと聞きました。
井戸の下の方は岩で周囲を固めてあったということで、ただコンクリートで固めただけではなさそうです。

2ヶ月前に不動産屋から土地を購入したのですが、その時点では土地の造成が済んだ後でしたので井戸の存在に気付きませんでした。
また口頭で井戸の存在も聞かされず購入したのですが、その時の不動産屋さんの担当者も会社内の連絡漏れなどで知らなかったと言うことで謝罪に来られました。
しかし、いくら謝罪をされても契約を交わし購入した以上は契約解除などできるわけもありません。
契約前に井戸の話を聞いていれば、その土地を購入しなかったことでしょう。

土地を売買する上で井戸があった場合、販売金額は下がるものなのでしょうか?
また重要事項説明の中に備考として記載されないのでしょうか?
ハウスメーカーで建てているのですが、いくらコンクリートのベタ基礎をして構造上問題ないとしても基礎部分を避けて湿気は上がってくるはずですので24時間換気をしていれば家の中に必然と湿気を入れることになります。
外壁にコケが生えたり、室内に湿気がこもり健康を害するなど様々な問題が頭をよぎります。
増して地鎮祭はしたものの井戸のお払いをせずに工事を進めてしまったので精神的に滅入っております(個人的に塩と酒で土地を清めましたが・・)。
ハウスメーカーは構造所問題なしといっても納得できません。
今後どのようなことに気をつけてことを進めたらよいかお教えください。

現在新築中の土地に井戸が存在したことが判明し、建物が掛っています。
(この件については先日こちらで質問をしていたのですが、新たな情報が得られたの更新させていただきました。)
土地の造成前まで井戸があり、造成の段階で不動産屋が井戸を埋めたそうです。
その井戸は使用はされていませんでしたが、水は存在し蓋をした状態でした。
不動産屋の手配した土地を造成する会社の方で、井戸の周りにあるコンクリートを排除後、土を入れて圧縮作業を経て埋めました。
埋めた個所は数日後沈下し、また土を盛...続きを読む

Aベストアンサー

家を建てる位置は自由なので井戸で土地の価格が下るとは聞いた事はありません。
古い家の便槽(ぼったん・・)や浄化槽のあとなど穴の開くところはありますので、通常はそこを締め固めて(30センチごとに水締めなどをしながら転圧)少しでも建物に問題がないように施工します。穴の位置がどこかという事も心配ですが、ハウスメーカーが地盤状況を特に調べず対処していないというのは姿勢であるとはいえません。このままでいくならば、責任をしっかり負ってもらえる約束を書面で出来るのか確認するといいでしょうね。出来ないなら施工者も不安という事で安全性が不安な施工をしたということです。他の建築士を入れて工事が適正だったかどうか判断しなおすという可能性もあります。

穴に土をいれれば沈下します。それはあたりまえ。土木的には少しづつ締め固めるのがよいとされています。

湿気に関しては、今回のニュースのような事項はかなり特殊で圧力をかけたから噴出してきたのです。パスカルの原理です。どこか同じ水流系で水位の上昇や圧力がかからなければ水が上がることは普段はありません。しかしもとから地下水位が高めの土地もあります。この時の湿気は井戸のせいではありません。
ただ、ポンプ式でなく掘り井戸のようなのでもとより地下水位の高い地域又は高かった地域の可能性はあるかもしれません。地下水位は季節や気象によって変わりますが地盤調査に記載されている事があります。

外壁の苔の原因は風によってやってきたもので土壌の湿気とはあまり関係ないでしょう。北側の屋根にだって生える場所は生えます風の流れや仕上げ材に気を使うとよいでしょう。
この地帯一体が湿気ているなら24時間を気にするまでもなく中も外も湿気た空気という事になります。そうなれば地域自体あまり、宅地にふさわしくないでしょうね。(谷底の湿地などがあります)確かにじめじめした地域は存在すると思いますが、敷地にすでに苔が生えたりしているのでなければそこまでの湿気に対する心配は要らないのではないでしょうか。
詳細不明なので参考として下さい。

