グッドデザイン賞を受賞したウォーターサーバー >>

しばらく前に父を亡くしました。

位牌・遺骨は私の祖母(父の母)が受け取り、私は分骨のみ頂きました。
その際いろいろとあり、祖母の家の敷居は跨げない状態なので、
私は祖母とは別に供養をしたいと思っています。

(私個人が失礼をしたわけではなく、私は「父と離婚した母の子」だから
もう祖母の家の敷居は跨がせてもらえないそうです。
私は間違いなく父の子でもあり、戸籍上は今も父の子です。離婚の発端は父です)

四十九日法要までは敷居を跨ぐことを許されていたので、
そこまでは、祖母の宗教である浄土真宗本願寺派(お西)で、
祖母と一緒に供養をし、その後分骨しました。

しかし、私は無宗教です。
来て頂けるお坊さんに当ても無いですし、
仏壇・神棚も持っていないため、お坊さんを呼ぶ気もありません。
分骨して頂いた遺骨は、無宗教で供養したいと思っています。

特に、上記のような横暴な事を言い、上記以外にも母を傷つけ、
父の遺志をないがしろにした祖母が信じる宗派の方法では
絶対に供養はしたくありません。

ですが、産まれてからずっと祖母に倣って、祖父やそれ以前の先祖の方々の
お葬式・お盆・法事も、浄土真宗本願寺派(お西)で執り行ってきましたので
それ以外の方法、無宗教の場合はどうしたらいいのか分かりません。

もうすぐ来る父の初盆・一周忌・その他お墓などの供養は
どのようにしたらいいのでしょうか?

初盆や一周忌は、父の好きだったお酒やおつまみをお供えすれば、
帰ってきた父は喜んでくれるでしょうか?

今のような祖母と仲違いしている状態を父は悲しんでると思いますが、
供養したいという気持ちは父に伝わってくれればいいなと思っています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

こんばんは、はじめまして。



私の亡き父は無宗教で、亡き母はプロテスタントのクリスチャンでした。
二人の遺児として、私は信念をもって、何もいたしておりません。
自宅のリビングに家族写真(遺影に見えなさそうなのを)を飾っているだけです。時々傍に二人が好きだった花(仏花にあらず)を飾ります。
仏壇も位牌も作らないし置きません。
もちろん生まれてこの方私は初詣に行ったこともございません。(神道を信じる方にかえって失礼と両親の考え)
これまでの経験から言うと、亡き父の無宗教の重視して、お盆や法事等を「信心していないので、かえって不敬にあたる」とつきあい程度にさえ行わない姿勢を通すのは、この日本ではかえって風当たりが強いですよ。
お盆の時期だけは、両親のためより、仏教が当然と考えてお参りしてくださる親戚が戸惑ってしまわないように、遺骨が納まっている納骨堂にお花を飾り線香とろうそくを置いて自由にお参りしていただけるようにしています。
    • good
    • 7
この回答へのお礼

ありがとうございます。
親戚が集まるお盆は、位牌・仏壇を持っている祖母が毎年執り行っていますので、
親戚の方々の戸惑いは無いと思います。

祖母も遺骨を持っているのに、わざわざ分骨のある遠方の私の家に来ないでしょう。
今年からは私は祖母の家に行けないので、そちらの戸惑いはあるかもしれませんが…。

ですので、父と自分の事だけを考えて偲べれば大丈夫です。
参考にさせて頂きます。

お礼日時:2011/08/02 15:16

こんにちは。



質問者様は無宗教ということなので、供養も初盆も一周忌も必要ないのではないですか?

供養をしたいとか初盆、一周忌をするという行為は宗教に基づいてする行為です。

新しく宗教を立ち上げられるならともかく、どの宗教に基づいて行われるのか決めないとできません。

宗教とは考え方を拠り所とするということです。
仏教ならばお釈迦様のお示しになられた考え方と私の人生の歩みを照らし合わせて、仏教を私の日々の歩みの指針とするということです。
キリスト教ならイエスキリストの示された考え方を指針とします。
それぞれの宗教には考え方があってどの考え方を拠り所とするかによって歩み方も変わってくるのです。

死後の世界も、仏教なら極楽もしくは浄土です。
キリスト教やイスラム教なら天国です。
無宗教では死後の世界はありません。

お父様は浄土真宗でご葬儀をされましたので浄土で仏様となられて質問者様を見守っておられます。
質問者様は偏見をお持ちのようですが、私は浄土真宗の道を歩まれたお父様なら、浄土真宗をお勧めなさるかと思います。

お父様を安心させてあげるためにも自らが安らぐ宗教を見つけてください。
お父様が一番喜んでくださるのは、質問者様が精一杯の人生をお歩みくださることではないでしょうか。
そのためにも指針はお決めくださった方が心安らぐ日々をお送りいただけるかと思います。
質問者様が、お父様の喜んでくださる生き方をされることが一番の供養です。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます。
浄土真宗への道は父自身が決めたわけではありませんので勧めてくるとは思えません。

浄土真宗に偏見はありません。祖母が信じる道と同じ道に行きたくないだけです。
私と同じく無宗教である父や母のように私は私の道を決められます。

故人を偲ぶ儀式の名称を供養・初盆・一周忌などしか知らなかったため、
無知ゆえに、それらの言葉を使いましたが、
故人を偲ぶ気持ち・行動は宗教の垣根なく行えるものだと思います。

お礼日時:2011/08/02 15:11

>生前は父も無宗教でした。


入門は、仰られる通り、父本人の意思とは無関係で行われた祖母の一存です。
入門を父が望んでいたとも思えません。


日本人は自分が亡くなるまでは無宗教の人が殆どです。
私の夫も両親もそうでしたし、もちろん私も無宗派です。
でも一たび亡くなれば、当然の様に昔から受け継がれてきた、ご先祖様の宗派のお墓に入ることになります。

仏教の家、神道の家、色々ですが、キリスト教や創価学会などは別として、日本の家には受け継がれて来た宗派があります。
だからおばあ様も何のためらいも無く、お父様をご先祖様と同じ宗派のお墓に葬られたと思います。


>宗派を問わず受け入れてくれるお寺もあるのですね。
しかし、お寺に持っていくと檀家とまではいかないにしても、
何かしらのしがらみが生まれそうなのですが、永平寺は大丈夫なのでしょうか?


