痔になりやすい生活習慣とは?

今年から大学で第二外国語勉強するのですが、
わけあって、後に英語とともに、フランス語かドイツ語の試験(卒業など学業には関係ない)を受ける必要があります。
試験に受かる事だけを考えて勉強しやすい(簡単)なのはどちらでしょうか?

それぞれについて長所・短所など些細な事でも構いませんので、なんでも教えてください。
失敗談や苦労する点なども教えていただけると非常にありがたいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

ドイツ語 学習」に関するQ&A: 第二外国語についてですが、ドイツ語とスペイン語だったらどっちが学習しやすいですか? ドイツ語は、単語

A 回答 (10件)

フランス語と比べるなら、ドイツ語は暗記して駆使しなければいけない情報量が「格段」に多いです。



例:新しい単語が出るたび単数形と複数形を両方個別に覚えなくてはいけない。(片方からもうひとつを誘導できない)

例2:格変化を理解するのは難しくないが、使い分けるのは大変。a, the, my, big, this などに相当する名詞を導く語をすべて16通りの可能性から選ばなければいけない。形容詞は加えて他の冠詞と合わさるかどうかでチョイスが3倍に増えます。

例3:フランス語で文法を間違えれば、それはほとんどの場合文法の間違いと認識されるだけで、意味は通ることが多い。ドイツ語でやっかいなのは文法が意味の伝達で非常に重要だということ。たとえば「私に猫がおもちゃの好きです。」と言われたら、真意を探るのにかなりの推理力がいります。ドイツ語では名詞の性や格を間違えるだけでこのような間違いが頻発します。

口頭や論文試験ならどちらでもいいと思います。文法の些細な間違いがその答えをまるごとばつにされる設問が多いような試験なら、↑のようなことを緻密にこつこつ覚えれる性格の人じゃないと苦労すると思います。私はそういう性格じゃなかったので、新聞くらいなら読めますが、この間センター試験を遊びでやってみたら、読解以外は全滅でした。フランス語に接した時間も同じくらいかと思いますが、そちらの試験はまあ大体できました。
    • good
    • 14
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

ドイツ語って単数形と複数形でぜんぜん違うんですか?!
初めて知りました。
たぶん試験は読解中心になると思うので、文法ミスを気にする場面は多くはないと思いますが
なにぶん、英語に関しても単語を覚えるのに苦労していますので単複別型というのがちょっと痛いですね…

お礼日時:2004/03/23 11:41

参考になるかならないか私自身分かりませんが、考えたことを書きます。

と言うのは、ドイツ語が専門外国語だったので。 第二外国語でどの程度まで習うのか
よく分かりませんが、独習でフランス語をやって見ようと思いましたが、綴りと発音の関係、また動詞の変化などからとても歯が立ちませんでした。英語は高校止まりでしたが、ドイツ語ある程度深くやったせいか、文章を読む力が現在(66歳)の方が一生懸命勉強していた高校時代よりついている気がします。英語はある意味でドイツ語の一部分から分かれた言語です。フランス語とは根本が違う言語です。私個人としては、英語とドイツ語両方の共通点から、ドイツ語の方が学習し易いと思います。従って、これから新しい言語を勉強するなら、同じ系統のものをやる心算です。フランス語、スペイン語、イタリア語は”BE”動詞の人称変化を見ただけで頭が痛くなります。
以上は私だけの独りよがりでしょうから、あなた自身の興味などからどちらを選ばれても、あまり違いは起きないでしょう。両方とも我々日本人にとっては、日本語とは『全く異なった外国語』なのですから。
    • good
    • 7
この回答へのお礼

貴重な体験談どうもありがとうございます。

フランス語もそうですが、ドイツ語もかなりの活用がありますよね。
男女、単複の違いで活用の仕方が変わったり。
ドイツ語の場合、なんだか「格」というものがあるみたいで、さらに4種類の活用があり本当に先が思いやられます…
こうしてドイツ語・フランス語の煩雑さを見ていると
なんと英語の単純なことか(笑)
もう、ある程度の活用の多さは覚悟していますので
あとはどれだけ規則的に活用しているのか調べてみます。

お礼日時:2004/04/03 10:21

もうすでに決めておられるでしょうが、諸氏のコメントを参考にしたいと思っている人たちがまだまだあると思いますので・・・。


成績評価は教師次第ですから、どちらがいいとも言えません。条件としてはまったく同じです。
「パリ、セーヌ川、ファッション、シャンソン、、パリの空の下セーヌは流れる、シャンゼリゼ、モンブラン、ブルボン王朝」
「ウイーン、ライン川、ドナウ川、交響曲、ローレライ、野バラ、マッターホルン、ハプスブルク」
どちらをより身近に感じますか。感覚的でよいのです。語学とは親しみからですから。
    • good
    • 7
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

実のところまだ決めかねているところなんです。
結局のところ、その言語化簡単に感じられるか否かは
その言語に対する親しみ度も大きく寄与すんでしょうね。
だから感覚的にというのも大事な要素になるわけですね。

お礼日時:2004/03/27 09:34

私も第二外国語の選択に悩みました。


とりあえず今は「楽しく身につくフランス語」(学研)で授業を先取りして学習しはじめているのですが、ここしばらくずっと英語ばかり勉強していたのですごく新鮮に感じます。

もともと理系でしたし第九の歌詞を覚えてたりしてドイツ語に関心があったのですが、フランス語は全く知らないので好奇心からフランス語にすることにしました。
ネット上のいろんなところでドイツ語にするかフランス語にするかみたいな質問と回答を見ましたが、習得の容易さやはりは関係なく個人の向き・不向きの問題(その人にとって習得が容易であるかどうか)であるという結論が多く、結局案ずるよりもやってみることの方が大切と感じました。

ジャンルは違うんですが「プログラミング言語を覚えたいがどの言語がよく、どれが簡単ですか?」という質問に似ているところがあります。
私もいくつかの言語は知っていますが、私が簡単と思うものでも知らない人にとっては難しいものですし、その逆もまた真であるといえます。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

どうもありがとうございます。

やはり人それぞれなんですね。
英語を勉強すると他の西洋言語が学びやすいとはよく言われていますが、
実際は新鮮に感じられるほど違うということですね。

お礼日時:2004/03/27 09:30

私も第二外国語を選択するとき迷いました。

私はドイツ語のほうがなんかいいかなと思っていたのですが、弟が「フランス語の方がかっこいいじゃないか」というのでフランス語を選びました。(今思うに、何がかっこいいのかわけわかんないのですけど。)

しかし、社会に出てからフランス語は役立ちました。海外との取引のある仕事だったのですが、アフリカ諸国はフランスの植民地だった国が多いのでフランス語ができると助かるのです。英語もフランス語も両方出来る人もいますが、英語は読めるけど書けない人はフランス語でファクスしてくる。私は、フランス語は読めるけど書けないので英語で返信する。これで一応意思疎通ができました。

後、映画にしてもドイツ映画よりフランス映画の方が多いので、映画を見るとき少しはフランス語がわかった気になり、字幕を見てフランス語の単語の勉強と言うか復習になります。

それから、フランス語をやっているとスペイン語、イタリア語がとっつきやすいかな、と思います。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

とりあえず英語が使いこなせるようになりたいので、フランス語・ドイツ語の選択は本当に必要に迫られてという感じです。
それを終えてからは…まだ考えていませんが、コミュニケーションの手段等に使えれば確かにいいですね。

お礼日時:2004/03/23 12:05

フランス語を少しかじられたことがあるなら、


フランス語のほうがいいんじゃないでしょうか?

 役立つ可能性が高いのはフランス語のほうです。
英語ができないフランス人の方ってけっこう
いますから。

 逆にドイツ人の方だと英語はもとより、日本語も
うまい人がけっこういます。別に日本語教育が
さかんなわけではなく、何かコツを飲み込んで
いる人がドイツにはけっこういるみたいです。

 ただ一般的に、ゼロからやってどちらが点数取りやすい
かと言えば、多分ドイツ語だと思います。
読み方の規則がフランス語ほどめんどうじゃないような
気がします。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ありがとうございます。

フランス語をかじったといっても、単語レベルで少し
見た程度でして…
確かにフランス人は自己意識が強い(?)とかで英語を積極的に使おうとしないと聞きます。

単純な文ではフランス語→英語へと、単語の置き換えだけですむようなものがありましたが、
複雑な文になるとその「読み方の規則」というのがポイントになってくるわけですね。

単語と文法、それぞれに一長一短という感じで結構悩みますね…

お礼日時:2004/03/23 11:56

言語学的にみると


英語とドイツ語は近い親戚,
英語とフランス語は遠い親戚です。
なので
入門編で出てくるような基本語彙や文法については
英語とドイツ語のほうが類似性が高いです。
一方,地理的・歴史的事情から
英語にはフランス語から借り入れた言葉が多く,
とくに抽象名詞は微妙に発音が異なるだけで
英仏共通綴りのものが多いのです。

ということで
こと読解に関しては
内容が抽象的で難解であるほど
英語とフランス語の組み合わせのほうが若干有利になると思われます。
実際,私もフランス語選択だったおかげで
院試のときに救われました。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

どうもありがとうございます。

なるほど、フランス語との共通語彙が結構あるのは単語の貸し借りがあったからですか。
文法に関してはどちらの言語もまったく知らないのですが、ドイツ語文法のほうが英語に近いという事ですね。

読解中心で抽象的な内容だと思うのですが…フランス語のほうがいいのか…
もうしばらく考えてみます。

お礼日時:2004/03/23 11:50

こんにちは。



私の経験では、、、勉強しやすいのはフランス語だと
思います。
聞いたことのある言い回しも多少出てきますし。

何より、ドイツ語を取った友達はかなり苦しんでいま
したねぇ。

フランス語ももちろんかなり苦しいですが、、、。
私はフランス語を取りましたが、
今から思い出しても、英語なんかよりも動詞の変形
は多いですし、女性名詞・男性名詞など、日本人に
は死んでも理解出来ない分類もありました。

