海に潜った時、オオカワリイソギンチャクを見ました。
 なぜ光っているのですか?専門的な言葉でなく、
どうか分かりやすく教えてくださいませんか?
よろしくお願いいたします。

A 回答 (2件)

「オオカワリイソギンチャク」がどうか、ということは分かりませんが、


生物発光には大きく分けて2通りあります。

1.酵素が低分子を発光させるもの。
低分子はルシフェリン、酵素はルシフェラーゼと総称されています。
ホタル、ウミホタル、など。

2.蛋白質が化学反応によって、蛍光を発するもの。
発光クラゲ類の持つ、グリーン蛍光蛋白質。

いずれにしても、もとをたどれば化学反応に行き着きます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとう御座います。
 シンプルに説明してくださって、大変助かりました。
ホタルなど例もあげてもらい、分かりやすかったです。

お礼日時:2001/05/24 12:15

これもオオカワリイソギンチャクについてではありませんが、



> なぜ光っているのですか?

「どういう目的か?」という点では、去年、グレートバリアリーフを調査した
シドニー大学のグループが、

「サンゴが光から身を守るため蛍光性タンパク質を持つ」という仮説を提唱しました。
水深の浅いところほど蛍光性のタンパク質を持つ種の割合が多かったそうです。
また、このような蛍光性タンパク質は有害な紫外線を無害な波長の光に変えるような働きもしているそうです。

参考文献 「現代化学」2001年3月号 p.13,14
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
 面白い説ですね。全く知らなかったことを知れて嬉しいです。
興味深いご回答、感謝します。

お礼日時:2001/05/24 12:18

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qピンク色LED照明でのイソギンチャク、サンゴの飼育

すみません、また質問させて下さい。

現在、ゼンスイ LEDランプ ピンク 60cmの購入を検討しています。

色々なホームページを見るとピンク色のLEDを使用すると
イソギンチャク、サンゴ、水草など、光合成をする生物の
調子がよくなるということが書いてありましたので、
ゼンスイののピンク色のLEDランプを検討しているところです。

自分の環境の蛍光灯が弱り始めましたので、
この機会にLED化をしたいと考えております。

現在、海水魚水槽にハタゴイソギンチャク、マメスナ、スターポリプ、チジミトサカほか魚等を
60cmの水槽で飼育しています。

現在、蛍光灯のオプティマス60 海水用にゼンスイLEDランプ ブルーを
無理やり乗せている形で、結構明るくなりましたので、LEDが魅力的に感じました。

将来的に今使っているブルーと蛍光灯の代わりに
ホワイト、ピンクの計3本にしようかと考えているのですが、
明るさが十分なのか不安ですし、イソギンチャクやソフトコーラルが
成長に十分な光量があるのか不安ですので
ご意見、ご指導頂きたいです。

よろしくお願い致します。

すみません、また質問させて下さい。

現在、ゼンスイ LEDランプ ピンク 60cmの購入を検討しています。

色々なホームページを見るとピンク色のLEDを使用すると
イソギンチャク、サンゴ、水草など、光合成をする生物の
調子がよくなるということが書いてありましたので、
ゼンスイののピンク色のLEDランプを検討しているところです。

自分の環境の蛍光灯が弱り始めましたので、
この機会にLED化をしたいと考えております。

現在、海水魚水槽にハタゴイソギンチャク、マメスナ、スターポリプ、チジミトサカほか魚...続きを読む

Aベストアンサー

マズ、赤系ランプを使用して調子が上がるのは好日性のサンゴ類や水草に限られます。
好日性サンゴの体内に共生する共生藻(褐虫藻)が元気に光合成を行うためには光が必要です。

・赤色光のメリット
光の波長のうち、橙~赤色(波長:600~700nm)は、、、
葉緑体(クロロフィル)が、この波長の吸収した光エネルギーによって、二酸化炭素と水から炭水化物(水草の体)が合成されます。
日の長さ(昼と夜の時間の相互関係)が、水草の開花や結実などの植物生理に大きく影響する波長でもあります。
橙~赤色が、植物の成長、光合成、日長作用ともに最も重要な波長域です。

60cm水槽の場合、安心して好日性サンゴを育てるには蛍光灯換算で100W以上(理想150W)の光量が必要です。
この光量はLEDランプの場合ならば40W(理想60W)の照明に相当します。
ホワイトとピンクを混合したLED照明40W(理想60W)を搭載すれば問題なく飼育できるハズです。

注意:
本来、光量は(lm:ルーメン)で表記すべきですが、馴染みがない単位のためピンと来ないので、便宜上(W:ワット)にて記述しています。

マズ、赤系ランプを使用して調子が上がるのは好日性のサンゴ類や水草に限られます。
好日性サンゴの体内に共生する共生藻(褐虫藻)が元気に光合成を行うためには光が必要です。

・赤色光のメリット
光の波長のうち、橙~赤色(波長:600~700nm)は、、、
葉緑体(クロロフィル)が、この波長の吸収した光エネルギーによって、二酸化炭素と水から炭水化物(水草の体)が合成されます。
日の長さ(昼と夜の時間の相互関係)が、水草の開花や結実などの植物生理に大きく影響する波長でもあります。
橙~赤色が、植...続きを読む

Q生物の質問です。 「光発芽種子で、遠赤色光ではなく赤色光で発芽するのはなぜか」と聞かれた時、「植物の

生物の質問です。
「光発芽種子で、遠赤色光ではなく赤色光で発芽するのはなぜか」と聞かれた時、「植物のクロロフィルが吸収する色が赤色であるから」という答えで丸をもらえるでしょうか?

Aベストアンサー

東京理科大学・理工学部・応用生物科学科の井上康則先生のお答え。

正の光発芽性種子は赤色光で発芽が誘導され、近赤外光あるいは暗黒下で発芽が抑制されます。小型種子は貯蔵物質量が限られているため、地中(暗所)深くから太陽光のある地表へ芽生えを伸ばすことができません。光が当たったと言うことは、種子が地表近くに存在することになりますが、上空に他の植物が繁茂していると、クロロフィルにより赤色光は吸収されてしまい、わずかな緑色光と大量の近赤外光が地表に到達します。よって、近赤外光を受ける条件下では、発芽しても他の植物の陰になり光合成を営めないことになります。一方赤色光が当たったと言うことは、上部に他の植物が存在せず、発芽後直ぐに光合成を営める環境であることになるわけです。ですから、正の光発芽性種子は確実に光合成が営める状況下でのみ発芽しているわけです。

https://jspp.org/hiroba/q_and_a/detail.html?id=0847&target=number&key=0847

Q【30cm水槽でイソギンチャクとクマノミ飼育】

 
カクレ2匹、イソギン1個体、あと苔取り貝を数匹入れる予定です。
 
……
…やっぱりかなり難しいですかね?
 
もし飼育のコツなどがあれば教えて下さい。(カクレは1匹でも大丈夫です)
よろしくお願いしますm(_ _)m

Aベストアンサー

30cm水槽では結構難しいですよ。
理由は水量が少ないため、周囲温度による水温変化の追従が早いので水温変化で魚が弱りやすい。
淡水魚と違って海水魚は短期間の水温変化に非常に弱いです。
また、水質悪化もしやすいです。

ショップでの小型水槽展示はコンパクトで綺麗で簡単に飼えそうに見えますが、ほとんどのショップでは売れるまで2週間~1か月程度生きていればいいという感じで展示しています。
特にイソギンチャクなんて売れなければほとんど死んでいきます。
(ショップ内の大型のサンゴ水槽なら長期間飼育できると思いますが)
また店舗内はエアコンつけっぱなしなので、温度変化は少ないです。

やってみたいなら私のアドバイスとしては以下の3点。
1.立ち上げはちゃんと調べて、時間をかけて(最低一カ月)行うこと。
2.夏場は水温が上がらないように水槽用クーラーか部屋のエアコン24時間つけっぱなしなどの対応が必要
3.イソギンチャクは失敗すると溶けて水質悪化に繋がるので、最初は魚だけで飼育した方がいい

カクレはペアになるので2匹でも大丈夫です。それ以上の数は縄張り争いになる可能性があります。

30cm水槽では結構難しいですよ。
理由は水量が少ないため、周囲温度による水温変化の追従が早いので水温変化で魚が弱りやすい。
淡水魚と違って海水魚は短期間の水温変化に非常に弱いです。
また、水質悪化もしやすいです。

ショップでの小型水槽展示はコンパクトで綺麗で簡単に飼えそうに見えますが、ほとんどのショップでは売れるまで2週間~1か月程度生きていればいいという感じで展示しています。
特にイソギンチャクなんて売れなければほとんど死んでいきます。
(ショップ内の大型のサンゴ水槽なら長期間飼...続きを読む

Q【海ガメは】なぜ海カメではなく海ガメって言うんでしょうか? ガメってなんですか?

【海ガメは】なぜ海カメではなく海ガメって言うんでしょうか?

ガメってなんですか?

Aベストアンサー

言語的な問題ではないかな?

発音のしやすさってのもあるかもしれない。
ざっくり言えば「音便」ってとこなんでしょう。
また,日本語の特徴でもあるかもしれない。
「がぎぐげご」は「かきくけこ」は他の「たちつてと」とかとは違う。
半分同じ。だからひらがなも似ている???(これは知らない)


韓国語(ほとんど解らないけど)の場合,
初めの「がぎぐげご」は「かきくけこ」となり濁音がつかない。
ハングル文字では明らかに表記上は「ガ」行であっても。言葉の初めに発音する時は「カ」になる。
ルールは違うけど日本語と同じで「がぎぐげご」は「かきくけこ」の仲間。

日本語上手い韓国人もこのクセが抜けずに,なにやらおかしな日本語になる。
ただ,混同する場所とか条件が違う。

繰り返し韓国語はわからないけど,それが韓国語の「か」と「が」の使い分けけ。
だったら,日本語も似たようなとこ。皆そういっている事に抵抗がない。
発音のとかの違いがあるにしても,「か」≒「が」が似ている。
さらには「か」と「が」の間の「が」がある。「私が~」の「が」。
強いてローマ字で書けば「Nga」。これはタガログ語にあるようです。
学生時代にフィリピンのエンジニアと雑談してきいただけですけど。

日本語ネイティブだから,「かめ」より「がめ」がしっくり馴染む。
厚切りジェイソンにご意見聞きたいとこです。
(厚切りジェイソン御存知なければ失礼。日本語に難癖つける芸風のお笑い芸人 兼 会社取締役のアメリカ人)

言葉って,ある意味割り切れないところあるのではないのかな?

かなり発散してしまいました。まあ,御参考までに。

言語的な問題ではないかな?

発音のしやすさってのもあるかもしれない。
ざっくり言えば「音便」ってとこなんでしょう。
また,日本語の特徴でもあるかもしれない。
「がぎぐげご」は「かきくけこ」は他の「たちつてと」とかとは違う。
半分同じ。だからひらがなも似ている???(これは知らない)


韓国語(ほとんど解らないけど)の場合,
初めの「がぎぐげご」は「かきくけこ」となり濁音がつかない。
ハングル文字では明らかに表記上は「ガ」行であっても。言葉の初めに発音する時は「カ」になる。
ルール...続きを読む

Qイソギンチャク飼育 伸縮するのは光量不足?でも育っているよなぁ

60cm水槽に、3月からタマイタダキイソギンチャクを導入し、半年経過しました。ネット記事にあるように水槽内の移動が2回あり、ここ3か月は当初セッティングした場所から中央よりに落ち着いています。
導入時と比べ、見かけの大きさは倍ほどになり、それは喜ばねばならないとは思っていますが、写真の通り、かなりの存在感があります。
写真は、ほぼ水平方向からみた感じになっていますが、胴部分が目立ち、それが存在感を増す原因ではないかと思っています。
 照明はシャコガイの真上に24W、写真の丁度中央部分上に14WのそれぞれLEDスポットを当てています。タマイタは岩の割れ目などに好んで着床するそうですが、我が家のは現在、底砂に着床しているようです。

ここでお尋ねしたいのは、 
 御覧のように、全体がかなり上部方向に伸びているのですが、これは、光量不足が原因なのでしょうか?上に伸ばしたいのであればLRに沿って全体を上方に移動させた方が良いと思うのですが…
 できれば触手の上端が、シャコガイより低い位置にあるか、全体的に左方向に移動してくれた方がレイアウト上はスッキリすると思っています。手で移動させると生体のストレスになると思い、照明やLRなどの工夫で誘導出来ないものか、教えて頂ければと思います。

60cm水槽に、3月からタマイタダキイソギンチャクを導入し、半年経過しました。ネット記事にあるように水槽内の移動が2回あり、ここ3か月は当初セッティングした場所から中央よりに落ち着いています。
導入時と比べ、見かけの大きさは倍ほどになり、それは喜ばねばならないとは思っていますが、写真の通り、かなりの存在感があります。
写真は、ほぼ水平方向からみた感じになっていますが、胴部分が目立ち、それが存在感を増す原因ではないかと思っています。
 照明はシャコガイの真上に24W、写真の丁度中...続きを読む

Aベストアンサー

海水魚は専門ではありませんが、私の知る範囲内で回答をします。

 イソギンチャクはサンゴの仲間であり、サンゴ同様に光の量で左右されますし、光量があるとないとでは光合成の量に影響しますし、それが原因で死滅する事もあります。

 近くに大きなアクアショップがあればその店舗を覗く事でも勉強になりますし、何事も解らない点は最初から遣り直す考えでプラスになりますし、何事も繰り返し繰り返しで臨めば答えはでます。私の場合は淡水魚で金魚等が中心に飼育をしており、例えばランチュウを飼育して不明な点があるとワキンまで戻り研究をしています。

Q海の中で緑に光る丸いものは何?

最近、夜中に海に行きました。街灯もないような、田舎のきれいな海です。海の中を見てみると、直径5cmくらいの丸いものがたくさん蛍光色の緑色を発光されていました。うみほたるとか、夜光虫とかいろいろ調べてみたのですが、そこまで大きくないと書かれてあります。丸の部分しか光っておらず、丸の中は光ってはいません。とてもたくさんいて、びっくりしました。あれはなんなのでしょう?知っている人がいましたら教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

発光クラゲでしょうね。
例えば、日本全国に生息する「オワンクラゲ」は青緑色に発光し、15~20センチに成長するそうです。
5センチということで、成長過程の発光クラゲか夜の海の水深による遠近感だと思います。

Qイソギンチャクを拾った( ・з・)

浜名湖にあさりとりに行ったところ、イソギンチャクを発見。思わず拾ってきてしまいました。
イソギンチャクの飼育は経験ないのですが、飼わない方がいいですかね?

現在、45cm水槽(底面フィルター&投げ込みフィルター)にサラサゴンベ、ニセモチノウオ、ウニ、ヤドカリが居ます。魚の害になるようなら、海に戻してきますけど( ・з・)(いそぎんは隔離中)

Aベストアンサー

イソギンチャクは、魚をエサにします。けっこう大きな魚でも、触手をゆらゆらさせて誘い、すばやく捕獲。

Q物理の実験で、葉緑体を透過した光の光量を求めました。 その光量がわかったことを何に活かすことができる

物理の実験で、葉緑体を透過した光の光量を求めました。
その光量がわかったことを何に活かすことができるのかがわかりません。
一体何に活かすことができるのでしょうか。。。

Aベストアンサー

透過しなかった(吸収された)光の波長と光量がわかれば、エネルギーがわかり、それによって固定された炭素(糖)の量がわかれば、効率みたいなものが計算できそう。 また、吸収される波長が限られているなら、地下室などで植物を育てる際の効率的な光の周波数などを予想することができると思う。

Qイソギンチャクの毒は甲殻類に効くのでしょうか

現在、カクレクマノミとフリソデエビがいるのですが、カクレクマノミ用にイソギンチャクを入れようかと思うのですが、イソギンチャクの毒に対し、フリソデエビが大丈夫かなと思っています。

ショップで「フリソデエビのように甲殻類にもイソギンチャクの毒は効くの?」と聞いたところ、言葉に詰まったのか自身がないのか、間をおいて、少々あいまいな「大丈夫だと思います」という返事が戻ってきました。

「だと思います」
これが一番しっかりしてないと困るのですが
「だと」って言われても、この返事では入れることが出来ません。

「ええ、エビやカニのような甲殻類はイソギンチャクの毒は大丈夫ですよ」という確実な返事が欲しいところです。

そこで知識がある方や、実際に飼育していて状況を把握している方にお聞きしたいです。

フリソデエビにイソギンチャクの毒は効くのでしょうか?

私的になんとなく、エビに限らず、カニとかヤドカリのように殻に守られているような生物は刺されない(刺せれない)イメージがあるのですが

どうなんでしょうか?よろしくお願い致します。

現在、カクレクマノミとフリソデエビがいるのですが、カクレクマノミ用にイソギンチャクを入れようかと思うのですが、イソギンチャクの毒に対し、フリソデエビが大丈夫かなと思っています。

ショップで「フリソデエビのように甲殻類にもイソギンチャクの毒は効くの?」と聞いたところ、言葉に詰まったのか自身がないのか、間をおいて、少々あいまいな「大丈夫だと思います」という返事が戻ってきました。

「だと思います」
これが一番しっかりしてないと困るのですが
「だと」って言われても、この返事で...続きを読む

Aベストアンサー

> フリソデエビにイソギンチャクの毒は効くのでしょうか?
・良く効きます。
自然界のイソギンチャクの主な餌は、実は、小魚よりも甲殻類やプランクトンです。
餌となるエビは、プランクトン性の幼体が主体です。

フリソデエビの成体には危険回避本能があります。
ですから、フリソデエビの生体がイソギンチャクに捕らえられる可能性は、あまり高くありません。
絶対に喰われないとは断言出来ませんが、水槽サイズに対して、イソギンの大きさ飼育数と、エビの大きさ飼育数のバランスが適正ならばイソギンチャク水槽にフリソデエビの混泳は問題ありません。
どちらかというと、カクレクマノミとフリソデエビの体格差によっては、エビが補食される危険性の方が高いと思います。

Q海の生き物:海豚とか鯨とかはウンチ・オシッコをしているのですか?

食べるんだからするとは思いますが、海にウンチが浮いているのを見たことがないのでどうなっているのかなぁ?と思いました。

ウンチも固形ではなくて液体なんですか??

体の大きさから言えばすごい大きな排泄物になりそうですよね?

知っている人がいたら教えて下さい。

Aベストアンサー

こんにちは。

「糞は固形分が少なく液状に近い」んだそうですよ。
ちなみに、繁殖期には食事を摂らず、腸の中で固まった排泄物が繁殖期の終了と共に一気に排出されたものが「龍涎香」なんですって(太地町立くじらの博物館HPより)。
龍涎香については↓参照。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%BE%8D%E6%B6%8E%E9%A6%99
あと、うんち色々(笑)3がイルカのです。


人気Q&Aランキング