坂口安吾著の、「ラムネ氏のこと」は、戦争直前の新聞に掲載されたもので、
その内容と戦争とがかんけいしているらしく、著者自身もラムネ氏だそうですが
全然わかりません。どういうことなんですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

はじめまして。



「ラムネ氏のこと」を読んでもらえば分かると思うのですが、
「ラムネ氏」というのは、話のきっかけと話のまとめにでてくるだけです。
本文には戦争中に作者が収容所にいたときのことが書かれています。
それが戦争に関係した部分だと思います。

変な答えですいません。
実際に読んでもらうのが一番だと思います。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qラムネは何から出来ているの?

ラムネといっても、飲むラムネではなくて、小さな子供たちが口にするお菓子のラムネの材料と作り方を教えて下さい。
(飲むラムネは、炭酸水に味付けをした)作りかたでしょうか?
また、ラムネは片方の断面がくぼんでいるものがありますが、それはなぜですか?

Aベストアンサー

作り方です
http://contest2.thinkquest.jp/tqj2003/60532/food/lamne_h.htm
http://www.ajiwai.com/otoko/make/ramune.htm

Q石原慎太郎氏の戦争体験

石原氏は自分の戦争体験をどのように語っていますか?目にしたことがないのでご存知の方教えて下さい。彼の現在の戦争容認の論調から想像しますに、戦争に被害者として苦しんだ経験が全くないように思うのですが、どうですか?

文学やエッセーに彼の戦争体験が描かれたり、影響を与えたりしていますか?

Aベストアンサー

こちらのブログエントリに石原氏の「新・堕落論 我欲と天罰」からの引用が有ります。
http://blogs.yahoo.co.jp/mochimoma/17087773.html

Q高級なラムネ、レアなラムネ(お菓子)を探しています

こんにちわ。

以前に大変お世話になった方が
ラムネ(飲料ではなく、お菓子の方です)好きな方で、
つい先日誕生日を迎えられました。
そこで、「普通でない」ラムネをプレゼントしたいと考えています。
「高級なラムネ」、「レアなラムネ」、「海外のラムネ」等、
「普通でないラムネ」を探していますが、なかなか見つかりません。

どなたかそういった情報をご存知でしたら
教えて頂けないでしょうか!
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

こんにちは

海外のラムネもあるようですが
こちらはいかがですか?
生産が追いつかないようです
http://www.ramune.net/

思ったんですが全国のラムネ菓子を詰め合わせるのはどうでしょう?
ちょっと送料とかかかりますが
利きラムネですねw
愛知県
http://www.abeseika.co.jp/
大阪
http://www.chirin.co.jp/f-syouhinaannnai.htm
東京
http://www.coris.co.jp/index.html
こちらも愛知
http://dagashiaru.ocnk.net/product-list/8


自分でつくるとか
http://www.jyuusou.com/watashi/watashi14.shtml

http://contest2.thinkquest.jp/tqj2003/60532/food/lamne_h.htm

ご参考までに

Q「三国志」と「水滸伝」と、トルストイ氏の「戦争と平和」なら、 どれが特に良いかを比べるにはやはり困難

「三国志」と「水滸伝」と、トルストイ氏の「戦争と平和」なら、
どれが特に良いかを比べるにはやはり困難ですか?

私が思うには、

三国志正史&戦争と平和>水滸伝&三国志演義

かなと。

Aベストアンサー

3つとも違うので比較は困難じゃないですかね。
そもそも何をもって「良い」とするのか。

豪傑たちが華々しく活躍するのが
面白いのかもしれませんが、


三国時代は相次ぐ戦乱で人口が激減していて
決して華々しい時代ではないですし、


水滸伝は108の豪傑たちが、悪の政府に
立ち向かうのがかっこいいかもしれません
が、

その裏、豪傑たちは旅人を殺して金品を
奪ったり死体を人肉饅頭にしたり。

(李逵は自分の偽物を倒した後死体を食べている)



陳舜臣の「小説十八史略」のほうが
面白いですよ。オススメ。

Qこういう設定のアニメ探してます。

現在TVで放送されている「キャンバス2」や「ラムネ」

、「涼風」や「君が望む永遠」の様なコメディー要素が強すぎずSF的な設定が少ない恋愛を中心に描いた

アニメの作品を購入したいと思っているのですが

上記の様なテイストのアニメ(全巻販売されている物)を紹介していただけないでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「めぞん一刻」のアニメ版をオススメします。

原作と比べるとコメディー要素は抑え気味で、やや違ったテイストに仕上がっています。
こっちはこっちの持ち味があり個人的にとても楽しめる作品でした。
TVシリーズが全巻、それと完結編(劇場版)がDVDでリリースされています。
話数が話数だけに値段はかなりのものですが…。

Q坂口安吾の肝臓先生について

1.オーダンカゼってなんですか?カゼは風邪ってわかるけど、オーダンはなんですか?Autunですか?

2.久須美荘園ってどういう由来がありますか?辞書とウェブを調べてもないみたいです。

3.「五つ間ぐらいの家が二百万円だったり、二間の貸し部屋......」

「五つ間」って「五つの部屋がある家」という意味ですか?
「二間」って「二間の長さの部屋」ですか?

以上、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ついでにこちらも回答しましょう。

1.赤城先生は「流行性肝臓炎」という病気を発見しますね。

これはただの風邪ではない。この大陸(中国大陸のことです)から来た風邪は、肝臓を侵す。この風邪に随伴して起こる「肝臓炎」を「流行性肝臓炎」と名づけた。

ただ、その「流行性肝臓炎」という言葉は、漁師町の人々には馴染みにくい。だから、オーダンカゼと言って聞かせるのです。

黄疸とは、肝臓などの病気によって出る症状で、皮膚や粘膜が黄色くなる。つまり、パッと見てわかりやすい病気なんです。肝臓が悪い=黄疸、という一種の図式が昔はあった。だから、肝臓風邪、としてもいいんですが、黄疸風邪という名で通るようになった。そういうことです。

2.曽我物語、ってご存じですか?

鎌倉初期の武士で、お父さんの仇討ちで有名になった話で、歌舞伎なんかでも有名な演目のひとつなんですが。

伊豆の豪族だった伊東十郎祐成(すけなり)と弟の五郎時致(ときむね)がお父さんの敵を討つんですが、そもそもお父さんがなんで一族の工藤祐経に殺されたかっていうと、久須美荘の所領を争ったからなんです。

「久須美荘園の故地」、「故地」とはゆかりのある地、つまりここは曽我物語にゆかりのある荘園である、といっているわけ。

3.温泉町では、五部屋ある家の値段が二百万円(これは別荘ですね)、ふたま(二部屋)つづきの部屋を借りるにも七千円、一万円(これは月額)とふっかけられる、といっているのです。

ここらへんの金銭感覚はいまひとつピンとこないのですが、とにかく高い、それに対して、烏賊虎さんはタダで部屋を貸してやっている、という流れです。

ついでにこちらも回答しましょう。

1.赤城先生は「流行性肝臓炎」という病気を発見しますね。

これはただの風邪ではない。この大陸(中国大陸のことです)から来た風邪は、肝臓を侵す。この風邪に随伴して起こる「肝臓炎」を「流行性肝臓炎」と名づけた。

ただ、その「流行性肝臓炎」という言葉は、漁師町の人々には馴染みにくい。だから、オーダンカゼと言って聞かせるのです。

黄疸とは、肝臓などの病気によって出る症状で、皮膚や粘膜が黄色くなる。つまり、パッと見てわかりやすい病気なんです...続きを読む

Qラムネ(お菓子)とラムネ(飲料)はどちらが先?

タイトルどおりなのですが、ひさしぶりにラムネ(お菓子)を食べていてふと疑問に思いました。
ラムネ菓子とラムネ飲料はどちらが先にあって、どちらが「その味のする類似品」としてつくられたのでしょうか?
ラムネ菓子の容器がラムネ飲料のびんの形をしているところを見るとラムネ飲料が先なのかなとは思いましたが・・・
気になります。知っている方がいたら是非教えてください!

Aベストアンサー

ラムネのお菓子は最近のものです。日本のラムネ飲料は100年以上の歴史があります。

元々、日本語のラムネという言葉は英語のレモネードからきています。でも、実際はレモネードとは違い、炭酸レモネードというべき飲み物です。ですから、ラムネは英語では、lemon soda, lemon pop などと言うべき物です。

ラムネ瓶は約150年前にイギリスで考案されたようですよ。

http://mediazone.tcp-net.ad.jp/dagaya/topics/00_06jun/index1.htm

参考URL:http://mediazone.tcp-net.ad.jp/dagaya/topics/00_06jun/index1.htm

Q【吾】あ、は男が使ってもいいの?

【吾】あ、は男が使ってもいいの?
最近、短歌にはまりました。
僕は男なのですが、自分のことを【吾】あ、と言ってもいいのでしょうか。
俵万智さんが自分のことをあ、あ、とよく言っているのですが。

Aベストアンサー

たしか昔古文で万葉集の歌を習ったときに、自分の妻のことを

 吾が妹 (あがせ)

と表現しているのがあったように思います。当然男性の歌でしょう。

Qおもしろいアニメを探しています

タイトルどおりですが、おもしろいアニメを探しています^^
大体10~20代向けのアニメで、間違いなく萌え目線で描かれているアニメは遠慮願います(苦手なので^^;)

私が見ていた中でおもしろかったのは・・・・
「I’s」 「幽遊白書」 「デジモン(初期)」
「地獄先生ぬ~べ~」 「機動戦記ガンダムW」
「VS騎士ラムネ&40炎」 「新世紀エヴァンゲリオン」


ぐらいです^^
出来れば、コメディ系を出してくれるとうれしいですw
ご投稿よろしくお願いします^^

Aベストアンサー

銀魂
ギャグマンガ日和
瀬戸の花嫁
スクールランブル
さよなら絶望先生シリーズ
魁!!クロマティ―高校
スラムダンク
GTO

Q坂口安吾の「じろりの女」に分からないところ

1.「じろりの女」にでる「待合」はどんなところですか?泊まる部屋もあるし、酒も飲めるし、女と遊べるところですか?

2. 「お酒でも、買ってきて飲ませてくれると、オヨシちゃんも、女中なんかはさせておかないと言う人がアチラコチラから現れてくるだろうがな。」

意味は分からないが、これはからかう言葉ですか?

Aベストアンサー

1.「待合い」
これは時代によって多少使い方が異なるのですが(たとえば江戸時代「待合い茶屋」というと、芸者を呼んで遊ぶところとなります)、この戦後間もない頃の「待合い」は、連れ込み宿、いまでいうラブホテルみたいなところなんだと思います。

2.この部分の背景をちょっと説明しておきます。

語り手のゴローは、江戸時代の「幇間」(読みは「ほうかん」、あるいは「たいこもち」ともいいます)を意識して演じている人物です。

幇間は、江戸時代、遊郭で、宴席を盛り上げるために、おもしろおかしい話をしたり、踊りを踊ったりして、さまざまな芸を見せる人です。その芸も、すばらしい、とか、カッコイイ、とかいう芸ではなく、いかにもバカに見えるような、そんな芸です。そうして、遊びに来た旦那にお世辞を言って、よい気分にさせる。それが幇間の仕事なんです。

ゴローは、安吾に多い「頭と体が引き裂かれた男」です。
引き裂かれて、幇間をやることを通して、自分の場所を見つけようとしています。

江戸時代の花魁(高級遊女)は、気位が高く、簡単に気を許さない。そうした花魁と旦那の仲を取り持つのも、幇間の仕事です。

それと同様、この『ジロリの女』に出てくる金龍も、ゴローが追いかける三人の女性である衣子、衣子の娘の美代子、社員のヤス子も、ゴローにとっては花魁の位置にある女性たちです。

そうして、物語が進んでいくにつれて、それぞれの境遇が変わっていき、そうしてその性質のちがいが浮き彫りにされていく。

そうしてゴローがほんとうに、その存在のまるごとを許される女性がだれだかわかりますか? とにかく、その女性とめぐりあうことができるわけです。

ご質問の会話は、ゴローが衣子の家の女中に向かって軽口をたたく場面です。
こんなふうに幇間はだれにむかってもお世辞を言う。

衣子は、美代子の縁談の持参金をめぐって、大浦博士と話をする、という。

この大浦博士と衣子は実は恋人同士でもあり、同時に、財産を巡っては、争ってもいるんです。衣子は病院その他の財産を守りたい、大浦博士はなんとか手に入れたい。
美代子の結婚は、その駆け引きの道具でもあります。

ここからは「花魁」と「旦那」の話、「幇間」のアンタはお帰り、とゴローさんは締め出しをくらってしまった。ところがゴローさんも話に加わりたい。だから女中に頼むんです。

どこか、自分をこの家のどこかに隠しておいてください、と。

ここで「鼻薬」は、おこづかい程度のお金。
そうして「オヨシちゃん」がかわいい、美人だと言っているわけ。

女中なんかはさせておかない、というのは、女中をやめさせて、恋人にしてやろう、という男がいっぱいでてくるよ、って言っているんです。

あげたお金で、お酒でも買ってきて、お燗をつけてくれるとうれしいんだけどな、と、そんなことを本当は頼んでいるわけではない、頼んだとしても、実際にはそこまではしてくれないでしょう、それでも冗談で、そんなことを言っている。

それが「女中をからかいながら」ということなんです。

1.「待合い」
これは時代によって多少使い方が異なるのですが(たとえば江戸時代「待合い茶屋」というと、芸者を呼んで遊ぶところとなります)、この戦後間もない頃の「待合い」は、連れ込み宿、いまでいうラブホテルみたいなところなんだと思います。

2.この部分の背景をちょっと説明しておきます。

語り手のゴローは、江戸時代の「幇間」(読みは「ほうかん」、あるいは「たいこもち」ともいいます)を意識して演じている人物です。

幇間は、江戸時代、遊郭で、宴席を盛り上げるために、おもしろ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報