しかし、聞きなれた単語もあるので、ドイツ語よりは
とっつきやすいのでは?と思います。

でも、将来役に立つとしたら、ドイツ語のような気も
します。お医者さんのカルテなんかはドイツ語ですも
んね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。

やはりフランス語とドイツ語の難易差は人によるのでしょうか…
フランス語については本当に日常会話の一部だけをかじろうとした事があり、辞書も買いました。
確かに英語っぽい単語も多くありました。
ただすぐにやめたので文法まではよく知らないんです。
単語だけを見た感じではアルファベットの上に「・・」みたいなマークがあったりしてちょっと変わった感じがしました。

過去ログより、名詞の男女はドイツ語にもあるようでしたからその点に関しては同じなんでしょうね。

お礼日時:2004/03/22 16:53

私も第二外国語でフランス語かドイツ語かを迷いましたが、結局フランス語の華やかなイメージからフランス語を選択して後悔しました。



後からラジオ講座などで独学でドイツ語を勉強しましたが、比較するとドイツ語のほうが、私は簡単に思えました。

大学でもドイツ語を選択している人のほうが、圧倒的に多かったです。

人それぞれですので一概に言えませんが、ドイツ語は格さえ理解できたら、後は語順も発音も文法も楽だったと思います。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ありがとうございます。

過去の質問も読んだのですが、ドイツ語は文法が難しいという意見が結構多かったです。
ところが単語レベルではドイツ語と英語は共通するようで、本当に読みかきだけに限定してみるとドイツ語が有利なんでしょうか…
ドイツ語のほうが簡単だという方が心なしか多く感じられました。

ちなみに、「格」とはなんでしょうか。

お礼日時:2004/03/22 16:44

もし、あなたが理系ならば、ドイツ語にすべき…、と言われていますね。


将来、科学的な論文でドイツ語を使うことが出来るから…、と。
でも、実際には、それは理由としては弱いと思います。
英語さえろくにわかっていない大学生が多いのに、科学の論文を読むのにドイツ語とかつかえるはずがないと…。
ま、それでも、僕の学科(理系)では、ほぼ全員がドイツ語を選択しましたけどね。
結果、その考えは正しかったと思います。
ドイツ語は、なかなか簡単でした。
また、僕がドイツ語をお勧めする理由として、非常に分かりやすく解説をしてくださるサイトが存在します。(アドレス参照。音楽流れるので注意)
そのサイトさえ見れば、教科書なんてほとんど必要なかったですね。
事実、ほぼ全てA(最高の評価)とれましたし。

フランス語のことは分からないので対比は出来ないんですが、とりあえずドイツ語は学習しやすい科目だと思います。

でも、結論としては、お友達に合わせてください(^^;
結局、試験前、一番頼りになるのは友達ですから(笑

参考URL:http://www.asahi-net.or.jp/~mx2y-soy/
    • good
    • 4
この回答へのお礼

ありがとうございます。

入学は理系ですが、もともとは文系志望でした。
本来ならば中国語を専攻しようと思っており、実際にその選択もできたのですが、
はじめに書いたように試験の都合でこのどちらかにする事にしました。

ですので、論文とか実用性については完全に無視できます(笑)
紹介いただいたサイト、参考にさせていただきます。

お礼日時:2004/03/22 16:42

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qフランス語、ドイツ語どっちの方が難?

フランス語かドイツ語のどちらの方が難しいと思いますか?
どちらかを勉強しようと思っています。
あと英語との比較もお答えお願いします。

Aベストアンサー

どちらが難しいと言われれば、フランス語だと思います。
それぞれの特徴ですが・・・

・フランス語
文法と発音は一番難しい気がします。
だけど、個人的に、発音は言語の中で一番美しいと思います。
<英語との比較>フランス語の語源はラテン語です。
つまり、スペイン語やイタリア語の仲間に入ります。
なので、英語とは全く違うものだと考えて良いと思います。


・ドイツ語
人それぞれ合う合わないというのもあると思いますが、
私は、文法は英語より簡単だと思います。
発音は日本語と似ていて、フランス語や英語みたいに滑らかではなく、
一音一音しっかりしていて、聞き取りやすいかと思います。
<英語との比較>ドイツ語は、英語と同じ語源がゲルマンなので、
とても似ていて、英語と同じ単語が多いです。
余談ですが、オランダ語も同じ仲間で、ドイツ語とかなり近い言語です。


私は英語はしゃべるのは好きでしたが、文法が嫌いでした。
特に日本の学校の勉強方法だと、とにかく文法を詰め込まなければいけなかったので、途中で嫌になってしまいました。
それに比べてドイツ語は、話すというところから入ったのが良かったのかもしれませんが、文法は英語より簡単だと感じました。

それぞれ難しさの感じ方は違うと思いますが、ドイツ語はオススメです♪
実際に少しやってみると自分に合ったもの、興味の湧くほうが分かってくるかもしれません。

どちらが難しいと言われれば、フランス語だと思います。
それぞれの特徴ですが・・・

・フランス語
文法と発音は一番難しい気がします。
だけど、個人的に、発音は言語の中で一番美しいと思います。
<英語との比較>フランス語の語源はラテン語です。
つまり、スペイン語やイタリア語の仲間に入ります。
なので、英語とは全く違うものだと考えて良いと思います。


・ドイツ語
人それぞれ合う合わないというのもあると思いますが、
私は、文法は英語より簡単だと思います。
発音は日本語と似ていて...続きを読む

Qフランス語、ドイツ語、イタリア語だったら、どれがお勧めですか

会話を習うなら、
フランス語、ドイツ語、イタリア語のなかで、
どれが一番お勧めですか。

習得したときに、どんな世界が広がるかとか
こんな場面で役に立つ
(イタリア料理のメニューが読めるとか、クラシック用語が分かる?とか)
と言うのを教えてください。

それと、難易度はどうでしょうか。

Aベストアンサー

僕は3つともやりましたけどどれが特別いいってこともないですよ。また、フランスとドイツにいたことはありますが、「こんな裏があったのか!?」みたいなことはあんまりなくてだいたい日本で聞く内容がそのまま反映されている感じです。まぁ日本であまり聞かれないこととしてはイタリア語は方言が多くて結構通じにくいみたいです。また、ドイツ語は方言方言ってバカみたいにみんな焦ってますがいいとこ日本語でいうと大阪弁と名古屋弁ぐらいにしか違いません。日本人からしたらどうでもいいぐらいの違いです。あとフランス語は以外とヨーロッパの共通言語的な要素があってスイス以南に行くとフランス語は出来るけど英語は出来ないっていう人にも会うことがあります。ロマンス語イタリア語スペイン語あたりの人には英語かフランス語が必ず伝わるので結構便利です。その他に重要になってくるのは文学とかの分野だと思いますが、文学に関しては詩とか出なければ別にどの言語でも同じっすね。本だったら重要なのは表現じゃなくて内容だと思うんで翻訳したヤツがそれなりに賢ければやっぱり著者が何言いたかったのかは分かるし原文じゃないと雰囲気がつかめないなんて言ってるのはエリートぶってる連中だけだと思いますよ。イタリア料理のメニューは意外とイタリア語が出来ても読めないもんで料理には料理用語があるんでこれは結局そのためだけに単語を覚えることになること必至です。クラシック用語は結構日常のイタリア語が使われていますが使われているのは単語のみで意味が結構違うんでやっぱりここでも単語の意味を新たに覚える羽目になると思われます。

難易度だったらイタリア語が簡単でフランス語ドイツ語は同じぐらいのレベルなんじゃないですかね。僕は英語の方がイタリア語よりも簡単だと思いますが↓の方が言ってるようにこれは結構際どいところで、イタリア語の方が英語よりもだいぶ変化が多いんですが、変化自体は規則的だし、変化さえ全て覚えてしまえば逆に変化してくれるのでそれぞれの単語の意味がかえって英語よりも分かりやすい、という特長もあります。ぶっちゃけ僕も今となっては英語よりもイタリア語の文章の方が読みやすいです。

僕は3つともやりましたけどどれが特別いいってこともないですよ。また、フランスとドイツにいたことはありますが、「こんな裏があったのか!?」みたいなことはあんまりなくてだいたい日本で聞く内容がそのまま反映されている感じです。まぁ日本であまり聞かれないこととしてはイタリア語は方言が多くて結構通じにくいみたいです。また、ドイツ語は方言方言ってバカみたいにみんな焦ってますがいいとこ日本語でいうと大阪弁と名古屋弁ぐらいにしか違いません。日本人からしたらどうでもいいぐらいの違いです。あとフ...続きを読む

Qフランス語かドイツ語 どっちが簡単??

今から独学で 言語を学ぼうと思っているのですが

フランス語か ドイツ語で悩んでいます

どちらが 覚えやすいでしょうか?