お父様をお預けする以上、お守をして頂くお布施は必要かと思います。
せめて年に一度くらいはお参りに行かないといけませんしね。
まさか預けっぱなしで放ってしまわれるなんてないですよね。
それなら写真とお骨を置いて、自分の祭り方で祭られた方が良いともいます。
お父様が生前好きだった物をお供えしたり、時にはお骨とお酒を酌み交わしたり、
悩み事を聞いて貰ったり、楽しかったことを聞いて貰ったり、朝夕のご挨拶をしたりとか。
いくらでも祭り方はあると思います。

何度も気に障る事を言いますが、お父様は本来祭られるべきところに既に祭られておられます。
自分の怒りに任せて色々とお父様を振り回しても、何ら良い結果は得られないと思います。
ご両親の離婚や何やかやと、きっとおばあ様が関係して、質問者様としては許しがたい問題が沢山おありなのだと思います。
お気持ちは本当に良く分かりますけどね。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

ありがとうございます。
私が生きている間は預けっぱなしにするつもりはありません。
ただ私は子供が出来ないため、その後は父には申し訳ないですが
預けっぱなしになってしまうでしょう…。

分骨後に遺骨をずっと手元に置いておくのは法律違反だというのを見て
どこかに預けなければならないのかと思っていましたが、いいのですか?
もしいいのだとしても私が死ぬ前にどこかに預けなければなりませんね。

祖母が私だけを攻撃してきたなら怒りはおさめられたと思いますが
父や母の事を傷つけたのは、たった1年足らず許せそうにありません。
死後何も言えなくなった父をないがしろにし、母も犯罪者扱い。
母が悔しそうに泣いている姿が頭から離れません。許せません。

お礼日時:2011/08/02 15:23

我が家も浄土真宗西本願寺派です。


浄土真宗では、全ての人は死ぬと直ぐに阿弥陀の元の参ります。
だから49日を掛けて浄土に行くと言う、他宗派とは全く教義が違います。
本来はお墓も仏壇も必要ない、心でお祭りする宗派です。

亡くなられた魂は皆さん「南無阿弥陀仏」の5文字の元に集まって、阿弥陀様と共に子孫を見守ってくれていると言う教えです。
だから子孫の争いは喜ばれません。

本来は高い仏壇も、お墓も、何も必要ないのです。
阿弥陀と共に、ただただ子孫の繁栄を見守ってくださいます。
だから無宗派で祭るのと何ら変わりません。
様は祭る人の心です。

ご自分の好きな様になさって良いと思います。
意に沿わないかも知れませんが、お父様は既にご実家で浄土真宗で祭られているのですから、質問者様がどんな祭り方をしようと、関係ないのです。
様はご自分の気持ちを如何に折り合いをつけるかの問題です。
だから気のすむ方法で全くかまわないと思います。

また無宗派で供養したいと言うことは、何処の祭り方にも属さないと言うことです。
ご自分が一番気のすむように、誰かに祭り方を聞くと言うことは、その教えてくれた人の宗派に従うと言うことです。
本当に無宗派で祭るんであれば、別にここで誰に問うことも無いと思いますが?
    • good
    • 1
この回答へのお礼

二度もご回答いただき、ありがとうございました。
だんだんと方法が見えてきました。

お礼日時:2011/08/02 15:24

浄土真宗は門徒の死後は極楽浄土へ往生したと必ず言いますので先祖供養は必要ありません。


(私も門徒ですが真宗禿のこの屁理屈には反吐が出ますが教義でそうなっているので仕方ありません)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
しかし浄土真宗に倣うつもりはありません。

お礼日時:2011/08/02 15:25

いまどきはマンション住まいで仏壇の無いお宅も多いです。


(マンション用の一見家具に見える仏壇もありますが)

箪笥の上にお骨と遺影と位牌を置いて、簡単に供養される方もいます。

>初盆や一周忌は、父の好きだったお酒やおつまみをお供えすれば、
> 帰ってきた父は喜んでくれるでしょうか?

それでよいのではありませんか。
それで気がすまなければご自分で般若心経くらいはあげても良いかもしれません。
(すごく短いお経ですが、仏教のエッセンスが詰まったお経です。仏具店に行けば売っていると思いますし、岩波文庫なでにもあります)

折をみて、永平寺などのように宗派を問わずに受け入れてくれるお寺に納骨すればよいでしょう。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

分骨後、マンション用の仏壇も見てきましたが、
仏壇=仏様=仏教という考えになってしまうため、
無宗教とはまた別のものになるのではないかと思い買うのをやめました。

遺影・位牌・遺骨は祖母が持っているため、
分骨して頂いたわずかな遺骨と生前撮った写真しかありません。
とりあえず今はリビングにそれらを並べて置いてあります。

宗派を問わず受け入れてくれるお寺もあるのですね。
しかし、お寺に持っていくと檀家とまではいかないにしても、
何かしらのしがらみが生まれそうなのですが、永平寺は大丈夫なのでしょうか?

