痔になりやすい生活習慣とは?

父の七回忌と母の三回忌を一緒にしたいと思います。お引きは別々にしたほうが良いか、ひとつで良いのか、後者の場合ならば、のしはどのように書いたら良いのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

素人なので正式な事は分かりませんが、


わが家も義祖父母の三回忌と七回忌を一緒に執り行うため、
それに際して実家の祖母に相談してみたことがあります。
丁寧にやるなら1つずつ、
(正式には別にやるところをまとめるので、引き物はそれぞれ要る…という考え方)
1つにするならのしに2つ(2行に)法名を書く…
との回答をもらいました。
もちろん祖母も専門家ではないので(笑)、正解かどうかは分かりませんが。
私の嫁ぎ先は田舎で固いため、迷わず2つつけることになってます。

受け取る側も色々な人がいますから、どちらがいいとは言い切れないと思います。
それぞれあるのが本当、1つにするなんてけしからん!という考え方の人、
いやどうせ使わないし(笑)、形がきちんとしていればいいよという考え方の人、
色々ですよね。
私はほぼ施主側の家族しか経験がないので、もらう側になると
「1つで十分です、法事はお金がいるだろうから…」と思ってしまいますが(^^;
親戚にうるさく言う人がいるかどうかも判断の決め手になるかなとは思います(笑)

若輩者の回答ですが、一意見として参考にしていただけると幸いです。
    • good
    • 1

一度の法事に、一つのご仏前、そして一つの供物で良いかと思います。


我が家は毎年のように法事が当たっていますが、二つ当たるのが普通で、一つしか当たっていないと、間違いじゃないかと寺の年回忌一覧を見渡してしまいます。
二つの仏を一度に供養しても一回の法事と言う事を心がければいいです。
二つ分のご仏前をもらって、二つの供物を渡すのなら、それぞれ別の日にすればいい事です。
同じ年に二度も法事をすると親戚から苦情が来ますが。
わたしの場合は、三十三回忌以上古い仏は近い仏が有るまで放っておきます。
寺には年回忌法要をしなかった場合、それをまとめて張って置く所があるので、そこを確認して、新しい年回忌法要に合わせて、追善法要という形でまとめてやってもらいます。
お布施も少し色を付けますが、それぞれ分けてするより少ないお布施で済みます。
十三回忌までは法事として執り行いますが、それ以降は寺斎としておまいりに行っておしまいです。
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q祖父の七回忌と母の3回忌が同じ月なので・・

一緒に法事を行う事になりました。親戚の方や御住職様の理解を得ての事です。それで質問なのですが、この様に二人同時に行う場合、お寺に対するお布施は幾ら包むものなのでしょうか?二人分なので二倍包むべきなのか、それとも一人分より少し多いくらいでいいのか?一体いくら包むのが良いのか、さっぱり解らず困っています。このように同時に法事を行った事のある方、お布施に詳しいかたなど
教えてください。

Aベストアンサー

「合斎」あるいは、「併修」といって、二つ以上の法要をまとめて行うことはよくあることです。お坊さんは、お経を2度あげてくれるわけではなく、冒頭に、「○○の何回忌および△△の何回忌にあたり…」と詠むだけではないでしょうか。
御布施を2倍も包む必要はなく、1回分か、それよりやや多い程度でよいと思います。やや多めというと、金額が半端になり包みにくいですから、お車代とか、御膳料などの名目でどうでしょうか。
引き出物(粗供養)なども、二重に用意する必要はなく、故人の名前を併記しておくだけでよいと思います。

Q法要が2つ一緒の場合

お寺様で母の3回忌と兄の33回忌を一緒に行う場合のお布施の金額についてお尋ね致します。
1人の法要の場合、3万円(お膳料別)お包みしていますが、2人一緒に法要を行う場合、お布施も2倍の6万円と考えてよろしいのでしょうか?
兄の法要は33回忌で終えようと思っています。
(なので5万円だと少ないでしょうし、7万円にしたほうがよいのでは・・・と考えていますが)
一人分で良いというのも聞いたことがあるのですが、
2人一緒の法要が始めてなのでよく分かりません。
どうぞよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

