中華麺の茹で汁は なぜアルカリ性なのか?
また、そのことによって麺にどのような変化があるんでしょーか??
知ってるかたがいらっしゃいましたら
是非!教えてください!!
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

中華麺の茹で汁はアルカリ性


   じゃなくて
中華麺がアルカリ性、だから 茹で汁がアルカリ性

ではないのかな?

うどん、そば、そうめん、パスタ 等々の麺類と違い
中華麺には潅水(字はこれで良かったかな?)を使うことで
中華麺独特の色とこしと味が出たはずです

その潅水ってのがアルカリ性だったと思うのですが。
    • good
    • 0

 かん水は、主成分・炭酸ナトリウムだったとおもいます。

(潅水は畑の水撒きですね)
 灰汁も、ナトリウムイオンやカリウムイオンが多くてアルカリ性になります。

asucaさんたちの言われるように、コシを出すのに使われます。(以前「買ってはいけない」で添加物として健康によくないようなことが書かれましたが、麺の中の炭酸ナトリウムの量で問題があるとは思えないのですが。)
 色付けは目的でなく、結果として黄色くなるのでしょう。
    • good
    • 0

中華麺に含まれるかん水などのためですね。


中華麺を作るとき小麦粉の中のグルテンと作用して独特のしこしこ感やもちもち感を出してやるためです。
地方によってはかん水の代わりに「灰汁」を使う場合もありますが同じ理由からです。

茹でたときにその成分が溶けだしてアルカリ性になるのでしょう。
    • good
    • 0

以下の参考URLサイトに関連質問の回答があります。


この中で#3で紹介したサイトも参照してください。

ご参考まで。

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=72008
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qスペイン語でちぇえーーーってあれなんですか?

スペイン語をしゃべる人が語尾によくつけている
ちぇええー っていうのは「---じゃーーん」「--やねーん」みたいなものですか?

Aベストアンサー

分かりました。チェ(che)だと思います。

Cheはアルゼンチンを中心に周辺諸国でも使われる間投詞ですが上品なものではありません。「友達」を意味する先住民の言葉といわれてます。

キューバ革命で名を上げたアルゼンチン出身のゲバラは愛情を込めて仲間から「チェ・ゲバラ」と呼ばれました。彼の口癖チェがキューバ人の印象に残ったからでしょう。
チェはこの場合、アルゼンチン人を意味しています。

チェは会話の始め、終りともに使われますが、英語のlook,heyと同じように人の注意を喚起する時に使うのが一般的です。改まった席、親しくない人には使いません。

Q問題では反時計周りのモーメントを求めよと書いてありますが反時計周りのモーメントを求めよって言われたら

問題では反時計周りのモーメントを求めよと書いてありますが反時計周りのモーメントを求めよって言われたら反時計周りを+にしてかんがえるのですか?また時計回りのモーメントを求めよと言われた場合と答え同じじゃないですか?

Aベストアンサー

>反時計周りのモーメントを求めよって言われたら反時計周りを+にしてかんがえるのですか?

どちらがプラスでもよいです。統一さえすれば。
その場合は、時計回りは「マイナス」になります。

つまり、点A(直方体の左下の角)を中心にすると
 N, mgsinθ :直方体を左方向(反時計回り)に回転させようとする力
       →プラス
 mgcosθ :直方体を右方向(時計回り)に回転させようとする力
       →マイナス
になります。

Q温度変化による寸法変化について・・・

筒状の物の内径寸法を測りたいのですが、温度変化による寸法変化をどう考えればよいのでしょうか?材質は真鍮なので線膨張係数は 0.000019/℃ ですよね(?)。基準内径をφ3mmとすると 0.000057mm/℃ 変化すると考えてよいのでしょうか?また温度が上がると内径は大きくなるのでしょうか?ちなみに、温度は22℃~28℃くらいです。

Aベストアンサー

穴/孔があいている物体の熱膨張で、穴/孔が大きくなるか小さくなるかは一瞬戸惑うところですが、「穴/孔は温度上昇とともに大きくなる」が正解です。お話の筒状の物体の場合ですと「外形も内径も温度が上がれば大きくなる」ということになります。「熱膨張では全体が一様に大きくなる」と考えれば納得頂けるかと思います。

寸法の変化ΔLは、着目している寸法L×線膨張係数α×温度変化ΔTで求められます。
寸法の温度変化率なら「着目している寸法L×線膨張係数α」ですから、基準内径の温度変化率はお考えの通りで大丈夫です。

真鍮/黄銅の線膨張率の値はおっしゃる通り、大体0.000019/℃(あるいは、19×10^(-6) [1/℃])です。ただし、ご承知のように真鍮は銅と亜鉛の合金ですので、銅と亜鉛の組成比によって線膨張係数は多少異なります[1]。また純物質であっても線膨張係数は温度域によって多少変化することもあり、線膨張係数の有効数字2桁目はそれほど厳密なものではないと理解しておいたほうがよいです。

[1] 合金の熱的性質
http://www.a1s.co.jp/thermal/db/prop_arr.htm

参考URL:http://www.a1s.co.jp/thermal/db/prop_arr.htm

穴/孔があいている物体の熱膨張で、穴/孔が大きくなるか小さくなるかは一瞬戸惑うところですが、「穴/孔は温度上昇とともに大きくなる」が正解です。お話の筒状の物体の場合ですと「外形も内径も温度が上がれば大きくなる」ということになります。「熱膨張では全体が一様に大きくなる」と考えれば納得頂けるかと思います。

寸法の変化ΔLは、着目している寸法L×線膨張係数α×温度変化ΔTで求められます。
寸法の温度変化率なら「着目している寸法L×線膨張係数α」ですから、基準内径の温度変化率はお考えの通りで...続きを読む

Q動作点が変化するとSパラメータが変化するのはなぜ?

高周波の勉強をしているものです。
本を読んでいるとトランジスタのSパラメータが動作点の変化(コレクタ電流の変化)により大きく変化するということが書いてありました。
その理由がいまいちよくわかりません。
お分かりのかた、どうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

あまり詳しくないのですが、ヒントにでもなれば。
Sパラメータは高周波域でのトランジスタの4端子定数ですね。
トランジスタの動作点が変わると言うことは外部から見たトランジスタのインピーダンスが変わることを意味します。このため、Sパラメータが変わると思います。
Sパラメータのちょっとひねった解説がありました。参考までに。

参考URL:http://www.melinc.co.jp/TraMatch2.html

Qすっぱいのでもアルカリ性?

「すっぱい」のは酸性だと解釈してたのです。しかし、梅はすっぱいのに
「アルカリ性」だと聞いたことがあります。梅はすっぱいから酸性だと思ってたのですが本当にアルカリ性なのですか?

Aベストアンサー

> 梅はすっぱいのに「アルカリ性」だと聞いたことがあります。

私も、No.1の方と同様、アルカリ食品のことだと思います。

この場合の「酸性/アルカリ」は、食品そのままの形ではなく、体内に摂取された
後のpHを想定したものになっています。

・・・改めて調べてみるまで、私も下記wikiの「古典的な方法」の方しか
知らなかったのですが(汗)
「分類方法」の項を参照下さい:
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%85%B8%E6%80%A7%E9%A3%9F%E5%93%81%E3%81%A8%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%82%AB%E3%83%AA%E6%80%A7%E9%A3%9F%E5%93%81#.E5.88.86.E9.A1.9E.E6.96.B9.E6.B3.95


人気Q&Aランキング

おすすめ情報