はじめての親子ハイキングに挑戦!! >>

現在の日本で、いちおうまともな仏教なお寺・宗派に属していて
悟りを開いたとされるお坊さんは全部で何人くらいいるのでしょうか?

A 回答 (12件中1~10件)

どなたかへの補足で「印可」のことをお書きですが、今の「印可」はすでに形式的なものになっています。



「悟り」自体は、さほど難しいものではなく、何かの拍子に「ピン」と来た!という人は結構いると思います。
特に禅宗の坊さんなら、そう感じた人はたくさんいると思います。

ただ、みなさん、そこで「ああ、オレは悟りを得た」と慢心してしまって、そこまでで止まってしまっていると思います。
その状態で、形ばかりの「印可」をもらうわけですから、ますます、「もうこれでよい」となってしまっています。

その「ピン」と来た状態で、さらに修行を積み(何も坐禅することだけではありません)、深めていくことをしないと、「ああ、この人は立派な坊さんだ」と周囲から言われることはないと思います。

先の回答にもありますが、悟りを開いた人は、自分で「悟りを開いた」とは言いません。また、他人も「この人は悟りを開いた人だ」と明確に認めることはできません。
ただ、本当に悟りを開いた人なら自ずとそれが周囲に伝わりますし、周囲はそれをなんとなく感じて「ああ、この人は立派な坊さんだ」と思うことはあると思います。

そのように思われる坊さんは、今、まあ10人いればいい方じゃないかなあと思います。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
印可は形式的なものなんですね。
現状では悟りは、宝くじに当たったようなもので、あえて自分から周囲に公言するでもなく、
しかし周りからは「こいつはなんか金回りがいいな。きっと宝くじがあたったのだろう」と
思われてるような状況に近いと理解しました。

お礼日時:2012/02/07 13:59

 質問の内容から受ける印象は悟りのレベルが「釈尊」程ではないように思いますが、


 その「釈尊」の再来かと思われる・・・と云うようなお坊さんがこの日本に、明治から大正にかけて活動しています。

 質問の趣旨からは、ずれているとは思いますが、こんな人を知っておくのも無駄ではないと思います。

 その人の名は“山崎弁栄(べんねい)”と云います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼日時:2012/02/11 13:03

お釈迦の教えは『一切皆苦』からの解脱です。

キリスト教においての『神との和解』です。不自由からの開放です。

或いは有限の世界からの跳躍です。言い替えるなら永遠の己を知るところに在ります。『魂の開放』が『魂の救い』です。

今のお釈迦の弟子は『形だけは、お釈迦の弟子』と言ういでたちですし、実際に悟りを開いたと言う人達も、存在しているようですが、何人いるとかは知らない素人ですが、今のお釈迦の弟子は『その教えを広めようとしないで、』自分の居る場所で、悟りを開いた事を『忘れる訓練だけに、陥っているように見受けられます。』

悟りを開く事で、人間の心に内在する『慈悲心』は開放されて、他の『一切皆苦』の人達を全て救い上げようとする心が、発動する筈です。

今の悟りを開いた人達は、その教えの中に『慈悲心』が発動しないという、奇妙な『悟り』を伝えつ続けているという事実が存在しているようです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼日時:2012/02/11 13:03

坊主にかぎらず、悟った人は多いと思いますよ。


そんな特別なことではないと思います。
原始仏教の経典である「スッタニバータ」や「アーガマ」でも難解なことは言っていません。
難しいのは、その内容を実践することではないでしょうか。
八正道を実践している人間なんて、今の日本にいるとは思えません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼日時:2012/02/07 14:00

まず『悟る』ということに関して言えば、おそらく大部分の人がその意味するところが漠然としていて、何か把握しきれていないかと思われますが、別に僧侶とか何か特別な人間が特殊なことをして為すものではなく、さして難しいことではなく、その字体が示すように立心偏に吾(われ、おのれ)、つまり、『心』=『吾』であるということを覚知することを『悟る』ということであり、それは『心』こそが本当の自分自身、つまり本質であって、鏡に映る肉体はその所有物ではあっても、決して自分そのものではなく、その肉体を見て自分と認識している心こそが自分自身そのものであるということを言っているのですが、それで、このことに気付いたデカルトは『我思う、故に我有り』という有名な言葉を残していますが、ともかく、肉体というものは、その心が操作する機械みたいなもので、早い話がアニメのガンダムのモビルスーツとパイロットを思い浮かべてもらえれば解るかと思われますが。



結局、人は目に見える物を以ってしてしか判断しない傾向性があるので、事実存在するのに係わらず色も形もない心が自分自身の主体であるとは考えられず、鏡に映る客体を(その心が認識しているのにも係わらず、その点に気付かず)主体として捉えてしまって、本末転倒しているのが実状ですが、これに似た例として中世の宇宙観があるのですが、コペルニクスやガリレオが出る以前には、世の中のほとんどの人は天動説を信じて疑わなかったのですが、それは空を見れば太陽にしろ星々にしろ明らかに回っており、この地球を中心に宇宙が動いていると判断しても当然だったか思われます。

ところが、これも目に見える範ちゅうのみで判断したことによる偏頗な結論であり、部分観のみで全体として捉える過ちであって、その実体とは180度違うものであることは、現代では誰もが分かっていますが、これなどは宇宙観の180度の転換ですが、結局、悟るとは生命観の180度の転換かと思われます。ですから、必ずしも仏教界やその肩書等に関係なく、極めて単純なことであり、上記の点に目覚めれば誰でも悟ったと言っても良いかと思われます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
悟りそのものではなく、悟りが今の仏教界でどういう扱いになってるのかが
質問の主意でした。

お礼日時:2012/02/07 14:03

基本的に、悟ったからお坊さんになるのだと思っていました。


皆、悟っているのではないでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お坊さんがみんな悟っている
なんてことはないと思います。

お礼日時:2012/02/07 14:04

悟ったと公言し悟っている人


悟ったと公言し悟っていない人

悟っているが公言しない人
悟っていなく公言しない人

などがいます。

あまり悟った云々について振り回されず、言葉の内容を参考にし、自己の愛好する内容を再構築するようような初期仏教的態度をお勧めしますよo(^▽^)o

幸せでありますように☆
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
人それぞれなんでしょうね。

お礼日時:2012/02/07 14:05

仏教徒が守らねばならない十戒のうちに不妄語戒(ふもうごかい)という戒めがあります。


これは「私は悟りを開いた」などとう妄言を言ってはならないとう戒めです。

したがって、仏教徒のうちに何人が悟りを開いたのかは知りようのない事実です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
不妄語戒はウソをつかないということで、悟りを開いたなら
別にそれを言っても良いのでは?

お礼日時:2012/02/07 14:07

多いかどうかは判りませんけど、考えあって秘密にしている人が居たとしても、別に不思議はありません。

それが真実であっても「俺は悟った!」などと言おうものなら、周囲から変人扱いされるのは必至です。自身がその様な扱いを受けるのは平気でも、人々の醜い差別心を目の当たりにしたり、自らの存在そのものが人々の心を乱すのを嫌がって、黙っている人も居る事でしょう。

何せこの国では、悟った人は皆、慈悲心に満ち溢れ、人々の為に無償で行動する、潔癖な聖人だと思われていますからね・・・。

悟った人もそれぞれです。仏法に身を捧げ、性根を据えて人々を導くと心に決めた導師も居れば、独り静かに真理の中に消え去りたいと願う人や、再び俗人として市井に舞い戻る人も居ます。印可証は、宗門の中で出世する為の道具でも、見せびらかして自慢する為の物でもありません。印可を授かった事を聞かれるまで答えなければ、それを知る者も居ないのです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

今の世の中で「座禅してたら明けの明星が口の中に入って悟りを開いた」
「托鉢しててお婆さんに罵倒されたら悟った」などと言ったら、
周りから変人扱いされるんで黙ってる人が多いんでしょうかね?
かなり繊細な問題だと感じました。

お礼日時:2012/02/07 14:14

悟りを公言し、導師として活躍なさっている方なら、


私が知るだけでも何人か居られます。

有名なのは、曹洞宗発心寺の原田雪渓老師や、
大雲山東照寺の出口鐵城師や、甘露庵慈雲和尚。

去年、遷化された川上雪担老師も、
立派にお悟りを開かれた方でした。

ただ、誰もが悟りを公言するという訳ではないので、
全部で何人くらいいるのかと聞かれても、
正確な人数は誰にも判りません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

悟りを開いたら、師にその境地を示して、印可をもらうんですよね?
これをもらったことを秘密にしてる人も多いのでしょうか?

お礼日時:2012/02/05 22:24

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qブッダ以外で悟りを開いた人はいますか?

もしいたらすみませんが、あまりブッダ以外で悟りを開いたという人の話を聞いたこと上がりません(訳の分からない新興宗教の教祖連中は除外してください)
大乗仏教理論をまとめたナーガルージュナなども、悟りを開いたという意味には当てはまらないのでしょうか?

いないという前提で話させていただきますが、ブッダはすべての人間が悟りを開けると教えているのに、もしブッダ以降今に至るまで第二のブッダがいないのなら、この事自体がブッダの教えは間違っていたという反証になりませんか?
この辺の事情についてお詳しい方お願いします。

Aベストアンサー

悟りを開くと云う事が、如何いうものかを書いてそれから、説明してみます。悟りを開く事を他の言葉で言うなら『見性』です。自分の性を見るという意味ですが、その意味を科学的な文献から解き明かしたいと思います。

人間には二つの人格が備わっていますので、科学的な文献を載せてから説明します。


”ロジャースペリー 分離脳
ノーベル賞受賞者
受賞年:1981年
受賞部門:ノーベル生理学・医学賞
受賞理由:大脳半球の機能分化に関する研究

ノーベル賞の受賞理由となった業績として分離脳研究がある。てんかん治療の目的で半球間の信号伝達を行っている脳梁を切断した患者に、片方の脳半球に依存することが知られている作業を行ってもらい、二つの脳半球が 『それぞれ独立した意識』 を持っていることを実証した。”


この研究はその後余り進んでいないように見えますので、残念と思います。

右脳の人格は左脳に存在する『自我意識』にはかなり分かり難くなっています。全く判らない場合に『健常者』と言う風に呼んでいます。

右脳の人格は『命そのものを働かせている者』です。人間の命の働きは、ある程度細分化出来ますので、もし細分化をするなら、概略三つに区分けする事が出来ます。

それは人間の、『身体に対する命の働きと、行動に対する命の働きと、心に対する命の働き』と言う風にですが、本当の意味ではそれらの三つには境目が在りませんから、全ての大元では共通点が在ります。

その共通点とは『心の矛盾』です、心が騒がしく争っていると言う意味です。具体的な言い方をするなら『生き難い想い』或は『一切皆苦』或は『漠然とした不安や、何処から押し寄せているのか分らない正体不明の心的な圧迫感』です。

人間の命は命として芽生えた瞬間から『働き始めています。』初めての働き始めが細胞分裂ですが、この働きを働き始める事を知っている働きが『命そのものの働き』です。

生まれてからは、誰も教えなくとも、安心する事も、不安になる事も、更に云うならば恐怖する事さえ知っている働きです。心臓の打つ数も、呼吸する数もホルモンや消化系等や排便する事も全て承知している働きです。

暑い時には汗が出る仕組みそのものや、心的には涼しい所や、水の在りかを探すように『自我意識に』指示さえ出している働きです。ですが健常者の場合では、今書いたシステムに何の疑いも持つ事が在りません、この疑いがない姿を聖書では『天国に住んでいる』と形容しています。

人間の脳の機能が大人になる頃から『人間は全てを疑う場合があります。』この現象を『失楽園』と形容しています。

二つの脳の機能が上手く同調出来ている場合の事です。天国に一番近い存在は『幼子』と言われる由縁は、脳の機能分化が進んでいないために、未だ一つのものとして働いているからです。

脳の機能分化の完成を待って始めて『人間は天国から追放される事』を意味します。この意味は『心が二つの機能になることで、争いがはじまるという意味です。』

つまり知恵が付いたために天国から追放されると言う意味は、『心が分裂をしたり矛盾を起したり、対立する事』を意味します。おもに思春期頃の事です。

人生がなんであるのか?や、自分は何者か?と言う疑問が湧き始めるころの事です。この疑問を抱き始める事によって『失楽園』と言う表現方法を取っています。

この疑問の解消方法が『悟り』を意味します。それは自分自身に疑問を抱かせていた者の正体を知る、と言う意味になります。つまり自分自身の感情を湧きあがらせていた者の正体が『自分自身であった事を知る』と言う意味です。

もっと具体的な表現方法を取るなら『死に対する恐怖感』と言う書き方をすると分かり易いと思いますので、この線で書いてみます。

普通の状態で『死』を意識した場合に、恐怖感が湧き上がります。この恐怖感の正体が何であったかを知る事が『見性』と言う意味です。

人間の心に不安や恐怖感が湧き上がる場合では『二つの意識が戦っていたり、矛盾を起しています』この意味は、『意識の根底で二つの意識は、脳梁を介して情報交換をしています』この情報交換に、ある場面で『自我意識が、感情が湧き上がる情報の受取りを拒否する場合です。』

もっと平たく言うなら『死に対する不安や恐怖心が芽生える場合では』人間の心は『永遠の命を希求しています』この事実が、心の矛盾です。

自我意識は有限の身ですが、右脳の人格は永遠の存在だからです。有限の身である自我意識は『永遠の存在である右脳の意識=仏性や神としての存在によって、』永遠を希求させられています。

右脳の働きは分り難いので、実際に右脳の人格を体感している動画が在りますので、載せてみます、その後でもう一度説明します。


URL:http://www.youtube.com/watch?v=ldSoKfFYKqM


この動画から汲取っていただきたい事は、『自我意識が全てではない事』です。もう一つの意識によって、自我意識は支えられている事です。

貴方が質問している事にお答えしたいと思います。


『いないという前提で話させていただきますが、ブッダはすべての人間が悟りを開けると教えているのに、もしブッダ以降今に至るまで第二のブッダがいないのなら、この事自体がブッダの教えは間違っていたという反証になりませんか?
この辺の事情についてお詳しい方お願いします。』


禅宗の記録を読んでください、禅宗では、悟りを開く事がその修行の全てに近い事を示しているからです。死の恐怖に怯える事からの開放を示しているからです。

禅宗では、見性した場合では『生死の問題が解決した』と言う表現方法を取っています。その意味は『死に怯えていた自我意識は、永遠の存在である右脳の働き、命そのものの働きに出会う事によって、有限のこの身の存在が、朽ち果てたとしても、自分は元々永遠の存在であった事を身を持って知る事を意味します。』

この永遠の存在との出会いを見性=悟りを開くと表現しています。そうして自我意識が二度と、右脳の人格の前にでしゃばらなくなると言う意味です。

キリスト教であっても同じ事を違う表現で言っています。『神と和解して、神の僕となる』と言う表現です。

釈迦の悟りは禅宗では、連綿と伝えられています。そのテキストの価値を書いて終わりにします。

右脳の意識は『言葉を持っていない事が特徴です。』右脳の意識を引き出す事が出来れば『見性』出来ることを意味します。

そのためのテキストとは『禅問答』です。禅問答は左脳の自我意識では、歯が立ちません、これは脳の機能的な問題です。

その理由は禅問答は右脳の人格としての機能が出て来ないと解けないように仕組まれているからです。

鬱と言う場合でも、神経症としての強迫行為も恐怖症も、自律神経失調症としての症状も、『心の矛盾』を症状として感じています。正に意識地獄の状態です。一切皆苦になっていますので、その症状を起こしている意識との出会いで『完治する事』を意味します。


それは『意識が発生する丁度、正にその時の事です。』その体験以後では『心の矛盾が解消しますので』もう二度と心同士が争う事がなくなりますので、寛解ではなくて、完治した事を意味します。

言葉にするなら、右脳と左脳の間にホットラインが開通する事によって、いつも心が静まり返っている事を意味します。仏教的な表現方法では『涅槃』です。

悟りを開くと云う事が、如何いうものかを書いてそれから、説明してみます。悟りを開く事を他の言葉で言うなら『見性』です。自分の性を見るという意味ですが、その意味を科学的な文献から解き明かしたいと思います。

人間には二つの人格が備わっていますので、科学的な文献を載せてから説明します。


”ロジャースペリー 分離脳
ノーベル賞受賞者
受賞年:1981年
受賞部門:ノーベル生理学・医学賞
受賞理由:大脳半球の機能分化に関する研究

ノーベル賞の受賞理由となった業績として分離脳研究がある。てんかん...続きを読む

Q悟りを得た(とされる)最新の高僧

歴史上の高僧の中には、悟りを得たとされる人が多くいます。
たとえば一休宗純が、カラスの鳴き声を聞いてにわかに悟った、というように。

このように、悟った(と多くの人がみなしている)僧の中で、できるだけ新しい時代の人を挙げると誰がいるでしょうか。現代日本にもいるのでしょうか。

Aベストアンサー

本当に悟っているかどうかは、「悟った人」でないと判断できません。

「私は悟りました」と言う人はいっぱいいます(特に禅宗のお坊さんの中には、今現在でもたくさんいます)。
でも、「本当に悟っているのか」は、「本当に悟った人」にしか分かりません。

悟りと対局にある現世を生きる一般の人が、誰かを「悟っていると見做す」ことは不可能です。

また僧侶本人が「ワシは悟りを開いた」と言っている場合がありますが、そういうことを口にした段階で、悟ってはいないでしょう。

偉い徳の高いお坊さんはたくさんいます。
でも、「悟った人」はそうそういないと思いますよ。

一休さんの例が挙がっていますが、「高僧伝」と言われる僧侶(特に禅僧)の伝記の類には、「がれきを竹林に棄てたときのカチンという音を聞いて悟った」とか、そういうエピソード満載です。
それは、もうパターン化しているのです。
「高僧伝」に載るような人は、「何かちょっとしたきっかけがあって悟りを開いた」と書かれるのが当たり前なんです。

さすがに近代、現代の人になると、「悟りを開いた」というような直截的な文言が出てくる伝記は少ないと思いますが、それでも、「○○を聞いて歓喜おくことなし」といった、「悟りを開きましたよ」とほのめかすような表現は使われています。

こういう禅宗の「高僧伝」の類は、「私はお師匠さんから悟りの印可を得ました」ということを書いて、釈尊の教えが途絶えることなくずっと伝わってきているのだということを示そうとする、ある種の“はったり”です。

その程度の「悟り」(一休さんが「悟った」と言っているのと同じ程度)でよければ、今現在、老師と呼ばれている人(たとえば禅宗の本山の管長をしているような人)はすべて「悟っている」はずです。
つまり、後世に「昭和平成高僧伝」といったようなものが作られたなら掲載されて、「(悟りの)歓喜を得た」と記載されるであろう人たちという意味です。

一休さんとて、その程度の「悟り」だったのだと思います(もちろん、一休さんが高僧であることは間違いないのですが)。

「この人は確実に悟りを開いている」といえる人物は「釈尊」しかおらず、しかしそのことですら、我々は「信仰」の立場からそう言っているだけで、実際、釈尊が悟ったのかどうかは、我々では分からないのです。

「悟りを開いた僧」ではなく、「名僧」「高僧」「徳が高い僧」は誰ですか?といった質問なら、ある程度の個人名が出てくると思います。
(まあ、そういう人の中には、時間がたってある種“神格化”されて、話に尾ひれがついて……という場合も少なくないのですが)

長々と失礼しました。

本当に悟っているかどうかは、「悟った人」でないと判断できません。

「私は悟りました」と言う人はいっぱいいます(特に禅宗のお坊さんの中には、今現在でもたくさんいます)。
でも、「本当に悟っているのか」は、「本当に悟った人」にしか分かりません。

悟りと対局にある現世を生きる一般の人が、誰かを「悟っていると見做す」ことは不可能です。

また僧侶本人が「ワシは悟りを開いた」と言っている場合がありますが、そういうことを口にした段階で、悟ってはいないでしょう。

偉い徳の高いお坊さんはたく...続きを読む

Q法華経の教えを簡単に言うと

1.生きとし生けるものは全て仏の心がある
2.来世でなく今を正しくきちんと生きましょう

この2点でしょうか?

どうぞ簡単に簡潔に教えてください m(_ _)m

Aベストアンサー

1.生きとし生けるものは全て仏の心がある
2.来世でなく今を正しくきちんと生きましょう

この2点でしょうか?

○法華経の主眼は、簡単に言えば、「1.生きとし生けるものは全て仏の心がある。」つまり、全てのものに仏生があるので、
三宝に帰依してしっかり修行をして仏性を磨いて今世を生ききれば、必ず来世、来来世あるいは未来世で菩薩になれる。という教えですね。言い換えれば、「2.来世でなく今を正しくきちんと生きましょう。」ですね。だから、2点でほぼ正しいのですが、菩薩への修行には、釈迦如来が実践したように、衆生伝道も含まれるのですね。これは菩薩が立てる四弘請願で明らかですね。簡単に言えば己を磨き、衆生を助ける「上求菩提下化衆生」ですね。
鎌倉期以降は「上求菩提下化衆生」が「上求菩提」と「下化衆生」型宗教に分かれてなにやらわからなくなってしまってますが、
1.生きとし生けるものは全て仏の心がある。
2.来世でなく今を正しくきちんと生きましょう。
3.学んだ教えを広めましょう。
の3点が本来的な主題ですね。仏教では正しく物事を観る、判断することを「正見」といいますがこれは「正信」つまり、正しい信仰を持つことと同じ意味ですね。
仏教では釈迦如来に帰依することが「正信」ですから、本尊は釈迦如来以外にはないですね。
釈迦如来を役割の違いで阿弥陀仏や大日如来と言い換えているだけですね。表現方法は寛容ですね。ということで仏教においては、弟子やお経は本尊には決してなりませんね。

1.生きとし生けるものは全て仏の心がある
2.来世でなく今を正しくきちんと生きましょう

この2点でしょうか?

○法華経の主眼は、簡単に言えば、「1.生きとし生けるものは全て仏の心がある。」つまり、全てのものに仏生があるので、
三宝に帰依してしっかり修行をして仏性を磨いて今世を生ききれば、必ず来世、来来世あるいは未来世で菩薩になれる。という教えですね。言い換えれば、「2.来世でなく今を正しくきちんと生きましょう。」ですね。だから、2点でほぼ正しいのですが、菩薩への修行には、釈迦...続きを読む

Q大日如来様とはどんなお方なのですか?

私は浄土真宗ですがご説教の中に大日如来様の話が出て詳しくしりたいと思いました。

もしよければ教えてください。

Aベストアンサー

 我が家も浄土真宗ですが、浄土真宗の説教に大日如来が出るのは珍しいんじゃないでしょうか。

 というのは、浄土真宗などは仏教の中でも「顕教」と呼ばれる一派に分類されますが、もう一派を「密教」と言います。つまり、別派だからです。

 この密教は、この大日如来(理解の仕方にもよりますが、本来は大宇宙そのものであって物言わぬ仏)から、直接意向を聞いたり、加持祈祷を通じてお願いをしたりしようという仏教を言います。

 空海が中国から持ってきたのが真言宗ですが、空海が渡海した時、空海を一目見た中国真言宗の最高僧が、「遅し!我、汝を待つこと久し!」と叫んだという逸話があります。

 勉学に励んだ空海は真言宗のすぐに最高位に就き、奥義や仏典などを全部日本に持って帰ったために、以後、中国では真言宗は廃れました。数年前、中国に空海像が里帰りしたような記事を見た記憶があります。


 密教では当然、大日如来は宇宙(宇宙を描く曼荼羅)の中心であり、諸仏(如来その他)も大日如来から産まれるものとされています。それ故、諸仏の王とされて王冠を被って描かれたり、彫られたりします。場合によっては装身具も身につけます。

 大本の思想は、帝釈天と戦った阿修羅系の神だそうです。ゾロアスター教のアフラ・マズダ(全生命の根源)・・・ そのものではないようですが、思想的には同系だとのこと。

 一神教は、他宗教信徒に対して「受け入れ」を求めるだけ(拒否すれば死)ですが、仏教のように平和的な宗教では、相手の言い分を認めて受け入れなければなりません。

 有名なところでは、阿修羅は帝釈天と何度となく戦った後、仏教に帰依したことになっています。これなどは、阿修羅を信じる者に、「阿修羅でさえ帰依したんだから、おまえたちも」と言うための方便だったものと思います。

 そう説得するためには、まず阿修羅の存在を認め、次に仏教の中に受け入れなければなりません。

 つまり、平和宗教というのは、いろんな宗教からの影響を受けざるを得ないのです。で、その一つが、大日如来。

 大日如来は、万物の根源であり宇宙そのものですので、かくかくしかじかの容姿であった、こう考えた、というようなことはおそらく伝わっていないものと思います。

 その代わり、というわけではないのでしょうが、金剛界や胎蔵界のそれぞれで、さまざまな仏や菩薩、明王などに変身して人々を教え導くとされています。例えば、不動明王も大日如来の変身姿の一つ(教令輪身)です。

 従って、大日如来そのものを直接知るのではなく、それぞれの仏などの教えや特徴を知って積み上げていくしかないのではないかと思います。
  

 我が家も浄土真宗ですが、浄土真宗の説教に大日如来が出るのは珍しいんじゃないでしょうか。

 というのは、浄土真宗などは仏教の中でも「顕教」と呼ばれる一派に分類されますが、もう一派を「密教」と言います。つまり、別派だからです。

 この密教は、この大日如来(理解の仕方にもよりますが、本来は大宇宙そのものであって物言わぬ仏)から、直接意向を聞いたり、加持祈祷を通じてお願いをしたりしようという仏教を言います。

 空海が中国から持ってきたのが真言宗ですが、空海が渡海した時、空海を一...続きを読む

Q釈迦とイエスは同じことを悟った??

