私は
今、内科的なことも外科的なことも自由診療の先生にみていただいてとてもたすかっています。その理由は2つあります。

1)私は体が丈夫ではありません。よく、熱が出て抗生物質が必要なとき、保険診療で見てくださった先生からは「かぜぐすり」しかもらえず、抗生物質をいただけませんでとてもこまりました。今、原因の細菌のチエックから抗生物質の補液や予備の抗生物質もいただけるので本当にたすかっています。

2)けがをした時、縫合したのですが、お風呂にはいれなくなるところ(私は女性なので毎日入浴できないととてもこまる)テガダームというフイルムをはっていただきとてもらくでした。これは保険診療ではだめのものだそうです。

お金にはかえられませんし、本当にたかくありませんね。

精神科のことでうかがったのですが、保険診療では
カウンセリング1時間以上して料金は900円(間違いかもしれません、コンビニのアルバイトとおなじくらいだったので)なので、だれもカウンセリングはしなくなったとのことです。

自由診療の先生にかかられてたすかったかたで何か役に立つお話しのあるかた
ご意見をください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

ご質問の趣旨とは違うので申し訳ありませんが、みなさん勘違いなさっていらっしゃるようですので・・・



保険診療で禁止しているのは「混合診療」(保険診療と自由診療を同一患者に同時に行ってはならない)であって、保険医療機関が自由診療を行ってはならないと言うことではありません。もし、自由診療をしてはいけないと言うことになると、保険証を持っていない方が診療を受けられなくなってしまうからです。実際に、私の患者さんでもわざと健康保険に入らずに自費で診療を受けに来ている方もいます。
ですから、kouraさんも別にわざわざ自由診療しかしないドクターのところに行かなくても、健康保険は使いませんからと受付で明言されれば、どの医療機関であっても受診は可能です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速にありがとうございます。お忙しいところをありがとうございます。
信頼できる先生というのが一番ありがたいですね。

お礼日時:2001/05/20 13:56

>軽軽しくいえない事ですが


>保険診療においても日常的に行われている事であってはならないことではないでし>ょうか。
>以上のことは、「療養担当規則」(保険診療を行う規則)にすべて記載されていま>すが。

日本国内では保険診療を受ける事により、同じ検査をどこの医療機関(同じ条件の医療機関の場合)で受けても同じ点数です。
また保険請求分に対して査定を受けることにより、過剰な医療を抑制されています。もちろん医師としてもすべて検査もしたいと言う希望もあると思いますし、患者さんの要求もすべてかなえたいと思っていますが、それが認められるのであれば
医療費は数倍に高騰し保険制度は崩壊するでしょう。
これはkouraさんもおっしゃっていらっしゃる通りだとおもいます。
ただ自由診療の場合 1点=10円でなくても良いわけですので、医療機関においてもうれしい患者さんですね。
しかし本来は必要で無い検査をされて高額の請求をされた場合、医学的知識の無い
患者さんが拒否する事ができるでしょうか
「療養担当規則」(保険診療を行う規則)も熟読されていらっしゃるようですのでkouraさんならだいじょうぶなのでしょうけど・・・
すみません 質問の内容からそれてしまいました。
まあ保険制度がうんぬんと言うよりも、患者サイドとして自分がそれで満足できるなら自由診療も良いのではないでしょうか。
    • good
    • 0

ドクターサイドからコメントさせてもらいます。


1)風邪で投薬する場合、保険診療においてもほとんどのドクターは抗生物質
  を処方していると思います。風邪そのものには抗生物質は効きませんが、
  二次的な細菌感染を併発していることが多いため、急性上気道炎などの
  病名で処方可能です。
2)テガダームやオプサイトなどのフィルムは処置料に含まれるとの理由で
  保険請求できなくなりましたが、多くの病院やクリニックでは手術後
  創部や外傷の傷などにおいて使用しています。もちろん、費用は病院負担
  になりますが、少々濡れても水をはじくので、患者さんに喜ばれます。
以上1).2)については自由診療のメリットとしては適当でないように思います。
保険診療においても日常的に行われている事です。

この回答への補足

ドクターからのお答えをいただくとは思いませんでした。早速ありがとうございました。

1)「急性上気道炎などの 病名で処方可能です。」とあります。診断ではなく、「病名」ですか?「保険病名」で診療をおこなってはいけないのではありませんか?

「二次的な細菌感染を併発していることが多いため」とありますが推測でしょうか?
カゼで咽頭培養などはしてくださいますか?(保険診療で?)
そうすると、診断のため(培養感受性で4日間?)治療が遅れてしまいませんか?

2)テガダームなどにつき
「もちろん、費用は病院負担 になりますが」とございます。保険診療では、行った診療行為はすべて診療録に記載し診療報酬明細にて請求しなければならない。やったことはすべて請求しなければならないはずです。

テガダームは1万円くらいあっというまにしてしまいます。
するとドクターのところでは、
高額のお金を病院負担されているということになります。

軽軽しくいえない事ですが
保険診療においても日常的に行われている事であってはならないことではないでしょうか。
以上のことは、「療養担当規則」(保険診療を行う規則)にすべて記載されていますが。

補足日時:2001/05/17 14:02
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q抗生物質の効き方について

質問します。

慢性扁桃腺炎のため、抗生物質を処方してもらい、飲んでます。

オーグメンチン酸配合錠125ss(一般名:アモキシシリン)を朝昼晩3回。

他、消炎剤(プロナーゼ)を1日3回。

過去ずっとフロモックスを飲んでいましたが、あまり続けるのも良くないとのことで、薬を代えていただきました。

新しいのも従来のも同様に、効き方としては、ジワジワと耳奥が痛痒い状態が服用後1時間程経つと出てきます。

これは薬が菌をやっつけてくれてる証拠なんでしょうか?その後確かに楽になってはくるんで。


ネットでは薬の成分とか、適応する病気の種類とかの説明は多いのに、「このお薬は服用後こういう症状を伴いながら、患部を治していきます」的な説明が少なすぎるような気がするのは私だけでしょうか?

医者に聞けばいいのかも知れませんが・・・。

ですので、「効能」よりも「効き方」について教えてください。

Aベストアンサー

あまり、抗生物質は関与していないように思います。

一般的には症状の改善が見られますが、体感ではわかりにくいと思います。

Q抗生物質

抗生物質ってのむと身体の免疫力が落ちるってよく聞きますができればのまない方が良いのですか?
他には、抗生物質は一日8時間おきにのまないと効果無い、とか一回でもとばすとその後利き目は無い
とかもいわれてますけど実際のところ専門家から見てどうなのでしょう。

今、ちょっとした風邪で 抗生物質を処方されてますが、ちょっとよくなってきたのでやめようか(医者に様子を見て直らないようだったらまた来て、といわれた)、それとも途中でやめては意味無いのか、そもそも最初からのまなきゃよかったのか・・・

たいした事じゃ無いんですけど気になって・・・

Aベストアンサー

抗生物質は、細菌を殺す薬です。
ただしついでに体内で働く必要な細菌も殺してしまうため、あまり長期に服用すると良くないようですね。

細菌、じゃない最近では軽い風邪程度ではあまり抗生物質を服用するべきではないという考え方も確かにあるようです。
ただし、一旦飲み始めたならばちゃんと最後まで飲んだ方がいいです。途中で止めてはいけません。
というのが、間隔を置いて(例えば8時間)飲み続けることで、体内の薬の濃度を一定に保ち、それで細菌を殺してしまうのですが、間を飛ばしたり途中で飲まなくなったりすると逆効果なのです。死にかけた細菌が再度増殖してしまうのですが、抗生物質に耐性を持ってしまうことがあるのです。
院内感染の原因菌として恐れられているMRSAや、新しいタイプの結核菌は、このようにして生まれました。

ですので途中で止めるのだけは避けた方がよいと思います。
こんな事書いたら、医師の回答者さんに怒られますが、私はあまりに安易に抗生物質を処方された場合には、最初から飲みません。

Q抗生物質とアレグラ

抗生物質(メイアクトMS錠)と痒み止め(アレグラ錠)、一緒に飲んでも大丈夫でしょうか?

Aベストアンサー

その2つの薬の間に相互作用は確認されていません。従って全く問題御座いません。安心して下さい。

Q抗生物質について

私は月に一回ぐらい風邪をひきます。
病院にいって普通の風邪薬ではなかなか治らず、そのうち(風邪をひいてる途中)に大病に発展します。

それを知ってるせいか、よくクラビットかジスロマックを処方されます。
実際治らなくても、抗生物質を変えた途端に治ったりします。
しかし、医師によっては強い抗生物質を使うといざという時きかなくなるからやめた方がいい。
といわれるのですが、どうなのでしょうか?
風邪ひきやすいですし、心配です。

Aベストアンサー

確かに、抗生物質の乱用は推奨されるモノではありませんが

>普通の風邪薬ではなかなか治らず、そのうち(風邪をひいてる途中)に大病に発展します。
という状況である以上、処方することによるデメリットと処方しないことによるデメリットとを
天秤に掛けた結果処方するのでしょうし、服用すべきでは無いでしょうか?

抗生剤は複数の系統に分かれていますから、単一のモノへの耐性があってもそれ以外の系統で対処可能です。

危険なのは、沢山の種類を一度に長期間服用することです。

どんな『大病』なのか分かりませんが、風邪を引かない予防策、引いてしまった場合の早期回復(大病に至る原因の回避)が大事なのでしょう。

危険だから処方されても飲まない、最後まで飲みきらない。と言うのがもう一つの危険要素。

Q抗生物質について

良い菌も殺してしまうから飲むと免疫力が下がると聞いたことがあるのですが、歯医者で出される抗生物質も同じことが言えるのでしょうか?

Aベストアンサー

歯医者で出される抗生物質も同じです。

一旦抗生物質をとると腸内細菌が自然に元に戻るのには1年位かかります。
その間、便秘になりやすくなったり、風邪を引きやすくなったり、膣炎にかかりやすくなったり
色々な弊害が出てきます。

腸内細菌を元の状態に戻してあげるのには
植物性乳酸菌を摂取する事。

植物性乳酸菌は糠漬けや、キムチなんかにに含まれています。
その他、玄米を2日間に水に漬けておいた漬け汁も良いです。
http://cookpad.com/recipe/781599


人気Q&Aランキング

おすすめ情報