「氏名」と「名前」の使い分けの仕方を教えてください。

「氏名」は「名字と、個々人の名」
「名前」は「個々人の名」または「氏名と同義」は分かります。
これらをどうやって使い分けるのでしょうか?

といいますのは、仕事でプレゼントの応募要項を作った時に、「住所・氏名・年齢・電話番号を記入してください」と書いたのです。
すると読者の方から「最近は『氏名』という表現は使わない。『名前』に直したほうがいい」と言われました。
どうしてなのでしょうか?

いちおう、私が考えた可能性としては、
・日本人には姓名があるが、「名」しかない人もいる。
 (たしかモンゴルとか、そうでしたよね??)
 …でも、基本的には日本人しか応募しないんですけど。
・「氏(うじ)」という考え方が、なにか歴史的に問題がある。(想像です)

理由は分からないし、お客さんのご意見を無視するわけにはいかないし、困っています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

「氏名」と「名前」ですか。

現代日本語としては、大きな違いはないですね。新聞・雑誌やネット上の懸賞募集で、「氏名」も「名前」もよく使われています。

投稿した方に真意を尋ねるのが一番ですが、身元が分かるような投稿ではなかったのでしょうね。あくまでも推量の域を出ませんが、「氏名」という言葉から、「創氏改名」を連想する朝鮮半島出身者かも知れません。

いずれにしても、不特定多数の人々を対象に、アンケートや懸賞募集を行う場合、意見や苦情が二つ三つあることは自然なことです。もちろんそれらの意見等は、真摯に受け止めなければなりませんが、寄せられたものすべてを、取り入れなければならないわけではありません。学問的に、あるいは社会通念上、肯定し得ないものは、はっきり拒否してかまいません。
たとえば、テレビの番組がおもしろくないと言って、テレビ局に抗議したとしましょう。テレビ局は、一人二人の意見で番組を替えるようなことをするでしょうか。

質問者さんも、これらのことは十分お分かりになった上でのご質問かと想像しますが、主題については、学問上も、社会通念上も相違はありません。
「お客様のご意見は今後の参考とさせていただきます。」
と、やんわり断って差し支えないと思います。

―――――――――――――――――――――

なお、#1さんのご指摘どおり、このサイトのルールに反しますので、削除されないうちにお目に留まれば幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>「氏名」という言葉から、「創氏改名」を連想する朝鮮半島出身者かも知れません。

なるほど、なるほど。
そういうことかもしれません。

>アンケートや懸賞募集を行う場合、意見や苦情が二つ三つあることは自然なことです。
>寄せられたものすべてを、取り入れなければならないわけではありません。

それは承知しております。
ただ、理由がわからないままなのが気持ちが悪かったのです。


>学問上も、社会通念上も相違はありません。
「お客様のご意見は今後の参考とさせていただきます。」
と、やんわり断って差し支えないと思います。

そうですね。そうしようと思います。
学問上も社会通念上も大差ないと聞いて安心しました。
ありがとうございました。

お礼日時:2003/11/08 18:16

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=695997

こちらの質問を締め切らないと規約違反(マルチポスト=同一内容複数質問)で両方削除されてしまいますよ。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

おっしゃるとおりですね。
削除してきました。
ありがとうございます。

お礼日時:2003/11/08 18:09

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q氏名 と 名前 の違い

「氏名」と「名前」の使い分けの仕方を教えてください。

「氏名」は「名字と、個々人の名」
「名前」は「個々人の名」または「氏名と同義」は分かります。
これらをどうやって使い分けるのでしょうか?

また、ある申し込みフォームに「氏名」という欄を作ったところ、
「最近は『氏名』という言葉は使わない。『名前』に直すように」
と言われました。
どうしてなのでしょうか?

Aベストアンサー

#1です。

あえて使い分けをしようとするならば、
・「氏名」の方は、申し込む側がそれを必要としている場合に、申し込まれる側がその手段を提供する際に使用する。
・「名前(またはお名前)」の方は、申し込まれる側が多くの申し込みが集まることを希望している際に使用する。
と言えるかもしれません。
例えば官公庁などのページで、申請手続関係のフォームであれば「氏名」、意見要望募集のためのフォームであれば「お名前」というふうになると思います。
ホームページの場合、多くの人に見てもらい利用してもらうという立場なので「名前」を使うということなのではないでしょうか。

あとはイメージ的に「氏名」は堅く「名前」は柔らかい感じがしますので、ページの性格によって使い分けなければならない場合もあるかもしれません。

Q氏名と姓名の違いを教えてください

氏名の「氏」は「うじ」で
姓名の「姓」は「かばね」なのだろうとおもうのですが、
もうひとつわからないのです。
詳しく教えてください。

Aベストアンサー

以下のURLを参考にしてみてください。

  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%8F%E5%90%8D

わかりやすく解説されていると思います。

Q○○氏って差別的なのでしょうか?

とある講座のチラシを作り、「講師:○○ ○○氏」と書きました。ところが役所に置いてもらおうと持っていったところ、人権政策担当課の人に「あまり○○氏という書き方は使わない方がいい」と言われました。なんか差別的だと言うような説明でよく分かりませんでした。

○○氏って一般的な言葉だと思っていましたが、気づかずに差別用語を使っていたのでしょうか?○○氏のどこが問題なのか教えて下さい。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

敬称略もしくは「先生」が適当だったのかもしれません。
「氏」を国語辞典で調べると(用例)おもに男子に使う。とありますので恐らくジェンダーフリー的価値観からNoといったのでしょう。
参画に推進的なところではマニュアルが配られてくるそうですのであくまで事務的に応対したのだと思います。
私ならきちんとした説明を求めるために担当者に詰め寄ります。

参考URL:http://homepage1.nifty.com/1010/index.htm

Q「基」と「元」の使い方

経験を"もと"に話す。
上記の場合の”もと”は元、基のどちらが正しいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして。

ご質問1:
<上記の場合の”もと”は元、基のどちらが正しいのでしょうか?>

「基」になります。

1.「経験を"もと"に話す」とは言い換えれば「経験にもとづいて話す」ことと同じです。

2.「もとづい(て)」は「もとづく」の連用形です。

3.「もとづく」は「基づく」という漢字しか存在しません。

4.従って、ここでは元、本、素などの漢字は適切ではありません。


ご質問2:
<経験を"もと"に話す。>

1.「~をもとに」という語感が「~を元に戻す」といった語感になるため、「元」の漢字を想定されたのだと思われます。

2.しかし、ここで使われる「もと」とは「土台」の意味になります。

3.他の漢字「元」「本」などには「土台」「ベース」といった意味はありません。

4.従って、ここでは基が適切な漢字となります。

以上ご参考までに。

Q神戸市「氏名」「我が国」を差別法語として使用禁止?

大手メディアは、やはり、だんまり。

黙っていると、日本は本当に潰されてしまうのではないでしょうか?



★ 「我が国」は差別用語

【神戸市教委「指導手引き」改訂 編集委員に同胞教員ら】
今回の10年度版では、
公立中学校教員の韓裕治さんをはじめとする
在日外国人教育実践者・当事者などを
編集委員に加えたのが目新しい。
また、
「兵庫在日韓国朝鮮人教育を考える会」など各団体から
「排外を助長する」と批判されていた
「我が国」「京城」などの「不適切用語」も是正した。
http://bit.ly/nFY7DO


★「氏名という表記は氏を持たない韓国朝鮮人に対する民族差別なので二度と使いません。ごめんなさい」と神戸市

一部の団体が「『氏名』という表記は、氏を持たない韓国朝鮮人に対する差別である。」と主張しており、神戸市がその圧力に屈服して、学校現場を中心に「氏名」を「名前」に言い換える取り組みを進めていると聞いたが、法令(民法、戸籍法、住民基本台帳法等)で定められた用語を否定する行為であり、重大な問題である。

本市では、多文化共生の観点から、法令・条例等に基づく場合を除き、可能なものについては「名前」という表記を用いるなど、状況に応じた配慮を行っております。
http://bit.ly/pGwOxf
9ページNo.46


★カナダ最大の中国系反日団体を招いて共闘確認する神戸朝鮮初中級学校

代表のジョゼフ・ウォン博士は、「訪問を通して在日コリアンに対する日本政府の差別政策が明らかになった。驚きを隠せないものばかりだった。我々は朝鮮学校の教育関係者へ敬意を表し、在日コリアンに対する差別的政策がなくなるよう働きかけていきたい」と述べ、多くの市民が共存共栄出来る社会作りへの理解を深めて欲しいと呼びかけた。」
http://bit.ly/oJvmBo

大手メディアは、やはり、だんまり。

黙っていると、日本は本当に潰されてしまうのではないでしょうか?



★ 「我が国」は差別用語

【神戸市教委「指導手引き」改訂 編集委員に同胞教員ら】
今回の10年度版では、
公立中学校教員の韓裕治さんをはじめとする
在日外国人教育実践者・当事者などを
編集委員に加えたのが目新しい。
また、
「兵庫在日韓国朝鮮人教育を考える会」など各団体から
「排外を助長する」と批判されていた
「我が国」「京城」などの「不適切用語」も是正した。
http://bit....続きを読む

Aベストアンサー

韓国には「ウリナラ」という言葉が、
キャッチフレーズのように使われています。
韓国にも大勢の外国人がいるのでは?
でも、韓国はそんなことには配慮していない。
当たり前です。「我が国」が差別用語ではなく、
ただのイチャモンつけだということが
当の韓国人も知っているからです。
こんなことに一々マジになって答えるから付け込まれるのです。

韓国の夫婦別姓を日本に持ち込もうとしているのですか?
日本にも韓流かぶれの自称知識人が唱えているあの説ですね。
他民族共生を言うなら、
アルファベット、アラビア文字、トンパ文字・・・、
日本にいるすべてに対応するのが筋。
日韓の二種類で「多」民族とは浅はか過ぎると言いたい。

たとえカナダが公用語に中国語を使うようになったとしても、
(そんなことはあり得ないと思うが)
日本には「日本は日本語を使う」と主張する権利がある。
韓国、中国、そして反日団体に乗せられるカナダのしていることは
重大な内政干渉であるという自覚がない。これが大問題。

Q『更迭』と『罷免』の意味

皆様、こんにちは。

最近何かとよく耳にする『更迭』と『罷免』ですが、意味が同じように思えてなりません。(他にも『解任』などもあったりして)

どちらも、『人を辞めさす』という意味で間違いないと思いますが。
gooの国語辞典で調べると、『罷免』は単に辞めさす事。
『更迭』は他の人に変える事とでてきます。
だとしたら、『更迭』の用法としては『○○を△△に更迭する』という形となると思うのですが、新聞やTVなどメディアでは『○○を更迭』と使っている気がします。
これは単にメディアがきちんとした使い方をしていないという事なのでしょうか?

なんだかうまくまとまりませんが、『更迭』と『罷免』について分かりやすい用法や明確な違いをご存知の方がいらっしゃれば是非教えて下さい。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

罷免--免職と同じで、辞めさせる事. **を罷免する。はやくいえば首
解任---任を解く  課長の任、地位を解く。**さんを解任するはその人の任(地位)を解くで、**さんを辞めさせるという事ではない。結果的には首もあるでしょう.
更迭---人を変える。**を更迭する。--に***を更迭でもいいし、**を更迭するでも、どこへ行こうが更迭をされる事実がわかれば、いいのだから、**を更迭でもかまわいと思います.地位を下げられる人もあり.

Q教師・教員・教諭の違い

教師・教員・教諭という言葉は、意味が違うのでしょうか? ニュアンスが違うのでしょうか?
それとも意味はまったく同じだけれど、現場によって使い分けされていたりする、というものなのでしょうか?
たとえば小学校の先生は教員で中学校は教諭、など。これはまったく見当外れのたとえかもしれませんが(^^;
また、先生が先生のことを表現する場合は、どれを使うことが一番多いですか?
先生や実習生の方からお答えいただければありがたいですm(_ _)m

Aベストアンサー

教諭は、「教育職員免許法による普通免許状を有する、小・中・高等学校、幼稚園、養護・聾(ろう)・盲学校の正教員」をいいます。

教員は、「学校で児童・生徒・学生を教育する職務についている人」を指します。こちらには、非常勤講師や実習助手など教諭とは言わない人々も含まれます。

教師は、「1)学校などで、学業・技芸を教える人。2)宗教上の教化を行う人。」とあり、学校の内外を問わず、教え導く人を指しています。だから、家庭教師とは言っても家庭教員とか家庭教諭とは使いません。

 先生が同僚のことを呼ぶときには「○○先生」と普通に使われています。でも、ベテランが新米教師にも「先生」なんて敬称を使うのはおかしいですよね。逆に、「先生」呼ぶにふさわしい人も1割いるかいないかという惨状ですが・・・。

Q拘らず・関わらず??

すみません。以前から気になっていたので正しい答えを教えていただけないでしょうか。

「かかわらず」という言葉の漢字変換なのですが,
例えば

 雨が降ったにも「かかわらず」,彼は傘を差さずにやってきた。

というような文の場合,正しいのは「関わらず」「拘らず」どちらでしょうか。

国語辞典で調べてみたのですが,よく分からなくて(+_+)
すみませんがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

「物書き」のひとりです。

まず、重要なことですが、「関・係・拘」のすべてが常用漢字ではありますが、その音訓表に「かか(わる)」がないことです。常用漢字は、「こうしなくてはいけない」といった性格のもではありませんが、一応、すべての文章を書き表す場合の指針ではあります。音訓表に無いものの代表的なもの(よく使われるもの)として「全(すべ)て」「画(えが)く」「〇〇に依(よ)れば/拠(よ)れば」などが思いつきます。

本件の「関・係・拘」に関して言えば、「係」に「かか」の読みが認められているのみです。それも「かかわる」でなく「かかる」です。「人命に係(かか)る問題」「係(かか)り結び」など。前者は、「人命にかかわる問題」のように表記されることもありますが、この場合(常用漢字の基準では)「係わる」でなく「かかわる」です。

結論としては、「それにもかかわらず」などにおける「かかわらず」は仮名書きが無難でしょう。漢字の場合は「拘わらず」が正しいといえます。ただし、パソコンでは「関わらず」と変換されることが多いようですネ。

漢字の場合、「関係」という言葉があるように、「関わる」と「係わる」の用法はほとんど区別がつきません。一般的に言えることは、「関わる」「係わる」は肯定的にも否定的(「関わらない」「係わらない」)にも使いますが、「拘わらず」は、肯定的に用いられる例が少ない、ということです。

ただし、肯定的な「拘わる」が誤りだと言っているのではありません。念のため。

「物書き」のひとりです。

まず、重要なことですが、「関・係・拘」のすべてが常用漢字ではありますが、その音訓表に「かか(わる)」がないことです。常用漢字は、「こうしなくてはいけない」といった性格のもではありませんが、一応、すべての文章を書き表す場合の指針ではあります。音訓表に無いものの代表的なもの(よく使われるもの)として「全(すべ)て」「画(えが)く」「〇〇に依(よ)れば/拠(よ)れば」などが思いつきます。

本件の「関・係・拘」に関して言えば、「係」に「かか」の読みが認められてい...続きを読む

Qアンダーバーの出し方

単純な質問ですみません。

HPのアドレスなんかでアンダーバーの入力をしないといけないんですが、キーボードのどれを押せばアンダーバーは出てくるのでしょうか?

調べてもよく分からないのです、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

SHIFTを押しながら、キーボード右 「 ろ 」 キーを押して下さい。

Q勘定科目と費目の違いは何でしょうか

勘定科目と費目の違いを知りたくて
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru_vote.php3?q=3616093
で質問させていただいたのですが、イマイチ理解できていません。

勘定科目とは
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8B%98%E5%AE%9A%E7%A7%91%E7%9B%AE
のようなものだと教えていただいたのでだいたい理解できたと思っています。

分からないのは、これと費目との違いです。費目とは何でしょうか。

ちなみに、今自分の頭の中では、費目の定義あるいは意味は、次の(1)~(4)のどれかかなと思っています。

(1)費目とは
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8B%98%E5%AE%9A%E7%A7%91%E7%9B%AE
にある各勘定科目をいくつかのグループにまとめた場合のそれぞれのグループ。例えば、現金、当座預金、普通預金を1つのグループにまとめた場合のそのグループ。

(2)費目とは
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8B%98%E5%AE%9A%E7%A7%91%E7%9B%AE
にある「費用」の項に示される各勘定科目。

(3)費目とは
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8B%98%E5%AE%9A%E7%A7%91%E7%9B%AE
にある「費用」の項に示される各勘定科目をいくつかのグループにまとめた場合のそれぞれのグループ。

(4)費目とは
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8B%98%E5%AE%9A%E7%A7%91%E7%9B%AE
にある「費用」の項に示される各勘定科目をさらにいくつかの小さい項目に分けた場合の、それぞれの小さい項目。

費目と勘定科目との違いは何でしょうか。
そのとき、もし可能であれば、「費目とは...。」の形で頂けると有り難いです。

勘定科目と費目の違いを知りたくて
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru_vote.php3?q=3616093
で質問させていただいたのですが、イマイチ理解できていません。

勘定科目とは
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8B%98%E5%AE%9A%E7%A7%91%E7%9B%AE
のようなものだと教えていただいたのでだいたい理解できたと思っています。

分からないのは、これと費目との違いです。費目とは何でしょうか。

ちなみに、今自分の頭の中では、費目の定義あるいは意味は、次の(1)~(4)のどれかかなと思っています。

(1)...続きを読む

Aベストアンサー

ごく簡単にいえば、「費目」は基本的に費用に関する一般的な区分単位、「勘定科目」は表示上の区分単位ということになるものと思います。

両者の共通点は、いずれも区分単位である点でしょう。
他方、相違点は、「費目」の範囲は原則として費用に限られるところ(ただし、場面によっては収益や資産、負債にも用いられる)、「勘定科目」はもとより費用に限っていない(収益、資産、負債、資本の区分単位にもなる)点、および、「勘定科目」は財務諸表の表示区分ないしそれを視野に入れた仕訳上の表示区分として用いられる用語であるのに対し、「費目」はもっと一般的に用いられる用語である点だと考えます。

したがって、具体的な「費目」の事例と「勘定科目」の事例とは、重なる場合があります。

原価計算基準は、財務諸表で用いられる表示上の区分単位の名称や、仕訳で用いられる区分単位の名称を定める役割を与えられていないので、「勘定科目」ではなく「費目」という用語を用いたのではないでしょうか。
加えて、元のデータが「勘定科目」別に集計されていたとしても、それに囚われることなく、原価計算上必要と思われる単位(=「費目」)に組み直してから原価計算をしなさい(結果として「費目」別の区分が「勘定科目」別の区分と一致するのなら、もしくは組み直す必要が無いと原価計算遂行者が判断したのなら、それはそれで構いません)、ということも示唆しているものと思います。

以上は、文末の表現からもお分かりいただけるとおり、記憶や推定に基づいております。不確かな情報であることを、お詫び申し上げます。

ごく簡単にいえば、「費目」は基本的に費用に関する一般的な区分単位、「勘定科目」は表示上の区分単位ということになるものと思います。

両者の共通点は、いずれも区分単位である点でしょう。
他方、相違点は、「費目」の範囲は原則として費用に限られるところ(ただし、場面によっては収益や資産、負債にも用いられる)、「勘定科目」はもとより費用に限っていない(収益、資産、負債、資本の区分単位にもなる)点、および、「勘定科目」は財務諸表の表示区分ないしそれを視野に入れた仕訳上の表示区分とし...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報