現在の国民年金は、現時点で、保険料月額13,300円を40年間完納して、月額約67,000円支給される。
 この制度は、15年前の年金制度改革の際、当時40年間保険料を完納すると月額約100,000円支給されるはずであったものが、保険料はそのままで、支給金額を50,000円とする、国民年金を除く二階建てとなった各年金の一回部分に相当する基礎年金としてスターとした。
 国民年金は、憲法二十五条の理念を現実化しようとするものである、其の点から考えて、月額67,000円は現実的なものでしょうか、一方で憲法二十五条の理念を現実化しようとするものに生活保護制度がある、其の制度において、六十五歳以上の単身者が受けることのできる月額支給金額は約85,000円です。
 同じ意味合いを持つ制度であるのに、保険料を払い
つずけた方が、払っていない人より支給金額が少ないというのは納得できない。 
 国民年金加入者で基金,その他個人年金に加入できる人は少ないと思う、せめて、最低限、生活保護での支給金額と同程度にしてもらわねば、保険料を支払う意欲が薄れてくる。 
 今後、保険料の滞納、不払いが増え、少子高齢化ということになると法律をまた改正ということになり、年金額を減額ということになると、国民年金にしか老後を託す
手段をもたないものにとって,最低限の生活を営むに足りない金額で、どう生きてゆけばいいとおもいますか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

感謝だなんて、身に余るお言葉です。

    • good
    • 0

edamasaoさんが、おいくつかは存じませんが、私は今年20歳になるもので、年金制度には、分かりにくさや、さまざまな解釈の仕方で、困惑しているひとりです。



私の年代では、年金を払う人数は、〔免除者を除き〕過去最低になるだろうといわれていますよね。それでも、社会は、ますます高齢化が進んでいます。
同じ年代の人が、行き先不透明な支給額を信用しないのは、当然なのかもしれません。

私自身、夏から外国の大学に6年以上留学するものですが、”私達だって、日本の大学に行く人たちと同じように、教育を受けるために学校へ行き、所得はないのに、どうして特例制度に入らないんだろう?” と、外国の大学は日本の管轄下なんかじゃないのはわかっていても、”それでも私達は日本に戸籍があるのに・・・” と思ってしまいます。 留学生は、13300円を毎月払わないと、加入したことにならず、加入しなければ、学生のとき怪我で障害が一生残っても、障害基礎年金は至急されないのですから。老齢基礎年金のほうも、減額されると通知を受けています。

私が払った年金は、私が受け取るためにあるんじゃなく、今まで日本を支えてきたお年より達に恩返しするためにあるんだ、と考えるようにしています。しかも、年金で暮らしている95歳のおじいちゃんから、”外国で頑張れ”と、多額のお金をいただいたんですから・・・

しかし、”世代間を結ぼう” という理念だけじゃ、国民は納得しないのが現実でしょうね。

”国が補償しているから、年金は安心”という文句とともに、今年20歳になるだろう ”子供達”に、便りが役所から届きました。 しかし、”国が補償するから安心”という言葉に本当に安心している私と同じ年代の人はいないと思います。皆、”国”ではなく、”個人”でどこまで食べていけるか、心配していて、これから、私達は、そう考えざるを得ないところに立たされているのだと、個人的に私はそう思います。