家を建てる位置は自由なので井戸で土地の価格が下るとは聞いた事はありません。
古い家の便槽(ぼったん・・)や浄化槽のあとなど穴の開くところはありますので、通常はそこを締め固めて(30センチごとに水締めなどをしながら転圧)少しでも建物に問題がないように施工します。穴の位置がどこかという事も心配ですが、ハウスメーカーが地盤状況を特に調べず対処していないというのは姿勢であるとはいえません。このままでいくならば、責任をしっかり負ってもらえる約束を書面で出来るのか確認するといいでしょ...続きを読む

Q敷地内に井戸が掘ってあるのは、風水的にどうなのでしょうか?

敷地内に井戸が掘ってあるのは、風水的にどうなのでしょうか?

Aベストアンサー

風水を信じるかどうかは別として。

私が京都で借りていた町屋は、部屋の中に井戸がありました(笑)。
たぶん、昔はその井戸を使って浴室に給水していたのだと思います。

入居していたときにはすでに使えなくなっていましたが、何の支障
もなく、仕事・家庭とも、何のトラブルもありませんでした。

いま、お隣との境界にある井戸を共同で利用しています。
風呂やトイレに使おうかと思いましたが、水質基準を満たさなかったの
で、風呂には使えないといわれ、今は植木の水やりなどに使っています。

お隣にも、我が家にも、井戸が原因のトラブルはありません。
むしろ、井戸を埋めたりするとき、お祓いとかが必要とききますね。

井戸水は、温度が年中安定しているので、特に夏にはありがたい存在で
す。井戸水を使って、池など作ってはいかがですか。風水にこだわる人
は、池は家のそばに作ってはよくない、といいます。でも、衛生状態の
改善した現代の生活では、家のそばに池などあると、とても楽しい、癒
される毎日を送ることができますよ。

Q井戸の息抜きの塩ビ管の処理

30年前に埋めた井戸の息抜きの塩ビ管の処理

また教えて下さい。

都内で新築予定です。
買った土地の古屋解体中です。

土地の売主が井戸の埋めた跡があると言っていたので、確認したところ
それが自分の敷地側にあり、家の建築予定地にかかるような場所でもあります。
井戸は30年前に埋めたとのことで、息抜きの塩ビ管が20cm程出ています。
古屋解体前に神主さんを呼んで、古屋、木(伐採する)、井戸の跡をお清めして頂きました。
解体業者には井戸の跡の塩ビ管は抜いてしまって下さいとお願いしましたが、
今になってそれでいいのか心配になりました。

神主さんにお清めもして頂きましたし、また埋めてから30年も経過した井戸跡の
塩ビ管は抜いてしまって問題はないですよね。

Aベストアンサー

井戸を埋めてから30年経過していて尚且つ神職の方に清め祓いを
行ってもらっているのであれば普通は大丈夫だと思います。
息抜きのパイプは抜いても大丈夫でしょう。
(地の神様と一体化しているか元の世界に帰っておられるはずです)

何か心に引っかかる物があるようなら神棚を祀って氏神(産土)神社の
お札を御祀りしては如何ですか?

Q井戸がでてきました。

来年当たりに新築しようかなぁと思っている土地から井戸がみつかりました。井戸を埋めるのは良くないとききますがどのように対処したらよいのでしょうか?友達から井戸を埋めると家が滅びるとか聞いたのでどうしてよいにやら・・・。経験者の方なんでもいいので教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

先日、自分も永く住んでいた住まいを解体するに当たり
一本の井戸を埋めました。
私どもは先祖代々大工をしておりました関係上、迷信よりは合理性を
尊んでおります。
家相にとらわれるあまり、地の利にあわぬ無理ないびつな家相は、
使い勝手を悪くし、かえって悪影響を及ぼすからだという考え方です。
ただ、その地域の風習や、土地の神々をおろそかにするのではありません。
古くから家相とか言い伝えには、現在に伝わるまでの科学的にも
理屈からいっても納得できるものも多く存在するものです。
祖先は、子孫のために自分たちやその祖先の経験上のことを神様やたたり等と言った言い換えにして伝え、守るべきことを残したのだと思うのです。
さて、日本人は特にあらゆるものに、すべて八百万の神々や宿っているものと考えていました。
これは、おそらく農耕民族であった日本人の祖先は、自分たちがこうやって
食べるもの飲むのもの料理をするもの、自分たちが生きるため生活するもののエネルギーをいただくことで、われわれが生きていけるのだという
ことを、理解していたのではないでしょうか、
井戸においても水神様がいらっしゃるということで、大切にそして
神様のいらっしゃるところですから清潔に保つでしょう。
かまども、火の神様がいらっしゃるので、清潔にし片付けるでしょう。
清掃、整理、整頓、清潔、躾・・・これって現代のTQCにおける5S運動と同じことですよね、農耕民族であったわれわれの祖先は何千年も以前まもってきたのです。まことに科学的、合理的な考え方です。
そうやって生きるために使わせていただいた、命の水の井戸ですから
感謝の気持ちをもって、お返ししなくてはいけないでしょう。
そのために、梅や葦をいれるのですが、
大体、神社やお寺などで埋める際のお払いをしていただくわけですから
そのときに、鎮め物をその井戸にいれます。
それは結構まちまちなものだったともいます。
それは祓ってくださるところや地方によってことなります。
だいたいそのあと、埋めるときには、細い筒をたてて、埋めていきますが
最初は、石のような荒いもの徐々に細かくしていって埋めるほうが
水脈を汚染しないのでよいとされています。
・・・これは理解できますよね、自分だけがよいのではありません
水脈は多くの方が使われています。清潔にお返しするのがマナーでしょう。
さらに、パイプですが、これは人工的にあけてしまった穴ですから
いまさらうめたところで、底から湿気が上がってきて
たとえばその上に家を建ててしまったら、家も湿気で傷みますし
人間の体も湿気のために悪くなってしまいます、
それで、病人が増える家が腐る、そして家が没落するといったような
言い伝えになっていくわけですが、結構なぜかを理解すると納得できます。
それに、井戸を埋めてじゃあなぜパイプを埋めるのわざわざとなります。
これは、きちんとした水の道を残すことで、余計なところに湿気を上がらせない工夫なんです。湿気はあがりやすい所からあがってくるわけです。
ただ、どうしても建物をたてなければいけない場合がありますよね、
そういう場合はやむをえず、パイプを建物の外まで導きだします。
ビニールパイプですと、いろんな役物がありますから用意に導き出せるでしょう。ただ、あながあったわけですから、若干の水分はあがってきますよね
できるだけ、建てないほうがいいというのも理解できるところです。
その際には砂を敷きビニールシートを敷いてコンクリートを均し
建物に湿気が上がらない工夫を十分になさってください。

いずれにせよ、人間謙虚であらねばならないと思います。
参考になりましたでしょうか

参考
鬼門の井戸
http://www6.plala.or.jp/kosyokan/kimonido.htm
http://www6.plala.or.jp/kosyokan/kimonido2.htm
【井戸にまつわる言い伝え】
 井戸を埋める際は、神主さんを呼んでお払い。その後「梅の枝」、「手袋」、「よし」でウメ・テ・ヨシという縁起をかついだのです。埋める土は、新しくきれいな山砂を用意します。また、井戸には神様がいると信じられていたので、埋めた後でも息ができるように、竹の棒をさしました。そのため、井戸があった場所をはずして家屋を建てたのです。

また、井戸を埋める時は生抜き(しょうぬき)をしなければならないとか、完全に埋めずに息抜き用のパイプを通しておかなければならない、といったような事が言われているようです。

先日、自分も永く住んでいた住まいを解体するに当たり
一本の井戸を埋めました。
私どもは先祖代々大工をしておりました関係上、迷信よりは合理性を
尊んでおります。
家相にとらわれるあまり、地の利にあわぬ無理ないびつな家相は、
使い勝手を悪くし、かえって悪影響を及ぼすからだという考え方です。
ただ、その地域の風習や、土地の神々をおろそかにするのではありません。
古くから家相とか言い伝えには、現在に伝わるまでの科学的にも
理屈からいっても納得できるものも多く存在するものです。
祖...続きを読む

Q井戸の処理

今年に土地を購入して新築した者です。
土地を購入する時に井戸があったと説明を受けて場所もわかっていました。竹が刺さっていて土で覆われていました。
その時は他の事に意識がいってて気にしていなかったのですが、引越しして落ち着いた事もあり、最近気になったので不動産屋に電話して聞いたところ、比較的浅い井戸で土管のような形(時代劇に出てくる桶で汲み上げる)だったらしいのですが、今は中に砂を入れて上に土をかぶせてある状態です。コンクリートの地表に出ている部分はカットしてあります。
地下水の流れも変わっていて近所の家でも今は出ないそうなので再利用は考えていません。

1、このまま目印の竹を抜いて使用すれば良いのでしょうか?
土をならして、表面に砕石をひいて駐車場として使用するつもりです。

2、お払い等した方が良いのですか?
もし自分で出来る簡単な方法がありましたら教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは。
その竹は目印ではなく「空気抜き」ですね。
多分 節は抜いてあると思いますよ。
塩ビなどのパイプを埋める場合もあります。

やはり井戸として掘ってあると、いつか地下水の流れが変わったり、ガスが上がってきた時に、まっさきにそこに流れていきます。
そのため、「息抜き」の空間を作っておくのがいいです。
駐車場にする場合、後から水が流れ込まないように考慮したうえで、そのタケから水道管程度で良いので管を伸ばし、どこかに出しておくのが安心です。

竹が埋まっていたなら既に御祓いされていると思いますが。これは地祭りの時の中央の竹=依代と同じ意味を持たせる事もあります。

せっかくの新しい住居ですから、ご主人の手で御祓いすれば気持ち的にも安心ですね。
近所の神社さんに頼めばやってくれますが、ご自身でとなると・・、んー、宗派にもよるのですが。
ーーーーー

一般的な神道系の方法では、地祭り(地鎮祭)の時と同じように「米(洗米)」「塩」「酒」を用意します。
米は家庭用のものを軽く洗ったもの、塩は食塩でかまいません、酒もカップ酒程度でいいでしょう。

まず、「二礼二拍手一拝」の作法を以って、地の神、井戸の神に参拝します。
(2回礼をします。2回手を叩きます。1回礼をします。)
用意した米・塩・酒、それぞれを3回に分けて井戸に振り掛けます。(米3回・塩3回・酒3回 の9回)
再び、「二礼二拍手一拝」で感謝して終わります。
ーーーー

もっとも簡単なものですが、心の平安を得るには十分でしょう。
地方・地域では、お札などを埋めたり、井戸神様用の祝詞や真言があるなど、様々な慣習が存在します。

こんにちは。
その竹は目印ではなく「空気抜き」ですね。
多分 節は抜いてあると思いますよ。
塩ビなどのパイプを埋める場合もあります。

やはり井戸として掘ってあると、いつか地下水の流れが変わったり、ガスが上がってきた時に、まっさきにそこに流れていきます。
そのため、「息抜き」の空間を作っておくのがいいです。
駐車場にする場合、後から水が流れ込まないように考慮したうえで、そのタケから水道管程度で良いので管を伸ばし、どこかに出しておくのが安心です。

竹が埋まっていたなら既に...続きを読む

Q新築購入した土地に井戸があった

家を新築購入するために、地元の不動産屋から土地を購入しました。
先日地鎮祭を済ませ、着工を作業が進められている最中です。
基礎工事作業がされている中、差し入れを持って行ったのですが、あいにく工事が休みだったようで土地を眺めていると、地主さんに声をかけられました。
話は様々と長かったのですが、私の土地に以前井戸があったことを耳にしました。
その井戸は枯れてしまっていたそうです。
しかし、土地を購入した時に不動産屋からそのような説明はありませんでした。
また、敷地調査報告書にも井戸無と記載があります。
購入前に井戸があったと知っていればその土地は買わなかったと思います。
例え枯れていて、更地の状態で目に見えなかったとしても井戸があったことには変わりありませんし、その上に家を建てようとは考えません。
相当前に井戸を埋めいない限り地盤沈下は避けられないと聞きます。
また、精神的にも気に掛って止みません。
井戸のあった場所は敷地内に掛っています(和室部分)。

この場合、改めて土地の補強は検討しなおした方がよいのでしょうか?
また、不動産屋は虚偽の報告書で売買をしたことになりますか?
契約不履行、賠償など請求はできるのでしょうか?
実際は不可能でしょうが、契約自体を破棄にしたいくらいです。
ちなみに、この不動産屋は信頼のおけるところと認識しております。
どうぞ、宜しくお願いいたします。

家を新築購入するために、地元の不動産屋から土地を購入しました。
先日地鎮祭を済ませ、着工を作業が進められている最中です。
基礎工事作業がされている中、差し入れを持って行ったのですが、あいにく工事が休みだったようで土地を眺めていると、地主さんに声をかけられました。
話は様々と長かったのですが、私の土地に以前井戸があったことを耳にしました。
その井戸は枯れてしまっていたそうです。
しかし、土地を購入した時に不動産屋からそのような説明はありませんでした。
また、敷地調査報告書に...続きを読む

Aベストアンサー

>地元の不動産屋から土地を購入しました
とありますが、
>地主さんに声をかけられました。

最初の文章だと売り主が業者のように思えますが、この地主さんというのは、売り主さんですか?
売り主が宅地建物取引業者かどうかで適用になる法律が変わりますのでその点ははっきりした方がよいです。

通常の善管義務が売り主や仲介業者にありますが、調査をしてみないとわからないことまでは責任はありませんので、通常行うような調査範囲で不明の場合は、実際あったとしても不履行や告知義務違反にはなりませんね。
これは井戸の現状やそれが存在した時期などにより、容易にわかることであったかどうか変わるので、一概にどうだということはできません。

地主さんが売り主で業者が仲介だけを行っていたのなら、地主さんが隠している様子はないので、仲介業者の売り主に対する聞き取り調査上に瑕疵があったように思えます。この場合は仲介業者に損害賠償を行えると思います。

次に、引き渡しが済んだ物件については、不履行責任は問えないようで、代わりに瑕疵担保責任が発生します。これは売り主さんが負う責任です。対象物に隠れた瑕疵があれば、瑕疵担保に基づき損害賠償請求ができます。

瑕疵担保は民法で規定がありますが、任意規定なので、契約で別途定めることができます。売り主が企業などでない場合、特約で瑕疵担保無しという契約を結ぶことも認められています。
まずは契約内容をご確認下さい。

契約上瑕疵担保が有効である場合または契約に瑕疵担保特約がない場合、売り主は瑕疵担保責任を覆います。これは故意や過失がなくても負うことになっています。

但しキチンと埋めてある物件なら隠れた瑕疵には該当しないように思います。また通常地盤補強に対する費用は購入者の責任で行うようです。

>地元の不動産屋から土地を購入しました
とありますが、
>地主さんに声をかけられました。

最初の文章だと売り主が業者のように思えますが、この地主さんというのは、売り主さんですか?
売り主が宅地建物取引業者かどうかで適用になる法律が変わりますのでその点ははっきりした方がよいです。

通常の善管義務が売り主や仲介業者にありますが、調査をしてみないとわからないことまでは責任はありませんので、通常行うような調査範囲で不明の場合は、実際あったとしても不履行や告知義務違反にはなりま...続きを読む

Q井戸の祀り方を教えてください

井戸の祀り方を教えて下さい。

こんにちわ。
私は家を建てるときに父に井戸を掘ってもらい、その井戸水を全ての生活に使っています。
そしてうちの庭には3つ父が掘った井戸があり、左隣に住むいとこの家、右隣の実家、我が家でそれぞれ使っています。
先日井戸のフィルターを交換するときに主人と父の会話で、「水神様」という言葉を聞き、
知ってしまったというか、、常に「井戸って有り難いなぁ」と思っていたので
何もしなかったということに焦りを感じてしまっています。
何かあったというわけではありませんが、水神様を祀る一般的な何か常識的なものがあれば教えて頂けたら幸いです。

そして、3つの井戸全てうちの庭なので うちが祀るのか、別々に祀るのか、うちの井戸だけで良いのか・・
我が家はは無宗教で、全く何もわからいので1から教えていただけると助かります。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

神道は宗教でないので、決まりごとはありません。定式があるのは神職だけです。民間の信仰であり心の表現です。(信仰は感謝と崇敬の心という意味であり教義ではありません)
従って「祀り方」というのも決まりがありません。昔から人々は様々な形式で水に感謝してきました。

井戸を定期的に手入れをするというのも一つの祀り方です。実際には専門業者に頼めばいいわけです。

ある地域では年に何回とか、毎月決まった日に井戸の縁に酒と塩を置いて手を合わせ感謝しています。後は片付けてしまいます。

ある地域では井戸の周囲に小さな祠、木製だったり石の祠だったりを置いて祀っています。このとき御神体は近くの水神様の御神体だったり、榊を立てかけていたり、御幣を立てかけていたりと様々です。

中には石をいくつか積み重ねてだけという地域もあります。

井戸の中に定期的(年一回だったり春秋だったり、月に一回だったり、1日15日だったりと様々)に感謝した後に一つまみの塩を入れるところもあります。

祝詞も様々ありますけれど、庶民の信仰では決まりはありません。手を合わせ有難うございますというだけの人もいます。

自分がずっと続けられる方法でいいわけです。また他人の所に余計なお世話をする必要はありません。自分がお世話になっている井戸で充分。他の家の井戸はそこの主が決めればいいんです。

神道は宗教でないので、決まりごとはありません。定式があるのは神職だけです。民間の信仰であり心の表現です。(信仰は感謝と崇敬の心という意味であり教義ではありません)
従って「祀り方」というのも決まりがありません。昔から人々は様々な形式で水に感謝してきました。

井戸を定期的に手入れをするというのも一つの祀り方です。実際には専門業者に頼めばいいわけです。

ある地域では年に何回とか、毎月決まった日に井戸の縁に酒と塩を置いて手を合わせ感謝しています。後は片付けてしまいます。

ある地域...続きを読む

Q井戸は埋めても良いのでしょうか。

 水稲作りのために使用していた井戸なのですが、農家を廃業するにあたり、ポンプ小屋を解体しました。井戸は、直径10から15cmくらいの鉄管が入っています。この管の中に埋めてよしということで、よしをいれて砂で埋めようと思っています。この鉄管が地面よりも5cmくらい上に出ているので、平らにしたいのですが、厚い鉄なので無理ですよね。穴のあいている表面にキャップをして穴を開けておけば良いのでしょうか。井戸は、埋めるなとか、息をしているので空気穴か必要などなど、特に決まりを無いような、非常に難しいので、井戸の正しい処分の方法を教えてください。なお、宅地内の庭園にあるため、この近辺に桜の木を植えたいと考えていますが、大丈夫でしょうか。問題ないでしょうか。

