マンガでよめる痔のこと・薬のこと

 I would appreciate it if you could write me as soon as possible.
 訳:できるだけ早くに返事を頂けると嬉しいのですが
という依頼の英文に関しまして
この場合itはif節を指し、appreciateの目的語となっている事はわかるのですが、ifの用法として名詞節では"~かどうか"の意味、副詞節では"~ならば"といった意味を表すと辞書には書いてあります。
 従って、この例文に関してはif節はappreciateの目的語となっているため名詞節として訳すことが正しいと思ったのですが
 しかしながら、訳ではどうも名詞節ではなく副詞節の用法で訳しているように思えます。
 形式目的語のitは副詞節をあたかも名詞節のように扱わせるような役割を持っているということでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

I found it difficult to read this book.


こういう普通の形式目的語と同等には考えられません。

appreciate it の it は状況の it 的なもので,その状況というのが
if 以下「~してくれたら」です。

「もし~してくれたら,その場合には」という状況を it は表しています。

だから,it は if 以下を表す,的に理解してかまわないのですが,
it という代名詞=名詞的な名詞節,
という杓子定規的にとらえるだけでは割り切れないのです。

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/5634150.html

ここで like it there や like it when ~
について説明しています。

appreciate の場合,appreciate your writing ~とすることもできますが,
could によってていねいさを出そうと思うと,
appreciate it if ~とするのがふさわしいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、参考になりました! ありがとうございました。

お礼日時:2012/08/16 06:35

このifは決して名詞節にはなりません。

それは文型から説明がつきます

I   would appreciate it   if you could write me as soon as possible.
S    V       O

appreciateはSVO文型をとって、これで文型は終わりです。それ以下はMです。
M→修飾語(形容詞か副詞か)ですが、ifは形容詞節はとれませんから副詞節。
ifの訳は形容詞か副詞かで決まるというのは質問者様もご存知のように、副詞節だから「もし」と約します。

if節がappreciateの目的語になっていると考えるならばappreciateはSVOO文型をとりますが、appreciateにその用法はありません。意味的にもおかしいですし。したがってif節は必ず副詞で「もし」です。

また形式目的語と考えてもおかしいです。形式目的語は名詞節で使うと重たいから一旦itでおいて後ろにその内容をおく、というものですがitの直後においてしまっては本末転倒です。
SVOO(C)のはじめのOがitになることがありますがもともとこの文はSVOO(C)構文をとっていないため誤りです。itの後ろに必ずなにかあるはずなのにない、ということです。

上のような考えはちょっとむずかしいですがVを中心にまとめることができるかどうか、ということです。大切なのは文型です。SVOO(C)をとる動詞は少ないですからおさえましょう。
    • good
    • 0

itでif文をさすという考え方は文法上行われません。



if文はあくまで条件を表す副詞節です。

内容的にはitはif文の内容を受けていますが、「もし...ならば」それは

大変ありがたいということで名詞としての用法ではありません。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QI like it there. の「it」と「there」の意味するもの

こんな会話があったとします。

A: Have you been to Hawaii?
B: Yeah, I like it there!

I like it there. は「そこが気に入ってるんだ」となりますが、
「it」と「there」のどちらが「ハワイ」を意味してるのでしょうか?

「I like it.」か「I like there.」でも結局は「ハワイが気に入ってる」という事になると思うのですがどうなんでしょう?
口語的な言い方なのでしょうか。

解説お願いしますm(__)m

Aベストアンサー

おそらく I like it でも言いたいことは伝わるはず。なぜならこの会話の流れでは代名詞で受けうるのは Hawaii 以外に考えられないからです。

ここで大事なのは I like it というのが「気に入ってるんだ」という意味しか表さない、相手に伝えないということ。では I like ではダメかと言うとやはりダメとしか言えません。

文法を第一に考える人は「like は他動詞だから」というかもしれませんが、そういうことは長い間の慣用の間に決まることで、英語話者からすれば like の後ろに「物事」や「人」がないのは何とも気持ちが悪いということです。つまり it は動詞の後という場所(文法的には目的語の位置)を埋めて文を ”気持ち悪くなくする” 働きがむしろ大きいと言えます。

では I like there はどうかと言えば、言いたいことは分かるかもしれないがやはり何となく居心地が悪い。#2の方の挙げる leave there のような場合なら leave は動きを表す言葉で、 there は場所を表す言葉。“動きと場所” なら組み合わせが悪くないので充分正しい表現として根付きました。これを文法的には「leave は他動詞だから目的語が必要。目的語になるのは名詞なので there は代名詞」となりますがこれも後付けの説明。(*ここで日本語話者にはなじみにくいことを一つ。日本語では場所を表す言葉の多くは名詞として機能します。だから「そこが」とか「ここを」のように主語や目的語になることに違和感がありません。しかし英語では場所を表す言葉は、文法的に、副詞です。これは決して文法で感じているのではなく、主語や目的語として使うには何となく使いにくい。leave there のような限られた場合だけしか使えない、と感じているということです。主語や目的語という、動詞と直に結びつく使い方になじまない。しかし直に結びつかず状況を説明するのには使えるもの、それを文法では副詞と呼んでいるのです。)

そういうことで、I like it「気に入ってるんだ」、there「そこ」、合わせて

I like it there.「気に入ってるんだそこ」→「そこが気に入っている」

it は Hawaii を受けていると初めに書きましたが、it はアクセントを持たない弱い語なので聞き手にしてみれば「何かが好きなんだな。とりあえず人ではないな」くらいしか伝わりません。でもそれで充分です。文脈から「ハワイが好きなんだな」ということは推し量れます。それでもそのあとに there という場所の言葉を付け加えればこれはもう Hawaii としか言えない。文法的つながりうんぬんの前に「気に入ってるんだ、そこ」で充分に伝わります。

it は結構ないがしろにされていますが、奥の深い単語です。it は決して「それ」と同じではない(つまり指示語ではない)ことを理解するのは不可欠なのです。

おそらく I like it でも言いたいことは伝わるはず。なぜならこの会話の流れでは代名詞で受けうるのは Hawaii 以外に考えられないからです。

ここで大事なのは I like it というのが「気に入ってるんだ」という意味しか表さない、相手に伝えないということ。では I like ではダメかと言うとやはりダメとしか言えません。

文法を第一に考える人は「like は他動詞だから」というかもしれませんが、そういうことは長い間の慣用の間に決まることで、英語話者からすれば like の後ろに「物事」や「人」がないのは...続きを読む

Qi would appreciate it~の文章についておしえてください

I would appreciate it if you yould inform me of results by noon tomorrow.
明日までに結果を教えてもあえるとありがたいです、と、いうとき
どうして、
I would appreciate if you,,,ではだめなのでしょうか?

たとえば,以下の文章が文法的に定かではさだかではないのですが
I'm glad If you come to my house.
遊びに来てくれたら嬉しいな
というときに
I'm glad it if you,,とはいわないとおもいます。
だから
上の文章も
I would appreciate if you,,,と、いうかんじで
itをすっとばしてはだめなのでしょうか?
おかしな質問かもしれませんが、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

アメリカに38年住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。

面白い現象だと思いますよ、私も。

まず結論です。

どちらも使います。 大きな問題ではないと感じます。 ただ、会話にitを入れる人のほうが多いのではないかと思います。

さて何故itを入れるか、ですね。

これは文章を変えることで理解できると思います。

If you inform me of results by noon tomorrow. I would appreciate it.と言う表現だったらitがほしいのはお分かりですね。 つまりそれをやってくれること、がitですね。

そしてこれを元に戻すと、 I would appreciate it, if you inform me of results by noon tomorrow.になりますね。 ここにもitがありますね。 しかし、itの後にカンマがあるのに気がつきましたか?

さて、これを口で言う時にはどうでしょうか。 I would appreciate itカンマif you would inform me of results by noon tomorrow.と言いますか? 言いませんよね。

言わないからカンマをつけなくなったという例はたくさんあります。 I like that, too.がI like that too。なんかがその例ですね。

I appreciate if you wouldは単なる文章ですね。 だから使われるのです。

これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。

アメリカに38年住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。

面白い現象だと思いますよ、私も。

まず結論です。

どちらも使います。 大きな問題ではないと感じます。 ただ、会話にitを入れる人のほうが多いのではないかと思います。

さて何故itを入れるか、ですね。

これは文章を変えることで理解できると思います。

If you inform me of results by noon tomorrow. I would appreciate it.と言う表現だったらitがほしいのはお分かりですね。 つまりそれをやってくれること、がitです...続きを読む

Q前置詞句は補語になってはならないのでしょうか

私は以前、東大の英文科出身の方から、
「”前置詞+前置詞の目的語”という前置詞句は形容詞句もしくは副詞句として働く。但し、形容詞句となった場合は名詞を修飾する働きはあるが文の要素である補語(c)となることはできない。」
と習いました。
その後、知人から
「 He is in Japan. や He is from Japan.のような文は、前置詞句は補語でも副詞句でもどちらでも解釈できる」
との話を聞きました。
私も人のことは言えないのですが、この知人はTOEICでスコア600も取れないほど英語が出来ないので、どうしても東大の英文科出身の方の言葉が正しいのではないかと考えております。
しかし現在、英語が出来ないなりにその後も長年英語を勉強し続けた結果、知人の言うように前置詞句は補語としても働くと考えたほうが気分的にスッキリすると感じるようなことがかなりあります。とはいえ、私にとっては権威とも思える東大の英文科出身の方の言葉が常に頭をよぎり、前置詞句を補語と解釈するのは誤りであるのではないかと不安になります。
「前置詞句は補語になってはならない」というルールは間違いないのでしょうか。前置詞句が補語になるという説がある場合、可能でしたら権威には権威ということで、前置詞句が補語になる場合のことを説明した本を読めば安心できますので、そのような本をご存知でしたらあわせて教えていただきたいと思います。

私は以前、東大の英文科出身の方から、
「”前置詞+前置詞の目的語”という前置詞句は形容詞句もしくは副詞句として働く。但し、形容詞句となった場合は名詞を修飾する働きはあるが文の要素である補語(c)となることはできない。」
と習いました。
その後、知人から
「 He is in Japan. や He is from Japan.のような文は、前置詞句は補語でも副詞句でもどちらでも解釈できる」
との話を聞きました。
私も人のことは言えないのですが、この知人はTOEICでスコア600も取れないほど英語が出来ないので、...続きを読む

Aベストアンサー

 実は,同じような質問はたびたびあり,私も何度か回答しています。「前置詞 補語」などで,このカテ内で検索すればいくつか見つかると思います。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2041237.html
 ここでも述べていますが,He is in Japan. の場合,He is だけでは文意が通らず,in Japan というのは文に不可欠であり,修飾語というよりも,補語と考えてもいいのではないでしょうか。
 
 ただ,辞書をよく引いている人なら気がつくと思いますが,自動詞のなかには,修飾語が不可欠なものがあり,「不可欠」=補語,とは言い切れないという反論はあると思います。

 形容詞と副詞の線引きは難しく,同形のものもあれば,形容詞 high に対して,副詞 high, highly のように2つの副詞があったりします。
 また,be 動詞の補語になる副詞というのもあるのです。The flowers are out.「花が咲いている」,He is in.「彼は在宅している」,School is over.「学校が終わった」などがそうなのですが,辞書によってはこの out, in, over は形容詞に扱われています。

 「形容詞」「副詞」「補語」の定義や,be 動詞の扱いによって,意見は異なると思います。

 実は,同じような質問はたびたびあり,私も何度か回答しています。「前置詞 補語」などで,このカテ内で検索すればいくつか見つかると思います。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2041237.html
 ここでも述べていますが,He is in Japan. の場合,He is だけでは文意が通らず,in Japan というのは文に不可欠であり,修飾語というよりも,補語と考えてもいいのではないでしょうか。
 
 ただ,辞書をよく引いている人なら気がつくと思いますが,自動詞のなかには,修飾語が不可欠なものがあり,「不可欠」=...続きを読む

Q前置詞+関係代名詞+to不定詞について

いつもお世話になっています。

以下の文についてお教え頂けないでしょうか。
This is an ideal enviroument in which to raise a family.
A cup is a container from which to drink tea.

(1)関係代名詞以降の文を文法的にどう考えたらよろしいのでしょうか?
 このような前置詞+関係代名詞+to不定詞は初めてお目にかかりました。
 従いまして、関係代名詞以降をどのように理解したらよいものでしょうか?

(2)to不定詞を使用しない文に書き変えることは可能でしょうか?


(2)このような前置詞+関係代名詞+to不定詞は頻用されているのでしょうか?

何卒宜しくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

私はここで数十回はこのパターンについて答えています。
それだけの頻度で使われてはいますが、普通に用いられるものでなく、
かための英語です。

この構造は2通りの説明が可能です。
いずれにせよ、普通には関係代名詞を用いるなら、SV 構造が続くはず。
(主格なら関係代名詞自体が S となります)

だから、不定詞を用いずに書き換えれば

enviroument in which YOU CAN/SHOULD raise a family
のように、主語を補い、かつ、動詞の前に can か should のような助動詞がつく意味合いです。
簡潔には助動を詞無視して、environment in which you raise a family と考えてもいいですが。

1つの説明はこのような SV の代わりに不定詞にした。
as if の後に本来なら SV がくるはずが、as if to 原形となることがある。
wh- SV という間接疑問文の代わりに wh- to 原形(how to swim や what to do など)
がある、ことと同じような変形と考える。

もう1つの考えは、which なく、不定詞の形容詞的用法を使えば
environment to raise a family in と in が最後に残るパターン。
この前ご質問になっていた something to write with のパターンです。
その時説明したように、自動詞だろうが他動詞だろうが、前置詞が残る。

この形容詞的用法で、前置詞 in を前置詞+関係代名詞の要領で前に持ってこようと思うと
environment in to raise a family となって、in と to のつながりが変になる。
そこで、関係代名詞を借りてきてワンクッション置く。

たぶん、前者の方が理解しやすいでしょう。

とにかく、普通には関係代名詞+ SV、あるいは不定詞の形容詞的用法、
どちらかとなるところをミックスしたような表現です。

前のご質問を見ていただければこのような英語ならかたいけど使われる、
という回答をしていると思います。

私はここで数十回はこのパターンについて答えています。
それだけの頻度で使われてはいますが、普通に用いられるものでなく、
かための英語です。

この構造は2通りの説明が可能です。
いずれにせよ、普通には関係代名詞を用いるなら、SV 構造が続くはず。
(主格なら関係代名詞自体が S となります)

だから、不定詞を用いずに書き換えれば

enviroument in which YOU CAN/SHOULD raise a family
のように、主語を補い、かつ、動詞の前に can か should のような助動詞がつく意味合いです。
簡潔には助動を詞無...続きを読む