今だけ人気マンガ100円レンタル特集♪

祖父が倒れたため、意識があるうちに会っておこうかと思い、久しぶりに祖父の家に行きました。
そして、ふと畑を見ると、15年ぶりぐらいに野菜の苗が植わっていました。
畑は、祖父が使用することはなく、後にトラブルになると嫌だからという理由で、一切貸したり使用を許可したりしていません。
祖父は、「近くの人が勝手に植えたんだろう」と言っています。
そこで、質問1~4の4点について教えて下さい。

民事法上の質問
勝手に植えられたのが事実だった場合、この野菜は誰(植えた近所の人、土地所有者等)の所有なのですか?・・・・質問1
植えた人(植えた近所の人)に、野菜を除去しろと請求出来ますか?・・・・質問2

刑事法上の質問
土地所有者が野菜を勝手に食べると、なんらかの犯罪の構成要件を満たしますか?・・・・質問3
植えた人が野菜を勝手に食べると、なんらかの犯罪の構成要件を満たしますか?・・・・質問4


前からずっと「何も植えないと畑が死ぬ」としつこく言ってきていた人がいて、その人が植えたんだろうとは思うんだけど・・・・
トラブルになると思って貸さなかったから、余計にトラブルになりそうだ・・・・

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

質問1について


 他人の土地に野菜を植えて育てるのは,その土地の占有と言えます。
 また,収穫物としての野菜など,その土地からの産出物は,民法上「果実」ということになります。
 土地の占有者が,果実を収受すること自体は違法とは言えません。ただし,悪意の占有者については,土地所有者に果実を返還する義務があります。(食べてしまった場合は,返せないので価額相当の損害賠償)

質問2について
 できます。

質問3について
 勝手に野菜を植えた不法占有者と言えども占有権があるので,司法手続きによらず勝手に野菜を奪えば,窃盗罪になります。所有権があるということと,勝手に奪っていいかは別問題です(自力救済の禁止)。

質問4
 土地の占有者が,土地の果実である野菜を収受して食べること自体は犯罪になりません(民事上は,上記の通り,悪意の場合は返還義務を負います)。もっとも,真の所有者から,土地の占有を奪ったと言うことで,不動産侵奪罪になります。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

No.1の方とは違って、土地所有者の物にならないということなのでしょうか?
質問1~4まで所有権≒占有の所在が一貫していてわかりやすかったです。

お礼日時:2013/02/09 21:27

質問1



成長した植物や果実の所有権は、植えたり種をまくと同時に、それらの土地の所有者に移転します(民法242条本文、昭和31年6月19日最高裁判決)

質問2

撤去を要求できますが、収穫できるまで待って、収穫物の所有権を主張した方が得策ではないでしょうか?あと、土地の使用代金も。

質問3

成長した植物や果実の所有権は、植えたと同時に土地所有者に移転してますから、土地所有者が収穫しても構わないと思います。

質問4

成長した植物や果実の所有権は、植えたと同時に土地所有者に移転してますから、土地所有者以外が収穫したら「畑泥棒(窃盗罪)」になるでしょう。

>トラブルになると思って貸さなかったから、余計にトラブルになりそうだ・・・・

「土地借用代金として、収穫物はすべて徴収します。それでも良ければ、どんどん植えて下さい」って告知すれば良いと思います。

トラブルを避ける一番の方法は「自分が損をしないように、相手を納得させれば良い」ので、相手が「植えたい」って言ってるなら、植えさせてあげれば良いのです。

相手は「植えたい」って思ってる訳ですから、法律を持ち出して「植えさせない」などと言う対応はしてはいけません。一言でも「植えさせない」と言ってしまえば、絶対にトラブルが悪化します。

但し「野菜を植えて育てる行為」は「占有」ですので、占有された状態を長く放置してしまうと「占有時効」と言って、土地が「占有者の所有物」として認められてしまうので、決して、放置してはいけません。

放置せずに「収穫物を借用代金の代わりとする」と明記した「土地貸借契約」を結ぶなどして「占有された挙句、土地を奪われる」と言う事が起きないようにしましょう。

こういうトラブルで、いちばんやっちゃいけないのは「相手の心情を無視して、法律的な事を持ち出す事」です。

一言でも「法律では」なんて言った瞬間、相手は「じゃ、出るトコ出るべ」って反応をしますからね。

「植えたい」って言うなら、植えさせてやって、利益や収穫は全部こっちが頂く、と言う方針で解決させましょう。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

植えた人に所有権がないということですが、除去を請求できるのは、どういう法律に基づいて出来るんでしょうか?
仮に、除去しろと判決が出た場合に、所有者でもないのに除去できるのでしょうか?
法律って無茶苦茶ですね。

お礼日時:2013/02/09 21:21

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q土地を勝手に使われています

自宅より80kmほど離れた場所に、
80坪程度の土地(更地)を所有していますが、
隣の方が、勝手に土地を耕して畑を作っています。
以前、土地を買い取ってもらうか、賃貸にするか、
畑を作るのを止めてもらうか、いずれかにして欲しい旨伝えましたが、
お隣さん曰く「放っておいたら、草が伸び放題になるから
畑を作って管理してあげているんだ。」と逆ギレされてしまいました。
確かに、頻繁に見に行ける場所ではないので、
そういう風にいわれてしまうと、反論できませんが、
税金を払っている私としては、なんだかスッキリしません。
一度、売りに出したんですが、
古くからの住宅街の中のせいか、買い手は現れませんでした。
今年もまた作物を植える季節がやってきました。
なんとか、阻止する方法はないものでしょうか?

Aベストアンサー

登記簿謄本の地目は何になっていますか

「雑地」「農地」「宅地」解らなかったら調べてみてください

もし宅地なら農地に登記変更を迫られて資産価値減少に繋がります

先の方が仰っている様に占有を主張されて土地の全て持って行かれます

早急に手を打つ必要が有ると思われます

弁護士に依頼して裁判になると手間や弁護士費用だけ損になります

従って少し金がかかりますが

土地全部に「熱く砕石を撒く」又は「全体をコンクリートで覆う」

その上で駐車場として貸出看板を出せば良いのではないでしょうか

もし借り手が無くても手段としては有効だと思われます。

Q土地の無断使用(長文失礼)の対処方法

妻所有の土地についてご相談いたします。
平成5年に義父の相続で妻の名義になった長方形の土地約290坪があり、自宅からは約40Km離れた場所にあります。
以前は、義父の工場があったのですが、他界後に解体して今はなにも使用していません。
今年の5月頃に墓参ついでに現地を見に行ったところ、隣の自動車整備工場の方が勝手に整地し、砂利を引きつめて廃車や故障車を勝手に置いていました。日を改めて、簡単な杭と鉄線で周囲を囲みましたが、その時に初めて先方が来て「使わせて欲しい」といわれました。その段階では、無断で使われていたこともあり貸すつもりはありませんでしたので、「お貸しするかどうかは考えておきます」と伝えました。
市道から1.5m位内側に杭を打っていたので、「その1.5m位の空間(車2~3台縦列で停められる)に車を置かせて欲しい」と言われ、その点についてはOKを出していました。
ところが昨日、現地に行ってみると杭や鉄線は全て外され、中に6~7台の車がと停まって(置いて)いました。先方が居たのでクレームをつけたところ「草刈りやムカデの退治とか管理してやっているし、車を置いているだけではないか」と開き直られてしまいました。
ちなみに「杭打ち」と現状については写真を撮っています。

私たちは専門家ではないのでよくわかりませんが
1.土地無断使用の即刻中止(最悪賃貸する)
2.杭・鉄線の無断撤去による損害賠償
を考えています。
費用・方法について良きアドバイスをお願いいたします。

妻所有の土地についてご相談いたします。
平成5年に義父の相続で妻の名義になった長方形の土地約290坪があり、自宅からは約40Km離れた場所にあります。
以前は、義父の工場があったのですが、他界後に解体して今はなにも使用していません。
今年の5月頃に墓参ついでに現地を見に行ったところ、隣の自動車整備工場の方が勝手に整地し、砂利を引きつめて廃車や故障車を勝手に置いていました。日を改めて、簡単な杭と鉄線で周囲を囲みましたが、その時に初めて先方が来て「使わせて欲しい」といわれまし...続きを読む

Aベストアンサー

 他人の所有地を無断で整地して、自己の営業目的のために廃車などを置きっぱなしにして占有する行為は、不動産侵奪罪(刑法235条の2)に当たる可能性があると思います。

 かつて、土地の不法占拠は窃盗罪(刑法235条)では処罰できなかったのですが、不法占拠に対し正当な権限を持つ所有者の権利保護のために、昭和35年の刑法改正で「不動産侵奪罪」が創設されました。

