最新閲覧日:

ベンジャミンを屋外に出すと、カイガラムシが直ぐに付きます。
カイガラムシは撃退が大変なので、何か良い方法がありましたら教えてください。

それと、ベンジャミンの葉に付着した室内ホコリは、水をかけても取れません。
濡れているうちはきれいになったようでも、乾くと白いホコリは残っており、艶のある葉の美しさが楽しめません。何か良い方法がありましたら教えてください。

A 回答 (4件)

こんにちは、



No3のお礼に対して補足させていただきます。

>>根元に蒔いて置くだけで数ヶ月間効くようなタイプの薬剤は
>>ないのでしょうか?

農薬の本をパラパラめっくていますが、農薬としても根元にまいて効く
物は、う~ん、ないようです。
もちろん農薬は、人体に影響はあります。(笑)

gomuahiruさんが回答されているように、
カイガラムシをブラシなどでとるのが、簡単かも知れません。
ベンジャミンの木が、たくさんあれば大変な作業になるかも・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いろいろと、ご親切に、有難うございました。
またよろしくお願いします。

お礼日時:2001/05/12 20:48

こんにちは、



カイガラムシは、だいたい6月ぐらいから活動が活発になります。
現在、ベンジャミンにカイガラムシはついているのでしょうか?
もしついているなら、卵の段階でしょうが、部屋の中で暖かく育っているのなら活動を開始しているかもしれません。

結局、殺虫剤を使用することになると思いますが、農薬としては、
スプラサイド乳剤・アプロード水和剤など、最近できた農薬としてモスピラン水溶剤などがあります。いずれの農薬も果樹に対して、使用登録がありますので、ベンジャミンに使用する場合は、テスト散布して、植物に異常がないか確かめてから全体に使用してください。gomuahiruさんが書かれているとうり、マシン油乳剤もカイガラムシには有効です。が、油ですので散布後、多少のベトベト感が残るかも知れません。

あと、ベンジャミンの葉っぱですが、カイガラムシの種類にネバネバした液体を分泌するものもあります。
参考にして下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
頂戴しましたアドバイス、参考にさせていただきます。
おっしゃるように、ネバネバした液体で葉が濡れています。
そして、その真上にカイガラムシが必ずいます。
4日程前、3匹捕獲しました。

実は、2階の室内に置いてあり、樹高も比較的大きいので、
噴霧式の処置は大変なんです。階段から下ろして、庭に出し、
また階段を持って上がることになるもので。
1階には置き場が無いという事情もあります。
根元に蒔いて置くだけで数ヶ月間効くようなタイプの薬剤は
ないのでしょうか?しかも、人体に無害なもので。

とにかく、ベンジャミンは好きなんです。

ありがとうございました。

お礼日時:2001/05/08 00:21

カイガラムシには本当にため息がでますよね~


わが家の「さるすべり」にも毎年、カイガラムシがたくさんついてしまいます。
固い殻状のもので体が覆われているので、「アブラムシ」のように普通に薬剤をかけただけでは、なかなか退治できないようです。

わが家は、カイガラムシ専用殺虫剤を使用しています。
発売元は「レインボー薬品」、名前は「カイガラタタキ」です。
カイガラムシに一番効果の高い「マシン油」が主成分です。
エアゾール剤ですが、おまけにカイガラムシをこそげ取る「専用ブラシ」がついていて、これと併用すると効果が倍増します。
普通の園芸店、ホームセンターで扱っていると思います。

ベンジャミンのほこりはなかなか取れないですね(最近、わが家はそのまんまにしっぱなしですが・・・恥)
大雨、台風の時なんかに外に出しっぱなしにしておくのですが、やはり、いまいちきれいにならないです。
普段から葉に艶を出す(内部に栄養を浸透させるタイプ)スプレー式の薬剤を使う
一方、どうしても気にされるのでしたら、一枚一枚丁寧に、市販の自然原料で作られた「汚れ落とし剤」→(オレンジの皮の成分を抽出したものが出ていますよね)で拭かれたらどうでしょうか?あと、家庭内でも使用できますし・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。
「カイガラタタキ」ですか。
このような名前が付けられるということは、
どなた様も「憎らしい。叩いてやりたい。」と思うほど、
手をやいているということでしょうね。
そういうことですと、私だけが特別何か栽培方法を
間違えているということではなさそうだと思えてきました。

お教え頂いたことを参考にして頑張ってみます。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/05/01 21:44

こんばんわ



カイガラムシは、やはり薬剤に頼ったほうが手軽だと思います。オルトラン水和剤、ボルン、アクテリックがオススメです。
葉のホコリの除去には、葉面洗浄剤が手軽ではないでしょうか。私は、タケダ園芸のリーフクリンを使っていました。細かな白いアワが汚れを落とし、葉のツヤが蘇ります。拭く手間も入りませんし、べとつきません。植物の呼吸を阻害することも無いと、説明書きがありました。ただ、木自身がなくなってしまったので、現在は使用していません。ですから、今でもこの製品があるかどうか確認していないのですが…
不確かな情報で、すみません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。
オルトラン水和剤とアクテリック剤は混用出来ますので使い易いし、
効果も高いと思いますが、
それでもカイガラムシは完全撃退出来ないので手をやいています。


葉面洗浄剤というものがあるのは知りませんでした。
よさそうですね。早速購入しようと思います。

お礼日時:2001/05/01 01:00

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報