日本人思想の根幹と思えるこの言葉、言葉通り「仲良きことは美しき哉」では有りませんが、この時代、大和民族・先住民族・渡来人等々、多様な民族の融和を促した言葉なのでしょうか?

  他民族から見れば迷惑な話かもしれませんが、この考え方が、アイヌ・熊襲・琉球併合となり、後の台湾・朝鮮併合へと続く、植民地化と言うより、名前や言葉を日本化して民族和合を図ったような気がしてならないのです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

「和をもって尊しとなす」を当時の事情に合わせて、意訳すると「みんな日本人なんだから、細かいことでギスギスしないで、お互いを尊重しようよ」ということになると思います。



現在では、聖徳太子の実在そのものが疑われていますが、それはちょっと脇において、彼が生きた時代のことを考えて見ます。

彼の生きた西暦600年前後(7世紀初頭)というのは、日本史で言えば古墳時代から飛鳥時代に変わる時代とされています。

そもそも、古墳時代というのはヤマト王権が日本を統一国家にしていく過程の時代であり、西暦600年前後はヤマト王権がほぼ日本を統一して、朝廷として君臨し、対外的な呼称すら「倭」から「日本」へ変えていこうとした、「日本統一が成し遂げられて、日本として出発しはじめた」時代であり、遣隋使の派遣という対外的な政策・冠位十二階・十七条憲法などの国内政策そして仏教を取り入れて「日本」という国の基礎を確実なものにしようとしていたのが、聖徳太子をはじめとしたこの時代の人々であったといえます。

しかし、実際は新興宗教である仏教を取り入れ権勢を図ろうとする輩もいれば、神道(というより自分の部族の守り神)を信奉して仏教に頑なに反対する勢力、など、まだまだ「日本」という国の形がぜんぜん出来ていない、時代であったのです。

「このままでは、せっかく何代もかけて先代たちが国をまとめてきたのに、崩壊してしまう」という危機感が聖徳太子にはあったのでしょう。

「和をもって尊しとなす」というのは、○○部族民から「日本人」になろうという呼びかけであったことは間違いないと思います。当時としては、先住民族や渡来人だけでなく、まだ大和民族が出来ていなかった、ということです。

>  他民族から見れば迷惑な話かもしれませんが、この考え方が、アイヌ・熊襲・琉球併合となり、後の台湾・朝鮮併合へと続く、植民地化と言うより、名前や言葉を日本化して民族和合を図ったような気がしてならないのです。

あながち間違いではないと思います。ただ、他の侵略国、特にヨーロッパ諸国は「勝者の権利」を前提に「被支配者は支配するもの」でしたから「植民地化」がどれほど苛烈で過酷だったかは言うを待ちません。

日本のやり方がよかったかどうかは、分かりませんが、20世紀の帝国主義の時代であっても、日本は日本的な民族合併・民族和合を図ったのが面白いところでしょう。
    • good
    • 15
この回答へのお礼

phiさん どうもありがとうございます。そっか・・・ 台湾・朝鮮併合は帝国主義ですか・・・・。「和をもって尊しとなす」の言葉は、倭から日本への時代ですね。そう言えば、隋の皇帝に送った国書の「日出づる処の天子・・・・・」は聖徳太子でしたね。
  世界中が「和をもって尊しとなす」の精神がゆきわたれば、戦争は無くなると思いますが、現代の聖徳太子が現れればいいですね。
 ありがとうございました。

お礼日時:2015/02/12 13:00

No.1 回答者:kaitenzus さんに一票です。


琉球、台湾、朝鮮の事は、チョット意味合いが違うと思いますよ。
植民地で無く、併合という、観点には同意します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
御存知の事とは思いますが、神社とお寺が同じ敷地内に、明治維新まで、一緒に在りました。
聖徳太子が拡めようとした仏教の、お釈迦様や如来様、菩薩様、地蔵様などが、日本古来の
八百万の神の一員になったのでしょうね。
日本民族の受容の器の大きさ、悪く言えば、曖昧でいい加減な処なのでは・・・
子供が生まれると、神社に詣で、葬式は、お寺行う、人に依っては、結婚式は協会で、
一神教のキリスト教やイスラム教の方々には、理解出来ないでしょう。
和の心は元々日本民族に在った意識に、聖徳太子の言葉が引き金となり、現代まで
温めていて育ったのだと、思いますが・・・
島国の日本では、逃避する処なんぞ、有りゃしない、狭い地域では必然的に仲良く
しないと共存して暮らして行けないですから。
先の戦争で250万人の方々が亡くなり、「和をもって尊しとなす」の言葉が、心の奥深く
まで、沁み込みました。
今こそ、「和の心を」世界に発信したいが、後藤さんのように行動力も度胸も無い私は、
誰かが挙げた指に留まって、後ろから追て行くだけですが・・・
    • good
    • 9
この回答へのお礼

sawagorouさん ありがとう。なるほど。そう言えば、多神教も「和をもって」ですね。
逃げ場の無い、もしかしたら逃げ延びてたどり着いた島国だから、仲良くするしかない。そして 後藤さんも「和の心」に感じ入りました。 ありがとうございました。

お礼日時:2015/02/12 10:29

さて、どうなんでしょう。

おもしろい見方だとは思いますが、
1000年以上間がありますからね。

太子の時代は、敵対する集団は皆殺しにすることも普通にあったでしょう。
異民族に対して融和主義を取るのは現代の視点ではまちがいだと
されることが多いのですが、
当時の皆殺しからみれば、太子の融和主義の方がずっとましです。

アイヌや琉球に対しては、江戸時代までの統治の仕方は
明らかにまずかったと思いますが、
現代になってから考えてみたらどうでしょう。

たしかに戦後数十年までは差別もあって大変だったと思います。

政府の方策も十分ではなかったでしょう。
ただ、今はずいぶん改善されたようにも思います。
太子の思想が1000年以上のときを超えて現実味を帯びてきたのかも、とも思います。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

laotenzusiさん ありがとう。 なるほど。 坂の上田村麻呂から始まる征夷大将軍。 まさに蝦夷を征伐する武士の頭領のこと。  征夷では殺しあっていたのでしょうか。  それを太子が融和を図ったのでしょうか。 それは偉大な政策ですよね。 イスラエルやパレスチナにも見習ってもらいたいです。

お礼日時:2015/02/12 10:20

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q真言宗の和讃ていくつあるのでしょうか?またおすすめCDは?

私の家は真言宗です。
お経が好きで特に好きなのが弘法大師和讃です。
最近、仏具屋さんで経本を買ったところ
真言宗安心和讃、弘法大師和讃、光明真言和讃、薬師和讃、無常和讃、西院河原地蔵和讃、四国山開和讃が載っていました。真言宗において他に和讃てありますか?
また和讃のCDを買ったところ御詠歌(?)ていうんでしょうか‥歌ってました。
普通にお経のように和讃を唱えてるCDが欲しいのですがおすすめの商品を教えて下さい。特に地蔵和讃、弘法大師和讃を御詠歌でなく普通に唱えてるCDが欲しいです。

Aベストアンサー

和讃は朗唱(声高に歌うこと。)するものですので、
普通に唱えているお経のCDがほしいなら「お経 CD」などで検索したらいかがですか?
ここにも色々売っております。
http://www.kyoto-music.net/SP/shingon_okyo.htm

Q聖徳太子の言った「和を持ってとおとしとなす」ってどんな意味なんでしょう

聖徳太子の言った「和を持ってとおとしとなす」ってどんな意味なんでしょうか?ただみんな仲良くという意味ではないと思うのですが。宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

この十七条憲法というのは、先の回答者がおっしゃる通り、役人の心得=役人はこうあるべきだという事が、17項目に分けて書かれています。

「和をもって貴しと成し…」というのは、この十七条憲法の第一条の最初の部分ですね。

確かに、kokusa15さんがおっしゃるように「和をもって貴しと成し…」の部分だけだと「ただみんな仲良く」というだけの意味になりますが、実際には、この後にも文章があり、そこを読むと、その意味も少し違ってくるような気がします。

コチラ↓で紹介されているので、ご一読を…
http://indoor-mama.cocolog-nifty.com/turedure/2009/04/post-e873.html

Q中国語の“暖和”の“和”の発音について

中国語の“温和”は wēnhé 、“暖和”は nuǎnhuo と発音しますが、
辞書で“和”を検索すると
hé と発音する場合として、『付属形態素』 穏やかである ⇒温和 wēnhé ,柔和 róu ・hé
と“温和”に適用される場合の説明があります。
ところが、(“暖和”の“和”は軽声になっていますが)huó や huò と発音される場合の“和”の意味は“暖和”と関係ないものしかありません。
“暖和”の“和”は本来2声か4声かどちらのものですか?

Aベストアンサー

中国の辞書に「和」の発音は五つ、「hé」、「hè」、「hú」、「huó」、「huò」。
「温和」の「和」はJanitorさんの言った通り、「hé」です。穏やかだ。(「和(hé)」はたくさん意味がある、これは一つです。)
けど、暖和の和はhuo、これは特別の発音です。中国の辞書に「和(huo)」の専門な説明はない、ただ暖和の説明にnuǎnhuoの発音と暖和の意味を書きます。

でも、日常の話にnuǎnhéの言い方もある、特に中国の南部。

Q【聖徳太子って天皇?】聖徳太子って歴代天皇の祖先ですか? 聖徳太子って厩の皇子と呼ばれていた。

【聖徳太子って天皇?】聖徳太子って歴代天皇の祖先ですか?

聖徳太子って厩の皇子と呼ばれていた。

皇子、太子ってことは天皇の祖先ということ?

それとも聖徳太子とは別に当時に天皇はいた?

聖徳太子は厩の皇子と言われたのは聖徳太子は厩(馬小屋の前で産まれた)という意味ではなく厩の地域(馬を管理する地区)で産まれたという意味だそうで、聖徳太子は馬を管理するどちらかというと貧困層の地域で産まれたが産まれながらに天才でその噂が広がって高官になっていった。

聖徳太子が天皇の祖先なら天皇は元は馬小屋の管理人の家に産まれた人になってしまうが聖徳太子の真似を後醍醐天皇がしていたので、聖徳太子は天皇ではなく聖徳太子の太子と天皇家は全く関係がないということですかね?

天皇家でもないのに皇子とか太子とか今で言う天皇陛下の子供である天皇皇太子と同じ位の人間と同じ位を名乗れていたのはなぜ???ってなる。

聖徳太子は天皇の子供じゃないの?

Aベストアンサー

実在の人物でない説が有力です。

Qさいころを4回投げて、その和が5の倍数になるのは何通りか?

参考書に、さいころを4回なげて、その和が6の倍数になるのは何通りか…という問題がありました。
その解答は、
 1~3回目までの和が6の倍数のとき、4回目は6
 1~3回目までの和が6で割ると1余るなら、4回目は5
 1~3回目までの和が6で割ると2余るなら、4回目は4
 1~3回目までの和が6で割ると3余るなら、4回目は3
 1~3回目までの和が6で割ると4余るなら、4回目は2
 1~3回目までの和が6で割ると5余るなら、4回目は1、で
1~3回目までの目の出方は6^3=216通りで、この一つずつに対してでる目の出方は1通りに定まるので、216通りが正解!とありました。
そこで、私は自分で問題を変えて「さいころを4回なげて5の倍数になるのは何通りか?」というのを自分なりに解いてみました。
(1)1~3回目までの和が5の倍数のとき、4回目は5
(2)1~3回目までの和が5で割ると4余るなら、4回目は1
(3)1~3回目までの和が5で割ると3余るなら、4回目は2
(4)1~3回目までの和が5で割ると2余るなら、4回目は3
(5)1~3回目までの和が5で割ると1余るなら、4回目は4で、
(1)~(5)までは対等なので、(1)の1~3回目までの和が5の倍数になる場合が、(1,1,3)、(1,2,2)、(1,3,6)、(1,4,5)、(2,3,5)、(2,4,4)、(3,3,4)、(4,4,2)、(4,5,6)、(5,5,5)の10通りあるので、
10×5=50通りになるのかなって?思うのですが、これで合ってますでしょうか?
又、違う方法が有りましたら、教えてください。宜しくお願いします。

参考書に、さいころを4回なげて、その和が6の倍数になるのは何通りか…という問題がありました。
その解答は、
 1~3回目までの和が6の倍数のとき、4回目は6
 1~3回目までの和が6で割ると1余るなら、4回目は5
 1~3回目までの和が6で割ると2余るなら、4回目は4
 1~3回目までの和が6で割ると3余るなら、4回目は3
 1~3回目までの和が6で割ると4余るなら、4回目は2
 1~3回目までの和が6で割ると5余るなら、4回目は1、で
1~3回目までの目の出方は6^3=21...続きを読む

Aベストアンサー

> (1)1~3回目までの和が5の倍数のとき、4回目は5
> (2)1~3回目までの和が5で割ると4余るなら、4回目は1
> (3)1~3回目までの和が5で割ると3余るなら、4回目は2
> (4)1~3回目までの和が5で割ると2余るなら、4回目は3
> (5)1~3回目までの和が5で割ると1余るなら、4回目は4で、

(2)が違います。
「4回目は1か6」です。

> 10×5=50通りになるのかなって?思うのですが、これで合ってますでしょうか?

この問題でも、1 ~ 3回目までのさいころの目の出方は6^3 = 216通りです。
もう一度、参考書の問題の解説の意味をよく考えてみてください。

> 又、違う方法が有りましたら、教えてください。宜しくお願いします。

1~3回目までの和が5で割ると4余る場合だけ、
「4回目に2種類の目が出ても良い」という風になっているので、
そこだけ特別に考えます。
「1~3回目までの和が5で割ると4余る場合」の「目の組み合わせ」は

(1, 1, 2)
(1, 2, 6)
(1, 3, 5)
(1, 4, 4)
(2, 2, 5)
(2, 3, 4)
(3, 3, 3)
(2, 6, 6)
(3, 5, 6)
(4, 4, 6)
(4, 5, 5)

となります。ここで目の出方の並び方を考えると、
目の出方は全部で43通りです
(例えば目の組み合わせが(1, 1, 2)となるケースは、
「1回目に1、2回目に1、3回目に2となるケース」、
「1回目に1、2回目に2、3回目に1となるケース」、
「1回目に2、2回目に1、3回目に1となるケース」の
3種類のケースが考えられます。
目の組み合わせが(3, 3, 3)となるケースは
「1回目に3、2回目に3、3回目に3となるケース」の
1種類しか考えられません)。

「1~3回目までの和が5で割ると4余る場合」以外のケースは全部で
216 - 43 = 173通りです。

「1~3回目までの和が5で割ると4余る場合」以外のケースは
「4回目に出て良い目の種類は1通り」ですが、
「1~3回目までの和が5で割ると4余る場合」に関しては
「4回目に出て良い目の種類は2通り」なので、
求める場合の数は

173 × 1 + 43 × 2 = 259通り

となります。

> (1)1~3回目までの和が5の倍数のとき、4回目は5
> (2)1~3回目までの和が5で割ると4余るなら、4回目は1
> (3)1~3回目までの和が5で割ると3余るなら、4回目は2
> (4)1~3回目までの和が5で割ると2余るなら、4回目は3
> (5)1~3回目までの和が5で割ると1余るなら、4回目は4で、

(2)が違います。
「4回目は1か6」です。

> 10×5=50通りになるのかなって?思うのですが、これで合ってますでしょうか?

この問題でも、1 ~ 3回目までのさいころの目の出方は6^3 = 2...続きを読む

Q聖徳太子→厩戸皇子→聖徳太子、の変遷について

聖徳太子について、教科書への記述に関してです。
従来、聖徳太子と記述されたいましたが、最近、厩戸皇子に改められ、ついこの間、聖徳太子に戻りましたね。
なぜ、このような変遷(悪く言うと、右往左往)があったのか、経緯や理由などを教えて下さい。

Aベストアンサー

1999年に大山誠一氏が聖徳太子虚構説を出したのが大きいです。
推古天皇の子である聖徳太子の存在が虚構であって、太子の実績等も後の代に創作されたものだという説を出しました。
聖徳太子は否定したのですが厩戸皇子の存在までは否定しませんでした。
その影響で聖徳太子という記述が用いられなくなってしまいましたが、虚構説が出た直後から反論があり、
反論に対する十分な論証が出来なかった為、また元に戻ったという感じです。

↓wikiの聖徳太子のリンクページですが下の方に虚構説が少し出ています。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%81%96%E5%BE%B3%E5%A4%AA%E5%AD%90

古代史では邪馬台国は存在していなくて、邪馬壱国だったという説が昔ありましたし、
色々と調べると面白いですよ。

Q夏祭りで和太鼓だけ生演奏なのは何故

近所の夏祭りでは炭坑節やジンギスカンが流れますが、
すべて録音された音楽に合わせて和太鼓の演奏をする形をとっています
しかし、毎年必ず和太鼓が入るのなら和太鼓も生演奏ではなく録音にしてしまっても良いと思います
和太鼓の音を特に大きくしたい場合も今のオーディオ機器なら編集できるだろうし
それともすでに和太鼓を使わない録音だけの地域もあるのでしょうかね
とにかく理由が知りたいので情報宜しくお願いします。

Aベストアンサー

 もちろん本来は全て生演奏です。現在でも生演奏の盆踊り大会はあちこちであるはずです。
太鼓・ギター・ベースというのが基本だと思います。これももちろん今ではエレキギターってことでしょうが。
しかし一般的にはプロのバンドを招聘する以外は町内のおっちゃんがするわけで、演奏するメンバーの減少や、技量の問題などでせめて太鼓だけは生演奏ってことになってます。カセットテープが普及する1970年代なかば以前はレコードでしたし、レコードが普及する以前は生演奏だったのでしょう。
 
 我町の盆踊りも数年前にカセットテープからやっとCDとなりました。そういうレベルの小さな村社会での盆踊りで質問者さんがおっしゃる「今のオーディオ機器なら編集」できるような機器を購入するお金や、それを使える人がいないのも事実ですし、なんといってもやはり演奏するメンバーが素人とはいえ生太鼓演奏の迫力はすごいと思います。

Q和の思想は、どうしてできたのでしょうか?

和の思想が、この国の伝統的な文化であることは、なんとなく分かるし、誇りにすら思うのですが、縄文から弥生時代にかけて、その思想はどのようにしてできあがってきたのでしょうか。やはり朝鮮からの移入ですか。それとも原住民が異民族の流入のなかで、折り合いながら生きる思想でしょうか、それとも弥生時代の農耕や漁撈などの集団生活の中で確立して行ったものでしょうか。
なお、この国は災害大国ですが自然観や災害観との関わりはいかがでしょうか。それは仏教の影響の方が強いのでしょうか。それとも、古代のアニミズムやシャーマニズムの延長にあるものでしょうか。和の思想との関わりが分からなくなりました。

Aベストアンサー

 こんばんは、とても興味のある問題ですね。少しばかりこの問題をアップグレードして考えてみました。
「和の思想」なるものが如何なる現象を指し示すのかを一先ず規定するならば、質問者様の意図として恐らくは「予定調和」を想定されているのでしょう。
 それであるならば、古代ギリシアやローマそして中国の百家争鳴に見られる「議論百出」などの形は規範原理も異なると考えるのが論理としては優位性を保ちうると考えられます。
 例の厩戸聡耳が遺したとされる十七条憲法も道徳や役人の服務規程などであり、またその人物が生存していた時代背景なども擦り合わせてみますと、「和の思想」を思想的規範の範疇に含めるのは、何やらあやしいとの可能性も考えられます。
 むしろ質問者様がご指摘の「社会組織」による行動から規範原理の基とも呼べる意識が形成されてきたような印象があります。集団の存在を前提とした農耕文化であり、それは地縁的共同体の成立を前提と考えるならば自然でしょう。
 耕作を行うには水が必要であり、その「水」を耕作地までどの様に引き入れるかが文字どおりの死活問題にもつながります。当事者にしてみれば、規範などは二の次の問題でしょう。とにかく日々の生活を維持するためには協同して作業を行わねばならない。だから水を確保するなり、集団で狩りをするなどして獲物を手に入れねばならないとの切実な問題に直面していることを考えるならば、それは集団の中でのみ通用するルールと考えることが妥当でしょう。その指示命令を下す意味でのチームリーダー的な存在が生まれ、そこに権力と富が集中する形になっていったと考えるのが自然です。違和感もありません。
 件の人物が他界した後、日本には律令が「システム規範」として移入されます。しかしながらその底流にあるのも前代からの世襲などの「血の論理」です。上卿や殿上人などと呼ばれる限られた階層による「表向きの合議」が関与する意志決定のあり方です。
 また同時に「和」といっても「誰にとっての『和』」であり、「誰から見ての『和』」であるのかによっても、とらえ方は180度逆転することもあります。個人的には「和の思想」が日本の全史的過程および構造において貫徹していたとは思えません。

 こんばんは、とても興味のある問題ですね。少しばかりこの問題をアップグレードして考えてみました。
「和の思想」なるものが如何なる現象を指し示すのかを一先ず規定するならば、質問者様の意図として恐らくは「予定調和」を想定されているのでしょう。
 それであるならば、古代ギリシアやローマそして中国の百家争鳴に見られる「議論百出」などの形は規範原理も異なると考えるのが論理としては優位性を保ちうると考えられます。
 例の厩戸聡耳が遺したとされる十七条憲法も道徳や役人の服務規程などであり、...続きを読む

Q等比数列の和について

簡単な質問ですみません。
等比数列の和の公式で、たとえばある等比数列の和をSとして公比をrとしたとき等比数列の和Sに公比を掛けて差(S-rS)をとるのですか?
なぜ差をとると等比数列の和になるのですか?公式を覚えてしまえば簡単なのですが・・・

すみませんがよろしくおねがいします。

Aベストアンサー

こうすることで初項と末項以外の項を消すことができるから。

Q【日本史・聖徳太子が】人魚姫を見たことがあるとはどこの書物に記載されているのでしょうか? 西洋には

【日本史・聖徳太子が】人魚姫を見たことがあるとはどこの書物に記載されているのでしょうか?

西洋には人魚姫伝説がありましたけど、当時の聖徳太子はどのようにして西洋の人魚姫の存在を知っていたのでしょう。

Aベストアンサー

『日本書紀』によれば、619年に摂津国で、「子供のような姿で、魚とも人ともつかないものが網にかかった」とされています。聖徳太子の時代なので、ここから話が広がって、彼が人魚に会ったという伝説になったようですね。

> 【日本史・聖徳太子が】人魚姫を見たことがあるとはどこの書物に記載されているのでしょうか?
聖徳太子が人魚を見たという話は、『聖徳太子伝暦』(917年成立)にあります。
http://www.yomiuri.co.jp/local/shiga/feature/CO005896/20140310-OYT8T01188.html
ただこの人魚が、女性だったかどうかはわかりません。観音正寺の伝説では、「生前は漁師だった」とされていますし、男と思われていたようです。

ちなみにリンク先では、近江国の蒲生川に人魚がいたことになっていますが、厳密に言うとこれは違います。蒲生川について『日本書紀』には、「人のような形の生き物がいた」とあるだけです。「魚とも人ともつかないもの」が捕まったのは、摂津国でのできごとです。

> 西洋には人魚姫伝説がありましたけど、当時の聖徳太子はどのようにして西洋の人魚姫の存在を知っていたのでしょう。
日本の人魚は、西洋のマーメイドとは本来関係がないようです。一種の人面魚のようなもので、人に似ているのは顔だけです。
http://www.jiten.info/dic/world/ningyo_mermaid.html
「上半身が人、下半身が魚」という姿になったのは江戸時代以降、西洋の知識が入ってきてからです。「人魚のミイラ」と言われるものがつくられ出したのもこのころです。
なお、観音正寺にあったという人魚のミイラはこんな感じです。↓
http://www.yomiuri.co.jp/local/shiga/graph/article.html?id=20140310-OYT9I01187

『日本書紀』によれば、619年に摂津国で、「子供のような姿で、魚とも人ともつかないものが網にかかった」とされています。聖徳太子の時代なので、ここから話が広がって、彼が人魚に会ったという伝説になったようですね。

> 【日本史・聖徳太子が】人魚姫を見たことがあるとはどこの書物に記載されているのでしょうか?
聖徳太子が人魚を見たという話は、『聖徳太子伝暦』(917年成立)にあります。
http://www.yomiuri.co.jp/local/shiga/feature/CO005896/20140310-OYT8T01188.html
ただこの人魚が、女性だった...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報