マンガでよめる痔のこと・薬のこと

ヘラブナの仕掛の松葉を自作したいのですが、糸(材料)がわかりません。
ネットで調べたのですが見つかりません。
どなたか知っている方がいれば是非教えて下さい。
私はヘラブナ歴2年のまだまだ初心者です。
以上、どうかよろしくお願い致します。

A 回答 (2件)

再回答になります


浮き止めの部分でしたか・・・・私は仕掛け作りで半端になった道糸を使っていますよ、余り細いとコブを作ってもゴム管が抜けてしまいそうで不安ですから、野釣りで使う1.2号程度で作っています。
以前は0.8号で作っていましたが、細いと道糸を通す輪に腰が無くなるので1.2号~1.5号位が適当だと思います。

この回答への補足

回答ありがとうございます。

以前、私も道糸で試してみましたが滑りやすく道糸がよれやすくなるので断念しました。

松葉の仕掛は道糸に直接結びます(トンボを結ぶ様に約3回巻きます)
知人のヘラ師に頂いた松葉用の糸は1.5号~2号ぐらいの太さで糸がギザギザになっており
切ってもほつれず市販の松葉の様な糸の硬さがあります。(ピンとなっています)
市販の松葉は輪になっており2本の糸をネジネジによっていますが、
探している糸は市販の松葉を加工してない太めの糸と言った感じの感触です。

イメージできますか?説明が下手ですみません。


何度も回答頂きありがとうございます。

補足日時:2011/08/27 18:49
    • good
    • 0

こんにちは、へらの松葉というと、3方になっていて1方にはサルカンが付いていて、他の2方にはハリスを結ぶ朱塗りの物ですよね? そうだとしたら、ナイロンの8号程度の糸で形を作って、裁縫用の木綿糸で巻いて朱の人工漆を塗れば良いと思います。

 ただし松葉は重いので今は使う人は少ないですよ。普通のサルカンにハリスを2本とも結ぶのが普通だと思います。

この回答への補足

回答ありがとうございます。
kenken1106様がおっしゃっているのはミツマタの事だと思われます。
・ミツマタ
道糸とハリスの間のスイベル(3方向)に分岐する金具の事。
最近は使用する人がめっきり減りました。
・松葉
道糸に通したナイロンの紐状のブランコ(ウキの足の紐)の様なモノ。
松葉にゴム管を通しウキの足を挟んで使用する糸の事。

せっかく回答して頂きましたが、この質問の回答はヘラ釣を長年している人しかわからないと思われます。
私もネットで探しましたが、のってないし、仲の良い数人のヘラ師に聞いても言葉を濁されました。

ご回答ありがとうございました。

補足日時:2011/08/27 01:33
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qヘラブナ釣り場でオカメ禁止のところがあるのはなぜ

ヘラブナ管理釣り場には、
オカメ禁止 というところもあります。
(オカメ=麩のごく小さいようなえさ)
なぜオカメ禁止のところがあるのでしょうか?

ついでにもうひとつ。
一本針禁止、というところもあります。
まあ、一本針でへらやる人はあまりいませんが、
なぜ一本針ではいけないのでしょうか?

Aベストアンサー

管理釣り場や釣り堀で、オカメ禁止はヘラブナを傷めるからです。オカメの場合はエサが軽く底釣りに不向きです。エサが馴染む前にヘラブナが吸い込むと、釣り針まで呑まれます。へらの釣り針はスレ針ですが、呑まれた釣り針を外すのに無理して外す人がいるのでヘラブナを傷めるのです。オカメ餌は、カッツケ釣り向きなので、タナが宙に浮いてしまい、他の釣り客に迷惑をかけます。一本針禁止も、底釣り向きでないので、カッツケや宙釣り禁止の所は禁止してるようですが、タナを守ってれば黙認されるでしょう。底釣りの一本針は釣果が出ませんから。オカメを使ったカッツケ釣りは夏期の釣りで、浮子が馴染む前に釣れてしまう向こう合わせの釣りになりがちで、アタリを楽しむ醍醐味が無いのです。因みに、自慢話になりますが、オカメを使ったカッツケ釣りを、ある釣り堀で許可をもらい、試した事がありましたが、8時間弱で8寸前後の中べらを400枚、フラシ10個並べた事がありました。総重量は100㎏は楽に超えました。以来、ヘラブナ釣りが面白くなくなりました。

Qヘラブナの野釣り用ダンゴ餌について

ヘラブナ釣りを始めて3年ほどです。
管理釣り場は近郊になく、ほとんどが野釣りです。
当然新ベラは放流されませんので古ベラ?のみです。
魚はそこそこの濃さです。(上クチビルの無いヘラが多い)
最近は魚も学習してしまったせいか、以前のようにまともに食ってきません。
書籍やネットから餌の効果的配合やハリス長さ、ウキの大小、手水など色々試し
ましたが効果の差はほとんど見られませんでした。(不十分かも知れませんが)
ウキの周辺当たりに魚影は見えるのですがバラけた餌を吸っているのみのようです。
今の季節、周りを見てもベテランでも、せいぜい4~5枚/日程度。(魚はいるのに)
初心者はボウズも多い。違いは餌のブレンド差と言われましたが
この様な環境下で比較的効果の出そうなダンゴ餌のブレンドはどのよう
にしたらよろしいのでしょうか。(勿論状況で日々変わるとは思いますが)
目標は10枚/日ほどです。タナは2本程です。

Aベストアンサー

〉タナは2本程です。

タナ2本程が宙釣りなのか底釣りなのかが不明ですし、何尺の竿でタナ2本程なのか分かりませんが、野釣りの陸っぱりなら釣り台を使っても21尺から24尺竿ぐらいの長竿でカケアガリの底釣りでないと釣果はあがらないと思います。

夏場の活性がある時は、タナ2本分ぐらいの宙釣りでも回遊に恵まれれば釣果はあがりますが、秋になればタナは下がる傾向になりますから長竿で沖目のカケアガリを底釣りで狙ったほうが釣果は安定します。

底釣りなら、麩系の軽いバラケよりマッシュポテトを主体にしたバラケと喰わせにグルテンマッシュぐらいのほうがジャミアタリがなくヘラを浮かせないので釣り易いです。

ヘラは「寄せて釣る」ものですから、私の場合は釣り始めはバラケ両ダンゴをバンバン打ち込んで、ヘラが寄って来たら喰わせにグルテンマッシュを小さめに下鉤に付けて釣果を得てます。

市販のヘラ餌はメーカーで研究した製品なので、なまじ下手にブレンドする必要はないと思いますが、マッシュポテトだけは麩系の餌をタナに合わせて適量ブレンドしてます。

尚、バラケ具合は練った直後と時間が経ってからでは違いますから「適時調整する必要」があります。

ハリスは長さもさることながら「太さに注意」するべきで細いハリスのほうが喰いは良いです。
浮子の「大きさはタナに合わせる」べきです。

ヘラ釣りの「基本は底釣りのタナを正確に測れる」ことですから、タナ2本分と決め付けないで釣り場の状況に合わせて臨機応変に対応出来ないと、いつになっても釣果をあげられません。

〉タナは2本程です。

タナ2本程が宙釣りなのか底釣りなのかが不明ですし、何尺の竿でタナ2本程なのか分かりませんが、野釣りの陸っぱりなら釣り台を使っても21尺から24尺竿ぐらいの長竿でカケアガリの底釣りでないと釣果はあがらないと思います。

夏場の活性がある時は、タナ2本分ぐらいの宙釣りでも回遊に恵まれれば釣果はあがりますが、秋になればタナは下がる傾向になりますから長竿で沖目のカケアガリを底釣りで狙ったほうが釣果は安定します。

底釣りなら、麩系の軽いバラケよりマッシュポテトを主...続きを読む

Qヘラ浮きの使い分け

 最近ヘラブナ釣りを本格的に始めました。そこで質問ですが、ヘラ浮きには多くの種類があって、どのつり方にどのような浮きを使えばよいか今ひとつよくわかりません。好みでよいといえばそうかもしれませんが、基本的なことがあれば教えてください。

Aベストアンサー

ヘラブナ釣りと言ってもいろんな釣り方がありますね。
管理池、箱、野池、ダム湖、本流などなど、それぞれに釣り方も道具立ても変化してきます。
私の場合は野池専門なのですが、へら浮は一つのパターンでオールシーズン通しで使っています。
ボディーの材質は萱で太さ6~10mm.長さ50~100mm.
セミカンザシタイプ(トップ側のしぼりが殆ど無いもの)で、
トップはPCのムク、太さ0.8~1.0mm.長さ150~250mm.
足はカーボンのムク、太さ1.0~1.5mm.長さ100~200mm.
これらを組み合わせて、ポイントの状況に合わせたものを自作して使用しています。
この形に落ち着くまでには思い悩むことも多々ありましたが、今はこのパターンでそれなりの釣果を上げられるようになりました。
とにかく、あれこれ試してみて自分にあったパターンを見つけ出すことがよろしいかと思います。

Qへらぶな釣りのうきの浮力について

へらぶな釣り初心者です、理科オンチの質問ですがよろしくお願いします。
へらぶなの宙釣りの際に気になっていたのですが、初めに「うき」のバランスをおもりで調整します、その時ボディは水中に沈み、トップの途中以上が水面に出るようにしますが、その場合の「うき」の浮力というのはボディの大きさに関係なく水面に出ているトップの持つ浮力しか残っていないのでしょうか。つまりこの状態ですと「餌を水中に浮かせる力」はトップにしか残っていないことになるのでしょうか、どなたか教えてください。

Aベストアンサー

No.2さんの仰るとうりです。
宙釣りの場合、エサ落ち目盛りを決め、且つタナが決まったら、エサの重さを支えるのは、トップの浮力だけです。
大きなエサ。比重の大きなエサを使いたい時は、太いトップ、長いトップの浮子をつかいます。でも太くて長いトップは、風の影響を受けやすいので、錘負荷の大きな、ボディの大きな浮子の出番になります。
逆に、細いトップ(極端な場合はソリッド)は、タナを変えて浮子下のテグスの長さ=重さが変わるだけで、エサ落ち目盛りが変わってしまいます。いろいろな条件の中から、自分の望むアタリを出させるために、ヘラ師はたくさんの浮子を持つことになります。
補足ですが、No2さんの回答のなかの、ナジマナイ状態。趣に欠けるのですが、ナジム前に食い上げのアタリで釣ってしまうという手もあります。数は釣れるのですが、あまり面白いものではありません。

Qヘラ竿の振込方法

昨年秋頃からヘラブナ釣りはじめましたが、送り込みがポイントにうまく決まらないのですが?どのように竿を振ればよいのか教えてください。

Aベストアンサー

ボールを投げるににオーバーハンド、サイドハンド、
アンダーハンドがあるようにどう振り込んでもいいです。
普通はアンダーハンドが多いでしょう。
技能というものは習うより慣れろといいます。

Qヘラブナ

ヘラブナ釣りについていくつか質問します。
 ヘラブナ釣りを初めて一カ月ちょっとの初心者です。近場の沼で釣りを楽しんでいます。広大な沼でいくつかある川や支流で釣りをしています。緩やかな流れがありますが、沼との合流域から離れれば流れはほとんど無く水深は2m前後です。流れがあるのでドボンの底釣りをしています。周りのベテランの方もドボンです。竿は15尺のステンレス製の安竿、道糸1.2号、ハリス0.6号、鈎5号(グラン)でやっています。へらは尺以上で40cm前後も釣れます。巨鯉もうろうろしているポイントです。

質問1
ハリス切れ、ばらしに困っています。
合わせ切れ、取り込み途中のすっぽ抜けのどちらかが2~3回に1回あり釣果が伸びません。
ハリス切れ対策にクッションゴムを使っていますが、軽減されません。ハリスの号数を上げて0.8号にした方が良いのでしょうか?
ばらしは、強引に引き上げたりせずある程度ためていますが、水中からなかなか上がってこないので竿を少し立てた時、すっぽ抜けます。鈎を大きくした方が良いのでしょうか?
原因は、技術、硬い竿の為と考えていますが、他に要因、改善策あれば教えて下さい。

質問2
竿の購入で迷っています。
今の竿が重い為、初めてへら竿を購入しようと思っているのですが、何尺の物にしたらいいのか悩んでいます。予算がないので購入する一本の竿でしばらく釣ることになると思います。
釣っているポイントの水深(2m位)に合わせると短竿になってしまい沖目、対岸を狙えません。
15尺の竿でも短く感じる場所もあります。狭い場所を選んでも短竿で釣れるのか不安です。
ドボンの底釣りを主にやっていますが、バランスの底釣りを考えた時、15尺だと道糸が余ってしまいそれがいいのかどうかもわかりません。道糸のたるみはバランスでは気になっています。(バランスでまだ釣果をあげてないのでわかりません・・・・それが釣果の原因?)
いずれにしても、11、12、13尺のどれかの選択になると思いますが、ご意見お聞かせ下さい。

以上宜しくお願いいたします。

ヘラブナ釣りについていくつか質問します。
 ヘラブナ釣りを初めて一カ月ちょっとの初心者です。近場の沼で釣りを楽しんでいます。広大な沼でいくつかある川や支流で釣りをしています。緩やかな流れがありますが、沼との合流域から離れれば流れはほとんど無く水深は2m前後です。流れがあるのでドボンの底釣りをしています。周りのベテランの方もドボンです。竿は15尺のステンレス製の安竿、道糸1.2号、ハリス0.6号、鈎5号(グラン)でやっています。へらは尺以上で40cm前後も釣れます。巨鯉もうろ...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんは。

へら鮒釣り歴の長いオジサンです。
私は、へら釣り歴が長いだけですが、へら竿は6尺から24尺まで1尺刻みで30本程度コレクション(和竿&カーボン竿)してますから、ポイントやタナによって竿の長さ及び竿の調子を使い分けてます。
私の居住地(北関東)は、へら鮒の管理釣り場が多いので、流れのある釣り場は滅多に釣行しないですが「ドボン底釣り」は中通し錘で楽しむことがあります。

質問1のハリス切れ&バラシの件ですが「糸ふけ(道糸タルミ)」と「竿の調子(硬さ)」が関係してると思います。
流れがあると、道糸がタルミ易いのでアワセが強くなりがちな事と竿の弾力利用がワンテンポ遅れがちになりますから、ハリスに掛かるショックが大きくなるので切れ易くなりますね。
それと、ステンレス竿というのは使った事がないですが、硬めの先調子竿なら底釣りには向かないです。
ですから、糸ふけしないように道糸を水中に沈める事と必要以上の強いアワセは避けるように注意すれば、0.6号ハリスでも尺3寸クラスのへら鮒は釣れるはずです。
但し、硬めの先調子竿では、どうにもならないですから、ハリスを太く(0.8~1.0)するしか対策がありません。
鈎は、5号でバレるようなら6号か7号を試してください。

質問2の竿購入の件ですが、私のように10万円以上のへら竿でも躊躇なく何本も買うような釣りキチならともかく、へら釣り初心者なら慎重に成らざる得ないでしょうね?
私も、へら釣り初心者の頃に買ったのは、12尺・15尺・18尺のカーボン竿3本でした。
30年ぐらい昔は、オリンピックという釣り具メーカーがあって、そのメーカーの竿でしたが、その後は「ダイワ」や「がまかつ」などのカーボン竿を買うようになりました。
釣り竿購入資金が厳しいようなら、中古のカーボン竿で我慢するのも1つの手段ですね。
私は、使わなくなったカーボン竿はタダ(0円)で知り合いに譲ってますが、そのような釣りマニアが安く放出した中古竿を使うのも初心者の内は有りと思います。
釣り竿の長さは、欲を言えば11尺から13尺全て1尺刻みが理想ですが、強いていうなら12尺ですね。
もっとも、釣り場のポイントを見ないと何とも言えませんが、出来れば18尺以上の長竿も今後は欲しくなると思いますから切りがないですね。
まぁ、初心者の頃が何でも楽しいものですから、今後とも頑張ってください。

こんばんは。

へら鮒釣り歴の長いオジサンです。
私は、へら釣り歴が長いだけですが、へら竿は6尺から24尺まで1尺刻みで30本程度コレクション(和竿&カーボン竿)してますから、ポイントやタナによって竿の長さ及び竿の調子を使い分けてます。
私の居住地(北関東)は、へら鮒の管理釣り場が多いので、流れのある釣り場は滅多に釣行しないですが「ドボン底釣り」は中通し錘で楽しむことがあります。

質問1のハリス切れ&バラシの件ですが「糸ふけ(道糸タルミ)」と「竿の調子(硬さ)」が関係してると思います。...続きを読む

Qヘラブナ釣りの「ドボン」とは?

ヘラブナ釣りの「ドボン」とは?
ヘラブナ釣りを始めたばかりです。「ドボン」とはどのような釣りかお教え下さい。
用語集では錘を底につけて…とあり、イメージはなんとなく分かるのですが、
一般的な底釣りの延長として錘を底スレスレにつける(餌は底に転がす)
…(これだとウキが立たないか?)
と理解して言いのでしょうか。
この場合ウキのえさ落ち目盛りのとり方はどうなるのか、又適したウキはどうなのか。
時期は冬季など食いの悪い場合に適しているのか など。
ちなみに当方は降雪地区で野釣り専門です。

Aベストアンサー

へら釣りで「どぼん」とは、浮きが完全に沈没する錘をつけて釣る方法です。錘は固定せずに5cm強程度遊動にします。
錘は、0.5号~1号程度の中通し錘やナス型錘(外通し)をスナップサルカンを使い取り付けます。
主に流れのある川で、バランス仕掛けでは釣りにくい場合の釣り方です。
当然、餌落ちは浮きに出ませんので餌落ち目盛りは考えに入れません。
上記の理由から浮きにはあまり拘らなくても良いですが、仕掛けが遊動になっていますので、余り大きな浮きは向いていません。 川の流れで浮きがしもって《錘が底に固定されているので、川流れで浮きが沈没する事》しまわない程度の大きさが良いとおもいます。
アタリは豪快な消しこみや食い上げが多いと思います。
また、流れ川に適した釣り方と書きましたが、バランスで出来る状況でも、ドボンの方がアタリが多く良い釣果に恵まれる時も多いです。 野釣りでは有効な釣り方だと思います。

Qヘラブナ 餌は

ヘラブナの管理で餌は何がいいですか(なるべく金かからないで釣れるなにかありませんか??
その管理釣り場にある200円くらいの か 釣り具店にあるヘラブナの絵が書いた袋の練り餌? 粉? のやつ か もっと安く使えるやつ(うどんで釣れると聞いたことありますが 実際どうですか?。そもそも管理釣り場で本来の餌以外のって使えるのですか?

Aベストアンサー

ANo3です。

グルテン配合餌は、基本的には喰わせ餌になります。

しかし、練り具合を調整すれば(軽く練る)適度なバラケ餌にもなりますので、管理釣り場の底釣りなら両鈎共にグルテン餌だけで対応することも出来ます。

市販のバラケ餌というのは「麩の粉末」を基本にしたものが殆んどですから、宙釣りやカッツケ釣り(タナの浅い釣り)には向きますが、底釣りではヘラ鮒を浮かしてしまう恐れがあるので慣れないと練り具合が難しいと思います。

私は、自家製トロ昆配合の喰わせ餌には麩の粉末と食用とろろ昆布を配合して前日から餌を練って一晩寝かせ熟成させたものを使いますが、釣り場で練ったばかりの麩系の餌はバラケ過ぎるので底釣りには使わないです。

ですから、管理釣り場の底釣りならグルテン餌の練り具合を調整してバラケ気味の餌を上鈎に使い、適度なバラケ具合の餌を下鈎に小さめに付けて喰わせ餌にして試してください。

なお、グルテン配合餌は時間が経つとガムのように粘り過ぎてしまうことがありますので一度に大量に練らず少しずつ(拳大くらいの大きさ)様子を見ながら練ったほうが餌の無駄がないです。

とにかく、釣り場にベストマッチする練り餌を追求するには数多くの経験が必要と思いますので、失敗を恐れずにチャレンジ精神で様々な練り方を試してヘラ鮒釣りの研究を重ねてください。

簡単に入れ食い状態(過去に1日400枚の爆釣あり)になると、ヘラ鮒釣りは面白味が無くなってしまうものです。

ANo3です。

グルテン配合餌は、基本的には喰わせ餌になります。

しかし、練り具合を調整すれば(軽く練る)適度なバラケ餌にもなりますので、管理釣り場の底釣りなら両鈎共にグルテン餌だけで対応することも出来ます。

市販のバラケ餌というのは「麩の粉末」を基本にしたものが殆んどですから、宙釣りやカッツケ釣り(タナの浅い釣り)には向きますが、底釣りではヘラ鮒を浮かしてしまう恐れがあるので慣れないと練り具合が難しいと思います。

私は、自家製トロ昆配合の喰わせ餌には麩の粉末と食用と...続きを読む

Q針外しの使い方。

質問はタイトルの通りなんですが、針を外すのが下手なために今までかなり(二十匹ほどかな)無益な殺生をしてしまいました。

昨日も15センチくらいのセイゴにかかった針を針外しを使っても抜けず、針外しで口の中ぐりぐりやっていると先っぽになんかの肉片が付いてきて、居た堪れなくなり、ハリスを切って海に投げ返してしまいました。その後で「ああ、ほんとにかわいそうなことをしたな。」と。

とにかくいいかげんこんなことを繰り返すのはやめようと思い、ここに質問させていただきました。是非とも、針外しの巧い使い方等、針の外し方を教えてください。よろしくお願いします。

そういえば、以前どうしても針が外せなくて隣のおじさんに頼んだら、なんかハリスを強く引っ張って抜いてましたね。あれはどういう意味なんでしょう。

*基本的にそれなりの大きさの魚は持って帰って食べることにしているので、小さい魚のことが多いです。(大きくても針を外すのは下手ですが…)

*持っている針外しは、普通のステンレス(?)で出来た細長い針外しとワンタッチ式「針外し」Sというやつです。

*ちなみに、東京在住で湾奥の波止釣りをしています。大した物は釣ったことがありません。餌釣りオンリーです。

以上です。長くなりましたがよろしくお願いします。

質問はタイトルの通りなんですが、針を外すのが下手なために今までかなり(二十匹ほどかな)無益な殺生をしてしまいました。

昨日も15センチくらいのセイゴにかかった針を針外しを使っても抜けず、針外しで口の中ぐりぐりやっていると先っぽになんかの肉片が付いてきて、居た堪れなくなり、ハリスを切って海に投げ返してしまいました。その後で「ああ、ほんとにかわいそうなことをしたな。」と。

とにかくいいかげんこんなことを繰り返すのはやめようと思い、ここに質問させていただきました。是非とも、針...続きを読む

Aベストアンサー

私も小さい頃から飲み込まれた針をはずす事で悩んでいました。いろいろな針ハズシを試しましたが、結局行き着いたのはコツでしたね。針は喉奥から手前に向かって刺さっています。それを抜くのですから、針の丸い部分を奥に向かって押していったん外します。それをいかに口元まで再度刺さらないように持ってくるか?がコツです。針の丸い部分をうまく押すためにいろいろな種類の針ハズシは工夫していますが、心がける事は、刺さった部分を抜く時以外は必ず糸を張る事です。おちょぼ口の魚(キス、モロコ)などはかえって割り箸などの方が針をはずしやすいです。割り箸の先につめで窪みを付けると針の丸い部分を捕らえやすいです。つまりはY字の棒で物干し竿をつかむ要領です。
 大きな口の魚、あなたの釣られるセイゴやカサゴなどは、前の方が使っておられるようなペンチみたいなものが使いやすいかもしれません。
 大きな魚には、大きな針を使うので刺さり方も深いですし・・・。私はタイ、チヌ釣りが専門ですが、釣具屋さんに売っているペンチの小さくて少し先が曲がったものを使っています。これが最終的に落ち着いた針ハズシです。キスなどは、昼飯に使った割り箸が口の大きさに合っているのでそれを使っちゃいます。
 どの場合でも、濡れたタオルで魚の目を隠すようにかぶして魚を持ち、いっきに外します。エラよりも奥に針があれば、引き抜くか糸を切る方が魚が弱りません。
 リリースしかされない方であれば、無駄な殺生になりますから、早く腕をあげて口に掛かるようにしてあげてください。

私も小さい頃から飲み込まれた針をはずす事で悩んでいました。いろいろな針ハズシを試しましたが、結局行き着いたのはコツでしたね。針は喉奥から手前に向かって刺さっています。それを抜くのですから、針の丸い部分を奥に向かって押していったん外します。それをいかに口元まで再度刺さらないように持ってくるか?がコツです。針の丸い部分をうまく押すためにいろいろな種類の針ハズシは工夫していますが、心がける事は、刺さった部分を抜く時以外は必ず糸を張る事です。おちょぼ口の魚(キス、モロコ)などはか...続きを読む

Qへら鮒の釣れる大阪近郊の野池

へら鮒の釣れる大阪近郊の野池はないでしょうか。
十数年ぶりにへら釣りをまた始めようかと思っています。
気軽にいける大阪近郊の野池があれば教えていただけませんでしょうか。
もちろん釣り禁止以外の場所を教えていただきたいです。
どなたか情報をお願いします。

Aベストアンサー

メジャーなところでは和泉市JR信太山駅から山間部目指して3キロほど登った高台にある大野池でしょうね。駐車場はありません。野池ですから。でも無料ですし大物のへら鮒も居ます。

もうひとつのお勧めは堺市御池台の御池公園の池です。鉄柵がありますので何か竿受けの類が必要です。柵は所々狭いながらも切れていますので釣り台の設置も可能です。昔から某釣りえさ会社がへら鮒の放流をしていたので釣りOKです。大野池より小ぶりな池なので小型ながら数が楽しめます。栂・美木多駅もしくは泉ヶ丘駅からバスが出ているとは思います。駅からは遠いです。公園なので整備されてはいますが駐車場はありません。
大野池同様ジャミは多いですがどちらも無料です。
泉北地域には他にもへら鮒の釣れる野池が多かったのですが、釣り禁止になったところも多数見受けられます。残念なことです。


人気Q&Aランキング