12万作品が月額500円(税別)で見放題なのはdTVだけ!! >>dTV(外部リンク)

オーディオ初心者です、スピーカーの配線方法についてお尋ねします。
いろいろと検索してみたのですが、専門的な事例のご質問が多くていまいちよく解りませんでした。

スピーカー側は赤と黒の端子ですが、アンプ側は色分けやプラスマイナスの表示が無く
LEFT OUTには LC L2 L4 L8 、RIGHT OUTは RC R2 R4 R8となっています。
2、4、8の数字はオームだろうと推測できるのですが、この場合Cと数字のどちらがプラスなのでしょうか?
また、スピーカーの例えば赤側の端子にはプラスマイナスどちらを繋げば良いのでしょうか?
ケーブルを逆に繋ぐと良くないという話を聞いた事があります、まことにお恥ずかしい次第ですがご教示頂ければ幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

アンプとスピーカーのメーカ名と型式の記載がないと正確に回答出来ませんよ。



アンプの出力から推察すると、真空管式のアンプのようですが。

左右のスピーカーの位相が同じでないとステレオ再生にならないので、
左側の配線と同じに右側を配線すれば、取り合えずはよいでしょう。

LEFT OUT のLCに黒色、L2,L4,L8の何れかに赤色の線を接続、
スピーカー側の黒端子に黒線を、赤端子に赤線を接続。

RIGHT OUT も同様に色を合わせて配線して完了です。

ー - - -
スピーカーの端子はプラス側が赤色で右側に配置される事が多いですが、
配置のほうは逆の場合があります。

スピーカーにプラスの電気を印加した時にスピーカーのコーンが前に出て
空気を押し出す方がプラス端子とされてます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

みなさまアドバイスありがとうございます。
オーディオにはど素人なのでいろいろと不備があり
ご迷惑おかけして申し訳ありません。

R2011Tさん

詳しいアドバイスありがとうございます。

アンプにはMcIntosh MC7300と書いてあります
説明書は最初から無かったようで見当たりませんでした。

もうひとつのアンプはMark Levinson / No.380Lというものですが
これとMC7300は専用の3つ穴があるコネクターで接続するように
なっていたので直ぐわかりましたがスピーカーとの接続がよく判らず
困惑しておりました。

スピーカーはJBLの4812BMk2で6オームとなっています。

ネジ端子のプラスマイナスのみ表示のスピーカーには
AURATONE SUPER SOUND CUBE 5Cと表記されています。

たくさんのみなさまに助けられてなんとか音が出せそうです
本当にありがとうございました。(ペコリ)

お礼日時:2013/01/10 21:39

やはりマッキン(McIntosh)でしたか・・・


McIntosh MC7300
http://audio-heritage.jp/MCINTOSH/amp/mc7300.html
マニュアル(英語)です。
http://www.phonics.jp/file/McIntosh_MC7300_maE.pdf
これによると6オームのスピーカーだとL8、R8のようです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

nijjinさん

ありがとうございます!
この方法があったんですね!
英語はあまり得意ではありませんが、何とか読み解いてご厚意に報いたいと思います。

本当にありがとうございました1

お礼日時:2013/01/10 21:57

L2、L4、L8、C2、C4、C8はアンプのオーム数でしょう。


てはなく
L2、L4、L8、R2、R4、R8はアンプのオーム数でしょう。
の間違いですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

みなさまアドバイスありがとうございます。
オーディオにはど素人なのでいろいろと不備があり
ご迷惑おかけして申し訳ありません。

nijjinさん

たぶんそのとおりだと思います。


たくさんのみなさまに助けられてなんとか音が出せそうです
本当にありがとうございました。(ペコリ)

お礼日時:2013/01/10 21:41

たぶんCがマイナス


L2、L4、L8、C2、C4、C8はアンプのオーム数でしょう。
もしかしてマッキン?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

nijjinさん

アンプにはMcIntosh MC7300と書いてあります
説明書は最初から無かったようで見当たりませんでした。

もうひとつのアンプはMark Levinson / No.380Lというものですが
これとMC7300は専用の3つ穴があるコネクターで接続するように
なっていたので直ぐわかりましたがスピーカーとの接続がよく判らず
困惑しておりました。

スピーカーはJBLの4812BMk2で6オームとなっています。

ネジ端子のプラスマイナスのみ表示のスピーカーには
AURATONE SUPER SOUND CUBE 5Cと表記されています。

お礼日時:2013/01/10 21:43

スピーカー端子に色分け、赤はアースでマイナス、黒がプラス、赤がR、白がL又は黒、黄色が画像!


