【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

通信制大学に入学したい 30代 社会人 女性です。

法政大学の商学部を、将来卒業したいと思っております。


ですが、学校での勉強は全て忘れてしまっている状態です。
卒業が難しいといわれているそうですが、
無謀でしょうか?

4月からの入学を考えていますが、
偏差値のレベルが全然おいついていません。

(数年後の入学の方がいいかな?とも考えております。)

履修科目を閲覧しましたが、
入学しても到底おいつけそうにありません。

☆入学前に、高校レベルのおさらいや、
簿記の勉強・独語・フランス語の勉強等をしておくべきでしょうか?

そもそも、下準備は必要でしょうか?
必要だとしたら、何が必要か、教えて頂けませんか?

宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

それでは私の覚えている範囲でコツを説明します。



■勉強に入る前に
まず、通信が始まる前に二つの能力を鍛えておくことです。
一つは、勉強をする脳みそ。
もう一つは、勉強のやり方。

毎日勉強していた時代より脳みそが勉強に慣れていないと思います。
そこを解きほぐしならす必要があります。
それには、とにかく脳みそを回転させることが重要だと思います。
ですので、私は中学くらいの数学の問題を解いたり、写経したり、100ます計算をしたりしていました。

あと通信大学説明の冊子はきちんと読んでおきましょう。
通信教育のルールとスケジュールはきちんと正確に把握してないと、モチベーションの維持の点でも、通信学習の効率性の面でも不利です。
またレポートの締め切りと、テストの申し込み日、テストの日はきちんと書き写して一覧表形式で把握しておきましょう。

次に勉強のやり方です。
おそらく通信をやるには学生時代ほど時間はないはずです。
ですので効率的に勉強をする必要があります。
通信学習の手順は、
1.本を読む
2.レポートを書く
3.テストを受ける
この3つで構成されています。
テストは、レポートの簡易版のようなものを資料なしに書く形式です。

■勉強をするにあたって
まずは勉強のための環境、ルールをづくりが重要です。
自分をストレスなく勉強ができるための環境を作り、毎日勉強を続けられるルールを作る必要があります。
私は自室では勉強が出来なかったので、できるだけ図書館、公民館、イオンのフードコート、ファーストフード店などでやっていました。
自室でやる場合は机の配置などから見なおす必要があると思います。

勉強のルールとは主に時間の管理方法です。
朝やるのか夜やるのか昼やるのか、いつからいつまでどのようなルールでやるのか。
勉強と休憩のバランスはどのように取るのかなどです。

一人で延々とやり続けると煮詰まってきますので、自分で適度にかき混ぜる必要があるのですが、それがだらけを産みます。
そこら辺のバランスをどのように取るのかが非常に難しいです。

■本の選び方
アマゾンのレビューがまずは何よりも参考になるかと、あとは本屋に行って読んでみるとかです。
課題の本は絶対に買わなければいけませんが、内容が悪ければ自分が選んだいい本を読んだ後に軽く目を通すくらいで大丈夫です。

で重要なのは、とりあえず買ってみることです。
厳選して1冊を選んで精読するより、5冊くらいかって3冊くらい読むという方が良いです。
重要のは質より量です。(そもそもアマゾンで☆4以上の本が質が悪いわけがない)

■本の読み方
通信学習で何より重要なのは本を読むことです。
通信の8割は本を読むことに費やされます。
ですので、一番重要なのは本の情報を効率良く吸収することです。
そのためにはいかにして、本を読む脳みそを作り、読む本を選び、本を読む時間を作り、本を読み、学ぶかということです。
ですので、まずは勉強法の本を読むといいと思います。
通信において、本を読むというのは、一字一句文字をなぞって行くことではありません。
その本の中から必要な情報を抽出することです。

ですので、まずはその本が読むに足る本なのかを1分くらい目次や中身をパラパラ見て選別することが重要です。
次に目次をもう一度見た後5分くらいパラパラめくることが重要です。
その上でざーと流し読みして、その後よく読めばいいと思います。
つまり、10時間かけて精読するよりも、1時間で一回読む×5回繰り返す方がずっと身になります。
またノートは取らないほうがいいです。効果は2倍になるかもしれませんが、時間が10倍かかるようになります。
ノートに書くより、本に書き込みましょう。

ここで重要なのは理論の流れ、体系を理解することです。
それが何を目的にして、どのような論理体系になっていて、それによりどういう結論がなされるのかを把握することが重要です。
特に商学部ならば、かなりの理論が経済学の理論体系に重なるので経済学だけはじっくり学んでおいて損は無いです。
経済学と数学だけはノートを取ってもいいです。
(経済学はじっくり重要だから、数学は式を書かないと解けないから)

本については、ベストは薄い本を1冊読んで流れや体系を大まかに把握した上で、厚い本を2、3冊くらい読むことです。
しかし、それができない場合は臨機応変に対応すれば良いかと。
また経済関係の単位では、薄い本に当たる部分が経済学で全て学びます。だからこそ経済学をきちんと把握しておくことが重要です。

また速読の本も読むといいと思います。
速読の技術自体は習得できなくとも、その考え方を変えることは重要です。

■レポートの書き方
次に論文・レポートですが、これはレポートの書き方、文章の書き方の本を読むべきです。
論文・レポートには書き方のルールがあります。この法則を知っておかないと、そもそも何書いても落とされます。
またこの書き方を知っておけばレポートは簡単に書けるようになりますので、レポートの難易度がグッと下がります。

またレポートを書くにあたってはまずはノートに大まかなレポートの構造を書いておきましょう。
章のタイトルとキーワードくらいだけでいいです。
その上で論文がどういう構造になるかをイメージを作ったら後は一気に書けばいいです。

またレポートを書く場合は、重要なのは出題者の意図を読み、出題者の望む答えをかくことです。
聞かれてないこと、求められてないことを書いても、百害あって一利なしです。
学んだことを全て詰めるのではなく、学んだことから出題の答えをかくことが重要なのです。
採点者でもある出題者様には絶対に逆らってはいけません。

論文の構造をイメージする時にはネットも結構役に立ちます。
ネットは鵜呑みにしてはまずいこともありますが、参考にすることは大いに出来ます。

■テストについて
テストについては難度はレポートよりかなり下がります。
しかしどこが出るかはわかりませんし、資料も見れません。
だから広く浅くカバーしておく必要があります。
大体わかってる程度でテストは大丈夫ですが、まあ穴はないほうが良いかと思います。

■その他
個人的に一日に5時間以上勉強するならば、水筒にコーヒーを薦めます。
私は、コップなしペットボトル型の水筒にコーヒーと砂糖を入れて眠気覚ましに飲んでいました(砂糖は多すぎると逆に眠くなるので注意)

筆記用具では付箋と鉛筆orボールペンを薦めます。
ボールペンはジェットストリームの青がいいです。
本に書きこみを入れるとき、青だと印刷の文字から程良く浮きだすので見やすいです。
ただ単純に鉛筆でも良いです。そこら辺は好みで(ただし、シャーペンはNG)

ノートは、基本的な経済学以外では見開き2P以上つけないほうがいいです。
どんなに多くともせいぜい4Pまででしょう。
それを超えると際限なくページと時間が膨らんでいきます。
基本ノートはなしでいいと思います。
本に書きこみを入れた上で、目次のページを見ながら少しちょいちょいと流れや体系が分かるように整理すればそれで良いでしょう。
ノート取る時間があれば、もう2,3度本を最初から読めますし、そのほうがいいです。

あとは逃避行動にのめり込まないようにしてください。
ネット掲示板での議論や教えてgooとかですねw
ある程度の息抜きは必要とはいえ、それに時間や精神を取られてしまっては本末転倒です。

その他、後日何か質問などがあれば下記URLに書きこみをしてくれれば気づいた時に、分かる範囲で答えます。
頑張ってください。
http://blog.livedoor.jp/takotubo/archives/507597 …

参考URL:http://blog.livedoor.jp/takotubo/archives/507597 …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

凄い(:_;)

どうもありがとうございます!

こんなにご丁寧に教えて下さるなんて・・・
感激です。

早速、参考にしてとりかからせて頂きます。

どうもありがとうございます!

