【復活求む!】惜しくも解散してしまったバンド|J-ROCK編 >>

至急よろしくお願いします。

万葉集、古今和歌集、新古今和歌集について質問です!
テスト直前ですがわかりません!

あと、押さえておいたら点数が取れそうなところも教えてください。
よろしくお願いします。


以下の文の区切れを教えてください。あと何句切れかも。



●君待つと我が恋ひをれば我がやどの簾動かし秋の風吹く

●近江の海夕波千なが鳴けば心もしのに古思ほゆ

●瓜食めば 子ども思ほゆ 栗食めば
まして偲はゆ いづくより 来たりしものそまなかひに もとなかかりて
安眠しなさぬ
(反歌)
●銀も金も玉も何せむに優れる宝子にしかめやも

●春の野にすみれ摘みにと来し我そ野をなつかしみ一夜寝にける

●うらうらに照れる春日にひばり上がり心悲しもひとりし思へば

●信濃道は今の墾道刈りばねに足踏みましなむ沓はけ我が背

●韓衣裾に取りつき泣く子らを置きてそ来ぬや母なしにして

●ちはやぶる神世も聞かずたった河韓紅に水くくるとは

●山里は冬ぞさびしさまさりける人目も草もかれぬとおもへば

●うたたねに恋しき人を見れしより夢てふ物は頼みそめてき

●むすぶ手の滴ににごる山の井のあかでも人にわかれぬる哉

●春の夜の夢のうき橋とだえして峰にわかるる横雲の空

●道のべに清水ながるる柳かげしばしとてこそ立ちとまりつれ

●さびしさはその色としもなかりけり真木たつ山の秋の夕暮れ

●玉の緒よ絶えなばたえねながらへばしのぶることのよわいもぞする

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (17件中1~10件)

banzaiAさんのおっしゃるように受験で正解が分かれるのはよくないですね。


しかし、そもそも和歌自体が主観的な詩歌なのですから、それを客観的に解釈すること自体がおかしなことなのだと思います。従って、受験で句切れを問題にすること自体ほんとうはおかしなことだと思います。例えば、小論文形式で和歌の解釈を問うことは妥当だと思いますが、客観的に句切れを特定させる問題はいかがかと思います。それが受験だと割り切ればいいのかもしれませんが。
    • good
    • 1

受験などに出題されるのは、正解が揺れ動く問題は考えられないと思います。


客観的に考えて、正解を導き出せるものだと思います。
ですから、一般的に主観的な考えで答を導くのはどうかと思いますよ。
    • good
    • 0

「基本的には、文の終わりが、和歌の途中にあるとき、そこが区切れだ」というご説明に得心致しました。

区切れと句切れ、音は同じですが、意味は微妙に違います。和歌の解釈はとても難しいですね。私の愚問にお付き合い頂きありがとうございました。
    • good
    • 0

「用言の終止形の後ろ」という言い方に拘っておられるのですか。



私の前の回答者さんの文言を借り受けただけのこと。

基本的には、文の終わりが、和歌の途中にあるとき、そこが区切れだと言い換えたがよろしいようで。

文の終わり方、それは、用言の終止形だったり、係り結びだったり、助動詞の終止形や終助詞などがあるようですが、それを表現された回答だとかいうことで、私の前の回答者さんの文言を借り受けただけのこと。(多分、口語訳すると云々という説明があったかと・・・)

受験生に、「口語訳をしてみると~~」と説明するのはわかると思いますが、
「韻律的に~~」などと説明されてもわからないと思いますよ。
    • good
    • 0

banzaiAさんは、「句切れの基本は用言の終止形の後ろ」でいいとおっしゃっているのですから、句切れは文法に関わるとお考えなのでしょう。

その関係性を妥当とする根拠を知りたいのです。単なるbanzaiAさんの独断ならそれでもよいのですが、何か普遍的な法則性というものがあるのならばその理由をお伺いしたいだけです。私の場合は前述したように句切れとは意味や音律による主観的な歌意から判断するべきという考えから自らの誤認を訂正致したということです。私が言いたいのは、句切れがなぜ「基本は用言の終止形の後ろ」なのかです。また、そうなっていると言われても実際にそうなっていないものが多いのではないですか。演繹的でも帰納的にでもかまいませんので「句切れの基本は用言の終止形の後ろ」という命題が真であるという証明があるのでしたらそれをお教え願いたいということです。
    • good
    • 0

根拠も何も・・・


区切れとはそういうものでしょう。

amenooshiwoさんが、訂正なさった根拠はなにですか?
なぜ訂正しなければならなかったのか、最初の考えと後での考えがぶれたからではないですか?

入試などでは、客観的に(根拠があって)判断できる問題が出題されるもので、
解釈次第で正解が複数あるものは出題されないのが普通でしょう。
    • good
    • 1

この質問をされた方にとっては受験に関する大事な質問の可能性もあります。

j-mayolさんとbanzaiAさんには、「句切れの基本は用言の終止形の後ろ」というご高説の根拠を是非ともお教え頂きたくお願い致します。
    • good
    • 0

再三失礼致します。

以下も訂正致します。
心あてに 折らばや折らむ /初霜の おきまどはせる 白菊の花      助動詞連体形
ば=接続助詞、や=係助詞 従って、む=助動詞連体形
    • good
    • 0

たびたび失礼致します。

以下も訂正致します。
我が庵は 都のたつみ しかぞ住む/ 世をうぢ山と 人はいふなり     動詞連体形
    • good
    • 0

banzaiAさん、ありがとうございます。

ご指摘の通りです。失礼しました。
花の色は 移りにけりな/ いたづらに我が身世にふる ながめせしまに  終助詞
訂正致します。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qテスト直前なのに、短歌の区切れがわかりません………。

短歌の句切れ、どのように見分けたらよいのかがわかりません。
感動の助詞(けりなど)がなかったら『句切れなし』なのでしょうか?

以下の句の句切れ、自分で考えても理解できず、家族や友人に聞いてもわからないと言う返事しか返ってこなく、
ネットで調べてもよくわからないので困っています。
どうぞよろしくお願いします。

・防人に 行くはたが背と 問ふ人を 見るがともしさ 物思もせず(防人歌)
・多摩川に さらす手作り さらさらに なにそこの児の ここだかなしき(東歌)
・君待つと 吾が恋ひをれば 我がやどの すだれ動かし 秋の風吹く(額田王)
・近江の海 夕波千鳥 汝が鳴けば 心もしのに 古思ほゆ(柿本人麻呂)
・うらうらに 照れる春日に ひばり上がり 心悲しも ひとりし思えば(大伴家持)

すべて万葉集で、とても一般的な句なのだそうですが、よくわかりません。どうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

「句切れ」とは、和歌や俳句において、意味の上でいったん切れるところです。
以下のような場合があります。

1、切れ字のあるところ。
「切れ字」は、「や」「かな」「けり」など。俳句の項目で調べると分かります。でも、松尾芭蕉は「全て切れ字」とも言っていて、本質的には奥の深いもので、一概に「これが切れ字」とは言えません
↑「けり」は「詠嘆の助動詞」です(「助詞」ではない)。

2、係り結びの結んであるところ。
係助詞「ぞ」「なむ」「や」「か」は連体形で結び、「こそ」は已然形で結ぶ。

3、終止形や命令形で言い切っているところ。

4、体言止めで言い切っているところ。
ただし、体言で句が終わっていても、そこへ「を」「に」などの助詞を補ってあとの句へ意味がつながるような場合は、ここを句切れとは考えません。

5、倒置法のあるところ。

6、呼び掛け法のあるところ。

韻文の場合、芸術的に感心できませんが、一応、「解釈(分かりやすい現代語に訳す)」をしてみると、句切れも分かるかと思います。

*防人に・・・
あの九州の警備兵として徴兵されていくのは誰の旦那さんかしらね、と訊く人を、見ることのうらやましさと言ったらないよ。なんの悩み事もなくて(あの防人は私の夫なのだよ、私には危険な国境に夫を送り出すという悩みがあるのだ)。
→「ともしさ」が体言止めで、意味的に倒置法なので四句切れです。

*多摩川に・・・
多摩川に晒して作る布を見ていた。その「さらす」という音でふと思い出したが、さらにさらにどうしてあの子がこんなに恋しいのだろうか。
→「多摩川にさらす手作り」までは、「さらさらに」を導くための「序詞(じょことば)」で、和歌の解釈としては内容的な意味はなく、「手作り」は体言止めで、二句切れです。

*君待つと・・・
恋人のあなたの訪れを待って私があなたを恋い慕っていると、私の家の簾を動かして、あなたの代わりに秋の風が訪れ、あなたはまだ来ないのだった。
→順当な流れのうちに結句まで言い切っている歌で、句切れなし。ちなみに、古今集以降だと、「秋風」を「飽き」との掛詞(かけことば)と考えて、恋人の訪れがないのを、恋人とが自分に「飽き」たからだ、と、別れや失恋を暗示するのですが、万葉集だとそこまで読むのは深読みと考えられるでしょう。単に季節がほんとに秋だっただけ。女心の寂しさは詠み込まれているけど。

*近江の海・・・
琵琶湖に夕方立つさざ波に群れ遊んでいる千鳥たちよ、お前が鳴くと、私はひどくしみじみと悲しくなって、昔のことが偲ばれてならないよ。
→「夕波千鳥」を呼び掛け法と考えても、単なる体言止めと考えても、いずれにせよ二句切れ。

*うらうらに・・・
うららかに照っている春の陽射しに雲雀が空高く舞い上がり、私の心はいっそう悲しいなあ。一人ぼっちで物思いに耽っているので。
→「心悲しも」の「も」は、上代特有の助詞で、詠嘆を表すので、ここで切れて四句切れ。春の憂愁(メランコリー)を詠い、万葉集としてはかなり進んだ、中古的美意識をもって詠んだ歌。雲雀の楽しそうなさえずりと、自分の憂鬱な物思いとの対比。

万葉集の和歌には、二句や四句の偶数で句切れのある歌が多いのです。
五七/五七/七
と「五七」のリズムが強調されるので、「五七調」と呼ばれます。
(古今集以降の和歌は、初句や三句の奇数句で句切れのある歌が多く、五/七五/七七と「七五」のリズムが強調されて、「七五調」と呼ばれます)
五七調の和歌は、五音という軽い上半身を、七音という重い下半身でしっかりと支えるので、歌体が安定し、堂々とした力強い響きをもたらします。
七五調の和歌は、反対に、七音という重い上半身が、五音という軽い下半身の上に乗っかる格好になるので、歌体はふらつき、なよなよとした流麗な流れの良い歌になります。

「句切れ」とは、和歌や俳句において、意味の上でいったん切れるところです。
以下のような場合があります。

1、切れ字のあるところ。
「切れ字」は、「や」「かな」「けり」など。俳句の項目で調べると分かります。でも、松尾芭蕉は「全て切れ字」とも言っていて、本質的には奥の深いもので、一概に「これが切れ字」とは言えません
↑「けり」は「詠嘆の助動詞」です(「助詞」ではない)。

2、係り結びの結んであるところ。
係助詞「ぞ」「なむ」「や」「か」は連体形で結び、「こそ」は已然形で結ぶ...続きを読む


人気Q&Aランキング