お世話になります

エンジンオイル交換時、 0Wオイルを使用しています  しかし 
手持ちが後ちょっと 足りなくなりました  (4.2L使用のところ 手持ちが4Lしかない)

もちろんこのままでも 問題はありませんが 仮定として めいいっぱいゲージの上まで入れたい場合 10Wオイルを のこり200CC足すことに問題はないでしょうか?


今回は この比率で質問させていただきましたが 0W3.5L指定の車に 0W3L 10W0.5L
などの混合をしても さしてエンジンに問題はないでしょうか?

お教えください


(これは 規定量一杯を入れるためにする場合とお考えください)

つまり  粘土の違うオイルを混同してもOKでしょうか?

よろしくお願いいたします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

取りあえずは、問題なく 走ります。



厳密に言うと 0Wと10Wでは 粘度が 多く違います まあ 200cc 5%程度なので 影響も少ないかな と 行った 感じ。

アクセルレスポンスや 走りへの影響は 体感は出来ないレベルでしょう。

しかしながら オイルの混合は、低い側のレベルになると言われてます。
0W低抵抗 サラサラオイルが 少し ドロ付くようになり 若干で有っても燃費を悪い方向尾へ影響させると考えます。

以前 5W-30指定車に 物置在庫処分で 4種類の5W-30を混合使用しましたが 性能は、
良くなるとは 当然感じませんが 普通に 走り耐久しました。
どんなオイルを入れても 取りあえず 走りますが エンジに取っては、指定された粘度で 純正(エンジン開発時から使用してきたオイル)か 相性が良い 社外オイルを 混ぜずに使用するのが 一番です。
今回は 200cc混合使用で 次回からは 正規 0W-20で 統一して下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

了解しました

次回からは統一します


ありがとうございます

お礼日時:2012/05/29 17:54

0w,が指定のエンジンって有るのですか?


一般的ねなエンジンはグレードも粘度もかなりの幅が有るんだけどね、
もしも0wのみが指定なら、0wを補充した方が無難でしょう
    • good
    • 0
この回答へのお礼

Owが指定ではないのですが 燃費がよくなるかと 0Wを入れていました

10WでもOKな車種となります


ありがとうございます

お礼日時:2012/05/29 17:53

量に因ります。


概ね、下のグレードに引っ張られるのが普通です。

特殊なオイルではなく、特別な使い方をするエンジンでなければ大した不具合は出ないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

普通の街乗りです

ありがとうございます

お礼日時:2012/05/29 17:52

同一メーカーの同一シリーズの粘度違いなら問題ないですが、メーカーが異なる場合は不安要素が多いのであまりお勧め出来ません。



しかし変な添加剤を200cc入れるよりは大丈夫でしょう。(何とか剤配合と謳ってないオイルなら)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

了解しました

幸い同じメーカーでした

ありがとうございます

お礼日時:2012/05/29 17:51

0Wのシングルグレードオイルってよく手に入りましたね。


どうしてもそのオイルが指定なら、同じものを買い足したほうが無難です。
トラぶったとき指定外のオイルを使ったからではないかという疑惑が出てきたとき
粘度さえ計れば簡単にばれてしまいますので保証交渉が難しくなると思います。
一般的な0W-20の指定なら、10Wのオイルを混ぜても、分析にでもだされなければ
大丈夫だと思いますが。逆にこれから夏ですので、しゃぶしゃぶのオイルはエンジンを壊しかねません。
今一度、車に積んである書類を確認してください。もし、0Wってしか書いてあるのではなく、
0W-20って書いてあったらマルチグレードオイルですよ。
その間なら10Wとか20とかでよいのではなく、
あくまで0W-20かそれを上回るのは0W-30とか0W-40というオイルにする必要がありますが、
後者の2つは燃費が悪くなりますが、これら2つは混ぜても構いません。
その混ぜたオイルの最下限の性能はまず出るとおもいます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

説明不足で申し訳ありません

0Wではなく 0W-20のオイルを使用しています  

ありがとうございます

お礼日時:2012/05/29 17:50

というか、


粘度以前に銘柄や基油の差は?
この事例、銘柄や基油が同じ、
グレードが同じであれば
まあ・・・ぎりぎりOKともいえなくもないけどね。

基本的にだめです。

混ぜると何が起きるかわからないから。
オイルというのは添加物の固まりですので
粘度が違うだけで添加物の量が違ったり
種類が違ったりしますので
基本的に混ぜて使うのは良くない!とされます。

そりゃ、目に見えて悪くなるレベルではないですが
ベストではないです。

細部では何が起きているかわからない話。

混ぜるくらいなら
そのままで良いと思いますけどね?
0.2くらい。

次は早めに交換してやる事ですね。

そして。
次もまた同じことをするつもりであるなら・・・
素直に1L缶を買ってきてやれば
5回分ある!って考えになりますよね???
    • good
    • 1
この回答へのお礼

了解しました  ありがとうございます

なるべく混ぜないようにします

お礼日時:2012/05/29 17:49

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qオリーブオイルと茹でたお湯を乳化することに関して

ペペロンチーニをよく作るのですが、仕上げでオリーブオイルとパスタを茹でたお湯を乳化させますよね?
一般にオリーブオイルは100℃以上に温度をあげるとその風味が失われるそうですが、一定以上の温度に上げないと乳化できませんよね?

少しずつ茹でたお湯を入れてかき混ぜることで乳化しやすくなるそうですが、温度もある程度高くないとうまい具合に乳化しないと思うのですが、どうすればよいでしょうか?

後、乳化させた後、オリーブオイルを少量垂らすのは何故ですか?

Aベストアンサー

よくパスタを作ります。乳化はおいしく作るポイントではありますが、そんなに神経を使う必要はないと思います。プロでも乳化させないでパスタを混ぜる人もいるぐらいですから(料理本にも乳化に言及していないものが多々あります)。

その上で申し上げますと、温度はあまり関係ないです。うまく乳化させるコツは、適度に混ぜ(攪拌)、振る(振動)こと。乳化の目的は、茹で汁とオイルを合わせて「ソースを作る」ことですから、簡単に言えば、十分に混ざり合えばいいわけです。正確に何度とということは気にせずに、茹で汁を加えたらスプーンでよく混ぜ、パスタを加えたら中火で熱しながら、フライパンを揺する。これでうまくいくと思います。茹で汁をあまり加えすぎると、水っぽくなってとろみがでませんから気をつけてください。

オリーブオイルを垂らすのは、香りづけです。中華で言う化粧油と一緒ですね。良質なオイルほど香りがたちますので、できればエクストラバージン・オイルを使いたいところです。

Qエンジンオイル【0W-20】と【5W-30】はどちらがお勧めですか?

現在、平成14年式ステップワゴンに乗ってますが、取り扱い説明書には推奨オイルの欄に※【0W-20】【5W-30】【5W-40】【10W-30】
「※:【0W-20】は、最も省燃費性に優れたオイルです。」
と書いてあり
【0W-20】と【5W-30】で悩んでいます。
【0W-20】と【5W-30】で乗ってみて違いが分かりますか?
カーショップでは、千円ぐらい違いますが、やっぱり【0W-20】の方がお勧めなのでしょうか?宜しくお願いします。

Aベストアンサー

0W-20のオイルで 夏場でも油膜切れはおこりませんよ。
素人判断ですね(笑)

イメージだけで考える人は、そう思うのかも知れませんね。
確かに0W-20は 専用エンジンのみの指定になっています。
(5W-20も専用エンジン指定です)

整備手帳に記載が あるなら そのオイルを入れてもいいと
いう事です。

0W-20のオイルは、カーレースでも使用され メーカーの
厳しいテストを受け世に出ていますので なんら問題ありません。

だいたい油膜切れまで AT車が、激しい走行を公道で可能でしょうか?

素人のイメージ専攻型の人は 皆さん そう言いますね。
大きな間違いです。

ちなみに 私は1年中 5W-20を入れてます。

Qペペロンチーノのオイル乳化

先日、初めてペペロンチーノを作りました。
オリーブオイルにニンニクを入れ熱し、鷹の爪を入れ、オリーブオイルと同量位のパスタの茹で汁を入れました。
このやりかたで1回目、2回目はオイルがちゃんと乳化しましたが、3回目は乳化せず、4回目はオイルと茹で汁がバチバチと跳ね、フライパンにコンロの火が入る寸前でした。

作り方は全く変えていないつもりです。
何故うまく乳化しないのでしょうか?
コツがあれば教えていただけないでしょうか。

Aベストアンサー

手際が良くなったんじゃないですか?

乳化させるには茹で汁を使います。
つまり、乳化には塩分の他に、パスタから溶け出たでんぷんが必要なんです。
手際が良くなると、パスタ投入からの時間が不十分になり、
するとでんぷんの濃度が薄く、単なる熱湯を使うのと大差なくなりますから、
乳化しにくかったり、必要以上にはねたりします。

それと、オイルの温度が高いかな・・・
焦げないことがわかってくると、火加減がほんのり強めになったり
加熱している時間が延びたりします。
これも慣れてくればこそ。
しかし、熱しすぎたオイルでは乳化のキメが粗くなるので
良い仕上がりではなくなります。
端的に言うと、乳化したとは言い難い状態です。

必要そうならフライパンの底を濡れ布巾でじゅっと冷まして、
それからちゃんと茹で汁になった茹で汁を使ってみてください。
きっとまたうまくいくと思いますよ。
そしてもっと慣れれば、茹で汁とオイルの見た目から
「あ、これ失敗しそう」って直感的にわかるようになります。
楽しんで続けてくださいね。

Q13年式エブリイDA52Wに乗っているのですが、今日エンジンオイル交換

13年式エブリイDA52Wに乗っているのですが、今日エンジンオイル交換をしエンジンを回したら引っかかるような感じで違和感のあるエンストしたのですぐにセルを回すとセルが回らなくなり、バッテリーを充電をしようやくセルが回りエンジンがかかったのですがそれまでバッテリーが弱った感じも無く今までエンストをしたことがないので止まり方もガタガタガタと止まったのが気になります。それから水温警告灯が付きっぱなしになりサブタンクを見るとLLCが無かったので補充をしたのですが消えません。分かる方宜しくお願いします。

Aベストアンサー

オイルの量は確認しましたか、また交換時にこぼしたりしてないですか、
ベルト、ダイナモ等にオイルがもれてまたこぼれてませんか。

Qエンジンオイルの乳化について

H42V 三菱ミニカ 平成23年式 25000kmの中古に乗り始めて1年くらいです。
以前よりエンジンオイルは自分で交換しますが、この度フィラーキャップの内側に
乳化したオイルが結構付着していました。


お尋ねしたいのは「鉱物油と部分合成油などの違いで乳化しやすい、しにくいなどの違いが
あるかどうか」です。(鉱物油10W-30)を使用したいたサンバーでは同じ走行方法で
乳化したことは皆無だったので)現在は5W-30(モービルスーパー1000)

Aベストアンサー

こんにちは。
エンジンオイルの乳化は、エンジン内部(クランクケースやロッカーカバー内)の「結露」でしょうから、オイルの組成の違いには関係無いと考えます。
それも、「1年くらい」ということは、昨年(昨シーズン)は無くて、今年(今シーズン)初めてなのですよね。
同じ走行方法でも、FF車(ボンネットタイプ3気筒)とFR車(サンバーはキャブオーバーエンジンの4気筒ですよね)の違い、ギヤ比の違い(=常用エンジン回転数の違い)、今年の外気温(湿度)と昨年の外気温(湿度)の違いなどから、エンジンの温度上昇時間の差や最終のエンジン温度の差、エンジン冷却に掛かる時間の違い(キャブオーバーよりボンネット1枚のほうが冷えやすいでしょう)などが発生し乳化に至ったと考えます。
もう少し発生状況(環境)などを見極めてから、来シーズンは試しに鉱物油の5W-30を使ってみてはいかがでしょうかね。

Q13年式エブリイDA52Wに乗っているのですが、エンジンオイル交換をし

13年式エブリイDA52Wに乗っているのですが、エンジンオイル交換をしエンジンを回したら引っかかるような感じでガタガタガタと違和感のあるエンストしたのですぐにセルを回すとセルが回らなくなり、ようやくセルが回りエンジンがかかったのですがそれまでバッテリーが弱った感じも無く今までエンストをしたことがないので止まり方もガタガタガタと止まったのが気になります。それから油圧警告灯が点きオイルゲージを見ると量はありエンジンを回すと警告灯が消えたのですが、すぐ警告灯がつきます。もう一回オイル交換をしてエンジンを回すと警告灯が消えたので安心をし朝、乗ると警告灯が点きぱなしになり消えません。オイルプレシャースイッチが悪いのなら自分で付け替えが出来るのですが、スイッチ以外に不具合、確認をするとこがあればアドバイスをお願いします。あと、代車が無いので警告灯が点いたまま乗るのはダメなのはわかっているのですがオイルは規定量あるので運転しても大丈夫なものなのか分からないので宜しくお願いします。

Aベストアンサー

ディーラで見積もりしてもらって、自分で出来るならば、実行しては?

  F6A SOHC ですよね?K6?

  経験からして カム角センサ異常 が 引っかかるんですが、、、エンストって点で、、

  カム角センサなら修理1万ほどですが、、、油圧がからんでるのが、、、トラブル

  を多岐にしてしまって、絞りきれないです

  焼きつきとか、怖いので、見積もりだけでもいかれては?まず電話で、

Qスパゲティをつくるときに使うオリーブオイル

オリーブオイルについておしえてください。スパゲティをつくるのに向いているオリーブオイルってありますか?オリーブオイルならなんでも大丈夫とか、こういう種類がいいよなどあれば教えて下さい。わたしはおもに、スパゲティか、サラダに使っているのですが、詳しくないので、スーパーでみかけたものをそのまま買って使っています。アドバイスよろしくお願いします。

Aベストアンサー

エクストラバージンオイルだったらどれでも大丈夫dすよ。もちろん味の好みはあるでしょうが。

オリーブオイルの種類は

バージンオリーブオイル(酸度によってエクストラ・バージン[酸度は1.0%以下]、バージン、オーディナリー・バージンに分かれます)

精製オリーブオイル 癖などを取り除いた物です。

オリーブオイル  バージンオイルと精製オリーブオイルをブレンドした物です。

があります。

さっぱりと作りたかったら精製オリーブオイルがいいですね。

サラダなどでオリーブの風味を感じさせるのにはエクストラバージンオイルなんかがいいです。

どちらにせよ味には好みがあるのこ雨氷な物を見つけるまでいろいろ試すしかないです。

参考URL:http://homepage2.nifty.com/YMTI/kindofoliveoil.htm

Q低燃費車のエンジンオイル交換について

お尋ねします。

家族の車のエンジンオイル交換(トヨタパッソ 平成18年度6月登録)を先日しに行った際に、「メーカー推奨オイルは0W20」と言われて、薦められた低粘度オイルを入れました。

そこでお尋ねしたいのが・・・
・低燃費オイルにはどうして低粘度オイルがよいのでしょうか。
・オイルの交換時期は他のオイルと変わらないのでしょうか。

知識をお持ちの方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

低燃費車はエンジンの構造を低燃費になるように作っているのです。早い話ピストンなど擦れる部分の抵抗を極力少なくなるよう作っているのです。そのエンジンが最良の性能を引き出せるようにするには対応オイルの開発も必要だったと言う事です。
SMグレードというオイルが低燃費用に開発したオイルです。0w20というのはオイルの固さで推奨値を守るに越した事ありませんね。ただし、説明書に「0w20もしくは5w30」などと書いている様な気がしますので、その範囲内で入れれば良いですね。低燃費型エンジンは結構シビアな物もあり、以前のグレードや推奨粘度以外を入れると不調になる事も過去に経験していますのでディーラーでなくても推奨オイルを入れる事ですね。なお、交換時期は他のオイルと変わりませんね。

Qエンジンオイルの乳化について

H42V 三菱ミニカ でエンジンオイルの乳化についてですが
4ヶ月4000kmで交換した際には給油キャップの裏に乳化したものが結構付着していました。
以前に乗っていたH32Vでは一度も起きたことがありませんでした。

取扱説明書には白いものが付着しますが心配ありませんと記述があります。
念のために自分でエンジンオイルを交換しましたが、3日目にまた少量付着しています。
ディーラーなどで専用のオイルを使用してのフラッシングがあるようですが、それをしないで
このまま乗り続けてもいいものでしょうか?

片道6~8kmの走行が多くて購入直後の昨年の夏前後には見られなかった症状です。
冬場に結露したものがオイルに混ざるという現象だということは分かるのですが、他の軽自動車でもよくあるものなのでしょうか?
冷却水のリザーバータンクにはオイル混入などは無く、フィラーキャップもしっかりと締まっています。(レベルゲージには付着しない)
このような状態で十分な潤滑がされるものかどうか・・・

Aベストアンサー

こんにちは、現役引退の元整備士です。
片道6~8kmの走行ですと、特に冬場には軽に限らず普通車でも乳化発生が懸念される距離ではありますね。
私も現役時代に普通車(1800cc)ではありますが、片道5~6kmの距離の通勤でオイルフィラーキャップ裏側が乳化、息子は現在1600cc車で片道4~5km通勤で乳化発生しています。
ただし、寒冷地在住ですので外気温はかなり低いですが・・・今頃の通勤時間帯は氷点下5℃程度です。

以前のH32Vでは発生がなく、H42Vになってから発生とのことですが、エンジン形式が異なりますので単純には比較出来ないとは考えます。
*H32Vは4気筒のたしかキャブレター車、H42Vは3気筒のインジェクション車、新車当時の排気ガス規制基準も異なっていると思われます。

現在は、フィラーキャップ裏側だけでレベルゲージに付着したオイルには乳化が見られないのでしたら、乳化の初期段階でオイル全体は白濁した訳ではないでしょうから、オイル交換やフラッシングまでは必要ないと考えます。
また、フラッシングやオイル交換をしても、同じ条件下(外気温や湿度によりますが・・)では、また発生してしまう可能性も大でしょう。

私の車のときの乳化、息子の車の乳化も、フィラーキャップに付着した程度でしたのでオイル交換などはせず、そのかわりに一週間に一度程度は乳化が見られなくなるまで、ちょっと長めの走行(仕事帰りに回り道やちょっとしたドライブ:15~20km程度)をして完全暖機(エンジン全体の温度を十分に上げて結露で発生した水分やオイル内の水分を完全に飛ばしてしまう)をしていました。
私はこれが一番効果的ではないかと考えています。(短距離走行繰り返し時のバッテリー消耗の充電にも効果的ですよね)

そういう具合で7~8年は使っていましたが、エンジンには何ら問題はなかったですね。
今も息子には、週一はちょっと長めに走行するように勧めています。
ちなみにオイル交換は約1万キロまたは年1度程度の間隔で実施していました。

こんな具合で良いと思うのですが・・・・ご参考になれば幸いです。

こんにちは、現役引退の元整備士です。
片道6~8kmの走行ですと、特に冬場には軽に限らず普通車でも乳化発生が懸念される距離ではありますね。
私も現役時代に普通車(1800cc)ではありますが、片道5~6kmの距離の通勤でオイルフィラーキャップ裏側が乳化、息子は現在1600cc車で片道4~5km通勤で乳化発生しています。
ただし、寒冷地在住ですので外気温はかなり低いですが・・・今頃の通勤時間帯は氷点下5℃程度です。

以前のH32Vでは発生がなく、H42Vになってから発生とのことですが...続きを読む

Q新車購入後初のエンジンオイル・オイルフィルター交換

新車を購入して最初のエンジンオイル交換はいつが良いのか、疑問に思い自動車会社の説明を見てみました。(この掲示板の過去の回答も少し見てみました)
トヨタ、ホンダ、日産の「定期点検(メンテナンス)パック」を見たところ三社とも同じでした。

  新車購入半年後に初めてのオイル交換、1年後にオイル交換とオイルフィルター交換

質問1、三社ともこのように書いてあるということは、最初の一ヶ月点検とか1000km走った時点でオイル交換やオイルフィルター交換をすることは全く無意味のことなのでしょうか?

質問2、一ヶ月点検でも交換した方が自動車販売会社の利益にもなると思うのですが、販売会社はそれを勧めないのはなぜなのでしょう?
 一ヶ月点検のオイル交換はしない方が良い(オイルがなじんでくる頃だから)と書いてある記事をネットで見かけたのですが、何か関係があるのでしょうか?

質問3、新車を購入したらすぐ高速道路で長距離走って慣らした方が良いという人と、それやると良くない(よくない癖がつく?)という人がいるのですが、どうなのでしょうか?

Aベストアンサー

機械の可動部分は、心円加工しても、組みあわせにより相性が有ります。
必ずどこかが若干でも当たり擦れます。これが慣らしが必要という由縁です。
30年前とかと比較して 現在は、かなりの機械加工制動がUP措定ますので 昔のように 大きなこすれやバリは、出ません が やはり 当たりは出ます 細かい摩耗粉も エンジンオイルに混ざります。

自分は、慣らし運転をし500km 1000km3000kmと オイル交換をしちゃう派ですが。
ここ数年の車のエンジンには、添加剤が添加されているようで 1000kmでオイル交換はしない!とディーラーは、強く言います。
初期慣らし 当たり取りの馴染ませに モリブデン等の添加剤を入れてるようです。
新車初の オイル交換で オイルを抜き びっくりしました。 ディーラーに確認したら 曖昧な返事で
はっきり 何を入れているかは答えてくれませんでした。

ホンダN-ONEも 3000km交換で良いと強くディーラーは、言ってます。

なので 最近の新車は、気持ち注意して ぶん回さないような慣らしを500~1000km程度して
1カ月or1000km点検では、点検のみで 3000~5000km走行か 6か月点検時に 1回目のオイル交換をすれば良いでしょう。
エレメントは、交換したければ交換しましょう。交換しなくても 目詰まりは大丈夫ですが 精神的に落ち着かない方は、交換です。
次の オイル交換は 5000km以内 か半年 距離乗らなくても1年で交換したほうが安心です。
劣化したオイルを使用し続ければ 酸化劣化が進み エンジンに悪影響がジワジワ出ます。
直ぐに壊れる 動かなくなる事はなく、徐々にです。

慣らし運転による エンジンの個性形成は、キャブ時代の話です。
300km走行位まで 優しく穏やかに 3000rpm以下
~500km走行で 少し 中速回転を使う たまに 4000rpm
500km走行超えたら 高速や 自動車専用道路で 少し加速をさせておく まあ5000rpmを少し

今どきの車は、慣らししなくても 大きな差は出ません
慣らしの仕上がりによる差より エンジンの組み立ての個体差の方が大きいです 特に トヨタ車の 調子悪い 燃費も悪いようなエンジンはこの組み立ての差だと思ってます。同じ車エンジンでこんなに差が有るの?と
会社の社有車のカルディナで 体験してます。

※初期の慣らしや オイル交換は、やり直しがききません 精神的に気にする人 拘る人は、やって損は有りません 人の話を 鵜呑みにして 後で後悔 やっておけばよかったと 悔やむより やっちゃったほうが
すっきりします。
但し 先に記載した通り 新車のエンジンオイルには、新車充填の添加剤が充填されている様なので 3000km程度は、 オイル交換せず 使い続けた方が良いですよ。

エンジンオイルには、相性が有ります 価格が高くても 合わないエンジンには、合いません 金の無駄
 自分の車のエンジンに合う 妥当な価格のエンジンオイルを見つけ 
軽とターボ車なら 3~5000km毎交換
小型車なら    5~8000km毎交換で 長く 快調なエンジンを作り出し 維持できると考えております。

機械の可動部分は、心円加工しても、組みあわせにより相性が有ります。
必ずどこかが若干でも当たり擦れます。これが慣らしが必要という由縁です。
30年前とかと比較して 現在は、かなりの機械加工制動がUP措定ますので 昔のように 大きなこすれやバリは、出ません が やはり 当たりは出ます 細かい摩耗粉も エンジンオイルに混ざります。

自分は、慣らし運転をし500km 1000km3000kmと オイル交換をしちゃう派ですが。
ここ数年の車のエンジンには、添加剤が添加されているようで ...続きを読む


人気Q&Aランキング