愛知県の片田舎に住む、本家6代目の親父です。
うちは禅宗です。
お年忌を4人抱えています。
昨年は祖母17回忌・母27回忌をまとめて行いました。
御布施が3万円、御塔婆料が5千円、食事代が5千円でした。
12年前に6代目を張ってから、ずっとこのパターンです。
新年の御年賀と御盆賀は1万円ずつ持参しています。

これでお寺さんから文句を言われないので、まあいいのでしょう。
ちなみに格式は至って平凡の平民です。
とてもじゃないけど7万円は出せません。
自慢じゃありませんがお年忌の度に約16万円の赤字です。
今年の秋は祖父33回忌・父13回忌を合わせて行います。
今度も合計4万円の予定です。
父が健在の頃は、一人の場合2万円+御塔婆料3千円でしたが。(その代のお坊さんは食事会に出ていたので)

Q2人の法要を一度にする場合のお香典

来月、親戚の法事があるのですが、叔父が7回忌、叔母が3回忌にあたり、二人分を一度に行うそうです。
その場合、お香典も二人分と考えて、1人の時の倍額を包むべきなのでしょうか。

Aベストアンサー

こんにちは。

昨年,母方の祖母と伯父の合同の法事の時は,普通に一回分の香典を包みました。お斎の料理も一人分だったし,引き出物も普通の一回分でしたよ。お寺へのお布施はそれなりだったのかも知れませんが(それなりって何? って突っ込まないでね),法事は招待行事なのだから,呼ばれた客としては,仏さん人数分ではなくて,法事一回分で良いのではと考えています。
合同法事をしても,お斎も引き出物も一人分です。一回分の香典(+αしても良い)で良いと思います。

Q一年違いの法事は一緒に出来ますか

今年11月が祖母の7回忌です。そして来年8月に祖父の13回忌があります。お招きする方も遠方で高齢なので、出来れば11月に一緒に法事をしたらどうかと思います。一緒にするのは失礼でしょうか。お答えお願いします。

Aベストアンサー

両霊に対して失礼になることはありません。もちろん、二度行ったほうが丁寧には違いありませんが。

二霊一度に行うことについて、親戚が何か言うかもしれません。一度に行ったほうが親戚付き合いも楽ですが、「親密にせよ」と思う人もいます。

肝心なのは菩提寺の意向です。絶対に“ダメ”というお坊さんもいます。

Q四十九日と一回忌の法要を一緒に行うのは?

一般的にどうなのか…皆さんの意見をお聞かせくださいm(._.)m

昨年の11月に祖母が、
今年のお盆に祖父が亡くなりました。

祖父の四十九日が10月1日。
祖母の一回忌が11月3日の予定です。



先日、喪主であった叔父から連絡があり、『日にちも近いし、2回も親戚に足を運ばすのは悪いから、四十九日の日に祖母の一回忌と曾祖母の50回忌を一緒にする』と連絡がありました。

私は比較的田舎の方に住んでいる為か、四十九日と一回忌を一緒にするといった考え方が変だと感じます。
3回忌までは命日に…いや、せめて1回忌までは命日に法要を!!といった考えです。


喪主は叔父であり、ワタシが口出しする事でない事も、決定権が叔父にあることも承知しています。



一般的に、10月1日と11月3日の様に、日にちが1ヶ月程しか違わない場合、法要をまとめて行う事はよくある事なのでしょうか??
ちなみに宗派は浄土真宗です。

Aベストアンサー

きっと叔父様は、親戚の方の負担や自分たちの負担等を考えての意見なのでしょう。

命日が平日だった場合は、親戚の方の負担に大きいですから。

もちろん、命日に法要を行うに越したことはないと思いますが、日にちはあくまでも目安なのでは?と思います。

きっちり命日の日に法要をする家もあれば、日にちにはあまりこだわらない家、 法要は1周忌まででそれ以降は行わない家など様々です。

私としては、日にちも1ヶ月程度しか違わないのであれば、一緒に法要を行うことは不思議には思わないです。

私個人の意見ですが、少しでもお役に立てれば幸いです。

Q亡くなった人の法要は何回忌までするのが常識ですか

私の父が亡くなりまして15年です。
13回忌まではお寺様をお呼びして法要をして参りましたが、一体何回忌まで法要を行うのが常識でしょうか?
因みに宗派は曹洞宗です。

Aベストアンサー

曹洞宗の僧侶です。
いちおう曹洞宗では、以下の年忌法要を行うことになっています。

一周忌、三回忌、七回忌、十三回忌、十七回忌、二十三回忌
二十七回忌、三十三回忌、三十七回忌、四十三回忌、四十七回忌
五十回忌、百回忌(以降は、50年ごとに百五十回忌、二百回忌‥‥と続きます)

地域の風習やお家の慣習によって、この通りに行わない場合がほとんどです。四十七回忌を行う地域は少ないと思いますし、逆に四十九回忌を行う地域もあります。
地方によっては「弔い上げ」と称して十三回忌、十七回忌あるいは三十三回忌で打ち切る習慣があります。曹洞宗では「何回忌までで終わり」というきまりはありませんが、とくに三十三回忌を清浄本然忌とよび、故人が完全に諸仏の位に同化する年限ともいわれますので、「弔い上げ」の習慣が無い地域でも三十三回忌で打ち切りにする場合が多いようです。

Q香典の金額は?

来月、夫の母の 33回忌と祖母の50回忌を行う旨

の連絡がありました。

このように ふたつを同時に 執り行う場合の 香典は

いくらぐらいのものでしょうか?

母(姑)だけでしたら、5万円ほどかなぁ~と考えてたのですが、、。

よろしくお願いいたします。


夫の実家は佐賀で、こちらは 千葉在住です。

夫のみ帰ります。一週間ほど。

Aベストアンサー

親戚間での冠婚葬祭で、迷ったら 1万円と決めておくことです。
呼ばれた結婚式と、近い親戚の香典を除いて、あとは何があっても 1万円を包んでおくのです。
今回のような法事を初め、呼ばれていない結婚式、少々遠い香典、家やお墓の新築、病気や災害の見舞い、出産や入学などなど、とにかく 1万円を基準にして、あとは適宜増減を考えるのです。

ということで、実質の香典 (後述) を 1万円に、会食や引出物の実費相当を加算して 2万円が目安です。
懐に余裕があれば 3万円に増額しても良いでしょう。

現金のほかに「御供」あるいは「御供物」と書いて、個包装された菓子や缶飲料などを、2~5千円の予算で持って行きます。

法事が 2人分同時に行われるといっても、会食や引出物が二重にあるわけではありませんから、1回分と同じで良いです。

なお、古来よりの日本では、葬儀や法事には「香」を持ち寄ったものです。
現代では香が現金に代わっただけですから、法事でも「香典」で良いのです。
とはいえ、法事には「御仏前」と書く人が多いことも事実ですが、下の方のように「ご仏前」などと仮名交じりで書くものではありません。

親戚間での冠婚葬祭で、迷ったら 1万円と決めておくことです。
呼ばれた結婚式と、近い親戚の香典を除いて、あとは何があっても 1万円を包んでおくのです。
今回のような法事を初め、呼ばれていない結婚式、少々遠い香典、家やお墓の新築、病気や災害の見舞い、出産や入学などなど、とにかく 1万円を基準にして、あとは適宜増減を考えるのです。

ということで、実質の香典 (後述) を 1万円に、会食や引出物の実費相当を加算して 2万円が目安です。
懐に余裕があれば 3万円に増額しても良いでしょう。

現金のほか...続きを読む

Q七回忌をするにあたり、お坊さんにいくら包みますか。

今年の7月に父の七回忌を行います。
そのとき、葬式をしたときのお坊さんを呼び、
お経をよんでもらったりする予定です。
そのさいお坊さんにいくらぐらい包みますか?
平均的な額を教えていただきたいのですが。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

坊さんです。
平均的というと、葬儀の際の御布施の1割程度とか月収の1割程度です。
仏教的な「平等」は同じ金額ではなく、出せる状況で出せる方が出せるだけということなので、金額的に同じでは不平等と考えています。
したがって、ご質問者さんの経済力によって異なるので数字には表せません。
回答者:tateyanさんには申し訳ありませんが、
「善料」ではなく「膳料(お膳料)」で、仏教では絶対に熨斗袋は用いませんので、熨斗無しの(付けても水引のみ)金封に包みます。
私の経験では、この5年くらいでは、2万円~10万円以上までさまざまですが、結果的に3~7万円の方がで半数以上といえます。
合掌

Q年忌法要の際、引き出物は渡すのでしょうか

父の33回忌を自宅で行います。法要後に来ていただいた親戚に五千円程度の食事も出す予定です。以下の2点について教えていただきたいのです。
(1)食事を出した親戚にも、帰りの際に引き出物を渡さなければならないでしょうか。渡すとしたら、記念品の方がよいのでしょうか。お菓子程度でよいのでしょうか。
(2)着て頂いた親戚からは現金のお供えをもらったほうがよいのでしょうか。一家族三人で来られた場合いくらぐらいいただいたらよいのでしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>(1)帰りの際に引き出物を渡さなければならないでしょうか
法事などの場合、それがきっかけで、ケチだの常識知らずだのと言われないように、配慮がいるかと思います。

志の品は一家に一つ(案内状の数だけ)用意することが普通です。
お互いに簡素化しようと話し合えれば、その品はなくても良いと思うのです。

その品は何でも良いのですが、参列者の交通手段などを考えて、
余り重たくないもの嵩張らないもの賞味期限が短くないものが良いです。
昔からお茶やのりが多く使われたのですが。
葬の場合は記念に残るものより、消費するものが、良いと言われます。

>(2)来て頂いた親戚からは現金の・・
33回忌と言えば、父上様が早世されていれば、父上様と御質問者様の兄弟姉妹と言う、濃い間柄が、御長命でしたら孫やいとこさん等、面識のない方の参列も考えられます。

いずれもお互いに現在の立場や経済力などを配慮して
法事を取り仕切る事が施主として、
参列者は仏さんの回向出来る事を感謝しながらが大事な事だと思います。

参列者はその法事にかかる費用をご仏前として現金を包んでくることが普通です。
(料理代プラスお寺さんへの支払いの援助として少々の現金)

今回私(おじおば従妹か孫で)が、招待された場合でしたら、
2万。兄弟姉妹ならば、3万用意すると思います。
施主側の経済が大変と言う事が常日頃わかっていれば、
感謝の気持ちで僧侶への支払いの負担を少々引き受けると思います。
そして志の品はいらないと言います。

施主ならば、ご仏前として参列者が供えて下さるものに対しては
何も言いませんし、、。
自分の経済に見合った料理と品を用意します。

>(1)帰りの際に引き出物を渡さなければならないでしょうか
法事などの場合、それがきっかけで、ケチだの常識知らずだのと言われないように、配慮がいるかと思います。

志の品は一家に一つ(案内状の数だけ)用意することが普通です。
お互いに簡素化しようと話し合えれば、その品はなくても良いと思うのです。

その品は何でも良いのですが、参列者の交通手段などを考えて、
余り重たくないもの嵩張らないもの賞味期限が短くないものが良いです。
昔からお茶やのりが多く使われたのですが。
葬の場...続きを読む

Q自宅での身内だけの一周忌の服装は?

 近々母の一周忌法要をします。
母の姉妹お二人と、父と私の姉とその姉の旦那、私とで自宅にお坊さんを呼んで身内だけの法要をします。
 このときの服装は、喪服でないとダメなのでしょうか??
母の姉妹以外(←あまり交流がないので相談しにくいのです…)私たち家族で話し合って黒系の服装でいいのでは?思ってるのですが、それでもべつにかまわないのでしょうか?? 
 
 

Aベストアンサー

まぁ あまり仕来たりに拘ってしまうと ・・・
私は、実兄の一周忌には濃い目のグレーのスラックス、
Yシャツにネクタイだけは黒のフォーマルにしました。
時期が夏7月下旬ということもありまして。
うちも殆ど身内だけということです。
お客さんは殆ど一応喪服は着て(持って)おられましたが ・・・

私は体裁とか仕来たりには関わらない性格なので
一向に気にしませんでしたが。
これは質問者様の気の持ちよう次第ではありませんか。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング