人気マンガがだれでも無料♪電子コミック読み放題!!

将来私は000000になりたいです。
の時「、」はどこに打ちますか?

将来の後ですか
それか私はの後ですか

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

「時の名詞」は、かな文字である助詞が付かなくとも副詞句となれるので、それに続いて主格「私は」などが出ると漢字どうしが融合し読みづらくなるので、そこに句点を打ちます。


「時の副詞・時の名詞」
http://www.ab.cyberhome.ne.jp/~kudohiro/toki_huk …

将来、私は…
いつか私は…
きっと私は…

それ以前に気になったのは、対比の接続詞「それとも/あるいは/もしくは」の箇所が「それか」と表記されていることです。びっくりしました。

そもそも「なりたいです」という、このような実現の希望を表す「形容詞型助動詞+です」は、もはや許容の範囲ではあるでしょうが、やはりその言い方にはぎこちなさがあると感じる読み手も少なくないことをお分かり願いたいものです。本来体言にしか付かない「です」を形容詞に用いると直截な口調が強まるので、もしくは片言風で幼稚な印象が否めないので、一般には準体助詞「の」やその簡略形「ん」を挿入して婉曲を図ります。
    • good
    • 0

 句読点の打ち方には明確なルールはありません。

でも、ある程度の目安はあります。
 詳しくは下記をご参照ください。
【句読点の打ち方──簡略版】
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n140029

 ご質問の件は、下記で考えるとわかりやすいでしょう。
【中級者向けのアドバイス】
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question …

 ご質問の件は、〈1)-2 修飾語と述部の係り受けをはっきりさせる 〉のルールに従うのが一般的です。
 とくに、「明日」「今朝」「昔」などの時を表わす言葉が冒頭に来た場合は、直後に読点を打つのが自然です。その意味では〈2)-3 文頭の接続詞や副詞の後(ただし、短い文には打たなくてもよい) 〉のルールとも言えます。
 仮に、「将来」が後ろに来るなら、直後の読点は不要です。

将来、私は000000になりたいです。
私は将来000000になりたいです。

 ももうひとつ考えられるのは、〈2)-2 主語の後(ただし、短い文には打たなくてもよい) 〉のルールです。その場合は、「将来」のあといんは不要です。

 つまり、「将来」のあとにうつのが一般的ですが、「私は」のあとに打ってもおかしくありません。
 まったく打たなくても構いませんが、少し読みづらい印象です。
 両方に打つのはやめたほうがよいでしょう。
    • good
    • 0

読点の使い方は、その人の気持ちや、強調したい気持ちをどこに置くかで変わります。


ですから唯一の正解というべきものはありません。

・将来、私は宇宙飛行士になりたいです。
  ……「将来のビジョン」をテーマにしたい場合
・将来私は、宇宙飛行士になりたいです。
  ……「宇宙飛行士」の直前に溜めが入り、「宇宙飛行士」が際立ってくる。

何を強調したいかで適切に選んでください。
    • good
    • 0

> 「、」はどこに打ちますか?



私でしたら
『将来、私は000000になりたいです。』
と打ちますね。
言葉に出して喋る時に一拍間を空けたい場所が、ここだからです。

ただしこれは私の好み(あるいは癖)に過ぎず、人それぞれでしょう。
正解があるわけではありません。
ANo.1のご回答の通り、どこに打つも筆者の自由です。
お好みでどうぞ。
    • good
    • 0

句読点の位置には特に明確な規則がある訳ではありません。

自由裁量です。

書き手が、こう読んでほしいというリズムを設定する場合に、

意図的に使用される例が殆どです。

従ってこの文章の場合もどこに打とうが、あるいは使用しないか、

この決定は、まさにあなた次第なのです。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q読点のつけ方が分かりません。

私は昨日とあるレストランで食事をしました。(例文です)
これに読点をつける場合、

1.私は昨日、とあるレストランで、食事をしました。
2.私は、昨日、とあるレストランで、食事をしました。
3.私は昨日とあるレストランで、食事をしました。
4.私は、昨日とあるレストランで食事をしました。
etc・・・。

