ハイブリッドシステムのリスクについて,私の経験からの下記報告について皆さんからアドバイスまたは建設的なご意見をいただければ幸いです。下記の5以降が困りごとです。
(同様の質問を見つけられなかったので投稿します)

1ハイブリッドシステムは新しいシステムであるが,販売時にはそのリスクの説明はほとんどなく,燃費や環境にやさしいなどの説明が中心である。

2実際,ハイブリッドシステムの自動車は従来のエンジンまわりに加え,ハイブリッドシステムという,2重のメインシステムで稼働することから,いずれか一方が障害となると動かなくなる。

3日本車は高性能で長く走れるとの一般的評価はエンジンまわりのシステムでは妥当であることから,ハイブリットシステムも同等の品質と認識してしまいがちだが,そうでない部分もある。

4ハイブリッドシステムの障害については自動車の基幹部分にあたることからメーカーもサービスキャンペーンやリコールなどで基本的にはユーザーの負担が少ないようにしている。また,将来交換の恐れがあるメインバッテリーも近年は10数万円程度まで低下している。

5一方,保証期間(5年または10万kmの早い方)を過ぎるとハイブリッドシステムの根幹にかかる部分についての修理も100%ユーザー負担となる。そのなかにインバーターというユーザーに馴染みの薄いと思われるユニットがあり,障害時は修理できず交換しかなく,その部品代は47万円を超える。(保証期間を過ぎればユーザーの負担があるのは承知していますが,言い値を受け入れるしかない修理部品の価格設定と新車販売時の売り方についてのメーカー側の責任が保証期間のみで100%免れることに疑問があります。)

6メーカー(トヨタお客様相談センター)にこれらについて問い合わせたところ,交渉はディーラーを通すよう直接交渉を拒否される。ディーラーと交渉するとメーカーがリコールと判断しないと,ディーラーのみの負担となることから対応はできないと回答を受ける。

7さらに,第三者機関である自動車製造物責任相談センターに相談したところ,保証期間を過ぎていても保証書のその他事項の「不具が使用損耗あるいは経年変化によるものでなく,供給側の責任に起因する場合は,責任の度合いに応じ,適正な費用負担で修理する」を根拠に,修理費について相談を進められた。

8しかしながら進展はなく,再び同様の症状が発生すると困ることから,全額ユーザー負担で交換修理依頼中である。

9ネットで検索したところ,同様の報告数件あり,ディーラーの営業努力で費用の一部軽減の報告を1件見つけるが,これは例外のようである。

10車検をしたばかりであるが,インバーターの障害の前兆は発見されず,この障害が起こると突然車が止まり,危険なことから,国土交通省のリコール関係の報告に登録。ちなみに,リコールとなると修理費用は返還されるとディーラーから教えてもらう。

以下,私の具体的な事例
アルファードハイブリッド2004年2月新車登録8年10万km走行。
メーカーからは使用形態,環境により,車両の基幹部分の持ちは異なり,何年利用できると一概に言えないと回答。しかし,状況によって利用期間の評価がどう変わるのか,提示はなし。
参考に私の利用環境は下記の通り
主に通勤に使用(往復約30km)。家は車庫,通勤先は立体駐車場であり,比較的良好な保管。所在地は年間ほぼ0度から30度強といった日本の平均的な気温。
サービスキャンペーン(リコールではないが,メーカーが対象部品の無料交換などしてくれること)は過去2回
ハイブリッドエラーで突然発進できなくなったりすること過去数回。今回は突然停止した。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

最近、ガソリン車からハイブリットへ。

そして、数日前に、元のガソリン車へ乗り換えた者です。

回答すべき立場にあるのですが、逆に、とても参考になりました。

ご意見になるかはわかりませんが、私がなぜ、ハイブリットからわざわざ元のガソリン車へ乗り換えたのか。
その理由を説明すると、まず第一に挙げられる点は、おしゃるとおり、一度トラブルを起こすと大変なことになりかねないと、実際、ハイブリットを所有することでわかりました。
機能が複雑であればあるほど、一般の整備やサンではお手上げだろうなと。ある意味、メーカー側のうまい戦略に乗せられたなと感じました。
すなわち、点検整備は全てディラーで行えと言っているのとほぼ同じと個人的に将来的な危機感を感じたからです。
長年の知恵というか直観的なものです。
後、燃費ですが、決してハイブリットだから燃費が良いとは限らないと痛感しました。
よは、乗り方。アクセルの踏み方次第で、燃費はガソリン車でもよくなることを痛感しました。
さらに、減税。
増税が叫ばれる中、将来的にエコカー減税も廃止されるだろうなと感じた。
乗り換えた最大の理由は、機能的な進歩。
だとすると、初期タイプのハイブリットは近い将来、ハイブリットとは呼べないレベルにまで落ち込み、所有している意味がなくなる。
次々と新車を出すメーカー側の、売上重視の姿勢に共感できない。

こんな感じの理由から、購入後わずか一カ月足らずで元のガソリン車へと乗り換えました。

今思うと、今のハイブリット車って、子供のおもちゃみたいですね。
私は、古くても、手間がかかっても、燃費悪くても、機械的に生きている実感みたいなものを感じるガソリン車に魅力を感じています。
全てが全て、ハイブリットがいいという世間の流れには、どうしても共感できません。
だってみてください。周りを。
そこらじゅうに、わがもの顔したプリウスが見られるじゃないですか。
その為か、下手なプライドしょって偉そうに「エコカーだぞ!!」とガソリン車をにらみつけたり笑ったりしていますが・・・・
それが、今の日本を象徴しているように見えます。
とても残念です。
    • good
    • 27
この回答へのお礼

貴重なご意見ありがとうございました。初めてここに投稿しましたが、かなり感情的な反応が多い中、救われました。

お礼日時:2012/03/04 15:51

>そのなかにインバーターというユーザーに馴染みの薄いと思われるユニットがあり,


ただの不勉強です。

永久保証を謳っていないのですから、いつかは寿命を迎えます。
で、47万が払えれば、その車の寿命は延びますが、払えない場合は、寿命ですから、手放しましょう。ということです。

ハイブリッドだろうが、化石燃料車だろうが、電気自動車だろうが、全く関係ありません。
工業生産品ですから、寿命があります。
そうしないと企業は生きていけませんので。
ただただ貴方の運が悪いだけ。

寿命があるのは貴方も同じです。
何所まで生きられるかは分かりません。
明日事故で死ぬかも知れませんし、寝ていて心不全で死ぬかも知れません。
100を越えるかも知れません。
しかしながら、いつか寿命が来て死ぬことだけは100%です。
それが早いか遅いかは運次第
    • good
    • 10
この回答へのお礼

私としては程度問題を提起したのですが、ありがとうございました。

お礼日時:2012/03/04 16:02

2011年6月に「クルーガーハイブリッド、ハリアーハイブリッド」が DC-ACインバータのリコールを出しています。


車種によって、まるっきり異なる装置では無さそうなので、そのうち アルファードハイブリッドも対象車になるかもしれません。
今回実費で修理してリコールになったら修理費を返してもらうか、あきらめて廃車にするかのどちらかでしょう。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

情報提供ありがとうございました。私は交換修理依頼しました。

お礼日時:2012/03/04 16:02

ハイブリッドなりのリスクを背負う上で、ハイブリッド車を購入されているのですか?



あなたは単に「できるなら、高額な修理費用を免れたいか、軽減したい」と言っているようにしか感じられない。
8年経っていれば、ハイブリッド車に限らず、他の電気製品も不具合が出てくるのは一緒である。

部品が壊れたら壊れたで修理し、事故やリコール以外は費用は自己負担になるのは車の使用者として当然。
車も機械の塊だから、いつ壊れるか分からない。しかし、その予期せぬトラブルを予防するために定期的に点検に行くのも使用者の義務。(無料であろうが有料であろうが、時間があろうが無かろうが)
それと、お金を逆にケチるからトラブルに遭うんですよ。そして早めに交換しておけば短時間で少額で済んだものが、余計な時間と多額のお金がかかって後で辛い目に遭うんです。

要は、
・トラブル予防のために、定期的にディーラー等に点検に行き、交換したほうがいいと言われたときは、トラブル防止のために早めに交換しろと言う事。トラブルが起こってでは、周りに迷惑である。(いわゆる定期点検は、法令で義務付けられています。)
・ハイブリッドのことが分からなければ、ディーラーに遠慮なく聞くこと。もしディーラーの言う回答に納得できないなら、今後、ハイブリッド車は買わないこと。

私は30型プリウスに乗っていますが、オイル交換等、自分で出来る範囲は自分で整備し、ハイブリッドシステム関係の点検はディーラーに任せています。
ちなみにプリウスは好きで乗っていますので、よっぽど高額な修理費が来ない限りは乗り潰す予定です。「乗った年数によるが、概ね20万ぐらいの修理費用が掛かりそうなら乗り換えるかな?」という程度です。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

お金をけちって整備していないとは、何を根拠に?ちなみにインバータの価格はプリウスでも安くないそうです。保証のきくうちに障害が出て無料で交換できればいいですね。あなたの書き込みをみるとハイブリッドの中古車を買う人はあまりいないでしょう。ともかく、回答ありがとうございます。

お礼日時:2012/03/04 16:12

つまりは、トヨタに賠償しろ!と言っているのですよね。


ここで質問しないで、トヨタを相手に訴訟した方が良いです。
数ヶ月前に、アメリカで「理不尽な訴訟」があります。
「カタログに書いている燃費が、一度も達成できない。ホンダは、大嘘を付いている。謝罪と賠償を要求する」
彼女は、世界中のホンダ車ユーザーに「一緒に訴訟団を組もう!」と呼びかけています。
訴訟大国のアメリカでも、流石に同調するユーザーは居ない様ですが・・・。
質問者さまも場合も、「トヨタは嘘つきである。謝罪と損害賠償を要求する!」と訴訟して下さい。
トヨタが相手だと、世界中が注目する裁判になります。
色んな意味で、有名人になれますよ。
ついでに「従軍慰安婦に対して謝罪・賠償しりろ!」も付け加えて下さい。
南北朝鮮政府及び民団・総連も、全力で質問者さまを援助します。
これで、質問者さまの主張は国際問題になります。
ただ・・・。
理不尽な根拠・証拠に乏しい事案は、法治国家の日本では通用しない可能性が高いです。
頑張って、誰もが納得する証拠を準備して下さいね。
例えば、反日国家が「日本海名称は、19世紀の日本軍国主義が付けた名称だ!」と騒いでいますよね。
が、貼付画像にあるように「関が原の戦い時点でも、既にキリスト教宣教師が使っていた世界地図には日本海」と記載しています。
朝鮮半島も、中国の属国と記載しています。
当然、反日国家は認めない地図ですが・・・。
今回の件でも、先ずは口先でなく証拠を添えて質問・訴訟をして下さいね。
10年近い自動車は、残存価格はゼロです。
不具合が発生しても故障しても、何ら不思議はありません。
この世界的な自動車業界の常識を打ち壊す事を質問者さまは計画しているのですから、色んな専門家とも協議して下さい。
しかし・・・。
何故、(当時)信用できないハイブリッドを選んだのか疑問ですがね。
「ハイブリッドシステムに係る高額なユーザ負」の回答画像6
    • good
    • 3
この回答へのお礼

私の意見に賛同できないのはわかります。ただちょっと極端なような。また、話が国際問題まで広げられると...。誤解があると悪いので申し上げますが、この一点でトヨタはダメと言っていません。高品質メーカーだと思います。回答ありがとうございます、

お礼日時:2012/03/04 16:19

契約書にサイン捺印して購入したのであれば今更何を言っても無駄ではないか。


初物新し物未熟成の新技術にデメリットは当然付き物である。
それを理解納得した上でこういう物を買うべきであろう。
>2004年2月新車登録8年10万km走行
それだけ走っているならば乗り換えたほうが物的経済的精神的にも身のためだろう。
車は消耗品消費財である。
いつまでも新車同様のグッドコンディションが継続する保証は無い。
保証期間外の保証を求めるのならば提訴し裁判で方をつける以外解決方法は無い。
契約外のことでああだこうだ言っているとあなたがクレーマーと言われてしまうだろう。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

私の意見に賛同されないのはよくわかりました。しかし、捺印をすればすべておわりとは極端だと思います。いろいろな事例があるのでよく調べられたほうがよいと思います。クレーマーについては相手からはそう思われると思います。車は消耗品である点もまったく同感です。ありがとうございました。

お礼日時:2012/03/04 16:23

新しいものに飛びつく人間を人柱という。


人柱の大半が犠牲者なのはもう何十年もお約束。
愚痴を言うなら、新しいものなぞに手を出さず、安定した枯れた製品を使うべし。

人柱にかける言葉は唯一つ。
「人柱乙」

さらに自己防衛できないで愚痴るのは困り者だな。
プリウスの初期型なんてバッテリー交換永久無料なのが、採算合わなくて後続は中止になったんだぞ。
それは暗にコストがかかることをアナウンスしてたに等しい。
ちょっと調べれば分かったことだ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

私の愚痴が多少でも世間の消費者のためになれば...。またそれらの行動がメーカーが今後の対応の改善のきっかけとなることを期待しています。ありがとうございました。

お礼日時:2012/03/04 16:30

修理にお金が掛かるのが嫌、と言ってるだけである



同情する余地も無い

この回答への補足

どっちかと言えばあなたのおっしゃるとおりです。ただ、いろいろ理由があってのことで、いろいろと経緯をかきましたが、そう判断されたならしかたがありません。これまでネットでいろいろ情報を得てね助かったこともありましたので、書き込みをしました。嘘は言っていないので、参考になる方は参考にしてください。

補足日時:2012/03/04 15:31
    • good
    • 5
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2012/03/04 15:31

全てハイブリット車に限ったことではない。


全ての工業製品について同じ事が言える。

単にあなたの愚痴としか思えない。

この回答への補足

否定的な意見が多いので、世間の多くの方の考え方の参考になりました。ありがとうございました。

補足日時:2012/03/04 15:33
    • good
    • 1
この回答へのお礼

愚痴を聞いてくれてありがとうございました。

お礼日時:2012/03/04 16:31

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qプリウスがリコールとなりましたが、修理費用は誰が負担するの?どこに修理に出せばいいの?

トヨタのプリウスがリコールとなりましたが、リコールについて一般的なことを教えてください。

リコールとうことは修理費用はユーザには負担させないのだと思いますが、最終的には誰が負担するのですか? メーカであるトヨタ自動車ですか? それとも販売会社ですか?

修理の期間、代車は無料で貸してくれるんでしょうか?
おやくざ業界の方などは
「代車はクラウンマジェスタか、セルシオもってこい!!
 あるいはベンツでもええで!!」
などなど朝青龍も真っ青の脅迫をしてくると思いますが、まさか代車がヴィッツやパッソってことはないでしょうね。最低限、プリウスと同一レベルの車種だと思いますが、どうなるんでしょうか?

リコールのお知らせってどこから来るのですか? トヨタ自動車ですか? それとも販売会社ですか? それともニュースや新聞記事を見て、ユーザ自らが問い合わせをするべきものなのですか?

新車で購入して使用しているユーザなら、販売会社側は販売時の台帳によってユーザの住所、氏名を把握していると思いますが、中古車として入手したユーザのことまでは知らないと思います。こういうユーザは対象外ですか?

トヨタのプリウスがリコールとなりましたが、リコールについて一般的なことを教えてください。

リコールとうことは修理費用はユーザには負担させないのだと思いますが、最終的には誰が負担するのですか? メーカであるトヨタ自動車ですか? それとも販売会社ですか?

修理の期間、代車は無料で貸してくれるんでしょうか?
おやくざ業界の方などは
「代車はクラウンマジェスタか、セルシオもってこい!!
 あるいはベンツでもええで!!」
などなど朝青龍も真っ青の脅迫をしてくると思いますが、まさ...続きを読む

Aベストアンサー

リコール制度の法的根拠は「道路運送車両法」にあります。
道路運送車両法 第六十三条の二
 国土交通大臣は、前条第一項の場合において、その構造、装置又は性能が保安基準に適合していないおそれがあると認める同一の型式の一定の範囲の自動車(検査対象外軽自動車を含む。以下この項及び次項並びに次条第一項から第三項までにおいて同じ。)について、その原因が設計又は製作の過程にあると認めるときは、当該自動車(自動車を輸入することを業とする者以外の者が輸入した自動車その他国土交通省令で定める自動車を除く。以下「基準不適合自動車」という。)を製作し、又は輸入した自動車製作者等に対し、当該基準不適合自動車を保安基準に適合させるために必要な改善措置を講ずべきことを勧告することができる。
 第2項以下略

法的にも製造業者に対して必要な改善措置を行う事を要求しています。
メーカーから対策費が出ています。

>リコールのお知らせってどこから来るのですか?
過去に個人で所有した車や職場の車の経験では、メーカーで把握しているデータベースを基に各地の営業拠点(ディーラー)から案内を発送していました。
ユーザーを転々とした中古車までは把握できていないでしょうが、新聞やテレビの報道もありますし、官報に公示されれば、メーカーは最低限の責任は果たしたものと判断されます(ユーザー側にも、保有する車両を維持管理(情報収集も含む)する義務があります)。

イマドキの業界人の評価はシノギ(上納金の額)であって、警察の介入を招くような行動は好まれません。
>おやくざ業界の方などは
「代車はクラウンマジェスタか、セルシオもってこい!!
 あるいはベンツでもええで!!」
などなど朝青龍も真っ青の脅迫をしてくると思いますが、
暴対法が出来て以来、末端組員の不始末でもトップの責任を追及される現状にあって、そんな稚拙な行動を起こす組織があるのかしら?

リコール制度の法的根拠は「道路運送車両法」にあります。
道路運送車両法 第六十三条の二
 国土交通大臣は、前条第一項の場合において、その構造、装置又は性能が保安基準に適合していないおそれがあると認める同一の型式の一定の範囲の自動車(検査対象外軽自動車を含む。以下この項及び次項並びに次条第一項から第三項までにおいて同じ。)について、その原因が設計又は製作の過程にあると認めるときは、当該自動車(自動車を輸入することを業とする者以外の者が輸入した自動車その他国土交通省令で定める...続きを読む

Qリコール時の取り付けミスで何度もディーラー通い

ホンダのリコール葉書(キー部分)を受け取り 当時何の問題も不具合も無く愛用していた愛車バモスを3月の初めに近くのディーラーに持って行き リコール処理をしていただき ・・・何週間かたった頃 ギアのシフトボタンが突然押せなくなり リセットボタンに棒を入れリセットしながら シフトチェンジしていましたがしばらくたったある日 鍵がどうやっても抜けなくなり ディーラーに持っていったところ リコール部品の取り付けミスであることが判明
悪びれもしない対応に 頭に来ながらも ホンダクレームセンターにその旨伝え対処を待っていましたが それから1週間後又同じ不具合で鍵が抜けず ランチタイムでの出来事で職場にも帰れず ランチも出来ず クレームセンターの担当者に連絡 が担当ディーラーが休みで 近所の別のディーラーで応急処置後 サイド担当ディーラーに行くようにとの事
仕事は有給を使い 何度もディーラー通いさせられ たいした謝罪も無し(怒)
きちっとした謝罪を要求出来る機関など ございましたら訓えていただきたいのですが宜しくお願いします 

Aベストアンサー

(1)国民生活センターに一応連絡
ただし、こういったセンターはある程度の人数が被害に合わなければ何もしてくれない場合が多い。

(2)ホンダのHPなどに窓口の案内があるとおもうので、そこに担当店・担当者等を書き、クレーム内容等を送る。
こちらの方が現実的かも。

Q3回目のリコールに対するディーラーの対応について

私が新車で購入した車が、3回目のリコールになりました。
マイカーは、4代目なのですがリコールはこの車が初めてでした。

リコール隠しをしていないという意味ではありがたいのですが、私にとってはとても気分が悪く、その度に車をディーラーに持って行く事が嫌でもあります。
今回は、3回目のリコール発覚前に、車検と板金塗装を済ましたので
結構な出費がありましたので、今は車にお金をかけたくはなかったのです。
車をディーラーに持って行くと、担当の営業の方が現れお相手してくれました。しかしその態度には申し訳ないという気持ちが全然見られませんでした。(その点でもイライラしていたのですが・・・)
しばらくすると、エアコンのフィルターを持って来て、この通りフィルターが汚れて目詰まりしているので、交換しませんか?2千xx円ですが・・と何食わぬ顔でいわれてしまいました。
わたしは、お金を今出す気が無かったので断りましたが、「それではこのままつけさせてもらいます。」と返事をされてしまいました。
そこで、質問ですが(1)リコールがあった場合、無料修理をすれば、それで責任を果たした事になるのでユーザーは、それ以上のサービスを求めてはいけないものでしょうか?
(2)自動車の販売担当は、リコールの修理中に他の箇所も(有料で)修理するようにユーザーに勧めることは平気でできるものでしょうか?

(わたしなら、無料のサービスはお薦めしますが有料のサービスは勧めにくいと思うのですが・・・今回の例なら、フィルターが汚れていたのでクリーニングだけしておきました位、言いそうなものですが)

※リコールは日常茶飯事的なことを言われてしまい。
ちょっとショックでしたので、詳しい方、教えてください。

私が新車で購入した車が、3回目のリコールになりました。
マイカーは、4代目なのですがリコールはこの車が初めてでした。

リコール隠しをしていないという意味ではありがたいのですが、私にとってはとても気分が悪く、その度に車をディーラーに持って行く事が嫌でもあります。
今回は、3回目のリコール発覚前に、車検と板金塗装を済ましたので
結構な出費がありましたので、今は車にお金をかけたくはなかったのです。
車をディーラーに持って行くと、担当の営業の方が現れお相手してくれました。しかし...続きを読む

Aベストアンサー

ディーラーの営業です。
私自身はリコール作業でご来店して頂いたお客さんには、お詫びを言いますが、実際には販売店には過失はないので、ユーザー側からリコール作業以上のサービス(無料オイル交換とか)を要求されても出来ません。洗車のサービスぐらいだと思います。

(2)リコールの作業と関連性(同時に作業が出来る箇所)がある箇所なら、部品代で出来ますよと、促進することはあります(消耗品の交換など)。お客さん側からみれば、部品代のみで交換できるのでメリットはあります。

ただ今回の営業の対応はお粗末ですね。

Qリコールの通知が来ましたが、近くにディーラーがありません。

現在、ホンダのオデッセイ(平成17年車)に乗っています。

先日、ホンダからエアバッグのリコールの通知が来ていたので
交換をお願いしたいのですが、近くにホンダのディーラーがありません。
最も近い所で2時間位かかってしまいます。

また、私には乳児がいてまだあまり長距離の移動・長時間の外出が出来ません。主人は長期出張中。私の両親はディーラーよりも遠い所に住んでいます。



やはり何とか頑張ってディーラーに行くしか無いのでしょうか?
もしくは近くに指定工場がある場合、そちらで交換していただけるのでしょうか?



主人の会社の上司から車を頂き
色々とお金がかかってくる時期だから
ありがたいとしか考えていなかった事を後悔しています(/_;)/



どなたか知恵をお貸しいただけますと幸いです。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

最寄りの民間整備工場でも ホンダディーラーとの付き合いが有る(販売代理店として登録されている)所なら リコール作業できます。
聞いてみてください。

自分は、民間整備工場で車購入 車メーカーから エアバックリコール通知が来て はがきに書かれた 連作先ディーラーへ連絡したところ 購入先民間整備工場へ パーツを配送するのそちらで対応してもらってくださいとなりました。

おそらく 助手席エアバックの交換だと思います。
作動すると 破片が飛んでくるなどの危険要因で とりあえず 助手席エアバッが作動しない様にする配線に交換
代替えエアバックが 間に合っておらず その後修理に持ち込んだ順にエアバックが届き次第交換様で 自分も 代替え品待ちの状態です トヨタ車で2か月 三菱車で 4か月待ちと民間整備工場では言ってました。

助手席に人をのせると思いますので とりあえず 作動止める配線に交換対応受けてください

Qプリウスのリコールって本当に修理するのですか

ABSのソフトを修正するとか言ってますが、シロウト目では本当に修理されたのかどうか確認しようがありません。

ディラーにクルマ預けて何もせずにユーザーに、はい直りましたよって返しても、直ったような気がするだけで実際に直っているのでしょうか。 プラシーボ効果狙いなのでは。

最初の内は平気で故障でないんだって主張してたんですよ。

なにもしないで直したふりして返せばお金かかりませんからね。
でも、表向きには修理して誠意を見せたと体裁は繕えます。

怪しくありませんか。

Aベストアンサー

ANo.4 です。
>それでそのプログラムを書き換える前と後とでは誰でも違いがわかる程体感できるものなのでしょうか。
>良くなった気がするとか、かもしれない程度のレベルでは全くアテにはならないと思うのですが。
誰でも違いが分かる程体感できるなら、完全な欠陥商品・プログラムミスです。
通常新型車を開発時には何十・何百もの試験走行をテストコースで実施してチューニングして微調整・修正し味付けするのです。
開発期間の半分近くは仕上げと微調整・修正に費やされます。

今回の松戸市の追突事故や濡れた路面の回生ブレーキの切り替わり遅れの現象から類推すると、パニックブレーキ特性の基本問題では無く、軽いブレーキングで車速が低い場合の条件でプログラムデータの不備と考えられます。
 これは、想定外の問題でとことん試験走行を積み重ねたが故の開発者の慢心・油断と判断します。
多分試験条件にこのモードに対する走行試験項目が無かったのではと考えます。
ハイブリット車の固有の駆動・制動システムに考慮すべきブレーキ制御の仕組みのプログラムと試験方法との条件を考慮していなかったと考えられます。
以下は個人的な意見です。
米国のアクセルペダルのリコール問題に対する制裁の課徴金問題と異なり、日本人の商品に対する欠陥に対する寛大な認識と、米国でPL法に対する訴訟問題をすり抜けて長年対応せず放置したトヨタ経営陣の認識の甘さや「サービスキヤンペーン」での対応が此処に来て、三菱車のリコール隠しの二の舞で社会的制裁を受ける時期に来ているのではないのでしょうか?

 経済不況の現在日本版リーマンショックと成らなければよいのですが、トヨタの下請け・町工場の仕事に影響しなければよいのですが。
 

ANo.4 です。
>それでそのプログラムを書き換える前と後とでは誰でも違いがわかる程体感できるものなのでしょうか。
>良くなった気がするとか、かもしれない程度のレベルでは全くアテにはならないと思うのですが。
誰でも違いが分かる程体感できるなら、完全な欠陥商品・プログラムミスです。
通常新型車を開発時には何十・何百もの試験走行をテストコースで実施してチューニングして微調整・修正し味付けするのです。
開発期間の半分近くは仕上げと微調整・修正に費やされます。

今回の松戸市の追突事...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報