自分のお店を開く時の心構えとは? >>

1 小野小町
2 明智玉子(細川ガラシャ)
3 斉藤濃(織田帰蝶)
4 織田市(浅井市)
5 関口瀬名(松平瀬名)
6 紫式部
7 清少納言
8 静御前
9 田村愛(伊達愛)
10和泉式部

※他にも美人は居るだろう と言われるかもしれませんがエントリーしてきたのがこの10名だったので
ご了承ください

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

こんばんは



個人的には、お市の方でしょうか?
豊臣秀吉が恋焦がれて、お市の方に一番似ていたお茶茶を側室に迎えたのは
有名ですよね?

そういったことから、考えるとやはり品があっての美貌を兼ね備えた人だったのかと
思います。

細川ガラシャも時代を揺るがした美貌の一人かもしれません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます
秀吉は自分が醜かったからこそ 余計に美人に惚れたのかも知れませんね
しかし浅井長政の長男を殺してしまったことでお市の怒りを買って結局側室には出来ませんでしたね

細川ガラシャは明智光秀の娘ですが 母親似なんでしょうかね?
他の姉妹が美人だったと聞いたことはない気がしました

お礼日時:2013/02/12 21:03

こんばんは。



1番の小野小町でしょうか。
世界三大美女の1人ですし…。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ありがとうございます
平安時代の基準は現代とだいぶ違ってたんですね

お礼日時:2013/02/12 20:14

評価の基準となる時代の近い肖像画が残されているのが小谷の方だけですので、必然的に4と考えます。


絶世の美女という伝承のある小野小町、白拍子だった静御前、恋愛遍歴の多い和泉式部が次点。ガラシャの美人伝承もよく聞きますが、典拠がわかりませんでした。
あとの女性は美人伝承を聞いた事がありませんので、評価基準外です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます
ガラシャはまぁまぁ美人なのかな 肖像画見ましたけど

やっぱお市は美人ですね
妹のお犬も美人ですもんね

お礼日時:2013/02/12 20:15

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日本三大美人について

世界三大美人の小野小町が入るのは当然わかるとして
お市の方と あと一人がどうしてもわかりません

Aベストアンサー

日本三大美人=衣通(衣通郎姫)姫・小野小町・藤原道綱母
世界三大美人=クレオパトラ7世・楊貴妃・小野小町

衣通(衣通郎姫)姫=そとおりひめ(そとおりのいらつめ)と読み、允恭天皇の妃。日本書紀・古事記に美人と表記されています。
藤原道綱母=蜻蛉日記の作者。尊卑文脈(公家中心の系図集)に「本朝第一美人三人内也」と書かれています。
三大美人にも各種あるのですが、昔から言われている日本三大美人は「衣通(衣通郎姫)姫・小野小町・藤原道綱母」の3人とされていて、お市の方は入りません。

世界についても小野小町が入るのは日本だけで、一般にはトロイ戦争の原因になったヘレネーが入ります。

日本にしろ世界にしろお国自慢があったり、個人的な好みがあったりしますので変化しますが、人口に膾炙しているものとしては上記の三人です。
なお、戦国時代の三大美人とか、江戸時代の三大美人とかの限定バージョンもあります。

Q戦国一の美女って

こんばんは 戦国一の美女といわれた姫は誰なのでしょうか?
俗に織田信長の妹のお市の方と言われていますが…

帰蝶(斉藤道三の娘で信長の正室)
お犬(織田信秀の娘で信長 市の妹)
朝日(木下弥右衛門の娘で秀吉の妹)
愛(田村氏の娘で伊達政宗の正室)
五龍(毛利元就の娘で熊谷信直の正室)

などなど他にも美人はいたはずです☆
本当に1番の美人は誰なのでしょうか?

Aベストアンサー

細川忠興の常軌を逸したヤンデレ伝説を聞くと、やっぱガラシャちゃんは男を狂わせる魔性の女の魅力が並大抵ではなかったと思われます。
織田家の女と明智家の女は「美人」といわれている人が多いですね。ただ、当時の人の「美人」の基準がどこにあったのかが分からないので、現代人の我々が見ても美人なのかどうなのかは分かりません。

あとは武家の女でもなんでもないただの踊り子さん(いろんな意味で)なのに歴史に名前を残している出雲阿国も、並大抵ではなかったと思います。

Q日本史上の悲劇のヒロインと言えば?

カテゴリーを間違えて投稿したようなので再度投稿しました。
地獄太夫、清姫、八百屋お七など、日本の歴史や伝説上の人物で、悲恋や不遇のお話で有名な女性キャラクターは他に誰が居るでしょうか?
上記3人の他に思い当たる人物をご存知の方、教えて下さい。

Aベストアンサー

まずは「木花咲耶媛」かな
「伊邪那岐命」も悲劇の女性と言えるだろう
「豊玉姫」鰐の本性を夫に盗み見されてしまい、泣く泣く分かれることになった海神の姫
(異種婚姻譚では非常によくあるパターン)
美女で名高い「小野小町」も晩年は非常に不遇であったという話がある
「玉藻前」一般的には傾国の美女、悪女、妖怪として表現されるが、純真な女性がそのように貶められたとする向きもある
「唐人お吉」近代黎明期では有名だと思う
「御船千鶴子」ちょっとマニアックかな?

あとは既出で
「浅井の三姉妹」
「お市の三人娘」
「静御前」
は外せないでしょうね

Q履歴書に書く学歴はどこから?

転職活動中なのですが、履歴書に書く学歴について、


ある本には、「順当に進んだのならば、最終学歴だけでよい。」というものもあれば、「中学か高校から書き始める」の二つのパターンがあります。

どちらが正しいのでしょうか?

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

人事で採用を担当している者です。

順当に進んでいるかどうかは、年齢を数えれば分かりますが、中学卒の年月から書いてあると分かりやすいです。(浪人&留年)

履歴書を数多く見てますが、浪人&留年がある人ほど最終学歴の卒業年月しか書いていない場合が多いようです。

ご参考まで

Q生理が2週間続いてるのは?

先月の生理が前回から40日目にきてすごく量も少なめで4日ほどで終わり、今月その生理から2週間目で色のついたおりものから始まり3~4日後から普通の経血になりましたが、量もすごく多く経血になってから10日経ちますが、終わる気配もなく血量も少し減ったくらいで夜なんかはナイト用ナプキンでもいっぱいいっぱいです。腹痛などはそんなにないのですが・・・何かあるのかと心配です。
もともと貧血もあるのでここのところ立ちくらみもしばしばです。
出血してるので婦人科に行くのを考えてしますのですが。。。経血がたくさんあっても受診したほうがいいのでしょうか?つい終わったらと先延ばしにしてしまってます。

Aベストアンサー

30歳女性です
私も去年、生理周期の乱れとダラダラ2週間の出血を経験しました
その時いろいろ調べたのですが
私の場合、4日目頃から経血は減りおりものシートで大丈夫な程度の出血でしたので
その場合はあまり心配する必要もないとのことで放置し、無事終わりました
ただその時に知った知識では、経血の量がいつまでも多い場合は
すぐに婦人科に行くようにアドバイスされていました
恐らくホルモンバランスの崩れによる無排卵月経だと思いますが
他の病気が潜んでいる場合もあるようですし
なによりも貧血が問題ですので
ぜひ診察してもらってください
ご心配なようでしたら、電話で状況を伝え診察してもらえるかどうかをお聞きになってみると良いと思います
先延ばしは厳禁ですよ

Q最初の天皇はなぜ誕生したのか?

初代天皇は、どういう経緯で出来たのですか?
神武天皇は、国王(日本で一番偉い人)みたいなものだったのですか?

Aベストアンサー

実はそのことについてわからないので困っているんです。
というのも3世紀に活躍したとされる邪馬台国の卑弥呼という女王の解釈により、最近では神武天皇でさえ紀元前660年前の人物とすることには異論がありながらも、その存在自体はありえて、だからこそ正史である『日本書紀』に記載されているのでは?といった論調もあります。
神武天皇そのものというより、神武の伝承として伝わる物語の核になる史実が存在した。それは現存はしていませんが『日本書紀』編纂の主な材料となりえた『帝紀』などに書かれていたのであろう。と予測する立場があるんですね。
ですから国家や天皇の成り立ち自体はよくわかっていない中で、神話などの古伝承から国家や天皇の成り立ちを整合性を以って説明できるのでは?と目下奮闘中といった人々もいる。とのあり方が現況では一番進歩が見られるスタンスであり、逆にそのような暗中模索な状況こそが、現在の学界における日本国家成立の研究、ないし天皇支配の淵源の研究などの現状だと思います。

そして天皇(大王)を中心とした国家といった概念が表れたであろうとされるのが、いわゆる4世紀の古墳時代と呼ばれる時代であったことは、考古史料から、特に前方後円墳などの規格性の強い墓制の出現で見当がつきつつあるのですが、そこの詳しい実態は、日本はもとより、3世紀段階における日本の国情を伝えた古代中国の史書などが4世紀時点ではないためよくわからないんです。いわゆる「謎の4世紀問題」ですね。

いずれにせよ『魏志』倭人伝などの記述から、卑弥呼が活躍する前後(3世紀)にあっては「倭国大乱」と評価できる内戦状態が、その規模は別として事実あったのでしょうね。もちろんその戦闘状態は天皇の出現と無関係であるとも思えないんです。その様な中、詳しい経緯はわかりませんが、倭国大乱と呼ばれる混沌とした戦乱の世にあって、統一的国家としてのヤマト政権を樹立するだけの武力ないし交渉力が、4世紀段階における天皇(大王)の祖先にあったことは疑う余地はないのかな?と思いますし、考古史料などが語る結果から帰納法的に糸を手繰りつつ明らかにしようと試みている、3世紀から4世紀にどのような経緯で歴史がつながるのか?といった問題は、識者はもとより僕に限らず古代史に興味を持つ者が一番知りたい部分なのです。

ですから率直に申し上げれば「初代天皇は、どういう経緯で出来たのですか?」という質問については「こっちが知りたい部分です」といった頼りない回答になり、せっかくのご質問に明確にお答えできないことを心苦しく思いながらも、現状をご理解いただければありがたいと思う次第です。

実はそのことについてわからないので困っているんです。
というのも3世紀に活躍したとされる邪馬台国の卑弥呼という女王の解釈により、最近では神武天皇でさえ紀元前660年前の人物とすることには異論がありながらも、その存在自体はありえて、だからこそ正史である『日本書紀』に記載されているのでは?といった論調もあります。
神武天皇そのものというより、神武の伝承として伝わる物語の核になる史実が存在した。それは現存はしていませんが『日本書紀』編纂の主な材料となりえた『帝紀』などに書かれていたの...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報