HIDについて質問します。

先日まで、35WのHIDを使っていましたが、バラスト不良で
55WのHIDに交換しました。

しかし、55W用のバーナーの配光が今一なので、35Wのバーナーが使えれば
バーナーだけ戻したいと思います。

バラスト55W、バーナー35W用で使用した場合、不具合はありますか?

ご回答頂けますと幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

バラスト=安定器。


蛍光灯にもついています。
放電灯は放電開始までは抵抗は無限大です(線がつながっていません)。
高圧パルスで放電すると気体がイオン化?して継続して放電を始めます、放電を始め温度が高くなると抵抗が減少します(ニクロム線やフィラメント等は温度があがると抵抗が増加します)=負性抵抗。
したがって、点灯後電流が流れすぎるのを抑制するのがバラストです。
>バラスト55W、バーナー35W用で使用した場合
フィラメントで35wなら、フィラメント自体35w相当の抵抗があり、電流を自ら制限します。
放電灯は負性抵抗のため35W規格でも抵抗は35W相当より低くなります、したがってバラストで35W相当の電流に制限するところ55Wのバラストでは、過電流が流れます。
結果 破壊? 光量アップ 短寿命等が考えられます。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

駄目だと言う皆様の意見、参考になりました。

暫くそのまま使い、別な方法を検討したいと思います。

お礼日時:2012/07/07 00:48

ダメです。


 
HIDのような放電を利用したランプでは放電開始前と放電開始後で大きなインピーダンスの変化がおこります。バラストはこの大きなインピーダンスの変化に伴う電流の変化を吸収し過電流が流れないように制限するためのものです。従って35Wのバーナーに対して50Wのバラストを使うと50Wの電力に相当するだけの電流が流れてしまい、バーナーに過電流が流れてしまうのでバーナーの寿命を縮める原因になるでしょう。

ちなみにインピーダンスとは電気抵抗の一種で単純な抵抗とは異なり加えられる電圧の状況により変化する場合の呼び名です。従って記号は普通の抵抗と同じで「Ω」を使います。今回のような放電灯では放電開始後と前では非常に大きな変化が生じるため、いい加減なものを選択するとバーナーだけでなくイグナイターまで破損する可能性があります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

駄目だと言う皆様の意見、参考になりました。

暫くそのまま使い、別な方法を検討したいと思います。

お礼日時:2012/07/07 00:19

バナー点灯初期(コールドスタート)時に光束を安定させるために「光束立ち上げ促進制御」という機能がバラストには有ります。


35Wのバラストであれば、一時的に70Wまで電力を掛けています。
言い換えれば35Wバーナーであれば70Wまでは耐えられる構造になっていると言えます。
さて、ここで問題は55Wのバラストの「光束立ち上げ促進制御」の仕様がどうなっているかという事です。70Wで制御されているのであればさしあたって35Wバーナーでも問題ないと思われます(寿命は短くなりそうですが)もし、110Wで制御されているのであればバーナーの耐久性に不安が出てきます。
コールドスタート時に切れてしまう可能性も考えられます。
ちなみに35Wバーナーに55Wを供給した場合、バーナーの種類にもよりますが、光束は倍近くになるようです。対向車への配慮が必要ですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

駄目だと言う皆様の意見、参考になりました。

暫くそのまま使い、別な方法を検討したいと思います。

お礼日時:2012/07/07 00:19

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QHIDのバラストとバーナーについて

実際に試してみた方からの、ご回答をお願い致します。(理論的な推測等はご遠慮ください)
35Wのバラストに、それ以上のワット数のバーナー(55W等)を使用した場合のどのような結果になったか、ご教示をお願い致します。

Aベストアンサー

私が実験したのではありませんが、こんなページを見つけたので紹介します。

http://www.geocities.jp/hid55w/35w55w.html

参考URL:http://www.geocities.jp/hid55w/35w55w.html

QHIDヘッドライトのバーナーとバラストの組み合わせ

たとえば、よくある35Wタイプと55Wタイプで、組み合わせると、
1.バラスト55W+バーナー55W
2.バラスト55W+バーナー35W
3.バラスト35W+バーナー55W
4.バラスト35W+バーナー35W の4種類です。

1と4は当たり前の組み合わせで、3は定格以上の電流が流れるので当然ダメ、
問題は2の場合です。

当然明るさは35Wとなりますが、4と比べて、電源の安定度が上がるように思うのです。
バラストの設計電力が大きい分、余裕を持って駆動できるはずなので、そう思ったしだいです。
この考えは間違っていますか?
2と4では何か違い、不都合がありますか?
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

HIDに限りません、放電灯の特徴の一つ、負性抵抗。
フィラメント等の金属は温度が上がると抵抗も大きくなります、放電灯は点灯前の抵抗が最大で、点灯後急激に抵抗が小さくなります、だからバラストが必要なのです。
蛍光灯にも安定器と称するバラストが付いています。
バラストの役目は電流を制限することです、実際のバラストには定格の電源発生回路、点灯開始用の超高圧パルス発生回路が同時に組み込まれています。
例 定格電圧100Vに例えると。
55Wバラストは0.55Aに電流を制限します、35Wバラストは0.35Aに制限します。
2の場合、35W(定格0.35A)、のところ0.55Aまでは電流制限しません。
即破壊することはなくても、過電流となり、明るさは倍増するとともに、高熱を発生、当然寿命は短くなります。
オームの法則では、電圧・電流・抵抗がそれぞれ単独で変化することはありません、どれか一つの値を変えると、他のいずれかの値が必ず変わります。
>当然明るさは35Wとなりますが、4と比べて、電源の安定度が上がるように思うのです
消費電力は55Wになります(バラストで電流制限されそれ以上になりません)、フィラメント等負性抵抗でない物なら自身の抵抗で電流を制限しますが、負性抵抗は温度が上がればどんどん抵抗が低くなり、どんどん電流が大きくなります、だからバラストが必要なのです。

HIDに限りません、放電灯の特徴の一つ、負性抵抗。
フィラメント等の金属は温度が上がると抵抗も大きくなります、放電灯は点灯前の抵抗が最大で、点灯後急激に抵抗が小さくなります、だからバラストが必要なのです。
蛍光灯にも安定器と称するバラストが付いています。
バラストの役目は電流を制限することです、実際のバラストには定格の電源発生回路、点灯開始用の超高圧パルス発生回路が同時に組み込まれています。
例 定格電圧100Vに例えると。
55Wバラストは0.55Aに電流を制限します、35Wバラス...続きを読む

QHIDバラストとバーナーの関係について

製品には悪いのは分かりますが、
70Wのバラストに55Wのバーナーを付けた場合どうなりますか?
最悪、破損するのでしょうか?
どなたか、教えていただけたら助かります

Aベストアンサー

NO3、訂正します。
バラストの電流制御の方法については詳しくありません。
いずれにしても、負荷(バーナー)に過電流が流れるのを防止します。
したがって、70W本来の性能が発揮できないか、またはバラストに定格以上の電流が流れていずれ破損するかは相違ないと思います。
どちらにしても良い結果は期待できません。

QHIDのワット数を35Wから50Wにした場合に、ほかのサイトで見たとこ

HIDのワット数を35Wから50Wにした場合に、ほかのサイトで見たところ例えば35Wの8000Kを50Wにすると同じ8000Kでも実質6000Kくらいのケルビンに下がるとの事を見たのですがほんとなのでしょうか?

もしそうだとすると、50Wの6000Kだと実質4500K前後になるってことでしょうか?

詳しい方いらしゃいましたらアドバイスお願いいたします。

Aベストアンサー

この色の変化っていうのは「そういう傾向がある」ってだけで、
実際どうなるかはそのHIDによるんですよ。

ものすごく色が変わるものから、ほとんど変わらないようなのまで千差万別です。

ただ、ひとつ言えるのは色が変化する場合、
ワット数が高いほど色味の差が減り(白っぽくなる)、
低いほど色味の差が出やすくなるってことは共通してる程度ですね。

QHIDのバラストは、手で触れないほど発熱するものなのですか?

HIDのバラストは、手で触れないほど発熱するものなのですか?

HIDのバラストは、手で触れないほど発熱するものなのでしょうか。
海外製の製品の話です。
例えば、仕様で、
 V in 9-16v 。
 V normal 13.2v
 I normal 3.2A
 P out 35W normal
 T case -40℃~+105℃ などと表記があります。
 最後のケースの前のTは何のTか分かりませんが、
 バラストの仕様ですから、バラストケースの温度のことですよね。
 105℃ってっっ 金属部に取付をしたとしても、
 ちゃんと放熱ができるか、コードなど触れて被服が解けたりしないのか…など
 いろいろ不安があります。

 高価なPIAAのHIDの件で、メーカーに聞いたところ、
 そんな手で持てないほど発熱しない、ほんのりと言われました。

 ますます不安に… かといって高価な物は買うつもりないですし。

Aベストアンサー

はじめまして。
自分で安価な海外製のHIDを取り付けました。
基本的に店に持ち込みで取り付けると工賃が高いんで…

バラストはそんなに高温になりません。
105℃までの高温になったとしたら…
エンジンルーム内が悲惨なことに。。。

安価な物は、すぐにバラストが壊れると言ったらウソになりますが、
当たり外れが多いですね。。。
で…海外の安価なHIDセットだとバラストのみでは売っていないので
HIDセットの再購入になります。

自分の場合は、1回買い換えました。(1年位で)
15000円程度のHIDセット×2なので高価なHIDよりは
安く済んでいます…今のところ(現在のHIDは3年ほど持っています)。。。

その辺を心していれば安価なHIDでもOKかと思います。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報