初めての店舗開業を成功させよう>>

光の速度で進めば時間は止まるのだから、光そのものの時間は止まっているはず。だから、人間が瞬間を感じる間に無限に動けるはず。なのになぜ秒速30万kmしか進まないのか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (23件中21~23件)

いちおうかくにんですが


「秒速30万km」
というのは誰がどこでどのように測ったものですか?

この回答への補足

相対性理論です。

補足日時:2011/09/30 03:18
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご返答ありがとうございました。

お礼日時:2011/10/08 05:48

>光の速度で進めば時間は止まるのだから



この前提が間違っています。

観察者が外から観察すると、移動体の時間が進んでいない『ように見える』だけです。

「ように見える」のと「止まっている」は違います。

この回答への補足

相対性理論では「ように見える」ではなく、実際に「止まっている」というふうになるみたいです。

補足日時:2011/09/30 01:36
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご返答ありがとうございました。

お礼日時:2011/10/08 05:49

> 光になぜ速度があるのか?



光が伝搬する媒体があるからだよ。

この回答への補足

だから、なぜ速度があるんですか?

補足日時:2011/09/30 01:39
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご返答ありがとうございました。

お礼日時:2011/10/08 05:49

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q光速度が不変なのには理由があるのでしょうか?

光速に関する素朴な質問です。

1.なぜ光速度は不変なの?
 光の速度はいかなる理由によって不変と決まっているのでしょう。
 方程式を解くように論理的に説明ができるのでしょうか?
 それとも実験結果を受け入れているだけですか。
2.本当に光速度は不変なの?
 空気、真空、水の中でも進む速度は同じですか?
 光が水に入ると屈折しますが、これは速度が変化しているのではありませんか。
 AからBに向かう光の渦の中をBからAに向けて発射された光は遅くなりませんか?
 光に邪魔(干渉)されて遅くなる気がするのですが。
3.どうして遅くならないの?
 光速に限界があるのは、光子に質量があるためと理解しています。
 しかし、遅くすることは可能なのではないでしょうか?
 光子の質量を重くしたり、エネルギーを奪うようなことはできないのでしょうか。
 波動の性質を変えたりできませんか?
4.電磁波の進む速度は?
 光は電磁波の一種、可視光線だそうです。
 他の電磁波、X線、紫外線、マイクロ波、ラジオの速度はどれくらいですか?
 光より遅いとすると、どうして遅いのでしょうか?
5.時間が進むのは一定であるという前提で相対性理論はできませんか?
 相対性理論は、光速度が不変であると仮定して成り立っています。
 だから時間の進み方が早かったり、遅かったりします。
 逆に時間が進むのが不変であるという仮定して、新相対性理論はできませんか?

光速に関する素朴な質問です。

1.なぜ光速度は不変なの?
 光の速度はいかなる理由によって不変と決まっているのでしょう。
 方程式を解くように論理的に説明ができるのでしょうか?
 それとも実験結果を受け入れているだけですか。
2.本当に光速度は不変なの?
 空気、真空、水の中でも進む速度は同じですか?
 光が水に入ると屈折しますが、これは速度が変化しているのではありませんか。
 AからBに向かう光の渦の中をBからAに向けて発射された光は遅くなりませんか?
 光に邪魔(干渉)...続きを読む

Aベストアンサー

 物理学は、自然界で見られる現象に対して法則を見つけようとする学問です。そういった法則の中には、もっと基本的な法則から理論的に導かれるものもあります。そうやって整理していくと、最後には、他の法則からは導くことができない基本法則だけが残ります。その基本法則は、観測によってのみ、根拠を与えられます。
 質問の主旨は、光速度が不変であることは、基本法則なのかどうか、ということだと思います。ローレンツは、他の法則から光速度不変を説明しようとして、ローレンツ変換の式を求めました。ローレンツが考えたのは、物体がエーテル中を運動すると、エーテルとの電磁気的な力によって物体が圧縮され、長さが縮むので光の速さに差が出てこないように観測される、というものでした。これに対してアインシュタインは、光速度不変が基本法則であるとしました。その仮定に基づき、ローレンツ変換の式を求めました。考え方は違いましたが、求められた変換式はどちらも同じものでした。
 得られた変換式はどちらの考え方でも同じです。そうすると、どちらの考え方が正しいと言えるのでしょうか。歴史的に見れば、アインシュタインの考え方が受け入れられたようですが。
 真空以外の媒質中では光の速度は遅くなりますが、それはマクロ的に見た場合です。例えば水中を光が動く場合、水の分子と分子の間は真空ですから、そこの間は真空中の速度で動いていますが、分子によって光が吸収、放射され、マクロ的に見たとき、速度が遅く観測されます。通常、光速度不変という場合は、真空中での光速度を言うようです。ここでひとつ注意しなければならないことは、真空中の光速度が不変という場合、重力場ではない、という条件が必要です。重力場内では、光速度は遅くなります。したがって、質問者さんの、光の速度を遅くするのは可能か、に対しては、重力場を通せば遅くなる、と言えます。
 最後に光子の質量についてです。光子に質量があるというのは間違いですが、ないというのも間違いです。正しくは、光子の質量は定義できないし、定義する必要もない、です。光子の質量はゼロである、という話はよく聞きますが、これは静止質量のことを言っています。これまで他の方々が説明されておりますように、光の速さは一定であり、静止することはありません。したがって、光子の静止質量に意味はありません。

 物理学は、自然界で見られる現象に対して法則を見つけようとする学問です。そういった法則の中には、もっと基本的な法則から理論的に導かれるものもあります。そうやって整理していくと、最後には、他の法則からは導くことができない基本法則だけが残ります。その基本法則は、観測によってのみ、根拠を与えられます。
 質問の主旨は、光速度が不変であることは、基本法則なのかどうか、ということだと思います。ローレンツは、他の法則から光速度不変を説明しようとして、ローレンツ変換の式を求めました。ロ...続きを読む

Q光速で時間が止まるとはどんな常態か?

光の速さに近い速度で運動すると時間が遅く流れ、光の速さと同じ速度で運動すると、時間が止まるというのが相対性理論で言っていたことなのだとは思いますが、時間が止まるとはそもそもどのよう状態なのでしょうか?
例えば光速で移動している人間の顔面にパンチをくれられたとしたら、パンチを食らった人はどうなるのでしょうか?普通に怪我をするのでしょうか?
食らった人は怪我をするけど、パンチをした人は相手が怪我をしたように見えないということなのでしょううか?
それとも時間が止まっているのだから、怪我さえしないのでしょうか?
以前「ダイの大冒険」というマンガで、ダイ魔王バーンが時間が止まっているから無敵だ見たいなエピソードがありましたがどうなのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

根本的に下記の文章より、あなたは相対論を誤解されていると思います。

>光の速さに近い速度で運動すると時間が遅く流れ、光の速さと同じ速度で運動すると、時間が止まると

相対論では、相対的に光の速さに近い速度で運動している系では、相手の時間が遅く観察、相対的に光の速さと同じ速度で運動していると、相手の時間が止まって観察される。が正解のはずです。
よって、No7のsiroyamaさんが解答されているように見えるはずです。
相対論(特殊相対性理論の方だったと思いますが)で重要なのは、相対的な速度であって、例えば止まっている相手に対して光速で移動すれば相手の時間は止まって観察されます(基本的に周りに対しての想定的な速度は判るが、絶対的な速度は判らない。よって光速で移動しているように見えるほうが実は止まっているのかも)。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報