X JAPAN×HYDE!林檎×エレカシ宮本!今秋のまさかの共演9選

政治家や企業のお偉いさんなどが、コメントの際に「~を担保する」や、「~が担保されない」という表現をしばしばしますが、この表現は日本語として正しいのでしょうか?

安全を例にすると、担保とは保証という意味ですので、「安全が担保されない」と言わずに、「安全が保証されない」と言ったほうが、一般的にも分かりやすい表現だと思います。

そもそも、「~が担保されない」という表現は日本語としておかしくないのか? おかしくないのであれば、どうして分かりにくい表現をするのかが知りたいです。

ご回答をよろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

「担保する」は、少なくとも法律関係者の隠語ではありませんよ。


例えば、民法には次のような条文があります。

第三百四十六条  質権は、元本、利息、違約金、質権の実行の費用、質物の保存の費用
及び債務の不履行又は質物の隠れた瑕疵によって生じた損害の賠償を担保する。ただし、
設定行為に別段の定めがあるときは、この限りでない。

第三百五十一条  他人の債務を担保するため質権を設定した者は、その債務を弁済し、
又は質権の実行によって質物の所有権を失ったときは、保証債務に関する規定に従い、
債務者に対して求償権を有する。

この他に民法だけで、ざっと数えても30回以上、「担保する」「担保すべき」のような表現が
使われています。
むしろ、民法のような基本的な法律にこれだけ出てくる言葉を、広辞苑が法律用語としてでも
載せていないことのほうが不思議です。

なぜこのような表現をするのかについては、まだ出ていない理由として、なんだか政治家の肩を
持つようですが、単純に法律の勉強しているから、つい普通に使ってしまうということも
あるのではないでしょうか。
議員は法律を審議するのが仕事ですし、企業の偉い人だって、たとえ法学部出身でなくても、
真面目な人ならそれなりに法律を勉強するはずですから。
あとは、政治家の言葉が軽いと思われていることを肌で感じているから、「保証する」等よりも
重々しくて裏付けがありそうなイメージの、「担保する」が使われるのかもしれません。
    • good
    • 8
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

そうですか、法律の文言で頻繁に使われているということは、日本語としてはおかしくないということですね。ただ、広辞苑にないのは、法律という難しく堅苦しい表現であり、あまり一般的な表現ではないのではと感じました。

政治家にとって「担保する」という言葉は重々しいのかも知れませんが、国民に分かりやすい説明をするというのも政治家の大切な役目だと思いますので、出来れば一般的な表現をして欲しいと思います。

納得いたしました。

お礼日時:2012/04/09 23:59

 1番回答者です。



 こっちが正解かなと思う理由を思い出しましたので、書いておきます。

 それは、ほしょう という言葉には、保証、補償、保障、歩哨、など、同音異義語がある点です。

 「それはほしょうされない」という場合は、保証されないのか、補償されないのか、分かりません。あまり多い用例ではありませんが「保障されない」場合もあります。

 言葉として聞いた場合、一瞬では、判然としません。

 「首長」を「クビちょう」と言ったりしますが、聞き間違いを避けたいという気持ちで、「クビちょう」というのでしょうと、まえにこのQAサイトで書いたことがあるのを思い出しました。
(^_^;\(^O^ )ペチッ!

 同様に、聞き間違いをさけるために、「担保する」という言葉が使われていたのかもしれません。

 政治家の演説などで使われている言葉を詳しく調べると、漢字の書き取りでそれを書いたら×だよな、という用例がけっこうあります。

 面白いです、考えてみて下さい。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

再度の回答を頂き、ありがとうございます。

「首長」を「くびちょう」と呼ぶのは、「私立」や「市立」を「わたくしりつ」「いちりつ」と間違いのないように表すのと同様ですね。この部分は、分かりやすく伝えるという意味で納得です。

しかし、「保証する」を間違えのないように「担保する」と表現するのには、逆に難しく分かりにくい表現だと思うのです。その違和感は、「担保する」という動詞表現が正しいのか否かです。例えば、「マックする」「マクドする」はおかしな表現ですが通用はします。通用はしますが、公共の場で使用することはないでしょう。「担保する」も一部の人の間では普通の表現であったとしても、一般的にどうなのかが、どうしても疑問なのです。

要は、聞き違いを避けるための表現だというご意見、とても参考になりました。

お礼日時:2012/04/09 17:40

 こんにちは。


 私は、質問者さんと同意見で、不適切だと思います。手持ちの国語辞典で(広辞苑には品詞は載っていませんので)調べてみますと、「担保」には動名詞としての用法はありません。全部書きますと、

たんぽ【担保】
名詞 [法律用語]債権の安全と確実を保証するために、債務者が債権者に提供するもの。「家を担保に借金する」[同義語]抵当。

 「担保」は、上記のように、借金の形(かた)という意味にのみ用いられるべきであって、「保証する」という意味で「担保する」と言うのは、明らかに誤用であり、質問者さんの感覚は正常であると思います。

 政治家や企業のお偉いさんというのは、とかく小難しい言葉を使って、表現を難解にするきらいがありますので、そういうのを聞かれれば、「『保証する』だろうが」と、心の中で思っておけばよいと思います。ちなみに、MS-IMEでも、「たんぽする」と入力して変換すると、「担保」と「する」が違う文節として分かれて変換されます。日本語としては、「担保する」なんて、文法的に間違った用法であり、仮に法律分野でよく使われるとしても、それは単なる慣習にすぎないと思います。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

詳しい回答ありがとうございます。

同意意見を求めているのではありませんが、同じように不適切だとの意見をお聞きして安心しました。

担保の同義語が抵当であれば、「安全が保証されない」→「安全が担保されない」→「安全が抵当されない」となってもおかしくないということですね。益々奇妙な言葉に思えてきます。

回答者様の仰るように間違った用法であれば、今の若者が話す言葉のように誰かが指摘すべきだと思うのですが…。

お礼日時:2012/04/08 23:52

「担保」というのは、保険・保証を担う、という意味なので用法にはなんの問題もありません。


「保証する」と言うか、「保証責任を担う」と言うかの違いだけです。
法律の世界では「担保する」という言い回しは普通に使います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

回答者様も仰るとおり、「保証する」「保証責任を担う」と言ったほうが分かりやすいと思うのです。
法律の世界の言葉は総じて分かりにくいものですので、やはり、分かりにくい言葉としか思えません。

お礼日時:2012/04/08 14:30

 ずっと昔から「担保する」「担保されない」という表現を耳にしてきたせいか、まったく違和感を感じません。



 が、ものは試しとばかりに広辞苑を引いてみたところ、「担保する」という動詞は載っていませんでした。
(^^;

 しかし、いろんな名詞の語尾にくっついて全体を動詞化してしまうのがサ行変格活用の特色ですので、間違いとも言えないはずです。

 で、どういう場合に「担保する」「担保される」という言い方をするのか、なぜするのか、というと、単なる「保証」よりも強いイメージを持つ言葉だからではないでしょうか。

 実は保証人なんて、連帯保証人でも、あまりアテにはならないものなのです。

 すぐ、「俺は騙されて連帯保証人になった被害者。返済できないから俺も自己破産しよう」なんて具合で、被害者面をして銀行に大損害を与える人もいます。

 債務者に代わって支払う気も収入もないくせに、あるようにウソをついて銀行を騙し、資金を出させたくせに、ね。

 私も、印鑑証明書をつけて実印を押した契約書があっても、イザとなったら「知らないうちに誰かが押したんだろう。俺は無関係」とか言って責任を負うのを拒否されたことなどなど、何度かあります。

 その点、担保を取れば、まあ担保価値の減少のリスクはありますが、まあまあの回収が可能です。

 担保物件は「俺が知らないうちに担保に供されていたから無効」とか言いません。

 重さが違うんですねぇ。それが現実の社会。

 政治家にとってみれば、「応援します。一票入れます、必ず」なんて保証は100%無意味です。

 政治家が1万数千人分の後援会署名を持っていても、実際に投票してくれる人なんて、2000人弱がいいところ。

 保証約束はなんの保証にもなりません。それを身にしみて知っているのが政治家。

 そんな体験を踏まえて、「担保する」「担保される」という言葉を使うのだろうと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

昔から言ってたのですか? 私は、ここ数年で急激にこの表現をする人が多くなってきたと感じていましたので、一種の流行語のように思っていました。

「担保する」は「保証する」よりも強い言葉ということですね。詳しく解説して頂いてありがとうございます。しかし、私には「担保」が動詞になる違和感がどうしても否めません…。

お礼日時:2012/04/08 14:47

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「担保する」とはどういう意味?

よく文章などで、
<設置者の信頼は「担保」できていない。>
とか
<安全性が「担保」できていない。>
という文章を目にするのですが、
この場合の「担保」とはどういう意味なのでしょうか?
「確保」と同じような意味なのかなぁ…と
個人的には思うのですが。

※広辞苑では「債務の履行を確保するため債権者に提供されるもの。」
とあります。いわゆる住宅ローンでの家みたいなものです。
この意味しか私は知りません。

Aベストアンサー

>いわゆる住宅ローンでの家みたいなものです。

その解釈とおりでしょう。

ただし、債権以外に関することで一般的に使われているのは、もっと広い意味での「保証する」という意味だと思います。

「担保」に含まれる「保証」の語感
保証されるべきモノAに対して、そのAを保証するための「ほぼ等価」な別物Bがあり、その価値関係は
A≒B (egs. ローン残高≒家)
のようになります。
他の例だと、
・新幹線の安全≒ATS
・Windows Vistaの安全≒Windows Defender(たとえです^^;)
・我社の信用≒社員の質
などが考えられるでしょうか。この場合、それぞれの右辺の項目が左辺を保証する、つまり担保ということになります。
《用例》
・「新幹線の安全を何で担保するのか?」「はい、それはATSが担保します」
・「我社の社会的信用は君たち社員一人一人の優秀さが担保する」

したがって「確保する」の意ととれる場合でも、あいまいな、単なる確保という意味ではなく、そこに具体的な保証がなくてはならないようなときに使うのだと思います。
(参考:『岩波国語辞典-第五版』)

>いわゆる住宅ローンでの家みたいなものです。

その解釈とおりでしょう。

ただし、債権以外に関することで一般的に使われているのは、もっと広い意味での「保証する」という意味だと思います。

「担保」に含まれる「保証」の語感
保証されるべきモノAに対して、そのAを保証するための「ほぼ等価」な別物Bがあり、その価値関係は
A≒B (egs. ローン残高≒家)
のようになります。
他の例だと、
・新幹線の安全≒ATS
・Windows Vistaの安全≒Windows Defender(たとえです^^;)
・我社の信用≒社...続きを読む

Q「たんぽする」とはどういう意味ですか?

「たんぽする」という言葉を政治家や評論家やお役所の人がよく使っていますがどういう意味でしょうか?
広辞苑で引いても「担保」の項目から「たんぽする」の意味や使い方がよくわかりません。
「担保」をとる・・・・ならわかりますが、昔からこういう言い方、使い方があったのでしょうか? 教えてください。

Aベストアンサー

「担保を取る」という場合は、「担保」を名詞として使っていますよね。多くの場合、土地とか建物など借金する場面で使います。

一方、「担保する」というように「担保」を動詞として使う場合は、「公正な取引を担保するため」とか「品質確保を担保するため」など「保証」とか「後ろ盾」とか「裏付け」などの意味で使います。ちょっと硬い言い方ですよね。行政の政策立案などで多く用いられます。

No.2様の、保険での「不担保」というのは、自動車保険で「30歳未満不担保特約」(30歳以上の事故のときのみ保険金が下り、30歳未満が起こした事故の場合は一切保険金は払いません。その代わり保険料は安いよ、というやつ。運転者を限定することで保険料を安くするもの)
とか、入院医療保険で「4日以内不担保特約」(4日以内の入院の場合は保険金は払いません。その代わり保険料は安いよ。)
などでよく見ますね。

Q「該当」と「当該」の違い

辞書には、「該当」・・・その条件にあてはまること。「当該」・・・その事に関係がある。
・・・とあります。
“あてはまる”と“関係がある”、微妙に違うようで似ているようで、お恥かしいのですが私にははっきり区別ができないのです。
該当とすべきところを当該としたら、意味はまったく違ってくるでしょうか?
わかりやすく両者の違いや使い方を解説していただけませんか?宜しくお願いします。

Aベストアンサー

よく似た意味の言葉(名詞)ですが、

○該当…「する」をつけて「当てはまる」という意味の動詞として用いることができる

○当該…主に他の名詞の前につけて「今議論の対象になっている、まさにそのもの」という意味で内容を限定する形容詞的な形で用いる

といった違いがあります。逆の用法はありません。

・この条件に当該する人は申し出てください。

・○○事件につき、該当被告人を有罪に処す。

いずれもおかしな使い方で、反対でないとアウトです。

ご参考になれば幸いです。

Q目処(めど)と目途(もくと)

目処と目途の使い分けについて教えてください。
送り仮名に違いがありますか。
PC辞書で「めど」の変換を探すと目途が入っているのもありますね。
これは明らかに誤用ですよね。

Aベストアンサー

めどはやまと言葉ではないでしょうか。もしそうなら漢字は当て字であり、どちらが正しいというものでもなく、世間で一般的にどう使い分けされているかということに過ぎないと思います。

広辞苑ではめど(目処)もくと(目途)と分けて記載されているだけで説明がなく
不親切です。朝日新聞社の漢字用語辞典では、めど(目処、目途)とあり、私のPCでも、めどで両方が転換できます。

解決のめどがつくとか、目標達成のめどが立ったなどと使われるので、
ものごとがその完成、実現にちかずいたということを意味し、目標とは若干ニュアンスが異なると思います。目標は高くとは言いますが、目途(目処)は高くとはいいませんね(この部分は蛇足です)

Qリベラルとは?

・左派、革新、社会主義
・右派、保守
という分類ができると思うのですが、
リベラルや自由主義は、どう考えたらいいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。(リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。)

 Y軸 Libertarian(自由・市場主義 = 小さな政府) - Statist(統制主義 = 大きな政府)
 X軸 Liberal(革新) - Conservative(保守)
 真中 Centrist(中間主義)

 各派の解説は下のURLの解説部分を参照してください。
   http://meinesache.seesaa.net/category/719933-1.html

 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共和党政策が旧保守主義(右派リバタリアン)で、それ以後を新保守主義(ネオコン)といい保守と名乗っていますが、実態は左派リバタリアン(左派が保守に転換し、現状を保守する為に革新的手法(戦争など過激な改革を許容する)を執ると言う主義)です。

 自由主義の反対となる統制主義も左派だと共産主義や社会主義、比べると右派に成るイギリスの「ゆりかごから墓場まで(高福祉政策)」などが有ります。

 簡単に言うと、積極的に変えようとするのが左派で、変わらないように規制するのが右派です。そして変える方向(変えない方向)が自由か統制かで分類できます。

 日本には明確に保守を謳う政党が無いので、イメージがわき難いのかも知れませんが…。
 (自民・民主党は中道で、共産党は左派統制主義ですから…。)

 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。(リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。)

 Y軸 Libertarian(自由・市場主義 = 小さな政府) - Statist(統制主義 = 大きな政府)
 X軸 Liberal(革新) - Conservative(保守)
 真中 Centrist(中間主義)

 各派の解説は下のURLの解説部分を参照してください。
   http://meinesache.seesaa.net/category/719933-1.html

 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共...続きを読む

Q「いずれか」と「いづれか」どっちが正しい!?

教えて下さいっ!
”どちらか”と言う意味の「いずれか」のかな表記として
「いずれか」と「いづれか」のどちらが正しいのでしょう???

私は「いずれか」だと思うんですが、辞書に「いずれか・いづ--。」と書いてあり、???になってしまいました。
どちらでもいいってことでしょうか?

Aベストアンサー

「いずれか」が正しいです.
「いづれ」は「いずれ」の歴史的かな遣いですので,昔は「いづれ」が使われていましたが,現代では「いずれ」で統一することになっていますので,「いずれ」が正しいです.

Q「基」と「元」の使い方

経験を"もと"に話す。
上記の場合の”もと”は元、基のどちらが正しいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして。

ご質問1:
<上記の場合の”もと”は元、基のどちらが正しいのでしょうか?>

「基」になります。

1.「経験を"もと"に話す」とは言い換えれば「経験にもとづいて話す」ことと同じです。

2.「もとづい(て)」は「もとづく」の連用形です。

3.「もとづく」は「基づく」という漢字しか存在しません。

4.従って、ここでは元、本、素などの漢字は適切ではありません。


ご質問2:
<経験を"もと"に話す。>

1.「~をもとに」という語感が「~を元に戻す」といった語感になるため、「元」の漢字を想定されたのだと思われます。

2.しかし、ここで使われる「もと」とは「土台」の意味になります。

3.他の漢字「元」「本」などには「土台」「ベース」といった意味はありません。

4.従って、ここでは基が適切な漢字となります。

以上ご参考までに。

Q「ご連絡いたします」は敬語として正しい?

連絡するのは、自分なのだから、「ご」を付けるのは
おかしいのではないか、と思うのですが。
「ご連絡いたします。」「ご報告します。」
ていうのは正しい敬語なのでしょうか?

Aベストアンサー

「お(ご)~する(いたす)」は、自分側の動作をへりくだる謙譲語です。
「ご連絡致します」も「ご報告致します」も、正しいです。

文法上は参考URLをご覧ください。

参考URL:http://www.nihongokyoshi.co.jp/manbou_data/a5524170.html

Q加重平均と平均の違い

加重平均と平均の違いってなんですか?
値が同じになることが多いような気がするんですけど・・・
わかりやす~い例で教えてください。

Aベストアンサー

例えば,テストをやって,A組の平均点80点,B組70点,C組60点だったとします.
全体の平均は70点!・・・これが単純な平均ですね.
クラスごとの人数が全く同じなら問題ないし,
わずかに違う程度なら誤差も少ないです.

ところが,A組100人,B組50人,C組10人だったら?
これで「平均70点」と言われたら,A組の生徒は文句を言いますよね.
そこで,クラスごとに重みをつけ,
(80×100+70×50+60×10)÷(100+50+10)=75.6
とやって求めるのが「加重平均」です.

Q拘らず・関わらず??

すみません。以前から気になっていたので正しい答えを教えていただけないでしょうか。

「かかわらず」という言葉の漢字変換なのですが,
例えば

 雨が降ったにも「かかわらず」,彼は傘を差さずにやってきた。

というような文の場合,正しいのは「関わらず」「拘らず」どちらでしょうか。

国語辞典で調べてみたのですが,よく分からなくて(+_+)
すみませんがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

「物書き」のひとりです。

まず、重要なことですが、「関・係・拘」のすべてが常用漢字ではありますが、その音訓表に「かか(わる)」がないことです。常用漢字は、「こうしなくてはいけない」といった性格のもではありませんが、一応、すべての文章を書き表す場合の指針ではあります。音訓表に無いものの代表的なもの(よく使われるもの)として「全(すべ)て」「画(えが)く」「〇〇に依(よ)れば/拠(よ)れば」などが思いつきます。

本件の「関・係・拘」に関して言えば、「係」に「かか」の読みが認められているのみです。それも「かかわる」でなく「かかる」です。「人命に係(かか)る問題」「係(かか)り結び」など。前者は、「人命にかかわる問題」のように表記されることもありますが、この場合(常用漢字の基準では)「係わる」でなく「かかわる」です。

結論としては、「それにもかかわらず」などにおける「かかわらず」は仮名書きが無難でしょう。漢字の場合は「拘わらず」が正しいといえます。ただし、パソコンでは「関わらず」と変換されることが多いようですネ。

漢字の場合、「関係」という言葉があるように、「関わる」と「係わる」の用法はほとんど区別がつきません。一般的に言えることは、「関わる」「係わる」は肯定的にも否定的(「関わらない」「係わらない」)にも使いますが、「拘わらず」は、肯定的に用いられる例が少ない、ということです。

ただし、肯定的な「拘わる」が誤りだと言っているのではありません。念のため。

「物書き」のひとりです。

まず、重要なことですが、「関・係・拘」のすべてが常用漢字ではありますが、その音訓表に「かか(わる)」がないことです。常用漢字は、「こうしなくてはいけない」といった性格のもではありませんが、一応、すべての文章を書き表す場合の指針ではあります。音訓表に無いものの代表的なもの(よく使われるもの)として「全(すべ)て」「画(えが)く」「〇〇に依(よ)れば/拠(よ)れば」などが思いつきます。

本件の「関・係・拘」に関して言えば、「係」に「かか」の読みが認められてい...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報