 ここでいう「侵奪」とは、「他人の占有を排除してその不動産(=土地、家屋)に自己や第三者の占有を設定すること」をいいます。
 空き地であっても正当な所有者の占有がなされているとみなされますから、不法占拠は成立します。

 ところで、この「侵奪」の具体的な適用ですが、一時使用の場合には該当しないことになります。例えば、数日間だけ空き地に車を置いても、あるいはテント生活をしても「侵奪」があったとは認められません。
 土地の形状を変えるような行為、または土地に建物を立てるような行為、それも恒常的な行為が必要だと考えられています。

 一例として、昭和45年6月30日東京高裁判決では、「宅地造成の目的をもって、ブルドーザーを使用し、土地を切り崩し、削りとった土を搬出し、その土地の全域にわたり約三ないし四メートル程掘り下げて整地した場合には、不動産侵奪罪にいう侵奪にあたる。」としています(最高裁HPから判決文を抜粋)。

 また、平成11年12月9日最高裁判例では、「所有者による現実の支配管理が困難になった土地について、一定の利用権を有する者が、その利用権限を超えて地上に大量の廃棄物を堆積させ、容易に原状回復をすることができないようにしたときは、所有者の占有を排除し自己の支配下に移したものとして、不動産侵奪罪が成立する。」と判示しています(下記、参考URLに最高裁HPから、判決文を貼っておきます)。

 今回の質問文には「杭や鉄線は全て外され、中に6~7台の車がと停まって(置いて)いました」と書かれていましたが、境界線(=この場合、杭や鉄線)を移動させる行為があれば、実行の着手があったといえ(=不動産侵奪罪は未遂も罰せられる。刑法243条)、その後整地され廃車等が置かれた段階で占有がなされ、土地の「侵奪」が行われたと認定できる可能性があると思います。

※なお、現場を見たわけではありませんから、隣人の行為が刑法で処罰される「侵奪」に該当するかは、警察や検察、弁護士などの専門家に直接、聞いて下さい。

 民法の土地所有権に基づく妨害排除請求権の行使も考えられますが、法律は民間人の自力救済を禁じていますから、所有地に不法投棄された廃車の撤去ですら、裁判所の強制執行の手続きを経る必要があります(=費用もかかります)。

 「土地無断使用の即刻中止」を求めるのであれば、所轄の警察または検察に事情を説明し、「不動産侵奪罪」で刑事事件とならないかご相談されてはどうでしょうか。

 ところで、他人の土地であることを知りながら、境界杭を抜いて2度までも不法占拠する相手に対し、通常の賃貸借契約が有効でしょうか。
 将来、地代不払いがあっても、賃借権(=建物がなければ借地借家法で保護される「借地権」の心配はいらないが)を主張し、容易に立ち退かない可能性もあると思います(杞憂かもしれませんが…)。

参考URL:http://courtdomino2.courts.go.jp/schanrei.nsf/VM2/2F2F1F45E886605649256B210047A07F?OPENDOCUMENT

 他人の所有地を無断で整地して、自己の営業目的のために廃車などを置きっぱなしにして占有する行為は、不動産侵奪罪(刑法235条の2)に当たる可能性があると思います。

 かつて、土地の不法占拠は窃盗罪(刑法235条)では処罰できなかったのですが、不法占拠に対し正当な権限を持つ所有者の権利保護のために、昭和35年の刑法改正で「不動産侵奪罪」が創設されました。

 ここでいう「侵奪」とは、「他人の占有を排除してその不動産(=土地、家屋)に自己や第三者の占有を設定すること」をいい...続きを読む

Q土地の無断使用に関する件

12年前に約500坪の土地を相続し毎年固定資産を支払っています。
15年前までは宅地でしたが、家を取り壊し畑として利用しております。
私も都会に出て仕事をしており年に1度しか帰れません。
その土地200坪を知人が無断で農作物を作り続けています。
土地の無断使用の場合はどの様な罰があるのでしょうか
教えてください。

Aベストアンサー

1,不動産侵奪罪、という法律があります。
 (不動産侵奪)
刑法 第235条の2
「他人の不動産を侵奪した者は、10年以下の懲役に処する。」

判例によれば侵奪とは、不動産に対する他人の占有を排除して、
自己の事実上の占有を設定する行為である、とされています。

無断登記など、占有を法律的に奪取する行為は含まれない。
他人の土地の周囲に、半永久的で容易に除去し得ない
コンクリートブロック塀を設置して、
資材置場として利用する行為は侵奪に当たる(最決昭和42年11月2日刑集21巻9号1179頁)。
他人の土地に無断で排水口を設置しても、
一時利用の目的であって原状回復が容易であり、
損害も皆無に等しい場合は侵奪に当たらない
(大阪高判昭和40年12月17日高刑18巻7号877頁)。

この犯罪に該当するかどうかは現場を見ないと何とも
言えません。
無断で農作物を作っているだけ、というのでは
難しいかもしれません。


2,しかし、民事の損害賠償請求や、不当利得返還請求権
は請求できると思われます。
請求出来る金額は、その地域の農地の
賃借料の相場が基準となります。

一度、専門家に相談したらどうでしょう。
相談だけなら数千円で済みます。

1,不動産侵奪罪、という法律があります。
 (不動産侵奪)
刑法 第235条の2
「他人の不動産を侵奪した者は、10年以下の懲役に処する。」

判例によれば侵奪とは、不動産に対する他人の占有を排除して、
自己の事実上の占有を設定する行為である、とされています。

無断登記など、占有を法律的に奪取する行為は含まれない。
他人の土地の周囲に、半永久的で容易に除去し得ない
コンクリートブロック塀を設置して、
資材置場として利用する行為は侵奪に当たる(最決昭和42年11月2日刑集21巻9号1179頁)。
他人...続きを読む

Q人の家に、種をまくのは違法?

まぁ、違法だとは思いますが、人の家に種をまくのはどんな刑罰になりますか?

嫌がらせとしては、人の家にタケノコを植えたら、かなりの嫌がらせになるなー、とか。

あとは、道が寂しいので、花の種を植えるのも、罪になるんでしょうね。

ほかに、河川敷とか国が管理するところに、種を植える(種だけです)のとか。

興味本位ですが、どうなのかなー?と少し気になりました。

Aベストアンサー

民事上は、その行為によって、他人の何らかの権利利益が害されたといえれば不法行為になりますし、不動産の利用を妨害したといえれば原状回復義務があります。

刑法上は、種を撒くという行為だけをとって、何かの犯罪になるとは言い切れないでしょう。

他人の家の場合は、種を撒くために他人の建物の敷地に立ち入れば建造物侵入罪とか、あとは、その結果として、建物や庭の既存の物に損害を与えたような場合はそれぞれ建造物損壊や器物損壊になる可能性もあります。ただ、損壊の故意がなければ成立しません。

道路は、道路法99条で「道路の効用を害し、又は道路における交通に危険を生じさせた者」を処罰して、刑法上も往来妨害罪があります。舗装されたものをはがして花を植えるとなれば、少なくとも道路法99条の違反になりますが、路肩とか元々花壇のようになっている部分に種を撒くこと自体は、道路の効用を害するとまではいえないような気がします。

河川も、河川法では「竹木の栽植」(27条、102条)については、許可が要ります。逆に考えると、草なら竹木でないので許可は要らないということにもなりそうです。もっとも、河川の敷地の一部を事実上占用して、花の栽培をすることは許可が要ります。

民事上は、その行為によって、他人の何らかの権利利益が害されたといえれば不法行為になりますし、不動産の利用を妨害したといえれば原状回復義務があります。

刑法上は、種を撒くという行為だけをとって、何かの犯罪になるとは言い切れないでしょう。

他人の家の場合は、種を撒くために他人の建物の敷地に立ち入れば建造物侵入罪とか、あとは、その結果として、建物や庭の既存の物に損害を与えたような場合はそれぞれ建造物損壊や器物損壊になる可能性もあります。ただ、損壊の故意がなければ成立しません...続きを読む

Q畑を貸していると返してもらえない?

父が以前から畑を貸していました。
畑は家庭菜園として利用されています。

父が亡くなり、
畑をこのまま貸していると小作権が発生して返してもらえず
取られてしまう事があるから貸すのを止めた方がいいと
私の知人から勧められました。

今貸している人はおかしな権利を主張するような人ではないのですが
その人が亡くなって子供の代になったりすると
小作権を主張してくるかもしれない
というのです。

父は小作権が発生しないように無償で貸していましたが、
畑を借りている人は
年に1、2回とれた野菜を少し持って挨拶にこられるので、
野菜等を少しでももらうと小作料とみなされると
知人には言われました。

私としては、畑の土地をすぐに使う予定がないし
畑をするのを楽しみにされているようなので
しばらくこのまま使ってもらいたいと思うのですが
今すぐ貸すのをやめるべきなのでしょうか?

本当にとられてしまうことがあるのでしょうか?
取られるとしたら、どういう法律によるのでしょうか?

数年後には土地を売ることを考えているので
こちらの思った時期には明け渡してもらいたいと思っています。

よろしくお願いします。

父が以前から畑を貸していました。
畑は家庭菜園として利用されています。

父が亡くなり、
畑をこのまま貸していると小作権が発生して返してもらえず
取られてしまう事があるから貸すのを止めた方がいいと
私の知人から勧められました。

今貸している人はおかしな権利を主張するような人ではないのですが
その人が亡くなって子供の代になったりすると
小作権を主張してくるかもしれない
というのです。

父は小作権が発生しないように無償で貸していましたが、
畑を借りている人は
年に1、2回...続きを読む

Aベストアンサー

#1です。
厳密に言えば、農地を他人にタダで貸す場合にも許可がいるのですが、家庭菜園程度の遊休農地を貸すくらいでは、役所は目くじらたてませんよ。
借り主が収穫を販売しているなら別ですが。

なお、ご心配されている「農地解放政策」ですが、その根拠法となる自作農創設特別措置法はすでに昭和27年に廃止されています。
土地を取られる心配はご無用です。

ただ、借り主が亡くなって、その相続人が畑を自己の所有だと誤解して土地の占有を開始すると面倒なので、文書化しておくことを勧めます。
内容は以下のとおりすればいいでしょう。

土地使用貸借契約書

1 Aは、○○に所在するA所有の土地(○m2)を、Bの家庭菜園として利用する目的で、無償でBに貸し付けた。

2 貸付期間は○年○月末日までとし、Bは期限が来たら本件土地を直ちにAに返還する。
  Bが契約を更新したいときは、期限の○ヶ月前までにAに申し出ること。

3 上記にかかわらず、Aが必要のある時は、いつでもBに返還を求めることができる。
  この場合、Bは返還を求められてから○ヶ月後にAに土地を返還しなければならない。

4 Bが本件土地に設置した物は、返還の際にBの責任で撤去する。

5 期間中に当事者の一方が死亡した場合、本契約は当然に効力を失う。

以上合意したので、ABともに署名捺印する。

A 印
B 印

#1です。
厳密に言えば、農地を他人にタダで貸す場合にも許可がいるのですが、家庭菜園程度の遊休農地を貸すくらいでは、役所は目くじらたてませんよ。
借り主が収穫を販売しているなら別ですが。

なお、ご心配されている「農地解放政策」ですが、その根拠法となる自作農創設特別措置法はすでに昭和27年に廃止されています。
土地を取られる心配はご無用です。

ただ、借り主が亡くなって、その相続人が畑を自己の所有だと誤解して土地の占有を開始すると面倒なので、文書化しておくことを勧めます。
...続きを読む

Q人の土地に勝手に入った場合、罪になるの?

人の土地に勝手に入った場合、罪になるの?

現在、役所と訴訟中です。
その役所が当方の許可なく、当方の土地に勝手に入ったりした場合、法的に何か罪になるのでしょうか?

Aベストアンサー

たとえば土地収用関係なら、土地収用法第11~13条等に土地に立ち入る場合の手続き等が厳格に定められていて、勝手に人の土地に立ち入ることなど許されていませんから、明らかに不法行為です。
不法行為で採集した証拠は、まともな裁判官なら採用しないでしょう。ただ行政訴訟においてまともな裁判官がどれだけいるかは楽観できませんが。

Q3年前に土地相続。他人が耕作している様子です。

3年前に母親が亡くなり、土地を相続しました。

(雑種地で40坪 市街化調整区域、 固定資産税は年間3千円程です。)

相続登記しようとしたところ、名義は母親ではなく先々代のままになっていました。

私はその土地を今まで訪れた事はなく、今回初めて現地を見たのですが、どうも他人が畑を耕作してる様子でした。

ある司法書士に名義変更の登記を依頼したのですが、登記してもその耕作者に時効を主張されるだろうから無駄になるでしょう、、との理由で断られてしまいました。

私は、特に土地を相続したい訳ではありません。時効で権利が無くなるのならそれでも構いませんが、このまま税金だけを払い続けるのは避けたいと思います。

これからどう動けば良いのか悩んでいます。

(大前提である、土地を私の名義に変更するという行為も、母方の交流が無い遠方の親戚10名に話をしなければならず大きな負担となっています。)

良いお考えがありましたらお教えください。

Aベストアンサー

名義変更が終わってるということは権利書があるはずなので、そこの住所でオンラインで検索できます。

http://www1.touki.or.jp/faq/details.html

Q目処(めど)と目途(もくと)

目処と目途の使い分けについて教えてください。
送り仮名に違いがありますか。
PC辞書で「めど」の変換を探すと目途が入っているのもありますね。
これは明らかに誤用ですよね。

Aベストアンサー

めどはやまと言葉ではないでしょうか。もしそうなら漢字は当て字であり、どちらが正しいというものでもなく、世間で一般的にどう使い分けされているかということに過ぎないと思います。

広辞苑ではめど(目処)もくと(目途)と分けて記載されているだけで説明がなく
不親切です。朝日新聞社の漢字用語辞典では、めど(目処、目途)とあり、私のPCでも、めどで両方が転換できます。

解決のめどがつくとか、目標達成のめどが立ったなどと使われるので、
ものごとがその完成、実現にちかずいたということを意味し、目標とは若干ニュアンスが異なると思います。目標は高くとは言いますが、目途(目処)は高くとはいいませんね(この部分は蛇足です)

Q占有権と所有権の違い。

占有権と、所有権の違いがわかりません…。
所有権を持っていれば、必ず占有権も、もっている事になるのでしょうか?

分かりやすい例を出して教えてもらいたいのですが…
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

簡単に、
*所有権・・・自分の物と主張でき、処分もできる権利で消滅時効にかからない権利

持ち主/人に貸していてもその持ち主(大家など)

*占有権・・・それを持ったり、使用することを守る権利

使用者/自分の物として使っている人(所有者)、所有者から借りて使っている人(アパート・リース物件・レンタカーなど)
所有者に黙って使用・所持していても、第三者に対しては占有権がある(不法使用(占拠)者、どろぼう)

>所有権を持っていれば、必ず占有権も、もっている事になるのでしょうか?

占有権者(占有者)には所有権を持つ者と持たない者がいて、所有権者にはその物を占有している者と占有していない者がいる。

Q畑の雑草をできるだけ生えないようにしたい

畑を始めて1年がたちました。
雑草には悩まされっぱなしですが、畑の場所によって雑草が多いところ、少ないところがあるのに気づきました。

肥料をあげたところ、常に土が湿気ているような箇所は雑草が多い気がします。

大きな畑を管理している人などは雑草対策はどうされているのでしょうか・・・そういう畑には雑草があまり生えていない感じがします。

一応、マルチングをしたりして対応していますが、根本的な解決にはなっていません。畑の雑草をできるだけはやさないようにする方法を教えてください。

Aベストアンサー

雑草防除は「耕種的防除」と「薬剤防除」がありますが、生やさない、子孫を残さないという考えは一緒です。
農業は雑草との闘いです。
畑地雑草の発生生態とその防除
http://narc.naro.affrc.go.jp/oldss/kouchi/weed/hatazaso.html
(この辺がまとまっています。)
こまめな草の抜き取りもあるかと思いますが、畑を使っていない時の全面耕起や栽培時の中耕、適正な除草剤使用などが雑草防除につながります

>肥料をあげたところ、常に土が湿気ているような箇所は雑草が多い気がします。

雑草の種子は環境が悪ければ数年間、不良環境下でも死滅せずに冬眠しています。
条件が良くなれば発芽しますので・・・・


>大きな畑を管理している人などは雑草対策はどうされているのでしょうか・・・そういう畑には雑草があまり生えていない感じがします。

人によりやり方はそれぞれですが、精農家といわれる人ほど畑の管理もちゃんとしています。
(農家指導をしていた時には、畑を見る目が銀行員だねと言われてました。)

雑草防除は「耕種的防除」と「薬剤防除」がありますが、生やさない、子孫を残さないという考えは一緒です。
農業は雑草との闘いです。
畑地雑草の発生生態とその防除
http://narc.naro.affrc.go.jp/oldss/kouchi/weed/hatazaso.html
(この辺がまとまっています。)
こまめな草の抜き取りもあるかと思いますが、畑を使っていない時の全面耕起や栽培時の中耕、適正な除草剤使用などが雑草防除につながります

>肥料をあげたところ、常に土が湿気ているような箇所は雑草が多い気がします。

雑草の種子は環...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング