質問投稿でgooポイントが当たるキャンペーン実施中!!>>

焼たらこおにぎりと生たらこおにぎり、どちらが好きですか?

コンビニでも最近は生たらこが増えてきているような気がしますが・・・。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

生たらこは苦手なので


しっかり焼いた焼きたらこです。
    • good
    • 0

軽く炙ったたらこですね

    • good
    • 0

半生が一番です。

    • good
    • 0

焼いたものですね。



焼くといっても中が少し生であるくらいの・・・・。


私的にはしょっぱくて1番好きな焼きぐわいです。
    • good
    • 0

焼いたもの



他人が見たら 引くくらい カリカリに焼いてます
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qたらこは焼く、明太子は生でいい、というのは本当?

たらこは焼く、明太子は生でいい、というのは本当でしょうか?

たらこを生で食べるのは、危ないですかね?

教えてください

Aベストアンサー

こんばんは
確かに昔はそんなこと言っていましたね。

「たらこ」つまり塩蔵の助子(=塩漬けしたスケトウダラの卵)は、かつて生食できるものが限られていました
もともと保存のために塩漬けにしていた訳ですが、保存状態が悪いと端の方から黒く変色していきます
昔は魚屋でも、端が黒くなったスケコが普通に売られていました
もちろん生食は危ないので焼いて食べたものです
(黒変した部分は焼いてもNG 苦みや臭みがあり食べれたものではありません)
ごくまれに全体がきれいなピンクで「生で食べれるよ!」というものが店頭に並ぶこともありましたが、ごく限られた時期だけだった記憶があります
今のように流通過程がコールドチェーンとなっておらず、流通に要する時間も今よりも長くかかっていた時代の話です
おそらくタラコが店頭に並ぶまでに数日はかかっていた事でしょう

一方メンタイコは同じスケトウダラの卵とはいえ、塩と唐辛子によって漬けこまれており、ただの塩漬けよりも日持ちします
さらに、昔は博多地方の特産品で全国的には販売されておらず、首都圏の人が口にする機会と言えば、博多からのお土産、というケースがほとんどでした
当時の流通事情を考えると、一般的な食品流通ルートで店頭に並ぶ物より、産地から直接買って帰ってきた物の方が間違いなく鮮度がよい、と言う状況です

今となっては食品の流通スピードも上がり、コールドチェーン(低温流通)も整備されています
昔の魚屋さんは冷蔵と言えば氷で冷やすしかなかったのが、冷蔵庫・冷凍庫が当たり前です
スケコもメンタイコも生食に充分な鮮度があります
(好みで、焼いタラコの方が好き、と言う人はいますけどね)


ちなみに、たまに売っている生タラコ(普通のタラコ=スケコより大きい、塩漬けになってない物)は、マダラの卵です

こんばんは
確かに昔はそんなこと言っていましたね。

「たらこ」つまり塩蔵の助子(=塩漬けしたスケトウダラの卵)は、かつて生食できるものが限られていました
もともと保存のために塩漬けにしていた訳ですが、保存状態が悪いと端の方から黒く変色していきます
昔は魚屋でも、端が黒くなったスケコが普通に売られていました
もちろん生食は危ないので焼いて食べたものです
(黒変した部分は焼いてもNG 苦みや臭みがあり食べれたものではありません)
ごくまれに全体がきれいなピンクで「生で食べれるよ!」...続きを読む


人気Q&Aランキング