人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

一般的にはどのように区分されているのですか。
例えば、前期、中期、後期、幕末というように区分されているのですか。
そのように区分された理由を教えて下さい。
また、一般的に幕末とはいつ頃からを指しているのですか。
よろしくお願いします。

A 回答 (3件)

まぁ「前期、中期、後期、幕末」そう言う感じに区分される場合が多い



ただ区分も厳密に何年~何年と確定している訳ではなく、およその範囲というだけ

区分の理由は、政治体制の変化や経済状況の変化などを目安にする

例えば、初期前期の武断政治体制から、文治政治体制への変化や元禄の経済発展を境に中期とするとか・・・

幕末(末期)は、天保の改革が諸藩の抵抗で失敗した事や黒船の来航に対して的確な対応が出来なかった事などで、幕府の権威が失墜しそれに対比して雄藩の発言力が増した頃を契機とする
だから弘化~嘉永のころ
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

>まぁ「前期、中期、後期、幕末」そう言う感じに区分される場合が多い

そういうことですね。分かりました。

高校教科書には、
「寛永期を中心とする江戸時代初期の文化は」
「数値は江戸中期のもの」(藩領2250万石、幕領400万石の説明)
のように、中期、後期などの表現がいっぱい出てきます。
共通した認識ではなく、執筆者の判断で適切に使われているようです。
政治史、経済史、文化史のそれぞれの分野では前期も後期も範囲が異なるのでしょう。

お礼日時:2014/07/16 20:20

前・中・後期は便宜上の区分でしかないので「○年から○年までが前期」というわけではありません。


江戸時代は徳川将軍政権の時代なので1602~1867年、これを3分割して前・中・後期と呼称しただけです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

>江戸時代は徳川将軍政権の時代なので1602~1867年、これを3分割して前・中・後期と呼称しただけです。

分かりました。深い意味はないということですね。
3等分すれば前期は綱吉の時代(1680-1709)まで、ということになりますね。

例えばとして、「前期」「中期」等を挙げたのは、愚問でした。
幕藩体制の「安定期」「衰退期」「崩壊期」とかの区分も聞いたことがあるので、そのような分け方を例にすべきでした。
別途、再質問します。

お礼日時:2014/07/17 20:32

一般的に時代の小区分が前・中・後期の3区分だからです。


区分された時期が短いと前・後期の2期になり、原始時代であとから区分が追加になって草創・早・晩期が追加されることもあります。
「幕末」は幕府終焉と明治維新の間にあって「時代が動いた時期」であるので特に区分されたものです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
一般的には「前・中・後期の3区分」をどこで区切っているのでしょうか。

お礼日時:2014/07/16 20:23

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q江戸時代を初期・中期・後期・末期にわけると何年から何年までがそれぞれの時期にあたるのでしょうか?

歴史の本を読んでいると、「~時代の初期」のような表現が使われています。初期・中期・後期・末期はどういう基準で分けているのでしょうか?

そしてその基準はすべての時代に当てはめて考えてもいいのでしょうか?それとも「この時代はこの将軍までが初期にあたる」とかいうものなのでしょうか?

日本史のすべての時代区分を知りたいのですが、無理なようでしたら江戸時代だけでもお願いします。

Aベストアンサー

江戸時代初期は
幕府成立から元禄を経て七代将軍までではないでしょうか?
中期は八代将軍から田沼改革(宗家の消滅)
後期は天保から嘉永まで(米本位体制の崩壊)
幕末は安政から慶応まで(幕藩体制の崩壊)

ここに大きな区切りがあります。

Q江戸時代の区分

江戸時代の初期、前期、後期っていう区分があるかと思うんですが、それって厳密にいつからいつまでなのでしょうか?できるだけ明確に区分を知りたいのです。
それとも、初期・前期・後期という区分ではなく、他の区分があるのなら、それを教えてください。

Aベストアンサー

実は私が以前こういう質問をしちことがあります。参考URLをごらんください。

将軍が15人いるので将軍で分けちゃってもいいんですが、その区分の仕方だとあまり意味がありません。
為政者によって分けていくのがいいかと思います。
為政者の変遷をたどっていくならば、
徳川家康(初代将軍)
徳川秀忠(2代将軍)
徳川家光(3代将軍)
保科正之(初代会津藩主)
堀田正俊(大老)
柳沢吉保(側用人)
新井白石(侍講)
徳川吉宗(8代将軍)
田沼意次(老中首座)
松平定信(老中首座)
徳川家斉(11代将軍)
水野忠邦(老中首座)
阿部正弘(老中首座)
堀田正睦(老中首座)
井伊直弼(大老)
安藤信正(老中首座)
といった順番でしょう。ちなみに安藤信正失脚以後は幕府の地位が地におちていたので、誰を為政者と呼んでいいかがわかりません。

参考URL:http://okwave.jp/kotaeru.php3?q=1924850

Q江戸時代の○○守の意味は?

時代劇にでてくる大岡越前守のような○○守は何か意味があるのでしょうか?
本当に越前まで赴任したのでしょうか?官位なのでしょうか?また摂津守や武蔵守というような人もいたのでしょうか?越前守より摂津守の法が位が上、というようなランク付けかあったのでしょうか?

Aベストアンサー

平安時代までの国司(○○守)は、実際その国の支配権を持ち、下級貴族の場合は本人または皇族や高級貴族の場合は代理人が任地に行き、支配しました。
鎌倉時代になり各国に武士である守護が置かれると次第に国司の実権が無くなっていきます。源氏系武士(武田氏とか足利氏とか)やその他有力御家人(北条氏等)は国司にも任命されるケースがありましたが、守護がその国の支配者という位置づけです。
戦国時代になり室町幕府の権威が低下すると、守護でない大名は朝廷に金品を送って国司の地位をもらい、それを根拠に周囲の大名と戦争します。つまり、A国守護とA守がそれぞれの権威をバックにA国の支配権を争うわけです。

本題の江戸時代になると、公家の官位官職と武家官位が分離します。本来、各官職には定員があるわけですが、それは朝廷が公家に任命し、その定員と無関係に幕府が武士の官位・官職を決め、朝廷に任命させます。この時点で武家官位は単なる称号に過ぎなくなります。大石内蔵助が朝廷の倉庫(蔵)を管理していたわけではありません。

越前守は従五位の上ですが、公家の五位は殿上人で高位ですが、町奉行時代の大岡忠相は大名ですらありません(晩年に1万石の大名)。越前国(福井県)を支配していたのは徳川分家の越前松平家です。
同時期に別の人が同じ国司の官職を持っていることもあった(武家だけでもxx守が複数居る)ようです(定員と無関係に任じるので)。

参考URL:http://www.f.waseda.jp/fky0/tenno.html

平安時代までの国司(○○守)は、実際その国の支配権を持ち、下級貴族の場合は本人または皇族や高級貴族の場合は代理人が任地に行き、支配しました。
鎌倉時代になり各国に武士である守護が置かれると次第に国司の実権が無くなっていきます。源氏系武士(武田氏とか足利氏とか)やその他有力御家人(北条氏等)は国司にも任命されるケースがありましたが、守護がその国の支配者という位置づけです。
戦国時代になり室町幕府の権威が低下すると、守護でない大名は朝廷に金品を送って国司の地位をもらい、それを根拠に周...続きを読む

Q太閤検地の歴史的意義

僕は今、日本史を勉強しているのですが、戦国時代において、豊臣秀吉のところなのですが、太閤検地というのがありますが、あれは、戦国大名が皆やっていたもので秀吉だけがやったものではないのでしょうか?また太閤検地は、方光寺の建設のためや、農民一揆を抑えるためという理由とありますが、太閤検地の歴史的意義とはどういったところにあるのでしょうか?
抽象的ですみませんが教えてください。

Aベストアンサー

太閤検地は,征服地を確実に掌握して全国を統一する基礎となり,同時に従来の複雑な土地関係を整理して土地制度を一新させ,新しい体制を将来させた。秀吉の全国統一と検地により,領主権は統一されて一円化し,また農民の権利は有力農民の加地子得分権などが没収されて,検地帳に登録された耕作権のみに整理された。つまり太閤検地は1領主・1農民という一元的な領主-農民関係を樹立させ,すっきりした封建体制にしたのである。それは小農自立を促す太閤検地の革新性を示すとともに,石高制の成立と相まって兵農分離の基礎となった。すなわち,太閤検地が把握した石高のうち,作徳分は農民に,残りはすべて領主が収取することを原則としたから,有力農民は作合をとれなくなり武士化・領主化することが難しくなり,兵農分離がおし進められた。また、太閤検地は戦国大名検地とは違い実測検地であった。また太閤検地によって決定され把握された石高は,農民に対しては年貢賦課の基礎となり,大名に対しては知行体系を表すものとして使われ軍役の決定基準となった。

Q拝復の結語は?

手紙の書き出しですが、「前略  --  草々」で送られた手紙に対して、「拝復」という書き出しで返事を出したいのですが問題ないでしょうか?
その場合、結語は何になりますでしょうか?
宜しくご教示を。

Aベストアンサー

拝復は、一般的にいただいたお手紙に対し
お返事を出すときに使います。

敬具で納めていただければ結構です

Q上屋敷、中屋敷、下屋敷

それぞれどんな位置づけなのでしょうか。

よろしくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

江戸時代参勤交代で江戸にやってきた各藩が逗留する為、それぞれ江戸屋敷の敷地を幕府から与えられ、造営したのが江戸屋敷上屋敷です。
敷地は譜代、外様の区別、石高に応じて場所、広さなどが区別されました。
上屋敷はいわば本宅にあたるもので、公式な行事や登城の場合の主発点として使用されます。

徳川御三家、譜代外様の大藩などは重要度や家臣も多いので上屋敷だけで収容するのが難しいなど理由が認められた場合、別宅の造営を認められました。
それが中屋敷、下屋敷のはじまりです。

下屋敷は別荘の役目にあたり、藩主の休息所や側室の住居、など内々の用途にあてられる事が多くいわば隠れた屋敷に相当します。 このため藩主の好みで庭園など上屋敷以上に凝った工事もあったようです。
詰める家臣も下級のものが当てられますが、上級の家臣は都度上屋敷から出勤する形が多かったようです。

中屋敷はそれを持てるのは限られていて江戸に常駐するなど幕府要職につくものに許されていました。
それぞれ用務が多いなど必要があったからです。
事務所のようなものと考えれられます。
側室の住居などが置かれる事もあったようです。

江戸時代参勤交代で江戸にやってきた各藩が逗留する為、それぞれ江戸屋敷の敷地を幕府から与えられ、造営したのが江戸屋敷上屋敷です。
敷地は譜代、外様の区別、石高に応じて場所、広さなどが区別されました。
上屋敷はいわば本宅にあたるもので、公式な行事や登城の場合の主発点として使用されます。

徳川御三家、譜代外様の大藩などは重要度や家臣も多いので上屋敷だけで収容するのが難しいなど理由が認められた場合、別宅の造営を認められました。
それが中屋敷、下屋敷のはじまりです。

下屋敷は別...続きを読む

Qあと2点なのに卒業単位が足りません

 初めて質問させていただきます。私は現在私立大学の4回生なのですが、おとつい成績発表があり自信のあった科目を58点で落としており留年の案内が届きました。
 予想外の出来事だったのでびっくりして昨日学生部にいったところ、成績に不満があるのであれば調査申し立てといって、教授がもう一度採点を見直すという制度が使えると聞き、申請してきました。
 そこで質問なのですが、調査申し立てという制度で留年が覆ることはありえることなのでしょうか?
あと2単位で2点足りないだけなので、どうにか多めに見てほしいと思ったのですが、そういったことは申し立ての申告書には書いてはいけないといわれ、最もですが単位のお願いは通用しないといわれました。
 テストは出席点が20点で、論述での筆記試験が80点です。授業の終わりに感想文を書き、提出すると加算されるのですが、15回中7回出席しました。論述試験は3題出題されたのですが、1題はどうしてもわからず白紙でだしてしまいました。あとの2題は自信があったのですが、このような結果になってしまいました‥。
 調査申し立てとは温情で単位をいただけるということは難しいのでしょうか?教授に頼みにいこうにも春休みなので研究室には誰もいません‥。
 自業自得なのはわかっておりますが、夜も眠れないほど悩んでおります。どなたかアドバイスお願いいたします。

 初めて質問させていただきます。私は現在私立大学の4回生なのですが、おとつい成績発表があり自信のあった科目を58点で落としており留年の案内が届きました。
 予想外の出来事だったのでびっくりして昨日学生部にいったところ、成績に不満があるのであれば調査申し立てといって、教授がもう一度採点を見直すという制度が使えると聞き、申請してきました。
 そこで質問なのですが、調査申し立てという制度で留年が覆ることはありえることなのでしょうか?
あと2単位で2点足りないだけなので、どうにか多め...続きを読む

Aベストアンサー

泣いていても事は動かないです、今、出来ることをしましょう。

調査申し立ては提出したということなので、私が考え付く範囲で書き込みます。
まず、教授がいつ出勤するか…は大学がある程度知っていると思うのです、ただ春休みということで通常勤務とは違ったスケジュールの可能性も大なので、大学から聞けるようであれば聞きましょう。
突然のお宅訪問はあまりに失礼ですし、電話より、まずは、とにかく会って、研究室にいる教授にお願いしましょう。

大学に来る日がどうしてもわからない場合、ずっと先になる場合、次は電話も致し方ないかと思いますが。
その際の電話も、出来るだけ研究室、どうしてもそれが難しいならご自宅…という順でしょう。
その教授と親しい他の先生方に、いつ来校されるかをご存じないか聞く…等も可能ならしましょう。

その際ですが、お願いの仕方です。
「もう1度、追試などのチャンスをいただけないでしょうか、お願いします!」
自分の甘さ、努力不足を反省していることを伝えましょう。
自分の至らなさを棚に上げて「就職も決まっているので単位下さい!」というような言い方は、言い方によっては、温情どころか下手をすれば不愉快に受け取られる可能性があります。
お願いする際、その教授の考え、人柄、性格等にもよりますが、言葉を選んでお願いしてみましょう。

他の方からも厳しい言葉が出ていますか、親の立場からあえて言わせていただきますが…。
それは必修科目?
ならば、単位取るのが容易だとのうわさだったようですが、事前に出席や試験の配分もわかっていたのですから、試験は予測できない部分があるから、普通はもう少し出席率を上げ、卒業の年でもあるし、もう少し手堅くいくと思う。

選択科目なら。
万が一のことを考え、もう少し余分に単位取っておくものでは?
私自身は大学卒業後、30年近くなるけれど、普通はそうじゃない?
私が家の子供達には聞いたこともないけれど…。

卒業の年に、1科目のために、あなたが言うように2点のために卒業出来ないなんて、そんなぎりぎり、カツカツの綱渡りをここまでしていたこと、それはあなたの考え方の甘さを露呈しているとしか言いようがないので、この先、社会に出て同じような考えでいると、もっと大変なしっぺ返しを食らうこともあり得るので、卒業できなかったら、今回の事をこれから先の人生の教訓にしましょう。
今のあなたには大変重い現実かもしれませんが、受け止め、乗り越えましょう。
(というようなことを、私があなたの親なら言うかな、もちろんカツ入れた後で)

世間的には単位不足で卒業できなかったとか、時々聞く話です。
私の友人の子供、数年前、立教で4年の時、必修の単位落として、卒業できなくなったと言ってましたし。
人生長く生きていれば、挫折など、大なり小なり、誰でもあります。
もっとつらくて厳しいこと、この先社会に出れば、沢山遭遇すると思います。

先日NHKで(おそらく再放送)司法試験で有名な伊藤真さんが言っていた言葉です。
「物事の事実は変えられないが意味は変えられる」
今は親への申し訳なさ、周りの友人たちへの引け目、体裁の悪さ等で頭はいっぱいだろうし、留年するより、卒業出来たほうがよかったとは思うけれど、人生初の挫折かもしれないけれど、この現実がどう生かされるか、はこれからのあなた次第だと思います。

とりあえず、今出来ること、最後まであきらめずに努力してみましょう!

泣いていても事は動かないです、今、出来ることをしましょう。

調査申し立ては提出したということなので、私が考え付く範囲で書き込みます。
まず、教授がいつ出勤するか…は大学がある程度知っていると思うのです、ただ春休みということで通常勤務とは違ったスケジュールの可能性も大なので、大学から聞けるようであれば聞きましょう。
突然のお宅訪問はあまりに失礼ですし、電話より、まずは、とにかく会って、研究室にいる教授にお願いしましょう。

大学に来る日がどうしてもわからない場合、ずっと先になる場...続きを読む

Q米の値段が、江戸時代には、なぜ下がったのですか?

山本博文著の江戸学講座を興味深く読んでおりますが、次の説明に出会いました。
<江戸時代の初めは、家禄だけで食べていける旗本・御家人も多かったのですが、中期以降は、米の値段が下がりますから難しかったでしょう。>
一般的には、物価は長期的にみると、漸進的に上昇します。(もちろん、技術革新などによって、低下する場合がありますが)。
米の値段が、江戸時代には、なぜ下がったのですか?

Aベストアンサー

中期以後というと、暴れん坊将軍の吉宗さんの時ですね。お堅い日本史では、米将軍と呼ばれ、米を中心とした物価の安定で有名です。米が日本酒の原料として使われる量を調整するなどで、品不足による物価上昇を抑えたといいます。

長期でみると、実際は上がったり下がったりだったでしょう。

江戸時代、米がお金代わりでしたから、どの藩も米の生産に力を入れます。運送業も発展し、西日本で生産された米が流通。他の物の価格と比べ、比較的安くなったのでしょう。
 米=扶持だった武士にとっては、物価上昇+収入ダウンでしょうけど。。


人気Q&Aランキング