電圧を計測すると12.6Vで問題ないように見えても実際にエンジンをかけても
かからなっかたりしますよね,バッテリーの劣化はどのように見極めするのでしようか
経過年数がかれば寿命の判断材料にはなりえますが,ずーと保有していなければ無理
例えば比重計で測れば劣化しいて使えないバッテリーと判断できるのでしょうか

宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

アンサープラス

バッテリーの交換時期の目安としては、バッテリー液の減りが早い、パワーウインドの開閉が遅いなどがあるみたいですね。



・寿命とバッテリーあがり|バッテリー基礎講座|古河電池株式会社
http://www.furukawadenchi.co.jp/products/car/chi …

A 回答 (8件)

いろいろと意見があるようですが、しっかりと正確に測る方法はあります。

それは、規定された電流値と時間を守り完全充電を行い、その後にバッテリーの容量に見合った負荷をかけてそのときの電圧降下と持続時間を計測するという方法です。この方法はバッテリーの内部抵抗と起電力を計測することになるため、かなり正確に計測できます。ただしこのような計測をする機器は決して安価ではありませんので個人で持つのは無理でしょう。

それ以外にもバッテリーの比重や液量・液の状態なども十分な目安になります。これらを目安にならないという方もいるようですが、おそらく正しく計測できないまたは、方法に誤りがあるのでしょう。液比重に関しては液量がアッパーレベルにあることが必須条件で、当然ながら充電を行ってから計測します。また、この際に液のにごり(極板上の活性物質の脱落による)や各セルごとの液量に大きな差があるものなどはこの時点で不良と判断します。各セルごとの液量に差がなければ規定値まで液(蒸留水)を補充し、規格どおりの方法で充電し計測することになりますが、液温にも注意する必要があります。当然ながら液温が高くなれば比重は低めの値を示しますので計算による補正が必要です。以下に計算式を示します。

基本的にバッテリーの比重の表記は20℃を基準としていますので、20℃に換算した値を出す必要があります。

T(20℃)=(比重計測値)+0.0007(計測温度-20)で計算できます。

このときに、各セルでバラつきがあったり、規定よりも20%以上外れる場合は不良と考えていいでしょう。

それから、質問者さんのように、単に無負荷での電圧を測ってもほとんど無意味です。バッテリー内部の電極上の活性物質はできるだけ広い面積で電解液と接するようにして、内部抵抗を出来るだけ小さくして十分な電力を供給できるような構造に設計されていますが、充電・放電を繰り返すうちに、この微細な構造が徐々に崩れていきます。そのため、実際に電解液と接触する面積が小さくなり、電池容量は徐々に小さくなっていくからです。この状態でも単に電圧を測ったのであれば、正常な値を島します。簡単な言い方をするともともとは単1電池の大きさの単一電池の容量の電池であったものが、使っているうちに、内部で実際に反応に関与する面積が減っていき、じつは単1電池の大きさの単3電池の容量しかなくなってしまうというようなことがおこるのです。この状態でも電流が小さな状態なら正常な電圧を示しますが、スターターモーターなどの大電流を必要とする危機を動かしたとたんに、容量不足で急激に電圧が落ちてしまい、スタートできないというような状況が起こるのです。

まぁ、電装整備工場や整備工場などに行けば、負荷電流をかけた状態で計測できる機器がありますので、そういったところで計測すれば正確なところがわかるでしょう。


おまけ、バッテリーの内部で実際に反応(バッテリーは化学反応で電力をためています)している物質は、鉛と二酸化鉛と希硫酸ですが、この鉛と二酸化鉛はちょっと見た目には判らないんですけど、かなり高度な技術で微細加工されています。二酸化鉛は粉末状ですが、出来るだけ広い面積で電解液と接するように非常に細かい粉末に加工された上で電極に脱落しないように塗布されていますし、鉛も海綿状鉛というもので、スポンジのように非常に微細な穴が多数開いた構造とすることで有効な面積を増やすようになっています。実際にバッテリーが放電する際には両方の電極で化学反応が起こり電解液中に溶け出して行きます。このときに電力を発生するのです。逆に充電するときは、溶け出していた物質をそれぞれの電極に戻す反応が起こるのですが、このときに溶け出して行った元の場所にきっちり戻るのではなく、それぞれの極板の適当な位置に戻ってしまうのです。そのため徐々に微細構造が崩れていき有効な面積が減ってしまうのです。また、放電させた状態で長時間置いてしまうと、反応によって生成された硫酸鉛の結晶が大きく成長してしまうので、充電しても元に戻りにくくなってしまいます。このときに出来る結晶の大きさも均一ではないため、ある部分は元に戻っても、ある部分はもどらにというようなことがおこります。こうなってしまうと、戻りにくい部分を戻すために大きな電流で充電すると、すでに戻っている部分に対しては過充電状態というような不都合が発生し、バッテリーを十分に充電することが出来なくなってしまうのです。電解液の比重を計ることはどの程度の部分で正常の反応が進んで、どの程度が異常な状態であるかをみる目安になる(反応に関与しない部分が出ると比重が元にもどらないので)のですが、これによる比重の変化は大きなものではないため(小数点下3桁必要)温度や、液量などを管理した上で行わないと意味がないのです。
    • good
    • 48

大雑把にいうと


エンジン始動 スターターモーターの回り具合 音で 大体判断
キュルルン~ ブウォン~~と掛ればOK
カカカカカと 力弱い状態で 何とか掛ったといった事が 数回出たら 液量チェック補充と充電必要
充電して また再発すれば 要交換時期です。

スポイトとタイプの比重計で 測るのも 良いでしょう 
但し メンテナンスフリーバッテリーは 測定出来ないです。

新車搭載バッテリーとカー用品店で売ってるスタンダードバッテリーは まあ2年程度が目安
乗り方 電装の使い方で 1年~3年の差は出ます。

寒冷地仕様の車に搭載のバッテリーは、大容量で 発電機も Aアンペアーが高くなってるので
長持ちします MT2L(ブルバード)で 新車搭載バッテリー7年持ちました

社外品一流メーカー高性能バッテリーで 3年~6年

※メンテナンスフリーバッテリーの液補充は 素人は やらない方が良いです。
規程以上の 大きいバッテリーを積んでも 発電機の容量が足らず フル充電になり難く 寿命は返って短縮される場合が有ります 燃費は 落ちると思います(理論上)
    • good
    • 44

よく電圧云々を聞きますが、12.6Vあっても、35Wの電球を数分点灯すればたちまち11Vになんてこともあり得ます。


極端な話ですが、寿命がきたバッテリーでは容量が極端に減っていますので、1アンペアを数分流せば満杯になり、電圧は12.6V当たりになります。
電圧では容量はわかりません、最大電流を何秒間流し続けることができるか、実際に試すしかありません。
現実には、走行中の電力はオルタがまかないます、バッテリーは本来は始動時にセルを回すためのものです、したがってセルが勢いよく回れば、OK、数分間でその分の充電は済みです。
    • good
    • 26

寿命の判断は不可能です。



回答者の中で、長々と「出来る」と言う方もいるでしょうが
今の状態なら分かりますが、寿命は分かりません。

今の状態が正常時の60%だとしても、
それが0になるのは何時か?分かるはずがありません。
各自使い方が違いますし、使っている条件も違っています。

末期のガンの人の余命が3ヶ月・・・といっても
一月で死ぬ人のいれば、半年生きる人もいます。

今の状態しか分からないと言うのが現状です。
未来の事は誰も分かりません。

・・・と言う事で、
備えあれば憂いなし、って事になります。
エンジンがかからない。・・・と言って困るなら
ある程度の期間で交換する。
エンジンがかからなくても対処できる。と言うことなら
ブースターケーブルを積んでおき、その後交換する。
使えなくなる前に交換するか、使えなくなったら交換するか・・・って事になります。
    • good
    • 37

こんな製品もあることにはあります。



http://panasonic.jp/car/battery/lifewink/lw01.html
    • good
    • 13

バッテリー寿命の判定は出来ません。


電圧や比重を測ったところで、たいした意味はないからです。
14vあったところで、乾電池並みの14vでは足りません。

現在の技術では、蓄えている電力量を測る方法は無いのです。

でも、エンジンの始動を繰り返せば、ある程度の能力は分かります。
使った電力量はすぐ蓄電できるので、そういう方法が現実的かもしれません。
    • good
    • 16

ライトを点灯し、ウィンカーやエアコンの送風動作によって、ライトの明るさに変動が顕著に見られ、エンジンの始動にも時間がかかるならバッリーの劣化が進んでいると判断して良いでしょう。

充電器にる充電で復帰する場合もありますが、取替えてから概ね3年が目途でしょうね。

因みに比重計は、気温24度程度の暖かいところでに測定しないと正確な値は表示しません。
    • good
    • 12

バッテリーが劣化して電流容量が低下しても、テスターなどの無負荷で測った電圧は12V以上を計測するのが普通です。



しかし、エンジンを始動させない状態でヘッドライトを点灯させハザードランプやワイパーを作動させるとバッテリーにある程度の大きい電流負荷がかかるので弱ったバッテリーは電圧降下を起こします。

例えば、無負荷電圧が12.6Vであっても、ヘッドライト及びフォグランプとハザードランプやワイパーを作動させた時の電圧降下が0.5V未満で12Vを保ってるようならまだ寿命にはなってないと判断しても良いですが、電圧降下が1V近くあって負荷電流に連動するようにバッテリー電圧が11Vから12V前後を変動するようなら寿命が近いと判断出来ます。

極めつけは、エンジン始動の際のセルスターターを廻す時の電圧です。
元気なバッテリーならセルスターターのような大電流負荷でも電圧降下は2V未満ですから、下がっても10V以上ありますが、寿命に近いバッテリーは8Vぐらいにまで簡単に電圧が下がってしまいます。

本来は自動車用バッテリーチェッカーで判断するべきですが、自動車の電装品をバッテリー負荷に利用してバッテリーの電流容量が低下してるかをチェックする方法です。

なお、バッテリーの電解液比重は充電状態が良好ならバッテリー寿命になっても比重は1.26から1.28と正常値を示すので電流容量低下の判断は出来ませんから、寿命の診断は出来ません。

やはり、バッテリーに電流負荷をかけてやるのが一番信頼出来る電流容量低下の判断方法です。
専用のバッテリーチェッカーも電流負荷をかけてバッテリーからの電流や電圧変動結果で良否を判断してるはずです。
    • good
    • 42

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q車のバッテリーで、パナソニックのブルーバッテリーカオス N-75B24L/C4が現行ではもう無いので

車のバッテリーについてです。
現在、パナソニックのブルーバッテリーカオス N-75B24L/C4を使用しています。
http://bbs.kakaku.com/bbs/K0000313883/

しかし、現行ではもう無いようです。

ここで質問ですが、これに一番近い現行のパナソニックのバッテリーはどれになりますでしょうか?
また、他社の同等の製品で、この規格と会う、良い製品はあったりするのでしょうか?

詳しい方がいましたら、ご回答、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

N-80B24L/C6 がご質問のバッテリーの(互換)後継品です。

Qシェル シェルXバッテリーハイパーXBHシリーズ 44B19L このバッテリーはどうなのですか?。性

シェル シェルXバッテリーハイパーXBHシリーズ 44B19L
このバッテリーはどうなのですか?。性能ランク的にはどれくらいのものですか?

Aベストアンサー

バッテリーは、最初の44という数字が蓄電量の性能を指しています。
その次の23は、バッテリーサイズという大きさです。
その後のLというのは、プラス端子が左という意味です。

よって、23という数字と、Lというアルファベットが付いているものの中で、
1番左が60とかに数字が大きいものが高性能となりますので、大きな数字を
選べばよいということになります。

自動車は、新品で付いているバッテリーの数字が44であれば、基本44を選べばそれで
良いともいえます。

バッテリーのより大きな蓄電量のものに替える人というのは、チョイ乗りばかり
とか、バッテリーがあがりやすいとかの理由があって、初めてより大きなものに
替える感じ。

自動車はエンジンを始動しますと、基本は一緒に回転して発電するオルタネーター
から電気が供給されるので、バッテリーそのものをより大きなものに替えたところで
あまり影響も感じないと思います。

充電制御車にも搭載可能とあるので、値段も少し高いのではないかと思いますが、
充電制御車であれば良いのではないでしょうか。

Qバッテリーあがり

こんばんは。
素人ですが、サービスとして、バッテリーあがり
にたいして車を派遣して、ブースターをつないでバッテリーを回復させる事考えてます。
これってリスクあるんですか?
自分は軽自動車です。電圧とかならわかります
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

どうやってそれを貴方がやってる事を周知させるかですよね。
誰も知らないなら利用者はいないでしょう。
今は保険とかで無料サービスもあるからそれだけの需要があるかどうか…
やるとなれば24時間年中無休で待機する必要がありますね。
連絡したら今日はお休みですとか本日の営業時間は終了しましたでは済まされない商売でしょう。

Qインプレッサアネシスのバッテリー

バッテリーがあがってしまい、充電してもらいましたが、ナビが付かなくなってしまいました。一番最初に出るSUBARUのマークが点滅してしまっている状態です。ナビが壊れてしまったのでしょうか?純正なのですが、ディーラーとオートバックス、どちら安く直してくれると思いますか?

Aベストアンサー

起動時にナビの画面にSUBARUのマークが表示されるという事ですからスバル純正ナビだと思います。そのスバル純正ナビがパナソニック製の場合に限ったことなのですが、一時期のパナソニック製ナビで(純正品・社外品を問わず)車両のバッテリー端子(またはナビ本体背面のコネクター)を一度取り外してから再度取り付けた瞬間に内部のICが故障が発生するトラブルがあり、そのトラブル発生時の症状ではないかと思います。
※詳しくは検索エンジンなどで「スバル パナソニックナビ IC」や「パナソニックナビ IC バッテリー交換」や「パナソニックナビ IC 4個」のようなワードで検索してみてください。

特定のモデルの場合は無償修理の対象になっている場合がありますので、とりあえずはスバルディーラーにご相談ください。
※ディーラーによってはその情報(無償修理対応)を知らない可能性がありますので、その場合はメーカーなどに問い合わせてもらうようお願いしてみてください。

Q軽自動車のバッテリーとオイル交換

平成16年登録の軽自動車に乗っています。平成18年度に中古車で買い、今度3回目の車検になります。そこで2社で車検の見積もりを取ったのですが、1社目はスタンドでバッテリーの電圧が下がってきているので(数値9.3か9.6Vのどちらか)今冬バッテリーがあがる可能性があるため替えたほうがいいといわれ40B19で6000円といわれました。またエンジンオイルも汚れているため、オイル3Lで3000円、エレメント、ブラッシングオイル・工賃を含めると合計7000円位になっていました。22社目は車検専門店でバッテリーの数値は確か同じ位ですが、車検には通るし、きちんと充電もできるので問題ないと言われました。もし交換するとすると、5500円位で、エンジンオイルはこちらも交換したほうがいいとはいわれましたが、エンジンオイル(スタンダード)3L 1500円、エレメントG 1500円で品質の違いがあるのでしょうが値段が全然違いました。
オイルの相場はいくらぐらいといいますか、普通はどのくらいなのでしょうか。高級品はいりませんが、安すぎるのも不安です。またバッテリーはこの数値では上がってしまうのでしょうか?
ちなみにまだ21000キロ位しか走っておらず、オイルは前回の車検の時に替えましたがエレメントは替えてないと思います。バッテリーに関しては買ってから(18年度)一度も替えていません。前回ディーラーで車検をしましたがその際、今はまだいいが少し弱っているので次回はバッテリーを替えたほうがいいかもとは言われています。
エンジンオイルもバッテリーも替えてもいいのですが、この値段でいいのかがよくわかりません。またバッテリーの数値はそんなに低いのでしょうか?

平成16年登録の軽自動車に乗っています。平成18年度に中古車で買い、今度3回目の車検になります。そこで2社で車検の見積もりを取ったのですが、1社目はスタンドでバッテリーの電圧が下がってきているので(数値9.3か9.6Vのどちらか)今冬バッテリーがあがる可能性があるため替えたほうがいいといわれ40B19で6000円といわれました。またエンジンオイルも汚れているため、オイル3Lで3000円、エレメント、ブラッシングオイル・工賃を含めると合計7000円位になっていました。22社目は車検...続きを読む

Aベストアンサー

まず バッテリーは、 もう 交換した方が 良いでしょう
経年劣化と 走行距離少ないので 充電が 十分でないのでしょう。
バッテリーの価格は ピン切りで 安い海外製なら 1980円位で ホームセンターなどで売ってます
これを 7千円で売る 車検屋もあります。

一番安く バッテリーを購入する 方法は、通販や、ヤフーオークションでの購入です
車検整備する所で 買わず 事前交換しておく事 タイヤも同様

国産一流メーカー GSユアサの 高性能バッテリーが その価格で買えます。
GSユアサの標準ばてリーでも4千円も出せば買えるのでは?
通販オークション購入の 問題点は、 取り替え作業がご自身で行えるかと 廃バッテリーの処分が出来るかです。
通販は当然専門業者 オークションもほとんどが 業者出品で 問い合わせると 購入者送料負担で
廃バッテリーを送り返すと 無料処分してくれる所が 多いです。
大体 返送量1200円位します。

一般の方が 安く買うには、ホームセンターです。
一応国産品 日立、古河、新神戸、パナソニックなどが 売ってると思います。
ご近所にある ホームセンター数件を 比較し 安い所で買えばOK 交換も 廃バッテリーも引きとってくれると思います。

エンジンオイルは、オイルにより ピン切りです。
ごく普通の エンジンオイルでも定価でいうと 1L千円程度です。
車検整備出せば エンジンオイル程度は、無料サービスなのですがね~

ご自身で出来るなら ホームセンターで 3or4L缶で購入し 交換すれば2千円位で 出来ます。
エレメントは 700円位

前回車検から無交換なら 酸化劣化してるので 絶対に交換しましょう エレメントも 今回交換です
軽は 660ccで 700kgの車体を 動かします コンパクトカー マーチなど1200ccで 1000kg これをみても 過酷さが解ると思います 
少ない エンジンオイル量で 重たい車体をうごかしています エンジンは酷使しています
原付きで 全開近くて使用している様な ものです
なので エンジンオイルにも 負担が大きいので 出来れば 半年または3千km交換か
1年 もしくは 5千km以内での 交換が 望ましいです。
汚れたオイル 酸化し始めたオイルを 使いつずけると エンジン内部に ピッチ・タールの汚れが付着し 不調トラブルの原因になるので 上記交換サイクルを お勧めします。
低走行距離で 2年間使用しっ放しなら 良いオイルを選ばれて交換した方が 良いでしょう。
SMクラス 5W-30

エンジンオイル交換は、ディーラーで 意外と安く 客寄せとして やってるケースが多いです。
大型カー用品店に オイル・タイヤ交換に行かれ 点検・整備・板金修理まで 客を取られ ディーラーも必死の様で 各ディーラーで 安価に出来る物です 一度 ディーラーへ 冷やかし半分で
聞きに行ってみて下さい。

車検を出す店
ガススタ、カー用品店、フランチャイズ的車検専門店 価格は、安い見積もり 部品交換発生時は、
純正相当の 安部品で 高く請求 巡視得部品は、当然仕入れは 割高
各車に対する知識も薄い整備士(バイト君の場合も多い)で 整備は適当になってしまう
トラブルも 多い(いじらせない方が良かったって事になる)
トラブルが 発生した場合もめます 責任取らないケースが ほとんど
 対処は結局 ディーラーに 持って行く羽目になります。

車検出しで 一番良いのは、地元の 腕のある 評判の良い 民間整備工場です。
ディーラーより工賃が安く 腕はプロです。 各ディーラーとも密にやり取りしているので
整備情報なども持ってます。 車買い替え メーカー変更しても付き合えるのが 民間整備工場
持ち込み部品や 社外部品も 付けてくれます。
民間整備工場へ任せれば エンジンオイルも 適切なものを チョイスして交換してくれるでしょう。

手っとり早いのは、ディーラーです。
その車を専門に 扱ってるので ノウハウは 一番持ってます。 工賃単価が高いのが難点ですが
点検整備には 保証が付き 出先でのトラブルも 最寄りのディーラーが 駆けつけ 整備上のトラブルなら 無論 無償で直してもらえます。 素人さんには 一番安心です。


※ 車検サイクルで 交換した方が良い油脂
 ブレーキオイル 湿気を帯び易く ベーパーロック現象起こさぬように 2年毎交換しましょう
 冷却水クーラント 汚れで 詰まりトラブル起こさない様 車検2回/毎か 車検/毎に交換

 AFT(CVT)フィールド MTならミッションオイル 車検2回/毎

まず バッテリーは、 もう 交換した方が 良いでしょう
経年劣化と 走行距離少ないので 充電が 十分でないのでしょう。
バッテリーの価格は ピン切りで 安い海外製なら 1980円位で ホームセンターなどで売ってます
これを 7千円で売る 車検屋もあります。

一番安く バッテリーを購入する 方法は、通販や、ヤフーオークションでの購入です
車検整備する所で 買わず 事前交換しておく事 タイヤも同様

国産一流メーカー GSユアサの 高性能バッテリーが その価格で買えます。
GSユアサ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報