このように、読点をつける場所がいろいろ考えられて、迷ってしまいます。
どこにつけるのがふさわしいのか教えてください。
読点というのは、こうつけるのがいいというのがありましたら、それも教えてください。

Aベストアンサー

読点をどこに付けるか、どのくらい付けるかは、最後は書き手の好みです。
ただ一般的には、いくつかセオリーがあるようです。
(1)文が長い場合、意味を区切るために1か所あるいは数か所付ける
(2)並列の意味の単語が続くときに付ける
(3)単語の並びの関係などで、読み手がわかりやすくなるように付ける
(4)接続詞の後に付ける
(5)文章の中の効果を狙って付ける

読点をどう付けるかは、読む人が読みやすいようにという、書き手の思いの問題かと思います。なので、短い文章でも最低2~3回は推敲をして、誤解を与える内容はないかとか、文が続き過ぎていないか、逆に切り過ぎていないかというチェックをしてけばいいと思います。あとは書き手の個人差で、それはそれで人によって違っていいと思います。

ちなみに例文であれば、1がいいと思います。
「昨日」と「とある」を続けてしまうと、「昨日と」で切ってしまう可能性があり、読み手が間違わないまでも、ちょっと読みづらいなと思いました。
でも2や3も、小説などで「昨日」や「私」を強調する理由があれば、効果がある場合も考えられます。

Q私は将来先生になりたい。 この文のどこに句点を打ちますか?

私は将来先生になりたい。
この文のどこに句点を打ちますか?

Aベストアンサー

こんな短い文なら、テン(読点)は打たなくてもいい。
 こんな短い文ならどこに打ってもいい。
 ……そういう考え方もあるでしょうが、そう言ってしまうとなんの目安にもならないので、少し理屈をこねます。

 もしかすると、質問者はテンの打ち方について「主語のあとに打つ」という心得を聞いたことがあるのでは。
 それに従うと、「私は、将来先生になりたい」になります。これはやめたほうが無難です。
「主語のあとに打つ」ことが多いのは確かですが、ほかに優先すべきテンがあるときは話は別です。
 例文の場合、「将来」という「時を表す言葉」がありますから、このあとにテンを打つべきです。
「私は将来、先生になりたい」
 個人的には、「時を表す言葉」を先頭するほうが好みですが、どちらでも構いません。ほぼ同様です。
「将来、私は先生になりたい」

 詳しくは下記をご参照ください。
【句読点の打ち方/句読点の付け方──簡略版】
https://ameblo.jp/kuroracco/entry-12281124347.html

 関係する部分を抜粋します。
「2)-2 主語の後」はほかにテンを打つ場所がなければ打ってもよいでしょう。でも〈短い文には打たなくてもよい〉と考えることもできます。
 ↑で「時を表す言葉」と書いたのは「2)-3 文頭の接続詞や副詞の後」の一種です。いろいろあって、「昨日」「明日」などもこの仲間です。
===========引用開始
 2)-2 主語の後(ただし、短い文には打たなくてもよい)
【例】公社債型を含めた投資信託の純資産残高は、今年6月に過去最高を記録した。
※厳密に主語の定義をするのはむずかしいので、いわゆる「主語」くらいの意味。
※「短い」は「文全体」のときと「主語の部分」の両方がある。詳しくは下記参照。

2)-3 文頭の接続詞や副詞の後(ただし、短い文には打たなくてもよい)
【例】または、~ しかも、~ 主に、~ 結局、~
【注】「また当社は、」のように、すぐ後に読点が続くようなときは接続詞や副詞の後の読点を省略する。
===========引用終了

こんな短い文なら、テン(読点)は打たなくてもいい。
 こんな短い文ならどこに打ってもいい。
 ……そういう考え方もあるでしょうが、そう言ってしまうとなんの目安にもならないので、少し理屈をこねます。

 もしかすると、質問者はテンの打ち方について「主語のあとに打つ」という心得を聞いたことがあるのでは。
 それに従うと、「私は、将来先生になりたい」になります。これはやめたほうが無難です。
「主語のあとに打つ」ことが多いのは確かですが、ほかに優先すべきテンがあるときは話は別です。
 例文...続きを読む


人気Q&Aランキング