大乗仏教の学派である中観学派と瑜伽唯識学派、それぞれの思想について簡単に教えてください。
 短くまとめて、人に説明できるようにしたいのですが、量が多く、難解でまとめることができません。
 どちらか片方でもありがたいです。
 辞書的ではなく、わかりやすくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

>仏教の思想を知ることにより、これからの人生をより豊かに生きていただくことが目的です。


と、そもそものご質問である、
>中観学派と瑜伽唯識学派、それぞれの思想について
から、「仏教の思想の中で、特に中観学派と瑜伽唯識学派の教えによって人生をより豊かに生きていただくこと」
と受け取ってよろしいでしょうか?
人生の豊かさについてなら、在家向けにはむしろ「少欲知足」について解説するのが一番いいのです。
即ち、「現在あるもの、現在与えられた物、現在の能力で手にすることができるもの」 で満足することです。

まづ、中観論は早い話が、「両極端を捨てよ」という教えですので、
「様々な負の情念で悩み苦しんでいる自分を客観的に見つめるように心掛け」
「何でもほどほどに」とか、「思いつめない」とか、言えばいいでしょう。

唯識を用いるなら、迷いの状態である九識は定義だけさらっと説明し、九識が「転成」したところの「五智」を「深秘」な説でなく「浅略」に、つまり現実的に即して説明してはどうでしょう。
妙観察智:物事を分析する智慧。文章を理解する能力、数学の能力など。進んで人の心を理解するとか。
平等性智:浅薄な好悪善悪の判断で物事を分別する「差別」(しゃべつ)の心(我執の四煩悩を交えて解説する)を克服した謂わゆる善平等の心。
大円鏡智:過ぎ去ってしまったことにとらわれない心。過ぎた事はとり戻せないのですので、反省はしても何時までもくよくよするのは止めましょう。
法界体性智:自分のポジションを的確に把握して、
成所作智:自分が為すべき事を為す智慧。

これらを骨にして、sabazusi21さんの知見と言葉で「少欲知足」に持っていくように説明してあげるといいでしょう。
60歳以上の方には社会現象や、仕事、家庭のことに即して、
中高生なら、悩み事は大抵学業・友人・性・恋愛、そして殊に最近は家庭の悩みでしょう。
sabazusi21さん自身が中高生の頃を思い出して中高生の立場になってみた上で応用を利かしてみてください。
少人数なら(大人でも)ダイアログによってそのグループがどういうことに興味を持ってるか聞き出し、
その辺から手がかりにすればよいです。大人数では一般的な社会事象で、中高生でも知ってそうなことで
説明してあげればよいでしょう。ここらあたりのポイントは「人を見て法を説け」ですね。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

わかりやすい説明と、アドバイス本当にありがとうございます。

>少人数なら(大人でも)ダイアログによってそのグループがどういうことに興味を持ってるか聞き出し、 

 私のように若い者が、人生経験が豊富な方々に「人生をより豊かに」と言うのは
おこがましく、また大変勇気のいることです。「何か感じてくれるのだろうか?」「勝手な事を言ってしまうではないか?」と、頭をよぎります。
しかし、興味を持っていることを伺い、共に考えていく方法ならば、うまくいきそうな気がします。

>「人を見て法を説け」
 その通りですね。どんな事でも教えるときには、相手の事を知らなければ真に伝わらないのですね。

 何日もお付き合いいただいてありがとうございました。繰り返しお礼申し上げます。

お礼日時:2001/05/23 09:14

「如来」の概念すらわからない人に対してですか。

何とかがんばって仏教用語を使わずに説明してみましょう。

説明する相手はどういうような人を想定すればいいでしょうか?

特に中観は経理系、唯識は30~40歳以上の人生経験者なら、用語の壁さえ乗り越えればそんなに難しい概念ではないのですが。

とりあえず説明する相手はどういう類いの人であるか知らせてくだされば相応した説明を考えてみます。

この回答への補足

 御丁寧にありがとうございます。
 
 相手は、中学生から高校生の方々と、60歳以上の方々です。
一緒に説明する日と、別々の日とあります。

 学問としてではなく、仏教の思想を知ることにより、これからの人生をより豊かに生きていただくことが目的です。

 年齢に幅というか差があるので、一番人数の多い中学生を中心に説明したいと思っています。

 お手数かけますが、よろしくお願いします。

補足日時:2001/05/21 10:00
    • good
    • 0

十大煩悩の中に「辺見」と言うのがあります。

両極端な物の見方をすることです。
この辺見を乗り越えて正しく物事を見ることを「中観」とか「中道」と呼びます。
殊に、「縁起の法」を辺見に限って適用し、両極端を差し引きして零、
即ち「空」とし、(ゼロも空もインドでは同じ言葉)この空であることを
さとるのが悟りであるとします。
その空の「智慧」即ち「般若」(言葉の意味は一緒)を尊び、「信仰」します。

瑜伽唯識学派はいわば仏教の深層心理学みたいな物で、まず、心を九層に分け、
(ただし、八層に分ける学派もある)その凡夫の九識が転じて如来の五智となって
(表面の五識を一括して「成所作智」とする)悟りが完成するとするのです。
悟りに関して中観より踏み込んだ分析をしています。
あとは九識と五智との関係をしっかり把握すれば人に説明できるようになるでしょう。

参考までに自我と他者との関係について唯識と中観を引いた議論がありますので興味があれば参考URLをぞうぞ。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=68425

この回答への補足

 ありがとうございます。
 八識は知っていましたが、九識のアマラ識については全く知りませんでした。もう少し調べてみようと思います。
 あまり仏教について知らない方々に説明するので、たとえば「如来」というような基本的な語から説明することになると思います。仏教は、一つの語でも国や地域、時代によって意味が違ってくるので頭がこんがらがってしまいます。
 今回の二つの学派の教理は、特に理解しにくく困っていました。有部の実存の思想についても正しく理解できていないためか、それに対抗した思想であるという「空」思想は、本を読んでもいまいちわかりませんでした。
 もっと砕いた説明がしたいと思います。日常生活の出来事などを例にして、何とか説明できないでしょうか。

補足日時:2001/05/19 21:45
    • good
    • 0

 「教育」>「文系の学問」>「哲学」のカテゴリーに仏教思想に詳しい方がおられます。


 管理者にメイルして、この質問を移動してもらってはどうでしょう。その方が答えが得られやすくなると思います。

(事後、この回答は削除のこと)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
さっそく管理者の方へ移動をお願いしました。

お礼日時:2001/05/18 00:14

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q法華経の教えを簡単に言うと

1.生きとし生けるものは全て仏の心がある
2.来世でなく今を正しくきちんと生きましょう

この2点でしょうか?

どうぞ簡単に簡潔に教えてください m(_ _)m

Aベストアンサー

1.生きとし生けるものは全て仏の心がある
2.来世でなく今を正しくきちんと生きましょう

この2点でしょうか?

○法華経の主眼は、簡単に言えば、「1.生きとし生けるものは全て仏の心がある。」つまり、全てのものに仏生があるので、
三宝に帰依してしっかり修行をして仏性を磨いて今世を生ききれば、必ず来世、来来世あるいは未来世で菩薩になれる。という教えですね。言い換えれば、「2.来世でなく今を正しくきちんと生きましょう。」ですね。だから、2点でほぼ正しいのですが、菩薩への修行には、釈迦如来が実践したように、衆生伝道も含まれるのですね。これは菩薩が立てる四弘請願で明らかですね。簡単に言えば己を磨き、衆生を助ける「上求菩提下化衆生」ですね。
鎌倉期以降は「上求菩提下化衆生」が「上求菩提」と「下化衆生」型宗教に分かれてなにやらわからなくなってしまってますが、
1.生きとし生けるものは全て仏の心がある。
2.来世でなく今を正しくきちんと生きましょう。
3.学んだ教えを広めましょう。
の3点が本来的な主題ですね。仏教では正しく物事を観る、判断することを「正見」といいますがこれは「正信」つまり、正しい信仰を持つことと同じ意味ですね。
仏教では釈迦如来に帰依することが「正信」ですから、本尊は釈迦如来以外にはないですね。
釈迦如来を役割の違いで阿弥陀仏や大日如来と言い換えているだけですね。表現方法は寛容ですね。ということで仏教においては、弟子やお経は本尊には決してなりませんね。

1.生きとし生けるものは全て仏の心がある
2.来世でなく今を正しくきちんと生きましょう

この2点でしょうか?

○法華経の主眼は、簡単に言えば、「1.生きとし生けるものは全て仏の心がある。」つまり、全てのものに仏生があるので、
三宝に帰依してしっかり修行をして仏性を磨いて今世を生ききれば、必ず来世、来来世あるいは未来世で菩薩になれる。という教えですね。言い換えれば、「2.来世でなく今を正しくきちんと生きましょう。」ですね。だから、2点でほぼ正しいのですが、菩薩への修行には、釈迦...続きを読む

Qゲノムと染色体の違いは

一対の染色体の片方がゲノムだと思っていたら、染色体のゲノムを解析するという文章がありました。
どう考えたらよいでしょうか。
 生物学の本には、ゲノムという言葉ばかり載っていて、医学関係の本には染色体という言葉ばかりでゲノムという言葉はほとんどありません。

染色体、ゲノム、遺伝子、、、、
わかりやすく解説してあるサイトがあれば教えてくださいs。

Aベストアンサー

染色体・・・
DNAが何重にも折りたたまれたもの。細胞分裂中だけ出現する。通常時の細胞ではDNAが折りたたまれていないため、観察できない。

ゲノム・・・
生物の特性を決定する全情報のこと。例えば「ヒトゲノムプロジェクト」とは、人間の体にまつわる全ての遺伝情報を解明しよう、という計画。「全情報」という形の無いものを指す言葉。
遺伝情報の実体はDNAであるため、全DNA(または全染色体)を指してゲノムと言うこともある。これは厳密な意味では間違っているが、普通はゲノム=全DNAと理解していても差し支えない。

遺伝子・・・
生物の体の構造・特徴・働きなど、生き物のカタチから日々の生活まで、全ては細胞の中に書かれている設計図に基づいてコントロールされている。遺伝子とは、その設計図のこと。小さな小さな細胞の中で、実際の設計図はどこに書かれているのか?
ズバリDNAに書かれている。

まとめて簡単に言うと・・・(たとえ話)

仮に「指は5本つくりなさい」という指令があったとする。他にも「疲れたら眠れ」とか、「暑いときは汗を出せ」とか、いろいろな指令がある。指令が書かれている書類ひとつひとつが遺伝子。「指5本遺伝子」とか、「汗を出す遺伝子」とか。ひとりの人間を作る全ての指令をひっくるめて「ゲノム」。
こういう書類(遺伝子)は、具体的にはDNAに書かれている。普段、DNAは細胞核の中に溶けているけれども、細胞分裂の時だけギュウギュウに折りたたまれて固まる。この折りたたまれたカタマリが染色体。

染色体・・・
DNAが何重にも折りたたまれたもの。細胞分裂中だけ出現する。通常時の細胞ではDNAが折りたたまれていないため、観察できない。

ゲノム・・・
生物の特性を決定する全情報のこと。例えば「ヒトゲノムプロジェクト」とは、人間の体にまつわる全ての遺伝情報を解明しよう、という計画。「全情報」という形の無いものを指す言葉。
遺伝情報の実体はDNAであるため、全DNA(または全染色体)を指してゲノムと言うこともある。これは厳密な意味では間違っているが、普通はゲノム=全DNAと理解していて...続きを読む

Q唯識思想の阿頼耶識縁起について

唯識思想では深層心を第八阿頼耶識としています。
その阿頼耶識の働きとして(1)「種子生現行」(2)「現行薫種子」(3)「種子生種子」の阿頼耶識縁起なるものを説いていますが、(3)「種子生種子」とはどのようなものなのでしょうか?
(1)(2)は分かるのですが(3)だけわかりません。

知っている方がもしいたら宜しくお願いします。

Aベストアンサー

>その阿頼耶識の働きとして(1)「種子生現行」(2)「現行薫種子」(3)「種子生種子」の阿頼耶識縁起なるものを説いていますが、(3)「種子生種子」とはどのようなものなのでしょうか?

「種子生現行」が「原因が結果を生む」の意、「現行薫種子」が「結果が次の現行(結果)の原因となる」の意だとすれば、「種子生種子」とは、文脈からして「古い原因が新たな原因を生む」という意になるのではないでしょうか。

しかも、その根本性格に関して、『唯識三十頌』では「恆転如暴流」(第四頌)とありますから、No.1さんのおっしゃるような「8識は記録意識」というような生やさしいものとしてではなく、むしろ「種子即現行」・「現行即種子」とでも言うべく、目眩くような、ダイナミックな相で阿頼耶識を捉えていると思われます。

Q龍樹が「中論」で説いている縁起とは、因果関係と相依相関関係のどちらなのでしょうか

私は仏教の縁起思想に興味を持ち、さまざまな書物を読んできました。
その中で私は、龍樹の「中論」で説かれている縁起思想というのは、相依相関関係を指していると理解してきました。
ところが、縁起とは因果関係のみを説いているという学説があるというではありませんか。
私が龍樹の「中論」を読んでいる限りでは、相依相関関係を説いているとしか思えない記述があり、とても因果関係に限定できるとは思えません。
いったいどういうことなのでしょうか。私はすっかり混乱してしまいました。
どなたか仏教哲学にお詳しい方がいらっしゃれば解説よろしくお願いします。

Aベストアンサー

龍樹の意図する『中論』の基本的なスタンスは、部派仏教の間で支配的な縁起観というものを否定して、お釈迦さんの本来の縁起観を取り戻そうとすることにありました。

部派仏教の縁起観を否定するというのは2つの意味があって、1つは、流転し輪廻する人間のあり方を説明するような理解、つまり「時間的な生起の関係」という説明を否定して、よく引き合いに出される「浄と不浄」の例のような、相依関係を表わすものとして縁起を捉えなおしたこと。そして2点目は、ものごとに自性を求める立場を明確に否定したところに縁起を位置づけたことです。

『中論』を読むためには、この2点目も必ず同時に押さえておく必要があります。そうでないと、ただでさえ宇井伯寿先生以降、縁起といえば「ものごとがお互い依存しながら成立している相互関係」とされているわが国では、縁起が単に空間論的なはなしに思われてしまって、後の中国の華厳で言う法界縁起の思想とあまり差がなくなってしまうからです。

龍樹の縁起理解はもちろん法界縁起と重なるところがあります。しかし、大事なことですが、彼の主眼はあくまでも、有部などのように実体に固執する立場では因果関係も論理的関係も成り立たない、ということの主張にありました。関係一般というのは本体を持たないものの間にしか成り立たない。つまりこの世の一切は無自性なのですが、その故にこそもろもろの現象が成り立つ、それが本来の縁起なのだ、と言っているわけです。

我を考察した章もありますが、運動や燃焼、認識を論じた章などは、このことを言いたいがためにくどくどと論を尽くしているわけです。ですから『中論』の内容を、空間的な問題に限ってはいけないのはもちろんのこと、単に相互依存関係を説く書物だ、と言って済ませてしまってはいけないと思います。

ところで、この質問自体が前の質問で名の挙がった松本史朗氏の主張に接して生まれたのではないか、という気がしますが、どうでしょうか。一応その前提で付言しておきますと、松本氏は確かに十二支因縁を挙げながら、縁起説を時間的因果関係で理解することの重要性を盛んに主張しています。ただ、氏は別に他のいろいろな縁起の理解を否定しているわけではありませんし、否定できるわけもありません。

氏の立論の根本にあるのは、仏教の成立時点に目を向けた時に仏教を仏教たらしめる根本的な思想の核は何だろうか、という問題意識ですから、根底に無明や渇愛をおくとなると、その縁起理解というものは時間的な因果関係を抜きにしてはたちゆかない、というところに力点がおかれるわけです。

『中論』は有名なだけに、内容を知らずに自分勝手な想像を書く人も大勢いて、げんなりさせられることが多々ありますね。回答しておきながらこう書くのもなんですが、あまりこういうところの回答を期待せずに、ちゃんとした書物をとにかく読み込んでみることです。

龍樹の意図する『中論』の基本的なスタンスは、部派仏教の間で支配的な縁起観というものを否定して、お釈迦さんの本来の縁起観を取り戻そうとすることにありました。

部派仏教の縁起観を否定するというのは2つの意味があって、1つは、流転し輪廻する人間のあり方を説明するような理解、つまり「時間的な生起の関係」という説明を否定して、よく引き合いに出される「浄と不浄」の例のような、相依関係を表わすものとして縁起を捉えなおしたこと。そして2点目は、ものごとに自性を求める立場を明確に否定した...続きを読む

Q龍樹は大乗仏教をどう正当化したのですか?

龍樹は大乗仏教を体系づけたと聞きます。
当時、大乗仏教は上座部仏教から攻撃されていて、龍樹がそれに対する理論武装をしたのですよね。
そこで龍樹はどう反論したのか知りたくなって、彼の思想を調べて見ると、空の哲学を作ったと。
そして私はまだ読んでいないのですが、空の哲学は非常に理論的で難解であると。
これでは多くの者が受け入れられる教えを目指す大乗仏教から遠ざかっているように見えるのですが、違うのでしょうか?
空の哲学は大乗仏教の理論的根拠となっているのですか?

私のここまでの理解が間違っているのかもしれません。
教えていただければ幸いです。

Aベストアンサー

こんばんはです。



☆☆☆☆☆☆
~~~~~~
龍樹は大乗仏教を体系づけたと聞きます。
~~~~~~
龍樹は、それまでの仏教の《有の哲学》というべき《アビダルマ哲学》の破壊者です。
「大乗仏教を体系づけた」。これは微妙ですね。
一般的に彼の代表作とされる《中論》を見るかぎり、《体系者》としての一面はあまり強くありません。大乗仏教の《空》を縁起と結びつけた。そして、その龍樹の空の考え方の延長線に後の大乗仏教(の哲学)が発展したという意味でならば、龍樹は体系者といえるのかもしれませんが。。。。
一般的には、破壊者と考えられています。それまでの仏教の学説を木ッ端微塵にしてしまったもので。


~~~~~~
当時、大乗仏教は上座部仏教から攻撃されていて、龍樹がそれに対する理論武装をしたのですよね。
~~~~~~
《理論武装》?
これも微妙ですね。
龍樹は、いわゆる上座部系の仏教からの攻撃に対して、上座部の《アビダルマ哲学》の矛盾を論理的に示すとことによって、大乗仏教を擁護した。
こちらの色彩の方が強いと思います。


~~~~~~
そこで龍樹はどう反論したのか知りたくなって、彼の思想を調べて見ると、空の哲学を作ったと。
~~~~~~
いえいえ、龍樹は、「《空》について哲学をするな」です。
《有》と《無》の両の極端ではなく、その中(間)を観る、それが《中観》。
論理や言葉は《有》と《無》の両極端の教えを退けるために使われるべきもの。
だから、龍樹のこうした思想を受け継ぐ人々は自らのことを《中観派》と呼びました。
もっとも、後の時代に、《中観派》も自身の主張を持つべきだという考え方も現われ、《中観派》は二つに分裂します。

龍樹の反論は、「物などに自性や本体というものがあるとするならば、それはブッダの縁起の理法に抵触する。だから、物には自性や本体はない」、ほぼこの一点につきます。そのことを得意の論理を使って証明してみせています。
現代的な視点から見ると、龍樹の論法は限りなく詭弁や言いがかりに近いものが数多くありますけれども。



~~~~~~
そして私はまだ読んでいないのですが、空の哲学は非常に理論的で難解であると。
~~~~~~
そもそも《空》は哲学にならないものです。言葉によって語ることができないものです。そうした《空》について哲学をしているのだから、必然的に、雲をつかむようなつかみ所のない話になってしまいます。

しかし、龍樹オリジナルの《空》の定義は、
  およそ縁起した(因と縁でできた)ものを、空であると言う。
  それは概念的に仮説されたものであり、それはまた中道である
とシンプルなものです。
つまり、
  因と縁でできたものだから、自性がない、空(から)っぽ、empty、つまり空。
  それは概念的に仮りに設定されたもの。
  因と縁でできたものとしては在ると言えば在るし、自性がないのだから無いとも言える。
  それが《有》と《無》の両の極端を離れた中道ということ。
くらいの意味です。
それほど無茶なことを言っていませんって、龍樹本人は。

でも、中国では、《空の哲学》をやっちゃった。しかも、龍樹のこの空の定義を誤解して、とんでもない《空》の哲学体系を作ってしまった。だから、分からなくて当たり前!!
これを分かったら、スゴいですよ。僕なんか、まったくそこに何が書かれているか、チンプンカンプンだもの(笑い)。



~~~~~
これでは多くの者が受け入れられる教えを目指す大乗仏教から遠ざかっているように見えるのですが、違うのでしょうか?
~~~~~
これはある意味でYES、そして同時にNOです。

そして、これは僕からのちょっとしたアドバイス。
  《空》という言葉が出たら、《ゆめ・まぼろしのようなもの》と読みかえましょう。
小難しい議論をしないのなら、これで大体、《空》がどのようなものか分かります。
あくまで《夢・幻のようなもの》ですよ。それは、眼の前にちゃんと存在していま~す。無いわけではありません。《夢・幻》では決してありません。



~~~~~
空の哲学は大乗仏教の理論的根拠となっているのですか?
~~~~~
龍樹の《空》についての定義は、その後の(インドの)大乗仏教(哲学)にそのまま受け継がれ、のちに意味が拡大されます。
《空の哲学》ではないですよ、龍樹の《空の定義》。



☆☆☆☆☆☆
で質問には、すべて答えているのかな。

こんばんはです。



☆☆☆☆☆☆
~~~~~~
龍樹は大乗仏教を体系づけたと聞きます。
~~~~~~
龍樹は、それまでの仏教の《有の哲学》というべき《アビダルマ哲学》の破壊者です。
「大乗仏教を体系づけた」。これは微妙ですね。
一般的に彼の代表作とされる《中論》を見るかぎり、《体系者》としての一面はあまり強くありません。大乗仏教の《空》を縁起と結びつけた。そして、その龍樹の空の考え方の延長線に後の大乗仏教(の哲学)が発展したという意味でならば、龍樹は体系者といえるのかもしれませんが。...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報