LEFT OUTには LC L2 L4 L8 、RIGHT OUTは RC R2 R4 R8此の記号はフイルターだと思います!
如何様なアンプなのか判断できませんので出来ればアンプの名称を入れてください。
アンプの説明書を読んでも分かりませんか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

kyuhanさん

アドバイスありがとうございます。
アンプにはMcIntosh MC7300と書いてあります
説明書は最初から無かったようで見当たりません

スピーカー端子には赤と黒のみで黄色は見当たりません。


>RIGHT OUTは RC R2 R4 R8此の記号はフイルターだと思います

すみません、フイルターとはどのようなものなのか良く判りません。

先ほどの方の回答でLC、RCとスピーカーの黒端子に繋ぐようアドバイスを頂きましたので
R2 R4 R8と赤端子をつなぐつもりですがこのうちのどれに接続すべきでしょうか?
スピーカーは6オームとなっています。

どうぞよろしくお願いいたします。

お礼日時:2013/01/10 20:26

音源を鳴らしながらアナログテスターを突っ込むのが確実ですね。



交流電圧にしてテスターの赤をアンプへ、黒を指で持ちます。
音源に合わせて針が振れる方がプラスです。


ものすごーく小さい信号しかでないのでアンプのボリュームは大きめ、テスターのレンジは最小にしましょう。

もちろんスピーカーは外した状態て行ってくださいねー

シャーシとの導通をチェックするって手もあるかもー
    • good
    • 0
この回答へのお礼

sucosucox3さん

ご教示ありがとうございます
残念ながらテスターをもっておりませんもので・・・
それと交流電流とかシャーシの堂通とかの意味が良く判りません。
せっかくのアドバイスを無駄にさせて誠に申し訳ありません。(ペコリ)

お礼日時:2013/01/10 20:14

普通に考えると、RCを黒にするかな。


どっちも同じようにつなげば問題はない。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ShowMeHowさん

迅速なご教示ありがとうございます
LC、RCと黒端子を繋ぐことにいたします。

ところで先の質問とは別のスピーカーがありまして、これにはネジ端子にプラスとマイナスの表記のみがあります。こちらの場合には黒側の配線をプラスマイナスどちらにつなぐべきでしょうか?
一度にあれやこれやと質問いたしますと解りにくくなるかなと思い別々に質問させて頂きましたが、かえって二度手間になってご迷惑だったかなと反省しております。
おそれいりますが再度お知恵を拝借できれば幸いです、どうぞよろしくお願い申し上げます。

お礼日時:2013/01/10 20:07

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qスピーカーケーブル(2線平行)の極性について教えてください

スピーカーコード(ビニール被覆の通常の2線平行コード。以下SPコードと記述しています)の極性について、一般的使い方を教えてください。
特殊なスピーカーケーブルについての質問ではなく、ごく普通の電気店で購入できるSPコードについての質問です。

「個人で使うのだから、どうでもいいよ」という回答ではなくて、一般的な使い方があるのでしたら教えてください。

次のような種類のSPコードの場合は、極性(+、-)はどのように使うのが一般的なのでしょうか。

(1)「赤黒2線SPコード」の場合。
赤(+)、黒(-)として使用するのが一般的ですよね。
(2)「白青」の場合は、どちらを「+」としてあつかうのが一般的でしょうか?
(3)「2線とも同色、または透明被覆であるが、片方には電線のメーカー名や型番などの文字が印刷してある」ようなSPケーブルの場合は、どちらを「+」としてあつかうのが一般的でしょうか?

以上です。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

No.1の方のおっしゃるとおりで、決まりがあるわけではないですが、ステージ音響なんかの世界では、まず「無色がグランド(-)」「色つきが信号線(+)」という不文律を基本とする事が多いです。
問題は「無色」の扱いで、ちょっと変な言い方ですが、
「ほんとの無色」>(銅の裸線)>「黒」>「灰色」>「白」>「他の濃色」
と、感覚的に『無色度の高い方』をグランド(-)とするのが普通ですね。
(ただ、黒、灰、白の順位については、音響屋にもある種の『流派』があって、若干違う場合が…私の習った流派では上の並びです)

よって、「白青」「白赤」等の場合は、白をグランド(-)と取る場合が多いです。
2線同色または2線とも透明の場合は、私の習った流派では印刷がある方を(+)、何も無い方を(-)としますね。これは、多チャンネル線(マルチ線)といって、何十チャンネルもの配線が1本にまとまったケーブルを使う場合、「基色+色つきの細いライン」みたいな色分けがされている場合が多いので、「色ライン付き=基色以外の印刷等がある方=信号線」という解釈で誤配線を防ごうということから来ています。

以下、蛇足ですが…
ステージ音響の世界では、ノイズ対策や事故防止の観点から何かにつけて「まずグランドを合わせる」ということが非常に重視されるので、「色のない=無彩色=グラウンド(-)」とルール化がされ、新人はそれこそ徹底的に叩き込まれます。
ただ、これらはあくまでも業界ローカルルール(というか、安全基準)で、前述の通り地域や「流派」で若干の解釈の違いがあったりする、必ずしも絶対的なものではないのすが、オーディオをやっている方が「プロがそうやっているのだから間違いない。」という解釈(というか思い込みというか知ったかぶりというか)で、「こうするのが正しい!」と講釈垂れているシーンは多いですね。

それと、音響機器の関係と、電力線を扱う関係、電話等の有線通信線を扱う関では、配線色の解釈が全く違う(特に電力線では厳密に決まっている)ので、オーディオの世界でもそれらをごちゃごちゃに語られて、まるで不毛な議論(Aさんは電力線ルールを知ったかぶり、BさんはNTTのルールを知ったかぶり…みたいな…どっちもスピーカケーブルには全く関係ないのに(^^ゞ)を目にするケースも多いです。

ちなみに、ステージ音響では白黒線が一番やっかいで(^^ゞ
A)「ステージ上のグラウンド(-)はすべて白なので、白黒は黒が(+)」
という流儀と、私の流派の考えで
B)「白黒の場合は白が(+)、黒(-)」
という、全く逆の流派があります。

A)の流派にも一理あって、プロ仕様の音響機器間を繋ぐケーブルには、普通は「黒」は使わないんです。「黒」は「0(ゼロ)」を示すカラーコードにも使われるので、何事も自然数(1以上)で番号を振る世界では余り用途が有りません。なので、高級ケーブルを惜しげもなく使える大手音響系では、むしろ電力線(必ず黒が使われる)と間違えないように「白=(-)」で統一されていると聞きます(ここだけは聞いた話(^^ゞ)。

すいません、蛇足が長くなりました(^^ゞ

No.1の方のおっしゃるとおりで、決まりがあるわけではないですが、ステージ音響なんかの世界では、まず「無色がグランド(-)」「色つきが信号線(+)」という不文律を基本とする事が多いです。
問題は「無色」の扱いで、ちょっと変な言い方ですが、
「ほんとの無色」>(銅の裸線)>「黒」>「灰色」>「白」>「他の濃色」
と、感覚的に『無色度の高い方』をグランド(-)とするのが普通ですね。
(ただ、黒、灰、白の順位については、音響屋にもある種の『流派』があって、若干違う場合が…私の習った...続きを読む

Qスピーカーの極性はどうやって確認する?

 スピーカーのターミナルには+-があって、反対に接続すると音がおかしくなると聞いたことがあります。今手持ちの裸スピーカーはターミナルに表示が何もないので、どちらを+にすればよいのか判りません。何か決まりがあるのでしょうか? 詳しい方、教えてください。

Aベストアンサー

裸スピーカーの接続部分を見てください、スピーカー中央と接続している線があると思いますが、一方はそのままの線もう片方は白線が入っていると思います。
その白線が入っているほうが(-)です。試してみてください。

Qスピーカーのインピーダンスをどう判断すれば良いのですか?

