住友とさくら(三井)、三和と東海、その他都市銀行同士の合併が進んでいます
竹中平蔵氏が経済担当大臣となりいよいよ来年4月のペイオフは延期されることなく実行に移されることになりそうです。その中で、都市銀行の中で最も体力の弱い(ムーディーズの格付けのサイトを見ても最も低いランクにある)といわれる大和銀行は合併の相手が見つからないのでしょうか?当局はどう考えておられるのでしょうか。このまま、金融危機が再び起こらないことを祈りますが、大和のような大きいところは、もちろんペイオフなどできようはずもありませんし、そうなると危なくなった場合は国有化でしょうか?そのような場合、関西経済に与える衝撃はいかなるものになるのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

大和銀行については、銀行再編の際に一番に各行の合併相手として名前が挙がっており、注目されていたところでした。

しかし、その再編の中、大和銀行は「スーパー・リージョナル・バンク」を掲げ、関西の巨大リテールバンクを目指し、再編から一歩離れた形で自社で再建する形を取っていこうとしています。
あさひ銀行にもいえるのですが、リテールを目指すとき大きくなりすぎると機動性に欠けるという認識がどうもあるようです。
結局、大和銀は近畿大阪銀行(旧近畿銀行と旧大阪銀行が合併)・奈良銀行と提携し事実上の大和銀行グループとして関西圏での地盤を固めようとしています。幸福銀行にも手を出していますが・・・。
確かに株価も安く、格付けも低いので、危機に陥った場合どこよりも危ないのは確かです。その場合関西経済に与える影響は、中小企業や個人客を中心に大きいといえるでしょう。また関西中心のリージョナルバンクの旗印ゆえにイメージとして関西の地盤沈下の象徴として扱われ、関西売りの端緒となるやもしれません。
しかし、残念ながら、顧客が他の大手銀行にかなり吸い取られているため、国全体の影響としては小幅なものになってしまうことが予想されます。恐らく、不良債権の処理分を国が補償して、銀行グループもしくは外資銀行に買い取らせることになるでしょう。それだけ持ち財産が小さいゆえに株価が安いともいえるわけです。もう、大和は都市銀行でありながら規模としては中規模になってしまった、もう大手とは言い切れない、と給与振込などメインバンクに大和銀行を使っている私は思うのでした。
    • good
    • 0

大和銀行は、海運不況でものすごいダメージがあり、


それを乗り越えきれない内にバブルの崩壊が来ました。
ですから、格付けが低いのはやむ終えないかもしれません。

で、同時に、他の都市銀行とは異なり、証券業務が
扱える銀行でもあります。
昔はこれが有利になるとみられていたのですが、
証券各社が銀行傘下になってからは、これも意味がなくなりました。

こういう事情ですから、合併という形での救済は難しいのかもしれません。
でも、他の銀行と違い、虚業(バブルの頃の)で不調になったのではなく
実業(本来の企業融資)で不調になった銀行ですから
救済よりも、独力再建の方が可能性が高いように思います。

他の銀行の不良債権は調査の度に増えますが、
大和銀行はそんなに増えていません。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qペイオフ?住宅購入で一時的に2,000万円程1つの銀行に入金します。

近々、住宅購入で一時的にひとつの銀行に2,000万円程入金します。
決済の日に、その銀行からローンで借りた1,500万円も更に入金され、合計3500万円が一気に住宅メーカーに支払われることになります。

そこで、心配なのが、ひとつの銀行に1,000万円以上を短期間ではありますが預けるわけで、この期間に銀行が倒産したらペイオフで1000万円までしか保証されないのですよね?

6月29日が決済なので、ペイオフが怖いので、先に1000万円だけ入れておいて、6月27日くらいに追加で1000万円の入金をしようかなと考えています。

そもそも、銀行はそんなに急に倒産したりするものでしょうか?
倒産の発表の日(例えば1日とが15日とか月末とか)は決まっていたりするのでしょうか?
ちなみに銀行は住友信託銀行です。

心配しすぎでしょうか?
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

金融機関に勤務している者です。

心配しすぎだと思いますけれど…。
住友信託銀行ですし。

> そもそも、銀行はそんなに急に倒産したりするものでしょうか?
一般の方にとっては「急」と思われることもあるかもしれませんね。

> 倒産の発表の日(例えば1日とが15日とか月末とか)は決まっていたりするのでしょうか?
決まっていないと思いますが、大抵は「場」が引けた後、19時とかが多いんじゃないでしょうか。週末営業日(金曜日)の。
世間への影響を考えると、そうなってくると思います。

Qペイオフ対象外の場合、銀行が破綻した場合いくらくらい戻りますか?

ペイオフの対象外部分について、銀行の破たん状況により幾らか戻るとありますが、例えば、東京三菱UFJが突然倒産した場合、1000万円超えの部分はどの程度戻るのでしょうか?
資産<借金 だと思うのですが、戻る理由が分かりません。
また、今日突然倒産した場合、戻るとしたら、何%程度戻るのか、予想で良いので教えてください。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

>今日突然倒産した場合、
本日の時点では、東京三菱UFJは、潤沢な流動性資産を保有しておりますから、その前提自体がありえない話なのですが、今日万一倒産したら、ペイオフ超過分も当然に全額戻ってくるでしょう。資産をすべて売ったら、負債はすべて賄うことができる=カット率ゼロになるからです。
ただし、粉飾決算とか、他の突発的要素が出てくるならば、戻り率0~100%の幅で、すべての可能性があり得ます。
(そりゃ、AIGとかみたいに、リーマン破綻でのCDSに対する保証の発生による、トン死要素みたいなのがあるなら別ですが、銀行は、そこまで危ないことはしてません。)

>資産<借金 だと思うのですが、
債務超過の事をおっしゃっているのですよね。
ほかの方もおっしゃってますが、銀行の負債部分には、預金も含まれてます。
あとは、↓を読んで、ペイオフに係るカット率について理解してください。
http://www.mdsweb.jp/doc/729/0729_23b.html

カット率は、
>>破綻銀行の負債額に対する債務超過額(負債から銀行資産を引いた清算不能額)の割合で決まります。
なので、どの程度戻るかというご質問は、そのときにならないと分からないというのが回答となります。

>今日突然倒産した場合、
本日の時点では、東京三菱UFJは、潤沢な流動性資産を保有しておりますから、その前提自体がありえない話なのですが、今日万一倒産したら、ペイオフ超過分も当然に全額戻ってくるでしょう。資産をすべて売ったら、負債はすべて賄うことができる=カット率ゼロになるからです。
ただし、粉飾決算とか、他の突発的要素が出てくるならば、戻り率0~100%の幅で、すべての可能性があり得ます。
(そりゃ、AIGとかみたいに、リーマン破綻でのCDSに対する保証の発生による、トン死要素み...続きを読む

Q東海銀行と三和銀行

東海銀行と三和銀行の口座を持っています。一つに出来るのでしょうか?
その場合、JCB三和カードは、どうなるんでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。

自動的に2つの口座を1つに、という手続きはできません。どちらか不要な方
を解約するしかないでしょう。
また解約については印鑑照合の形態によるのですが今は殆どの支店でネット
間の解約(違支店での取取引)が出来ます。ただあまり古い通帳だとできな
い場合がありますので窓口で確認された方がいいと思います。ただ元の作った
支店まで出向かなくても行内メール便で送付が可能ですので大丈夫ですよ。

JCBカードについてはUFJカードサイトに説明がありました。参考にして
下さい。

参考URL:http://ufjcard.com/

Q大和ネクスト銀行の銀行コード

大和ネクスト銀行の銀行コードが知りたいのですが
http://zengin.ajtw.net/これで見ても載ってないのですがなぜでしょうか?

Aベストアンサー

金融機関コードは0041です。
http://www.bank-daiwa.co.jp/faq/detail/1002.html

全銀協のページにも載ってます。
http://www.zenginkyo.or.jp/abstract/outline/organization/member_01.html

参考URL:http://www.bank-daiwa.co.jp/faq/detail/1002.html

Qペイオフは延期するしかない

ペイオフはもう一度延期するしかないと思います。情報が十分出ていませんが、どうも日本の経済状態は相当悪くかなりの大銀行でも債務超過の状態のような気がします。大銀行のペイオフなどということが現実なったときはもちろん、その噂が出るだけでも、日本の経済は終りになるような気がします。大パニックです。ペイオフを導入しないといつまでたってもだらだら景気が続くというのはその通りでしょうが、パニックになるよりましだと思います。

Aベストアンサー

私のような金融素人からすると、公的資金をたくさんつぎ込むくらいなら、国が貸し出し専門の銀行をその資金で作って貸し出し、経営の悪い銀行は片っ端からつぶせばいいように思うんですけどねえ…どうしてだめなんだろうなあ。

もともと取り付け騒ぎは本来バブル直後に起こるべきだったんだと思うんですけれどもどうでしょう。
くだらない銀行の職員が高給とってるのを何時までたっても是正しないから怨嗟の声が広がるのだし、バブルの清算を完全にしないから国民だって奮起しないのだと思います。実際、ペイオフが実施されたって国民の何パーセントが直接被害にあうのでしょうか?国民はすべての金融取引にリスクがあることを知るべきだと思います。これまでの経験から今の段階でも個人資産は十分に分散されているでしょうし、大きな企業は自前で銀行を立ち上げているではないですか…。ということで『ペイオフさっさとしろよ派』です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報