あと それならこれがおすすめ という本があったら 教えてください

Aベストアンサー

フランス語を学んで、現地でも仕事をしたものだから自分にとってはもはやフランス語のほうが簡単ですが、一般的には下記のような違いがあげられると思います。

1)フランス語
文法:名詞が女性名詞と男性名詞があります。その名詞の性により、形容詞・過去分詞が整数の一致をします。
時制が英語と少し違うので、しっかり勉強しないといけません。
法は、英語の直接法と仮定法(フランス語では条件法)と命令法のほかに接続法があります。
動詞がどの時制においても英語のbe動詞のように、主語によって変わります。I, you(君(単数):親しい間柄=親称),
he/she/it, we. you(親称の複数、敬称(親しくない人、目上の人に使う呼び方)の単数、敬称の複数), theyの6つの主 語グループに対して、一つの動詞がひとつの時制にたいするかたちをもっています。さらに規則変化3種類に、不規則 変化もあります。
発音:複数形のsを読まなかったり、ルールがあるので覚えなければいけません。ただし、ルールを覚えれば、英語 のような例外はほとんどないので楽になります。
'r' 音の発音は難しく、日本語にない少しめんどうな発音は多いように思います。
単語の語尾と次の単語の頭の音をつなげてなめらかにするという性格があるので、単語一語一語を聞き取るときに苦 労することはあるかもしれません。(リエゾン、エリジオン、アンシェヌマンのようなルールです)
2)ドイツ語
文法:細かくはわかりませんが、フランス語と同じように時制があると思います。
名詞は、男性・女性にくわえて中性名詞があります。
形容詞だけではなく、冠詞(不定冠詞'a/an' や 定冠詞’the’ もそれぞれの性によって変わるのですが、フランス語やイタ リア語などラテン系の言葉以上に複雑なのは、主語、目的語、補語などによっても、4つの格にしたがい男性、女性、中 性名詞のそれぞれの4つの格に対して、合計3x4=12のさらに不定冠詞と定冠詞で24の冠詞の変化があることになり ます。現実には、定冠詞ならdas des dem derなどかぎられたものが12の格にあてはめられているだけだったと思い ますが、正確におぼえておかないといけません。この点は、フランス語以上に覚えることがあります。
分離動詞というしくみがあります。動詞が離れて間に言葉をはさみこむ用法です。これは英語やフランス語にはありま せん。
発音:フランス語の’r’のように、’r’を含む、'ch'のような特殊な発音もありますが、巻き舌で'r' 音を発音しても問題ないので、こ の点はフランス語よりも楽かもしれません。フランス語のように単語の語尾と次の単語の頭の音を意識的につなげて、 なめらかにするという方向性はもっていないので、一語一語は聞き取りやすいように思います。

どの言語を学ぶにしても、いろんな言語空の影響を受けて簡略化した英語に先にふれた我々には、難しく感じることでしょう。また、どの言語も長い歴史という時間を経てき文化ですから、簡単には習得できないでしょう。でも、それぞれの難しさと容易さがあると思います。ご自身が必要となる可能性の高いもの、ご興味の一番あるものを一生懸命学ばれることが一番かと思います。

こんな感じでいかがでしょうか^^

フランス語を学んで、現地でも仕事をしたものだから自分にとってはもはやフランス語のほうが簡単ですが、一般的には下記のような違いがあげられると思います。

1)フランス語
文法:名詞が女性名詞と男性名詞があります。その名詞の性により、形容詞・過去分詞が整数の一致をします。
時制が英語と少し違うので、しっかり勉強しないといけません。
法は、英語の直接法と仮定法(フランス語では条件法)と命令法のほかに接続法があります。
動詞がどの時制においても英語のbe動詞のように、主語によって変わります...続きを読む

Qドイツ語、フランス語、中国語について

大学で、ドイツ、フランス、中国語の選択があるのですが、どんな事をやるのかも全然見当がつかないので、何か、特色とかあれば教えてください。
ちなみにわたしは、英語は苦手です(>_<)

Aベストアンサー

>ちなみにわたしは、英語は苦手です(>_<)

選択と書かれていますが、選択必修なのですね
もしかして。つまりあまりやりたくない?(笑)


 ということでしたら、この3つの中では
ドイツがお勧めです。
 外国語の難しさにはいろいろ要素があり
ますが、英語以外全く外国語をやったことが
ない日本人が勉強するとすると、以下のよう
な関係傾向があると思います。


      発音(単語の読み方) 文法、単語の変化形       
ドイツ語   ○          △

中国語    △          △

フランス語  ×          ×


○:わりと簡単 
△:そこそこ難しい 
×:こんなの覚えられるか!(笑)

(発音、読み)
 ドイツ語は日本のローマ字読み近く、
eiと書いてアイと読むとかいった
ある程度の規則を覚えるとそれで、
ほぼ全ての単語が読めます。
まずはビールのハイネケンheineken
が読めます。(笑)

 中国語の場合、漢字の読みの規則が難しいことは
日本語でも実感済みかと思います。

 フランス語は、書いてあっても読まない
文字があったり、場合により読んだり
読まなかったりしますし、発音自体も
鼻母音といって、鼻から抜けるような音が
あって面倒です。
 余談ですが、英語でレストランRestrant,
バレエballetと書いて、最後のTを読みませんが、
これはこれらの単語がフランス語から
入ってきたものだからです。


(文法)
 フランス語にもドイツ語にも格変化と
いうのがあって、名詞と定冠詞(英語のThe)
の形が変化します。
 英語ならThe Bookで住むところを、
フランス語、ドイツ語だと、
あの本は、
あの本の、
あの本に、
あの本を、
というとき、それぞれあの(英語のThe)
の形と、その後の名詞(本)の
形が変わっていくのです。

 さらにフランス語、ドイツ語には名詞が
男性、女性、中性という分類がされて
おり、その違いにより定冠詞(英語のThe)
の形が変わって行き、フランス語にはさらに
読む文字、読まない文字の規則がつきます
から、読み書きにはこれらの知識を
身につけていなければなりません。

>ちなみにわたしは、英語は苦手です(>_<)

選択と書かれていますが、選択必修なのですね
もしかして。つまりあまりやりたくない?(笑)


 ということでしたら、この3つの中では
ドイツがお勧めです。
 外国語の難しさにはいろいろ要素があり
ますが、英語以外全く外国語をやったことが
ない日本人が勉強するとすると、以下のよう
な関係傾向があると思います。


      発音(単語の読み方) 文法、単語の変化形       
ドイツ語   ○          △

中国語   ...続きを読む

Qフランス語やドイツ語は役に立たない?

こんにちは。昔は第2外国語の定番と言えば、フランス語かドイツ語が主流でしたが、
今では中国語と韓国語にその座を奪われていますね。
しかし、中にはフランス語やドイツ語はカッコいいだけで役に立たないと、くさす人もおります。でも、これっていささか視野が狭いのではないでしょうか? 少しでも外国に関心があるのなら どの道に進むにせよ英語は避けて通れませんが、それ以外の外国語は各人の関心や進路によって大きく変わって来るので、個人一人の意見で
全体論は出せないと思います。私も中国語の重要性は認めますが、私自身は中国語は必要ありません。 例えば、私は Marie ClaireとかElleみたいなファッション雑誌を愛読していますが、中国のファッション雑誌を読んでも意味がないからです。 同様にファッションにもグルメ関係にも無縁の人はフランス語を学んでも仕方ないかもしれません。ドイツ語は私の専門ではありませんが、同じようにオペラを学びたい人が
中国語を勉強しても役にたちませんし、それよりだたったら ドイツ語とかイタリア語の方がずっと有益です。
みなさんは、フランス語やドイツ語の学習意義について いかがお考えですか?

こんにちは。昔は第2外国語の定番と言えば、フランス語かドイツ語が主流でしたが、
今では中国語と韓国語にその座を奪われていますね。
しかし、中にはフランス語やドイツ語はカッコいいだけで役に立たないと、くさす人もおります。でも、これっていささか視野が狭いのではないでしょうか? 少しでも外国に関心があるのなら どの道に進むにせよ英語は避けて通れませんが、それ以外の外国語は各人の関心や進路によって大きく変わって来るので、個人一人の意見で
全体論は出せないと思います。私も中国語の重要性は...続きを読む

Aベストアンサー

フランス語を習得したがために、それを役立てる職に就くことになるかもしれません。
場合によってはフランス駐留とかね。
テレビ各局や新聞各社は海外に特派員を派遣していますが、その国の言語に長けている人を派遣するのが自然でしょう。

逆に考えてみますと、「役に立たない」発言をされる方の理論でいくと、日本語は英語ほど役に立たないわけです。
現代では中国語を学ぶ方が役に立つと、海外では思われているかも。

英語は別格として考えて、ではなぜ中国語韓国語の方が役に立つと思われるのか(そう言う人たちに)。
中国や韓国の文化の方が触れる機会が多いから?
ビジネスに有効だから?
誰もが中国語韓国語が必要なビジネスに就くわけではないのに。
しかも中国語、といっても、要は北京語ですよね。中国には北京語が通じない地域も多いと聞きますが。


英語以外で、その言語を学ぶ動機は、はっきり言って「興味」でいいと思います。
フランスが好きだからフランス語を学ぶ、イタリアサッカーが好きだからイタリア語を学ぶ、等々。
何事も極めると、それが大いに役に立つでしょう。
関係した仕事を得られるかも知れません。

そもそも役に立つ立たないだけで学習内容を選択するのは、自ら将来の選択肢を狭め、人生をつまらないものにしてしまうと思います。

ちなみにフランス語を勉強すると英語に対しても新発見がいっぱいあって面白いです。
フランス語は英語の兄さんですからね。

フランス語を習得したがために、それを役立てる職に就くことになるかもしれません。
場合によってはフランス駐留とかね。
テレビ各局や新聞各社は海外に特派員を派遣していますが、その国の言語に長けている人を派遣するのが自然でしょう。

逆に考えてみますと、「役に立たない」発言をされる方の理論でいくと、日本語は英語ほど役に立たないわけです。
現代では中国語を学ぶ方が役に立つと、海外では思われているかも。

英語は別格として考えて、ではなぜ中国語韓国語の方が役に立つと思われるのか(そう言う人...続きを読む

Q日本人が習得しやすい外国語は??

日本語を母国語とする人が第二外国語として習得しやすい言語は何ですか??
例えば、文法的・発音的・文字的側面などから日本語に似ている言語はあるのでしょうか??
お礼は必ずします。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは^^

日本人が習得しやすい外国語でやはり一番なのは韓国語、次点で中国語になると思います。
韓国語においては、文法がまず日本語とほぼ同じであり、『は』や『が』、『を』等の助詞も同じくあります。例えば

・ナ ヌン イルボンサラム イムニダ
 私 は  日本人     です
・ナ ヌン ハッキョ エソ ハングゴ ルル ゴンブ ハムニダ
 私 は  学校   で  韓国語  を  勉強  します

日本語の文法がそのまんま当てはまりますよね?そして今でこそ韓国はもちろん北朝鮮でも漢字はあまり使用されてませんが、かつては日本と同じく漢字とハングルを混ぜた状態で使ってました。ですので上記の例をとりますと

・ナヌン 日本サラム イムニダ
・ナヌン 学校エソ 韓国語ルル 工夫ハムニダ

のようになります。(ここでハングル使うと文字化けするのでカタカナで許してください…)日本語の漢字語と韓国語の漢字語の大体70%は共通していますので、発音さえクリアすれば単語を覚えるのは簡単です。ただ、固有語に関しては違いがあまりにも大きいので覚えるのは大変ですが…。

そして中国語に関してですが、なんといっても漢字の存在が大きいので他の国の人が中国語を覚えるよりは大分楽です。日常単語も50%は共通しているとのことですし…。ですので、全く勉強したこと無い人でもなんとなく意味はわかります。例えば上記の例をとって

・我是日本人。
・我在学校学習韓語(朝語)。

日本語の訳を入れなくても何となく意味がわかりますよね?ただ、韓国語の時とは違い、中国語は文法が日本語とは全然違い、また同じ発音でも意味が全く違ったりするなど発音が比較的難しい言語であるため、そういう意味においては難しいと思います。

長文駄文失礼しました^^;

こんにちは^^

日本人が習得しやすい外国語でやはり一番なのは韓国語、次点で中国語になると思います。
韓国語においては、文法がまず日本語とほぼ同じであり、『は』や『が』、『を』等の助詞も同じくあります。例えば

・ナ ヌン イルボンサラム イムニダ
 私 は  日本人     です
・ナ ヌン ハッキョ エソ ハングゴ ルル ゴンブ ハムニダ
 私 は  学校   で  韓国語  を  勉強  します

日本語の文法がそのまんま当てはまりますよね?そして今でこそ韓国はもち...続きを読む

Q理系における第2外国語の選択

タイトルの通り、第2外国語の選択について悩んでいます。
私は四月から国公立大学に進学します。工学部です。
工学ということなのでもちろん第2外国語の選択など考えた事も無く。入学手引きを見、始めて知りました。そこでお聞きしたいのですが、理系の勉強をしていく上であまり障害にならない(単位がとりやすい)のは次の3つの内どれでしょうか?
フランス語、ドイツ語、中国語。
あくまで一般論で結構です。ちなみに私は英語が得意です。
よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

理系の研究者ですが、第二外国語はロシア語でした(笑)。(^_^;)

「理系だとドイツ語」と仰る方が多いように、私の同期もほとんどがドイツ語でしたね~。
ですが、履修人口が多いだけあって、単位は取りづらかったです。
ロシア語なんて学科で数人しかいないものだから、履修した瞬間に単位取得が決まってました(笑)。(^_^;)
フランス語、ドイツ語、中国語の3つの中でしたら…ドイツ語が最も難しく、フランス語がその次、そして中国語が最も単位取得は容易だったと思います。私の学校では…。

第二外国語なんて趣味に走って履修しても、何の問題もないです。
少なくとも、大学の講義でちょこっとかじる程度では実際に使用する際にあまり役に立ちません。
本当にそういった論文等を読まなければならない時は、自力でもう一度最初からやり直しです。
ですから、自分が興味を持てる科目を選ぶと良いと思いますよ~。
その方が真面目に勉強しますし、ね。

結局、私は就職後にドイツ語、フランス語、ロシア語、中国語の文献をすべて読むハメになり、地獄を見ました~。(;_;)
特別ドイツ語の文献が多かったわけではありません。

理系の研究者ですが、第二外国語はロシア語でした(笑)。(^_^;)

「理系だとドイツ語」と仰る方が多いように、私の同期もほとんどがドイツ語でしたね~。
ですが、履修人口が多いだけあって、単位は取りづらかったです。
ロシア語なんて学科で数人しかいないものだから、履修した瞬間に単位取得が決まってました(笑)。(^_^;)
フランス語、ドイツ語、中国語の3つの中でしたら…ドイツ語が最も難しく、フランス語がその次、そして中国語が最も単位取得は容易だったと思います。私の学校では…。

第二外国...続きを読む

Q私立大学 後期日程は難易度が上がるの?

私立大学の後期日程は難易度があがるのでしょうか?
私は次のようなわけで、難易度が上がると思うのですが、実際はどうなんですか?
(1)一般後期を受ける人は、
 ・前期で落ちたが実力では受かるはずと再度チャレンジの人
 ・前期難易度の高いところに落ちてこの大学にレベルを落とした人
 と考えるとその募集人数の少なさも合せて 前期より難易度UP
 ではないかと思いますが、「後期はねらい目」いう意見もあります
 後期はどんな人が受けて、どうなるんでしょう?