そういったお寺がある事さえ知らなかったので、糸口が見えたような気がしました。
調べてます。ありがとうございます。

お礼日時:2011/08/01 17:00

変な考え方ですなぁ・・・



父上は浄土真宗に入門した教徒です。生前はどうだったのかは知りませんが,亡くなって浄土真宗の作法に従って(本人の意思とは無関係だが)入門して教徒になったのです。他の宗派での供養は喜ばないのでは。供養は法要はあなたの宗教観とは無関係で,故人がお世話になっているお寺の作法に従って行なうものです。

この回答への補足

生前は父も無宗教でした。
入門は、仰られる通り、父本人の意思とは無関係で行われた祖母の一存です。
入門を父が望んでいたとも思えません。

詳しく言うと長くなるので言えませんが、祖母は父の生前の思いを踏みにじる行為をしたため、
父の気持ちを考慮して入門を決めたとも思えません。

言い方は悪いですが、父は、何も言えなくなった死後に祖母に無理やり入門させられたのに
「父がお世話になっているお寺」「他の宗派での供養は喜ばない」というのはおかしいと思います。

無理やりでも入門させられるとその宗派の考えになるのですか?
父本人の生前の遺志は関係ないのですか?どこに消えてしまうのですか?

補足日時:2011/08/01 16:49
    • good
    • 0

 本当に「無宗教」なら宗教的儀式も否定することになるでしょう。

何か特定のやり方に従った場合、名前は知らなくてもその宗教のやり方に従うことになる。「無宗教」にこだわるならなにもしないか、自分自身で考えて気の済むようにとしかないでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
何もしないのは父に申し訳がないです。
父の日のように父が喜ぶことを考えてしてみようかと思い始めています。

お礼日時:2011/08/01 16:51

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q無宗教のお葬式とその後について

親父が80歳になりお葬式の話になると、親父は必ず「わしの戒名なんかいらん、葬式には坊主も呼ぶな」といいます。
僕も親父も無宗教なので、葬式のとき戒名なしでお坊さんに来てもらわないのも斎場によっては、そういう人たちの為の方法もあると思うので別にかまわないのですが、気になるのはお葬式が終わったあとです。
仏壇とかないと、お葬式に来ることのできなかった人が自宅に来てくださったときに拝むものとかないということになるのですが、こういうときはどうすればいいんでしょうか?
あと仏事とは関係なく一周忌のようなものもしたいような気がするのですが無宗教の人たちのための葬儀からその後についてなにか良いアドバイスはないでしょうか?
質問が漠然としすぎてる気はするのですが、経験者の方、「こういう方法にした」とか「こういうことに困った」「やっぱり普通に仏式であげておけばよかった」とか何でもいいのでアドバイスいただけないでしょうか?

Aベストアンサー

>仏壇とかないと、お葬式に来ることのできなかった人が自宅に来てくださったときに拝むものとかないということになるのですが、こういうときはどうすればいいんでしょうか?

 無宗教式で葬儀を執り行いその後も無宗教で通すなら、仏壇もロウソクもお線香もお焼香も何もいりません。無宗教式でも業者に依頼するならば、葬儀後の後飾り祭壇だけ調達しておきます。その祭壇に遺影写真と遺骨を安置します。お花や故人の好物などをお供えしておきます。
 葬儀後ご自宅にお参りにお見えになった方には、そちらの前に着座していただき手を合わせてくださるだけでいいです。
 
 この祭壇は仏式ならば忌明けまでになりその後はお仏壇になります。無宗教ならば忌明けにこだわる必要もないと思いますので、納骨がおすみになるまでそのままでもかまいません。ただ一つの区切りとして50日程度で(仏式の四十九日ごろ)忌明けの偲ぶ会をひらき納骨したほうが気持ちの切り替えができると思います。その後はローボードなどの上に写真とお花程度お飾りしてもいいですし、何もしなくてもかまいません。

>あと仏事とは関係なく一周忌のようなものもしたいような気がするのですが無宗教の人たちのための葬儀からその後についてなにか良いアドバイスはないでしょうか?

 一年の区切りとして偲ぶ会をひらいてもいいですし何もしなくてもかまいません。故人を偲んで会食だけでもいいのです。
 無宗教ですから特にこうしないといけないという決まりがあるわけではないので、要は残された遺族の気持ちの問題です。
 無宗教式の場合はまわりの親戚も一周忌などにこだわっていることは少ないようです(こだわるなら葬儀のときに意見されている)。

>仏壇とかないと、お葬式に来ることのできなかった人が自宅に来てくださったときに拝むものとかないということになるのですが、こういうときはどうすればいいんでしょうか?

 無宗教式で葬儀を執り行いその後も無宗教で通すなら、仏壇もロウソクもお線香もお焼香も何もいりません。無宗教式でも業者に依頼するならば、葬儀後の後飾り祭壇だけ調達しておきます。その祭壇に遺影写真と遺骨を安置します。お花や故人の好物などをお供えしておきます。
 葬儀後ご自宅にお参りにお見えになった方には、そちらの...続きを読む

Q無宗教葬の友人への初盆参りについて

今年が初盆にあたる友人のお参りをしたいのですが、無宗教葬だったため、マナーがわからずに困っています。
13-15日の間にお参りをしてもよいものか、いわゆるご仏前はどうしたらよいのか、教えて下さい(葬儀の際は、ご香典が受け付けられ、香典返しもいただきました)。
また、お花をお贈りする予定なのですが、13日前に送付するべきか、持参した方がよいのかについても、わかりましたら幸甚です。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

無宗教とは2つあって全く宗教的なことをやらないとどんな宗教も受け付けますが祭壇等は宗教的なものは有りませんと言うものが有りますおそらく後の方だと思いますのでのあなたの宗教に則て香典もお花も上げたりして良いと思いますお花ですが葬式の時と違って必ず家人等がいるとは限りませんので持参した方が良いでしょう頼んで業者が来ても家人がいないと特に生花だと困ると思います

Q無宗教で行う納骨式の仕方

7月に父が亡くなりました。本人の遺志などを考慮し、無宗教でごく内輪の者たちで飾らない形式の葬儀を行いました。母も長期で療養入院しているため、9月に兄弟とその家族のみで納骨を行います。
墓地は母が主体で10年ほど前に用意していました。最近納骨について墓地と提携している石材店と簡単な打ち合わせをしましたが、無宗教式の納骨についてはあまり経験がないようで、自由にしてくださいといわれるのみ。当方でもかえってイメージが沸きません。(母はクリスチャンなので漠然とキリスト教式の墓を考えていたため、父の墓誌もそれに準じて書いてもらうことにはしました。)

僧侶などが立ち会わない、家族だけの無宗教での納骨の経験があるかたなど、以下の点につきアドバイスをいただければと思います。

1)納骨はどのような手順になるのでしょうか。石材店の作業にしたがえばそれで円滑に流れるでしょうか。
気持ちがこもることが大事だと思いますので、納骨する際に手を合わせるなど基本的なポイントだけ常識に沿って執り行いたいと思っているのですが、ほかに事前に進行を準備して心構えをすることはありますか。また、兄弟とその家族だけ合わせて数人というのは異例なのでしょうか。

2)われわれの服装は葬儀と同様に喪服(男性であれば略礼服に黒ネクタイ)がふさわしいですね。

3)作業をしてくださる方に志を用意しますが、そのほかに配慮することがあるでしょうか。あれば教えてください。

7月に父が亡くなりました。本人の遺志などを考慮し、無宗教でごく内輪の者たちで飾らない形式の葬儀を行いました。母も長期で療養入院しているため、9月に兄弟とその家族のみで納骨を行います。
墓地は母が主体で10年ほど前に用意していました。最近納骨について墓地と提携している石材店と簡単な打ち合わせをしましたが、無宗教式の納骨についてはあまり経験がないようで、自由にしてくださいといわれるのみ。当方でもかえってイメージが沸きません。(母はクリスチャンなので漠然とキリスト教式の墓を考え...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんは。。

 お悔やみ申し上げます。

 仏式の祭式に関する仕事をしています。ご参考になるかどうかわかりませんが、少し記してみます。

 無宗教形式であれば、とくにどうしなければならないという規則・次第はないと思います。

 ウチの地元では、お墓の建て替えなどを除き、すでに建立されているお墓に納骨する際などは、納骨はご遺族の方が行うという地域が残っています。(かつてはどこでもそれが普通だったのだと思いますが・・・)お寺さんはその間、読経されているのみで、よほど経験がない方が作業される場合以外は、とくに指示したり手を貸したりはされないように見受けます。(ある程度の年齢の方なら、「そういうもの」として作業されるので、誰も何も言わなくても作業が流れていきます。)

 という訳で・・・必ずしも石材業者さんに作業をしていただく必要はないと思います。墓地の取り決めがあるとか、もうすでに業者さんにお願いしてある場合、また石が重くて一般の方にはお墓を開けられられないという場合は仕方がないですが、無宗教の場合、業者さんに任せてしまうと、結局ご遺族の方は後ろで何するでもなくそれを見てるだけになってしまいかねません。(実際、自分達は、お任せいただける場合は、納骨作業はもちろん、祭礼台の準備、雨天の場合のテントの設営、喪家が用意できないならば御供え物・花の用意までいたしますので。なにからなにまでこちらで行います。)
 いろいろな状況がクリアできるであれば、ご遺族の方々で納骨されるのも、「心がこもる」という意味合いでも良いのではないかと思いますが・・・
 業者さんが来られる場合でも、して欲しい作業内容(例えばお墓を開けたり閉じたりすることだけしてほしいというような感じ)を伝え、それ以外はご遺族で行うこともできるでしょう。

 石材業者さんが来られるなら、その指示に従えば、問題ないと思います。その際、お墓の中に骨壷のまま置くか、骨壷からお骨を出して土に還すのかという点は打ち合わせ済みでしょうか?無宗教なら別にどちらでも構わないと思いますが、事前にご遺族の間でも、業者さんに対しても、はっきりしておいた方がよいと思います。
 お骨を骨壷から出す場合、お墓の中にザラザラっとあけてしまうのも少々生々しいですので、サラシなどの天然素材の袋を作って、骨壷から袋に入れ替え、その袋をお墓に納めるという方法もあります。

 手を合わせる(合掌)も仏式ではありますが・・・とくに何かの思想信条によって、徹底して宗教色は排するのだ、というのでなければ、弔意の表し方はどのような形でもよいと思います。納骨作業がすべて終わった段階で、手を合わせるか黙礼・黙祷など、参列者が想いを廻らせる機会を設ければよいと思います。
 
 参列される方の人数を気にされているようですが、とくに異例と言うふうには思いませんけど。いろんな状況を見聞きしますが、これは何人だから良い悪いという問題ではないでしょうね。

 服装も、ご相談のケースでは規則はないでしょうが、外見でも亡くなった方への弔意・敬意を表するということであれば、喪服ということになると思います。

 3に関しては、記されていること以外にはとくに思い当たりませんでした。

 ご遺族で納骨される場合やご不明な点など、補足いただければ数日かかるかもしれませんが、ある程度のことは再度投稿できると思います。(有用なアドバイスができるかどうかはわかりませんが・・・)では。

 

こんばんは。。

 お悔やみ申し上げます。

 仏式の祭式に関する仕事をしています。ご参考になるかどうかわかりませんが、少し記してみます。

 無宗教形式であれば、とくにどうしなければならないという規則・次第はないと思います。

 ウチの地元では、お墓の建て替えなどを除き、すでに建立されているお墓に納骨する際などは、納骨はご遺族の方が行うという地域が残っています。(かつてはどこでもそれが普通だったのだと思いますが・・・)お寺さんはその間、読経されているのみで、よほど経験が...続きを読む

Q無宗教の人の葬儀とお墓について?

人が亡くなると、お葬式をしてお墓に入ります。
でもお葬式もお墓も、何がしかの宗教に入っていて、ある程度その形式に従って行われる事が通例です。お金もなかなかかかります。

そこで質問なんですが、
無宗教の人(宗教を持っていない人)は、一体どの様な形をもって、お葬式をとり行ったり、お墓を建てるんでしょうか。お墓はどこに建てるんでしょうか。まあその後の管理は、勿論ですけど遺族の方に委ねられるのでしょうけど。どの様な選択肢が考えられますか。
その辺につきまして、どうされているのか、どのようにすればいいのか、維持管理費などはどうなるのか、お年忌とかの行事に変わるものはあるのか、このような形態について、葬儀やお墓など法律上から見ての取決めはどの様になっているのか。

あと、故人の方は報われるのか。知りたいです。

Aベストアンサー

 無宗教といっても、普段気にしていないだけで実際に葬儀を執り行う際には後々のことを考えたり親戚などに説得されて仏式で、ということが多々あります。

 それでもなお無宗教で葬儀ということも実際にあります。

 たとえば、音楽葬。
 故人が好きだった音楽をかけ、参列者一同故人の在りし日を偲びます。
 友人代表や親族(たとえばお孫さんなど)がお別れの言葉を述べます。
 参列者で献花をします。
 式場は写真や好きだったお花や思い出の品で飾ることもできます。

 無宗教では式次第もいろいろです。いろいろなアイディアがあると思います。どのようにしてもいいのです。

 葬儀をしないで火葬のみということもできます。
火葬場の炉の前では、仏式ならばお経をあげて焼香をしますが、なにもしないことも可能です。

 年忌法要なども必要ありません。遺された遺族として命日に故人を偲ぶお食事会を開いたり、故人の写真にお花を手向けたりしてもいいかもしれません。仏式ではないのでもちろん仏壇は必要ありません。

 お墓ですが、お寺のお墓より霊園墓地がおすすめです。
 見学に行かれると気づくと思いますが、昔ながらのお墓のほかに洋墓もたくさんあります。四角い形やらハート型、サッカーが好きだった人用にサッカーボール型ってのもあります。
 霊園墓地は宗旨・宗派を問わないですので、無宗教ならば納骨のときにお経も必要ありません。
 管理事務所で納骨の日時を告げて手続きをするだけです。
 維持管理費は宗旨にかかわらず、墓地をお求めになれば支払わなくてはなりません。

 あと故人が報われるのかということですが、それは個人の考え方によりますのでなんともいえません。
 信仰心の篤い人に言わせれば報われないでしょうし、無宗教の人に無理に宗教をおしつけても意味がありません。
 人間は2度死ぬと言います。一度目は医学的に死ぬとき。二度目は亡き後生きている人の心から忘れ去られてしまったとき。
 要は遺された者がどれだけ故人のことを偲ぶ気持ちがあるかということだと私は思います。
 
 葬儀に関してはその仕事をしてますので専門家ですが、宗教的な考えは一般人です。

 無宗教といっても、普段気にしていないだけで実際に葬儀を執り行う際には後々のことを考えたり親戚などに説得されて仏式で、ということが多々あります。

 それでもなお無宗教で葬儀ということも実際にあります。

 たとえば、音楽葬。
 故人が好きだった音楽をかけ、参列者一同故人の在りし日を偲びます。
 友人代表や親族(たとえばお孫さんなど)がお別れの言葉を述べます。
 参列者で献花をします。
 式場は写真や好きだったお花や思い出の品で飾ることもできます。

 無宗教では式次第も...続きを読む

Q一周忌と新盆、両方とも必要ですか?

昨年の9月に父が亡くなり今年は新盆です。
1・お寺から「新盆の供養代3万円」の振り込み用紙が送られてきた。
2・経済的理由から、「人を呼んでの一周忌の法要」までは出来かねるのですが、、、、絶対にしなきゃいけないことなのでしょうか、できれば私だけでお寺に行って手を合わせてくることではいけないのでしょうか。

Aベストアンサー

宗旨(宗派)及び地域に依り同じ宗派でも行い(扱い)が違うので一概には、語れないのですが…

寺側から、定まった金額を請求するのは、護持会費や特別な支出(次のお坊様の世襲行事=披露)等で大本山から大勢の、お坊様を呼んで(交通費や飲食に掛かる費用等)の場合は、各、檀家の位(戒名の位)に依って額が割り当てられますが、その他の行事で、金額を個人に示す事は普通は考えられ無い事だと思います。
-------
普通の寺(ご住職)なら、大抵の場合「おぼし召し」で、と言う言い方をします。
出せる人は何十万でも包めばいいし、どうしても、世間相場並に出せない事情が有れば(単なるケチ、では無く、それなりの事情が有れば)世間の常識を下回った額でもやってくれると思います。
-----------
お盆と言うのは、大抵は、各家庭を坊様が回って(巡回)盆供養のお経を上げて行きます、初盆だからと言って、その家のみを対象訪問して特別行事をするのでは無く、お坊様が来てくれる時刻に親戚等が集まっていっしょに供養をします。
ですから、初盆のお宅と言えども、お坊様にして見れば、お盆行事の一環で、巡回コースの中に、初盆のお宅が有ったと言う程度だと思いますこ、お経料は大抵は2~5千円程度包めば(近在ならば、お車代もいりません)←順番に家々を回って行くのですから。
--------
一周忌の方は、一般常識からすれば、やらないのはおかしいと思いますので、本来は、親戚とか、特に故人が近しかった方も呼べれば供養に成ると思いますが、どうしても無理なら、せめて、家族だけででも行った方が良いと思います。この時(卒塔婆)←別料金なので(お寺さんで聞く)一周忌の費用もおぼし召しの筈ですから、家族だけの極内輪だけなら\2~でも、それなりに、簡略してやってくれると思います。参加者が多ければ皆さんもそれなりに包んで来るでしょうから、余りけちるのはどうか思いますが…
--------
新盆の供養代3万円を要求されてのは、何かお寺との特別な付帯条件が付いて居るのでは無いですか? ←一周忌も控えて居るのに、初盆だから、3万円だせと言うのは、何か負に落ちない気がしますが。

宗旨(宗派)及び地域に依り同じ宗派でも行い(扱い)が違うので一概には、語れないのですが…

寺側から、定まった金額を請求するのは、護持会費や特別な支出(次のお坊様の世襲行事=披露)等で大本山から大勢の、お坊様を呼んで(交通費や飲食に掛かる費用等)の場合は、各、檀家の位(戒名の位)に依って額が割り当てられますが、その他の行事で、金額を個人に示す事は普通は考えられ無い事だと思います。
-------
普通の寺(ご住職)なら、大抵の場合「おぼし召し」で、と言う言い方をします。
出せる人は何十万でも包...続きを読む

Q四十九日までの自宅での供養を教えてください

四十九日まで、初七日や逮夜以外の日に、家族はどのように供養すればよいか教えてください。

数日前、喪主として母の葬儀を終えました。
(ちなみに父はずいぶん昔に亡くなっています)
今のところわからないまま、家族で毎夜般若心経を3回唱えています。
(般若心経の本がたまたま家にあったので、なんとなく3回です)

宗教は、私自身は信仰はありません。
私の実家(母の婚家)は浄土真宗です。
亡くなった母の実家は真言宗です。
葬儀は音楽葬という形でお坊さんはお願いしませんでした。
引っ越しを期に(浄土真宗)の檀家ではなくなり、仏壇は置いていません。
お盆やお彼岸はお墓参りだけで、自宅で祀ることはしていません。

現在、遺骨はローボードの上で、写真とろうそく立て・線香立て・花入れを並べています。
これもわからないまま、なんとなくです。
(住宅事情で後飾り壇・中陰壇というものを設置できません。)
仏壇があった頃は平常、仏飯器と華瓶を仏壇に供えていました。
この時期も同じようにしてもよいのかどうか。
故人の好物などを供えてもよいのかもわかりません。

お参りに来られる方も呼ぶべき人もいませんので、対面を気にする必要はありません。
信仰している宗教はないのだから好きなようにしていいのじゃないかと思いつつ、腑に落ちないまま日が過ぎています。
最初に初七日・逮夜・四十九日といった言葉を使いましたが、法要や、お骨やお墓をどうするかもまだ考えていません。
十分に悲しんで母との別れを納得したいです。
含めて助言をいただけたらと思います。
よろしくお願いします。

四十九日まで、初七日や逮夜以外の日に、家族はどのように供養すればよいか教えてください。

数日前、喪主として母の葬儀を終えました。
(ちなみに父はずいぶん昔に亡くなっています)
今のところわからないまま、家族で毎夜般若心経を3回唱えています。
(般若心経の本がたまたま家にあったので、なんとなく3回です)

宗教は、私自身は信仰はありません。
私の実家(母の婚家)は浄土真宗です。
亡くなった母の実家は真言宗です。
葬儀は音楽葬という形でお坊さんはお願いしませんでした。
引っ越しを期に(浄...続きを読む

Aベストアンサー

 お母様を亡くされてご愁傷様です。
 人間は死んだら物体になるだけと思っていますし、宗教はビジネスだと思っている者です。そんな人間の意見なので参考まで。
 
 三谷幸喜さんが若くして他界された、俳優の伊藤俊人さんの葬儀で、「人間は2回死にます。1回は肉体的な死。そして、もう1回は友人たちがその人のことを語らなくなった時です。僕たちは君のことを語り続けます」と言う内容の弔電を述べられました。
 また、居酒屋で知り合った男性は他界された奥様のことを今でも心から愛していると話されていました。奥様が他界される1週間前、病床で私は生まれ育った故郷の墓に入りたいと言われたので離婚届を提出され、奥様を故郷の菩提寺に供養されたそうです。お墓参りには中々、行けないけど、奥様と過ごした写真を部屋中に貼られているそうで毎日、行って来ます、ただいま、と声を掛けられ、、その日の出来事を奥様の写真に話しをされているそうです。
 何が言いたいのかと言うと供養の方法等どうでもよいのです。ただ、悲しみが癒えるまでお母様との思い出に浸り、納得が行ったときにお墓に供養されればいいのです。そして、たまには故人を思い出すことが大切だと思います。

 大体、多くの日本人はクリスマスを祝った1週間後に初詣に行き、春になったらお墓参りしているんです。質問者様がどうかわかりませんが、そんな宗教にいい加減な人が仏教の供養方法にこだわっても無意味だと思いませんか?

 お墓は、離婚をされていなければお父様のお墓に供養されればいいです。ただ、遠くてお参りできないのなら近所に建てるのも良い思います。質問者様がご結婚されていて息子さんがいらっしゃるのなら、外墓地を探されるのもよいし、未婚、あるいは息子さんがいらっしゃらないのであれば納骨堂での永代供養墓というのもあります。納骨堂は比較的、費用を安く抑えられると思います。
 お墓に納骨する時期ですが、一般的には四十九日前にされる方が多いですが、それを過ぎたらいつ納骨しても同じです。ただ、永代供養墓の場合、契約期間が、十三回忌までとか三十三回忌までとなっているので手元にお骨を置いて供養する期間が長ければ、お墓の使用期間が短くなります。納骨堂の場合、使用期間を過ぎると合祀墓に合祀されます。
 話が前後しますが、故人を忘れないために、法事を行い、子孫に故人を語り継いでいく、そのことで故人の2度目の死を避ける事ができます。

 お母様を亡くされてご愁傷様です。
 人間は死んだら物体になるだけと思っていますし、宗教はビジネスだと思っている者です。そんな人間の意見なので参考まで。
 
 三谷幸喜さんが若くして他界された、俳優の伊藤俊人さんの葬儀で、「人間は2回死にます。1回は肉体的な死。そして、もう1回は友人たちがその人のことを語らなくなった時です。僕たちは君のことを語り続けます」と言う内容の弔電を述べられました。
 また、居酒屋で知り合った男性は他界された奥様のことを今でも心から愛していると話されて...続きを読む

Q浄土真宗の新盆の迎え方について

昨年秋、母が亡くなりました。
当然、今年は新盆を迎えるのですが、私の家は浄土真宗です。ネットなどで調べたところ、浄土真宗ではお盆に特別なことをしない(霊魂が帰ってくると言う考え方はない)ようですが、新盆にも当てはまるのでしょうか?
なぜこれで悩むかと言うと、私は早くに父を亡くし母と二人暮しでしたが、お盆には迎え火と送り火を焚きお飾りをし、という日本のごく普通のお盆の迎え方をしていました。ただ、菩提寺は現住所の他県にあって遠いため、お坊さんをお呼びしてお経を上げてもらったり、お墓参りはしていませんでした(数年に1度くらいは行ってましたが)。
父が亡くなったのは私が小学生のときでしたが、白いお盆ちょうちんを飾ったのは覚えてるんですが、それ以外の記憶はないんです。
母が亡くなったときは菩提寺がない状態でこちらにお墓を買っていたので、葬儀屋さんの紹介で葬儀の時にお世話になった住職さんに49日まではお世話になりました。実はその方から法要についての冊子をもらってあったんですが見つかりません。
お盆のときの作法はどうなのか、そもそもお坊さんには来てもらうのか、もう細かいところから全くわかりません。どなたか詳しい方がおられたら、教えていただけないでしょうか。
ちなみに、私の住所では7月にお盆を行うのが慣習のようですが、うちでは8月にやっていました。私の仕事の関係で、母の初盆も8月にしようと思っています。
よろしくお願いします。
また、文面中もし失礼なところがあったらご容赦ください。

昨年秋、母が亡くなりました。
当然、今年は新盆を迎えるのですが、私の家は浄土真宗です。ネットなどで調べたところ、浄土真宗ではお盆に特別なことをしない(霊魂が帰ってくると言う考え方はない)ようですが、新盆にも当てはまるのでしょうか?
なぜこれで悩むかと言うと、私は早くに父を亡くし母と二人暮しでしたが、お盆には迎え火と送り火を焚きお飾りをし、という日本のごく普通のお盆の迎え方をしていました。ただ、菩提寺は現住所の他県にあって遠いため、お坊さんをお呼びしてお経を上げてもらったり、...続きを読む

Aベストアンサー

自己紹介欄にあるように、浄土真宗の坊さんです(^○^)

>新盆にも当てはまるのでしょうか?

そのとおりです。お盆という行事は仏教のものではなく(他の仏教国にはそのような行事が無い)、中国経由で仏教が伝わる際に、シルクロードを通って伝わった他の宗教行事とミックスして、日本で独自に発展したもので、仏教の心を味わうには伝統的な意味で必要な行事でありますが、霊魂が帰ってくると言う考え方は仏教には無いので、浄土真宗ではそのような考え方につながるお盆での特別なことはいたしません。新盆でも同じことです。
なお、お盆の行事は、宗教行事というよりも地方独自の民族行事ともなっておりますので、日本全国一律の作法があるのではなく、地方ごとに、その土地の特産物などを取り入れた独自の飾りつけも残っています。その中には、浄土真宗では行わないことになっている提灯や灯籠等もありますが、迎え火や送り火は全国的に浄土真宗では行っていません。

なお、お母さまがご往生の際にご縁のお寺があるようですが、冊子等は、再度申し出ればすぐにいただけると思います。気にせずに「見つからないので・・・ください」と言えば良いのです。そのためのお寺です。

>そもそもお坊さんには来てもらうのか、
来てもらうか、来てもらわないかは、亡きお母様のご往生には関係がありません。したがって、亡きお母様にとって、どちらもプラスとかマイナスとかではないので、ご自身にとって、どのように新盆を迎えるのが良いかでご判断ください。自宅に呼ぶのも良し、よばないのも良し、本山や別院のお盆法要に参加するのでも良し・・・何でも良しです。
浄土真宗は、「ああしなければいけない」とか「高しなければダメ」ということは少ないです。ただ、他宗と比べると、「する必要が無いからやらない」ということが多いだけです。
合掌

自己紹介欄にあるように、浄土真宗の坊さんです(^○^)

>新盆にも当てはまるのでしょうか?

そのとおりです。お盆という行事は仏教のものではなく(他の仏教国にはそのような行事が無い)、中国経由で仏教が伝わる際に、シルクロードを通って伝わった他の宗教行事とミックスして、日本で独自に発展したもので、仏教の心を味わうには伝統的な意味で必要な行事でありますが、霊魂が帰ってくると言う考え方は仏教には無いので、浄土真宗ではそのような考え方につながるお盆での特別なことはいたしません。新盆でも...続きを読む

Q納骨 無宗教の表書き なんて書くの?

週末、親の納骨があります。(私は結婚して家を出ています。)
葬儀は無宗教でしたのですが、表書き?(これさえも言い方がわかりません…)はなんと書けばいいのでしょうか?ご仏前でないしお花料でないし、「お供物料」でいいのですか?急いでいますのでよろしくお願いします。
また、叔父や叔母にさんざん世話になったので10万円ずつお礼をするのですが、それは新しいお札でするのものなのでしょうか?こちらもあわせてお願いします。

Aベストアンサー

>「お花料」はキリストだけと思っておりました。

と、いうことはキリスト教ではないのでしょう。だったら宗派を問わず、仏式
の表書きですから「御仏前」がよろしいですね。
既にご存知だと思いますが、実父の納骨であってもご主人様のお名前でします。

http://www.maruai.co.jp/noshi_01/butu-5.html

叔父さん、叔母さんへのお礼は新札でよろしいです。これも既にもうご用意し
ていらっしゃるでしょうけど、紅白の蝶結びの熨斗袋で「御礼」と書き、やはり
ご主人様のお名前でするべきでしょう。
質問者様は、ご結婚されて家を出ていますので、例え親兄弟、親族間であって
も何事にも、家と家のお付き合いとお考えになってくださいね。

http://www.maruai.co.jp/noshi_01/iwai-5.html

Q無宗教葬後の香典返しに添える礼状

無宗教葬後の香典返しに添える礼状
先日家人を亡くし、故人の遺志に従い、
無宗教の家族葬にて見送りました
やはり故人の遺志で お香典はいらないと伝えてあったのですが、
何人かの方は多額のお香典を下さいました。
弟はいらないといったのに持ってきたのだから
香典返しは必要ない、といいますが、
私は、その方達のご両親が亡くなったときに頂いているのだから、
同じようにすべきと思います
又、少額の方には一般的に言う忌明けのじ記なので、
寄付をした旨添えた礼状を送る時期か、と思っています
納骨先は故人が、姑と同じ墓には入りたくない、
海に撒いてくれ、といっていたこともあり、
未だ、決めていません
そこで、礼状ですが、
無宗教葬で、戒名もなく、忌明けの法要もしないし、
納骨先も決まっていないような場合の
文例が見つかりません
どんな文章がいいでしょうか?
何かヒントを頂けると助かります

Aベストアンサー

お悔やみを申し上げます。
無宗教の家族葬であっても、お香典を戴いた方々にお礼を申し上げるのは礼儀です。
通常の仏式の葬儀を行った感覚で香典返しを為せれば宜しいでしょう。
戴いたお香典を寄付行為に使用された事は、書くのも書かないのもご随意ですが、お寄せくださった方の意向は、寄付ではなく葬儀の費用に・・・が、古来からの因習ですから、これも考慮されるべきと思われます。
お礼状ですが、故人の意思による無宗教の家族葬を行ったためご迷惑をおかけしたお詫び。以降、宗教的行事は一切無いお詫び。これらをお書きになり、故人をご放念ください・・が、故人の意向だと思いますから、こうした事をお書きに為れば宜しいかと思います。

参考URL:http://www.jp-guide.net/manner/ka/kouden_kaeshi.html

Q無宗教での仏壇

先日義理の母が亡くなりました。
葬儀自体は本人の希望もあり無宗教葬という形を取りました。
義父とも話しをしていたのですが 仏壇というほど豪華な物ではないですが
あった方がいいかなぁという話になっていたのですが 生前義母は仏壇には入らないといっておりました もちろん無宗教ですので位牌等も無いのですが
遺影と好きだった花をいけれる花瓶等を部屋の隅に置いて部屋全体を見渡せる様にとも思うのですが そのままなら雨ざらしの様な感じもしますし ほこりまみれにもなるかなぁという感じもして簡単な家具調仏壇の様な小さいものを買って
サイドボードの横に置いても良いかなぁと思っております

もちろん無宗教ですので 仏壇には本尊等は入れずに義母の遺影だけとなります

あと 仏教なら49日 神道なら50日等ありますが 納骨はいつ頃が良いのでしょうか? もちろん仏式でしてても初七日が過ぎて納骨される方もいてますが
義父がしばらくは家に置いておきたいというので だいたい49日あたりで
良いかなぁと思っているのですが・・・ 葬儀が無宗教葬儀でしたので
もちろん初七日の法要もしておりません それなのに49日というのも??
と思いまして・・・ あと満中陰志と書いてお礼を出すのも本来は仏教ですよねぇ? その場合お礼とだけでも良いのでしょうか??

先日義理の母が亡くなりました。
葬儀自体は本人の希望もあり無宗教葬という形を取りました。
義父とも話しをしていたのですが 仏壇というほど豪華な物ではないですが
あった方がいいかなぁという話になっていたのですが 生前義母は仏壇には入らないといっておりました もちろん無宗教ですので位牌等も無いのですが
遺影と好きだった花をいけれる花瓶等を部屋の隅に置いて部屋全体を見渡せる様にとも思うのですが そのままなら雨ざらしの様な感じもしますし ほこりまみれにもなるかなぁという感じもして...続きを読む

Aベストアンサー

 少し気になったので書き込みさせていただきます。
 
 仏教のお仏壇ですが、写真ははいりません。無宗教なのですからお仏壇というのも何か変な感じがしますし、仮に家具調の現代仏壇でも遺影写真を入れるのもどうかと思います。

 遺影を飾りたいのであれば、サイドボードの上に置きお花を手向ければいいと思うのですが。
 埃まみれになるというならサイドボードに入れられてもいいと思うのですが、そうするとお花が息苦しそうですね。それになにより故人が仏壇には入らないと言っておられたならば、上に置かれたほうが自然な感じがします。お掃除さえきちんとされれば埃まみれになることはありません。

 納骨ですが、家によってさまざまな考えがあります。

 家にお骨を長期間おいておくのは良くないという人もいますし、理由があって何年も大切において置かれている方も実際におられます。

 お義父さまがしばらくは家に置いておきたいならば、それでもいいのではないでしょうか。
  
 無宗教ならば法事というのも決まりはありませんので、皆さんの都合のいい日を選び納骨されればいいと思います。

 無宗教でもお盆やお彼岸、年末年始などにお墓参りをされるのであれば、それに合わせて納骨されてもいいですし、命日に合わせてもいいと思います。

 香典返し(この言い方も無宗教では変ですが)のお礼も満中陰志ではなく志だけのほうがいいと思います。

 少し気になったので書き込みさせていただきます。
 
 仏教のお仏壇ですが、写真ははいりません。無宗教なのですからお仏壇というのも何か変な感じがしますし、仮に家具調の現代仏壇でも遺影写真を入れるのもどうかと思います。

 遺影を飾りたいのであれば、サイドボードの上に置きお花を手向ければいいと思うのですが。
 埃まみれになるというならサイドボードに入れられてもいいと思うのですが、そうするとお花が息苦しそうですね。それになにより故人が仏壇には入らないと言っておられたならば、上...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング