教えて下さい。昨日トレード中に突然PCがダウンしてしまい、その後は建玉がなかったのでそのままPCを閉じましたが、今日になってログインしても「回線不通」になってしまいます。ログインし直してもダメです。

仕方がなくMT4を削除して、ダウンロードしなおしましたが、結局同じです。ナビゲータのところには口座番号、名前は出ます。

いろいろとやってみたところ、右クリックで「開く」で開くと以前のチャート画面はそのまま出ますが、「waiting for update」のままでローソク足が出ません。

しかし、「管理者として実行(A)・・で開くと「回線不通」はなくなり、ダウンロード後のデフォルト画面がでてきて、取引はできそうなんですが・・。

出来れば今までどおり、デスクトップのアイコンをダブルクリックで前回のままのチャートを開くようにしたいのですが・・わかる方がいらっしゃれば教えて下さい。

ちなみにMT4はForex.com UKのリアル取引です。

宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

環境が完全にアンインストールされてないのでしょう。

普通MT4のアンインストールはユーザ環境を残します。そのユーザ環境が壊れているから開けないのループなのでしょう。

もはや前回のデータは壊れていますから、MT4を削除したらインジだけ移動して、フォルダごと手動で削除して下さい。それで問題解決すると思われます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとございます。

ご指示のとおり、まず「プログラムのアンインストールまたは変更」から削除して、ローカルディスクのプログラムフアイルの中からMT4のファイルを削除して、改めてインストールを行いましたが、その時にデモ申請の画面が出てきたので、とりあえず申請しておきました。


が、デモIDでログインすると回線はつながるのですが、リアル口座のIDでログインすると、
やはり、回線不通になってしまいます。

ちょっとわけがわからない状態ですが、現在、EAを入れたチャートを見ることが出来れば
それで良いので、しばらくデモ口座で使います。

ありがとうございました。

お礼日時:2013/05/11 18:14

まず、



>以前のチャート画面はそのまま出ます

というのが気になりますが、以前のチャート画面というのはPCがダウンした時のチャートですか?

yesなら、MT4が完全に削除できていないものと思われます。
一度、全てのMT4関連ファイルを削除されたらいかがですか。

noなら、、、何ですか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとございます。

そうなんです、ダウンする前のチャートで、通貨ペアのタブもそのままで、回線不通なので、

Waiting for update の状態です。とりあえず、再インストール時にデモ申請して、そのID

では回線がつながるので、チャートだけ使って、トレードは他社でするつもりです。(幸運

にも建玉はなかったので)

ありがとうございました。

お礼日時:2013/05/11 18:27

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q土日でも為替の変動が見れるサイトは?

土日でも為替の変動が見れるサイトはありますでしょうか?

見たいのは円/USドルですが。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

こちらですか?

http://www.ne.jp/asahi/cme/globex/fx4.html

ここの注意として土曜日にどんなに相場が動いても無視して下さい。
ほとんどの場合は日曜日に元に戻ります。
日曜日の26時(月曜の午前2時)すぎまで相場の変動がそのままの場合は月曜日の相場に影響がある場合があります。(9月10月に2回ずつ有りました)

Q1枚とは?1ロットとは?

1枚とは?1ロットとは?

1枚 = 10,000 通貨らしいことは分かるのですが、1ロットとは何通貨なのでしょうか?
取引会社によって、あるいは同じFX取引会社でもコースによって異なるようで
1ロット=1,000通貨のときも、10,000通貨のときも、100,000通貨の場合もあるようで
いささか混乱しています。

ここで1ロット = 最低取引単位という認識でよいのでしょうか?すなわち
1000通貨単位で取引できるコースでは、1ロット=1000通貨
10000通貨単位から取引するコースでは、1ロット=10000通貨(=1枚)
ということでしょうか?

現在DMMFXでは取引ロット数に応じたキャッシュバックを行っているようですが
http://fx.dmm.com/campaign/new/
新規取引200ロット以上とは最低取引単位で200単位以上、
1ロット=10000通貨なら、200ロット=200枚以上ということでしょうか?

素人質問ですみませんがよろしくお願いいたします

Aベストアンサー

あなたの見解で正しいです。1枚=1ロット=最低取引単位 でOK。
基本的に一円動けば一万円の損益になる一万通貨単位の取引コースがほとんどです。稀に初心者やリスクを極力避けたい人のために1000通貨単位の取引ができるコースを用意している業者もあります。
200枚取引するならは1億は口座に入金しないとヤバイですが、すぐ退場することになるでしょう。

Qなぜ中国は北朝鮮をかばうのですか

中国は北朝鮮にあまり厳しい態度をしないみたいですが、なぜ中国は北朝鮮をかばうのですか?
仲良しな国なんですか?

それとなぜアメリカはイラクの独裁政権をやっつけたみたいに、北朝鮮の独裁政権をやっつけないのですか?

Aベストアンサー

まず中国ですが、中国は北朝鮮と国交のある数少ない国の1つです。同じ共産主義政権という事もありますし、共産主義独特の思考で「同志」をかばうのは、これ当然の事なんです。

かつて連合赤軍や赤軍派・京浜安保共闘・反日武装戦線グループが日本の共産化を目指し、あちこちで犯罪を犯しましたが(よど号ハイジャック事件・ダッカ事件・連続企業爆破事件・あさま山荘事件・塚田銃砲店襲撃事件・M作戦・クリスマスツリー爆弾事件など)、結局彼らのした事は鎮圧・制圧されました。こいつ等も仲間を「同志」と呼び、裏切り行為があれば、リンチにかけて激しい制裁を加え、挙句殺してしまうところまでいっています。中国が死刑を強硬に行うのは、所謂、同志の「裏切り行為」に対する制裁と見せしめです。おっかないんですよ、中国って。日本でも共産党委員長になった宮本顕治元議員も同志を殺害したという事実があります。とにかく危険な主義・思考なんです。


アメリカが北朝鮮の独裁政権を潰せないのは、イラクの時みたいに大量破壊兵器を持っているのは分かってはいるんですが、問題はその兵器にあるんです。CIAが入手した情報によれば、核ミサイルは勿論、生物兵器・細菌兵器という怖っそろしい武器をゴロゴロ持っているからです。それと並行してアメリカは北朝鮮に対し「攻撃」の大義名分を持っていない。それがアメリカが北朝鮮に対し攻撃できない理由なんです。もしアメリカと北朝鮮が戦争状態に突入したら、アメリカの同盟国である日本にも甚大な被害が出ると、きちんと計算してるからなんです。それと中国にも。


北は中国の言う事なら何でも「ハイハイ」と聞きます。それでアメリカは今懸命に中国を通して北を何とかしろと影の部分で交渉しているのですが、先にも書いた通り、北と中国は「同志」。かばっているからいつまで経っても進展が無いんです。

まず中国ですが、中国は北朝鮮と国交のある数少ない国の1つです。同じ共産主義政権という事もありますし、共産主義独特の思考で「同志」をかばうのは、これ当然の事なんです。

かつて連合赤軍や赤軍派・京浜安保共闘・反日武装戦線グループが日本の共産化を目指し、あちこちで犯罪を犯しましたが(よど号ハイジャック事件・ダッカ事件・連続企業爆破事件・あさま山荘事件・塚田銃砲店襲撃事件・M作戦・クリスマスツリー爆弾事件など)、結局彼らのした事は鎮圧・制圧されました。こいつ等も仲間を「同志」と呼び...続きを読む

QMT4と楽天FXのレートが違う気がするんですが・・

楽天FXのレートで買いが179.674でMT4のチャート画面では179.566のようなんですが、10pipsも違いませんか?MT4の画面見ながら楽天で注文したいんですが、近づけたければ他の口座を使うしかないんでしょうか?

Aベストアンサー

そうですね、他のFX会社をいろいろ試して見つけるしかないと思います。

なお、同じMT4を使っていても、レートはFX会社が違えば、異なりますよ。それこそ10~20pipsも違うこともよくあります。
私は現在、どこの会社にリアル口座作ろうかと比較検討のために、複数の海外FX会社のデモ口座を作って、複数のMA4を起動して使ってみているのですが、オーストラリアの会社とイギリスの会社で、レートがかなり異なっていることに気付きました。(オーストラリアの方が使いやすい。でも12月末で使えなくなるので困ってます。イギリスの会社はスプレッドもとても広くて、私にはダメみたいです。)

日本のFX会社同士だと、レート差もあまりないような気がするのですがいかがでしょうか。
MT4を使える日本のFX会社のデモ口座を作ってMT4チャートを利用すれば、楽天に近いレートになるかもしれないです。(憶測で書いてますので、違ってたらごめんなさい。)


人気Q&Aランキング