マンガでよめる痔のこと・薬のこと

はじめて質問させていただきます。

私の太ももは皮下脂肪(人によっては造語のセルライトと言う)がすごいです。
硬すぎてつまむ事すらできず、つかむのも力が必要です。

これをおとしたいのですが、調べたところ皮下脂肪には半身浴やサウナはよくないと書かれていたり、ただの皮下脂肪なんだから半身浴や運動などで痩せれば良いと書いてあったり、太ももの皮下脂肪は揉みほぐしても意味がないと書いてあったり、色々でどれが正しいか分かりません。

さらに痩せたいのですが、今怪我をしていて運動が出来ません。
怪我が完治するまで揉みほぐすなり、なんなりして硬い脂肪を柔らかくして痩せやすい体をつくりたいです。

エステなどは実際きくんでしようか?
脂肪を揉むことに意味はあるんでしようか?

よろしくお願いいたします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

>硬すぎてつまむ事すらできず、つかむのも力が必要です。



脂肪が硬いというよりも、筋肉が張っているからではないでしょうか?
体が硬かったりしませんか?
太ももを伸ばすようなストレッチをするといいのではないでしょうか。

>さらに痩せたいのですが、今怪我をしていて運動が出来ません。

どのようなケガなのかわかりませんが、ピラティスはできないでしょうか?
もともとリハビリから考案されたトレーニングなので、ケガの具合を見ながら試してみてはどうでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

確かに体かたいのでストレッチなどしてみようと思います!!
運動中に捻挫してしまって、ウォーキングなどができないので困っていたので具体例まで書いていただいて助かります
アドバイスありがとうございます(*^^*)

お礼日時:2012/08/26 00:11

脂肪を揉んでも意味はありませんが、質問者様には筋繊維と筋膜の間の癒着を剥がす「筋・筋膜リリース」がお勧めです。



こちらのURLを見て頂くと詳しく載っていますので、参考にしてみてください。

https://www.diet-laboratory.com/

応援しています!
    • good
    • 1
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます(*^^*)

お礼日時:2012/08/26 00:08

セルライトに関しては美容業界のみに使われてる言葉で脂肪と同じです。


脂肪が付いてる場合は身体のどの部位でも食事の見直し(摂取カロリーと消費カロリーの関係)をし、継続的な運動を行う必要があります、又、生活強度を上げる事も効果的です。

半身浴はサウナは脂肪燃焼と何ら関係ありません、エステも然りです、リラックス効果や血流を良くしたり、凝りや張りの解消と考えて下さい。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

細かく理由まで書いて下さってありがとうございます(*^^*)
ためになりまた。
まずは食事の改善からはじめようと思います
アドバイスありがとうございました!!

お礼日時:2012/08/26 00:14

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q内臓脂肪は落ちたが、皮下脂肪が落ちない~!(悲鳴)

こちら厄年の日本男子です。
半年前、思い立ってフィットネスを始めました。筋トレ・エアロバイクをしてます。
最初全く変化がなかったのですが、3か月して急に効果が現れ始めました。内臓脂肪がびっくりするほど落ちたんです。
ところが、皮下脂肪はいまだタプタプしてます。男子たるもの、外見にこだわらず実力をつけることに精進しなければいけないのですが、せっかくここまできたんです。できればなんとかこの皮下脂肪を落としたい。
今やってる筋トレ・エアロバイクを継続するだけで大丈夫でしょうか。ちなみに私は小学生の頃は、肥満児一歩手前でした。
すみません、どうかご回答おまちしております。

Aベストアンサー

こんにちは☆ダイエットコンサルタントのアゲハです。

Patek-pさん、がんばりましたね。
今はどんどん体が変化されるのを楽しんでいらっしゃるのでは?!

ご質問の件ですが、No2さんもお話されたように、
内臓脂肪→皮下脂肪の順番で基本的には落ちていきます。

それプラス、
内臓脂肪と皮下脂肪では落とし方が若干異なります。
内臓脂肪を落とす場合、基本的には有酸素運動
例えば20分以上のエアロバイク、ウォーキング等です。(サプリメント不使用の場合)

皮下脂肪を落とす場合、
(1) 皮下の体温を上げる
この為にフィットネスにあるお風呂などを活用し、体温を上げる

(2) 気になる部分をマッサージする
マッサージすることで皮下脂肪が遊離脂肪酸に変換され、痩せやすい状態になります

(3) 気になる部分の筋力トレーニング
たるみが出ている皮下の筋肉が少ない場合が多いので、そこの部分を鍛える。

フィットネスにはインストラクターがいると思うので、その人を捕まえて、そこの部分を鍛える筋力トレーニング法、とくに、その部分の「等尺性収縮」で行なうトレーニングを教えてもらってください。

「等尺性収縮」は筋肉の量が増えるので、やせたい質にもなるし、見た目のたるみも取ってくれます。

(4)筋力トレーニング後は有酸素運動:エアロバイクで脂肪を燃やす。

この順序、方法で筋肉を増やし、脂肪を燃やせば、痩せてしまった体になると思います。

また、成長期に体が大きい場合、脂肪細胞の数が他者よりも多く、また、脂肪細胞自体大きいので、痩せるまでに若干時間がかかったものと思われます。

でも、効果が出てきているので、続けてがんばってくださいね。

応援しています。

私のHPも痩せる特集をしていますので、時々遊びに来てくださいね☆

こんにちは☆ダイエットコンサルタントのアゲハです。

Patek-pさん、がんばりましたね。
今はどんどん体が変化されるのを楽しんでいらっしゃるのでは?!

ご質問の件ですが、No2さんもお話されたように、
内臓脂肪→皮下脂肪の順番で基本的には落ちていきます。

それプラス、
内臓脂肪と皮下脂肪では落とし方が若干異なります。
内臓脂肪を落とす場合、基本的には有酸素運動
例えば20分以上のエアロバイク、ウォーキング等です。(サプリメント不使用の場合)

皮下脂肪を落とす場合、
(1) 皮下...続きを読む


人気Q&Aランキング