利用規約の変更について

映像作品を作っていて、NGシーンや使わなかったシーンは、英語でbloopersとかouttakesと呼ばれると思うのですが、それに対して、「OKテイク」「使用したテイク」を英語で簡潔に表現するには、どのように言えばよいでしょうか。
どうぞよろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

   スラングの辞書には下記のような "take" の定義があります。


    a section of a film that is pronounced acceptable just after it is shot.「撮影直後に、オーケーと認められたフィルムの部分」、

    ですから take だけでいいと思います。

    OK. It's a take 「よし、OKテイクだ」 という感じですね。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答、ありがとうございます。
takeそのものが、オーケーなテイクなのですね。すごくよくわかりました。
ありがとうございます!

お礼日時:2012/03/28 05:23

"take"または "print"だそうです。



ハリウッドの脚本家に確かめました。

Print

When referring to a particular take on a continuity report, "print" indicates that the take should be developed.

1950年頃までは、映画は白黒のネガフイルムで撮影されていたので、映写する部分はネガからポジフィルムにプリントする必要がありました。

その習慣で、現在でも”Print"とも呼ばれています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
take、そしてprintとも言うのですね。初めて聞きました。
なるほど。。よくわかりました。
わざわざご確認して頂いて、ありがとうございます!

お礼日時:2012/03/28 05:28

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QNGシーン

1.テレビなどの NG は bloopers でしょうか?
  他に言い方はあるでしょうか?
2.「NGを出す」はどう言いますか?
3.また、「NGシーン」は英語でなんと言うでしょうか?
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

Gです。 補足情報を読ませてもらいました。 今Trace AdkinsというカントリーシンガーのHonky Tonk Bandonkadonkと言う曲をone song repeatで聞きながらこれを書いています。 別にステージに立つということではないですが、イメージチェンジに使おうかと思っている曲のひとつです。 <g>

>素人が作った、第○話という感じのシリーズに仕立ててあるビデオがあります。その中で、台詞を噛んでしまった(台詞をとちった)シーンや街頭インタビューなのに通行人全員が無視して通り過ぎるシーンとか、シリアスなシーンなのに吹き出してしまったシーン等を寄せ集めたビデオを見て、アメリカの人が「Bloopers and outtakes.」と言っていました。「outtakes」はカットされたシーンですよね。

はいouttakesはscenes taken out and not used in the movies/videoesと言うことで、つまりはカットされた部分のことを言います。 このカットされた部分は別にブルーパーの様に主旨に合わないというだけのことが理由ではなく、時間的な問題があるのでカットしたり映画のレーティングに合わない部分や逆にアドリブのほうがよかったのでもともとのプランでとった部分のこともあります。 とにかく使わなかった部分のことを言います。

これをDeleted Sceneという言い方もしますが、Cut Sceneという単語はゲーム界ですでに違う意味で使われているのでこのCut Sceneと言う表現はほとんど使われなくなっています。

DVDをよく見るhanaさんはご存知だと思いますが、今のDVDにはExtended versionと言う形で、これらの「使える」シーンを入れているものもありますし、Editor's cutと言う表現でこれらの中で主観的に使えるものを入れているものもあります。

NGという日本語のフィーリングで言うBloopersは監督によってわざと入れるものもあります。 私にとって代表的なものはジャッキー・チェンの物ですね。 今格闘技のカテである中国人俳優が本当強いのかと言う質問がありますが、そこでも私は書きましたが、ひとつのシーンに何十回も練習に練習を重ねていかにもグッドタイミングの技みたいに見せているわけですが、ジャッキーはこれをしているときに起こった(本番・練習中に)へまをわざとトレードマークのように映画の終わりに出しています。

私はこの態度はすばらしい物としています。 つまり、実力は完璧に達することはない、ちょっとしたことで事故にもなるし怪我もする、それだけ、素人がまねすることではない、と言っているわけで、自分の実力の高さを「リスクを負うものでもあり自分も怪我をする」と「いえる勇気」を持っていると私は言うわけです。

去年作ったビデオにも私もこれを使い、実力を高めないとこういうことが起こるよ、と言って、ほかにわざと演出したものも含めて、私の間違いやSWAT隊員の間違いによる実際に起きた事故なども講義の結論の中に入れました。 この講習を受けたりビデオを見ればできるようになると言うイメージだけは私としても避けたいわけです。 ひとつ間違えば命がなくなるわけですからね。 批判すれば自分はできるんだと認めてくれると思うような甘い認識ではできないことでもあるわけですね。 実弾が私の顔をかすめて行った時の事とか実弾ではないですが火薬を使った練習用拳銃で「捕虜役」の私が撃たれたりしたときとか(ご心配なくフル防具でした)、非常に精巧にできた(ゲームで使うような物ではなく)ペイントボールガンに心臓・首・頭部に撃たれた(私ではなく)シーンなど、逮捕術の練習中腕の骨を折ってしまったりしたシーンですね。

>このビデオのシーンは日本語で言えば「NGシーン」で、これを一つのビデオにまとめた物が「NG集」と呼ばれると思います。テレビなら、春や秋など、新番組が始まる前くらいの季節にこういう楽しい番組を各テレビ局で放送したりします。

笑うための物ですね。 こちらではかなり前から(日本がこれをまねしたようですが)隠し撮りしたものやトリック(Candid Cameraという名前で50年代からある物です)でYou're on Candid Camera!の一言で一種のblooper時代が始まったわけです。

また、そのテレビ番組の視聴者からも身近なブルーパーを募集し放映するのもあります。 大御所と言えば、America's Funniest Home Videoと言う番組で80年代の後半からあったと思います。 普通はこちらからの輸出が多いのですが、これは日本のドリフのテレビ番組からの輸入版だと今回この件で聞いた人が言っていました。 この人がむか~し一回だけアクションムービーの話があったときの人なのです。 話はまとまらなかったわけですが、まとまっていたら今の私は決してなく今頃ロスでホームレスをやっていたでしょう。<g> くいのない人生と言える最後の日(Successful Deathと私は呼んでいます)を夢見る私には過去のことで生きたくないです。

>あとは映画DVDのおまけでメイキング何とかやNGシーンが付いて来るものもありますよね。何の映画だったか、エンディングでジャッキー・チェンのNGシーンを見た事があります。

そうです、これのことですね。

>また、普段話していても「今の電話のかけ方はNGだよね」「あの人のファッションはNGね」みたいに「ノー・グッド」という意味で使っている人がいます。

日本語として「エヌジー」と言っているわけですね。 

>今回はビデオや映画やテレビのNGシーンやNG集ということで、

1.テレビなどの NG は bloopers でしょうか?
  他に言い方はあるでしょうか?

上の情報から見るとBlooperですね。Funny outtakesと言ってもいいかもしれませんね。

2.「NGを出す」はどう言いますか?

それをやった人はI goofed.<g> となるでしょうね。 He goofed up.と他人は言うことになりますね。 私が言われるならBlooper Starというところでしょうか。

3.また、「NGシーン」は英語でなんと言うでしょうか?
へまであれば、Blooper (scene)でいいと思いますよ。

私自身の知識でなく人から聞いた「付け焼刃」的情報で申し訳ありません。

ではまた、

Gです。 補足情報を読ませてもらいました。 今Trace AdkinsというカントリーシンガーのHonky Tonk Bandonkadonkと言う曲をone song repeatで聞きながらこれを書いています。 別にステージに立つということではないですが、イメージチェンジに使おうかと思っている曲のひとつです。 <g>

>素人が作った、第○話という感じのシリーズに仕立ててあるビデオがあります。その中で、台詞を噛んでしまった(台詞をとちった)シーンや街頭インタビューなのに通行人全員が無視して通り過ぎるシーンとか、シリアス...続きを読む

Q映画のエンドローツの構成や用語、決まりを教えて下さい

すみません。教えて下さい。
現在、動画を作成しているのですが、
『なんでこんなに本格的にしたんだw』っていうくらいの、
ちゃんとしたエンドロール(エンドクレジット?スタッフロール?)
を作りたいと思っています。
しかし、色々と検索したのですがその構成や決まりなどがどうしても見つけられなくて、質問しにきました。

知りたい事を箇条書きにしてみます。

■エンドロールの内容
ディレクターや俳優などがズラーっと並んで流れていきますが、その項目は何があるのでしょうか?俳優、デイレクター、音響さん、制作会社、プロデューサー、衣装提供、スポンサー、配給会社など、あると思うのですが、ハリウッド映画などにでてくるエンドローツのこの項目の全てを知りたいです。

■順番
上記の項目にも、おそらく決められた順番があるのではないかと思うのです。その順番を知りたいです。

■ドルビーデジタルとかについて
映画のエンドロールでドルビーデジタルのロゴとか出てきますが、あれは何の項目に属しているのでしょうか?
更に、エンドロールの最後の方になるとそういったロゴなどがいっぱい出てきますが、何が最後にまとめられているのでしょうか?

目標はハリウッド映画のエンドロールです。
ご存知の方で、お時間ありましたらご教授頂けると幸いです。
よろしくお願いします。

すみません。教えて下さい。
現在、動画を作成しているのですが、
『なんでこんなに本格的にしたんだw』っていうくらいの、
ちゃんとしたエンドロール(エンドクレジット?スタッフロール?)
を作りたいと思っています。
しかし、色々と検索したのですがその構成や決まりなどがどうしても見つけられなくて、質問しにきました。

知りたい事を箇条書きにしてみます。

■エンドロールの内容
ディレクターや俳優などがズラーっと並んで流れていきますが、その項目は何があるのでしょうか?俳優、デイレク...続きを読む

Aベストアンサー

実はハリウッド系の洋画のエンドロールには監督やプロデューサーを始めカメラマンや音楽家などメインスタッフの名前は出てきません(一部例外も無いことはないですが)。
オープニングの方に出てしまうので、エンドロールはキャスト名から始まってスタッフはラインプロデューサーやプロダクションマネージャー、そのほか撮影助手や音響関係などなど…といった具合になってしまいます。

邦画の場合にはオープニングでクレジットされたメインスタッフ名もエンドロールにはちゃんと出てきます。
てなわけで、こんな感じではいかがでしょうか?

・Presents(つくった方や会社名など)
・In Association with(協力した会社名:いわゆる下請けプロダクション名)
・CAST
・Exective Producer
・Producer
・Co-Producer(共同プロデューサー)
・Written by (脚本を担当された方)
・Director of Photography(撮影された方)
・Music by(音楽)
・Production Designer(美術を担当された方)
・Costume Design (衣装デザイン)
・Editor(編集された方)
・Sound Department(もしくはSound Design:録音や音響設計者)
・Visual Effects (特殊効果)

他にももっと細分化は出来るのですが、切りがないので、詳細は下記でお好きな映画のタイトルを検索し、スタッフクレジットを表示させてみてください。
http://us.imdb.com/

スタッフ名の後には製作に関わった各会社名がきます
・Completion Bond Services Provided(ハリウッド映画は製作完成保険という保険に入るので、その会社名)
・Production Insurance Provided(こちらは撮影時の事故や盗難、機材破損などの保険会社名)
・Title and Opticals (オープニングやエンドロールを作った会社)
他にも現像所とか、機材レンタル会社などなどで、撮影機材(アリフレックスとかパナビジョンとか)や音響システム(大半のハリウッド映画はDolby・DTS・SDDRの三つ)、など関してはロゴマークが並んだりもします。

次は撮影に協力してくれた会社や個人名などで
Special Thanksとしてずらっと並んで出てくることが多いです。
邦画の場合には会社名は大半が衣装協力してくれた会社などのロゴマークが並びます。

で、最後に
Directed by (これは質問者さんの名前でしょうか?)

スタッフの各呼称に関しては撮影をCinematography byとするなど作品毎にも違っているので、これも上記のリンク先を参考にされるといいと思います。

実はハリウッド系の洋画のエンドロールには監督やプロデューサーを始めカメラマンや音楽家などメインスタッフの名前は出てきません(一部例外も無いことはないですが)。
オープニングの方に出てしまうので、エンドロールはキャスト名から始まってスタッフはラインプロデューサーやプロダクションマネージャー、そのほか撮影助手や音響関係などなど…といった具合になってしまいます。

邦画の場合にはオープニングでクレジットされたメインスタッフ名もエンドロールにはちゃんと出てきます。
てなわけで、こん...続きを読む

Q映画スタッフ役職名の英語訳

海外のコンテストに出品する為、自主制作映画のエンドロール(エンドクレジット)をすべて英語で書きたいと思っていますが、ネットで調べたけど、それぞれ微妙に違う呼称があり、確証がありません。
映画スタッフ役職の英訳を教えて下さい。
お願いします。



スタッフ→ Staff
役者→ Cast
脚本・監督・編集→ Script wrìter(?) or Screenwriter(?)/Director/Editor
撮影監督→ DOP
撮影(カメラオペレーター)→ Cinematographer(?)
撮影制作スタッフ→ Best boy(?)
音声→ (?)
照明→ electrician(?) or Gaffer(?)
メイク→ Make(?)
雑用スタッフ→ (?)
かちんこ&記録係→ (?)
音楽→ Music
協力→ Special Thanks
制作→ Produced by ○○○○


※制作スタッフの中心人物は何でもこなしてる撮影スタッフのリーダー的な役職ですが何でも屋なので、
「Best Boy」でしょうかね?

Aベストアンサー

映画のスタッフロールは国によって、もしくは製作会社によってもまちまちです。

スタッフはCREWとすることもありますが、キャストの後、すこし間を開けるので、わざわざスタッフとかクルーとか出さないことの方が多いです。
またオープニングとエンディングとで、スタッフロールは出てくる役職の順番が違っています。これに関しては何かお好きな映画を参考にすればいいと思います。


脚本・監督・編集→ screenplay /Director/Film Editor(エディターには音のエディターとか効果音のエディターとかいますので)
撮影監督→ DOP director of photographyもしくはCinematography(DOPはカメラマンのことを指してはいません。ハリウッドの製作システムでは日本でいうカメラマンの仕事とDOPの仕事とぜんぜん違います)


撮影(カメラオペレーター)→Camera Department  でcamera operator
撮影制作スタッフ→Camera Departmentでcamera assistant
 何人もいる場合にはそれぞれ役割分担がありまして
 focus puller(レンズをかまってピントを合わせる方)
 clapper loader (フィルムの装填をする方)
 などとなります。邦画だと撮影の助手は4人くらいになります。
 

音声→ 現場で録音をしたのか、仕上げの段階で音声を担当したのかで呼称がいくつもあります。Sound Departmentで 
   sound recordingやsound dubbing となります
照明→ Electrical Departmentでelectrician
メイク→ makeup 髪をいじっていればhairdresser
雑用スタッフ→ best boyよりもmiscellaneous crewの方がいいかもしれません。
かちんこ&記録係→scripter
音楽→ Music もしくはOriginal Music
協力→ Special Thanks
制作→ Produced by ○○○○ これだと会社や組織名ぽいかたちです。producer ●●でもいいと思います。


ほかに
衣装 Costume Design もしくはWardrobe Department
美術 Production Design 
製作担当 Production Manager
が抜けてますが、居なかったのでしょうか?

映画のスタッフロールは国によって、もしくは製作会社によってもまちまちです。

スタッフはCREWとすることもありますが、キャストの後、すこし間を開けるので、わざわざスタッフとかクルーとか出さないことの方が多いです。
またオープニングとエンディングとで、スタッフロールは出てくる役職の順番が違っています。これに関しては何かお好きな映画を参考にすればいいと思います。


脚本・監督・編集→ screenplay /Director/Film Editor(エディターには音のエディターとか効果音のエディターとかいます...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報