ちょっとひっかかるので質問させていただきます。
回答が1つしかないうちに終了してしまったのですが、このterrytapさんの質問に対するgould09さんの回答はベートーヴェンのソナタのごく一部のタイトルについている副題にしかすぎないと思います。

たとえば、「ワルトシュタイン」って何番でしたっけ。それから、「ハンマークラヴィーア」とかいった副題のものもあったと思いましたが、これも何番だったかちと気になります。
10番の副題もひょっとするとあったかもしれません。思い出せないまま葬られていたので、僕を気にさせたまま終わらせないでください!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

ここでもうちょっと補足を。



第1番・・・「小アパショナータ」×
第3番・・・「小ワルトシュタイン」×
第8番・・・「悲愴」**
第11番・・・「グランド・ソナタ」*
第12番・・・「葬送」×
第13番・・・「幻想風ソナタ」*
第14番・・・「月光」××
第15番・・・「田園」××
第17番・・・「テンペスト」××
第19、20番・・・「ふたつのやさしいソナタ」×
第21番・・・「ワルトシュタイン」××
第23番・・・「熱情」××
第24番・・・「テレーゼ・ソナタ」×
第25番・・・「やさしいソナタ」あるいは「ソナチネ」*
第26番・・・「告別」**
第29番・・・「ハンマークラヴィーア」**

*・・・・・・ベートーヴェン自身が付けたが今では一般的でない名称
**・・・・・ベートーヴェン自身が付け、今でも一般的に呼ばれている名称
×・・・・・ベートーヴェン以外の人物・出版社が付けたが、今では一般的でない名称
××・・・・ベートーヴェン以外の人物・出版社が付け、今でも一般的に呼ばれている名称

こうしてみると、ベートーヴェン自身が付けた記録の残っている標題が、けっこう多いことが解ります。しかし、有名なものの多くは
あとで誰かがつけたもので、作曲者自身の題がちゃんと残っているのは、悲愴と告別くらいでしょうか。
第1,3,24,25番の標題は、少々マニアックですね。しかし、第25番は、ベートーヴェン自身が出版社に「このようにつけてくれ」と頼ん
だという記録が残っているにもかかわらず、あまり今では知れ渡っていません。
第13番の「幻想風」という名称は案外有名ですよ。しかしベートーヴェンは次の「月光」にも「幻想風ソナタ」と記しています。第13,
14番のどちらも幻想風なのですが、月光という名がついてからは、幻想風といえば第13番を指します。
第19,20番は、ベートーヴェンの弟カールが、断りなしに勝手に出版社に売ってしまったものと考えられています。ピアノを弾く人なら
よく解ると思いますが、この2つのソナタだけ、周りのものと比べてあまりにも内容薄弱です。とても作曲家自身が出版する意志があっ
たとは思えません。また、この2曲は、ベートーヴェンの初期の作品という説が有力です。
第26番は、第1,2,3楽章に、それぞれ「告別」「不在」「再会」という名がついています(作曲者自身による)。我々は、第1楽章の名を
このソナタの名として呼んでいることになります。
最後のハンマークラヴィーアは、作曲者は「ハンマークラヴィーアのための大ソナタ」と名付けていたのですが、その頭のハンマークラ
ヴィーアだけが残りました。しかし、ハンマークラヴィーアとは単にピアノの独語に過ぎません。しかし、この作品の規模と内容を考え
ると、曲名に楽器の名をつけるに相応しいものです。
第12番の葬送は、ベートーヴェン自身が第3楽章に、「ある英雄の死を悼む葬送行進曲」と記したことから、呼ばれだした題名です。

ベートーヴェンの音楽の標題に着目することは、彼のロマン主義音楽創始についての議論につながるので、とても重要です。しかし、
ベートーヴェンのソナタは、標題とは関係の無い絶対的な世界において偉大なものですから、あまり標題を気にしても、ベートーヴェン
の音楽の理解の助けにはなりませんから、ご注意を。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

非常に詳しく網羅されてあり、助けになります。どうもありがとうございます。日本人ほど標題つきの曲の方が好きな民族はいないとよく聞きますが、まさにその通りで、ベートーヴェンの交響曲にしても、標題がついている英雄や運命、田園、合唱(あるいは第九)ばかりがもてはやされて、7番のような番号だけの交響曲が無視されることがままあります。
僕も標題にはあまり囚われていないつもりです。チャイコフスキーの悲愴のロシア語での意味は「情熱的な」意味あいを持っていて、決して「悲しい」のではないのだそうです。
ただ、今回はピアノ・ソナタということで、ちょっと僕の弱いジャンルなもので、どう識別されているのか、というのを知ることができました。ありがとうございました。

お礼日時:2001/05/06 08:43

nabayoshさんのお望みのご回答は、


"Der Baronin Josefa von Braun gewidmet"
でしょうか。私の手元の楽譜(ドイツ・ヘンレ社版)には、そうありましたが。

結論から言いますと、副題というのは後世の演奏家が勝手に付けたものも少なくないのです。例えば、同じベートーヴェンの「運命」は、海外ではたんに「第5」と呼ばれています。
ピアノソナタでも、INHALT(目次)に副題がついているのは、
8番(悲愴)
23番(熱情)
29番(ワルトシュタイン)
の3つだけです。月光などというのは副題のようで、実は副題などではありません。
「やさしいソナタ」(20番)もそうですね。これが副題かどうかはnabayoshさんに判断していただきましょう。

それでも「副題」(とやら)を知りたいというのであれば、現在公認されているようなものをすべて書き出しておきますから、ご参考までに。

8番 悲愴
14番 月光
15番 田園
17番 テンペスト
20番 やさしいソナタ
21番 ワルトシュタイン
23番 告別
29番 ハンマークラヴィーア

余談ですが、メンデルスゾーンの「無言歌集」にも、インチキな副題がたくさんついています。「春の歌」はそう呼ばれていると思いきや、実は彼のつけた題名ではない。そこらへんの判別を行うというのも、楽譜を読む楽しみであるのです。
ぜひ、世界で一番評価が高い原典版(原楽譜を忠実に再現したもの。対義語は校訂版。廉価版の多くがこれである)である、ヘンレ社の楽譜をお手にすることをお勧めします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そう、僕も副題というのには疑問を持っているのですが、以前の質問がちと納得がいく前に終わってしまった面があったので、やはり気になりまして。

ベートーヴェンはまだまだ標題音楽の時代ではないですから、こういうタイトルをどう処理していくかというのは難しいものですね。作品についた記号としてはどうやら役に立ちそうです。その判別コードが誰にも伝わればいいのですが。

今回はどうもありがとうございました。

お礼日時:2001/05/06 08:34

私の持っている「ベートーヴェンのソナタ」は、全曲が入っているもので無い事を


コメントしてませんでした。
ただ、10番は入っていて、そこには副題が入っていなかった為回答させていただきました。

「ワルトシュタイン」と「ハンマークラヴィーア」を調べて見ましたので確認して下さい。

21番 ワルトシュタイン
29番 ハンマークラヴィーア
    • good
    • 0
この回答へのお礼

gould09さんにご登場いただけて、納得のいく説明をいただき、ありがとうございました。
副題というのは本当にコレクター的な性質があるので、わかりにくいものがありますね。特にベートーヴェンの場合は、決して標題音楽と言えないところがあるので。
どうも御丁寧にありがとうございました。

お礼日時:2001/05/06 08:29

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qマナーモードなのに、いきなり「エリーゼのために」の音楽が流れ出します。

こんにちは。docomoN503iを使用している者です。
今の携帯電話を購入した当時から、携帯電話で不思議なことが起こるので、疑問に思い質問致します。
マナーモードで全く音が鳴らないように設定しているにも関わらず、「エリーゼのために」の曲が携帯電話から流れ出すのです。


携帯電話を開けて見ると、音が鳴り止み、モニターに何か表示されているようですが一瞬で見えず、また普通の待ち受け画面に戻ります。
時には、携帯電話を閉じた瞬間また「エリーゼのために」が鳴りだすという事が2、3回繰り返される時もあります。

着信・メールが着ていた訳でもなく、携帯電話自体に「エリーゼのために」の曲は入っていませんし、登録もしていません。

知人に話しても「そんな話は聞いた事がない。」と言われます。

静かにしなければならない場所でも、突然鳴りだす事もあり、大変困っています。どなたかこの不思議な携帯電話の行動が何なのかをご存知な方がおられましたら教えて下さい。

Aベストアンサー

以前、旦那の携帯で同じく『エリーゼのために』が流れ、不思議に思い調べました。
確かに、N503iには保留音として『エリーゼのために』がはいっているようです。
『クローズ動作設定』といって(メニュー+18)その設定が保留音になっていると『エリーゼのために』が鳴ります。
例えば通話後に受話器を置くボタンを押さずに電話を閉じるとその保留音がなります。(相手側も切ればその音は消えますけど)
それを解除するには同じくメニュー+18でミュートまたは終話にすればいいと思います。
もし、N503iの取り扱い説明書をお持ちでしたら、P186を読んでみて下さい。
ただ、これはあくまでも電話を閉じた時の動作の設定の場合ですから、何もしていないのにいきなり音が流れるというのであれば、こちらの回答にはあてはまらないと思います。

Qベートーヴェンのソナタの副題

ピアノソナタ10番に付いてる副題が思い出せません。
色々調べてみたのですが・・・。
誰かわかる方、お願いします!

Aベストアンサー

手元のあるペートーベンのピアノ・ソナタ集を見てみましたら
10番には副題がついていませんでした。
副題が有るのは下記になります。

8番「悲愴」
14番「月光」
15番「田園」
17番「テンペスト」
23番「熱情」

Q「エリーゼのために」にラップ?

最近ラジオでエリーゼのためにを
サンプリングした曲がかかってました
誰の曲でしょうか?
お願いします!

Aベストアンサー

NAS(ナズ)の「I Can」という曲です!

参考URL:http://www.vibe-net.com/CD/review/nas.html

Qベートーヴェンの2番のおすすめ

【おすクラ 第6回】

この交響曲を、みなさんはどの演奏で聴いているのでしょうか。
また、この曲の魅力的な部分とはどこでしょうか。感想でも結構です。

現在僕は1枚もしっかりしたCDを持っていませんが、それでも聴いてはいます。できればどれが名演であるか教えていただけるとうれしいです。

Aベストアンサー

こんにちは。この曲は、私の買った初めてのレコードで第1番とカップルで入っておりました。指揮はヨゼフ・カイルベルト、演奏はバンベルク交響楽団。なぜ買ったかというと、お恥ずかしい話ですが安かったから。レコード店に入ってみたものの、何を買ったらよいか全くわからず値段とベートヴェンの曲というだけで選んだもので、当時は、ベートーヴェンのシンフォニーが9曲なんて全くわかりませんでした。何ヶ月もこのたった1枚を辛抱強く聴き続けたので、クラシック、そして交響曲の中では第2番は一番古い付き合いになります。現在持っているCDは、オットマール・スイトナー指揮ベルリンシュターツカペレの演奏したものです。特に誇張された演奏でもないので、私にとっては聴き易く今のところ満足しております。
しばらくご無沙汰していた曲ですが、私は昔から変な癖がありまして、交響曲では、第1楽章に特に興味があります。この2番も第1楽章が良く出来ていると思います。各楽章によって楽しみ方は違ってくるでしょうが、冒頭の連打は、開始の意味もありますが、この楽章のいたるところに出てきます。これなどはベートーヴェンの音楽でこそ重要で、他の人間には真似のできないものだと思います。他にも動機の操作が巧みで、この曲の評価はそれぞれとしても結果的には、その後の交響曲へのあしががりとしては必ず書かねばならなかった曲だと思います。この曲の中ではまだ十分ではありませんがまもなく出てくる爆発的なエネルギーの予感が感じられます。久しぶりに聴くきっかけを頂き有難うございました。

こんにちは。この曲は、私の買った初めてのレコードで第1番とカップルで入っておりました。指揮はヨゼフ・カイルベルト、演奏はバンベルク交響楽団。なぜ買ったかというと、お恥ずかしい話ですが安かったから。レコード店に入ってみたものの、何を買ったらよいか全くわからず値段とベートヴェンの曲というだけで選んだもので、当時は、ベートーヴェンのシンフォニーが9曲なんて全くわかりませんでした。何ヶ月もこのたった1枚を辛抱強く聴き続けたので、クラシック、そして交響曲の中では第2番は一番古い付き...続きを読む

Qエリーゼのために 片腕麻痺

片腕が長い間麻痺していたピアニストで、突然麻痺が治ったと。
そこで、エリーゼのためにを弾いているCDがあったのですが…ピアニストの名前を思い出せません。
どなたか、助けてください。

Aベストアンサー

アメリカのレオン・フライシャーです。取り急ぎ。

Qショパンのエチュードop10-1とソナタ3番の4楽章どちらが難しいですか?

ショパンのエチュードop10-1とソナタ3番の4楽章どちらが難しいですか?

Aベストアンサー

ソナタ3番の4楽章の方が曲自体はむずかしいですが 抑揚があり感情を表現しやすいと思います
エチュードop10-1は単調なメロディが続き 表現の難しさはこちらが上でしょう

Q初心者ですがエリーゼのためにをピアノで弾きたいです。

初心者ですがエリーゼのためにをピアノで弾きたいです。
ブラインドタッチで弾ける おとなのための楽しいピアノスタディ(3) 角聖子 著 [楽譜]
という本をネットで調べたのですが、これは原曲なのでしょうか?
原曲じゃなくて簡単にアレンジしたものでもいいのですが
出だしの簡単な部分だけじゃなくて錆の部分のむずかしいところもすべてのっているのが弾きたいのです。
この他におすすめの楽譜があったら教えてください。お願いします。
習っているわけではなくて独学でおとなのためのピアノ教本(1) [楽譜] の聖者の行進までできるようになったレベルです。それではお願いいたします。

Aベストアンサー

クラシックはほぼ100%ネット上にありますよ。
エリーゼのために=fur Elise
ベートーベン=Beethoven
無料楽譜=free sheet music
こんなキーワードで検索しますと・・・
http://www.free-scores.com/download-sheet-music.php?pdf=9239
こんなサイトがヒットします。
ベートーベンの肖像画の下の方のPDFファイルのアイコンの下、
「Download PDF Sheet music」をクリックします。
ファイルを保存してください。

この曲ならば、いくらでも発見できそうですよ。

Qベートーベンのピアノソナタ

ベートーベンのピアノソナタについてのレポートを書きます。「熱情」を取り上げて書こうと思うのですが、「熱情」を聞いたときの感想などを聞かせてください。また、ベートーベンが、この曲でどんな」思いを表現しようとしたと思いますか。

Aベストアンサー

レポートとは正に事情聴取なのでしょうか?
人の意見を聞いてそれをレポートに書こうとしているのでしょうか?
それでは自分の意見はどうなのかとかがないと誰も賛同してはくれませんよ。
ちなみに私はこの曲を完璧には弾けませんが、何度か挑戦はしたことがありますが、おそらくベートーベンがというかこの時代までで一番最高の作品ではないかと思います。後に29番ソナタがでてくるまでは喜怒哀楽、クライマックスへの持っていき方など群を抜いていると思います。
確かに、悲愴や月光も良い曲ですが、あそこまでそれこそ「熱情」的ではないと思います。
ピアノの低音域を思いっきり使い、高音域まで幅広く使っているピアノ曲はショパン、リスト(シューマンもでしょうが、私の好みでないので省略)までないといっても過言ではないと思います。
後にパウル・デッサウという現代の作曲家がこの曲をモチーフとした曲(なぜか「レーニン」という曲)を作っています。当然現代風にアレンジはしていますが、別に違和感ありません。
この曲はこの時期においてすでに「古典」を逸脱していると思いました。

Qエリーゼのために、指使いの疑問

後半で盛り上がるところ、ラドミラドミレドシで駆け上がる部分はどのように弾かれていますか。
私の本では指使いが123-(1)35-432となっていますが、どうしても(1)で音をハズしてしまい、正確な位置に手が行きません。
またこの時、手は平行に鍵盤上をさっと移動させるのか、親指をくぐらせるのか、わかりません。
スラーがついているのでレガートで弾かなければならないならば、親指をくぐらせるべきでしょうか。
でもそうするより131-235-432としても良いでしょうか。私は8度9度なら普通に音が出せるくらいの手ですからこうしたほうがレガートなようですが、指使いを勝手に変えて弾くことには抵抗があります。この運指の指示は作曲家本人(ベートーヴェン)によるものなのでしょうか。

Aベストアンサー

やはり指使いは正確に練習すべきだと思います。
五本のゆびを見るとそれぞれ長さや指の付け根の位置がちがいますよね。
それぞれ同じように弾いても出てくる音が違うんです。
ちがう運指で弾くとアクセントが変なところについてしまったり癖のある演奏になってしまいます。
この場合1の指にアクセントがついてしまう可能性が大で滑らかにあがっていくには運指を守ったほうがいいですよ。
ちなみに「指くぐり」ですが3の指の下をくぐらせるというより指をキュッと縮めて手首を平行移動する感じです。くぐらせません。
そのときに手首を上下させたりひじを動かしたりしないように練習してみてください。
一つずつクリアして頑張ってください!

Qハイドン・モーツァルト・ベートーヴェンの作品個数

ハイドン・モーツァルト・ベートーヴェンの生きた時代の音楽の変遷について研究中ですが、これを定量的に議論するため
に、この3人の協奏曲・弦楽四重奏曲・ピアノソナタの作品の「個数」を調べたいのですが今手元に資料が無いため解りませ
ん。交響曲に関しては、ハイドン108曲、モーツァルト41曲、ベートーヴェン9曲で、またベートーヴェンのピアノソナタは
32曲と記憶しています(これに間違いがあれば御指摘お願いします)。また関係するURLなどもあれば教えてください。

Aベストアンサー

ハイドン:
協奏曲→資料なし(チェンバロ、ヴァイオリン、チェロ、トランペット、ホルン、リラなど)
弦楽四重奏曲→83曲
ピアノソナタ→52曲
モーツァルト:
協奏曲→ピアノ27曲、ヴァイオリン7曲、その他2台ピアノ、3台ピアノ、フルート2、フルートとハープ、クラリネット、ファゴット、ホルン4など。
弦楽四重奏曲→23曲。
ピアノソナタ→18曲。
ベートーヴェン:
協奏曲→ピアノ5曲、ヴァイオリン、ヴァイオリンとチェロとピアノ。
弦楽四重奏曲→16曲。
ピアノソナタ→32曲。

手元の資料ではこんなところです。
若干の違いはあるかもしれません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報