お礼日時:2012/03/25 00:58

大変なのは頑張り続けることです。


1年2年ならともかく3年4年も続けるのがしんどいわけです。
自分で自分を鼓舞して、自分で管理しなければいけません。時間割もノルマも締め切りもない中で、モチベーションを維持し続けることが一番難しいです。

>『大学を通学で卒業した方には、通信制の大学なんて、意味ない』、と言われてびっくりしています。

意味があるかないかは本人次第かと思います。
今時資格だけで食っていけるような資格なんて弁護士と医者くらいです。
あとはご自分でいかにその資格を活用するか、つまり資格を活かすも殺すも本人次第です。

大学卒業というのも一種の資格ですし、通信というのもそういうもんだと思います。
そして、通信に何を求めるかが重要かと思います。
ぶっちゃけ通信卒業で就職に有利になるということはないと思います。
しかし通信で学んだ知識や考え方が仕事や人生に生きるということはあると思います。

私は教師になりたかったので、大学卒業の資格を取るために通信やってました。またもう一度一から学び直したいという思いもありました。
質問者さんは通信によって何を得たいのでしょうか?
質問者さんはまずそのことを考えると良いかと思います。

ちなみに法正の通信は割合まじめにやっているところらしく、卒業をするだけならもっといいところはたくさんあるかと思います。

なお勉強し方レポートの書き方について自分なりの申し越し詳しいノウハウがあるので質問者さんが興味あるなら教えます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなってしまい、
申し訳ございません。

ご回答頂きまして、
どうもありがとうございます。

ぜひ、ノウハウを教えて頂けませんか?

宜しくお願い致します。

お礼日時:2012/03/24 19:43

元法正通信学部の商学部の学生です。


通信制は誰でも入れます。そして長々と一人で勉強を続けるものです。追いつけなきゃ気長にやっていればいいのです。どうせ小論文は辞書を引きながら書けるのです。そしてテストは小論文よりずっと楽です。
ですから、そんなビビること無いです。敵は難しい勉学ではなく己と孤独です。自らの情熱と戦略だけで長い戦いを続けなければいけません。1年2年ならできても、それ以上はしんどくなってきます。
ですから、やるなら4月からやるべきです。数年後と言ってたら、数年後も数年後となるだけです。そして10年後には通信のことは諦めているでしょう。
ただし、通信は孤独な自分との戦いになりますので、どのように勉強を続けるのか工夫が必要です。
通信教育の基本的な流れは、本を読む→小論文を書く→提出する→テストを受ける→テストに合格すれば単位がもらえるの繰り返しです。
一人でこれを続けるのが本当にしんどいわけです。
ですから、常に勉強の仕方を工夫することが、勉強の効率化をもたらすと共に、勉強の飽きを遠ざけてくれます。

大学に入る前に勉強のおさらいは必要ありません。
ただし、勉強するための準備は必要かと思います。
学校で何年も勉強していた学生時代と違い、今の質問者さんは勉強することに慣れてない状態だと思います。
そこら辺、自分の勉強脳をほぐしておいた方がいいです。
おすすめの方法は、ブックオフで中学校程度の数学の参考書などを買ってきて解くといいと思います。
(また大学入った後で数学などで分からないところはブックオフで高校の教科書を買えばよいでしょう。
ただ数学はともかく、科学や歴史はそれなりに1から教えてくれるので、勉強できる体になっていればわからないことはないと思います。)

そして、実際に大学に入学したら、まずは通信教育を説明している本をきっちり読んで通信の仕組みを理解することです。
実際に何単位取る必要があるのか、単位はどのように取るのか、テストや締め切りのスケジュールはどうなっているのか、わからないときはどのように対応すればいいのかなどです。
そこら辺を踏まえずに、とりあえず目についたところからやると途中で挫折すると思います。

また勉強するにあたっては、本棚などに通信教育の冊子や教科書や参考書を入れるスペースを確保しておきましょう。
そして勉強するに当たってはきちんとした勉強する空間を用意しておく必要があります。
汚い机では、嫌な勉強は進まないかと。
個人的なおすすめは図書館で勉強することですが、それが無理ならば家の机は勉強用にカスタマイズしておいたほうがいいかと。

次に実際の勉強をする時はまず自分の得意科目からやりましょう。
おそらく、最初は勉強のやり方を忘れているでしょうから、まずは自分が得意な分野で得意な勉強をやりながら、勉強のやり方を思い出すといいと思います。
ですから、数学が得意なら数学から、科学が得意なら科学から、歴史が得意なら歴史から、国語が得意なら国語からやるべきです。

また教科書は学校指定の教科書にこだわることはありません。ネットでもっと評判の良い教科書があればそちらを使ったほうが良いことも多いです。
特に、商学部なら経済学を沢山やるでしょうが、経済学の基礎については学校指定の教科書をやる前にネットで評判のいい教科書を使うべきです。
なぜなら法正の経済学部は色々問題のある教授が多いので変な教科書薦めてきたり、自分の書いた糞意味分からん教科書を薦めてくるからです。
伊藤元重の入門経済学か、茂木喜久雄のらくらく経済学入門か、石川秀樹の経済学入門塾がお勧めです。
スティグリッツとかマンキューは初心者が日本の大学の経済学の参考書にするには、少し不向きです。
これらの教科書を使って基礎を固めた上で、教授推薦の教科書を軽く目を通すという感じでいいと思います。
経済学の基礎と経済学史については、学校指定の教科書よりいくらでもいいのがあるのでそちらを使いましょう。

本を読むときは、じっくり1回読むより、さらさら数回読んだほうが絶対に早いし覚えます。
また鉛筆で線を引いたり囲んだりしながら読むと覚えやすいです。
わからないところがあれば、鉛筆で?マークでもつけて飛ばしましょう。そこでずーと悩んでても時間の無駄です。
ひと通り読み終わった後で?マークの部分を再び読めば、分かるようになっていることも多いです。

また勉強は一度に1つの学科だけをやる方法と2つの学科を並行してやる方法があります。
前者は良くも悪くもはまります。よくハマったときはサクサク進みますし、悪い時はどん詰ります。
後者は飽きたら別の学科をできますが、きちんとスケジュール管理しないと散漫になります。
そこら辺自分で調整すると良いかと。

後はテストの前に小論文を書かされます。小論文の書き方を書いた本を2,3冊読んだほうがいいです。
小論文については、まずはノートに鉛筆で起承転結各20文字くらいで論文の構成を考え、次にノートにもう少しだけ具体的な構成を作り、最後にパソコンで清書することをお勧めします。
いきなりパソコンだとまとまらず、最後まで鉛筆だとめんどいです(特にNG食らった時)。

最後に勉強はあまり脱線しすぎないように、基礎の教科書+α小論文用の教科書で大体大丈夫だと思います。
勉強と関係のない本を読むのは、勉強からの逃避です。

まあ長々なと書きましたが、通信制の大学は自分との戦いです。
高慢かつ理不尽かつ不親切な教授の冷たい課題と採点を耐えぬき潜り抜けなければいけません。それが何年も続くのです。
皆がテレビ見たり遊んだりしている間、シコシコ本を読んだり論文書いたりテスト受けに行かなければなりません。それが何年も続くのです。
私は根性と年齢と時間の問題で途中で挫折しましたが、それでも通信で勉強したことは今の人生に生きていると思います。

通信の勉強が質問者さんの糧になることを祈っています。
頑張ってください。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答頂きまして、どうもありがとうございます。

ご丁寧に色々と教えて下さって、とても嬉しいです。

そうなのですね。
いっぱい頑張らないと難しいのですね。

『大学を通学で卒業した方には、
通信制の大学なんて、意味ない』、と言われてびっくりしています。

実際には、そんな感じなのですかね?

参考にさせて頂きます。
どうもありがとうございます。

お礼日時:2012/02/28 16:55

http://www.nhk.or.jp/kokokoza/

http://www.nhk.or.jp/kokokoza/library/

http://www.nhk.or.jp/kokokoza/library/index_2010 …

法政大学:http://www.tsukyo.hosei.ac.jp/

http://www.tsukyo.hosei.ac.jp/nyugaku/setsumei.h …

切磋琢磨する、学友をみつけてください。

教養科目60単位、専門科目60単位、合計120単位以上

必要です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答頂きまして、どうもありがとうございます。

高校の勉強は必要なのですね。(当たり前ですね。)

中学校の内容もおさらいしないと、厳しい状況なので、
とにかく勉強を始めてみます。

お礼日時:2012/02/21 17:29

特に下準備は要りません。


ただ、通信制の卒業率は低いです。よくて1割くらい。ひどいところでは1%もありません。
偏差値やレベルうんぬんというより、単純に、意欲というか根気がつづかないようです。
大学にとっては、ほとんどの学生が途中でやめていくので、よい商売です。
数年待ってもしょうがないので、やるなら早いほうがよいでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答、どうもありがとうございます。

卒業率、そう、そうなんですよ。
その卒業をするためには、
やはり、基礎学力が必要という事!? と思いまして。

そうですか。
早い方がいいですか。

婚活中なのもあり、
相手は居ませんが、
「いまさら大学行ってんの? お金だけかかって意味ないよ」

未来のお相手に思われてしまうのでは?
とか、

卒業できなかったら(・・;) と思い尻込み中です。

でも、前向きに
卒業する為には、どうしたらいいのか、考えてみます。

ありがとうございました。

お礼日時:2012/02/13 20:59

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q大学の通信制で 卒業できるそこそこ知名度のあるところ

私は20代前半です。
働きながら通信制の大学で勉強しようと考えています。
なぜ今更大学に行きたいかと思うようになったのかというと高卒じゃ
満足できないと思うようになったのが正直な理由です。学歴ですね…。
うちの家系は皆、国立大卒・有名な私立大卒ばかりで、私だけ高卒で
何かと比べられて学歴コンプレックスになってしまいました。
高校当時はあまり勉強が好きではなくて、でも公立の大学くらいには
入れるだろうと言われていたんですが 勉強もしたくなかったし、
就きたいと思っていた職業も学歴は関係のない職種だったので進学は
しなかったのですが、大学へ行けばよかったと今更ながら後悔してます。

そこで今の仕事はやめられないので続けながら通信制で勉強しようと思
っていろいろ調べていたのですがホームページにも書いていないことや
不安な点もあるので何点か質問させてください。
下記の条件に当てはまる通信制大学はどこかあるでしょうか?
(1)課題・レポートが難し過ぎない
(2)体育が苦手なので体育実技が必修でない
(3)英語が必修でないか然程難しくない
(4)宮城県に住んでいるので、地方スクーリングで卒業できるところ

あと通信制はネームバリューがないというのはわかってますが
こういう家柄なので、できればそこそこ知名度のある大学に入らないと
いけない感じなんですが…この条件に近い大学はあるでしょうか^^;
完全に当てはまらなくてもだいたい当てはまっていればいいのですが…

タイトルの「卒業できる」というのは、通信制は簡単なものではない
のはわかっています。ただ、慶応など「卒業できる人いるの?」
というほど難しいところは避けたいということです。

わかる方いましたら教えてください。

私は20代前半です。
働きながら通信制の大学で勉強しようと考えています。
なぜ今更大学に行きたいかと思うようになったのかというと高卒じゃ
満足できないと思うようになったのが正直な理由です。学歴ですね…。
うちの家系は皆、国立大卒・有名な私立大卒ばかりで、私だけ高卒で
何かと比べられて学歴コンプレックスになってしまいました。
高校当時はあまり勉強が好きではなくて、でも公立の大学くらいには
入れるだろうと言われていたんですが 勉強もしたくなかったし、
就きたいと思っていた職業も...続きを読む

Aベストアンサー

No.3です。

通信制であっても、知名度のある大学は難しいとされるのは、建前上、レポートや単位修得試験の評価基準が通学課程と同じレベルというスタンスだからです。通学課程では、難しい入試を経て入学すればエスカレーター式に卒業できる、つまり、「入るのは難しいけれど、出るのは簡単」であるのに対して、通信課程は誰でも入学できるけれども、卒業するのが非常に難しい、つまり、「入るのは簡単だけれど、出るのは難しい」という逆のコンセプトになっているわけです。
ただし、偏差値が60とか65とかいう学生と同じに扱われるのはキツイので、通信課程はほどほどに手加減してもらえます。

レポートや単位修得試験は、各大学共通の二択や穴埋め問題ではなく、基本的には論文記述方式であり、条件がそれぞれ異なるため、各大学の難易度を単純に比較することはできません。
したがって、知名度のある大学は難しくて当たり前だけど、その中で一番卒業しやすいところというような漠然とした質問に対して、明確なこと答えはありません。
そもそも、知名度のある大学とは、どのあたりを指しているのか、「上智・早慶」とか「MARCH」とか「日東駒専」とか「大東亜帝国」とか、いろいろなランク分けがあるでしょう。

まぁ、消去法でいくと、慶應大学は、学習環境的に学生を卒業に導くようなサポート態勢に欠けるので外します。早稲田大学は、「eスクール」といってインターネット中心の学習になり、学費が高額です。中央大学は、卒業するために131単位が必要で、他の大学が124単位であるのに対して要件が厳しいです。
それで、残るのは法政大学か日本大学になります。どちらも設置されている学部・学科は同じようなもので、補足的に地方スクーリングやネット配信授業も行われます。
在籍年限は12年なので、少しずつでもスクーリングを受けつつ、レポートが不合格になっても粘っていけば、いつかは卒業することも可能でしょう。4年で卒業するのは、絶対に無理です。
通信制大学には特に学力は不要で、何よりも人並み外れた根性と持続力が必要です。

なお、参考URLに2ちゃんねるの「生涯学習版」を貼りました。通信制大学に関して各大学別にスレッドが立っているので、裏事情を知るために参考になるかもしれません。

参考URL:http://school7.2ch.net/lifework/subback.html

No.3です。

通信制であっても、知名度のある大学は難しいとされるのは、建前上、レポートや単位修得試験の評価基準が通学課程と同じレベルというスタンスだからです。通学課程では、難しい入試を経て入学すればエスカレーター式に卒業できる、つまり、「入るのは難しいけれど、出るのは簡単」であるのに対して、通信課程は誰でも入学できるけれども、卒業するのが非常に難しい、つまり、「入るのは簡単だけれど、出るのは難しい」という逆のコンセプトになっているわけです。
ただし、偏差値が60とか65とかい...続きを読む

Q通信制大学での一日の勉強量はどれくらいですか?

今、病気中で勉強する体力が人よりも劣っている状態なのですが、今のうちからでもできることは少しずつでもやっていこうと思い通信制の大学に入学することを考えています。

あまり演習や実習、スクーリングが少ない部、科(福祉や看護系以外、社会や教育、経済など)を考えているのですが、その場合一日もしくは、一週間の勉強量はどれくらいでしょうか?(もちろん人によるとは思いますが、単純に最低何時間くらいなど、、頭の良さは中の中くらいとして)(最短4年で卒業したい場合)

今、放送大学やサイバー大学などのネットやTVを使うものと、
普通の大学の通信制のところを考えていて、
どちらかといえば普通の大学の通信制のほうが良いのですが。

放送大学の方では、調べたところによると、一科目一週間に2時間くらいの目安ということだそうです。
これなら私でもできそうなのですが、通信制の勉強量はだいたいこのくらいが普通の勉強量なのでしょうか?


今、リハビリ中で一日トータルで2,3時間は集中して勉強はできます。
でも受験生のように一日中近く勉強をすることはできません。
通信制の勉強で、一日の勉強のための拘束時間が(例えば)6時間くらいでは今の自分では無理です。


大学の通信課程を経験された方、教えてください。
(放送大学やサイバー大学を経験された方も、私が上述した記載が間違っていれば教えてください。もっと勉強量は多い、など。)

今、病気中で勉強する体力が人よりも劣っている状態なのですが、今のうちからでもできることは少しずつでもやっていこうと思い通信制の大学に入学することを考えています。

あまり演習や実習、スクーリングが少ない部、科(福祉や看護系以外、社会や教育、経済など)を考えているのですが、その場合一日もしくは、一週間の勉強量はどれくらいでしょうか?(もちろん人によるとは思いますが、単純に最低何時間くらいなど、、頭の良さは中の中くらいとして)(最短4年で卒業したい場合)

今、放送大学やサイバー大...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。
私は普通大学と院を出た後、放送大学を2回、慶應の通信を1回卒業し、また慶應の通信に通っている道楽者です。

まず、前提条件を拝見しますと、「リハビリ中である」、「(4年で出たいということは)高卒である」ということですね。
さらに、他の方への「お礼」を拝見しますと、「レポートは書いた経験がない」「目的は学士を取るため」「勉強は好きで、頭の回転も速い」ということでよろしいでしょうか。

まず、一番問題のスクーリングですが、yuyu2004さんが、どこにお住まいかは分かりませんが、放送大学を含め通信制の大学はスクーリングというものがつきものです。慶應のように日吉と三田の校舎でしか行わない場合は、遠方の方はホテルなどに泊まり込んで参加しています。法政も、10都道府県でしか行っていないようですし、日大はそれ以下、リハビリということを考えれば非常にネックです。また、慶應のスクーリングは合格点をとるのに大変ハードな科目もがいくつかあり、ちょっとお勧めできかねます。その点、放送大学のスクーリング(面接授業)は、事実上参加するだけで単位をいただけますし、各地に学習センターがありますので、スクーリング挫折はしにくいと思います。

また、スクーリングのない通信制大学は、いわゆるe-school形態で、全てをインターネットで行うタイプです。そして大概ちゃんと普通並の入学金と、学費を取ります。ですから気楽に入学・卒業は出来ないと思いますし、ご希望の分野も無いかもしれません(信州大学は理数のみです、サイバーはITと考古学しかありません)。

レポートですが、慶應の場合大変厳しく、科目によっては4回提出しても合格点をもらえず、その科目は断念したという話も良く聞きます。
それに比べると、放送大学は、結構簡単に(提出さえすれば100%に近く)合格点をくれます。ただ、慶應・放送大学に関しては、レポートの評価は成績にならず、いわゆる単位認定試験の受験資格とされています。

一日の勉強量に関しては、私の場合(現在慶應通信)、仕事をしながらですが、一日あたり4から5時間は勉強に充てます。でなければ絶対卒業は出来ません。しかし、放送大学ですと、週2時間は極端ですが、暇を見てテキストに目を通すようにすれば、8割方は単位をいただけます。ですから、一日2~3時間で十分と思います。
また、慶應に択一試験はありませんが、放送には択一も論文もあり、論文か択一かは事前に発表されるのでそれに目を通して科目を選択することも出来ます。
結論から言いますと、放送大学は4年で卒業することも十分可能ですが、慶應はほぼ不可能です。

「学士」に関してですが、上記の事を考え合わせ、ネームバリューを考慮しないのでしたら、やはり放送大学がお勧めになるかと思います。ただ、「C」評価で合格することがあまりに容易のため、いつの間にか全体の成績を下げてしまい、気がついたらGPAがひどいことになっていて、院などを後で目指すことがあると困ったことになります。ですから一応「A」評価を取るようには頑張った方が良いかと思います(笑)。失礼なようですが、多くの方が「C」合格依存症にかかってしまうようです。モチベーションを自分なりに高めておかないと、逆に目的を見失いかねません。また、卒業論文(研究)は是非やっておいた方がよいと思います。

それから、「レポート」に関してですが、やはり大学の勉強は「論文の書き方」が大変重要な位置を占め、特に通信の場合、書き方を伝授してくれる方が存在しないため、論文を書けないまま挫折する人も多いです。ですから、「レポートの書き方」に関する本は読んでおいた方が良いです。
個人的にお勧めなのは、小野田博一著の論理関係の本(「論理的な作文・小論文を書く方法」など)。戸田山和久 著「論文の教室」(卒論ではお世話になりました)。その他、野矢茂樹 著「論理トレーニング」「論理トレーニング101題」等を一通りこなすと良いかと思います。
最も、放送大学を「C」評価中心に、卒業研究も書かずに卒業するのであればそんなに神経質にならなくても良いです。そのような卒業の仕方でも、私の親族は「学士」を必要とする企業に就職をしております。

後付けですいませんが、慶應通信は通信制大学の中で最も厳しいと言われており、上に述べたことは最悪の大学の場合ということです(笑)。玉川や佛教は(慶應に比べれば)ずいぶん緩いと言うことも聞きますのであくまで参考まで(1/2から2/3に割り引いて)とお考えください。また、補足要求には出来るだけお答えしますので何なりと聞いてください。

では、ご健闘お祈りしております。

こんにちは。
私は普通大学と院を出た後、放送大学を2回、慶應の通信を1回卒業し、また慶應の通信に通っている道楽者です。

まず、前提条件を拝見しますと、「リハビリ中である」、「(4年で出たいということは)高卒である」ということですね。
さらに、他の方への「お礼」を拝見しますと、「レポートは書いた経験がない」「目的は学士を取るため」「勉強は好きで、頭の回転も速い」ということでよろしいでしょうか。

まず、一番問題のスクーリングですが、yuyu2004さんが、どこにお住まいかは分かりま...続きを読む


人気Q&Aランキング