Aベストアンサー

先ずは神主さんに来ていただいて、お払いです。特に、田んぼの水源に使っていたのなら、農村地帯かと思いますので、こういう神事は必須です。
その上で、神主さんにあとの処理法を聞くのも手です。

屋敷内の井戸って、代々覚えていれば息抜きできるようにしておけば良いとも言われますが、代が代わると忘れて埋めてしまったりしますので、根本的に処理しておいた方が良いかと思います。
かなり金がかかりますが、鉄管を抜き取ることが一番です。
それが出来ない場合、埋めたり、今後邪魔にならない深さで切断するとか。地面から1メートル辺りかな。
抜くにしろ切るにしろ埋める準備が出来たら、空いた穴、切り取ったさらに地下部分を埋めますが、そのときにオマジナイをします。
神主が、埋め戻すときに最初に入れて下さいと置いていったお札と米、塩などと、民間伝承の「何でも埋めて良し」をもじった「南天も梅て葦(ほんとは葦だけどヨシと読ませて)」で、南天と梅と葦を穴に入れて、埋め戻す。

地面ギリギリで切っておくのは後々邪魔になります。
これからも代々井戸として祀れるなら蓋だけして息が出来るようにしておく方法もあります。
全て金がかかりますので、懐と、孫末代の事を考えて判断下さい。

先ずは神主さんに来ていただいて、お払いです。特に、田んぼの水源に使っていたのなら、農村地帯かと思いますので、こういう神事は必須です。
その上で、神主さんにあとの処理法を聞くのも手です。

屋敷内の井戸って、代々覚えていれば息抜きできるようにしておけば良いとも言われますが、代が代わると忘れて埋めてしまったりしますので、根本的に処理しておいた方が良いかと思います。
かなり金がかかりますが、鉄管を抜き取ることが一番です。
それが出来ない場合、埋めたり、今後邪魔にならない深さで切断する...続きを読む

Q井戸跡の上に駐車場

今から30年ほど前,家の前に井戸があったのですが,
使用頻度が少なくなったので,埋めて使わなくなりました。(お祓いしたかどうかは分かりません)
今度,家を改築するにあたり,その場所を駐車場にすることになりました。
そのまま駐車場にしてしまっていいでしょうか。
または,地鎮祭の時に,神主さんにお祓いしてもらった方がいいでしょうか。
それとも,駐車場にするのをやめた方がいいでしょうか。
アドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

 井戸はひとつ埋めると近所の井戸も使えなくなったりするので、埋めるのは避けるべきですが、すでに埋まっているなら駐車場にするのもいいかもしれません。
 お祓いも調査もしましょう。埋めたと思っていても中蓋をして土をかけていたら沈みますし、どんな土で埋めたのかも気になります。お祓いは気の持ちようですが、お祓いをせずに嫌なことが起こるとそのたびに気になってしまうものです。

Q庭の木を切ると何か災いがあるのでしょうか。

10坪ほどの箱庭に梅の老木があるのですが、これを切って違う木を植えたいのですが、
よく木を切ると災いがあると聞きますが、どうなのでしょうか。
方角として東側にその老木の梅があります。

Aベストアンサー

迷信です。
一木一草すべてに霊魂が宿ると言っていては
何もできません。
古代から宮殿や社寺仏閣を建てるために
木を切り払い巨木を伐採して来ました。
祟られた人はいません。
悪いことがおきてそのせいにするのは
心を落ち着けたいからです。

森羅万象に神が宿るのは、日本神道の考え方ですが
最近では洋式トイレにも神様がいるとか。
トイレ掃除を嫌う孫娘を諭す祖母のことを歌ったものですが、
このように臨機応変に考えれば良いと思います。
本当に神様がいたら落ち着いて用が足せません。

気になるなら、切った木を焼いてその灰を
お庭の土に返してやりましょう。


人気Q&Aランキング