釈迦とイエスは同じこと(真理)を悟った。
が、真理というものは、言葉で人にわからせることは非常に困難であるため、
あたかも二人が、違うことを悟ったかのように後世に伝わってしまった。
と、人から聞いたのですが……
そういうことなんでしょうか?

Aベストアンサー

一つの考え方としてお答えします。
悟りを開く、悟りの境地に身を置くというのは、博愛主義に目覚める――な
んてこととは全然次元の違うことです。釈迦やイエス以外にも悟りの境地に
達した人はいますが、その時知りえたことは寸分違わず時代環境を超越した
普遍の真理です。
それがどういうものであるかというと、当然私もその境地に身を置いたこと
がないので、あくまでも想像ですが、簡単にいうと、相対の世界から絶対の
世界に身を置くということです。相対の世界が虚構であることに気がつくと
いうことです。前後・左右・増減・遠近・遅速・苦楽・美醜・優劣・勝敗・
貧富から生死に至るまで、全てが虚構に過ぎないことに気がつくことです。
生死をも超越してしまうわけですから、己が永遠不滅の存在であることを実
感でき、まさに神になったように思えるのです。そしてその言動も俗人から
は非常に奇異なものに見え、神として崇拝する者もある反面、危険人物とし
て排撃される場合もあるのです。ソクラテスや老子なども悟りを開いている
と思われますが、高名心がなくなるので、悟りを開いても無名の民として生
涯を終えることもあるようです。
誰にでもその境地に達することが可能である半面、それがどういうことであ
るかを説明することは非常に難儀で、書き記すことなど不可能に近いことな
ので、多くの覚者(悟りを開いた人)は書を残していないのです。人に説くこ
とを諦めて山にこもってしまった覚者もいるそうです。
悟りを開いた瞬間というのは、まさに、雷に打たれたような衝撃を受け、そ
の歓喜のあまりに叫ばずにはいられず、釈迦は「唯我独尊」とうそぶき、イ
エスは「我神の子なり」と自負し、日蓮は「我が法の他に法はなし」と叫ん
だとか。ただ単に博愛主義に目覚めたくらいでは、このような言動はとらな
いことでしょう。

一つの考え方としてお答えします。
悟りを開く、悟りの境地に身を置くというのは、博愛主義に目覚める――な
んてこととは全然次元の違うことです。釈迦やイエス以外にも悟りの境地に
達した人はいますが、その時知りえたことは寸分違わず時代環境を超越した
普遍の真理です。
それがどういうものであるかというと、当然私もその境地に身を置いたこと
がないので、あくまでも想像ですが、簡単にいうと、相対の世界から絶対の
世界に身を置くということです。相対の世界が虚構であることに気がつくと
いうこ...続きを読む

Q公務員(事務職)に向く性格、体質の人とかありますか?

タイトル通りの質問です。
公務員(事務職)に向いている性格や性質って
ありますか?
あれば出来るだけ具体例など出していただければ
わかりやすくて、うれしいです。
今後の参考にしたいと思っています。
また、企業での事務職と公務でのそれは
どのように違うのか教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

民間企業4年程経験した後、今春より地方公務員になったものです。
国の方は知らないため、地方公務員に限定したお話をさせていただきます。
(民間ではSEをやっており、大手メーカー、電鉄、銀行に出向して内部で
仕事していました。その経験からの比較です。)

【1.知人を見渡す限りでは】
まだ、公務員になって一月半ですのであまり知ったような事は言えませんが、
今まで私が関わりを持ってきた民間・公務員多々の方を私個人の見解で比較した場合、
そこに存在する方々の性格に大きな偏りは無いように思います。
ただ、民間ではちらほら困った方がいらっしゃいました。
営業に行くと行って、パチンコに行ったり、1日中ネットしていたり・・・
真面目なのは社会人として当たり前のことですから、
別に上記例と比較して公務員がこの点で優れているとは思わないのですが、
民間では、当然のことが出来ない人が多いような気がします。
(遅刻が多い・お菓子ばかり食べてるOL・敬語を使わない・謝らない)
ただこれは個人の問題ですから、それらの例外を除けば
民間・公務員でさほど差は無いように思います。
(ところでよく耳にする、仕事をしない公務員、愛想の悪い公務員というのは
今のところ目にしません。まだ入庁して一月半程度だからでしょうか・・・
そのような方が私の勤める自治体に居ないよう願っています。)


【2.望まれる性格】
1.勤勉であること
多くの人は住民票以外の事で役所に足を運ぶ機会が少ないため、
なかなか理解していただけないところなのですが、
それはそれは多くの部署が役所には存在します。
(さし当たってお住まいの自治体のホームページを隅々までご覧になれば
手がけている仕事の多さが分かるかと思います。)
自治体によるのかもしれませんが、
事務職ですと数年(3~5年)ごとに移動があると思います。
昨日まで福祉をやっていたかと思うと、
今日からまちなみ整備ということもあるわけで、
そのたびに多くの知識を吸収しなければなりません。
公務員試験も、この知識吸収の効率の良さと勤勉さを
はかるためのものなのかもしれませんね。
実際、業務知識の吸収の良さは、民間の新人の方よりも
公務員の新人の方のほうが多少優れているような気がします。
(あくまで、平均的に見て。なので、
民間でも突出して素晴らしい方も沢山いらっしゃいます。)
また、様々な部署で働ける機会があるのは公務員ならではだと思います。
「生涯特定の仕事だけではつまらない。いろんな仕事をしてみたい」
という好奇心旺盛な方には向いているのでは。
スペシャリストを目指すよりもジェネラリストを目指す人向けですね。

2.忍耐強さ
例えば民間であれば、無理難題を押しつけるだけで
何の利益にもならないお客様や取引先は、
お引き取り願うなり今後取引しないなりの対応を取ることも可能ですが、
公務員ではどのようなお客様が相手であれ、どこまでも丁寧に接しなければなりません。
ただのクレーマーならまだいいのですが、
世の中にはとても怖い方もいらっしゃいます。
しかしスルーするという選択肢は無いのです。
(社長を出せ。なんて本が売れましたが、あれよりも
ひどい方はいくらでもいます。しかもあんな強気の対応はできません・・・)
このあたりでは職員の性格に丁寧さと根気強さが求められるのではないでしょうか。
同時に余暇には上手にストレス発散できることが望ましいです。
精神病んでしまう方も多いですから・・・

3.バランスの良い人
涙ながらに深刻な相談にいらっしゃったお客様に対して、
「お気持ちはわかりますが、しかしそれは無理なのです。
このとおり法規に・・・」とにべもない対応をすると
公務員は冷たく愛想が悪い。と言われます。
じゃあ、せめて親身に話を聞くだけでも・・・
と思っても他のお客様をいつまでも待たせるわけにはいきません。
公務員は仕事が遅いと言われます。
では早々に相手を納得させるべく、認定を甘くしたりしてなんとか要望に添えようとすると
経営センスが無い。ひいきする。と言われます。
(一方で認定を厳しくしてキリキリと財布の紐を締めていくと、福祉が成り立たなくなります。)
そこで公平に対応すべく法規を遵守しますが、
杓子定規の対応でやはり冷たいと言われます。
この辺をうまく処理できるバランスの良さがある人が向いています。
同情しやすく、無理なんだけどなんとかしてあげないと!と思い詰めてしまう人は
公務員に向いていないかもしれません。

4.向上心や実行力、企画力
向上心ややる気のある人には向いていない。
というイメージを持たれている方もいらっしゃいますが、
例えば、自治体によってはアントレプレナーシップ制度などを
採用しているところもあるので、やる気と才能のある人は
自分で企画した新事業を発足することもできます。
全員が全員そこまでの能力を必要とされるかは疑問ですが、
少なくともそれぐらいの気持ちをPRできなければ面接試験を通りません。
(一応表向きは求められているということ。)



けど、上に挙げたどの例も民間企業にだって求められているんですよね。
組織としての差はあれど、個人個人を見る限りでは、
やはりあまり変わりないように思います。

以上ご参考になれば幸いです。

民間企業4年程経験した後、今春より地方公務員になったものです。
国の方は知らないため、地方公務員に限定したお話をさせていただきます。
(民間ではSEをやっており、大手メーカー、電鉄、銀行に出向して内部で
仕事していました。その経験からの比較です。)

【1.知人を見渡す限りでは】
まだ、公務員になって一月半ですのであまり知ったような事は言えませんが、
今まで私が関わりを持ってきた民間・公務員多々の方を私個人の見解で比較した場合、
そこに存在する方々の性格に大きな偏りは無いよ...続きを読む

Q自家用車(軽自動車)に砂糖を入れられました。

タイトルのままなのですが、先週の金曜日にガソリンの値上げに備えて半分以上ガソリンが入っていたのですが、満タンにしようと思いセルフSSに行きました。
まず、運転席から給油口のレバーを引っ張っても蓋が開かず、カード等を使っても開かず、ディーラーに持って行きました。
つまみ部分が壊れていた為に開かなかったらしいです。
そこでもう一度SSに戻り、ガソリンを給油しようとキャップを回して開けたら、粉で一杯でした。
思わず固まってしまい、店長を呼んで確認をしてもらうと「砂糖」を入れられていました。
直ちに警察に連絡をして被害届を出したのですが、車が壊れた訳ではないので受理出来ないと言われました。
(給油口の蓋の損傷と運転席側の後部ドアに刺したような傷があり、それについては「器物損壊」になりました)
しかし車両保険に入っていたので、全額修理代が出る事にはなりました。
現在はディーラーで修理中なのですが、ポンプの掃除とフィルターの交換等をするらしいです。
でもどれくらい入れたのか分からないし、どれくらい走行したのかも分かりません(もちろん犯人も分かりません)
修理に出して直してもらっても、エンジンの調子が悪くなったりはしないのでしょうか??
ディーラーの整備の方を信用するしかないのですが、不安で一杯です。
やっと一回目の車検を受けたばかりだったのに。。。

物凄くショックで日ごと恐怖感が増してきています。
警察でも悪質な怨恨による犯罪だっと言われました。
思い当たる人はいるのですが、怖くて聞けません。
一週間前に彼のバイクのシートとタイヤを切られる事件があったばかりなので。。。

長くなってしまいまいましたが、砂糖でエンジンが焼きつくと言われているのは、本当でしょうか???
修理(ポンプの洗浄、フィルター交換等)で大丈夫なのでしょうか??
どなたか教えていただけませんでしょうか???

宜しくお願い致します<m(__)m>

タイトルのままなのですが、先週の金曜日にガソリンの値上げに備えて半分以上ガソリンが入っていたのですが、満タンにしようと思いセルフSSに行きました。
まず、運転席から給油口のレバーを引っ張っても蓋が開かず、カード等を使っても開かず、ディーラーに持って行きました。
つまみ部分が壊れていた為に開かなかったらしいです。
そこでもう一度SSに戻り、ガソリンを給油しようとキャップを回して開けたら、粉で一杯でした。
思わず固まってしまい、店長を呼んで確認をしてもらうと「砂糖」を入れられてい...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんは。興味深い内容だと思いました。
私が過去に見たことが参考になれば。

>砂糖でエンジンが焼きつくと言われているのは、本当でしょうか???
※ガソリンに砂糖を混入させると、エンジンが焼きつくのは「本当」です。都市伝説ではありません。紹介のサイトの理屈は「机上の空論」。

ガソリンに含まれる水分、そして燃料系統にガソリンから分離して溜まっている水に砂糖が溶け込むと、徐々にシリンダー内に運ばれます。また、普通の砂糖ならともかく、三温糖などは粒子が細かいのでガソリンに溶解しなくてもガソリンの流れに乗って、フィルターを通り越してシリンダーに到達する場合もあります。結果として、シリンダー周辺の高温部に焼きつき、対応が遅ければ致命的な結果となります。(砂糖を使った嫌がらせの手段はまだまだあるのですが、悪用されると危険なのでこの程度で)。

以前赴任していた土地の自動車整備工場で、ガソリンに砂糖を混入されたと言う車のエンジンを見たことがありますが、そこの整備工場の社長のお話では、その土地で偶にある事と言っておりました。(そこの土地は、ある種の差別問題があったて、地域住民の間でトラブルが絶えなかった所でした)。ディーゼルエンジンでも同様の現象が起きるそうです。
この手の嫌がらせは、主に昭和のマイカーブームの頃に全国的に流行したとの事ですが、現在でも漁師等は同業者同士のトラブルの際にする事があるそうです。(なんせ漁船のエンジンは1台で1千万以上しますから)。

>修理(ポンプの洗浄、フィルター交換等)で大丈夫なのでしょうか??
エンジニアを信じるしかないでしょう。もし自動車が戻って来ても、異常があったら出来るだけ早く専門家の判断を仰ぐべきだと思います。しばらくは遠乗りや高速道路の利用は控えた方が良いと思います。

一応犯人の心当たりはあるようですが、この事から、犯人像が浮かんできませんか?
メカに詳しいと言うよりも、そう言うマイナーな知識を持ている、あいは情報を得る事が出来る人間。執念。用意周到さ・・・。

狙われないような対策をするのであれば、防犯装置を導入したり、或いは今までの駐車場所から少し離れた賃貸駐車場や知人の所などに車を預け、犯人に見つからないようにすると言う方法もあると思います。
半端な気持ちで犯行に及んだわけじゃないようです。
私はこの程度しか助言できませんが、元気を出してください。

こんばんは。興味深い内容だと思いました。
私が過去に見たことが参考になれば。

>砂糖でエンジンが焼きつくと言われているのは、本当でしょうか???
※ガソリンに砂糖を混入させると、エンジンが焼きつくのは「本当」です。都市伝説ではありません。紹介のサイトの理屈は「机上の空論」。

ガソリンに含まれる水分、そして燃料系統にガソリンから分離して溜まっている水に砂糖が溶け込むと、徐々にシリンダー内に運ばれます。また、普通の砂糖ならともかく、三温糖などは粒子が細かいのでガソリンに溶解し...続きを読む

Qリベラルとは?

・左派、革新、社会主義
・右派、保守
という分類ができると思うのですが、
リベラルや自由主義は、どう考えたらいいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。(リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。)

 Y軸 Libertarian(自由・市場主義 = 小さな政府) - Statist(統制主義 = 大きな政府)
 X軸 Liberal(革新) - Conservative(保守)
 真中 Centrist(中間主義)

 各派の解説は下のURLの解説部分を参照してください。
   http://meinesache.seesaa.net/category/719933-1.html

 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共和党政策が旧保守主義(右派リバタリアン)で、それ以後を新保守主義(ネオコン)といい保守と名乗っていますが、実態は左派リバタリアン(左派が保守に転換し、現状を保守する為に革新的手法(戦争など過激な改革を許容する)を執ると言う主義)です。

 自由主義の反対となる統制主義も左派だと共産主義や社会主義、比べると右派に成るイギリスの「ゆりかごから墓場まで(高福祉政策)」などが有ります。

 簡単に言うと、積極的に変えようとするのが左派で、変わらないように規制するのが右派です。そして変える方向(変えない方向)が自由か統制かで分類できます。

 日本には明確に保守を謳う政党が無いので、イメージがわき難いのかも知れませんが…。
 (自民・民主党は中道で、共産党は左派統制主義ですから…。)

 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。(リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。)

 Y軸 Libertarian(自由・市場主義 = 小さな政府) - Statist(統制主義 = 大きな政府)
 X軸 Liberal(革新) - Conservative(保守)
 真中 Centrist(中間主義)

 各派の解説は下のURLの解説部分を参照してください。
   http://meinesache.seesaa.net/category/719933-1.html

 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共...続きを読む

Q旦那が鬱です。私も限界。支える事に疲れました。

旦那は約5年前から鬱病を発症(それ以前からも怪しかったですが)。ずっと心療内科に通っています。2年前ぐらいがひどい時期(何度か自殺未遂、約1ヶ月休職も3回ぐらい)だったのですが、現在は「死にたい」と言う事も無く、以前と比べると落ち着いている感じです。クヨクヨと「自分はなんで(仕事が)出来ないんだ」等、ブツブツ言ってますが。

ちなみに・・・旦那の欝の原因は旦那の母親で、アダルトチルドレンです。今は距離を置いて実家との付き合いをしているので、大丈夫な感じです。

さて・・・今の旦那は「母親」という大きな呪縛からもちょっとは解かれ、鬱の回復期(?)だと思うのですが、私への依存が強く、自己中な考え方、幼少期に母親にかまってもらえなかったからか、私への
要求だらけでもううんざりです。

旦那の母親は、診療科の先生に言わせると、境界型パーソナリティ障害だと思われる人だそうです。旦那も少し(いや大分?)境界型の性格です。

「死ぬ」とほのめかしていた頃は、必死で死んでは駄目だと支え(その間3人の子供の精神安定をフォローするのも大変でした)、夜どこかへ行ってしまった旦那を必死で探したり、休職した際も、私がかなりハードに働き、それはもう、クタクタでへとへとで大変でした。

「しっかりしろよ!」と言いたいけど、旦那に言うと、「どうせ俺は出来ないんだ」と、また暗く落ち込むので本人に喝を入れるとか、本音でガンガントークが出来ません(また死ぬって言われたら嫌だし)

正直、旦那の愚痴を聞くのも嫌で、巻き込まないで欲しいと思っています。
愛は無いけど情はある。といった気持ちです。
子供がまだ中学生と小学生なので、大人になるまでは辛抱・・・と思っていましたが、こんな旦那、どうあしらったらいいか・・・私だけが我慢しているようで、「割に合わない」と考えてしまいます。

寝る前に暗い話(どうして俺はこうなんだろう・・・こんな僕はいや?等)をするので、隣で寝るのが嫌になり、今は一緒に寝ていません。(娘が旦那と寝ています)
それについても、今朝、「娘が僕と一緒に寝たいから替わったわけ?それとも僕と一緒に寝るのが嫌なん?」と聞いてきたので、正直に「娘はパパと寝たいって言ってる。私はそもそも1人で寝たいタイプだし、寝る前にグチグチ暗い話しないのなら、また一緒に寝てもいいけど。」と言ってやりました。
するともう・・・またキレて暗くなりはぶてた様子・・・

自分の思うようにならないと、すねたり、はぶてたり、暴言を吐いたりする旦那。
朝からため息ばかりつかれ、周りがどんなに気を使っているか、分かって無いんでしょうか?
よくキレていたので、正直ビクビクしています。
こんなの普通の夫婦関係じゃないですよね?とにかく毎日疲れます。
鬱だから・・・といって一番身近な妻である私に辛い思いをさせて平気なのでしょうか?

「どうしたらいい?」としょっちゅう職場からも電話があり、アドバイスしても結局は聞き入れてもらえず、勝手に落ち込んでいる旦那。
振り回すだけ振り回しといて、「僕の事嫌いになった?」などと甘えて聞いてくる神経がわけ分かりません。
私はひとつも旦那に(精神的に)支えてもらっておらず、心安らぐ事が無いです。顔を見るのも嫌になっています。

愚痴になってしまいました。すみません。
私のような方、他にもおられるのでしょうか?私が心療内科に相談した方がいいのでしょうか?
毎日が辛いです。

旦那は約5年前から鬱病を発症(それ以前からも怪しかったですが)。ずっと心療内科に通っています。2年前ぐらいがひどい時期(何度か自殺未遂、約1ヶ月休職も3回ぐらい)だったのですが、現在は「死にたい」と言う事も無く、以前と比べると落ち着いている感じです。クヨクヨと「自分はなんで(仕事が)出来ないんだ」等、ブツブツ言ってますが。

ちなみに・・・旦那の欝の原因は旦那の母親で、アダルトチルドレンです。今は距離を置いて実家との付き合いをしているので、大丈夫な感じです。

さて・・・今の旦...続きを読む

Aベストアンサー

うちの主人も7年間うつ病です。休職を1年半しました。まだまともに出勤できません。
私も最初の2年ほどは、暖かく見守り、支えてきましたが、
3年もすぎると自分の心がどんどんささくれてくるのがわかりました。

で、私の対策ですが、
・旦那に対する期待値を下げる(期待しなければ失望もしない)
・旦那は生きているだけでヨシとする。致命的な大病じゃなくって良かったと思いこむ。
・旦那の甘えは受け止めつつ、エスカレートしないように適度に受け流す。否定は絶対にしない。
・子供は無条件にパパが好きなのでそれは推奨する
・自分が旦那の近くにいるだけでイライラするような状況になったら
自分のキャパが減っていると言う事なので、自分のケアに専念して黒い気持ちの浄化に努める
・旦那の話が多い人からは距離を置く(ノロケ話満載のママ友は絶縁)
・できるだけ独身の友達と会う(違う世界だから気分展開になる)
・離婚するかどうか考えて、しないと決めたら腹をくくってこの状況を受け止める。
・心の処方箋になるような本を心の親友として持ち、時々ひもといて心の浄化につとめる
・同じことは二度考えないようにする
・鬱の人は自分のことで精一杯。思いやりや協力を求めない
・奥さんがしっかりしすぎていると旦那さんの立場がますますなくなるようなので、
自分もがんばらない
・旦那のプライドは傷つけない
・あまり気を使わない。

私も一時期は旦那の半径1メートル以内に近寄るのも嫌でした。
何か生理的に嫌になったんです。重荷としか思えなくなったこともあります。
進学も就職も順調だったのに、結婚が人生一番の失敗だったと愕然としたこともあります。

お子さんが3人もいてうらやましいです。
頑張っているママを誰よりも理解してくれる仲間がたくさんいるじゃないですか。うちは一人っ子です。
で・・・・私はカウンセリングには行ってますが、とても頼りになります。
質問者様は疲れているだけなので、心療内科は行かなくてもいいように私は思いました。
質問者様は私よりもずっとずっとがんばっていらっしゃって、
旦那様のグチも聞いて(私はだいたいスルーするほうが多いかも!)
働いて本当にすごいと思います。私だったら家出してます(私も1回家出しましたが。子供が泣いて家に帰りたいと言うので帰りました)。
とにかくうつ病は長いんです。重苦しいんです。いつ治るのか治らないのか先が見えないし、
努力しても看病しても、さっぱり手ごたえがなくむなしいのです。しかも世間には軽く見られるのです。
しかしこれも運命なのです。
どうかご自分の心のケアをして、いい人生を送られますよう。私もまだ希望を持ってます。

うちの主人も7年間うつ病です。休職を1年半しました。まだまともに出勤できません。
私も最初の2年ほどは、暖かく見守り、支えてきましたが、
3年もすぎると自分の心がどんどんささくれてくるのがわかりました。

で、私の対策ですが、
・旦那に対する期待値を下げる(期待しなければ失望もしない)
・旦那は生きているだけでヨシとする。致命的な大病じゃなくって良かったと思いこむ。
・旦那の甘えは受け止めつつ、エスカレートしないように適度に受け流す。否定は絶対にしない。
・子供は無条件にパパが好...続きを読む

Q「諸行無常」と「諸法無我」の違いを教えてください。

「諸行無常」と「諸法無我」の違いを教えてください。
自分なりに調べてみたのですが「諸行無常」と「諸法無我」の意味や違いが理解できません。できれば具体例をまじえながら説明していただければ幸いです。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

沈黙の仏陀/大川隆法/幸福の科学出版
悟りの挑戦(下)/大川隆法/幸福の科学出版

を参考にしていうと

・諸行無常

これは別に悟りを得てなくても、誰もが理解しやすいと思えます。
頑張って一戸建てを建てたり、マンションを買っても時間の流れとともに朽ちてゆき、いずれ建て直ししないとダメになります。
美しく咲いた花でも、しばらくすれば枯れて散る。
70年代に、日本中のアイドルで笑顔の可愛い女性タレントも、今では中年太りのおばさんという方もいる。
これは時間論です。
そして、いまあるものにあまりこだわりを持つな、地上のものに執着を持つな、ということ。

・諸法無我

これも諸行無常と同じく、地上のものに執着を持つなという教えですが、これは、空間論です。
時間論で、「一切のものが変転していく」ことをとらえているとすれば、こちらは、「一切のものは実在ではない。すべてのものは夢幻の世界である」
という空間の教え、思想です。

この両者いずれも、この世的、3次元的な視点ではなく、あの世からこの世を見たときの視点です。なので、特に後者の思想は、悟りを得ないと解りにくいと思えます。
たとえていえば、この世は舞台劇であり、実在する建物と思っているのははりぼての舞台セット。
出演者はそれぞれの役柄を演じているが、舞台を降りたら(あの世に戻ったら)本来の自分に戻る。
だから、自分が舞台上の役で持っている地位や財産にあまり執着して生きるな、ということですね。
さらにいえば、舞台を降りたら(死んだら)すべてが無になるというのは誤りであり、役者の顔を脱ぎ去った、本来の自分が生きている「死後の世界」に戻っていくので、舞台上のことに執着するなということでもあります。

ちなみに、もうひとつ「涅槃寂静」があり、この3つを三宝印といって、仏教の教えの基本とされています。

・涅槃寂静

時間・空間、そのすべてにおいて、固定的なものは何もない、恒常なるものは何も無い。そのなかで、現にここに存在し、修行をしている私は、いったい何であろうか?という問いを追求し、そして永遠の実相なるものをつかみとってゆく、そこに涅槃寂静の境地が開けてくる・・・。

そして、これらの思想は、無我、空の悟りに通じていくものです。

沈黙の仏陀/大川隆法/幸福の科学出版
悟りの挑戦(下)/大川隆法/幸福の科学出版

を参考にしていうと

・諸行無常

これは別に悟りを得てなくても、誰もが理解しやすいと思えます。
頑張って一戸建てを建てたり、マンションを買っても時間の流れとともに朽ちてゆき、いずれ建て直ししないとダメになります。
美しく咲いた花でも、しばらくすれば枯れて散る。
70年代に、日本中のアイドルで笑顔の可愛い女性タレントも、今では中年太りのおばさんという方もいる。
これは時間論です。
そして、いまあるもの...続きを読む


人気Q&Aランキング