スフィンクスがピラミッドよりも古くからあったという話をちらりとききましたが、本当なんですか?本当ならば少しお話していただけると嬉しいです。宜しくお願いします。

A 回答 (2件)

1992年2月7日、米ボストン大学地質学准教授のロバート・ショック博士は、全米科学振興協会で「大スフィンクスは紀元前5000~7000年前(古代エジプト文明以前)に建造された」というような趣旨の発表をしました。


実際、現地エジプト人の間では長い間そう信じられてきたようです。また19世紀エジプト学では主流の学者まで支持していました。
通説である、カフラー王のピラミッド建造時のものという説の証拠も弱いもののようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

具体的な解説でありがたいです。通説も専門家達の間では強いわけじゃないんですね。ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2001/05/31 12:47

グラハム・ハンコックの「神々の指紋」でしょうか?


スフィンクスには大雨による侵食の後があり、
大雨の降っていた時代が紀元前1万年ごろという内容ではないでしょうか。

しかし、ハンコックさんの主張はあちこちでたたかれているようです。
まあ、ハンコックさんが通説を覆している以上、この反応も当たり前かもしれませんが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

テレビ番組の予告編で見たんです、もうすぐなんで楽しみなんですが。アドバイスありがとうございます。

お礼日時:2001/05/23 12:48

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q生態ピラミッドについて

生態ピラミッドには個体数・生体量・生産量ピラミッドがありますが、
個体数ピラミッドの場合、例えば大木に幼虫がいっぱい生活しているときは
ピラミッド型になりません。寄生の場合もなりません。
しかし生産量ピラミッドは例外なくすべての場合において、
ピラミッド型になるそうです。

ここで質問なんですが、
じゃあ生体量ピラミッドにはどのような例外が存在しているので
しょうか? 何か例を挙げていただけないでしょうか。

Aベストアンサー

生体量ピラミッドにも、例外があります。

◎海洋植物プランクトンと動物プランクトンの関係
 植物プランクトンが動物プランクトンよりも圧倒的に少ない場合が多くみられます。これは植物プランクトンの増殖率が極端に高い場合です。

 例えば、1匹の植物プランクトン対20匹の動物プランクトンがいるとします。動物プランクトンは、1日に植物プランクトンを1匹食べなければならないとします。この場合に植物プランクトンが1日に20回分裂すれば現状が維持されます。

 極めて典型的な例です。
 

Qスフィンクスについて

ギザのスフィンクスは、一般的にカフラー王時代の遺跡と考えられていますが、誰がどういう根拠でスフィンクスをカフラー王の時代の遺跡としているのでしょうか。

教えてください。

Aベストアンサー

アメリカ人考古学者マーク・レーナーと地質学者トーマス・エグナーによる調査(石灰岩に含まれる化石)により、提唱され、受け入れられているようです。

参考URL:http://www.jescweb.org/lectures/l_yk_060817.html

Q世界のピラミッド

私は世界中に散らばっているピラミッド(ピラミッド型の建物)についてしらべたいと思っています。
エジプトや南アメリカのピラミッドについての書物は結構見つかるのですが、それ以外の場所にあるピラミッドについて書かれている本が中々見つかりません。
どなたか詳しくご存知の方がいらっしゃいましたらご教授お願いします。

Aベストアンサー

おはようございます。
度々すみません、#1です。

「海を渡るピラミッド」は、括りとすればトンデモ本よりも、「神々の指紋」や「神々の遺伝子」的な書籍だと考えてみていただければ、何となくご理解頂けるのでは無いかと思うのですが・・・(前述の書籍を「トンデモ」の括りとお考えならば、話は別なのですが・・・)
あくまで考証中のものなので、疑問点も幾つか浮かんではきますが、それを差し引いても、なかなか面白かったです。

日本ピラミッドに関しては、ここからは私の私見ですが、ピラミッドと取る事も「トンデモ」と括るのも、どちらも早計ではないのかなぁ・・・と言うのが、私の考えですね。
ピラミッドを「人工物」として捉えるならば、やはり全くの別物となるのでしょうが、それでも頂上辺りに設えられたメンヒル群やドルメンなどの巨石の遺物は現存する訳ですし、何らかの祭祀に使われたものである事はあきらかです。それに加え、ほぼ四角垂の山を選んで造られている事なども、何らか意味合いは持っている訳だと思うのですが・・・たまたま自然物の中に代用できるものが日本にはあった、エジプトには無かったから石で組んだ・・・そう考えてみるのも面白いなって思ったりします。

未確認飛行物体だの、竹内文書(これも「クダラナイ捏造」と括るのは早計ですが)だのが絡んでくるから胡散臭くなってしまうのであって、一つの現存する遺跡として見れば、何らかの共通点は見出せるわけですから、どんな事例でも「トンデモ」で括ってしまっては面白くは無いと思いますよ。信憑性と言ったら、今現在「史実」として残っているものであっても、更なる発掘や調査で覆される事は往々にしてあるわけだから、どれに対しても信憑性なんて無いわけです。食わず嫌いをせずに色々と読んでみて、どこまでが本当でどこまでがウソなのかを自分なりに見極めながら、壮大なミステリーを読み解く一読者として楽しめれば良いのではないかと思うのですが・・・如何でしょうか?

おはようございます。
度々すみません、#1です。

「海を渡るピラミッド」は、括りとすればトンデモ本よりも、「神々の指紋」や「神々の遺伝子」的な書籍だと考えてみていただければ、何となくご理解頂けるのでは無いかと思うのですが・・・(前述の書籍を「トンデモ」の括りとお考えならば、話は別なのですが・・・)
あくまで考証中のものなので、疑問点も幾つか浮かんではきますが、それを差し引いても、なかなか面白かったです。

日本ピラミッドに関しては、ここからは私の私見ですが、ピラミッドと...続きを読む

Qスフィンクスと言えば・・・

スフィンクスと言えばエジプトのスフィンクス
では、
ギリシャ神話に出てくる有名なお話で、
通行人に、「朝は4本足昼は2本足夜は3本足なるものなあに」と
なぞかけを行い答えられなければ食べてしまうのは・・・
これも、スフィンクスでしたよね。
どっちが元祖なんでしょう
同一人物?
では、ふるさとはどっち?

Aベストアンサー

こんにちは。
先ほどは、うっかり参照したウェブサイトを
記載するのを忘れました。

参考

http://www.levy5net.com/odashima/home7.html

http://www.astroarts.co.jp/alacarte/kiso/kiso05-j.html

http://homepage.mac.com/emtp/star.htm

追加的な参考。

http://homepage2.nifty.com/~hirosho/gazing/constellation/history.html
http://www.vaionet100.com/links/revolution.html


『謎が謎を呼ぶ世紀の大遺構
大スフィンクス

http://www.jal.co.jp/tours/jlpk/LE041.html

だそうです。

これらの、参考書の示すところから、
エジプトのスフィンクスの方がギリシャの神話の発生よりも
先であるという結論を導きました。

また、下記サイトより
http://www.asahi-net.or.jp/~qi3m-oonk/tosyokan/fantasy/w-sphinx.htm

http://www.kt.rim.or.jp/~r_toki/talk/2page.html

上記の結論は間違っていないように思われます。


また、ギリシャ神話はエジプト神話を母体としている部分があるという
ことは。上記の参考場所に書かれていました。
確かに、私も完全にエジプト神話のみをベースとはしているとは思いません。
上記にあるようにバビロニアにも影響されていることはうかがえますからね。
もう少し、弱いステートメントにするべきでした。
混乱を招いて申し訳ございません。

また、
先ほどは、ギリシャ神話のスフィンクスとエジプトのスフィンクスとの関係について
言及しませんでしたが、

http://www.atomictaro.com/egypt/egypt.htm

ということですので、starfloraさんが、おっしゃるように、
2つのスフィンクス(スピンクスとスフィンクス)は
まったく同じものではないということですよね。
それから、この2つのスフィンクスの関係は未だはっきりしないようですが、
ギリシャの人がエジプトのスフィンクスをアレンジして、または
エジプトのスフィンクスからヒントを得て造ったといえそうですよね。

こんにちは。
先ほどは、うっかり参照したウェブサイトを
記載するのを忘れました。

参考

http://www.levy5net.com/odashima/home7.html

http://www.astroarts.co.jp/alacarte/kiso/kiso05-j.html

http://homepage.mac.com/emtp/star.htm

追加的な参考。

http://homepage2.nifty.com/~hirosho/gazing/constellation/history.html
http://www.vaionet100.com/links/revolution.html


『謎が謎を呼ぶ世紀の大遺構
大スフィンクス

http://www.jal.co.jp/tours/jlpk/LE041.html

だ...続きを読む

Q結局、○○ダービーってどの範囲をいうのでしょうか

結局、○○ダービーってどの範囲をいうのでしょうか
最近になって定義がわからなくなってきました。

Jリーグでいえば、発足時はマリノスとフリューゲルスの横浜ダービーしかなかったはずです。
当時のヴェルディとマリノスで「神奈川ダービー」とは言いませんでした。

それが今は神奈川・千葉はもちろん、スポーツ紙をみると湾岸ダービー(横浜-千葉)、多摩川ダービー(川崎-東京)などもあるようです。
今年は見られませんでしたが、ACLで日本のチーム同士が対戦したら「日本ダービー」とか言われるのでしょうか。(この表現、JRAあたりが黙ってなさそうですが)

Aベストアンサー

>発足時はマリノスとフリューゲルスの横浜ダービーしかなかった

元々は同じ都市に本拠地のあるチーム同士の対戦のことです。
それを和製英語的解釈?で勝手に範囲を県単位にして「静岡ダービー」とか言い始めたのです。
まあ誰が言い始めたのかというと・・・分かりませんが。

おそらくマスコミとかは、そんな風に呼んだほうが見出しが書き易いのでしょう。
また商業的にも、「○○ダービー」と言って煽りたいのでしょう。
なので最近は、なんでもあり状態になっています。

Qピラミッドの隠し扉

早稲田大学の吉村教授率いる調査チームが、ピラミッド内部の人間が入れないような小さな穴に小型ロボットを入れて探索する というテレビ番組を1年ほど前に観ました。

記憶が定かではないのですが、その小さな穴の先にドアのようなものを見つけて、そのドアを開けると新たな空間があるのではないか、、みたいな内容だったと思います。
「現段階では、そのドアを開ける技術がない、、」みたいな感じで番組は終了したと記憶しています。

その後どうなりましたか?ドアの先には何かあったんでしょうか?

Aベストアンサー

「通風口」とされていた小さな穴のことですね。
確か1年くらい前のテレビ番組でやっていました。うろ覚えなので不正確ですが次のとおりです。

通風口といわれていのですが、ロボットカメラで調査したところ、取っ手のある扉(というか閉塞石)が見つかったため、ドリルで穴をあけてさらにその向こうへカメラを挿入しました。
その先にはまた閉塞石があって行き止まりになっていました。
このドリルで穴をあけて調査したのがエジプト考古庁のザヒ・ハワス氏で、扉そのものは欧州の調査隊が確認したもののようです。

Qピラミッドからの発掘品

子供のドリルにカフラー王のピラミッドの写真の下に「ピラミッドから発見された物」として2枚の写真が載っています。私にはツタンカーメンの第3の人型棺とチーターの葬祭用ベッドに見えるのですが、問い合わせた所、「ツタンカーメンのものに似ているが、ピラミッドから出た物」と言う回答でしたが納得できません。
本当に、ピラミッドからそれらにそっくりなものが出ているのでしょうか?ネットや本で調べてみましたが載っていません。ご存知の方、教えて下さい。

Aベストアンサー

ざっと調べた限り、人形棺は12王朝に初めて確認されているとの事ですので13王朝の王であれば使われている可能性はありますが、正直、ツタンカーメンと見間違うほどのものがこの時代に作られていたとは……思えませんね。
またツタンカーメンの棺に見間違うという事は金箔が施されいると思うのですが、ケンジェル王のピラミッドは盗掘にあっているのでそのようなものが綺麗な状態で残っていることはまずあり得ません。
そもそもツタンカーメンのものと見間違うほどのものであれば、
かなりの大発見ですから名前を聞けば一応多少はかじった身として「あぁ、あそこのか」とわかると思うんですが……

という事で嘘である可能性が高いでしょうね。

Qエジプトのピラミッドについて

エジプトのピラミッドの基礎データ(石は重さはどれくらいかどこから取ってきたのかなど)やスフィンクスの事などが載っているサイトを教えてください。
お願いします。

Aベストアンサー

巨石はナイル河沿いの石切場から
帆掛船でピラミッド近くの河岸まで運ばれ、
そこから斜面の道(斜道)を大勢の人々が木のそりを丸太(ころ)の上を滑らせて
ピラミッドの上まで引っ張って運んだと考えられます。

だそうです。
詳しいデータがこちらにありました。
参考になさってください。

参考URL:http://www.eva.hi-ho.ne.jp/suruga/pilamito.htm

Qエジプトのピラミッド

エジプトのいろいろなピラミッドについて調べています。ですが、メイドゥムのスネフェル王の「崩れピラミッド」、ダハシュールの「屈折ピラミッド」の寸法が分かりません。ご存知でしたら、底辺や高さだけでなく、底辺から段になっているところや屈折しているところまでの高さなど詳しく教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

#4です。
すみません、文章が抜けてました。
マイドゥームのピラミッドの「周壁」が南北236m、東西218mです。

ちなみに、ダハシュールの屈折ピラミッドの上部傾斜角は、その北にある赤ピラミッドの傾斜角(43度40分)と等しくなっております。

Qピラミッドの作り方

古代エジプト人は一体どうやってピラミッドを造ったのでしょうか?
砂?で斜面を作り、そこの上を転がして上に運んだ、というのをちらりと聞いたのですが、、。
定説、というのはないとは思うんですが、今現在知られているポピュラーなものを教えていただければうれしいです。

Aベストアンサー

今最も有力だといわれているのは、meeyaさんがおっしゃってる通りに積んだ石に向かって、斜面を土で作るというものです。

つまり、積めば積む程、その斜面は高く急になりますが、少しでも傾斜を減らすために、高くなるにつれて、斜路の長さをのばしたものと思われます。

ちなみに、ピラミッド建設当時のエジプトには車輪も、馬もありませんので、木のそりに石をのせ、「ころ」のうえをころがし、人力だけで運んでいたと考えられています。

石を現場まで運ぶのにはナイル川を使って、川からピラミッドを建てる場所までは石で鋪装した路の上をそりと「ころ」で運び、その舗装道路と船着き場は、ピラミッド完成後に参道と河岸神殿となり、ピラミッドの附属機関になったと考えられています。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報