稲作の起源について調べていたのですが、どこでどんな風に始まったかを書いてある文献はあっても、ではなぜ稲作を始めたのか、作るのも食べるのも手間のかかる稲をなぜ作ろうと思ったのか、がいまひとつ解かりません。
 「こうだと思う」と言う意見や考え方でも構わないので教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (11件中11~11件)

本当に単なる意見で申し訳無いのですが、畑だと毎年同じ作物を作る事が出来ない事を経験的に知っていたのだと思います。


ところが毎年水害にあう湿地帯では自然が土壌を入れ替えてくれる為に毎年同じ場所で同じ作物を作る事が出来たのが原因だと思います。
それが稲科の植物だったのはないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お答えありがとうございます。
連作障害が無いことについては自分もちょっと考えてみたんですが、そこにある様々な物を食べていたであろう古代人に同じ場所に同じ物を栽培しなければならない理由が見つからなかったんですよ。それなのに稲作が始まったのはなぜか?これを言い出すと農耕の始まった理由にまでつながっちゃいますね。

お礼日時:2001/05/23 21:44

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aに関連する記事

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q農耕と稲作の起源について

人類の農耕と稲作の起源について調べています。

いくつかの説があるようですが、定説となっている発祥地と年代などについて、原典とされている資料と合わせてご教示いただけると幸いです。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

一考古学ファンとして大いに関心があり、詳しい方の回答を待っています。

私は回答できる立場ではないのですが、何らかのお役に立てればと思って回答します。
既読かも知れませんが、安田喜憲著『文明の環境史観』(中公叢書2004年5月発行)に記述されている「稲作の起源」は、核心をついていると思い、自分の考えの基本としています。
著者の主張の一部を紹介します。

稲作起源論を論じる上で注意しなければならないことは、「考古学者のお国自慢」である。
とくに農耕の起源は文明の先進性という問題と密接に関連しており、農耕の起源が恣意的に不当に古く論じられている。
そうしたなかで湖南省道県玉蟾岩遺跡から出土した最古の土器と4粒の種籾が、これまでのところ一定程度の信頼がおける稲作起源の最古の事例である。
(一部省略)
それ故、稲作の起源は、(各地の遺跡の例を挙げてありますが略)1万4千年以上前までさかのぼりうる可能性はきわめて高い。
しかしそれと断定するためには、さらなるデータの蓄積が必要である。
(一部省略)
以上の理由により、現時点における筆者の仮説は、1万5千年前のベーリング亜間氷期の温暖化が、野生稲の分布の北方への拡大を促進し、その分布の北限地帯において、稲作が起源したというものである。

私は、研究者が上記のように自著で述べておられることから、農耕と稲作の起源については、「研究途上であるというのが定説」と思っています。

なお、この著書には、原典を含む多くの参考文献が記載されています。
また、麦作の起源についても考察されています。
人類が最初に麦作農耕を開始したのは、ヤンガー・ドリアスの寒冷期であると主張されています。

http://joumon-juku.com/books/2004_8.html

参考URL:http://joumon-juku.com/books/2004_8.html

一考古学ファンとして大いに関心があり、詳しい方の回答を待っています。

私は回答できる立場ではないのですが、何らかのお役に立てればと思って回答します。
既読かも知れませんが、安田喜憲著『文明の環境史観』(中公叢書2004年5月発行)に記述されている「稲作の起源」は、核心をついていると思い、自分の考えの基本としています。
著者の主張の一部を紹介します。

稲作起源論を論じる上で注意しなければならないことは、「考古学者のお国自慢」である。
とくに農耕の起源は文明の先進性という問題と...続きを読む

Q人間が無の状態から作ったもの。 人類が、ゼロから作ったものは、あるのでしょうか?化学式も地球上に存在

人間が無の状態から作ったもの。
人類が、ゼロから作ったものは、あるのでしょうか?化学式も地球上に存在する物を基本にしています。もしもあるならば、教えて下さい。

Aベストアンサー

こんにちは。

これは定義によりけりだと思います。

物理法則、化学的現象が発生したのが、宇宙が出来た135億年前で、人間は基本的に、その法則を発見して来たにすぎません。
つまりは新しい法則を「発明」して作ったのではなく、既にある宇宙の内在的論理がかつて見えなかったものを「発見」しているんですね。
今ある物体的な発明、つまり電波や電力や宇宙ロケットなどはその発見を応用してゼロから作っている、と言っていいと思います。

元素の周期表で、最下行の欄にある物質などは理論から人工的に生み出しているので、ゼロから生み出していると言って良いように思うのですが、しかし、それでさえも、周期表上での理論がベースになっているわけで、新しい法則を生み出したということではない、ということになります。

Q投網漁の起源

日本では投網漁はいつ頃から行われてきたのでしょうか?
私の母方の家には貝塚があり、貝殻や土器が出土しています。
以前に、野菜のウドの生産をしていた頃、深い穴を掘った時に
穴の開いた小石が数個出てきました。
投網の重石に使った物だと聞かされました。
今も母方の家に保管されています。
縄文とか弥生時代の頃にも投網漁は行われていたのでしょうか?

Aベストアンサー

松井章著『環境考古学』の記述の一部です。

全国各地の縄文期の貝塚から、船から網ですくわないと捕れないマイワシや片口イワシの骨が出土しています。
網その物の出土例は少ないですが、網の存在は分かっています。

「貝塚 網 錘」で検索すればいっぱいヒットします。
錘の写真が出ている例では、
千歳市美々貝塚
http://www.pref.hokkaido.lg.jp/ks/sbs/joumon/remains/is_bibi01.htm

愛知県海津市「縄文人海と出会う」 10ページ 
http://www.city.kaizu.lg.jp/mpsdata/web/919/zyoumonzin-umi-deai-l.pdf

鹿児島県水産技術開発センター
http://kagoshima.suigi.jp/ayumi/book/01/a01_01_14.pdf 
このHPの最初の一節です。

「貝塚にマイワシ・カタクチイワシの魚骨が見られることから,既に石器時代にその走りがある。イワシは,釣るに困難な魚であるので,網で操業していたことが想像される。このころは沿岸近く寄せてきたものを曳網・敷網の類で漁獲していたと想像される。」

「投網漁」の歴史については分かりません。

松井章著『環境考古学』の記述の一部です。

全国各地の縄文期の貝塚から、船から網ですくわないと捕れないマイワシや片口イワシの骨が出土しています。
網その物の出土例は少ないですが、網の存在は分かっています。

「貝塚 網 錘」で検索すればいっぱいヒットします。
錘の写真が出ている例では、
千歳市美々貝塚
http://www.pref.hokkaido.lg.jp/ks/sbs/joumon/remains/is_bibi01.htm

愛知県海津市「縄文人海と出会う」 10ページ 
http://www.city.kaizu.lg.jp/mpsdata/web/919/zyoumonzin-um...続きを読む

Q人類の起源について

人類の起源について様々な議論がなされ、ダーウィンの進化論
で一応の決着がついたようになっています。人類は猿から進化
した生物である。という定説が作られたのも仕方の無いことです。
しかしそれたけでは説明のつかない事も明らかになっています。
一つはオーパーツの発見であり、もう一つは遺跡に書かれた
恐竜と人間との共存の絵があることですね。
これは猿から進化した人間がいる前に、人間がいたという疑いが
もたれます。
現在の人類は本当にレジェンドなのか。その前に人類が存在して
いてその文明を受け継いだ存在なのか。それがまた謎を生みます。

はっきりしていることは鉄の精製技術です。鉄鉱石を掘り出す技術
など無かった時代に鉄製の剣があったという事実。その剣は隕石
の鉄から作ったという。だとしたら元々鉄製の剣というものがあっ
たのではないかという疑問です。

つまり言いたいのは現在の人類が発生する以前に、現在とは違う
人類がいて文明を築き、滅びた文明の遺跡から現在の人類が
文明を創り直した。という仮説です。皆さんはどう考えますか。

Aベストアンサー

十年ほど前まで盛んにシリーズでその手の出版を繰り返していたグラハム・ハンコックという人が居て、私は随分彼の本を愉しんで読んでいたのですが、ばったりと出なくなりましたね。最近の「ピラミッドのなぞ」という映画は彼の考えの2番煎じなのでしょうが、インカやマヤ、イースター島などの巨石文化も含めていろいろな先史文化の存在が窺われる証拠はたくさんあります。ハンコックが最後に手がけた海底の遺跡(「神々の世界上下」)も日本の沖縄近海やインドのベンガル湾などが確認されていて、もっと多くの人がしっかり調べればいいのにと思っていますが、現在の考古学の権威者はそういうことに首を突っ込もうとはしません。残念ですね。巨石文化がシュメール以前にあっても今の歴史学者は何も困らないと思うのですが。

ただ、この考えが弱いのは、もし現代文化に迫るものがあったら、いわゆるオーパーツがなぜこんなに少ないのかということです。おそらく先史文明はあったのでしょう。でも近代以後の文明はやはりわれわれの人類しか経験しないものだったのではないでしょうか。こんなことを決め付けるのはいけないかもしれませんが。

十年ほど前まで盛んにシリーズでその手の出版を繰り返していたグラハム・ハンコックという人が居て、私は随分彼の本を愉しんで読んでいたのですが、ばったりと出なくなりましたね。最近の「ピラミッドのなぞ」という映画は彼の考えの2番煎じなのでしょうが、インカやマヤ、イースター島などの巨石文化も含めていろいろな先史文化の存在が窺われる証拠はたくさんあります。ハンコックが最後に手がけた海底の遺跡(「神々の世界上下」)も日本の沖縄近海やインドのベンガル湾などが確認されていて、もっと多くの人...続きを読む

Q埴輪の起源等、埴輪の質問いくつか

埴輪について教えてください。
1.円筒埴輪と形象埴輪、それぞれの起源となる地域はどこですか?
2.朝鮮でも前方後円墳があったそうですが、埴輪のようなものもありましたか?
3.埴輪は古墳以外の場所でも見つかっていますか?(埴輪製造工場以外)
4.すべての埴輪の足(底部)は土の中に埋められていましたか?
5.全国の埴輪がみな同じような形態なのはどうしてですか?
 写実性がなく、地域による個性が少ない。
6.人物埴輪の顔がみな穏やで優しいのはどうしてですか?
 人物埴輪は女性が作ったのでしょうか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

近くの古墳公園で埴輪を見て以来、不思議な魅力に魅せられてしまいました。
そして、何より驚いたのは大きさと数の多さです。
製作工房で多くの専門の工人の手によるものだと直感しました。

2について。
朝日新聞で読みましたが、埴輪は、わが国特有のものだそうです。

http://www.asahi.com/culture/news_culture/TKY201201190251.html
埴輪は3世紀に日本列島で生まれ、数百年にわたって用いられた日本列島の古墳特有の副葬品だ。朝鮮半島南部でも一部出土した例があるが、それは、日本列島から移り住んだ人々が作ったと言われている。典型的な「倭(わ)系」遺物だ。

下記論文でも同様です。「古墳の周濠の意義」抄録。
http://ci.nii.ac.jp/naid/120003501393

6について。
数の多さと、大きさ(重さ)から製作工房で男性が作ったものと思います。

橿原日記(個人のHP)
http://www.bell.jp/pancho/kasihara_diary/2005_08_01.htm 
たとえば焼成した埴輪の移動の問題だ。出来上がる埴輪は高さ2.4m、基底部の直径90cm、重量350~360kgの土の塊である。

「人物埴輪の顔がみな穏やで優しい」のは、葬送儀礼に関わっているからだと思います。
しかし、泣いたり笑ったりしている埴輪もあるそうです。

上智大学教授 北條勝貴氏のサイト
http://d.hatena.ne.jp/hojo_lec/20110530/1307584797 

5について。
南関東と畿内とに交流があったと推定されています。
昭和女子大学文化史研究「南関東における埴輪の受容」
http://ci.nii.ac.jp/naid/110000985385

4について。
どうなんでしょうか。私も知りたいです。
埴輪が立った状態で見つかった例があるのでしょうか。
調べた限りでは、土中から掘り出したか、倒れて散乱していたかです。
ただ、古墳頂上部にあったものは、盛り土の流出を防ぐために、下部を埋めてしっかりと立てた、とされていますね。
古墳頂上部ではなく、地上の墳丘脇の「造出し」に置かれた埴輪では、並べるだけだったのか、どうでしょうか。

近くの古墳公園で埴輪を見て以来、不思議な魅力に魅せられてしまいました。
そして、何より驚いたのは大きさと数の多さです。
製作工房で多くの専門の工人の手によるものだと直感しました。

2について。
朝日新聞で読みましたが、埴輪は、わが国特有のものだそうです。

http://www.asahi.com/culture/news_culture/TKY201201190251.html
埴輪は3世紀に日本列島で生まれ、数百年にわたって用いられた日本列島の古墳特有の副葬品だ。朝鮮半島南部でも一部出土した例があるが、それは、日本列島から移り住んだ人...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報