青色申告初心者です。
よろしくお願いいたします。

やよいの青色申告12のソフトを使い始めたばかりです。

今手元に、郵便局の定額小為替金受領証書があり

300円
料金100円と印刷されています。

この書類をどのように仕訳をしたらよいのかとWEBで調べると
 支払手数料 100   現金 100

で仕訳をするような気がしますがよく解りません。

また やよいの勘定科目早見表をみると
支払手数料という項目の勘定科目は見当たらないので
代わりの科目を租税公課、通信費、雑費などのいずれかで代行してもよいのでしょうか?

初心者なので新規に支払手数料という名の勘定項目を新規登録しないで標準の勘定科目
で対応できたらと思いますが、

どなたかアドバイスをお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

定額小為替の額面の金額は現金として処理し、手数料は項目が無ければ雑費に入れておけば良いと思います。


手数料は結構あることなので、できれば手数料の項目があった方が便利だとは思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お陰様で要領がわかりました。
今後ともよろしくお願いいたします

お礼日時:2012/03/07 14:19

すでに回答されていますので、素人らしい回答にします。



租税公課とは、税金のこと。

通信費とは、はがき、切手、電話代、など

消去法でいくと、雑費という結論になります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

初心者ですので今後共よろしくお願いいたします。

お礼日時:2012/03/07 14:14

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q納税証明等の勘定科目。租税公課、支払手数料?

いろいろな証明を取ったときの勘定科目を教えてください。 例えば、納税証明(収入印紙を貼る国税や、現金で払う県税)、 いろいろな申請料(現金の場合や、県証紙を買って貼る場合)、個人の住民票や印鑑証明(現金)、法人の印鑑証明や資格証明(登記印紙)などです。印紙等を買って貼った場合は租税公課、という感覚があるのですが、、。

Aベストアンサー

印鑑証明、住民票、納税証明、申請手数料は現金で納めたりします。
一方、国に納める手数料は収入印紙を貼り、地方自治体に納める手数料は「収入証紙」を貼ります。
これらの費用は「租税公課」(又は「公租公課」)で処理するのが一般的です。

収入印紙を購入した場合と同じです。

Qやよいの青色申告 勘定科目に「販売手数料」がない…

個人事業者(初心者)です、「やよいの青色申告 15」を使用しています。

オークションなどの取引の際に自動的に引かれた手数料を「販売手数料」の科目で仕訳したいのですが、その「販売手数料」がどこにも見当たりません。
元からないのであれば新たに勘定作成すればいいと思ったのですが、どこに作成すればいいかもわからず…

仕訳アドバイザーやネットでも調べてみたのですが解決できず、また弥生サポートも対象外のためサポートを受けることができず困っています。
もし詳しい方がいらっしゃいましたらご回答をよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

こんにちは。


>元からないのであれば新たに勘定作成すればいいと思ったのですが、どこに作成すればいいかもわからず…

損益計算書の「営業費用(※)」の区分に「販売手数料」という新しい科目を、作成して下さい。「営業費用」は、「販管費及び一般管理費」とも書きます。

「販売手数料」は販売費であり、売上原価に近い性格の支出ですから、一般管理費としての「支払手数料」とはまったく異なります。ですから「営業費用」(販管費及び一般管理費)の区分の初めの位置、または、なるべく初めの方の位置に作成して下さい。

Q簡易簿記で、代金引換郵便で郵便局に支払う「送金手数料」の科目は、「荷造運賃」でしょうか、「支払手数料」でしょうか?


お世話になります。

ネットショップを運営しており、簡易簿記をつけています。
ソフトは「かるがるできる青色申告2009」を使用しています。

商品を500円で販売し、代金引換郵便で発送する場合、

・商品代金500円
・定型外郵便の送料120円
・代金引換料250円
・郵便局に支払う、送金手数料120円

の合計990円を、商品と引き換えにお支払いただき、
後日、当方の口座に990円が振り込まれ、
同時に、郵便局に支払う、送金手数料120円が引き落とされます。


この場合の簡易簿記への入力は、
「ゆうちょ銀行振替預金勘定帳」という帳簿に、

日付  科目    摘要      収入金額 支出金額
振込日 現金売上  商品の売上   990円
振込日 荷造運賃  代引送金手数料      120円

と入力すべきでしょうか?
それとも

日付  科目    摘要      収入金額 支出金額
振込日 現金売上  商品の売上   990円
振込日 支払手数料 代引送金手数料      120円

と入力すべきでしょうか?


つまり、代金引換郵便の郵便局に支払う「送金手数料」が、
「荷造運賃」になるのか、「支払手数料」になるのかが、よくわかりません。

(ちなみに、発送時は、

・定型外郵便の送料120円
・代金引換料250円

の合計270円を、郵便局に支払っており、
こちらは「荷造運賃」で問題ないと思います。)

おわかりになる方いらっしゃいましたら、お教えいただけませんか?
どうぞよろしくお願いします。


お世話になります。

ネットショップを運営しており、簡易簿記をつけています。
ソフトは「かるがるできる青色申告2009」を使用しています。

商品を500円で販売し、代金引換郵便で発送する場合、

・商品代金500円
・定型外郵便の送料120円
・代金引換料250円
・郵便局に支払う、送金手数料120円

の合計990円を、商品と引き換えにお支払いただき、
後日、当方の口座に990円が振り込まれ、
同時に、郵便局に支払う、送金手数料120円が引き落とされます。


こ...続きを読む

Aベストアンサー

No.1です。前回の回答に対する訂正があります。申し訳ございません。

>かかった費用などの科目をどれにするかというのは、固定的ではなく、ある程度、自由に決められるんでしょうか?

税法も絡んでくるので、費用計上の科目は自由に使い分けていいというわけではないです。
きちんと、会計規則・税法に則って費用がどの科目になるのかを選別しないといけません。

私も、この費用はどの科目だろう?と迷うことは度々です。
わからなくなったら都度、調べています。

それで、今回の郵便局代金引換は経験がないのでもうちょっと調べてみました。
送金手数料とは回収件数・金額は関係なく、一度の振込にかかる振込手数料のようです。
(みずほ銀行だと手数料がかからないようですが……???)
代引手数料は1件にかかるサービス料(仲介手数料)ですね。

ということで、勘定科目の支払手数料とは振込手数料、顧問料などに使用するので、郵便局の送金手数料120円は「支払手数料」とし、
販売手数料とは代理店手数料、仲介料などに使用するので、代引手数料の250円は「販売手数料」と訂正させていただきます。
荷造運送費は定型外郵便の送料120円だけとなります。

>販売手数料という科目がないようなので、この中で選ぶとすれば、経費の性質から判断して、科目を荷造運賃にすることも、可能なのでしょうか?

かかった費用を全部ひっくるめて荷造運賃で計上したいとあれば、特に問題はないとは思うのですが……。
だた、私としては荷物を送るためにかかった費用ではないと判断してますので、「支払手数料」として処理します。

法人会社だとうるさく言われることの方が多いので、気をつけていますが、個人なのであればそこまで神経質にならなくてもいいように感じます。
※勤め先が振込手数料を雑費とするのは、なぜなのか分かりません(^^; 規定にそう定められているので……。

参考URL:http://i.happy-advice.com/

No.1です。前回の回答に対する訂正があります。申し訳ございません。

>かかった費用などの科目をどれにするかというのは、固定的ではなく、ある程度、自由に決められるんでしょうか?

税法も絡んでくるので、費用計上の科目は自由に使い分けていいというわけではないです。
きちんと、会計規則・税法に則って費用がどの科目になるのかを選別しないといけません。

私も、この費用はどの科目だろう?と迷うことは度々です。
わからなくなったら都度、調べています。

それで、今回の郵便局代金引換は...続きを読む

Q現金でキャッシュバックした時の勘定科目は支払手数料になりますか?

現金でキャッシュバックした時の勘定科目は支払手数料になりますか?

あるいは別の科目でも可能ですか?

また、支払いの際、相手が法人でない場合は、源泉をする必要がありますか?

Aベストアンサー

>購入者を紹介していただいた際、紹介者の購入金額の○%を考えています。

この場合でしたら、”支払手数料”が、一般的な勘定となります。
 ※これに類する勘定(例:業務委託費等))を使用されている場合には
  その勘定を使用してください。

>あるいは別の科目でも可能ですか?

この場合で、別の勘定を使用するのでしたら、
  ”雑費”が可能です。
     キャッシュパックが数件であり、支払手数料を使用する程の
     金額で無い場合。
    (雑費に入れても良いほど少額だと質問者さんが考えるのであれ
     ば、厳格に考える必要はありません)

<ご参考>
 当該”支払手数料”は、
   ◯契約に基づく
     覚書、契約書等にて、明確な基準の手数料である事
   ◯御社の明確な基準書
     覚書、契約書があるの方がベストですが、無いのであれば御社の基準
     (紹介額の◯%)等の基準書(等)を用意しておく
   ◯キャッシュバックの計算書
     具体的な計算根拠(紹介額×キャッシュバック率)を残しておく事

 キャッシュバックの明確な基準が無いと、”支払手数料”でなく”交際費”
 とみなされる場合もあり得ますのでご注意下さい。

>購入者を紹介していただいた際、紹介者の購入金額の○%を考えています。

この場合でしたら、”支払手数料”が、一般的な勘定となります。
 ※これに類する勘定(例:業務委託費等))を使用されている場合には
  その勘定を使用してください。

>あるいは別の科目でも可能ですか?

この場合で、別の勘定を使用するのでしたら、
  ”雑費”が可能です。
     キャッシュパックが数件であり、支払手数料を使用する程の
     金額で無い場合。
    (雑費に入れても良いほど少額だと質問者さんが考...続きを読む

Q不動産屋さんに支払う更新手数料の勘定科目

お世話になります。
勤務している事務所の契約更新において、大家さんと当事務所を仲介している不動産屋さんに支払う更新手数料の勘定科目は何になりますでしょうか。

Aベストアンサー

更新料(香辛料)なので感情科目は「調味料」



にしたいくらいですが、


・・・・

それが更新料と更新手数料に分かれていない、いわゆる更新料として、


〔例〕
・更新料が30万円、契約期間2年、支払った月が8月、会計期間4月~3月の場合
 
 支払い時(8月)
  長期前払費用 300,000 現金預金 300,000
 決算時(3月)
  長期前払費用償却 100,000 長期前払費用 100,000
  (30万円÷24ヶ月=12,500円/月)を経過期間に応じて償却します)

・ただし支払い更新料が20万円未満の場合は支払ったときの費用として処理できます。

   支払手数料 100,000 現金預金 100,000


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報