『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

A 回答 (5件)

難しい説明になると思いますが、



「受けの美学」

ではと想像します。野球の場合、どう頑張っても「攻め続けておしまい」な試合はあり得ません。打線が何10連打しようが何100点取ろうが、裏には必ず守備機会がありますし、後攻の場合もその前に必ず守りの時間が存在します。攻め返せるのは自分の時間だけ。その間、観客は楽しめないかといえば、そんなことはありません。守備の時間も観客は楽しめます。相手の攻撃しかり、味方の守備しかり。

思えばこの辺りは特に日本で古くから人気のある格闘技、相撲とプロレスにも共通すると思われます。また、バレーボールにもある種この傾向があります。

相撲もプロレスも、攻めるだけの力士・選手に観客のシンパなど集まりません。大相撲についても上位に行けば行くほどより下位力士の攻撃を「受け止める」ことを求められますし、そもそもプロレスは「受けの強さ・豪快さ」こそプロレスラー本来の強さだと評されます。
(だからこそ一方的に攻め込むプロレスラーが時々は重宝がられますが、所詮その時々のお客様扱い、日本で言えば長州力はこのポジション、アメリカンプロレスではザ・ロードウォリアーズやアルティメット・ウォリアー、ビル・ゴールドバーグが該当します。一時期のトップは取れるでしょうが、決して長期間の評価を得にくいタイプです)

バレーボールについても、一方的に攻めることは出来ません。相手コートにボールを打ち込むには、まず相手からボールを自陣に打ち込んでもらう=守備が必要になります。守備をしなければ攻撃が出来ない、この辺は野球やプロレスに共通するものがあります。

世界で野球よりサッカーが人気ある国が多いのも、おそらくはその辺の心理が影響しているのでしょう。サッカーファンには失礼かもしれませんが、サッカーはより本能に根ざした競技で、野球は逆に理性を求められる競技ともいえます。理性とは別に頭の良さではありません。「我慢強さ」と表現すればいいでしょうか。サッカーで守備に忙殺された試合に勝ち目はありません。それこそ前後半90分攻め続けることが可能で、またそれが一番勝ちにつながりやすい。カウンター攻撃と言っていますが、守備しか出来なければカウンターも何もあったものではない。サッカーには攻守の切り替え、が厳密にはないというのが正解かもしれません。

同じようなスポーツでもラグビーは違います。まずは相手陣営にキックオフでボールを蹴りこみ、相手の攻撃に対して守備するところから始まります。ラグビーも日本では人気のあるスポーツです。日本人に合うスポーツなのでしょう。

最後に野球の面白さ、を一言で言うなら、

「見ててそれほど疲れない。」

これだと思います。野球はあらゆる場面で選手も観客も休める時間帯があります。ましてプロ野球で3時間以上かかる試合です、ずっと動きっぱなしが出来るわけがありません。楽が出来る事を好むのは日本人的であり、また面白さでもあります。守備に楽しみを見出す…1歩間違えばMな感じにとられるでしょうが。

長文乱文失礼しました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

くわしくありがとうございます。
ちょっと難しかったですが・・。
ベストアンサーにさせていただきます。

お礼日時:2013/05/30 19:18

9対9(DH制なら10対10)のチーム競技でありながら、


試合の中で打者と投手の対戦など、選手の1対1の勝負があるからではないでしょうか。
他の競技も個々の駆け引きなどはあるでしょうが、あくまでもプレーの流れのひとつ。
野球はそういうひとつひとつの勝負の集大成でひとつのチーム競技になってる希有なスポーツだと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
「チーム競技でありながら」「一対一の勝負がある」という
部分は納得です。
色々な楽しみ方が出来るということなんですね。

お礼日時:2013/05/30 07:24

正岡子規はこう書いています。

「競漕競馬競争のごときはその方法甚だ簡単にして勝敗は遅速の二に過ぎず。故に傍観者に興少し(ボートとか陸上などは速いか遅いかの二択でつまらない)。球戯(ベースボール)はその方法複雑にして変化多きをもって傍観者にも面白く感ぜらる。かつ所作の活撥にして生気あるはこの遊戯の特色なり、観者をして覚えず喝采せしむる事多し」「走者多き時は人は右に走り左に走り球は前に飛び後に飛び局面忽然変化して観者をしてその要を得ざらしむることあり。球戯(ベースボール)を観る者は球を観るべし」

現在では野球よりも複雑で変化多く感興深い遊びはたくさんあるので、あまり説得力はありませんが。

あとNo.3の回答にある通り、暇が多く、さほど集中せずに観戦できるところ。日本では伝統的に「さほど集中を持続せず、弁当でも食いながら観る」娯楽が人気があります。歌舞伎、花見、相撲、ゴルフ、野球など。

この回答への補足

お礼が前後します。

補足日時:2013/05/29 18:25
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
正岡子規って「野球」っていう言葉を
考えた人だったでしょうか。もしかして。
集中せずに観戦できる、っていうのは
たしかに魅力のひとつかもしれませんね。

お礼日時:2013/05/29 18:24

筋書きの無いドラマ

    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼日時:2013/05/29 20:01

分からぬ人には分からないようにしておくのが宜しい。

何事であれ、全ての人に分かって貰おうとする時、そこに微妙な間違いとか、有り得ない誤解が生ずる。勝手、傲慢な誤読が生ずる。あるいは、コビヘツライなどという人間の尊厳に関わる情けないことが起こる。

そういうことは、アーチストの基本。アスリートたちも、そういう基本に、そろそろ気付いている。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほどですね!
分からない人(わたし)はどう説明されても
分からないかもです。
とはいえ、知りたいと思うものなのです。
ありがとうございました。

お礼日時:2013/05/28 23:17

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q野球の面白さ!教えてください。

野球の面白さってなんなんですか?

自分は今高校生で、スポーツは観るのもやるのも好きなほうだと思います。たいていのスポーツは見てて面白いんですけど、野球だけ全く面白くないんです。確かに、昔はよく公園で野球をしたりキャッチボールをしたりして、野球にハマっていた時期もありました。でも野球は見てるとつまんなくないですか?あんなにテレビの枠をとるほどじゃないと思うんです。。。別に野球をけなそうと思っているわけではないんです。これからシーズンが始まるから、今年こそは面白さを知って、お気に入りのチームをつくろうと思っています。

教えてください。

乱文失礼しました

Aベストアンサー

おもしろくないのは、好きなチームがないからでは。だから、まず、好きな球団をつくってみたら。わたし的にはタイガースがおすすめ。
で、タイガースを応援する。試合の相手はジャイアンツ。有利にすすめていた試合なのに、にわかに雲行きがあやしくなる。ああ逆転される、どうしよう、神よ!あなたの手のひらが汗ばみ、しかし、とうとう試合を落としてしまった。ちくしょう!とジャイアンツが憎くなる。覚えてろ、つぎの試合は、きっちり、おとしまえをつけてやるからな。でも、また負け、そのあとも負け。こうなると、ジャイアンツが親の敵みたいにおもえてくる。敵の敵は味方。ジャイアンツと試合中のほかのチームにも声援をおくるようになる。黒田、高橋の内角を攻めえ!とおもわずテレビのまえで絶叫したりする。
野球なんかの、どこがおもしろいんだ、なんておもってころの自分の気がしれないな、とおもったりしながら、よく冷えたビールを渇いたのどのおくに威勢よく流しこむ。

Q知らない携帯番号から着信がある時、どうしますか?

知らない(登録されていない)携帯番号から電話がかかってきた場合、非通知でかけ直しますか?またその番号から携帯の機種は判別できますか?(ドコモ、au…など)教えて下さい。

Aベストアンサー

ワン切り
ワン切り(わんぎり)とは、携帯電話やPHSなどに呼び出しを1~2回鳴らしてすぐに切り、相手の電話機の着信履歴に自分の電話番号を残すための手法。

 電話機の表示画面には「着信あり」と表示されるため、着信履歴に表示された電話番号に折り返し電話させることを狙って行われる。主に、ツーショットやアダルト系へのサービスへ着信転送させ、高額なサービスの接続に持っていく内容になっているものが多い。

 これらはパソコンとアナログモデムさえあれば、非常に簡単なプログラムを作る事で自動化せられるため、1990年代後半に爆発的な流行を見せ、特に不当請求や架空請求(振り込め詐欺)の前駆として知られている。

 NTTの専門用語では「機械的不完了呼」と呼ばれ、短時間に大量に発信が行われる結果、電話網の輻輳の原因ともなっており、規則が改正され、ワン切り発信回線の停止や解約が盛り込まれるようになった。それにより、ワン切りの件数は減っているものの、依然としてワン切りはなくなっていない。

 最近ではNTTドコモ向けの電話番号に対して、テレビ電話発信でのワン切りを行い、契約者がFOMAであるかを確認する行為も行われている。

対処方法
 ワン切りがあった場合は、着信履歴に残った心当たりのない電話番号には発信しないことである。

 また、頻繁なワン切りによる着信音に悩まされる対策としては、着信後数秒経過してから着信音を鳴らす(ワン切り着信中の状態では着信音が鳴らない)ための着メロデータをダウンロードしたり、着信音量を徐々に音量が大きくなるステップトーンに設定する方法もある。

 また近年では、携帯電話類の高機能化に伴い、特定の電話番号に対して自動的に応答する機能も搭載された機種も多いため、集団で待ち伏せと称してワン切り業者の電話番号を設定、業者の掛電にゼロコールで自動応答させる事により、ワン切り業者に累計的に莫大な電話料金を発生させようという消費者間の運動もあり、これらも同業態に対して多少なりとも打撃を与えているとされている。

 公的に推奨されている対応としては以下の通りである。

知らない電話番号・覚えの無い着信履歴には掛電しない。
相手を確認する場合は、ダイヤル前に184を付け、番号非通知で掛けるか、公衆電話等から確認する。
誤って掛電してしまった場合、利用者の意思に反して有料サービスに誘導された場合の料金請求は無効である。
利用者とワン切り業者の間で有料サービスを利用するという意思の合致がないため、有料サービスに関する契約が成立していないからである。
もし請求を受けた場合は最寄の国民生活センターか弁護士に相談を。
脅迫的な文言(暴力に訴えるなどの内容)を受けた場合は、警察への相談も勧められている。

ワン切り
ワン切り(わんぎり)とは、携帯電話やPHSなどに呼び出しを1~2回鳴らしてすぐに切り、相手の電話機の着信履歴に自分の電話番号を残すための手法。

 電話機の表示画面には「着信あり」と表示されるため、着信履歴に表示された電話番号に折り返し電話させることを狙って行われる。主に、ツーショットやアダルト系へのサービスへ着信転送させ、高額なサービスの接続に持っていく内容になっているものが多い。

 これらはパソコンとアナログモデムさえあれば、非常に簡単なプログラムを作る事で自動...続きを読む


人気Q&Aランキング