こんにちは!

今テレビで「怒りが沸点に達する」と言っていましたが、「怒りが頂点に達する」という言葉使いは間違いなのでしょうか?
私は今まで後者の使い方が正しいと思っていましたが、どちらが正しいのでしょうか?


よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

激しく怒ることは、怒り心頭に発するだと思っていましたが、


あまり使われなくなり代わりに、沸点とか頂点がつかわれるようになったのでしょう。
そのほうが分かり易いからでしょう。国民の不満が頂点に達した。国民の怒りが頂点に達した。
の方が私の語感としては良いと思います。
    • good
    • 0

沸点は物質や気圧によって違いますから達しやすい人と達しにくい人がいます。


そういう比喩的な表現として故渡辺和博が使っていた例があり(「沸点が低い人高い人」など)造語としてある程度定着しているのではないかと思います。

つまり造語・新語としてはありではないかと私は考えます。

沸点に達するまでは我慢をしていて、沸点を超えると怒りが沸騰したり突沸、蒸気爆発したりするわけです。その温度を境に態様が変化するわけです。
    • good
    • 0

「怒りが沸点に達する」という言い方は間違いではありません.



日本語として意味が伝わってきますから.

テレビや映画などで使う言葉は,作家や脚本家などが勝手に作りますので,なんとなく意味が通じれば,何でもいいのです.

むしろ,作家や脚本家が,普通は使われていない,極端な言い方で,なおかつ,意味の通じる言葉を探して用いることは,よくあることです.

「怒りが沸点に達する」は,その類かも知れません.

日本人でない人々は,戸惑うかもしれませんが,英語など,他の言語でも,そう言うことがあるのではないかと思うのですが・・・.

ご参考まで・・・.
    • good
    • 0

「怒りが沸点に達する」 とは一般的には使いません  「怒りが頂点に達する」 です



大向こう受けを狙っての表現か、A元総理と同じレベルか いずれかでしょう
    • good
    • 0

「怒りが頂点に達する」という言い方自体は間違っていません。

と言いますか、これが普通の言い回しだと思います。

「怒りが沸点に達する」という表現も間違いではないでしょう。私自身の考えでは「頂点」よりも更にその上を行く怒りを表現したものと思います。まぁ「沸点」という言葉自体の面白い使い方と言えば使い方ですね。相当な怒りなんでしょうね。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

怒り」に関するQ&A: 怒りに震えています。

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【日本語】新年と本年どちらが正しいですか?明けましておめでとうございます新年もよろしくお願い致

【日本語】新年と本年どちらが正しいですか?

明けましておめでとうございます
新年もよろしくお願い致します

明けましておめでとうございます
本年もよろしくお願い致します

Aベストアンサー

どちらが正しい? 使う場面によります。

新年=新しい年、正月で新たに明けた年。
本年=今年。

「新年が明けたので、おめでたい。本年(=今年)もよろしく。」

Q「今でも」「今までも」の違い

「今でも」「今までも」の違いは何でしょうか?

あの事は(今でも/今までも)忘れられない

日本人は「今でも」を使いますよね。
「今」と「今まで」のニュアンスの違いなんでしょうか?
ご教授よろしくお願いします。

Aベストアンサー

今まで、は過去から今に至る期間をさしてます。

>あの事は(今でも/今までも)忘れられない
「忘れられない」は現時点にたいする言葉なので「あの事は今でも忘れられない」が正しいです。
「あの事は今までもずっと気にかけていた」なら「今までも」が使えます。

・Aは今でもガラケーを使っている。
・Aは今までもガラケーを使っていた。
ガラケーを使い続けていることは同じですけど、前後の文章によって主体が今なのか今に至る期間なのかが変わってきます。

(Aさんのガラケーを見て)
「Aさん、今でもガラケーなんだね。
 今までもずっとガラケーだった?」
「うん、Aさんは前からずっとガラケーだよ。」

Qこの日本語の使い方が正しいですか?

『50分ごとにメールをチェックすることができる。』?

つまり50分経ったらメールをチェックしてもいい!チェックを許される!チェックできる!という意味ですね。

あとは、「~分ごとに」それとも、「~分毎に」どちらの方が分かりやすいですか?

そして、「~分ごとに」と「~分間隔で」と「~分に」はどう違いますか?

50分ごとにメールをチェックすることができる
50分間隔でメールをチェックすることができる
50分にメールをチェックすることができる

どちらの方が正しいですか?


お願いします。

Aベストアンサー

時間が経ってしまったから、もう必要ない回答でしたらすみません。

まず、その文章はあなたが考えたものですか?
あなたが 誰かに指示するために作った文章なら、
「50分ごとにメールをチェックすることができる」でいいと思います。
それは「50分間隔で‥」と内容は変わりません。
誰かに指示する文章で、必ず50分ごとにメールをチェックして欲しいなら、「50分ごとにメールをチェックしてください。」の方が必ずメールをその時間にチェックして欲しいという強い意味です。

「50分に‥」という文章は、毎時50分になればメールをチェックすることができますね。
1時間ごとに○時50分になったらメールをチェックできるでしょう。でも、こんなにのんきなチェックはあまり考えられないです。


もし、その文章がメールシステムの使用説明書に書いてあったなら、「~することができる」というのは、「~しなくてもいいけど、チェックするなら、この間隔でできますよ。」です。

例えば、50分間隔で新着メールがチェックできる設定になっているなどの状況が考えられます。


ついでに、この質問の件名は『この日本語の使い方は正しいですか』が正しい文です。
本文の最後は『どれが正しいですか?』が正しい文です。(『どちらの方が』は×)

時間が経ってしまったから、もう必要ない回答でしたらすみません。

まず、その文章はあなたが考えたものですか?
あなたが 誰かに指示するために作った文章なら、
「50分ごとにメールをチェックすることができる」でいいと思います。
それは「50分間隔で‥」と内容は変わりません。
誰かに指示する文章で、必ず50分ごとにメールをチェックして欲しいなら、「50分ごとにメールをチェックしてください。」の方が必ずメールをその時間にチェックして欲しいという強い意味です。

「50分に‥」という文章は、毎...続きを読む

Qこの日本語の使い方が正しいですか?

受信箱に沢山のメールがあるとしましょう。あるボタンを押したら、そのメールリストの真ん中にあるメールが、メールリスト(受信箱)のトップに移動します。そういう場合に、『メールはリストのトップまで登り詰める」という文章が正しいですか?そういう行動を伝えるために「登り詰める」という言葉が相応しいですか?自然ですか?

『注意』私はその真ん中にあるメールをトップまで移動させるのではない!自動的にトップに移動します!

それから、もう一つ聞きたいのは、その真ん中にあるメールは、最初に受信箱に届いた時に、リストのトップでしたので、「再び」という言葉も付けた方がいいと思いますか?つまり「再び登り詰める」ということですね。

お願いします。

Aベストアンサー

アプリケーションのマニュアルの文言なら

(このボタンは)選択中のメールをリストの先頭に移動させます。
(このボタンを押すことで)選択中のメールをリストの先頭に移動します。
(このボタンを押すと)選択中のメールがリストの先頭に移動します。

あたりが妥当でしょう。

「登り詰める」には「自力で」「名誉や権威等のあるところまで」というニュアンスがあります。
自力ではない(ボタンを押す、という使用者の意思によるもの)し、名誉や権威ではない(ただの「一番上」という場所)なので、不適切です。

> 『注意』私はその真ん中にあるメールをトップまで移動させるのではない!自動的にトップに移動します!

「メールを先頭に移動させよう」という「あなたの意思」で「ボタンを押す」という能動的な行動を取るのですから
「真ん中にあるメールをトップまで移動させる」のは、間違いなく「あなた」です。
その方法が「ドラッグ&ドロップで先頭まで移動させる」という手段ではない、というだけです。

> 「再び」という言葉も付けた方がいいと思いますか?

不要です。
「再び」とは、ある状態Aから一旦Aではなくなり、その後Aのなるような場合に、その状況の変化(A→Aでない→A)を強調するために使います。
このケースでは、過去にどの位置にあったか、等は関係ないので、わざわざ「再び」を入れる必要はありません。

アプリケーションのマニュアルの文言なら

(このボタンは)選択中のメールをリストの先頭に移動させます。
(このボタンを押すことで)選択中のメールをリストの先頭に移動します。
(このボタンを押すと)選択中のメールがリストの先頭に移動します。

あたりが妥当でしょう。

「登り詰める」には「自力で」「名誉や権威等のあるところまで」というニュアンスがあります。
自力ではない(ボタンを押す、という使用者の意思によるもの)し、名誉や権威ではない(ただの「一番上」という場所)なので、不適切です。

> 『注...続きを読む

Q{ }[ ] 「」『』 ()…正しい使い方

いろんなカッコがありますが、どういうときにこれをつかうのようなルールはありますか?

Aベストアンサー

文科省のHPの「No.56 国語表記の問題」の内、
http://www.bunka.go.jp/kokugo_nihongo/joho/series/56/56.html

「付録 くぎり符号の使ひ方〔句読法〕(案)」にパーレン個別の説明があります。
http://www.bunka.go.jp/kokugo_nihongo/joho/series/56/pdf/kokugo_series_056_05.pdf

より詳しい文芸作品での実例の詳細は次にあります。
「第1節 人・作品による -カッコの用例-」
「第2節 内と外と -カッコの問題-」
http://www.bunka.go.jp/kokugo_nihongo/joho/series/56/pdf/kokugo_series_056_04.pdf

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報