”回答”の欄にこの文が載ってしまいましたが、決してこれは回答ではなく、一個人の意見です。



    
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有意義なご意見をいただき、大変参考になり感謝しております。
 ところで、yukikoinjapanさんのように、其の制度に疑問はあっても、其の義務を果たしている方は別ですが。其の制度が、政府の無策場当たり的政策のため破綻しかけ、自己にとってメリットがないと判断すると、携帯電話の利用料はなんとしても払うが、年金保険料は払わないということになると、其の制度の中で不均衡、不平等が生じ、其の穴埋めを誰かが負担しなければならなくなる、そのような利己的な行為は許されない。 
 また、yukikoinjapanさんのおっしゃるように、最近、各方面で自己責任という言葉が使われていますが、ある事柄については、当然いえることですが、老後の生活設計に関して言えば、多くの個人資産のある一部の人を除いて、多くの人々は公的年金に頼らざるを得ないでしょう、いや、頼るべきなのです、国は其の義務を負っているのです,国が其の義務を果たさないとき、私たちは、果たすよう、積極的に国に働きかけなければならないのです、そうすることも、私たちの自己責任であると考えます。
 最後に、反論じみたお礼文になってしまいましたが、お許しください。では、外国に行かれ、日本にないものを吸収して活躍してください。

お礼日時:2001/05/17 01:12

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日本の年金制度(国民年金・厚生年金)について

日本の年金制度(国民年金・厚生年金)について、

1、日本の年金制度の具体的な目的や仕組み、内容など、それらを詳しく教えてください。
2、外国人は年金制度を利用できますか。
3、年金制度をめぐる現在の社会問題ついて、どんな社会問題がありますか。

Aベストアンサー

1.
以下を参照してみて下さい。詳しくわかります。

http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/nenkin/nenkin/index.html
http://www.mhlw.go.jp/topics/nenkin/zaisei/01/index.html
http://www.sia.go.jp/infom/text/
http://www.nenkin.go.jp/main/detailed/index.html

2.
利用できます。
20歳以上60歳未満で外国人登録をしている者は、国民年金に加入する義務があります。
また、1年以上日本に居住する外国人も同様です。
各市区町村のホームページの中の国民年金に関するお知らせページなどに記されていますので、詳細はそちらを参照してみて下さい。

3.
たとえば、以下のような問題があります。
1であげた資料と併せて見てみれば、より深く理解できるようになるかもしれません。

ア 国民年金保険料の未納率が高い
イ 未納のために、無年金障害者(障害年金を受給できない)や老齢年金の減少を招いている
(注:一部の無年金障害者に関しては、特定障害者特別障害給付金法で救済されています)
ウ 未納保険料を過去2年前までしか納めることができない
法改正(10年前の分まで納められるようにする。但し、時限立法とし、納めることを認める期限を限る予定。)が検討されていますが、いまだ成立していません(年金確保支援法案)。
エ 就労不能の重度障害者が障害年金だけで生活してゆくことが困難
(生活保護費による最低保障よりも障害年金の額のほうが低い、という問題)
オ 基礎年金[国民年金]の国庫負担(実は、支給額の半分は国が負担)の財源が、平成24年度には枯渇してしまう
(消費税を上げなければ、もう工面することができない ⇒ つい最近のニュースでも報道されています)
カ 3つの年金制度(国民年金、厚生年金保険、共済組合)が非常に複雑に絡み合っている
(つい先ごろ、政府・与党は、統合に関する検討会のようなものを立ち上げました)
キ 日本年金機構(旧・社会保険庁)発足後、障害厚生年金の支給決定までに非常に時間がかかるようになった
(日本年金機構と厚生労働省は、つい先ごろ、年間業務報告の中でこれを深刻視しました)
ク いわゆる「消えた年金」の問題
(さんざん報道されたはずですが、記録漏れによって給付額が減ってしまったり受給できなくなる問題)
 

1.
以下を参照してみて下さい。詳しくわかります。

http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/nenkin/nenkin/index.html
http://www.mhlw.go.jp/topics/nenkin/zaisei/01/index.html
http://www.sia.go.jp/infom/text/
http://www.nenkin.go.jp/main/detailed/index.html

2.
利用できます。
20歳以上60歳未満で外国人登録をしている者は、国民年金に加入する義務があります。
また、1年以上日本に居住する外国人も同様です。
各市区町村のホームページの中の国民年金に関するお知らせページなどに記されて...続きを読む

Q年金について質問します。 厚生年金を平均標準報酬月額20万円で100ヶ月+国民年金を200ヶ月かけ

年金について質問します。

厚生年金を平均標準報酬月額20万円で100ヶ月+国民年金を200ヶ月かけた場合に将来貰える年金金額はいくらになるでしょうか?
計算式も記載して戴ければ幸いです。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

下記をご参照ください。
http://www.nenkin.go.jp/service/jukyu/roureinenkin/jukyu-yoken/20150401-03.html

老齢基礎年金は、国民年金でも厚生年金でも
加入期間通しで算出される年金であり、
加入期間が今のところ25年以上あると
受給できる年金です。

老齢厚生年金は、それに加えて月給に応じて
受給できる年金で、老齢基礎年金の条件を
前提に1ヶ月以上の加入期間があれば、
受給できます。

ですので、条件として
・老齢基礎年金の加入期間は300ヶ月
・老齢厚生年金の加入期間は100ヶ月
 で、標準報酬月額20万円とすると、
 年597,200円と年金額となります。

計算は添付のとおりです。

いかがでしょう?

Q【日本の年金制度は破綻すると言われているが】今の年金制度の何が悪いんでしょう?

【日本の年金制度は破綻すると言われているが】今の年金制度の何が悪いんでしょう?

Aベストアンサー

今の年金制度の根本的な問題は、厚生官僚が年金制度を作った時の邪悪な動機です。 税金の名目で国民から金を吸い上げて、かなりの部分を自分たちの好き勝手に使っている当時の大蔵省をねたんだ当時の厚生官僚が、それなら自分たちは年金掛け金の名目で国民の金を巻き上げて、好き勝手に使おうという動機で作ったのが今の年金制度です。 これについては、花澤元厚生省年金課長が自身の「厚生年金制度回顧録」(これも国民の年金保険料で出版)で臆面もなく「集めた年金保険料はどんどん使って、後で年金支払いのときに困るようなことになれば、賦課方式にすれば良い」と言っています。このような邪悪な動機のもとに作られた年金制度が、実際に国民のためにうまく機能するはずがありません。

Q国民年金、厚生年金、共済年金で、定年まで働いたときの月額の違いを教えてください。

国民年金、厚生年金、共済年金と日本には、3種類の年金制度があると思いますが、この3種の保険を、23歳から60歳の定年まで、毎月きちんと払い続けたとして、60歳になり年金をもらう年齢になると、それぞれもらえる額というのは変わってくるのでしょうか?それとも同じなのでしょうか?

おそらく月々納めていた年金の額によっても、給付される額が変わってくると思いますが、一般的な家庭として教えていただければ幸いです。

なにぶん知識があまりないもので、目安だけでもよいので教えていただけますと幸いです。

Aベストアンサー

現在23歳として考えます。
国民年金を支払うと65歳から老齢基礎年金がもらえます。
その額は792100/480×37年×12月=73.2万くらい。

厚生年金、共済年金に加入すると65歳から上記の老齢基礎年金に加え老齢厚生年金、あるいは退職共済年金がもらえます。
ざっとした額は給与と賞与を決めないと求められませんが、給料30万、賞与年2回30万ずつ(年収420万)と仮定すると
(420万)/12×5.769/1000×(37年×12月)×1.031×0.985=89.6万くらい。
さきほどの老齢基礎年金とあわせて162.8万が65歳からの受給額です。

厚生年金は会社によっては、上乗せがある厚生年金基金に入っている場合もあるますし、共済年金には職域加算があります。会社によって異なりますが、1割程度の年9万以上は加算されると思ってください。

Q日本の年金制度 先進国では最低の評価?

デンマーク、オランダ、スイス、スウェーデン
カナダ・・・イギリス・・・アメリカ・・・
日本は先進国18カ国中17位というレベル。

政治は最悪!年金制度はいったいどうなるのか?
このままでは、ますます危うい年金制度。

果たして解決策はあるのか!?
消費税を30%にしても無理か・・・。
というか10%にするにもこれだけ反対が多いから
無理か・・・ということは年金制度も・・・残念な結果に?

Aベストアンサー

中韓やアメリカより低いのは悲しいね。
下はインドしかないってか。


>マーサージャパンは15日、2012年度「メルボルン・グローバル年金指数ランキング」を発表した。それによると、日本の年金制度の総合ランキングは調査対象国18カ国中17位となり、昨年の14位から順位を下げたことが分かった。

同調査では、対象国の年金制度に0から100までの評価が付けられ、「十分性(Adequacy)」「持続性(Sustainability)」「健全性(Integrity)」の平均評価値が指数として表される。指数自体は、各国の老後の所得保障制度における40以上の調査項目から構成されている。

日本の年金制度は、わずかながら改善が見られ、総合指数は44.4点と昨年の43.9点から0.5ポイント上昇。しかしながら、総合ランキングでは昨年の14位から17位へとランクダウンした。総合指数が改善した理由としては、確定拠出年金制度の従業員拠出の導入により税制優遇が拡大されたほか、成長資産への投資水準が改善した点が主な要因とみられる。

総合ランキング1位は、総合指数82.9点を獲得したデンマーク。デンマークは、十分に積み立てられた年金制度、優れた資産構成と掛金の水準、手厚い給付レベルおよび法令の整った個人年金制度が高く評価され、同調査において初の最高ランクA評価を得た。

中韓やアメリカより低いのは悲しいね。
下はインドしかないってか。


>マーサージャパンは15日、2012年度「メルボルン・グローバル年金指数ランキング」を発表した。それによると、日本の年金制度の総合ランキングは調査対象国18カ国中17位となり、昨年の14位から順位を下げたことが分かった。

同調査では、対象国の年金制度に0から100までの評価が付けられ、「十分性(Adequacy)」「持続性(Sustainability)」「健全性(Integrity)」の平均評価値が指数として表される。指数自体は、各国の老後の所得保障制度にお...続きを読む

Q厚生年金→国民年金→厚生年金の支給の場合

お世話になっております。
知人が題名のように下記の遍歴をしております。

国民年金(3年)→厚生年金(7年)→国民年金(5年)→厚生年金(20年~)

このまま退職までは厚生年金に入る、要はそのまま就業するとのことです。

そこで質問なのですが、この場合は厚生年金のみ支給されるのでしょうか?
それとも国民年金からも一応微々たるものとはいえ支給されるのでしょうか?
分からないなりに調べたところ、国民年金は○○年以上は一律○○円みたいな感じのようだったので、折角払っても○○年以上払わないと支給無しであれば勿体なかったといっておりました。
まぁ、国民の義務なのは義務なのでしょうがないともいってましたが・・・。

すいませんが、宜しく御願いいたします。

Aベストアンサー

厚生年金は国民年金が基礎にあって、その上厚生年金分が支給されるという仕組みです。
(これが厚生年金が2階建てバスと言われる理由です)
なので当然、厚生年金加入期間も国民年金加入期間に合算されます。
支給額も国民年金+厚生年金の二重になります。
http://sme.fujitsu.com/tips/pension/pension001.html

Q年金制度

こんにちは
年金制度が崩壊していますが、
もし、あなたに権限があれば年金制度をどのように改善しますか?
教えて下さい。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

まず公務員とか自営業者とか会社員など別々に分かれている制度をすべて一本化します。 そして社会保険庁は解散させ、年金保険料は全て税金として徴収します。 ここに来て年金の問題が噴出している一番の原因は、年金保険料が道路特定財源のように特別会計のため、厚労省、社保庁の役人共にいいように食い物にされてきたからです。 一般財源化すれば、税務署が税金として徹底的に徴収するゆえ、今の年金保険料で大きな問題となっている国民年金保険料の未払いといった問題もほとんど起こらなくなります。 一般財源化することで、財務省にはさらに強大な力を与えることにはなりますが、国会の監視も効くし(その前に政界再編と国会議員の大幅減員で国会の質を良くする必要はありますが)
今の制度よりはるかに良くなるでしょう。 

Q年金の支給月と支給金額の件

よく耳にする、年金を月10万とか20万を貰っているとか、聞く事があるが、本来年金は2ヶ月に1回の支給なので通常の支給額の半分を概略計算で言っているのだろうか?
よく報道でも月いち表示をしているが、これは2ヶ月にいくらと言うべきではないかと思うので、よろしく教えて下さい。

Aベストアンサー

ただ単に「年金」というときは、一般には、1年間に支払われる額です。
また、法的にも、年金額といったときには、1年間に支払われる額をいいます。
例えば、老齢基礎年金。「年金は79万2100円である」という言い方をします。

これを12で単純に割ると、月額あたりの年金額になります。
但し、複雑な端数処理(説明は割愛)があるので、逆に12倍しても、1年間に支払われる額とは誤差が出ます。

いずれにしても、このあたりを上手く使い分けないまま報道していたりする印象は、確かにあります。
老齢基礎年金で言えば、満額の老齢基礎年金をもらっているとすれば、月額あたりにすると、約66000円。
したがって、月額約66000円、という言い方であれば、わかりやすさもあって、妥当です。

2か月に1回、という支給は、年金の支分権(しぶんけん)という決まり(1回あたりの支給を何か月分にするか、という決まり)によるもので、要は、いちばん初めに書いた年金額の分割払のような決まりだと思って下さい。
年金額そのものを示したものではないので、2か月にいくら、という言い方はあまり適当ではないですし、また、2か月に1度の支給ではないものもある(http://www.sia.go.jp/infom/text/kokunen06.pdf の4ページ目)ので、これまた適当ではありません。

ただ単に「年金」というときは、一般には、1年間に支払われる額です。
また、法的にも、年金額といったときには、1年間に支払われる額をいいます。
例えば、老齢基礎年金。「年金は79万2100円である」という言い方をします。

これを12で単純に割ると、月額あたりの年金額になります。
但し、複雑な端数処理(説明は割愛)があるので、逆に12倍しても、1年間に支払われる額とは誤差が出ます。

いずれにしても、このあたりを上手く使い分けないまま報道していたりする印象は、確かにあります。
老齢...続きを読む

Q日本国の年金制度が無くなるとして

日本国の年金制度が無くなるとして、それを補うものについての質問です。
日本国は、経済大国になり次に科学技術立国になり、そしてその次に高度情報化社会になったと思うのですが。

経済的には年金制度が成り立たなくなってきたという事ですが、年金制度が無くなったとしてそれを補うためにどのような科学技術が出てくると思いますか。

また、どのような情報が出てくると思いますか。

Aベストアンサー

日本の年金制度は世界一しっかりしていて、日本という国が潰れない限りなくなることはありません。ですからこの質問は無意味です。年金がなくなることは日本が潰れることと同じなのです。この質問のテーマを「日本国が潰れるとして」と書き換えたら意味のある質問になるでしょう。その可能性はなきにしもあらずですから。

今日本は国を潰さないようにするためにいろいろ努力しています。消費税増税はその一つです。原発再稼働もその一つです。こういう政策がうまく行かなかったとき、国債デフォルトという形で日本が潰れるでしょう。そうなれば年金もなくなります。

原因は別ですが、実際70年前にそれと同じことが起きました。あの場合は国債デフォルトではなかったですが、結果として国債も紙切れになりましたし、年金もパーになりました。

ぜひ質問を書き換えてみてください。今の日本の大問題ですから、回答のし甲斐もあります。

Q国民年金の付加年金は途中厚生年金に変わっても支給される?

こんにちは。ここ数日、年金に関する質問をいくつかしています。

国民年金の付加年金なんですが、これは、途中から厚生年金に換わっても社会保険庁のデータベースに保存されているものですか?

回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

大丈夫です。データベースに記録されています。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報