痔になりやすい生活習慣とは?

こんにちは。
冬休みの課題として太平洋戦争についてのレポートが課題としてだされました。
内容は主要な戦いについて2つ取り上げて、その具体的な内容や感想をまとめるといった感じです。
僕自身受験生なので早めに終わらせて受験勉強に専念したいと思いさっそくやろうとしたのですが、何を取り上げようか?と悩んでしまいます。
最近硫黄島の話題があるのでそれを1つ取り上げてみようかなと思ったんですが・・・
他にこれを取り上げてみては?というのはありませんか?
どなたかアドバイスお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

1.戦争を「早めに終わらせた」のは原爆です。


広島・長崎の原爆のことを課題にすると、資料が沢山ありますね。
戦いといっても、一方的に戦われてしまっていますが。
2.沖縄戦も重要な戦いです。満州、中国、アジア、ニューギニアまであります。
3.インパール作戦ですが、インドまで攻めて行きました。「戦場に架ける橋」や、
「ビルマの竪琴」で有名ですね。
4.「ケ号作戦」は太平洋戦争で奇跡の戦いといわれています。
「キスカマーチ」という曲まで出来て、三船敏郎さんが主演で映画もありました。
「キスカ撤退作戦」です。
5.その他「真珠湾奇襲作戦」「シンガポール作戦」「ミッドウェー海戦」
「空から落下傘で攻撃したパレンバン」「天一号作戦」などさまざまです。
お話はつきませんが、お好きなものをお選び下さい。
以上
    • good
    • 5
この回答へのお礼

たくさんのアドバイスありがとうございます。
インパール作戦とケ号作戦はあまり聞きなれない(自分自身が無知なだけかもしれませんね)もので少し興味がでてきました。

お礼日時:2006/12/25 17:29

世界に航空機で戦艦が沈められたという衝撃を与えたマレー沖海戦はどうですか?作戦行動中の戦艦を航空機で沈めることは出来ないという当時の世界の軍事常識を日本海軍航空隊の攻撃により破った戦いです。

その時に、撃沈されたのが当時イギリス海軍が誇っていたプリンス・オブ・ウェールズと巡洋戦艦レパルスの二隻の戦艦です。そして、この海戦以後の作戦行動中の戦艦を航空機だけで沈めた例は戦艦大和(坊ノ岬沖海戦)・武蔵(シブヤン海海戦)と、イタリア戦艦ローマがドイツ軍の特殊爆弾「フリッツX」によって撃沈された戦闘しかなく、いかに衝撃を与えたかが解るかと思います。しかし、日本は、敗戦まで大艦巨砲主義を捨てきれなかったわけです。全体からこの戦いの意味を考えるなら半藤一利さんの「昭和史」という本はお薦めです。この本を読むと、戦争について関心が持てると思いますが、受験の方が重要に決まっているので希望の進路にいけると良いですね。頑張ってください!!http://www.amazon.co.jp/%E6%98%AD%E5%92%8C%E5%8F …
    • good
    • 2
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。
なかなか面白そうな内容です。
もう少し調べてみようと思います。

お礼日時:2006/12/25 17:35

正直言って、こんな課題を出した教師は「大馬鹿野郎」ですね。


個々の作戦の成否が戦争の結果ではありません。
と、貴方に言っても仕方がない事です。

太平洋戦争で日本が負けた原因はミッドウェイ作戦でもガダルカナル島攻防戦でもインパール作戦でもありません。
「通商破壊戦」という経済戦争に負けたのが原因です。

通商破壊戦とは、主に潜水艦や航空機を使って敵の物資輸送を行う船舶(輸送船やタンカー)を攻撃して、敵を経済的に疲弊させる戦い方です。

日本は南方(インドネシアなど)の石油、ゴム、ボーキサイト(アルミの原料)、ニッケル鉱石に頼って戦争をしていました。
鉄鉱石ですら中国・海南島がメインで海上輸送でなければ運べませんでした。
ところがこれらを輸送する船団の護衛を重要視しなかったため、アメリカの潜水艦に徹底的に輸送船を沈められてしまい、戦争継続が困難となってゆきます。
どんなに優秀な兵器があっても、燃料が無ければただのがらくたです。

石油にいたっては、1945年3月に最後のタンカー(富士山丸と光島丸)が生還したのが最期です。その量は僅かに2.7万トン、容積にして3万キロリットルにすぎません。1945年は南方から生還したタンカーは延べ11隻に過ぎません。
4月に沖縄に出撃した戦艦「大和」が積んだ石油が約4000キロリットルですから、如何に少ないかがお判りでしょう。

この1945年の石油輸送作戦を取り上げてはいかがでしょうか?。
有名なのは「ヒ86船団」です。
この船団はタンカー4隻、貨物船6隻で構成され、1月9日ベトナムを出発、1月12日米軍の攻撃で全滅します。
事実上、この船団の壊滅で日本の南方物資輸送は終焉したといわれています。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

詳しいアドバイスありがとうございます。
先生自身はいい人なんですがね・・・(汗)
確かに経済によって負けたといわれてみればそうですよね。
なかなか興味深い内容を教えていただきました。
ありがとうございます。

お礼日時:2006/12/25 17:32

日本人なら「大東亜戦争」と言いましょう。

太平洋戦争はアメリカの言い方です。

ともあれ「ミッドウエー海戦」か「ガダルカナル島攻防戦」が一番良いと思います。
上層部が無能だと現場が苦労すると言う戦いです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。
大東亜戦争という呼び名は知っていましたが、今までは太平洋戦争と教えられたのでつい太平洋戦争と(汗)
やはりその2つが無難なテーマですよね。
もうちょっと考えてみます。

お礼日時:2006/12/25 17:26

二つだったら成功例と失敗例を取り上げて比較したらどうでしょう。


成功例:キスカ島奇跡の撤退
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AD%E3%82%B9% …
失敗例:インパール作戦(補給を無視した無能な司令官による最悪の作戦)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%B3% …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。
成功例と失敗例はなかなかいいです!
もうちょっと調べてみます。

お礼日時:2006/12/25 17:22

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q平和レポート

学校の宿題で平和レポートを書く宿題がでたんですけど、どんなかんじで書いたらいいかわかりません。
平和レポートには、いままでに習った事の感想(第1次世界大戦・第2次・日清戦争・日露戦争・満州事変など一通りの歴史戦争)・これからどうしたらいいか これからの行動などです。

例文やHPなど教えて下さい><

Aベストアンサー

その課題を出した先生がどのような思想の持ち主なのかで書き方は変わる問題でしょう。
課題を出されるまでに何回か授業を受けていれば、その先生の性格や意図が理解できていると思われます。
つまり、良い点数を取るには先生の趣向に合わせなければなりません。(良い点数を取れなくても、自分で納得するものさえ作れればよいなら別に気にする必要はありません)

もしかしたら何か変に聞こえるかもしれませんが、それはそれで重要なことで、社会において相手の要求に応えるということは非常に大事なことです。
学生のうちに身に付けて置くべきです。

ただ、なんとなくですが、
・戦争して犠牲になるのはいつも国民。国民が可哀相、政府氏ね
・ナチスドイツと日本の悪事を書いて叩きまくる
・戦争は悲惨且つ愚か者のすること、平和(戦争がないこと)が一番さ!(軍隊を廃止するべきと書けばよりよいかと)
大抵の場合、このあたりをポイントに書けばそれなりの点数はもらえると思います。

Q戦争のレポート

社会の課題で戦争のレポートを書くことになりました。
親戚に戦争で自分が体験したことを聞いてまとめるというような感じです。
しかし近くに住んでいる祖母は。戦争の話になるととっっっっっっってもうるさいんです。 
しゃべりだしたら何時間になることやら・・・(; ;)

本当はこの場を借りて聞きたかったのですが、ここを利用している人で戦争体験者はいないと思うので、戦争の体験談などがのっているHP知らないでしょうか? 教えてください。

Aベストアンサー

戦記物の書籍はどこの書店にもありますね。
もし東京近郊在住ならば目黒にある防衛研究所には一次資料を保存している防衛研究所図書館がありますので、行くとよいかもしれません。それから靖国神社にある遊就館も時系列に資料が展示されていますから参考になるでしょう。
外国の戦争なら割りと近年のものも多いですから、図書館などにいって新聞の縮小版を見るのもよいでしょう。
旧軍時代からある駐屯地や基地などには古くからある資料館があります。これらを見るのもよいでしょう。電話帳に駐屯地、基地の電話番号がありますから電話して、広報班に見学したい旨を話せば見せてもらえるとおもいます。
私も参戦経験はありませんが、具体的な戦争名や戦域、作戦名などを質問していただければ概要ぐらいは説明できます。このサイトの利用者にも結構詳しい方も多いと思われますので、質問されると良いと思いますよ。

Q太平洋戦争について

太平洋戦争について調べていますが、日本を悪く書いている資料が多いです。私としては日本が戦争を始めたのにも理由はあるでしょうし、正義もあったと思うのですが。そのあたりの所を説明できる方、私を納得させてください。

Aベストアンサー

「正義」が何に対して正義か、ということが問題だと思うのですが、何百万人の命を失った戦争に正義があるとは思えません。
ただ、勝ったものがただしくて負けたものが悪だという「勝てば官軍」理論は根本的に間違いだと思います。

「太平洋戦争」は「真珠湾攻撃」などに始まる米英軍との戦争ですが、日本軍が攻撃したのは基本的に軍事基地(とばっちりで民家に被害が及ぶのは湾岸戦争でも同じ)であって、「奇襲」したこと以外は「まともな戦争」といえるでしょう。むしろ、アメリカ軍は、その情報を知っていながら、自国民に隠して「リメンバー・パールハーバー」で国民に火を付けるために「奇襲」させた責任があると思います。
犠牲者の圧倒的多数が民間人である、広島長崎の原爆投下のことを思えば、日本以上にひどいことをしています。

中国や朝鮮侵略について言えば、中国や朝鮮が日本に攻めてきたわけでもなく、完全に日本側の侵略であって、これは米英などとは別に堂々と非を認めるべきだと思います。(別に子孫があやまることではなく、過去にそういう間違いをしたが、これからの日本人はそういうばかなことはしないで、アジアの仲間として仲良くやろう、ということで。)

「正義」が何に対して正義か、ということが問題だと思うのですが、何百万人の命を失った戦争に正義があるとは思えません。
ただ、勝ったものがただしくて負けたものが悪だという「勝てば官軍」理論は根本的に間違いだと思います。

「太平洋戦争」は「真珠湾攻撃」などに始まる米英軍との戦争ですが、日本軍が攻撃したのは基本的に軍事基地(とばっちりで民家に被害が及ぶのは湾岸戦争でも同じ)であって、「奇襲」したこと以外は「まともな戦争」といえるでしょう。むしろ、アメリカ軍は、その情報を知って...続きを読む

Q小学生でもわかる第二次世界大戦の流れ

小学生と、知的障害がある中学生に第二次世界大戦のことについて
説明してほしいと頼まれましたが、しゃべった内容が難しかったのか
ぽかーんとされてしまいました。自分が完ぺきに理解しているというわけでもないので
説明しながら自分でもわからなくなってしまいました。

そこで、子どもにも簡単に説明できるような第二次世界大戦の
開戦きのっかけ、流れ、終戦、状況などをとても簡単に教えてください。
お願いします。
一時間以内で話せたらいいかなあと思っています。

Aベストアンサー

 こういうのでどうでしょうか?

(1) 世界は3つのグループがあった。
 A)アメリカやイギリスなどお金持ちの強い国。
  Cグループの弱い国を支配していた。

 B)日本・ドイツなど貧しくて強くなりたかった国。
  AグループからCの国を奪おうとして戦争を起こした。

 C)AグループやBグループに支配されていじめられて
  いたので支配から逃れようと運動をおこしていた。

(2) 開戦

 ・日本は朝鮮や台湾・中国の北部を支配していた。
  中国全部を支配しようと戦争を始めていたが、アメリカ
  やイギリスが邪魔をしたのでそれら強国との大戦争に
  なった。
 ・ドイツも同じく周りの国々を軍隊の力で支配し、
  アメリカやイギリスと大戦争になった。
 ・強国に支配されていた国々は日本やドイツのやりかた
  が酷かったので日本やドイツと戦いを始めた。

(3) 流れ

 ・日本とドイツの戦争のしかたは奇襲といって相手が
  油断しているときに突然襲う戦い。だから初めは
  勝つけれど、より強いAグループが本気を出すと
  日本・ドイツは負けていく。そして支配の仕方が
  酷いので支配された国の人から恨みをかい日本と
  ドイツは大敗する。

(4) 終戦
 ・負けることがわかっても日本だけ戦いつづけた。
  理由は天皇を守るためということだった。
  戦いが続く中、アメリカは原爆という大きな爆弾を
  日本の広島と長崎に落として日本は降参した。

(5) 状況

 ・この大戦争は初めは強国どうしのよその国を奪い合う
  喧嘩だった。けれど日本やドイツが少人数の偉い人の
  命令をみんなは文句を言わず聞け、一人一人の事より
  国=偉い人のほうが大事なんだという考え方と、一人
  一人の事を大切にする考え方に賛成する国々との戦い
  となり、最後は日本と80の国々との戦いとなった。

 ごめんなさい。やはり難しいですね。でもこれを下敷きに

もっとお話し的に変えたらどうでしょう?

 

 こういうのでどうでしょうか?

(1) 世界は3つのグループがあった。
 A)アメリカやイギリスなどお金持ちの強い国。
  Cグループの弱い国を支配していた。

 B)日本・ドイツなど貧しくて強くなりたかった国。
  AグループからCの国を奪おうとして戦争を起こした。

 C)AグループやBグループに支配されていじめられて
  いたので支配から逃れようと運動をおこしていた。

(2) 開戦

 ・日本は朝鮮や台湾・中国の北部を支配していた。
  中国全部を支配しようと戦争を始めていたが、アメ...続きを読む

Q太平洋戦争中の食生活は?

この時期になると太平洋戦争時のことがとかく問題になります。
今年も靖国参拝問題とか戦争責任とか・・・。とはいえ、現在の日本を見れば、
不況だ不況だといいながらも飽食を貪っている。戦争自体は毎年語られるけど
戦争中に国に残って生活していた人たちについては忘れられがちな気がして。
どのような生活で、どのようなものを食していたのか良くご存知の方、教えてください。

Aベストアンサー

この時期の人々は既に高齢化しています。

私が昭和8年,1933年生まれ、戦争の終結が昭和20年,1945年。現在68歳
戦争の前線に出た人々は70歳を越えています。

私の体験は小学生の2年から6年まで、この間の体験は到底このようなところで
総てを書くことは不可能です。

育ち盛りの年齢、最後には食べ物の話になります。
生活していた場所、環境により違いはありますがこと食べ物については農村が
有利でした。

粟、稗こそ食べませんでしたが、大豆の絞り粕、小麦のふすま、かぼちゃ、
薩摩芋、干し杏、大麦、等が主食の座を占めたことも有ります。

白米のご飯と梅干は最高のご馳走。肉などお眼にかかることも有りませんでした。
総ての生活物資は国の統制下、一人にどれだけかの割り当てが有りましたが、

戦争末期になるとこの割り当ても有名無実でした。
履物、衣類も総て同じ、年々大きくなる子供は履物には苦労しました。

右左大きさの違う靴を貰って喜んでいましたが最後にはこれも無くなり
草鞋を履いていましたがこれも新しい物は学校で盗まれました。

欲しがりません勝までは、この標語の下に耐乏生活をしていました。

海に魚は多く居たようですがこれを獲りに行く漁船も軍の管理下、
漁をする人も少なくなり、漁船も海に出ると爆撃の標的になりました。

私は戦争終結後、微熱が続きましたが飢餓熱、栄養失調の発熱でした。
私達年代の人が戦争の体験を語るとき最後には食べ物話で終わります。

日本の大中都市に暮らした人々の殆どは爆撃の恐怖を体験し、衣食住総てで
辛酸をなめた筈です。

このような生活が精神的な重荷になり語ることを拒否する人もあると聞きました。
野坂昭之(字が違うかも)のアメリカひじきと言う小説が終戦前後の食生活を書き賞を貰った筈です

確かこれをもとにしたアニメが有りました。
見ていて目頭が熱くなりました。

私の姪がこのような話を聞きたがり話し事が有りますが2時間くらい話しても
終わりませんでした。

このような生活をしてきても人間は生きています。改めて生命力の強さを
実感するときも有ります。

この時期の人々は既に高齢化しています。

私が昭和8年,1933年生まれ、戦争の終結が昭和20年,1945年。現在68歳
戦争の前線に出た人々は70歳を越えています。

私の体験は小学生の2年から6年まで、この間の体験は到底このようなところで
総てを書くことは不可能です。

育ち盛りの年齢、最後には食べ物の話になります。
生活していた場所、環境により違いはありますがこと食べ物については農村が
有利でした。

粟、稗こそ食べませんでしたが、大豆の絞り粕、小麦のふすま、かぼちゃ、...続きを読む

Q戦争中、普段通りの生活をしていた人の話を聞きたい

戦争中、普段通りの生活をしていた人の話を聞きたい

戦争体験としてよく語られるのは、原爆や空襲などの攻撃によって肉親が死んだり、家が焼かれたりというものが中心ですよね。
戦後世代の人は、戦時中は1億人の国民全員がこのような辛酸をなめ、苦しい生活を送っていたと信じ込んでいます。
戦時中を過ごした1億人の国民全員が苦労人で、戦後の日本があるのはその人たちのお陰で、その人たちに感謝しなくてはならないという論調が多く見られます。

でも、これってちょっとおかしいですよね?確かに戦争で軍人、民間人合わせて310万人の人が死亡し、都市面積の30%が消失したと言われています。
しかし、310万人の死者は一見多いように見えますが、1億人の人口から見たら3%で、97%の国民は生き残っているわけです。
また、国土が焼け野原になったと言われますが、都市面積の70%は無傷だったわけです。

これらのことから見ても、当時の国民で、肉親や親戚に死亡した人がおらず、空襲も受けなかった人はかなりの数がいるはずです。
その中でも、農村部に住んでいる人であれば、食料にも不自由せず、普段通りの生活をしていた人も多くいたと推測されます。
もちろん時代が時代ですから、派手なパーティーをやったり、観光旅行にでかけたりということはできなかったでしょう。
しかし、戦後世代の人が教わったような、日本中が地獄絵と化したというのはちょっと大げさなのではないでしょうか。

当時は情報も統制され、日本がどんどんやられているというような情報は入って来なかったでしょうから、いずれ自分たちも攻撃を受けるというような危機感もなかったと思われます。
当時の国民の、少なくない数の人たちが、実は普段通りの平和な生活を送っていたと推測されます。
戦時中、実際にこのような普段通りの平和な生活を送っていた方の体験談を聞かせていただけませんか。
また、そのようなことを紹介したサイトなどがあれば教えて下さい。

なお、私が聞きたいのは「戦争中、普段通りの生活をしていた人の話」であって、「そんな人はいない」とか、「そのような質問は不謹慎だ」というような回答はお断りします。
質問の趣旨を理解した上で回答をお願いします。

戦争中、普段通りの生活をしていた人の話を聞きたい

戦争体験としてよく語られるのは、原爆や空襲などの攻撃によって肉親が死んだり、家が焼かれたりというものが中心ですよね。
戦後世代の人は、戦時中は1億人の国民全員がこのような辛酸をなめ、苦しい生活を送っていたと信じ込んでいます。
戦時中を過ごした1億人の国民全員が苦労人で、戦後の日本があるのはその人たちのお陰で、その人たちに感謝しなくてはならないという論調が多く見られます。

でも、これってちょっとおかしいですよね?確かに戦争で軍...続きを読む

Aベストアンサー

 母は田舎にすんでいたので、まったく戦争の影響はなかったそうです。
確かに統制品は手に入りにくかったらしいですが、食べるのにはまったく困らなかったそうですよ。
 よく、都会から食べ物を分けてくれって人が来たらしいです。

 父は逆で都会で生活していたので疎開をしました。
疎開には、集団疎開と縁故疎開ってのがあるんです。
中でも悲惨なのが集団疎開です。学校の力関係が24時間中です。いじめっ子はずっといじめ、いじめられっこはそれこそ現代で言うイジメなんかと比較できないほど酷かったらしいです。

 また、縁故疎開っていうのも、ようするに都会のこじゃれたガキが、自分の親戚をたよって田舎に疎開するんです。すると、もちろんその子のキャラにもよりますが、めちゃ人気者になった人もいたみたいです。

Q夏休みの宿題 税についての作文

夏休みの社会の宿題で、
「税についての作文」というものがでました。
一応、書いてみたので時間がある方は読んでいただけないでしょうか?
枚数は3枚以内ということで、これだと2枚とちょっとくらいです。
題名がまだ決まっていないので、もし何かあればお願いします!


 私は、正直に言うと、今まで「税」というものについてよく知りませんでした。
自分が払っている税金と言うと、消費税くらいしかないし、
その消費税は、何かを買うと付いてくるし、
「税金なんかなくて良いのに。なんで払うんだろう。」と思ったこともありました。
 そこで、税金の使われ方について調べてみました。
すると、税金は、私たちが毎日学校で勉強するために使われていたり、
私たちの生活や安全を守るために使われていることが分かりました。
また、税金によって、医療費が安くなっていたり、ゴミ処理がされているということも分かりました。
 もし、誰も税金を払わなくなったら、どうなるだろうか。
と考えてみると、
私たちが今まで当たり前のように通っていた学校には通えなくなってしまうし、
私たちはこれから安心して暮らしていけません。
税金がなくなっても、毎日学校で勉強をしようとすると、
私たち中学生は、月々約7万9千円、つまり年間94万3千円を払わなければなりません。
他にも、税金がなくなれば、警察・消防費として、国民一人当たり約4万5百円、
ゴミ処理費用として、国民一人当たり約1万7千9百円を払い、
医療費は今よりも高くなります。
これらは、税金を払っている今は、税金によってまかなわれているのです。
そう考えると、税金は私たちにとって、とても必要なものだと思います。
 今まで、「税について知りたい!」とか「税金は必要だ。」と思ったことは
一度もありませんでしたが、今回調べて、税についてよく分かったし、
税金は必要だと思いました。
私たちは、いつも「勉強したくないなあ。」と思いながら学校に通っていますが、
こうして、当たり前のように毎日学校で勉強ができるのも、
税金があるからできるのだと分かりました。
 私たちはまだ、税金を払う立場ではなく、税金を使う立場の方です。
税金によって、私たちは色々な面で支えられています。
日本全国の人々が、税金を払い、
その税金によって、私たちは支えられています。
だから私も、将来、もっと税金を払うようになったら、
他の人たちを支えたいと思います。

夏休みの社会の宿題で、
「税についての作文」というものがでました。
一応、書いてみたので時間がある方は読んでいただけないでしょうか?
枚数は3枚以内ということで、これだと2枚とちょっとくらいです。
題名がまだ決まっていないので、もし何かあればお願いします!


 私は、正直に言うと、今まで「税」というものについてよく知りませんでした。
自分が払っている税金と言うと、消費税くらいしかないし、
その消費税は、何かを買うと付いてくるし、
「税金なんかなくて良いのに。なんで払うんだろ...続きを読む

Aベストアンサー

>消費税くらいしかないし、
>よく分かったし、

この「~し、」というのを書き直しましょう。
作文ではあまり使いたくない言葉使いです。

税金というと、一番身近なのは消費税でしょうか。
良くわかりました。

>だから私も、将来、もっと税金を払うようになったら、
>他の人たちを支えたいと思います。

この部分が???となる文章でした。
税金を払うことに支えるとありますが、何を支えるのかを書く。
または最後の〆の言葉自体を変更してもいいかもしれません。


これくらいでいいと思います。
中学生なので十分ではないでしょか。

Q戦争体験者が若い世代に伝えたいことって?

戦争のレポートを書かなくてはいけないのですが、

戦争体験者が、若い世代に伝えたいことって何ですか??

祖母に聞いたのですが、ボケていて質問に合った答えを言ってくれません。。。

わかる方いらっしゃいましたら、教えてください!!

Aベストアンサー

もう10年か20年ぐらいずっと、よく小、中、高校ぐらいまでの生徒に向けて戦争体験者の老人があれこれ話したり、書いた文章を読ませたりする活動が目につきます。まあ大抵の場合は初めに戦争に関連して起こった悲惨な出来事を話したり読ませたりして「怖いぞー、コワイぞー、オバケだぞー」っていうのと同じやり方でショックを与えて子供たちの心をつかみ、そのあと戦争は良くないと話をつづけ・・・・そして、なぜか結論として「日本は戦争をやってはいけない」「自衛隊反対!」「憲法9条を守ろう!」「中国・韓国にもっともっと謝ろう!」と、なにやら変な方向に持っていくのが、こうした活動によくあるパターンです。戦争なんて、いつ向こうから仕掛けてくるかわからないのにね。私も「できる事なら戦争は避けたほうがいい」とは思いますが、つい先日も日本の島々に無礼なことをしてくる国が2つもありました。それが現実です。

私は太平洋戦争を体験していませんが、昭和30年代の終わりに生まれました。私の身の回りの大人たちはみんな戦争体験世代でした。私の両親もそうです。私の父の兄は海軍で戦死し、海の底です。父も学徒動員で作業しているときに、アメリカ軍の飛行機から機銃掃射を受けたと言っておりました。母は家のそばに落下傘(パラシュート)で降りてきた日本軍のパイロットの話をよくします、大やけどをしていたと、死んでしまっただろうか、可哀想だった、と。その他いろいろな戦争体験者の話を子供の時から聞いて育ちました。食料をはじめ、いろいろなモノがなかったという話も多いです。そうした話を総合すると、いろいろな意味で「戦争中は大変だった」というのが多くの人の “若い世代に伝えたいこと” だったと思っています。

で、そのあと大人たちが、さらに何か言ったかというと、あまり記憶にありませんね。あんまり反戦、反戦とバカの一つ覚えみたいに唱えていた記憶はありません。そういうのをやってたのは戦争が終わってから生まれてきた世代の連中が主流だと思います。自分自身が戦争で大変な目に遭った人たちは、意外と普通に戦争映画(べつに反戦がテーマの映画ってことはないですよ、バリバリ!っと敵を倒して主人公が勝っちゃうような映画が昔はほとんどです)を見たり、戦闘機や戦車や戦艦のプラモデルを作るのに協力してくれました。男でも女でも。昔の人はたくましかったんですよ。「なるようにしかならない、その中でがんばろう」って感じの人が多かったと思います。




今はねぇ、なんかちょっと変ですねー。戦争の話をする体験者っていうとなぜか特定の思想の人、またはそういう思想に利用されている人が出てきて子供たちに洗脳をしようとします。なんなんでしょう。戦争は酷いことですが、ギャンブルも酷いことです。パチンコなんてあちこちにあって、ものすごく酷いです。パチンコは人を悪魔にします。大きな借金を作って自殺したり、犯罪をおこしたり、自分の幼い子をパチンコ屋の駐車場で蒸し焼きにしたりします。この数十年、戦争が原因で死んだ日本人より、パチンコが原因で死んだ日本人のほうが何万倍もいるのです。でもなぜかパチンコのことはみんな黙って戦争反対しか言いませんねー。

ちょっと考えてみてください。太平洋戦争の記憶がある人っていったら、もうみんな70歳以上です。私の母(父はもう他界しました)を見ていてもそうですが、このぐらいの年齢になるとアレコレやるのが体力的にも精神的にも辛くなります。インターネットやってる人なんて少ないし、その中でわざわざ歴史問題について発言してくる人はかなり珍しい部類だと思います。ただ例外として特定の思想に凝り固まって意図的に活動している人は異常に元気で、頼まれもしないのに自分からアレコレ書いたり、あちこちに出かけて行っては戦争体験を話し、それだけならいいのに、何か思想めいたことまで添えます。

実はかわいそうな人もいるんだろうなと思います。年を取ると弱くなります。肉体的にも弱くなるし、精神的にも弱くなります。物事にあまり逆らえなくなってくるんです。テレビをつけても、ラジオを聞いても、新聞を開いても、最近は戦争について語る場合は必ず最後に何やら特定の思想の人たちに都合の良いことだけを余計に付け加えます。そういうのばかり見聞きしていると、変な思想をもっていない人でも、なんとなく逆らえなくなって同じような事を言い添えるようになってきたんじゃないでしょうか。

今から20年ちょっと前に世の中で重要なことがあったんです。20年よりももっと昔はソ連というかなり厄介な国があって、日本人の多くはその国を恐れていました。戦争なんて向こうからいつ仕掛けられるかわからなかったんです。昔の戦争を体験した人たちの中にはソ連にひどい目に遭わされた人も多く、ちょっとでも油断すればまたソ連にひどいことをされると思っていましたから(実際に北海道の漁船などは銃で撃たれて死んだ人もいます、戦争でもないのに!)、今ほどノンキなことは言っていませんでした。でも、ある特定の思想の人たちはコソコソ隠れながらソ連が日本を潰してくれるのをじっと待ち望んでいました。ところが20年ちょっと前にそのソ連は自分で崩壊してしまいました。

困ったのは特定の思想の人たち(「団塊の世代」といわれる層を中心にして、その前後を含む1946年~1950年ぐらいに生まれた人たちが多いです)。さあ大変だ、ソ連さまが日本を壊してくれる可能性が無くなった、これからは自分たちがもっと頑張ろう!ということでなりふり構わずいろんなことを始めました。新聞はそういう人たちの活動のよい道具になりました。「従軍慰安婦」という何やら変な話を作り出したのもそれからです。またそのころから韓国や中国も貧乏なだけの国から少しぐらいは金を持つようになって、特定の思想と協力関係を持ちます。そうしているうちに新聞、テレビ、ラジオなどなどは特定の思想にとってどんどん都合の良いものになっていき、そこに出てくる戦争の体験談もジワジワとある思想を混ぜてくるようになりました。そして、すでに上に書いたように、思想とは関係のない人たちまで似たような言い方になってきました。

今の若い人たちは、戦争体験世代から中立な話を聞くことは難しくなってきていると思います。まあせいぜい「何があったか」は聞いておいて、そのあとの「だからどう」というのはフーンって感じで十分じゃないかなと、大昔に混じりっけなしの話を聞いたオッサンは思います。ボケてるとか酷いことをいいますが chloe_sho さんのおばあさんの話のほうが、実は中立な良い話なのかもしれません。あなたのおばあさんの話で十分ではないでしょうか。

もう10年か20年ぐらいずっと、よく小、中、高校ぐらいまでの生徒に向けて戦争体験者の老人があれこれ話したり、書いた文章を読ませたりする活動が目につきます。まあ大抵の場合は初めに戦争に関連して起こった悲惨な出来事を話したり読ませたりして「怖いぞー、コワイぞー、オバケだぞー」っていうのと同じやり方でショックを与えて子供たちの心をつかみ、そのあと戦争は良くないと話をつづけ・・・・そして、なぜか結論として「日本は戦争をやってはいけない」「自衛隊反対!」「憲法9条を守ろう!」「中国...続きを読む

Q中学生が取り組む平和学習についてアイデアをください。

私は,中学校教師ですが,現在,平和学習の取り組みを始めたところです。
1年生を担当していますが,「原爆投下と核兵器の現状」というテーマで取り組んでいます。
長崎ということもあり,毎年8月9日に向けて平和学習を行うわけですが,今回は,世界に向けて平和に関するメッセージを発信してみようと思っています。
ただ,どのような過程でメッセージを作成させ,どこへ発信すればいいのか?また,その方法などまったくわかりません。
このことについて経験のある方,なにかアイデアや手立てをおしえていただけませんか?

Aベストアンサー

高校の修学旅行で広島・長崎へ行きました。
広島は早朝に到着した為、平和公園を散策した程度でしたが
長崎は原爆資料館を見ました。

当時は飛行機が好きで専門誌を定期購読していた事もあり
原爆の基本原理や戦争での戦死者などの数値も知っていました。

資料館を見て思ったことは、本や写真で見た事よりも展示物の
物言わぬ圧力といいましょうか、強烈な思いを受けた記憶があります。

原爆投下に関して言えば、広島よりも強力な爆弾が投下された
にも関わらず地形の関係で被害者が少なく済んでいます。
その為か、2度目からか、広島に比べると長崎は原爆のイメージが
薄いく感じます。

また、日本が降伏しなければ第3、第4の原爆投下がなされて
いたであろう事も容易に想像が付きます。朝鮮動乱でもマッカーサーは
平壌他に原爆を投下すれば戦争が終わると大統領に進言したが
許可されず、未だ第3の原爆投下は行われいません。

核拡散防止条約があっても、東西冷戦の終結により二大超大国の体制が
崩れ、インド,パキスタンに広がり、北朝鮮は保有しているといった
報道がなされています。また、イランは核施設の査察を拒否しており
平和利用に余り関係のない円心分離器施設を建設しているようで
確実に核は拡散しています。

世界へのメッセージを出すのであれば、原爆の恐怖と反戦を唱えても
外国の人(特にアジア人)には、通用しないと思います。
何故戦争が始まったのかまで突き詰めて行くと大変ですが
日本が戦争への道をひたすら走った結果として原爆が投下された
と言う事実は明記しないと、平和を詠う事は出来ないと思います。

何処へ発信するのかは、悩む必要はないと思うのですが・・・
今やインターネットの時代です。これを利用しない手はないと
思います。確かに、アジアの国々を考えると韓国、台湾は
普及していますが、他の国々はまだ普及していません。
しかし、メディアに呼び掛けても国内限りで終わる様にも思え
ますので、それに比べれば多くの人に見て貰える可能性があります。

学校のHPがあれば、その中に日本語と英語のページを設けて
中学生達が思う戦争への思いや、原爆の恐ろしさを書いたページを
作り、検索サイトに投稿し原爆などのキーワードで検索した時に
確実にヒットする様にすることで閲覧者を増やすことが出来ると
思います。また、県庁の記者クラブへ、HPを作成した事をポスト
する方法も考えられます。

全国紙の記者の目とまり記事になれば強力なサポートになると思います。
先ずは、出来ることから始めることが大切ではないでしょうか?

高校の修学旅行で広島・長崎へ行きました。
広島は早朝に到着した為、平和公園を散策した程度でしたが
長崎は原爆資料館を見ました。

当時は飛行機が好きで専門誌を定期購読していた事もあり
原爆の基本原理や戦争での戦死者などの数値も知っていました。

資料館を見て思ったことは、本や写真で見た事よりも展示物の
物言わぬ圧力といいましょうか、強烈な思いを受けた記憶があります。

原爆投下に関して言えば、広島よりも強力な爆弾が投下された
にも関わらず地形の関係で被害者が少なく済んでい...続きを読む

Q原爆・長崎・広島の被害者数は一体どれくらいなんでしょうか。

鳥インフルエンザ、新型(鳥)インフルエンザが流行してしまった場合、最悪の事態の予想を、新型インフルエンザ対策検討小委員会が明らかにしたという数値をみて、死者、患者共にその数の多さに驚きました。あくまで最悪の場合の予想とはいえ、ものすごい惨事であると思いました。そこで、生物兵器という言葉を思い出しました。兵器には核兵器もあると。そこで気になりました。原爆・長崎広島の被害者数はどれくらいなんでしょうか。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

広島は当時人口42万人、死者、行方不明合わせて
12万2338人、長崎は、人口24万人、
死者、行方不明合わせて7万3884人と言われています。

被爆後5年間の間に広島で20万人、長崎で14万人
です。


人気Q&Aランキング