色の知識で人生の可能性が広がる!みんなに役立つ色彩検定 >>

戦時中や戦後の混乱で日本は焼け野原でも、子供はちゃんと生まれていたらしい。
焼け野原の中、どこで子作りしていちゃんだろう?

教えて!goo グレード

A 回答 (4件)

昔はエアコンなんて無い。



日本の夏は高温多湿。だから昔の日本家屋は風通しが良いことを旨としていた。つまり防音性はゼロ。プライバシーなんてあったもんじゃない。屋内でやろうと屋外でやろうと子作りに励む音は筒抜けの家が大半だった。

昔の大河ドラマで平将門を描いた作品があったが、近隣の若い男女が夜に野外に集まり、大勢で仲良くキャッキャッと野合するシーンがあった。当時の坂東の風習だったらしいが、そんなのは坂東に限った話じゃないだろう。
※夏向きに造られた日本家屋は、冬は隙間風が吹き込んで寒くてしょうがない。だから十二単みたいに厚着したり、コタツみたいな暖気を逃がさない独特の暖房器具が考案された。

1945年当時は、エアコンがないという意味では、現代よりは平将門の時代のほうが近い。
当時の日本の庶民は、焼け野原だから子作りができないなんてヤワな人間達じゃなかったってことだ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答いただきありがとうございました

>近隣の若い男女が夜に野外に集まり、大勢で仲良くキャッキャッと野合するシーン
→乱交パーティー?

お礼日時:2020/04/04 23:35

裸でベッド中で交尾なんて、昨今の話です。


昔はどこでも服着たまま交尾してたんですよ。
焼野原だろうが、田舎の畑だろうが
昼だろうが夜だろうがお構いなし。

で、
真面目で責任感ある奴はみんな戦地で死に
ずる賢い無責任な男ばかりが生き残ったので
現在の、無能で姑息な日本人、ができあがりました。

戦時中からの話しですが、
日本人ってかなりの怠け者ですからね。
軍需工場サボって街の隅っこでハアハアしまくっていた
その子孫が、今の我々です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答いただきありがとうございました

お礼日時:2020/04/04 20:01

都会の焼け野原の中で生活していた人は多くはありません。

。 1945年11月1日の東京の人口はわずか3,488,284です。 大半の人は焼け野原になっていない田舎に疎開していました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答いただきありがとうございました

>3,488,284
 こんなにいたわけでしょ?

お礼日時:2020/04/04 20:02

電気がなくて夜は真っ暗闇なので、どこでもできます


誰にも見られません
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答いただきありがとうございました

お礼日時:2020/04/04 20:02

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

教えて!goo グレード

人気Q&Aランキング