高級オーディオをかじり始めた者です。スピーカーのインピーダンスの数値は大きい方が良いのか、小さい方が良いのか、どちらでしょうか?(どうも、その大小の問題でも無いような気もするのですが・・・)
それと、アンプとの関係で注意が必要だとものの本に書いてありますが、どうもよく理解出来ません。数値が合わないと、アンプの故障につながるようですが、具体的にどこに注意すれば、良いのでしょうか?ご教示願います。

Aベストアンサー

私も文系で詳しくはないのですが、勉強した限りでは以下の通りです。

スピーカーのインピーダンスと音質の関係は、ほぼないといわれています。かつては12オームとか16オームといったものもあったようですが、現代のスピーカーは4~8オームが普通で、ごくごく稀に12オームくらいのものがあります。

インピーダンスとは交流電流に対する抵抗ですが、これが低いということは、同じ電圧をかけたときにより多くの電流を要求されるということになります。(交流にもオームの法則が使えるんでしたっけ....? I=E/Rですね)
現代のアンプの大半は電圧出力ですから、4オームのスピーカーでも8オームのスピーカーでも、1Vの出力で得られる音量に変わりはありませんが、抵抗値が半分ですので、実際に流れる電流が2倍になり、すなわち出力電力も2倍になります。
このとき、トランジスタや電源の性能などによって、許容量以上の電流が流れると、アンプが以上発熱したりトランジスタが破壊されたりするわけです。(もっとも、普通は保護回路やヒューズによって出力が遮断されます)

(つまり、8オームのスピーカーに10W出力するのと、4オームのスピーカーに20W出力するのは、スピーカーの仕事量は同じですが、アンプの負担が倍になっています。)

なお、インピーダンスは直流抵抗と異なり、周波数によって抵抗値が変化します。つまり、公称8オームのスピーカーでも、特定の周波数対では3オームくらいまで落ち込むこともあり得ます。(最近は落ち込みが大きいものは表示されるものもあります)

蛇足ながら、真空管アンプなどに多いトランス出力式のアンプの場合、4オーム端子に6オームのスピーカーを繋ぐのはアンプにとって定格より仕事が楽になり、8オームの端子に繋ぐと若干つらくなります。
この際にはダンピングファクターが変化するため、音色にも若干の違いがあるといわれています。

私も文系で詳しくはないのですが、勉強した限りでは以下の通りです。

スピーカーのインピーダンスと音質の関係は、ほぼないといわれています。かつては12オームとか16オームといったものもあったようですが、現代のスピーカーは4~8オームが普通で、ごくごく稀に12オームくらいのものがあります。

インピーダンスとは交流電流に対する抵抗ですが、これが低いということは、同じ電圧をかけたときにより多くの電流を要求されるということになります。(交流にもオームの法則が使えるんでしたっけ....? I=E/R...続きを読む

Qテレビとスピーカーは直接繋げられるのでしょうか?

現在使っているテレビがアンダースピーカータイプであまり迫力なく不満なので市販スピーカーを買おうと思っています。
ところがスピーカーの接続端子(?)を見ると、アンテナ線をプラグに繋ぐみたいなもののようで、いったいどうやってテレビに繋げばいいのかわからず購入を保留しています。
出力先がスピーカー端子で、入力先が光デジタルや白と赤の音声端子というケーブルはないのでしょうか?
それとも、間にAVアンプが必要なのでしょうか?

Aベストアンサー

「アンテナ線をプラグに繋ぐみたいなもの」というのが、よく分からないのですが、
取扱説明書を見て、スピーカー接続端子があるのかどうかをまず確認してください。
(最近のテレビにはスピーカー接続端子は付いてないものが多いです。)

スピーカー接続端子はテレビ内蔵のアンプで外部のスピーカーを鳴らすものですから、新たにアンプは必要ありません。
スピーカーケーブル(電線)の被覆をカッターで剥いで、端子に接続してください。
 ワンタッチ式…レバーを押して穴に芯線を挿入後レバーを離すと、バネ力で固定される。
 ネジ式…芯線をはさむようにネジで締め付ける。


スピーカー接続端子が無い場合
アンプ内蔵スピーカーかアンプ+スピーカーを用意する必要があります。以下例をあげます。

PC用アンプ内蔵スピーカー(3.5mmステレオミニプラグ付き)
→TVのヘッドホンジャックに差し込めばOK テレビのリモコンで音量調整できます。数千円~。

ホームシアターセット(AVアンプと5.1chスピーカーがセットになっている)
→光ケーブルでTVとアンプをつなぎます。サラウンド再生が可能。数万円。

プリメインアンプ+オーディオスピーカー
→RCAピンケーブル(赤白ケーブル)でTVとアンプをつなぎます。サラウンドはできない。音質重視。

「アンテナ線をプラグに繋ぐみたいなもの」というのが、よく分からないのですが、
取扱説明書を見て、スピーカー接続端子があるのかどうかをまず確認してください。
(最近のテレビにはスピーカー接続端子は付いてないものが多いです。)

スピーカー接続端子はテレビ内蔵のアンプで外部のスピーカーを鳴らすものですから、新たにアンプは必要ありません。
スピーカーケーブル(電線)の被覆をカッターで剥いで、端子に接続してください。
 ワンタッチ式…レバーを押して穴に芯線を挿入後レバーを離すと、バネ力...続きを読む

Qミニコンポに複数のスピーカーを接続したいのですが…。

市販されているミニコンポに、さらに右左一つずつスピーカーを増やしたいのですが、その安全な接続方法を知っている方、教えて頂けないでしょうか?
 友達は、スピーカーと本体(アンプ?って言うのですかね…)をつなぐ配線を、アンプのその差込口に複数本、無理やり突っ込んで、左右3個づつスピーカーを使用していますが、何か危なっかしくてマネできません。また、以前、アンプとスピーカーのインピーダンスの大小関係で、どちらかが大きいとアンプに負担がいくという話も聞いています。ここらへんのことも踏まえて、良いアイデアをお持ちの方、ぜひ意見を聞かせて頂けたら幸いです。

Aベストアンサー

一般的に、アンプの定格よりも小さなインピーダンスのスピーカーを接続すると、アンプに過負荷がかかると言われています。
インピーダンスが1/2倍になると、アンプの出力は2倍になり、それだけ負担がかかります。したがって、アンプの定格よりも大きなインピーダンスのスピーカーを繋いでもまず問題ありません(真空管式などは除く)。
アンプは、定格インピーダンスのスピーカーに対し、最高出力で運転しても壊れないように設計してあります。つまり定格よりも小さいスピーカーを使用すると、最高出力時に設計よりも大きな電流が流れ、故障の原因となるのです。
ですから、安全策をとるのであればスピーカーを直列に繋ぐのが良いかと思われます。ただ、そんなに大きな音量で使うことがないのであれば、並列にしても問題ないかと思われます。

Q天井スピーカーの接続方法

素人なので初歩的な質問とは思いますが宜しくお願いします。

現在新築の注文住宅の打合せ中で、間取り等が決まりこれから外壁、
内装(床やクロス)などを決めていく段階です。

まだ内装は詳細までは決まってないですが、天井スピーカーに
あこがれており、実際に契約したハウスメーカーさんの見学会でも
天井スピーカーのお宅があったので、まだ概算の段階ですが
見積もりにスピーカー配線も入れてもらっています。
(見学会で見た、あんな感じの天井スピーカーを付けたいというレベルです)

仕様としては、リビングの天井に2箇所スピーカーをつけてもらい、
壁にon/offのスイッチをつけてもらうといった内容です。
(複数の部屋でのスピーカー設置は無く、ボリュームコントロールも無いと思います)

私の希望としては、当初はCDを聴くときに天井スピーカーから聴ければと
思っていた程度なのですが、配線の場所を担当の営業さんとお話していたら
TVの設置場所付近に配線を行って、映画などでも使えるようにした方が
良いのでは?と提案されました。


そこで質問です。

CDプレーヤー(iPod等も接続可能なもの)と、テレビ(もしくはHDD内臓の
ブルーレイ)の音を天井スピーカーから聞こえるようにするには、
どのような設備が必要になるのでしょうか?

天井スピーカーは、埋め込みではなく吊りタイプの予定なので、
スピーカーと吊るためのブラケットが必要そうなのは何となく
わかったのですが、その他必要な物はなんでしょうか?

ちなみにCDプレーヤーと、テレビ(ブルーレイ)は既にあります。

それらのプレーヤーと、購入予定のスピーカーを繋ぐ間に必要なものと
その接続方法がイマイチイメージ出来てません。


ちなみに音質としては、それほど拘っているわけではなく、
そこそこの音で聴ければ問題無いです。

またコストをとにかく抑えたいという訳ではないですが、
凄くコストをかけるのではなく、ある程度の音質と
ビジュアルをクリア出来れば嬉しいと思っています。
(このバランスが非常に難しいとは思いますが・・・)

何かおススメの商品、接続方法などありましたら、
情報提供いただけると幸いです。


素人があこがれだけで質問していて申し訳ないのですが、
音響関係詳しい方、是非とも宜しくおねがいします。

素人なので初歩的な質問とは思いますが宜しくお願いします。

現在新築の注文住宅の打合せ中で、間取り等が決まりこれから外壁、
内装(床やクロス)などを決めていく段階です。

まだ内装は詳細までは決まってないですが、天井スピーカーに
あこがれており、実際に契約したハウスメーカーさんの見学会でも
天井スピーカーのお宅があったので、まだ概算の段階ですが
見積もりにスピーカー配線も入れてもらっています。
(見学会で見た、あんな感じの天井スピーカーを付けたいというレベルです)

仕様としては、リ...続きを読む

Aベストアンサー

再生機 → アンプ → スピーカー で音を出せます。

スピーカーの壁スイッチなんて愚の骨頂、ノイズの元になるだけです。
あれは、何か所も同時に音が出せるように配線された施設で、
「この部屋は鳴らす、鳴らさない」のためにあるスイッチですから、
1室だけで鳴らすような場合、全く必要ありません。

スピーカーやスピーカーケーブルは後年、交換することも考えられますから
配線をし易いようにしておくと良いと思います。

1.「吊り下げブラケット」を取り付ける位置の天井裏に下地(コンパネのような板)を付けてもらう。

2.アンプを置く位置(再生機)付近の「壁からスピーカー取付位置の天井まで」
  配管(エアコンのドレンホース可)を設置してもらう。ホース代はm30円くらい。
  壁と天井に断熱材を入れるでしょうから、配管が無いと後あと大変ですが、 
  ホース施工費が高い見積が出たら「タコ糸」を這わしておいてもらって、
  スピーカーケーブル結んで引っ張るもらうという手もあります。色分けを忘れずに。

3.天井からスピーカー接続ケーブルをパイプを通して壁 → アンプに接続
  業者に依頼すると数万円払ってm何十円の安物ケーブルでしょう。
  当たり前にそれでも音は出ますが、チョットいい「ofcスピーカーケーブル」なども
  自分で買えばm百円+@ですから、安く、良い音を手にすることが出来ます。

アンプは、入力系統が2つ以上(CDとTV)あるプリメインアンプなら何でもokです。
リモコン付きならボリューム、入力切換などもラクですし、
吊り下げスピーカーを鳴らすアンプなので
色(シルバー、ブラック)やデザインで選んで良いでしょう。
予算的には2万円~5万円でokかと思います。

スピーカーは耳の高さが基本です。
天井スピーカーだけだと耳疲れを起こすと思いますので、
サラウンド付きアンプ+床(TV裏)スピーカー2個+後方の天井2個がベターです。
これにウーハ―を足せば、映画館並みのサラウンドシステムが構築出来ます。
予算的には7万~15万でしょう。

再生機 → アンプ → スピーカー で音を出せます。

スピーカーの壁スイッチなんて愚の骨頂、ノイズの元になるだけです。
あれは、何か所も同時に音が出せるように配線された施設で、
「この部屋は鳴らす、鳴らさない」のためにあるスイッチですから、
1室だけで鳴らすような場合、全く必要ありません。

スピーカーやスピーカーケーブルは後年、交換することも考えられますから
配線をし易いようにしておくと良いと思います。

1.「吊り下げブラケット」を取り付ける位置の天井裏に下地(コンパネのような...続きを読む

Qパワーアンプのつなぎ方を教えてください(超初心者)

よろしくお願いします。

友人から「ALPINE MRV-F400」というパワーアンプを貰いました。
しかし接続の仕方が判らなくて困っています。
そこで接続の仕方をご指導してください。

1) アンプの「INPUT」のCH-1~CH4の白と赤のコードはどこからの線を接続する
2) アンプの「OUTPUT」のCH1+3,CH2+4の白と赤のコードはどこに接続する
3) 「BATT」は直接バッテリーから引くのですか?
4) 「REMOTE」とは何ですか?
5) 「GND」とは何ですか?
6) スピーカーをつなぐ部分の「CH1~4」はどのように分けるのですか?

現在、フロントスピーカーは純正、リアスピーカーは置型BOXタイプ、
それとスピーカーケーブルをそのまま付けるタイプの簡単ウーハーがあります。

これだけでわかっていただけるか判りませんが、どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

1) アンプの「INPUT」のCH-1~CH4の白と赤のコードはどこからの線を接続する

デッキからです。デッキにRCA出力(外部出力)がなければそもそもアンプの取り付け事態ほぼ不可能です。純正デッキの場合99%ありません。

2) アンプの「OUTPUT」のCH1+3,CH2+4の白と赤のコードはどこに接続する

スピーカーに接続します。

3) 「BATT」は直接バッテリーから引くのですか?

その通りです。

4) 「REMOTE」とは何ですか?

リモートのことです。デッキ側からアンプリモートスイッチの線があればそれを接続します。なければ同様にRCA出力もないと思われるので取り付け不可能です。

5) 「GND」とは何ですか?

グラウンドすなわちアース、つまりマイナスのことです。ボディーの鉄板部分に配線します。

6) スピーカーをつなぐ部分の「CH1~4」はどのように分けるのですか?

1と2をフロント左右 3と4をリア左右です。1)で繋いだRCAケーブルと対応させます。


いわゆる4チャンネルアンプと思われます。4チャンネルとはフロントスピーカー左右とリアスピーカ左右の4つのスピーカーを鳴らせますよってアンプのことです。

あと蛇足ですが、超初心者ですので、、、っていう言い出しはネット上で逆に嫌われる傾向にあることを付け加えておきます。

1) アンプの「INPUT」のCH-1~CH4の白と赤のコードはどこからの線を接続する

デッキからです。デッキにRCA出力(外部出力)がなければそもそもアンプの取り付け事態ほぼ不可能です。純正デッキの場合99%ありません。

2) アンプの「OUTPUT」のCH1+3,CH2+4の白と赤のコードはどこに接続する

スピーカーに接続します。

3) 「BATT」は直接バッテリーから引くのですか?

その通りです。

4) 「REMOTE」とは何ですか?

リモートのことです。デッキ側からアンプリモートスイッチの線があればそれ...続きを読む

Q車のスピーカーの配線について。 カーオーディオ初心者です。 車のフロントスピーカーの配線に関して分

車のスピーカーの配線について。

カーオーディオ初心者です。
車のフロントスピーカーの配線に関して分からないことがあるのでご教授をおねがいします。
この度フロントスピーカーを純正からアルパインのセパレートスピーカーに某カー用品店にて交換してもらいました。お店に任せたところ画像1番下の4chマルチの接続で配線したと言われました。
この配線についてなのですが、自分の理解では、
『フロントスピーカー出力はツイーター専用、リアスピーカー出力はフロントドアのミッドに接続するので、本来リア出力による後ろのドアのスピーカーからは音が出ない』ものだと考えておりました。しかし、後ろのドアからも音がします。
なので、自分の理解が間違ってると思うのでどのような配線なのか教えてください。>_<

あと真ん中と下の配線ではどちらが良いのですが?
今のところ、純正から変えたのはスピーカーのみで、これからデッキを買って繋げます。

Aベストアンサー

店員の説明が違っているか、
説明を質問者さんが誤認しているように思います。

4Chの意味もいろいろ受け取れるのでよくわかりませんが、
おそらく、F-R&L、R-R&L、の4Chでしょう。

今回フロントのみを交換したとの事ですが、
こちらは一番上または真ん中の図のように左右とも結線し
リア側の配線は何もいじっていないと思います。

交換したフロント側左右で2Ch、
何もいじってないリア側左右で2Chの、合計4Ch。
と言う事ではないですか?

一番下の図も確かに4Chなんですが、
これは物理的にリアにスピーカーを設置できない車両等で
フロント側だけ設置の場合の話しではないですか?
余剰となるリア配線をウーハーで利用するという趣旨の結線で
本来は利用しない手法だと思いますよ。

心配だったらご自身でユニットを外して
実際に目で結線を確かめてみてはどうでしょう?
簡単ですよ。

Qスピーカーケーブルの太さ

スピーカーケーブルというのは結構色々あるようで、太さも結構色々あるようですね。

例えば BELDN だと
8471 16AWG(1.31sq)
8474 14AWG(2.069sq)
8477 12AWG(3.29sq)
は基本的に太さが異なるだけで後は同じようですが・・・

正直な話、ケーブルの太さというのはどういった基準で選定すればいいんでしょうか?

太ければそれだけ抵抗が増えそうな気もしますが、その分電流が多く流れそうですし・・・・

太くなることによるメリットデメリットを教えてくれませんか?

特にデメリットがなければ一番太いものを購入しようかと思っています。

Aベストアンサー

ケーブルと音質の関係はそんなに簡単なものでは有りません。
音楽信号は電磁気学的に言えば歪波交流ですから、それなりの伝送路が必要です。特にスピーカーケーブルは20Hz~100kHzと非常に広帯域をカバーする伝送路であり、通信ケーブルでこの様に広帯域(対数グラフで5桁分)で使われるケーブルはありません。
下記URLに入門編とも言うべき解説がされていますので参考にされては如何でしょうか?
http://www.ssaj.gr.jp/old-paj/1991/SP-cable91.html

太いケーブルの欠点;
高価。太いケーブルが良い音がすると考えるのは大きな間違え。
表皮効果が音声帯域の中で発現しますから、低音域と高音域とのバランスを上手く設計しないと崩れて、どちらかの帯域強調型となりやすい。

細いケーブルの欠点;
導体抵抗が大きくなるのでダンピングファクターが小さくなる。
ケーブル長が短い場合には問題がなく、太いケーブルより良い音が得られる可能性大。

参考URL:http://www.ssaj.gr.jp/old-paj/1991/SP-cable91.html

ケーブルと音質の関係はそんなに簡単なものでは有りません。
音楽信号は電磁気学的に言えば歪波交流ですから、それなりの伝送路が必要です。特にスピーカーケーブルは20Hz~100kHzと非常に広帯域をカバーする伝送路であり、通信ケーブルでこの様に広帯域(対数グラフで5桁分)で使われるケーブルはありません。
下記URLに入門編とも言うべき解説がされていますので参考にされては如何でしょうか?
http://www.ssaj.gr.jp/old-paj/1991/SP-cable91.html

太いケーブルの欠点;
高価。太いケー...続きを読む

Q4芯スピーカーケーブルの接続法

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い致します。

近頃、スピーカーケーブルのグレードを上げようと思い、
スピーカーケーブルの購入を考えています。
そこで、ネットで商品を見ていると4芯になっている物があるのですが、接続方法が解りません。
これは、例えば、2本を一組にまとめて接続したりするのでしょうか?
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

4芯のものでも、スターカッド型のものと並列型のものがあります。
スターカッド型のものは、対角に向かい合う2本が同系統の着色になっていることが多く、この2本をまとめて使用します。主にノイズの低減に効果があるとされています。
並列型のものはバイワイヤリング用で、隣り合う2本が同系統の着色となっていることが多いように思いますが、4本ともバラバラの場合もあります。この場合、メーカーが組み合わせを指定している場合があります。こちらは、隣り合う2本が共に+又は-となるように接続して使います。もちろん、隣り合う2本を合わせてシングルで接続することもできますが、スターカッドと同様の効果はありません(単に導体面積が増えるだけ)。スターカッド接続もできますが、線材の方向性(電気の流れやすい方向?)が管理されているため、推奨されません。

スターカッドタイプ(切り口から見て)
+ -
- +

並列タイプ(切り口から見て)
+ -
+ -

並列タイプをバイワイヤリングで用いる時は、上側を高域側・下側を低域側というように使い分けます。メーカーによっては帯域ごとに線径を変えたり線材を変えたりしていますので、高域用・低域用の指定がある場合があります。
スターカッドタイプは、一般的にはバイワイヤリングには用いないと思います。

一例として、カナレのスピーカーケーブルはスターカッド接続用に設計されています。
http://www.canare.co.jp/2003cat/p35.html
配置は切り口から見て下のようになっていますので、RとCRをまとめて+に、WとCWをまとめて-に接続します。
R  W
CW CR
(R:red/W:white/CW:clear White/CR:clear Red)

また、Space&Time Prism2+2-8Nはバイワイヤリング接続用に設計されています。
http://www.apollon-inter.com/products/Space&Time/prism.html#22
配置は切り口から見て以下のようになっていますので、バイワイヤリング時はWを+、Kを-に接続して1ペアとし、Bを+、Cを-としてもう1ペアとします。シングルワイヤリング時はWとBを+、KとCを-とします。
W B
K C
(W:White/B:Blue/K:Black/C:Clear)

4芯のものでも、スターカッド型のものと並列型のものがあります。
スターカッド型のものは、対角に向かい合う2本が同系統の着色になっていることが多く、この2本をまとめて使用します。主にノイズの低減に効果があるとされています。
並列型のものはバイワイヤリング用で、隣り合う2本が同系統の着色となっていることが多いように思いますが、4本ともバラバラの場合もあります。この場合、メーカーが組み合わせを指定している場合があります。こちらは、隣り合う2本が共に+又は-となるように接続して使...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング