「夫を成功」へ導く妻の秘訣 座談会

質問します。
子供の頃(昭和40年代)日曜日に上野公園等に出かけると、戦争で足や手を失った方が、白い袈裟のような服や、軍人のかっこうをして、ハーモニカやアコーディオンを鳴らしていた風景を、時々思い出します。

あの方たちは、戦争の悲惨さを訴えていたのであろうかとおもいますが、本当の目的はなんだったのでしょう?。
当時をご存知の方、宜しかったらご回答ください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

戦後、十分な保障を得られなかった傷痍軍人の方が上野公園や、その他の公園などで募金を募っていました。

ご自身の生活費や自活団体の運営費にしていたのではないでしょうか。

現在でも時々見かけます。中には物乞い目的の偽者もいるようです。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

早速のご回答、ありがとうございます。

>生活費や自活団体の運営費
納得できます。募金を募っていましたね。

でも、彼らは国からお金をもらえなかったのでしょうか?。
もらえても小額だったのでしょうか?。

お礼日時:2005/04/19 11:09

「祈平和」と書いた箱、白衣姿に戦闘帽。

義手や義足を外して座っておられました。しばらく見ないと思っていましたが、昨年大阪市内で見かけました。終戦60年目ですから、少なくとも80歳前後ということですね。
戦後すぐは数も多かったために、集団でアコーデオンを演奏したりなどの映像が残っています。

名誉の負傷、と言う事で戦争中は色々と保護されたようですが、敗戦後は国家自体が貧窮のどん底で、敗者・弱者にたいする余裕がなくなってしまいました。金鵄勲章には年金が付いていたのですが、戦後しばらくは停止され、体の不自由な傷痍軍人の方にとっては職もなく、ああいった形で道行く人々に援助を求めるしか生きる術がなかったのでしょう。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
今でもはっきり記憶に残っていますもので、
参考になりました。

お礼日時:2005/04/19 11:22

「祈平和」と書いた箱、白衣姿に戦闘帽。

義手や義足を外して座っておられました。しばらく見ないと思っていましたが、昨年大阪市内で見かけました。終戦60年目ですから、少なくとも80歳前後ということですね。
戦後すぐは数も多かったために、集団でアコーデオンを演奏したりなどの映像が残っています。

名誉の負傷、と言う事で戦争中は色々と保護されたようですが、敗戦後は国家自体が貧窮のどん底で、敗者・弱者にたいする余裕がなくなってしまいました。金鵄勲章には年金が付いていたのですが、戦後しばらくは停止され、体の不自由な傷痍軍人の方にとっては職もなく、ああいった形で道行く人々に援助を求めるしか生きる術がなかったのでしょう。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
今でもはっきり記憶に残っています。
弱者に対しては、国も冷たかったのですね。
参考になりました。

お礼日時:2005/04/19 11:24

当時軍人には軍人恩給、傷痍軍人には傷痍年金を支給する定めでしたが、敗戦後のインフレの為到底生活出来ませんでした。



しかも職を得るには傷痍の身では無理でした。
この為街頭に立って同情と施しを受けたのです。

しかし心ない人がいて軍人でもないのに偽物の真似をして同情を食い物にする人が出てきた為、この光景も次第に少なくなりました。

今では知る人もなく戦後の風物詩となった光景です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございました。

>敗戦後のインフレの為到底生活出来ませんでした。

良く解りました。

その頃は戦後20年、今よりも色濃く戦争の残したものを見ることが出来たのですね。
ありがとうございます。

お礼日時:2005/04/19 11:21

傷痍軍人の白衣での募金活動のことだと思います。


戦争によって傷ついた傷痍軍人に対して、戦後すぐの段階では国からの補償が何もなかったため、職に就けない程度の障害を負った人たちが募金を求めて町に立ったのが始まりだと思いますが、それに乗じて偽の傷痍軍人や同様の活動をしたり、また政治活動的なニュアンスも含まれるなど、全国的な問題になりましたが、後にできた傷痍軍人の援護施策等により徐々にその数を減らし、現在では見ることもなくなりました。

詳細については、「傷痍軍人 白衣募金者」で検索すると色々出てくると思います。

余談ですが、私が子供の頃、戦争で脚を怪我して歩けないと訴えていた募金者が時間が来て、すっくと立ち上がって駅に向かって歩き始めた光景を見て驚いたことを思い出しました^^
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます。
>詳細については、「傷痍軍人 白衣募金者」で
>検索すると色々出てくると思います

検索してみます。
ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/19 11:17

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q昔見た街角の傷痍軍人

私が子供だった20年以上前、街角で手足を失った傷痍軍人がカンパ(寄付?)のために立っておられる姿をよくお見かけしました。子供だった私には軍服姿(多分そうだったと思います)に「かわいそうだけど、ちょっと怖いな」と思っていたような記憶がうっすらとあります。
最近靖国問題で軍服姿の元軍人らしい人がニュース番組でインタビューを受けていてふと昔見た光景を思い出しました。
私はまだ子供でしたので、おじいちゃんに見えましたが、実はそうお年寄りではなく今もご存命かもしれません。が、最近は全くそういった方をお見かけすることもなくなりました。あの方たちは傷痍年金をもらえなかったのでカンパのために街角に立っておられたのでしょうか?大きなお世話かもしれませんが、お見かけしなくなってから、無事にお過ごしなのか気になりましました。

Aベストアンサー

No. 1 のものですが補足します。

私が傷痍軍人を見たのは50年以上前でしょうか。山手線に良く乗ってきて軍歌を唄ってカンパを集めていました。白装束でした。

Wikipedia で引くと
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A6%8F%E7%A5%89
> 傷痍軍人などを救済するため1950年に身体障害者福祉法が施行される
と書いてありますから、55年前から日本国籍の傷痍軍人は生活補助が受けられるようになり、カンパを集めることも止めたのでしょう。

しかし、在日朝鮮人・韓国人・台湾人などの旧日本軍兵士で傷痍を負ったものには身体障害者福祉法は適用されません。

1965年の日韓基本条約で、韓国は経済援助と引き換えに個人補償の請求権を放棄し、在日朝鮮人・韓国人の傷痍軍人には韓国政府が援助する責任を負ったわけです。(今でも傷痍軍人への援助は対日請求権として話題になりますが、日韓合意の経緯が明らかになったため下火になっています。)

恐らく、1950-1965年の期間は日本国籍を持たない傷痍軍人は誰からも援助のない状態で、カンパに頼るしかなかったのでしょう。あるいは、韓国政府は日本在住の朝鮮・韓国籍傷痍軍人には1965年以降も援助していないかも知れません。

私の見たテレビのドキュメンタリーもその頃だったかも知れません。もちろん偽者の傷痍軍人もいたでしょうし、偽者の中には日本人もいたかも知れませんが、本物の在日朝鮮人・韓国人の傷痍軍人がカンパをお願いしていた実体がなければ偽者も出て来なかったでしょう。

なお、約10年前に韓国に行ったときに、電車の中でやはり傷痍軍人が軍歌?を唄ってカンパをお願いしていました。傷痍軍人証明書らしきものを見せていました。第二次大戦のときの傷痍軍人にしては若すぎるし、朝鮮戦争にしても年齢が合いません。ベトナム戦争のときの負傷兵だったかも知れません。

No. 1 のものですが補足します。

私が傷痍軍人を見たのは50年以上前でしょうか。山手線に良く乗ってきて軍歌を唄ってカンパを集めていました。白装束でした。

Wikipedia で引くと
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A6%8F%E7%A5%89
> 傷痍軍人などを救済するため1950年に身体障害者福祉法が施行される
と書いてありますから、55年前から日本国籍の傷痍軍人は生活補助が受けられるようになり、カンパを集めることも止めたのでしょう。

しかし、在日朝鮮人・韓国人・台湾人などの旧日本軍兵士で傷痍を負...続きを読む

Q日本国籍の傷痍軍人は年金があるから物乞いは偽者?

朝鮮人(大東亜戦争当時の朝鮮は日本で朝鮮人は日本人)は日本軍人として戦っても日本政府から年金をもらうことはできませんでしたか?
日本国籍の傷痍軍人は何年ぐらい軍に勤めていたら年金をもらう権利を認められたんでしょうか?
また、当時の元日本兵はネットの無い時代どうやって保護を受ける権利があることやその方法を知っていたんでしょうか?新聞に載っていたりチラシが配られていたりしたんでしょうか?

Aベストアンサー

・日本国籍の傷痍軍人は年金があるから物乞いは偽者?

 占領中は、国家財政悪化とGHQの支持で、軍人恩給の支払い停止され、
昭和28年から年金支給されましたので、その間、何の支援もなく
苦しまれた方多かったです。
 先日の彼岸で、戦後身寄りなく物乞いしてた傷痍軍人が寺の前で
餓死し葬られた墓に、お供えしてきました。

軍人恩給は、軍歴12年(戦地三倍換算)ですので、開戦からの召集兵の
多くは、受給してません。
 一応、市区役所町村役場には、兵事係いたころの名簿あるので、
陸軍省・海軍省の後継である厚生労働省援護局からの通知を、
復員兵の家庭に通知します。

 戦後、平和条約により、日本国籍を喪失し日本人でなくなったとの理由で、日本政府は
韓国朝鮮人・台湾人・樺太千島に取り残された北方諸民族の帝国軍人を戦争被害の補償対象から除外し、
元軍人・軍属やその遺族に対して障害年金、遺族年金、恩給、弔慰金、
また戦争中の未払い給与、軍事郵便貯金等の支払いを一切行わなかった。
現在でも多くの未払給与があり、一部の人が弔慰金を受け取ったのみである。

 1974年末にインドネシアのモロタイ島で発見された台湾人日本兵、中村輝夫(李光輝)の
発見をきっかけに給与が未払で補償がないことに関する世論の批判もおき、
1990年代に戦病死者及び重傷者を対象に一人200万円(台湾ドルで約43万ドル)の弔慰金が支払われたが、
給与は現在でも未払である。
また、当時強制的に軍事郵便貯金とされた給与も引き出せなかったが、
これは120倍にして返却することが決まり1995年に支払いが開始され一部の元隊員は受け取った。
しかし平均1000円ほどの残高を所持し、当時としては大金だったのに120倍で引き出しても
12万円にしかならない。現在でも、物価上昇を考慮すると、数年間の戦闘の対価としては
あまりに少額として抗議する元軍人も多い。

・日本国籍の傷痍軍人は年金があるから物乞いは偽者?

 占領中は、国家財政悪化とGHQの支持で、軍人恩給の支払い停止され、
昭和28年から年金支給されましたので、その間、何の支援もなく
苦しまれた方多かったです。
 先日の彼岸で、戦後身寄りなく物乞いしてた傷痍軍人が寺の前で
餓死し葬られた墓に、お供えしてきました。

軍人恩給は、軍歴12年(戦地三倍換算)ですので、開戦からの召集兵の
多くは、受給してません。
 一応、市区役所町村役場には、兵事係いたころの名簿あるので、
陸軍省・海...続きを読む

Q戦災孤児はどこへ消えましたか?

終戦直後あちこちの都市にいた戦災孤児。靴みがきや金属拾いなどでたくましく生きていた様子が当時の映像資料などで見ることができます。
しかし皇太子殿下御成婚や、東京オリンピックの頃には当然その姿は見かけないようです。
あれから彼らはどのような人生を歩んだのでしょう??
・アメリカ人の養子縁組などで海外に出た
・栄養失調、伝染病等のために一般人より寿命が短かった
・愚連隊、ヤクザ稼業を歩んだ
・仕事を持ち、一般人の社会に溶け込んだ

おそらく今でもご存命の方々はいらっしゃると思います。
体験をお聞かせ頂ければ幸いです。

Aベストアンサー

今年70になった私の叔父は、戦災孤児です。というと変な言い方ですが、実は私の父やもう一人の叔父(父の弟)とは血がつながっていないのです。私の祖母が、東京大空襲の翌日、飯田橋(不思議なことにその一角だけ焼け残ったそうです)という所で近所の子供が焼け出され、孤児になったのを不憫に思って家に連れてきたのだそうです。戦後、養子縁組だか何だかをして(終戦後のどさくさですから)、自分の子供として育てました。祖母は女手一つで3人の子供を育て、全員を大学まで出しました。実は、3人兄弟の中で、一番の出世頭は、その叔父です(笑)
私の父は生前、酔っぱらうと、「あいつは、血が違うからできが良いんだ」と叔父のことをほめて?いました。別に隠すこともなく、普通にそんな話をする兄弟だったようです。
祖母も父もとっくに亡くなっていますから、何でそんなことをしたのかは分かりません。ただ、その叔父は、今でも祖母(本人からすると義理の母)に深く感謝しています。

Q障害者は昔どんな生き方をしていたのでしょうか?

学校では教えない事もあると思いますが、障害者の友人がいるので
差別意識はありませんが・・・。
知っている方はお願いします。
外国のもOKです。

Aベストアンサー

縄文時代の遺跡から、先天性の障害を持った骨が出てきたことがあり話題になったことがあります。骨が癒着した状態で成人して、おそらく生涯寝たきりだったのでは無いかとのことでした。食糧の確保が難しい時代に、その様な例が発見されたことに驚いた覚えがあります。
それ以降の時代では、やはり成人するのは難しかったのでは無いでしょうか。弥生以降の遺跡では、けが等で障害者になった者は見捨てられていたようです。
ただ盲目の場合は、芸などをして生活することが可能だったようです。
一休さんと晩年を過ごした「森女・シン」は盲目でした。また、江戸時代、貸金業は盲目の者にのみ認められていましたし、按摩(マッサージ)もそうですね。
聴力障害については判りませんが、盲目でも成人になれた事を考えれば成長には問題なかったと考えて良いと思います。
双子の場合は、獣腹と言われ忌み嫌われていたようです。そのため生まれるとすぐに養子に出されたりしていました。武士の場合、世継ぎ問題に発展するため特にいやがられていたようです。

Qたくさんの方に教えて頂きたいです!結局、部落差別って何なのでしょうか?

僕は北海道出身です。
北海道には『部落』と呼ばれる地域がありません。
ですから部落差別と呼ばれるものも存在しないと思います。

青春時代を関西の田舎町で過ごしましたが、その時初めて『部落差別』なるものの存在を認識し、とても大きな衝撃を受けました。
『同和教育』なるものも北海道の小学校では教わった記憶がありませんし、未だに根強い差別意識が残っている事に疑問を感じています。

部落地域に住む方々の過去などは関西在住時に友人達から説明を受けましたが、いまいちそれも良くわかっていないというのが現状です。

『なぜ部落と呼ばれる地域の人たちは差別の対象となるのでしょうか?』

ちなみに僕自身は『部落』が何なのかという認識が薄く、周囲の人たちが言う事を全く気にせずに(詳しい事を知らずに)普通にお付き合いをしてきた経緯がありますし、今もそのような認識をもっています。

なお、差別的な認識は全くない状態でこの文章を作成しましたが、何か問題があれば質問自体を削除して頂けるように管理人さんにお願いするつもりです。

Aベストアンサー

多くの方が現代の事柄を中心に回答されているので、私は近世地方史(加賀藩)研究者としての立場から、江戸時代の実態について少し述べてみます(ただし、こうした差別は江戸時代以前からあったと考えられています)。
江戸時代までの日本には仏教の影響もあって四つ足の動物を食べる習慣がありませんでした。また、人や動物の死骸に触れることは忌み嫌われていました。
しかし、世の中の誰かがそれをやらねばならなかったのも事実です。例えば道端で死んだ牛馬の処理、死刑に処せられた人の始末、皮製品の製作等々の作業です。
そこで、古代、あるいは中世ころからこれを家業とする一族を作り(あるいは自然に生まれ)、専門家集団として一般農民とは一線を画していたのです。
いつのころからか(少なくとも江戸時代初期以前)、こうした一族は人間以下のものとみなされ、不当な差別を受けるようになっていきます。差別は生前のみとは限らず、ある地域では死後においても墓石の法名に「畜○○」などと書かれました。
一説には、農民にしっかり働かせるため、農民以下の存在として工・商を置き、さらにその下に非人を置いたとも言われています。
一族は差別を受けた反面、法的な保護も受けていました。例えば牛馬の処理はこれらの一族が独占しており、刑場での作業も一般の農民や町民が使われることはなかったのです。
こうした差別は明治政府によって撤廃されたのですが、そのころに作られた壬申戸籍では「新平民」と記載されてしまいました。そのため、戸籍を見ると部落の出身であることがすぐに分かってしまい、色々な悲劇を生み出すこととなりました。
明治維新からすでに130年以上経過しております。インドのカースト制度などでは、名前で階級が分かってしまい、また宗教上の理由からも差別の撤廃が困難なようですが、日本では戸籍を調べるにも限界があり(明治期の戸籍はもうほとんど調べられない)、いずれはなくなるものと思います。またそうであることを願ってやみません。

多くの方が現代の事柄を中心に回答されているので、私は近世地方史(加賀藩)研究者としての立場から、江戸時代の実態について少し述べてみます(ただし、こうした差別は江戸時代以前からあったと考えられています)。
江戸時代までの日本には仏教の影響もあって四つ足の動物を食べる習慣がありませんでした。また、人や動物の死骸に触れることは忌み嫌われていました。
しかし、世の中の誰かがそれをやらねばならなかったのも事実です。例えば道端で死んだ牛馬の処理、死刑に処せられた人の始末、皮製品の製作...続きを読む

Qグーグルとグーグルクローム は 何がどう違うのでしょうか?

こんばんは

パソコンを起動させると、最初に グーグルのHPが出るように設定しているのですが、最近、Google Chrome という名前を初めてききました。

グーグルとグーグルクローム は 何がどう違うのでしょうか?

グーグルアースのように、グーグルの新しいサービスで?
何かができるのでしょうか?

パソコンにあまり詳しくないので、よくわかりません。

素人にもわかりやすく、説明してくださる方、お願いいたします。

Aベストアンサー

Google Chromeはグーグルが開発中のブラウザ(インターネット閲覧ソフト)です。

具体的にいうと「インターネットエクスプローラ」のライバルです。

インターネットエクスプローラ7以降や、
他社の「Firefox」「Opera」などとおなじ「タブブラウザ」です。
タブを使って画面の切り替えができます。

また、起動やページ閲覧速度が速いことを売りにしています。

一方で,一部のユーザーからは「スパイウェア疑惑」を懸念する声も出ています。
http://www.itmedia.co.jp/anchordesk/articles/0809/04/news071.html
昨今なにかとお騒がせなグーグルのソフトです。

Q夫が部落出身である可能性が高いです

悔しくて夜も眠れずこちらに辿り着きました。
(理解していただきたいので内容が細かく、長いです。申し訳ありません。)
出会った当時私は学生で、夫は県外の人間でしたが仕事の為に都心部に移り住んでいました。
結婚して4年です。子供が一人います。
夫が実家近くに転職したので、今は夫の実家の近くに住んでいます。
私は3人姉妹の末っ子で、父が中学生のときに亡くなったので母親に育てられましたが、祖父母が会社を経営していたので何一つ不自由なく育ちました。
出会った当時、夫は実家にルートセールスで度々来ていました。
母は時々物を買っていて、私と知り合う2年前から夫を知っていました。
その間、彼氏がいなかった私の写真を見せていたのは知っています。よく母から、「面白いお兄さんがいて○○(私)に会ってみたいと言っているけれど、どうする?」と言われており、その一年後に初めて3人で食事に行きました。
付き合いはそこからです。
付きあってから度々悩まされたのは、他人に対して暴言を吐いたり道路の真ん中で車を止めて怒ったりすることでした。
(先日も駐車場の枠外にとめていた車の人に暴力団のような言葉を吐いていたので知らない顔をして子どもと逃げました。)
私にも暴言や暴力(年に数回)があり、何度も別れようと思ってきました。
しかし、夫にも優しい所があり、初めての人でしたので夫がすべてだという気持ちがあり、結局結婚に至りました。
何かがおかしいと思ってきたのは結婚してからのことです。
毎週夫の実家に行くごとに義父母から親戚の職業を耳にしてきましたが所謂部落の方が多い職業についており、部落の方と結婚している人がとても多いのです。
また、義父は自営業をしていますが暴力と酒癖が悪く部屋中のものを壊したり、年に数回は義母の顔にあざができるほど殴るので本当に恐ろしいです。
本人たちの口から「部落」という言葉は結婚してからは何度となく聞いていますが、自分たちは違うというニュアンスで話してきます。
差別があるから夫のいとこは子供をつくらないし、結婚もしないとも聞かされてきました。
私が少し調べた結果は義父が部落出身のようです。
調べるきっかけとなったのは私の職場に夫がやくざまがいの電話をしてきたことでした。
それは、私の仕事用携帯に職場の男性のアドレスがあっただけのことでした。私的なメールは一切しておらず、上司から同僚まで全ての電話番号とアドレスが入っています。
夫はそれを浮気だと勘違いして、会社に怒鳴りこみの電話をしてきました。しかも妊娠初期の事でした。
その後出産の為辞めることとなりましたが、会社の上司から夫のことをかなり詳しく聞かれた上でそれとなく言われました。
本当にショックで血の気が引きました。
その後、義父母や夫がよく口にする地区をネットで検索してみると、全て部落に当てはまる地区で自分が住んでいる地区も昔はそうだったと知りました。
本当にショックでした。
冒頭に「悔しい」と書いたのは騙されたと感じるからです。
結婚前に夫の性格や暴力のことで母や親戚から反対されながらも結婚を選んだのは私です。
でも、墓場まで持って行こうとした夫が許せません。
私に話していたら結婚は迷ったかもしれない。
でもきっと結婚していたと思うんです。
それなのに純粋な気持ちでずっと夫を思ってきたのに隠し通そうとしている夫は裏切り者です。大嘘つきです。
夫を許せません。
結婚するまでは部落の人がいるのかどうかも知りませんでした。そして、部落が何かもよくわかりませんでした。
しかし、少しずつ勉強したり地区や周りの人間を見ていく中で分かったことがあります。それは差別する人間だけが悪いのではなく、差別される側にも問題があるということです。
義父や夫の親戚の会話は人間の血が通っていなくて、私にはとても理解ができません。酷い言い方かも知れませんが、気が狂いそうになるほど見ず知らずの他人を悪く言ったり暴言を吐きます。
私が言われることもあります。
今、人生にとても悩んでいます。こどもが小さいので母子家庭は厳しいかもしれませんが、穏やかな暮らしがしたいです。
夫とも義父母とも一切の縁を切ってこの土地からも逃れたい・・普通の考えをした人間と関わりあって生きたい。これが正直な気持ちです。
簡単にはいきませんが、何も考えずに生活しようとしても夫や義父が何か言動を起こす度にうんざりしている自分がいます。
まとまりの無い文章ですみません。
経験談やアドバイスなど、皆さんの考えをお聞かせ下さい。
どうぞ宜しくお願い致します。
最後まで読んで下さってありがとうございました。

悔しくて夜も眠れずこちらに辿り着きました。
(理解していただきたいので内容が細かく、長いです。申し訳ありません。)
出会った当時私は学生で、夫は県外の人間でしたが仕事の為に都心部に移り住んでいました。
結婚して4年です。子供が一人います。
夫が実家近くに転職したので、今は夫の実家の近くに住んでいます。
私は3人姉妹の末っ子で、父が中学生のときに亡くなったので母親に育てられましたが、祖父母が会社を経営していたので何一つ不自由なく育ちました。
出会った当時、夫は実家にルートセ...続きを読む

Aベストアンサー

難しい問題ですね。 差別する事はいけない事だと倫理を
説いても、実際にはいろんな形で区別されている事も事実。

自分がその立場に立った時に、つゆほども気にせず過ごせるか?
と聞かれると自信がありません。

普通に・・・・と言う気持はよくわかります。

昨今は、まだ昔ほどの差別はないにしても、中には未だに
違った目で見る人がまだまだいる事も確かです。

そのうえ、いろんな事件が世間を騒がせますから、この事が
表だって知られるようになれば、なにがしかの弊害はあるやも
しれませんしね。

この事案からまったくかけ離れた所で生活している物が
当事者に対して簡単に「差別はいけません」とは言い難いです。

関わった物の苦しみは関わった者しか分かりませんね。

輪の中に身を置くという事で、私は単なる個人の人格だけの
問題でもない気がします。

生活の環境と言う物は、個人の主観に大きく影響します。

周りを取り囲む人々が同じ価値観で接してくれば、少なからず
感化されますからね。

さて、問題は今後ですよね。
離婚されるなら身を隠す必要があると思いますよ。

今までの言動・行動を見ても旦那様自身がこの事をかさに
人を威圧する性格が見受けられます。
そういう境遇が持たしたら性格かもしれませんが、実際問題
多少危険である事は覚悟する必要があると思います。

出来れば御実家のご両親にもきちんと相談されて、考えうる
対応を模索しておく必要があると思います。

それでも先を考えれば、行動する価値は十二分にあると思います。
今は×1も珍しくありません。
心穏やかな生活が迎えられると良いですね。

難しい問題ですね。 差別する事はいけない事だと倫理を
説いても、実際にはいろんな形で区別されている事も事実。

自分がその立場に立った時に、つゆほども気にせず過ごせるか?
と聞かれると自信がありません。

普通に・・・・と言う気持はよくわかります。

昨今は、まだ昔ほどの差別はないにしても、中には未だに
違った目で見る人がまだまだいる事も確かです。

そのうえ、いろんな事件が世間を騒がせますから、この事が
表だって知られるようになれば、なにがしかの弊害はあるやも
しれませ...続きを読む

Q彼氏が自殺しました。

彼氏が一カ月前に自殺していました
原因は私にあるとおもいます。

彼はとても一途で そしてすこし心が脆かったし
二年間の付き合いで 別れようとか別れたいとかいう言葉を口にしたことはありませんでした。
毎日大すき!っと言ってくれていました

私たちは車で二時間かかる距離で 遊ぶ回数は私は仕事であり、彼は学生であり
私の休みは土日は確実にないので あまり時間があわなくて
月一で彼の家にとまりに行く程度でした

彼と付き合ってくうちに 私は何度か別れたいとおもうときがありました
その時は 彼氏がバイトもしないで奨学金で専門学校に通ってることに無償にいらいらしてたり
彼氏の恰好が v系寄りで少々派手だったり 彼の愛情が重く感じたり
そんな理由でした。

一度本気で別れようといって連絡をとらなくしました
そしたら 着信が90くらい来たり メールのあらしが来て
最後のメールで

俺はお前がいなきゃ生きてけない ごめん 死にます
という文面で 首吊りのロープの写真がはられてました

私は怖くなって 怖くなって警察に連絡しました

警察から後ほど連絡きたら そのときは大丈夫だったそうでした


それから話し合うことになって 会って話し合いました
その時も彼の部屋で話し合ったのですが、
私は命をかけごとに使うことはおかしい と言いました 彼は別れたくないし 俺が死んだってお前には連絡いかないから大丈夫だよ^^
言ってました・・

それからまた寄りを戻すことにしました
そのころは、ただ死なれるのが怖かったんです 本当に死なれる気がしてどうしょうもなかったのです。

一回目の自殺予告のまえに
ミクシーのほうで 死にたいとか もとから身長175cmで体重45キロくらいのかなり細身な体だったのに 首をつって余計なものが出ないように断食をする!って書いてあり その結果40キロまで落としてました その様子で 家族に精神病院にまでつれていかれたそうです。


正直自分でも ただの死なれるからどうしよう という思いで付き合っていても
連絡は取る気になれなくなって めーるの文面もつめたい雰囲気になり
どうしてつめたいの?
俺なんかしたかな?

などと聞かれるのも億劫になって

私は寄りを戻した後 また別れたいと メールを送りました

どうして?俺お前がいなきゃ生きていけないよ?
どうして?

メールをシカトして逃げると

また逃げるの?臭いものには蓋?
会って話し合おう

けれど 会って話し合っても変わらないのはわかってて
私は逃げてメールをシカトして ミクシーのつぶやきもみたくなくて
マイミクをはずして
なにもかも逃げました



そして彼は前見たくは メールも着信もなくて 
ミクシーのにっきでは
最初は死にたいっておもったけど いまおもったらあんなやつのために死ぬのはもったいないわwwwwwwwwwwwwwwwwクリスマスは長門だなwwwwwwwwwwww
って書いてあり 安心しました

けれど二日後 彼氏の友達から 相談のってたんだけど 昨日の深夜に死ぬっていってて ありがとうってメールが来た後 連絡がつかない 俺はいま東京にいるしどうもしてられないから 頼むから探してくれ
というめーるが仕事の休憩中にきました
休憩が終わる五分前で
家族の電話番号もしらないし どうしようとおもって
けれど仕事にもどって けど不安になってどうしようもなくて 一時間後にロッカーにもどって
携帯をひらいたら彼氏からメールがきていました




○○が自殺しました

遺言のほうに伝えてほしい方が書いてあったのでその方に連絡します

兄より



でした 私は彼氏の携帯に電話して そしたらお兄さんがでて
現実を知り泣き崩れました。






私には何も遺言はありませんでした
ただ 遺体には ポケットに私とのプリクラを入れて
手にはペアリング
それだけの持ち物でこんな寒い深夜に山で首をつりました


そしてミクシーのにっきに 
彼女を責めないでください すべて弱い自分に原因がある
お酒のせいですこし気がらくだ
やっぱり世界一かわいい さすが俺が愛した人だ



それだけ書いてありました


後悔しかありません
そして今ではこんなにも引きずって
なぜ振ってしまったのか こんなに自分を愛してくれてた人を どうして捨てたのか
どうして救ってあげられなかったのか
後悔だらけです
そしてできればあとをおいたい。
会いたい
ただそれだけです

これからさき一生このきもちをひきずっていくかとおもうと もう人生を終わりにしてもいいかなと思います


だれかのアドバイスをききたいです
また同じような経験をして今 どうやって暮らしているのか・・

できるかぎり質問にもこたえます
よろしくお願いします

彼氏が一カ月前に自殺していました
原因は私にあるとおもいます。

彼はとても一途で そしてすこし心が脆かったし
二年間の付き合いで 別れようとか別れたいとかいう言葉を口にしたことはありませんでした。
毎日大すき!っと言ってくれていました

私たちは車で二時間かかる距離で 遊ぶ回数は私は仕事であり、彼は学生であり
私の休みは土日は確実にないので あまり時間があわなくて
月一で彼の家にとまりに行く程度でした

彼と付き合ってくうちに 私は何度か別れたいとおもうときがありました
その時は ...続きを読む

Aベストアンサー

度々すみません。
誰かを愛したら、誰かの優しさに縋り付くのではなく、自ら愛を与えなさい。

あなたはできる事は全てしました。
彼との交際中に、彼に愛を与えたじゃないですか?
それは彼にとっては宝でかけがえの無いものです。

あなたが自我を堪えて、彼に嘘の愛を与える事が全て解決できたと思いますか?

私はそうは思えませんよ。

彼は自分の問題に彼自信が立ち向かうべきだった。
人を巻き込み、人の人生をうばってまで成せる事は、決して彼の力とは言えません。

あなたは幸せになりなさい。
辛さを経験しただけ、大きくなりなさい。
人の弱さや辛さがわかった今回を、忘れろとは言いません。

バネにして、誰かを愛した時、その人をありのままあなたの綺麗な目で見て、尊重してあげてください。

甘やかす事がすべてではありませんよ。

時には厳しく突き放す事が愛でもあります。

あなたは、この事を彼にしましたよね?

今は辛い、自分を責めるのも理解できます。
でも、あなたの人生はあなたが創るべきです。
厳しく書きましたね。ごめんなさい。
ただ命を粗末にして、後悔しているのは彼自身でしょう。
あなたまで悩むと、彼はますます辛くなりますよ。
彼への供養は、あなたらしく生きること。

度々すみません。
誰かを愛したら、誰かの優しさに縋り付くのではなく、自ら愛を与えなさい。

あなたはできる事は全てしました。
彼との交際中に、彼に愛を与えたじゃないですか?
それは彼にとっては宝でかけがえの無いものです。

あなたが自我を堪えて、彼に嘘の愛を与える事が全て解決できたと思いますか?

私はそうは思えませんよ。

彼は自分の問題に彼自信が立ち向かうべきだった。
人を巻き込み、人の人生をうばってまで成せる事は、決して彼の力とは言えません。

あなたは幸せになりな...続きを読む

Qジャングルで傷口に蛆が湧いたときの処置

医療装備の全くないジャングルで傷口に蛆が湧いたとします。
戦前の東南アジアで傷ついた兵士のような場合ですが、
蛆は腐肉を食べてくれるのでそのままにしておいた方がよいのでしょうか、
それとも取り除いた方がよいのでしょうか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

難しい問題ですよねぇ。
例えば、きれいな水があるところでしたら蛆を取ってきれいな水で傷口を洗う方法がありますが、これも衛生的に絶対的に安心とは言えない気がします。
また、蛆を取り除いたうえで、傷口を焼いたナイフなどで焼き、消毒する方法もあるかと思います。
抗生剤などの医療品のない地域では、このどちらかがとりあえず思い浮かぶ方法ですが、どちらが効果的か、もしくはもっといい方法があるかわからないので、自信なしでお願いします。

Q猫の警戒心の違い。警戒心の強い猫の性格改善

 近所の公園に6匹ほど野良猫がいます

 近隣の住民の人が去勢などを施し、えさも毎日与えるなど地域猫として扱っているのですが、ほとんどの猫は警戒心がすごい強いです。

 餌をおいても人の存在を警戒しながらでしか食べず、こちらがちょっと動いたら食べるのを止め、逃げられる体勢を取ります。 
 しかし、一匹だけ異常に人懐こい猫がいて、初対面の私にも近づいてきて、体にまとわりついて体をなでることもできます。
 その猫は6歳だそうですが、元々飼い猫だったかは不明です。

 なぜ、そこまで性格が違ってしまうのでしょうか?
 どういう点で性格が決まるのでしょうか?
  
 「三つ子の魂100まで」ではないですが、生まれてから人間に飼われていたかで決まってしまうのでしょうか?

 そして、警戒心の強い猫を人懐っこく改善することは可能でしょうか?
 youtubeで野良猫の里親になり、育てている成長期を見た印象としては、ひっかき噛み癖といった攻撃性をなくす程度の改善は見られるものの、人懐っこくするまでには改善できないように思えます。
 
 

Aベストアンサー

警戒心の強い猫を初対面の誰にでも人懐っこい性格にすることは不可能かと思います。
根気良く接することで特定個人への警戒心を解くことは十分可能かと思いますが。
私も初対面では私から逃げていた野良猫に毎日挨拶をしていたら、1ヵ月ほどしたらだんだん逃げなくなり、しばらくしたら猫のほうからすり寄ってくるくらい懐いてくれたことは何度かあります。
ただしその子は他の人間を見ればやはり逃げていました。
猫も人間をきちんと見分けるので、あくまでも個々人の間柄、ということになるかと思います。


人間でも人見知りをする人や他人に簡単には心を開かない人間を誰にでも簡単に気を許す人間に変えてしまうのはそれこそ洗脳でもしない限りは不可能でしょう。
猫も同じではないでしょうか。


ちなみに今の私の家の猫は野良ネコの生んだ生粋の野良ネコですが、赤ちゃんのころから異様に人懐っこかったです。
他の兄弟猫や親猫は非常に警戒心が強く、人間が近づけば威嚇しつつぱっと逃げてしまうのに、その一匹だけ人間にすり寄ってきました。
なぜ兄弟の中で一匹だけ人懐っこかったのかは原因は分かりません。
その子だけは餌を取る能力が劣っているらしくガリガリに痩せこけており(他の子はそこそこ栄養状態は良さそうだった)、見かねて家に連れて帰ったという経緯があります。
生まれつき警戒心が無さ過ぎて野良として生きていく能力が欠けていたのかもしれませんね。

知り合いの猫でも初対面の他人(例えば私)に対してすぐ懐いてくる猫はだいたい子猫のころから人懐っこい子だったそうです。
そう考えると警戒心の特別弱い猫は生まれつきそういう性質ではないかなと思います。

警戒心の強い猫を初対面の誰にでも人懐っこい性格にすることは不可能かと思います。
根気良く接することで特定個人への警戒心を解くことは十分可能かと思いますが。
私も初対面では私から逃げていた野良猫に毎日挨拶をしていたら、1ヵ月ほどしたらだんだん逃げなくなり、しばらくしたら猫のほうからすり寄ってくるくらい懐いてくれたことは何度かあります。
ただしその子は他の人間を見ればやはり逃げていました。
猫も人間をきちんと見分けるので、あくまでも個々人の間柄、ということになるかと思います。


人...続きを読む


人気Q&Aランキング