細胞接着にはいくつか種類がありますが、そのうちの閉鎖結合(タイトジャンクション)と接着結合(アドヘレンスジャンクション、デスモソーム/ヘミデスモソーム)の違いが機能の面でよく分からないので知っていらっしゃる方、ぜひ教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

以下の成書は参考になりますでしょうか?


===================================
細胞接着とその異常/東京都老人総合研究所…/東京都老人総合研究所…/1998.3 
細胞接着のしくみと疾患/坂倉照〔ヨ〕/羊土社/1998.6 
細胞接着/宮坂昌之,矢原一郎/羊土社/1996.4 
細胞接着分子の生物学/月田承一郎/中山書店/1995.7 
細胞接着分子の世界/林正男/羊土社/1995.4 
====================================
さらに以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?
「細胞接着」

ご参考まで。

参考URL:http://nagoya.cool.ne.jp/clemin/netabare/Biology …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q革同士の接着法

革の鞄に革製のネームプレートを接着しようと思っております。どのような接着剤が適しているのでしょうか?また接着する以外で何か良い方法がありましたら教えて下さい。

Aベストアンサー

一般的には革の接着にはゴム系の接着剤が適しています。百円ショップで安くあります。黄色い液のやつ。

革には表面がつるつるの方とごわごわしている方がありますが、つるつるの方にはワックスなどがかけてあり接着剤が乗りにくいことがあります。そのときはアルコールなどで脱脂して、サンドペーパーで表面を荒立てるとよくつきます。プレートからはみ出ない程度にします。

2液混合のエポキシ接着剤(5分間硬化型)でもよくつきます。ホームセンターにあります。

表面の処理は、ゴム系の接着剤と同じです。

個人的には2液混合のエポキシ接着剤が好きです。

Q人間の体の60兆の細胞のうち幹細胞はどれくらいの数?

大人の体に幹細胞は幾つくらいありますか? 
幹細胞に作用すると言われている、化粧品(メナードのオーセントクリームなど)って、他の細胞(例えば繊維芽細胞とか)には作用しないで、幹細胞にのみ作用して、幹細胞だけの分裂を活発にするものなのでしょうか? そうしたら、これを使うと体内の幹細胞数は普通の人より多くなるのでしょうか?

Aベストアンサー

幹細胞と言っても厳密な事を言うとその実体(細胞マーカーなど識別するもの)が良くわかってない曖昧なものもが大半だし、ある程度分かってるものであっても単期にカルチャー上で特定の条件下で再生できるというだけのものや、最近ではG0、いわゆる静止期にずっといるような完全な根底にあるものもをさす場合もあるので、厳密な言い方をするとどの程度かというのは非常に難しいでしょうね。ただそういってしまうと元も子もないので、感覚的な話をするといわゆる歴史的に幹細胞研究の初めとも言える元も一番ヒエラルキーが良く解析されている造血幹細胞とかだと10万個に1個とかいわれますし、他の組織でも多くても大体そのオーダーだと考えられるでしょう。幹細胞のいわゆる多分化能を証明する実験として、自身とその1つから全ての血球系に繋がる細胞を作り出すことが可能か、という事になりますが、実際に致死量の放射線を当てたネズミで1つの造血幹細胞を移植することで復活できるという証明からも綺麗に示されてます。

それ以外のたとえば、固形組織だと、例えば腸とか胃なんかでも、いわゆる幹細胞なんかは最近は色々言われてますが、マーカー遺伝子となるものが結構ブロードに出てたりして本当にそれが幹細胞マーカーとしてもれなくだぶりなくなのかと言われると微妙なものも多いです。また、最近の議論では、骨髄のそれとは違って細胞の可塑性があるんじゃないかともいわれてたりして、実際のところ厳密な数字はわかりません。

ただし、少なくとも10万個に1個程度の割合というのはあながち間違ってない基準にはなるでしょう。

ちなみに間質細胞(Meschencymal stem cells)なんかはどちらかというとiPS細胞がらみの”万能性”に近いとかいうヒトもいて、本当のところの古典的な幹細胞研究からすると結構定義もあやしいものだし、いわゆる”全能性とまではいかないが胚葉系譜を超えた神経なんかにもなれる多能性がある”とか凄いことを言ってる研究者もいて、業者のうたい文句じゃあなくても怪しいものです。そして、ある意味、この延長線上にあったのがいわゆるSTAP細胞問題で、これが突拍子もないものだったけどNatureに受け入れられてしまった一つの理由に、そういう細胞の存在があるならば色々な可能性が広がっても良いじゃんという生命に対する期待のようなものがあったのではないかとも言えなくはないです。まあ、データの改ざん云々なので再現性云々を述べるまでもなくだったのですが。

ちなみに、一般的には幹細胞は通常”ニッチ”と呼ばれる足場細胞と生体組織の環境下で厳密な制御を受けて維持されてると考えられてますから、好き勝手増殖させたり、ましては完全な状態で培養し続けることは本来は非常に難しいと言われてます。そもそも論で言えば組織が損傷すれば勝手に治るのだって幹細胞が何らかの形で活発に分裂してるわけですから、回りくどい事しなくてもケガをすればある程度活発になってます。

幹細胞と言っても厳密な事を言うとその実体(細胞マーカーなど識別するもの)が良くわかってない曖昧なものもが大半だし、ある程度分かってるものであっても単期にカルチャー上で特定の条件下で再生できるというだけのものや、最近ではG0、いわゆる静止期にずっといるような完全な根底にあるものもをさす場合もあるので、厳密な言い方をするとどの程度かというのは非常に難しいでしょうね。ただそういってしまうと元も子もないので、感覚的な話をするといわゆる歴史的に幹細胞研究の初めとも言える元も一番ヒエラ...続きを読む

Q革製品のボタン部の裂け 革用接着剤で補修 防止

50年ほど前の本皮のポーチ類なのですが
金属のボタン金具を通す革の穴周辺が、使用を繰り返すうちに劣化しています
割れや裂けが出てしまっています
ボタンの開閉をする際に負担がかかるみたいです

そこで革用の接着剤で割れや裂けを補修し
さらに、割れや裂けの防止のために、前もって革の穴周辺に
革用の接着剤を浸透させておこうと思いました

それに伴い、2点疑問が湧きましたので、質問させてください

質問1
そもそも、割れや裂けの防止のために革用接着剤を浸透させる行為は
意味があるのか?
他に方法はあるのか?

質問2
ボタン部の開閉は
開閉しようとして引っ張る→革の穴部分が広がる→開閉する 
というメカニズムでなされています
接着剤を革の穴周辺に浸透させた場合、革の穴が広がらなくなり
開閉ができなくならないか?

以上2点、回答よろしくお願いします

Aベストアンサー

受け付けてもらえるようならば
パーツ交換に出された方が良いですね

質問(1)接着剤は浸透しません
質問(2)一時的に締まった気がするだけで開閉出来なくなる事はない

他の方法ですが,ベルトのヒビに接着剤を薄く引き
ベルト裏に薄手の革を接着して綿棒で伸したり万力で挟み接着させて
パンチ穴を開ける
ギボシの切り込み穴の方は
切り込みの部分に目打ちで左右一箇所ずつ穴を開けて
÷のようにしてその:部分を糸で縫うと少しは緩みが収まる

Qある細胞集団でG1期の細胞が100個、S期の細胞が50個、G2期の細胞

ある細胞集団でG1期の細胞が100個、S期の細胞が50個、G2期の細胞が40個分裂期の細胞が10個あったとします。
核一個あたりのDNA量が一倍の細胞(G1期の細胞)は100個、DNA量が二倍の細胞は(G2期と分裂期の細胞)は40+10=50個、S期の細胞はDNA量が1.25倍のもの、1.5のもの、1.75倍のものなどさまざまですね。それをグラフにすると次のようになります。
グラフではS期がG1より低いのはなぜですか。
ちんぷんかんぷんです。
分かりやすく教えて下さい。

Aベストアンサー

>G1期の細胞が100個
S期の細胞が 50個
G2期の細胞が 40個
分裂期の細胞が 10個

>グラフではS期がG1より低いのはなぜですか。

「低い」とはグラフの縦軸のことをおっしゃっているのでしょうか?
それならば、縦軸は「細胞数」と書いてあります。

G1期の細胞が 100個
S期の細胞が 50個

ですから。。。。

Q革製品と金属の接着剤

このカテゴリで良いのかよくわからないで質問致します。
本革か合成皮革かはまだ決めていないのですが
革製のエレキギターのストラップに
金属製(たぶんアルミ製だと思います)のプレート(直径10センチの円形で厚さは1ミリ程度)を接着したいと思います。
なるべくしっかり接着できるお薦めの接着剤を教えて下さい。
また、接着剤を使わずに革とアルミプレートをくっつけられる方法があれば教えていただきたいと思います。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

しっかりくっつけるなら「アラルダイト」,あるいは他の名前の
二液混合タイプのエポキシ系の接着剤がいいでしょう.

ホームセンターに売っていますので,店の人に聞いてみて下さい.

ギターの修理のようですので,そろりと静かに接着できるものが良いと思います.
びょう打ちなどの機械的な方法より,接着剤が良いでしょう.

QHEK細胞、HeLa細胞および初代培養細胞株について

HEK細胞、HeLa細胞の違いってなんでしょか?
現在読んでいる論文に頻繁に登場してくるのですが。

HEKが小児の胚由来、HeLa細胞が子宮頸がん由来ということはわかっているのですが、実験を行う上での選択の基準は何でしょうか?

HeLaは癌細胞由来だから癌細胞のアッセイなどに使って、HEKは正常細胞を見たいときにつかうということでしょうか?

あと初代培養細胞株と通常の細胞株の違いって、初代培養細胞株は培養条件や形質転換の条件が確立されていない点で扱いにくいという理解でよろしいのでしょうか?
では初代培養細胞の利点は何かあるのでしょうか?

当方化学系の研究室に所属しているので身近に質問できる人がいません。なにとぞよろしくおねがいいたします。

Aベストアンサー

これをまずは見てみて下さい。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4078187.html

>実験を行う上での選択の基準は何でしょうか?

自分の実験で扱いやすいと思った方を使うだけです。
この二つの細胞は、遺伝子導入が容易いので、よく使いますが、
どっちが良いのかというのは個人の判断です。

>HeLaは癌細胞由来だから癌細胞のアッセイなどに使って、HEKは正常細胞を見たいときにつかうということでしょうか?

いいえ。どちらも既に正常細胞ではありません。正常細胞はあくまで初代培養細胞です。この二つはどちらもずーっと分裂し続けます。

>あと初代培養細胞株と通常の細胞株の違いって、初代培養細胞株は培養条件や形質転換の条件が確立されていない点で扱いにくいという理解でよろしいのでしょうか?

確立されていないということはありません、ただ、効率が悪かったりします。上にあげたURLにあるように、初代培養細胞はまず集めることや、培養自体が難しいとかありますので、総合的に実験しづらいです。

>では初代培養細胞の利点は何かあるのでしょうか?

所詮、293細胞やHeLaは「細胞株」でしかありません。
試験管ではない、細胞を使った解析は出来ますが、それはあくまで
この二つの特殊な細胞でそうなるということにすぎません。
最後の決めの実験はやはり、実際の細胞ではどうなのか?ということを証明しなくてはなりません。

例えば、腸の細胞での話をしていて、最初は293細胞で実験をやっていて得られた結果を、細胞はやはり腸の細胞で証明しないとダメだということです。

293とHeLaなどの「細胞株(cell line)」は実験に使いやすい
汎用実験用細胞といった感じのものです。

これをまずは見てみて下さい。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4078187.html

>実験を行う上での選択の基準は何でしょうか?

自分の実験で扱いやすいと思った方を使うだけです。
この二つの細胞は、遺伝子導入が容易いので、よく使いますが、
どっちが良いのかというのは個人の判断です。

>HeLaは癌細胞由来だから癌細胞のアッセイなどに使って、HEKは正常細胞を見たいときにつかうということでしょうか?

いいえ。どちらも既に正常細胞ではありません。正常細胞はあくまで初代培養細胞です。この二...続きを読む

Q革製品に使える接着剤

以前、ホットボンド(グルー)で革製品にレースを着けたら、ぺりっと剥がれました。

グルーはつるつるしたものだとすぐ剥がれるので、今度は2液混合のエポキシ接着剤を使ったのですが、また剥がれました…

そこで質問なのですが、どんな接着剤が革製品に向いていますか?
なるべく、がっちりくっつくものを探しています。


ご存知の方はお教えください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>どんな接着剤が革製品に向いていますか?
コニシ社のボンドG17でも良いのですが「GPクリヤー」の方がベスト、黄色のG17と違って無色透明なんではみ出しても気になりません。

Q体細胞クローン、iPS細胞、ドリー、ES細胞・・・

体細胞クローン、iPS細胞、ドリー、ES細胞・・・

といろいろ聞くのですが、いまいち違いがよくわかりません。

確か、
ES細胞はヒトの未受精卵は何にでも分化できる全能性をもつので、
そこからクローンを作るが、ヒトとなるのが可能な胚を使うのが倫理的に問題ありで、△。

一方IPS細胞は、体細胞?から脱分化させるんでしたっけ?
いまいちよくわかりません。

クローン作成に生殖細胞を用いるではなく…といった場合は、ES細胞のことをいっているんでしょうか。

ドリーは乳腺細胞からの核を用いて作られたはずだから、
ES細胞かIPS細胞かというと、IPS細胞?から
それとも、分類自体が間違っていますか。

よくわからなくて…

教えていただけるとありがたいです。
(大学受験レベルで御願いします。)

Aベストアンサー

・ES細胞
ES細胞は発生初期の細胞ですので、受精卵から作ります。
倫理的に問題視されているのもこの点です。
ES細胞からはクローンは作れるとはおもいますが、それは有意義な活用法ではありません。
再生医療(ES細胞から目的の臓器を作り移植するとか)に期待されています。

・iPS細胞
iPS細胞は、人工的に作ったES細胞だと考えていただいてかまいません。
(分化後の細胞から)人工的に作製するので、倫理的な問題が少ないことが、注目視されている理由のひとつ。
脱分化させているというのは、正しい言い方かどうかは分かりませんが、iPSはES細胞と同様にゲノムに修飾が入っていない状態を作り出すことでES細胞と同様の機能を持ちます。
*ゲノムへの修飾とは、クロマチンやDNAに情報(メチル化など)を書き込むことで転写の制御などに働く。大学受験の範囲外なので、スルーして下さい。

・体細胞クローン
>クローン作成に生殖細胞を用いるではなく…といった場合は、ES細胞のことをいっているんでしょうか。

この場合に用いられているものを体細胞クローンといいます。
その名の通り、体細胞から核取り出してきて、受精卵に入れ、クローンを作る。
ドリーは体細胞から作られたクローンです。
体細胞クローンは非常に効率が悪いです。


質問を読むと、どうやらクローンと幹細胞(ES、iPS)の区別がうまく付いてないように思えます。
ここで言われているクローンというのは、同じ遺伝情報を持つ個体のこと。
幹細胞は分化能を持つ(分化する先が決まっていない)細胞のこと。受精卵ではないので、個体にはならないはず・・・?
ES、iPS細胞はクローン作製用の細胞ではないです。

・ES細胞
ES細胞は発生初期の細胞ですので、受精卵から作ります。
倫理的に問題視されているのもこの点です。
ES細胞からはクローンは作れるとはおもいますが、それは有意義な活用法ではありません。
再生医療(ES細胞から目的の臓器を作り移植するとか)に期待されています。

・iPS細胞
iPS細胞は、人工的に作ったES細胞だと考えていただいてかまいません。
(分化後の細胞から)人工的に作製するので、倫理的な問題が少ないことが、注目視されている理由のひとつ。
脱分化させているというのは、正し...続きを読む

Q革と布をくっつける接着剤は、何がありますか?

革と布をくっつける接着剤は、何がありますか?
一番あうのを、教えてください。

Aベストアンサー

GPとGクリアは強さは大差無いって感じです。
黄色いやつのほうが強い。

Q幹細胞 ES細胞 iPS細胞 違いは?

今話題の再生医療についての質問です。

「幹細胞」
「ES細胞(胚性幹細胞)」
「iPS細胞(人工多能性幹細胞)」

と色々あり、調べてみたのですが、いまいちちゃんとした理解が得られている実感がありません。

知っている方がいらっしゃいましたら、分かり易く教えて頂けないでしょうか?





ちなみに自分が調べた上での認識は以下の通りです。

1、幹細胞→生物の骨髄にある万能細胞
2、ES細胞→発生段階の受精卵が有する万能性を利用した、実験用に作られた幹細胞。
3、iPS細胞→体細胞を転写因子で万能化して作られた、医療用の幹細胞。再生医療に用いられる(予定)。

ES細胞は、発生段階の受精卵を使用するから、すでに成熟してしまった人間に対する臓器提供などといった再生医療には使えないんでしょうか?

Aベストアンサー

おおよそはその理解でいいんじゃないでしょうか。

細かく言うと、

1、幹細胞という言葉は、いろいろなものに使います。
「造血幹細胞」「神経幹細胞」「間葉系幹細胞」「胚性幹細胞(ES細胞)」
これらの細胞がその名に示されたものに分化します。
それだけでなく、他の組織の細胞にも分化するという可能性が示されてきてもいますはいますが・・・。

それで、幹細胞はいろんな組織に存在し得ます。よって骨髄にだけあるというのはちょっと守勢が必要かと思います。

2、実験用に作られたというのは少し語弊があります。
実験でなくて再生医療に使おうと思えば(現在は使っていませんが)使えるので、「実験用」ということはないです。

3、「医療用」とは限りません。こちらは実験に使おうと思えば使えますので。

どちらも可能性として、どっちにしか使えないということではないのです。

>ES細胞は、発生段階の受精卵を使用するから、すでに成熟してしまった人間に対する臓器提供などといった再生医療には使えないんでしょうか?

ES細胞もiPS細胞も、いろいろな組織の細胞に分化する可能性を持っています。
しかし、現在はES細胞やiPS細胞から試験管内では、いろいろな臓器の「細胞」を作れるいう段階です。例えるならば、「膵臓の細胞」は作れるけど「膵臓」を作れるまでには至っていません。

そもそも、ES細胞やiPS細胞がいろんな臓器になれるというのは、マウスの胚にこれらの細胞を混ぜて、母親の中で胎児を成長させて生まれてきたマウスを調べると
これらの細胞由来の臓器が存在するということで確かめられています。
つまり、「生体内で」これらの細胞が臓器を作ることができるとわかっているだけです。「試験管内」ではまだ作ることができません(誘導や分化をどう制御するか?)。

>すでに成熟してしまった人間に対する臓器提供などといった再生医療には使えないんでしょうか?

このこととはちょっと違うことがわかりますでしょうか?

おおよそはその理解でいいんじゃないでしょうか。

細かく言うと、

1、幹細胞という言葉は、いろいろなものに使います。
「造血幹細胞」「神経幹細胞」「間葉系幹細胞」「胚性幹細胞(ES細胞)」
これらの細胞がその名に示されたものに分化します。
それだけでなく、他の組織の細胞にも分化するという可能性が示されてきてもいますはいますが・・・。

それで、幹細胞はいろんな組織に存在し得ます。よって骨髄にだけあるというのはちょっと守勢が必要かと思います。

2、実験用に作られたというの...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報