(2)後期をセンター利用で受ける場合(センター試験後の志願)
 ・もし前期にセンター5教科で受けて落ちたなら 後期も5教科なら
  当然落ちる
 ・後期が高得点3教科など自分に有利な場合は可能性がある。
 
と考えると、前期で受けて(落ちた)どの学科より低いレベルを
志望しなくては結果がでないのでは・・・・

どなたか教えてください

Aベストアンサー

何年か前の受験生です。

私が受験生の時に予備校の先生に言われたのは、
私の志望校の場合(ある程度名の知れた私立です)、
後期の問題の難易度が桁違いに上がる、という事は少ないのだけれど
前期試験で失敗した人達が他大学からも流れて来るし、
第一志望での再チャレンジ組もいるしで
受験生が集中する傾向にある上、
募集人数は前期よりも少ない訳だから当然倍率が上がる。
そうなると必然的に合格ラインが高くなるので
合格は難しくなる、ということでした。
(結局、ここには前期で合格しましたが)

センター試験利用に関しては、
前期で利用する場合、何でこれだけ取れてるのに国立行かないの?
と思うような点数を取る人達が利用していたので
うちの場合は後期のセンターは更に厳しいでしょう。
合格ラインが上がるのは一般受験と同じ。

質問者さんは日大の後期受験を悩んでおられるようですが
赤本等に後期試験の問題も載っていませんか?
載っていたらその問題を見てみて、
前期試験の傾向と難易度が大きく変わらなければ受けてみる価値はあるように思います。
もちろん、他の回答者の方も仰っているように
前期試験より多少合格は難しくなると思われますが、
第一志望であれば最後まで粘りぬくのも合格への道ではないかと思います。
また、前期試験が終わってから後期試験を視野に入れて休まず勉強を続けて来たのであれば、
前期よりは実力も上がっているのではないでしょうか。

逆に、浪人は出来ない、どうしても現役で入りたい、というのであれば
ランクを落とすのがベターかと思いますが…。
HP等に受験の倍率等は出てませんか?時々倍率(募集人数と受験者)が載っている大学もありますよ。
あくまで目安程度ですが、それも参考になります。

ただ、どう机上で計算してみても受験なんて実際に受けてみなければ結果は分かりませんから、
後期日程が重ならなければ他大学も受けてみることや(受験料は余分にかかりますが)、
受験後の予定(浪人が可能か、絶対浪人は回避しなければならないか)
も視野に入れて考える必要があるでしょう。

つらつらと書いてきましたが、私は日大は受けたことがないので、
あくまで参考程度に。

一番精神的にも体力的にも辛い時期かとは思いますが
頑張って乗り越えて下さいね。

何年か前の受験生です。

私が受験生の時に予備校の先生に言われたのは、
私の志望校の場合(ある程度名の知れた私立です)、
後期の問題の難易度が桁違いに上がる、という事は少ないのだけれど
前期試験で失敗した人達が他大学からも流れて来るし、
第一志望での再チャレンジ組もいるしで
受験生が集中する傾向にある上、
募集人数は前期よりも少ない訳だから当然倍率が上がる。
そうなると必然的に合格ラインが高くなるので
合格は難しくなる、ということでした。
(結局、ここには前期で合格しまし...続きを読む

QTOEFL ITPのスコアについて教えてください。

こんにちは。
大学でTOEFLのテストを受けました。
結果は443?点でした。
ですがこのスコアはどの程度のものなのでしょうか?
というのも、こんな成績で恥ずかしながら運良く入試がよく解けて大学の特待生として入学したので、傑出していなければ落とされてしまうのではと不安でたまりません。
偏差値60前後の大学なのですが、その新入生としてはやはり悪い数字でしょうか?
実際に、500点が留学の基準と言われていますよね?
それには少なくても満たないし…。
入試が終わってから一ヶ月サボったつけが回ってきたと後悔しています。
回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ITPの場合は、満点が677点。でCBTやibtとの換算表においては、PBTとまったく同じ点数となります。
http://www.ncc-g.com/page33.html
443点ということは、cbtで127、ibt43と同じということですが、ibt43が高校卒業と同じぐらいのレベルですから、大学1年生としては妥当なスコアだと思います。これから努力すればスコアは上げられますよ。
http://eq-g.com/article/exam/exam-hikaku/

Qドイツ語、フランス語、中国語、スペイン語、韓国語の中でどれが簡単?

大学に入学したらどれか選択するのですが、何がいいですか?
「好きなものでいい」という意見はなしでお願いします。

Aベストアンサー

言語そのものの難しさよりも、大学での単位の取りやすさという視点で考えれば、中国語と韓国語が比較的易しいようです。英語が得意な人にとってはフランス語やドイツ語は覚えやすいんですが、大学で扱う題材は難しい傾向にあります。しかし、大学により、また教授によっても違ってきますので、一概には言えませんが。
しかし、そんなことを心配するより、大学に入学することが先決じゃないでしょうか?


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング