マンガでよめる痔のこと・薬のこと

司馬遼太郎の「竜馬がゆく」の中に、
信夫左馬之助という新選組隊士がでてくるそうです。
私自身はもうだいぶ前にこの本を読んだので、覚えていないのですが、知人からそういわれました。
「これって実在の人物?」ときかれて、
「実在ではないと思うよ」と答えました。
そんな名前は記憶になかったので、おそらく架空の人物だと思ったのですが、後日「実在らしい」といわれました。

本当のところは、どうなのでしょうか?
お詳しい方、ご教授願います。

A 回答 (3件)

幹部隊士人名録


http://www.toshizo.com/name/index.html

こちらのサイトで見る限りは「信夫左馬之助」は見あたりませんでした。

「上田馬之助」 または 「荒木田左馬之助」 が近いように思うんですが、私は「竜馬がゆく」を読んでいないので何とも申し上げられません。

参考URL:http://www.toshizo.com/
    • good
    • 0

手元にある文献の中に存在はしていないようです。

#1の方が似た名前を出していますので参考までに・・
荒木田左馬之亮=長州。文三・九・二十六 長州の間者であることが露見。壬生屯所内で斬殺。
上田は江差で生け捕り。これしかわかりません。
    • good
    • 0

きっぱり実在せず。


創作人物です。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q司馬「竜馬がゆく」 架空の人物は?

司馬遼太郎氏の「竜馬がゆく」の中の登場人物で、架空の人物はどの人になりますか?

田鶴、藤兵衛が架空ということは知っています。
ほかには誰が架空の人物ですか?

Aベストアンサー

お冴・信夫左馬之介(しのぶ・さまのすけ..確かそう読んだはず)

第一巻に登場する、竜馬に仇討ちを依頼する、遊女(もとは武家の娘)とその仇です。

Q『竜馬がゆく』はラストまで面白いですか?

司馬遼太郎『竜馬がゆく』(文春文庫)を高く評価する人は多くいます。
アマゾンのブックレビューなどを見ても明らかです。
『竜馬がゆく』は司馬の代表作とも言って過言でない作品なので、途中途中に読み応えのあるクライマックスが用意されていることは容易に想像できます。

今まで司馬の作品は『国盗り物語』『燃えよ剣』『峠』『最後の将軍』『功名が辻』『世に棲む日日』を読んできました。
どの作品も読みどころがあり決してつまらない作品ではないのですが、大体の作品が主人公が最後ポックリ死んでおしまい(死の瞬間まで鮮やかに書いたのは『燃えよ剣』くらいではないでしょうか)と言う幕の引き方が、どうも自分と馴染みません。
「楽しませてくれたのに、最後それで終わりなの?」ってつっこみたくなります。
例えば北方謙三『水滸伝』などは死に際こそがクライマックスで、そこで読者を高ぶらせますが、司馬の作品にそのようなものは感じないのです。

この度、まとまった時間ができたので、これまで敬遠してきた『竜馬がゆく』でもそろそろ読んでみようかと思っています。
その『竜馬がゆく』、果たしてラストまで面白いのでしょうか?
司馬作品の傾向同様、近江屋で暗殺されてハイおしまいと言うようなラストなのでしょうか?
そういう作品でもあえて読むべきと言う価値のある作品なのでしょうか?
多少ネタバレになっても構わないので、「それでも『竜馬がゆく』は面白い」と言う方の話を聞いてみたいです。

よろしくお願いします。

司馬遼太郎『竜馬がゆく』(文春文庫)を高く評価する人は多くいます。
アマゾンのブックレビューなどを見ても明らかです。
『竜馬がゆく』は司馬の代表作とも言って過言でない作品なので、途中途中に読み応えのあるクライマックスが用意されていることは容易に想像できます。

今まで司馬の作品は『国盗り物語』『燃えよ剣』『峠』『最後の将軍』『功名が辻』『世に棲む日日』を読んできました。
どの作品も読みどころがあり決してつまらない作品ではないのですが、大体の作品が主人公が最後ポックリ死んで...続きを読む

Aベストアンサー

 『竜馬がゆく』のラストは近江屋での遭難シーンであっけないくらいスッパリと終わります。ただ、その死の事実を淡々と描写するのみで、誰によって殺されたかと言うことすら書いてありません。

 司馬遼太郎は死に何の意味も見いださない作家です。死ぬことによって何かを成そうとする人物を評価しませんし、常に生にこそ価値を見いだす作家です。ですから死の描写に過剰な筆を割くことも、死を美化することもありません。それは例え物語の主人公であっても同じです。例外的に過剰なまでに死の様子を描写する『殉死』は、言うまでもなく司馬遼太郎が口を極めて罵倒し抜いた乃木希典という人物の、死の無意味さをあげつらった作品です。
 司馬遼太郎にとって死とは生の幕引きでしか無く、クライマックスではありません。むしろクライマックスになることを徹頭徹尾否定します。その死で読者を昂ぶらせることを徹底的に拒否します。あくまでも生きて成すべき事こそを、何を成すために生きたのかと言う事をこそ描いています。ですから、その最期は淡泊すぎるほどあっさりと描き、それによって生の意味と死の無意味を強調するという手法を取っています。それは司馬遼太郎の作家としてのスタンスであり、矜恃であり、司馬作品のテーマを考えてみると、その手法は当然であり、必然であり、そして正解であると思います。
 ですから、少なくともそのラストの部分のみを取り出して、面白いかどうかとか、読む価値があるとかどうとかというようなレベルの話ではないと思います。

 このことは司馬遼太郎が実際に太平洋戦争に出征し、軍隊というものに触れ、死を身近なものとして認識し、死について深く考えたためであることは想像に難くありません。生き抜くことではなく、死それ自体を目的として強制した日本軍というものに対する嫌悪を生涯隠そうとしなかった作家でした。
 その辺が実際に出征したり、死を身近に感じたりしたことがない北方謙三などとの違いなのでしょう。そして戦争が遠い過去の話となり、身近にあった死が消えて久しい現在、死にドラマを求める読者が増えるのも必然なのかも知れませんね。

 その意味で『燃えよ剣』のラストは、少々演出が過剰かなという気がしています。実際には土方歳三は乱戦の中でいつの間にか流れ弾に当たって戦死し、正確な死に場所すら判明していないというのが現実です。しかし、その土方を描いた『燃えよ剣』ほどセンチメンタルなラストを迎える作品は他にはなく、やや異色な感じを与える作品になっています。個人的には司馬作品で最も好きな1作なのですが、そこにはやはり独特の異質感があるのは否定できないように思います。

 『竜馬がゆく』のラストは近江屋での遭難シーンであっけないくらいスッパリと終わります。ただ、その死の事実を淡々と描写するのみで、誰によって殺されたかと言うことすら書いてありません。

 司馬遼太郎は死に何の意味も見いださない作家です。死ぬことによって何かを成そうとする人物を評価しませんし、常に生にこそ価値を見いだす作家です。ですから死の描写に過剰な筆を割くことも、死を美化することもありません。それは例え物語の主人公であっても同じです。例外的に過剰なまでに死の様子を描写する...続きを読む

Q江戸時代、藩がどう分布していたかがわかりやすい日本地図を探しています。

たとえば、
今の山口県のあたりには長州藩があり、藩主は毛利家
ということが見てわかりやすい日本地図を探しています。
そのような地図がおいてあるサイトをご存知の方はいらっしゃいますか?

Aベストアンサー

江戸時代初期は大名の取り潰しが多かったので、いつの時代が必要なのか難しいですが、一応300藩と言うことで参考URLをご覧ください。
地方ごとに分かれています。

参考URL:http://www.asahi-net.or.jp/~me4k-skri/han/hantop.html

Q「幕府」と「朝廷」の違いを教えて

中学校1年生の子供からの質問なのですが、

・「幕府」と「朝廷」の違いが分からない。
・そもそも「幕府」って何?「朝廷」って何?

と言われました。
お恥ずかしながら的確に説明できません。
教科書には説明が載ってないし、「先生に聞いてみたら?」と言うと
「先生は授業が終わるとすぐに職員室に戻ってしまうし、あまり質問しやすい先生じゃないもん!o(;△;)o 」
とのこと・・・(´_`;)

どなたか教えていただけますか?
私も勉強したいです。よろしくお願いします。<(_ _;)>

Aベストアンサー

朝廷というのは天皇を頂点とした政府のことですが、ここが日本全国を完全に支配していたのはせいぜい平安時代までで、その後紆余曲折はありますが、鎌倉時代、室町時代、戦国時代(この時代は全国を支配した政権はありません)、安土桃山時代から江戸時代まで、ほとんどは武士が支配することになります。
ただ、ややこしいのは武士が支配していた時代でも一貫して朝廷は存在していたことです。幕府の長は征夷大将軍ですが、これは形式的には天皇の部下なんですね。ただ、現実には天皇が将軍を自由に選べるということはほとんどなく、武士に言われるがままに任命していたわけですから、実権は武士の側にあったということになります。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%81%E5%A4%B7%E5%A4%A7%E5%B0%86%E8%BB%8D
これを端的にお子さんに説明するのは難しいかもしれません。
ただ、今の天皇陛下も政治的な実権はまったくなくて象徴として存在しているわけなので、それとちょっと似ているというような説明は、できるかもしれませんね。(今でも首相を任命するのは天皇と決まっています。ただし天皇が首相を選ぶことはできず、国会が選んだ人を形式的に任命するだけです)

朝廷というのは天皇を頂点とした政府のことですが、ここが日本全国を完全に支配していたのはせいぜい平安時代までで、その後紆余曲折はありますが、鎌倉時代、室町時代、戦国時代(この時代は全国を支配した政権はありません)、安土桃山時代から江戸時代まで、ほとんどは武士が支配することになります。
ただ、ややこしいのは武士が支配していた時代でも一貫して朝廷は存在していたことです。幕府の長は征夷大将軍ですが、これは形式的には天皇の部下なんですね。ただ、現実には天皇が将軍を自由に選べるという...続きを読む

Q竜馬と桂浜の関係

桂浜に行って竜馬に会ってきました。
お土産屋のおばさんに「なんで桂浜に竜馬の像があるの?」って聞いたら、「別に理由はない。」と言われてしまいました。
そんなことあるでしょうか?
だったら少し残念です。
竜馬が桂浜で世界に思いをはせたとか抽象的なことじゃなくて、何かしてないのでしょうか?

Aベストアンサー

情けないお土産屋さんですね。(苦笑)
戦前は、有名でしたが、竜馬、武市、中岡はじめ土佐勤皇党のメンバーはすべて「長曽我部侍」つまり、関が原で敗れた西軍の長曽我部氏の家臣団でした。
家禄を失って300年間近く、すべてにつけて、あとから入ってきた戦勝国「山内家」の「侍」層から「郷士」として差別され続け、そのエネルギーが維新回天の原動力になったと聞いています。
しかし、薩摩や長州と違って、藩の後ろ盾のない彼らは脱藩して浪士となり、明治維新を見ることなくほとんどのメンバーが非業の最期を遂げました。そこで、竜馬像は、かつての長曽我部氏の最後の居城だった浦戸城の本丸跡に太平洋を望んで建っているのです。
代々の山内家の家臣として藩主山内容堂に気に入られ、その後明治の政治家として有名になった板垣退助の銅像が山内家の居城、高知城にあるのと好対照ですね。

Q★「封建制度」を簡単に説明してください!

★「封建制度」を簡単に説明してください!

世界史の時間によく「封建制度」なる言葉が出てきます。

いろいろと調べてみたのですが、いまいちよくわかりません。

理解力を深めたいので、封建制度を簡単に説明できる方よろしくお願いします!

Aベストアンサー

封建制度とは「封」(封土=土地)を与えて家来を「建てる」と言って、つまりは
「土地をなかだちとしてむすばれた主従関係(しゅじゅうかんけい)にもとづく社会のしくみ。」
のことを言います。
御恩と奉公ですね。
もちろん日本・中国(周)・中世欧で指す封建制度とはそれぞれ少し意味が異なったりしますが、基本的には上記の意味です。

ちなみに対義する言葉は絶対王政や絶対君主制です。

Q主人の扶養に入っても失業保険の受給資格はありますか

今年の3月末で会社(正社員)を退職します。退職後はすぐに主人の社会保険の扶養に入り、国民年金第3号になる予定です。 でも失業保険を受給する為には扶養には入れないと聞きましたが本当なんでしょうか?
私の失業保険の給付日数は3カ月。給付総額は約50万円になります。
退職後の収入見込みはありません。
ご教示頂ければ幸いです。

Aベストアンサー

厳密に言うと、「失業給付を受給すること」が、即、「社会保険上の扶養になれない」というわけではありません。

他の方も書かれていますが、社会保険上の扶養になるのは、全国一律の、強制的な基準があるわけではありません。
ただ、「いちおうの基準」というは、あります。
「向こう1年間の収入見込みが、130万円以下」という基準があります。
これは言いかえると、「日額でこの金額を、30日*12カ月分もらったら」「この月額を12回もらったら」どうなるか、という意味です。
たとえば今回のご質問にあるような「失業給付を3カ月もらう」など、もらう期間が決まっていて、その金額を1年ももらうわけじゃなくても、もらう予定の金額(たとえば今回の場合、日額*30日*3カ月)ではないのです。
基準を超える日額の場合、それをもらっている期間だけ、社会保険上の扶養から抜けることになります……3カ月とか、50万円とか、もらう予定でなくてもです。失業給付をもらってる間だけ、社会保険上の扶養から抜けることになります。(3カ月で50万円なら、それが12カ月だと、明らかに130万円を超えますよね)

失業給付の金額がとても少なければ(要するに上の基準以下なら)、失業給付をもらい、なおかつsh会保険上の扶養に入れます。
ただ、たいていの場合、失業給付の金額が社保上の扶養に入れるほど少なくないこと、会社の方で「社保上の扶養に入る場合、失業給付の受給に必要な書類を、扶養に入れる状況になった確認書類として提出させる(没収する)ことが多い」こと、などで、扶養に入れないことが多いでうs。

……ただ最初にも書いたように、これは「全国一律の、強制的な基準」(所得税のように、全国一律、1円の違いでも融通が効かない)ではありません。
会社の方で、失業給付を受給していても扶養に入れてくれる場合が、なきにしもあらず、ご主人の会社に確認するのが、一番正確な情報を入手できます。

ただ、ひとつ気になったのですが、「退職後の収入見込みはありません」というのは、退職後すぐに別の会社で働くことが決まっているわけじゃないとか、失業給付をもらい終わるまで就職しないとか、失業給付をもらい終わっても収入を得る見込みは無いとか……どれでしょう?
失業給付の受給、けっこう厳しくなっていて、「雇用保険を払っていたから、もったいないから失業給付は欲しい!」というだけでは駄目で、「仕事をする意思があり、仕事ができる状態であるのに、仕事の方が無い!」という人のための物になっています。
つまり、ただ単に「退職直後にすぐ別の会社に就職するわけじゃなく、一から仕事を探すから」収入見込みが無いというのなら良いのですが、「失業給付の受給が終わっても、収入見込みが無い状態」を今から公言している場合、仕事をする意思が無いとみなされる場合があります。
失業給付を受給するには、就職活動をしなければいけないとか条件もあります。
そのへん、ちょっと気になりました・

厳密に言うと、「失業給付を受給すること」が、即、「社会保険上の扶養になれない」というわけではありません。

他の方も書かれていますが、社会保険上の扶養になるのは、全国一律の、強制的な基準があるわけではありません。
ただ、「いちおうの基準」というは、あります。
「向こう1年間の収入見込みが、130万円以下」という基準があります。
これは言いかえると、「日額でこの金額を、30日*12カ月分もらったら」「この月額を12回もらったら」どうなるか、という意味です。
たとえば今回のご質問に...続きを読む


人気Q&Aランキング